出産前後の痔にはご注意!

高校一年生 物理基礎
熱量保存則を利用して、金属の比熱を測定する実験です。

誤差の原因についての考察で、どのような場合に実験の値が正しい値より大きくなり、どのような場合に小さくなるのかが分かりません。

解答と解説をお願いします。

「高校一年生 物理基礎 熱量保存則を利用し」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 外から熱が入ったら、実験の比熱は正しい比熱の数値よりも高くなりますか?

      補足日時:2019/01/08 09:42

A 回答 (3件)

No.1&2 です。

回答が付きませんね。

なぜ回答が付かないか分かりますか?
あなたの質問は、あなたが知りたいところしか示していないので(大きな問題の (5) からしか示していない)、そもそもそれがどんな実験なのか、回答しようとしている人たちには分からないのです。なので、答えようがありません。

そういう「論理的に考えるためにはどんな条件が必要か」が分かっていないところに、あなたの「論理的な思考」の欠陥があるのだと思います。
そういう「論理的に考える」訓練をもっとたくさんしてください。
    • good
    • 0

No.1です。

「補足」に書かれたことについて。

>外から熱が入ったら、実験の比熱は正しい比熱の数値よりも高くなりますか?

実験内容からして、その「原因」が、どう「結果」に影響するかを考えるのがあなたの仕事です。だから#1に「因果関係」と書いたでしょう?

あなたはどう考えますか?
「自分の頭で考える」のが、ここでの訓練の目的なのです。そのための課題です。
    • good
    • 0

単に想像力の問題です。



外から熱が入ったらどうなるか、中の熱が外に逃げたらどうなるか。

何が外からの熱を持ち込むか、何が中の熱を逃がしたり奪ったりするか、を想像することです。

物理や科学で大事なのは、何が起こっているのか、どういう現象なのか、その中でどのような因果関係が働いているのかを正しく想像できることです。「公式」を覚えることではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院レベルの物理(理論系)って独学不可能ですよね? いくら大学院は研究する場所だからといっても学ぶ

大学院レベルの物理(理論系)って独学不可能ですよね?
いくら大学院は研究する場所だからといっても学ぶこともあるしだろうし、大学院は専門的で狭く深くって感じなので書籍とかもなさそう
ちなみに大学レベルの物理学は独学可能とよく聞きます

Aベストアンサー

大学までの物理は基本的な知識を学ぶことが目標なので、教科書を読んで独学可能です。その際、微積分の解析学や、固有値問題などの線形数学やベクトル解析などの基本的な数学の知識も学ぶ必要があります。これも独学可能です。

一方、大学院では教科書に書いてあるようなことを学ぶのが目的ではなく、自分の関わった分野に対して、まだ人類が何も知らない新しい知見を提案するのが目的です。ですから、教科書を読むなどのいわゆるお勉強をいくらしても、その新しい知見を加えられるようにはなれません。その知見の加え方は、経験の積んだ研究者に一対一の直伝で伝授される以外にない。その場合、経験の積んだ研究者から、その分野で何が今だに解っていないか、また、いくらでもある解っていない問題の中で、どの問題が重要な問題か、あるいはどうでも良い問題かを直伝で教わる必要があります。そういう意味で、大学院の段階では独学は桁違いに効率が悪い。歴史に残るような抜きん出た頭脳の持ち主ならいざ知らず、そのような経験の積んだ研究者から指導なしでは、まず討ち死にすることは間違い無しです。そういう意味で独学は極端に難しいと言えます。

ところで、研究で一番難しいのは、その分野で何が今だに解っていないか、また、いくらでもある解っていない問題の中で、どの問題が重要な問題か、あるいはどうでも良い問題かを判断する能力です。それに比べて、一旦提起された問題を解決する能力は桁違いに易しいのです。

ですから、たとえ大学院に進んだとしても、問題の重要度を適切に判断できない先生に付いてしまうと、たとえ有名大学を出たという理由で食いっぱぐれの無い地位につけたとしても、良い研究成果を出せずに一生を終わってしまう可能性が大になります。その逆に、たとえ有名大学を出ていなくても、問題の重要度を適切に判断でる先生に運よく巡り会えた場合、大学院の段階ですでに良い研究成果を出すことすらできます。

大学までの物理は基本的な知識を学ぶことが目標なので、教科書を読んで独学可能です。その際、微積分の解析学や、固有値問題などの線形数学やベクトル解析などの基本的な数学の知識も学ぶ必要があります。これも独学可能です。

一方、大学院では教科書に書いてあるようなことを学ぶのが目的ではなく、自分の関わった分野に対して、まだ人類が何も知らない新しい知見を提案するのが目的です。ですから、教科書を読むなどのいわゆるお勉強をいくらしても、その新しい知見を加えられるようにはなれません。その知見...続きを読む

Q物理とってないとX線については分かりませんか?

物理とってないとX線については分かりませんか?

Aベストアンサー

言葉として知識にため込むだけなら記憶力だけで可能ですが。
分かる、あなたの言うこの言葉の意味が不明です、十分理解できるためには、まず日本語の理解力が十分である必要があります。

Q正弦曲線と波形の違いを教えてください

正弦曲線と波形の違いを教えてください

Aベストアンサー

波形は、広い概念なので、どんな波でも、その形のことを波形と言います。
正弦曲線もしくは正弦波は、三角関数であらわされる理想的な曲線であり、波のことです。つまり、言葉の定義で言えば、波形の一種です。

ではなぜ、そんな理想的な波形を、数学的にも、手法的にも、追及するのかと言えば、
電気や、水の波、音波など、実際の物理現象が、正弦曲線で近似できる性質を示すからです。

実際には

・ 厳密にはノイズが含まれるので、理想的な正弦波の物理現象はない。しかしノイズに比べて、観測対象の波が十分大きければ、正弦波として扱える。
・ フーリエ変換という数学的手法により、どんな波も、いろいろな周波数の正弦波を重ね合わせることで表現できるため、正弦波の性質を知ることが波を知る基礎となる。

ので、波動の勉強には、きってもきれないのが、正弦波、正弦曲線の勉強なわけですね。

Q高校物理、変圧器の原理についてです。 理想的な変圧器では、一次コイルと二次コイルの電力が保存すること

高校物理、変圧器の原理についてです。

理想的な変圧器では、一次コイルと二次コイルの電力が保存することから電流の比が巻き数の逆比になりますが、これが感覚的に納得いきません。

これを認めると2次コイル側にどんな抵抗を繋いでも2次コイル側の閉回路には同じ電流が流れるということになってしまわないでしょうか?

どなたか間違えを指摘していただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

>2次コイル側を解放して電流を0にしたとき、1次コイル側の電流も
>ほとんど0になると思うのですが、
>これは一次コイル側のコイルに生じる電位差が電源の起電力と
>同じぐらいの大きさになるからでしょうか

一次コイルの電圧は一次コイルに加えた電圧と常に
同じですよね(^^;

実際に起こることは、ほんのちょっとー次電流を流すだけで大きな―次電圧に
なってしまうので(ー次側からみたインピーダンスが大きいので)
ちょっとしか電流が流れない。

違う見方をすると、2次を開放すると、2次は何の仕事もしないので
ー次は大きなインダクタンスのコイルに過ぎないということ。

2次に電流が流れるとコアの磁束が減って、同じ一次電流でもコイルの
電圧が下がるから、同じ電圧なら大きな電流が流せる。

この辺りの物理的な仕掛けをアンペールの法則を使ってちゃんと追うと、
理解がぐっと深まりますよ。高校の範囲外かもだけど。

Q大きな地球が二十四時間で一回点していまう程の速度で回転しているのに何故地球の外へ放り出されないのでし

大きな地球が二十四時間で一回点していまう程の速度で回転しているのに何故地球の外へ放り出されないのでしょうか?
もし地球が回転していなければ重力はなくなりますか?

Aベストアンサー

主に重力。
しかしその回転が止まった瞬間地球は一瞬にして崩壊する

Qこの積分の問題がわかりません 少し多いですが途中式を含め解説をお願いします 答えはすぐ近くに書いてお

この積分の問題がわかりません

少し多いですが途中式を含め解説をお願いします

答えはすぐ近くに書いておきました

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最後に(5)、(6)です。

(3)みたいに一筋縄にはいきません。

(5)、(6)では、まず領域を図示してください。(ここは高校数Ⅱの図形と方程式の分野なので説明はカット)

そして、yの範囲をxを用いて表し、その後にxの範囲を表します。

そうすることで、重積分の積分区間を決めることが出来ます。

(5)、(6)はほぼ同じ問いですし、これは間違いなく期末試験やレポート問題に出題されるレベルで、落とすと単位を取れないくらいの重要問題なので、もし出来ない場合は大学図書館なり本屋に行って分かりやすい参考書を1冊買っておくべきかもしれませんね。(迷ったらマセマの微分積分学で良いかも。)

Q円の方程式でX2乗+Y2乗=r2乗っていう公式ありますか?

円の方程式でX2乗+Y2乗=r2乗っていう公式ありますか?

Aベストアンサー

それは、中心が原点、半径 r の 円の方程式です!^-^

Q光電効果 金属に光を当てると電子を放出しますが、いつか金属はなくなってしまいますか?

光電効果 金属に光を当てると電子を放出しますが、いつか金属はイオン分解されなくなってしまいますか?また、太陽光発電はこれの応用版であるという理解で正しいですか?

Aベストアンサー

放出された電子の電荷と金属の電荷が引かれあって放出されなくなります。

Q物理計算が出来ない。 写真の(4.33)の式を求めることが出来ません。途中式を含めて教えてくれません

物理計算が出来ない。

写真の(4.33)の式を求めることが出来ません。途中式を含めて教えてくれませんか?

Aベストアンサー

(4.32) は、そもそもが

 並進の運動エネルギー + 回転の運動エネルギー + 位置エネルギー = 一定

という「エネルギー保存の式」になっています。それは分かっていますか?

だとすれば「MgXsinθ のXは誤植だと思います」などというトンチンカンなことは言いませんよね?

(4.33) を求めるには、そこに書いてある通り

(1) (4.29) の両辺に V をかける:
 MV(dV/dt) = MVgsinθ - FV    ①

(2) (4.30) の両辺にωをかける:
 Iω(dω/dt) = ωRF        ②

①において、左辺は
 MV(dV/dt) = (M/2){d(V^2)/dt} = d{(1/2)MV^2}/dt
右辺は
 V = dX/dt
であることから、①は
 d{(1/2)MV^2}/dt = d{X(Msinθ - F)}/dt     ③
と書けます。

同様に、②において、左辺は
 Iω(dω/dt) = (I/2){d(ω^2)/dt} = d{(1/2)Mω^2}/dt
右辺は
 ωR = V = dX/dt
であることから、②は
 d{(1/2)Mω^2}/dt = F(dX/dt)          ④
と書けます。

③ + ④ より
 d{(1/2)MV^2}/dt + d{(1/2)Mω^2}/dt = d{X(Msinθ - F)}/dt + F(dX/dt)
→ d{ (1/2)MV^2 + (1/2)Mω^2 }/dt = d{ XMsinθ }/dt
これを t で積分すれば
 (1/2)MV^2 + (1/2)Mω^2 = XMsinθ + C (Cは積分定数)
→ 移項して、C=E (定数)と書けば
 (1/2)MV^2 + (1/2)Mω^2 - XMsinθ = E(一定)    (4.33)

③④式の形にすることがポイントです。

(4.32) は、そもそもが

 並進の運動エネルギー + 回転の運動エネルギー + 位置エネルギー = 一定

という「エネルギー保存の式」になっています。それは分かっていますか?

だとすれば「MgXsinθ のXは誤植だと思います」などというトンチンカンなことは言いませんよね?

(4.33) を求めるには、そこに書いてある通り

(1) (4.29) の両辺に V をかける:
 MV(dV/dt) = MVgsinθ - FV    ①

(2) (4.30) の両辺にωをかける:
 Iω(dω/dt) = ωRF        ②

①において、左辺は
 MV(dV/dt) = (M/2){d(V^...続きを読む

Q量子力学を勉強しています。 基礎中の基礎かもしれませんが、 λ=プランク定数÷運動量がどういうわけで

量子力学を勉強しています。
基礎中の基礎かもしれませんが、
λ=プランク定数÷運動量がどういうわけで成り立つか分かりません
どなたかお願い致します

Aベストアンサー

もともとは、「光が粒子でもある」という光量子仮説から来ています。

通常の質量のある粒子であれば、運動量は
 p = mv
です。
しかし、光子には質量がないので、これで運動量を定義することができません。

そこで、光のエネルギー
 E = hν (ν:光の振動数)
から、E=mc^2 を使えば
 mc^2 = hν
→ mc = hν/c
これを仮想的に「光子が速度 c で運動する運動量」とみなせば、光子の運動量を
 p = hν/c = h/λ
と定義できます。つまり、波長は
 λ = h/p

物質波(ドブロイ波)にあてはめるときには、この「光子」のロジック(波→粒子)を逆に「粒子→波」に適用します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング