大学を卒業して5年がすぎました。
現在某商社に席をおいていますが、目に障害がある事が
分かり、将来的な不安を感じています。
安心して働ける職場はないでしょうか?

私は水泳でパラリンピックをめざしているので、
障害者スポーツにも理解のある会社がいいです。

CPは一通りできます。またCPについては
一生続けられるそうです。

良きアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DTPの仕事はいかがですか?


この業界は身体的ハンディを持った方でも十分健常者と同じくらい働ける職種だと思うのですが。
ただPCと言ってもかなり職人系なので、根を詰めてやる仕事です。
夜勤が有るところもあるので(私の会社は仕事の入りによっては有ります)気をつけた方がいいかな…。
殆ど人と接触しないので、会話が好きな人には辛いかも…。
    • good
    • 0

貴方にとって不本意なアドバイスかもしれませんが一度「自営業」を経験されることをおすすめします。

世の中の厳しさを知ると同時に自分の思うようにならない世間とアイデアしだいで人よりも何倍も楽しい世界が待っているかもしれません。
人に仕事を期待する考えは色々な意味であなた自身の為にならないのでは?と勝手ながら感じました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリース業を行う商社の強み

こんにちは。現在就職活動を行っている学生です。
リース業界に興味があり、その業界に絞って就職活動をしているのですが、最近は、リース業の幅も広がってきており、商社がリース業を行っているところも多々あります。そこで、商社がリースを行う強みとはどういったことでしょうか。「モノ」と「金」を抑えることができるとはよくいいますが、具体的にどういったことなのか分かりません。どなたか詳しいかたがいらっしゃいましたら、また、そういったことについてよく分かる本や、サイトなどをご存知の方がおられましたら教えていただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リース会社は大きく分けて、独立系、銀行系、信販系、商社系、メーカー系があります。日本のリース会社は、銀行と商社が出資して、商社の販売手法の一つとして利用されたところからスタートしています。旧日本リースやオリックスなどがそうです。商社系のリース会社はいまでもそういった業務がメインです。(もちろんその他の業務も行いますが、比率的に、という意味です。)商社が自分の取り扱う商品を販売する際、割賦で販売したり、銀行からお客様に融資してもらって買ってもらうなどしていましたが、アメリカではやっていたリースという手法を導入したのです。

リースは実務的にも全く「金融」です。審査や営業等は基本的に全く銀行等と変わりません。ただ、リースという形態が「物を買うお金」を貸すことに絞られているというところが特徴です。商社も販売の際に、手形の分割払いで受けるなど、金融的な役割を果たしていることも多く、そのためリースを行ったりもしているわけですね。
金融系のリース会社と比較して、商社やメーカー系のリース会社は自分で作ったり、販売しているものをリースにかけるので、事故の際に物件を売却して債権を回収するなどのノウハウは優れています。また、製造原価(商社なら仕入原価)と販売価格の差があるので、特にリース販売するメリットがあります。
また、オペレーティングリースといった中古でリース物件を売却しないといけないリース取組(航空機や船舶、建設機械など)では、商社系やメーカー系は販売ルートや中古物件の査定能力をもっているため、極めて強いです。

その他もろもろありますが、リース業界に行かれるおつもりなら、一度日経文庫の「リースの知識」(宮内義彦著)を読まれることをお勧めします。
今言ったようなリースの長所短所や歴史、実務などもかかれており、業界の人間は一度は目にする書物です。

リース会社は大きく分けて、独立系、銀行系、信販系、商社系、メーカー系があります。日本のリース会社は、銀行と商社が出資して、商社の販売手法の一つとして利用されたところからスタートしています。旧日本リースやオリックスなどがそうです。商社系のリース会社はいまでもそういった業務がメインです。(もちろんその他の業務も行いますが、比率的に、という意味です。)商社が自分の取り扱う商品を販売する際、割賦で販売したり、銀行からお客様に融資してもらって買ってもらうなどしていましたが、アメリカ...続きを読む

Q商社とメーカーの飲み会について

同じくらいの規模の商社とメーカーを比べた場合、やっぱり一般的に商社のほうが飲み会などの取引先との付き合いって多いですよね?

Aベストアンサー

ずうっとメーカーのエンジニアだった隠居爺です。
メーカーにも営業部門がありますし、工場にも顧客や地元有力者などを接待する部署があります。
そういう部署に配属されたら、毎晩お酒を飲まなければならないし、休日はほとんどゴルフですね。
とてもハードで身体がもたないので、普通4~5年で異動ありましたけど。

Q代理店と商社の違いは何ですか?

代理店と商社の違いは何ですか?
具体的には自社の製品を代理店販売で売る場合と、商社を通して売る場合と
どう違うのでしょうか。
また手数料かかっても、代理店経由または商社経由にて
物を販売するメリットまたデメリットはどのようなことが考えられますか。

Aベストアンサー

代理店は売手との取引関係でその製品等の販売を許諾する契約に基づき販売を行う法人か個人です。

商社は会社の事業の種類で、主として商品やサービスの仲介を業としますが、必ずしも代理店契約で商売をするわけでもありません。

従って、代理店は商社が行うことが多くありますが、それ以外の得意先を知っているものも代理店となります。

商社を利用するということと、代理店契約で行うかということは別な概念でます。商社を利用しても代理店契約を結ばないこともあります。

日本の商社は、海外への往復が今ほど自由でなく外国語も不自由であった時代に、海外貿易での専門会社として活躍したことが多かったようですが、今はそれよりも大きなプロジェクトの企画と事業の中心となる会社として存在を示していると思われます。

代理店経由または商社経由とする理由は、小さな会社では全国に販売拠点が無い事、特定の顧客に取引口座を有する者にその口座を利用して販売するため、外国貿易の知識がないので商社の外国の営業網を利用するためなど、自社の営業面で不足する機能を保管する目的で利用することが多いと思われます。

代理店は売手との取引関係でその製品等の販売を許諾する契約に基づき販売を行う法人か個人です。

商社は会社の事業の種類で、主として商品やサービスの仲介を業としますが、必ずしも代理店契約で商売をするわけでもありません。

従って、代理店は商社が行うことが多くありますが、それ以外の得意先を知っているものも代理店となります。

商社を利用するということと、代理店契約で行うかということは別な概念でます。商社を利用しても代理店契約を結ばないこともあります。

日本の商社は、海外への往復が今ほ...続きを読む

Q小売はお客様が一番。では、メーカーは商社が一番??

就職活動を通して、トップメーカーだとか業界2、3位とかよくききます。

それで、メーカーの場合は直接販売というより
商社、代理店販売についてお聞きします。

完成品トップメーカーでも商社や取引先には
頭下げてペコペコするのですか?

相手に頭下げるのは仕事するなかでは
何度もあるとおもいます。
しかし、年中下げてるのもつまらない気も
します。ナメてるかもしれませんが、
一度位はお願いされる関係にもあこがれます。

Aベストアンサー

仕事の中で立場上、こちらが頭下げる人、こちらが接待される人、というのはありますね。
そして、おっしゃるようなメーカとか代理店とかお客様とか、そういう立場は変わりませんので、そういう立場の中であるときは上に立ったり、下になったり、ということはほとんどありません。最初から最後まで同じ立場です。

で、メーカの立場としてですが、あくまでお客様が上ですね。
メーカ→商社→お客様 となったとき、お客様には頭下げますが、商社は違います。逆に商社の方がこちら(メーカ)に気を使ってくれますよ。
どっちかって言うと、商社はメーカとお客様の両方を取り持ち、気を使う立場じゃないですかね。

特にメーカが一流企業で、商社が二流ですと、完全にメーカが上です。
何故なら、商社は一流メーカと取引があることがステータスなので、一流メーカを手放したくないからです。

Q助けて。35歳がけっぷち。スキルアップして正社員登用をめざしたい

今年、離婚が決定した35歳女です。
学歴は短大卒 
職歴は、2社正社員  各約2年
      4社派遣社員 各半年~1年くらい
職務内容  現場仕事 工場ライン 粉酒などの簡単な検査

など、誰でもできるような簡単なその場限りの仕事しかしてないです。
今後は、一人で生きていく覚悟なのでなんとかスキルアップして正社員として
雇ってもらいたいのです。

そのためには、どういう手段が考えられますか?

ちなみに、とりあえず簿記三級の試験はうけました。が、約3か月頑張ったのですがぎりぎり受かるか受からないかの瀬戸際です。(独学)実力はありません・・・。

Aベストアンサー

人事で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。
また自分自身も転職などの経験があり、多少ブランク等があるのでご事情などお察し致します。

>今後は、一人で生きていく覚悟なのでなんとかスキルアップして正社員として雇ってもらいたいのです。

まずはあまり焦らずに、ご自身の「スキル」という意味と今後一人で生きていく覚悟の内容などを今一度見直してみることからはじめることが賢明かと思います。

何に興味があり、何をしたいのか、今の段階で何ができるのか…ということを自分自身の今までを振り返って何のスキルをアップさせるかを考えてからでないと、それこそその場しのぎの就職活動となって貴重な時間や労力を使ってしまう結果になってしまう可能性があるかも知れないと思いました。
自分がどんな業種や職業に就きたいかということをある程度明確にしないと資格を取得したから、あるいは資格があるからといってすぐに職業に結びつくようなことは一概には断言などできませんが、うまくやろうとするほど焦りや不安が増幅することがあると思います。

手段よりも目的を重視されることをお勧めします。
自分の将来の生活などの設計や自分の進みたい方向などといった目的がないと、自分自身の失敗から言えることはいざ、応募や面接などになった場合、場当たり的な活動になってしまう原因のひとつとして手段に固執して目的が一体何なのかという重要なことを無意識に見失っていることがありました。

離婚が決定したということでお気持ちがやや焦りぎみになっておられる場合もご自身が気づかない間にそういった状況になっていることも多いかとお察し致します。しかし経済的な問題や環境的な現実といったこともあるでしょう。
それゆえにあまり崖っぷちという悲観的な思考をなるべく前向きな希望的な心構えに変えていく時間や心の余裕も多少必要なこともあるかと思いました。

当然考え方などは人それぞれなので断言や偉そうな事を言える立場ではありませんが、簿記の試験に注力された結果のことなども焦りを増幅させている原因のひとつかも知れないと思います。

目的を明確にして、手段としては今のご質問者様がその会社の応募要項や能力、求められる経験やスキルに準じた会社を応募される、またアルバイトでも正社員登用制度(うたい文句だけの会社も多くあるのが現実かとは思いますが)がしっかりと運用や実績などがある会社を探す、また希望の業種や職種に強い人材紹介会社に登録する、ハローワークなどのキャリアカウンセリングなどを利用するといった方法や他にも手段はあると思います。
いずれもひとりで悶々と考えると焦る気持ちが時間の経過とともに増えることが考えられる場合があると思いますので、自分という人物やスキルなどを客観的にアドバイスを厳しくとも数多く協力してもらえる方法など人材エージェントやキャリアアドバイスなどを受けていると、気持ちも一旦動き出したら、今よりも焦る気持ちがさらに前進して挑戦意欲となってスキルなどの向上に役立つこともあるものです。

決して回答ではなく、ひとつの考え方の一助として参考程度にでもなれば幸いです。

人事で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。
また自分自身も転職などの経験があり、多少ブランク等があるのでご事情などお察し致します。

>今後は、一人で生きていく覚悟なのでなんとかスキルアップして正社員として雇ってもらいたいのです。

まずはあまり焦らずに、ご自身の「スキル」という意味と今後一人で生きていく覚悟の内容などを今一度見直してみることからはじめることが賢明かと思います。

何に興味があり、何をしたいのか、今の段階で何ができるのか…ということを自分自身の今までを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報