色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

11月21日 生理開始
12月4日 もうすぐ排卵と診断
12月11日卵胞がしぼんでると診断
12月17日妊娠検査薬にて蒸発線の様なのが出る
12月24日妊娠検査薬でくっきり陽性

1月4日 生理の最終日くらいの少量の出血があり、帰省中のため実家近くの産婦人科へ。
エコーで確認すると、11月21日から数えて6週2日にして羊水が小さいからほぼ流産だと言われました。

1月5日 出血はとまる。他に異常なし。
1月12日にいつもの産婦人科の予約をしています。

12月5日頃に排卵で、12月11日に卵胞が見えることはありますか?
エコー写真は1月4日のです。

「排卵してから卵胞が消えるまでは何日ですか」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。

    1月4日にほんの少し出血があり、帰省中のためいつも行かない病院でエコーで見てもらいました。

    そこで先生から、11月21日が生理開始日なら6週2日目だから、この羊水の大きさじゃ流産確定だよと言われてしまいました。
    排卵が遅れてたらと微かな希望を持っておりました。

    やはり卵胞の影にまどわされずとも、妊娠継続は難しいんだろうと思っています。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/10 09:18
gooドクター

A 回答 (1件)

>12月5日頃に排卵で、12月11日に卵胞が見えることはありますか?



幾らでもありますよ。
排卵する頃の卵胞の大きさは2センチ程まで成長しますが、そこから排卵される卵子の大きさは、たった0.1~0.2ミリ程しかありません。

>12月11日卵胞がしぼんでると診断

これは排卵した後の卵胞の殻がイビツな形になったのを観察されたのです。

排卵された後に残った卵胞の殻の中にある、果粒膜細胞と莢膜細胞と言われる部分が黄体に変化し黄体ホルモンを分泌します。
黄体に変化するまでに1~2日掛かり、黄体ホルモンを分泌し切るまでの10日間ほど掛かります。
黄体ホルモンを分泌し切った卵胞を白体と言います。
妊娠できず生理が来て次の卵胞を育て始めても、卵巣の中には前の白体が残っているそうです。

PS;
1月4日のエコー写真を載せた意味は、何?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング