親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

国語の文法の質問です。

彼は明らかに犯人だ。

という文は、

彼は/明らかに/犯人だ。

と文節に分けられるわけですが、

この場合、

「明らかに」という形容動詞の「連用形」が、

「犯人」という名詞(体言)を修飾している、
つまり連用形が連体修飾の働きをしていることになりませんか?

説明をお願いします。

A 回答 (15件中1~10件)

No.12のOKATさんの回答についてコメントを。



この問題に関しては、私は「国文法的な立場」には誤りがあると考えていますので、あえて国語辞典から術語の定義をしつこく引用しました。

No.11で私が引用した、大辞泉の「連用形」の初めにも「国文法で~」とあるように、国語辞典の文法項目はすべて「国文法」の立場からの説明になっています。

OKATさんの説明のように、連用修飾については「文節」どうしの関係として説明してくれればいいのですが、なぜか国文法では「用言を修飾するものを連用修飾語という」という定義になってしまうのですね。

これは大辞林に限ったことではなく、大辞泉、明鏡国語辞典・明解国語辞典、他の国語辞典でも同じです。みな「国文法」の説に従っていますから。

昨日、市の図書館へ行って、「日本文法大辞典」(1971年)を調べてみたのですが、「修飾語」の項は渡辺実が執筆していて、「用言・体言という品詞に関わる用語で連用修飾語・連体修飾語という文の成分を説明するのは論理が逆だ」というようなこと(言葉遣いはうろ覚えですが)を書いていて、やはり専門の研究者は問題意識をちゃんと持っているんだ、と納得しました。しかし、それが何十年たっても国文法の通説・学校文法に反映しないのが現状です。

なお、連体修飾に関しては、「文節どうし」の関係ではないと思います。

  逮捕された男は、あの事件の犯人だ

という例で、「逮捕された」は「男は」にかかるというより、「男」だけにかかると考えたほうがいいでしょう。「あの事件の」は、「述語文節」の「犯人だ」にかかるのではなく、その名詞「犯人」にかかるのでしょう。これらはどちらも「連体修飾語」です。 

saburoo
    • good
    • 0

なお、


>>もし、日本語に述語の存在しない文章があれば変な話になります。
という回答がありますが、これはいくらでもあります。

まず、一語文と呼ばれる、「山!」「火事!」があります。また、喚体の文といわれる、

  おお愛する猫よ。

さらに、

奈良七重七堂伽藍八重桜

のような、芭蕉の句とされる俳句など様々です。■
    • good
    • 0

NO.5の訂正、補足です。



訂正:形容同詞 → 形容動詞

「明か」は「明かな事実」と言うように対象の静的な属性を表わす語で、副詞でも陳述副詞でもありません。
「な」は肯定判断の助動詞です。

そして、これを形容動詞として「明かだ」で一語とするところに根本的な誤りがあります。■
    • good
    • 0

国文法的な立ち場に立てば、そう難しくはありません。

すべて文節に分解し、その文節の相互関係を理解すればいいのです。その中でもっとも重要な文節は「主語文節」・「述語文節」です。次に、その「主語文節」や「述語文節」に関係あるのが、「修飾文節」です。「修飾文節」の内、「主語文節」を修飾するのが「連体修飾文節」、「述語文節」を修飾するのが「連用修飾文節」です。
 これを質問の例文に当てはめれば、
彼は→「主語文節」。 明らかに→「修飾文節」(連用修飾文節)。犯人だ→「述語文節」。
 以上のように、考えられます。国文法では「用言」が存在しなくても述語文節になり得ます。もし、日本語に述語の存在しない文章があれば変な話になります。「何がどうする」(動詞)「何がどんなだ」(形容詞・形容動詞)「何が何だ」(名詞)これが主語述語の規定です。名詞の後にある「だ」は「である」「です」とともに「コピュラ」として働く語です。決して役不足ではありません。
 なお、この三つの文節とともに文章の組み立てに役立つ文節は幾つかありますが、それぞれの働きは「国文法」の解説をごらんください。なお、この「国文法」に批判的な文法が幾つかありますが、私自身は「国文法」とは違う文法を支持します。「日本語文法」であれ、「時枝文法」であれ、「山田文法」であれ、それなりの根拠を持って成立しているものと信じます。他を罵倒するだけを仕事としていては何も生まれません。
    • good
    • 0

「文節」に分けた上での「修飾関係」の質問ですので、学校文法の範囲で考えてみます。


(私は「国文法:学校文法」については詳しくないので、誤りがありましたら指摘してください。)
問題の確認から。

   彼は/明らかに/犯人だ。

という文で、『「明らかに」という形容動詞の「連用形」』はどこを修飾しているか、それは「連用修飾」か「連体修飾」か。

用語の定義が重要だと思うので、国語辞典から引用します。「明らかに」が「形容動詞」の「連用形」である、ことは考え直す必要はないものとして、前提とします。(「副詞」である、という分析は後で考えます。)

デジタル大辞泉
れんよう‐けい【連用形】
国文法で活用形の一。活用する語の語形変化のうち、文中で文を中止するときの形。また、文語では助動詞「き・けり・たり」など、口語では助動詞「た」などを伴って用いられ、形容詞の場合には連用修飾語にもなる。六活用形の第二に置かれる。

「連用形」は「連用修飾語」になります。

大辞林 第三版
しゅうしょくご【修飾語】文の成分の一。ある語句の概念を限定したり、意味をくわしくしたりする語。「白い花」「とても疲れた」の「白い」「とても」などの類。体言を修飾するものを連体修飾語、用言を修飾するものを連用修飾語という。
れんよう【連用】② 用言に続くこと。

「連用修飾語」は「用言」を修飾します。では、「用言」とは。

大辞林 第三版
ようげん【用言】自立語のうち、活用があり、単独で述語となりうるもので、事物の動作・存在・性質・状態を叙述するもの。その下位分類として、動詞・形容詞・形容動詞の三品詞を認める。

「用言」とは「単独で述語となりうる」もので、「動詞・形容詞・形容動詞の三品詞」です。

以上の定義からすると、「犯人だ」という「名詞+だ」は、用言ではないので、連用修飾を受けられないことになってしまいます。

もちろん、「だ」だけと考えても同様です。

大辞林 第三版
だ 助動詞 名詞・副詞、ある種の助詞、および体言に準ずるものに接続する。(略)
① 断定または指定の意を表す。判断したり強く断定したりする。 「彼は学生だ」 「一足す二は三だ」

「だ」は「名詞に接続する助動詞」で、「断定または指定」を表します。「用言」ではありません。

その「だ」がついた「名詞+だ」は、用言ではないとして、では何なのか。

「用言」が「単独で述語になりうる」のに対して、名詞は「だ」をつけて述語になるのです。動詞述語、形容詞述語に対して、名詞述語です。

大辞林 第三版
じゅつご【述語】
① 文の成分の一。文中で「何がどうする」「何がどんなだ」「何が何だ」における「どうする」「どんなだ」「何だ」にあたる語または文節をいう。「花が散る」「頰が赤い」「あれが駅だ」における「散る」「赤い」「駅だ」の類。

この「駅だ」の例が、「犯人だ」に対応するわけです。しかし、用言ではないので、定義上、「連用修飾」は受けられないことになります。

以上、長くなりましたが、ご存じの方には分かり切った話なのかもしれません。


以上を振り返ってあらためて考えると、「連用修飾」が「用言を修飾する」としたのが問題なのだと思います。「述語を修飾する」とすればよかったのでは、ということです。

「連用修飾」というのは、文の成分同士の関係なので、「用言」という品詞を基準とした定義をするのは不適当です。
「連用修飾語」を受けるのは、文の成分である「述語」であるはずです。
その述語になれるのは、動詞・形容詞・形容動詞の「用言」と「名詞+だ」です。

(それに対して、「連体修飾」は、「体言(名詞)」を修飾するのでしょうが、そこを考え出すと、「文の成分」とは何か、「修飾」とはそもそも何なのか、ということが問題になるでしょう。それは、ここで論じるには問題が大きくなりすぎます。)

質問への回答としてまとめると、一応、

 「明らかに」は「犯人だ」という「(名詞)述語」を修飾している。

となりますが、これが「連用修飾」なのか「連体修飾」なのかは、元々の定義のしかたを考え直さなければならないでしょう。(私は、連用修飾でいいと思います。)


さて、次に、「明らかに」は「副詞」である、という初めに触れた説を考えます。
私はこちらのほうに魅力を感じます。

すでに他の回答者が書かれているように、「あきらかに」は「犯人だ」を修飾しているというより、「彼は(が)犯人だ」全体を修飾しているのだと思います。

例えば、「彼はゆっくり走っている」の場合、「ゆっくり」は「走っている」という動作の「様態」をより詳しく説明しているだけです。「彼は(が)走っている」という事象全体
(「命題」と言ってもいいかと思います)にかかっているわけではありません。

それに対して、「明らかに」は「彼は(が)犯人だ」という全体についてのコメントになっています。「陳述の副詞」と書いた方がありますが、私のいいかたでは「文修飾の副詞」です。命題全体に対する「修飾」です。(ここで、「修飾」とは何か、が問題ですが。)
(もう一つ、「は(が)」というのは、「主題」は「命題」を考える場合、また別の扱いになるだろう、ということを考慮した書き方です。)

このように考えると、もう「連用」でも「連体」でもありませんが、こういう考え方は学校文法にはないので、まったく別の話になってしまいます。

以上、質問への回答として適当かどうかわかりませんが、私の考えを述べました。

saburoo
    • good
    • 0

学校文法(橋本文法中心の)の考える文節による構文法の欠点です。


「学校から/帰った/彼は/すぐ/遊びに/行った。」「帰った」は「彼」にかかりますが、「彼は」までかかるわけではありません。
 修飾⇔被修飾が途中で途切れる可能性があります。「明らかに」は(連用形で)「犯人だ」に連用修飾語としてかかっています。(「だ」と判断するところまでかかっている)
一方、「明らかな」であれば(連体形)「連体修飾語」として「犯人」にかかって、「だ」まではかかっていません。
 このように、一般に言われる「山田文法」「時枝文法」「松下文法」などから欠点を指摘されます。
    • good
    • 0

小・中・高で教わる文法(橋本文法)に沿って解説します。



「明らかに」を「形容動詞」の「連用形」と解釈すると、当然、そのような疑問が生じてしまいますよね。もっともな意見だと思います。

この場合はね、「明らかに」を「陳述の副詞」と解釈すればいいのです。

「副詞」とは?
→ 用言の意義を修飾する状態の副詞と、話し手の仮定・推量・願望・疑問・否定・断定などの判断を表現する語に呼応する副詞との2種類があります。後者を「陳述の副詞」と言います。

(例)
「たまたま」その店の前を通りがかった。 → 「たまたま」という「副詞」が「通りがかる」という「動詞(用言)」を修飾しているとなります。「たまたま」は、「通りがかった」の「連用修飾語」ですね。
「かなり」難しい問題だ。 → 「かなり」という「副詞」が「難しい」という「形容詞(用言)」を修飾しているとなります。「かなり」は、「難しい」の「連用修飾語」ですね。

※1 「もし(も)」不合格なら(ば)、がっかりするだろう。 → 「もし(も)」という「副詞」が、「~なら(ば)」という「仮定」を表現する語に呼応しているとなります。「もし(も)」は、「不合格なら(ば)」の「連体修飾語」ですね。
※2 「おそらく」彼が犯人だろう。 → 「おそらく」という「副詞」が、「~(だろ)う」という「推定」を表現する語に呼応しているとなります。「おそらく」は、「犯人だろう」の「連体修飾語」ですね。
※3 「どうか」ミーティングに参加してください。 → 「どうか」という「副詞」が、「~(して)ください」という「願望」を表現する語に呼応しているとなります。「どうか」は、「参加してください」という「連文節(補助の関係)」の「連用修飾語」ですね。
※4 「なぜ」君は遅刻したのですか。 → 「なぜ」という「副詞」が、「~か」という「疑問」を表現する語に呼応しているとなります。「なぜ」は、「遅刻したのですか」の「連用修飾語」ですね。
※5 彼は「決して」そんなことはしない。 → 「決して」という「副詞」が、「~ない」という「否定」を表現する語に呼応しているとなります。「決して」は、「しない」の「連用修飾語」ですね。
※6 彼が「必ず」犯人だ。 → 「必ず」という「副詞」が、「~だ」という「断定」を表現する語に呼応しているとなります。「必ず」は、「犯人だ」の「連体修飾語」ですね。


彼は「明らかに」犯人だ。 → 「※6」のケースと同じ! 「明らかに」という「副詞」が、「~だ」という「断定」を表現する語に呼応していると解釈すればよいのです。「明らかに」という「陳述の副詞」が、「犯人だ」の「連体修飾語」になっている、という説明になります。
    • good
    • 0

日本語では重大な誤りを起す場合以外、副詞は文のどこに置いても良いので、「連体修飾」という名前を付ける必要はありません。

    • good
    • 0

彼は明らかに犯人。



という表現もするわけですが、この場合であっても、

彼は明らかに犯人だ。

の省略された形です。

「犯人という人物」が明らかだ、という構文は、日本語としての意味を成していません。
明らかなのは、あくまで「犯人であること=犯人だということ」です。
    • good
    • 0

ちゃんと表現するなら


明らかに/彼は/犯人だ。
であり
「明らかに」は「彼は犯人だ」にかかります
つまり「彼が犯人なのは明らかだ」ということです
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qじ と ぢ の発音

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10916160.html

に関連して、じ と ぢ の発音は区別されていたのでしょうか。例えば万葉仮名では異なる文字が割り当てられていたとか。

Aベストアンサー

区別されていたようです。割り当てた漢字が異なります。
じ 自士仕慈盡貳兒爾珥耳茸餌時
ぢ 遲治地膩尼泥
https://japanknowledge.com/introduction/keyword.html?i=375

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、

普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、玉城裕規インタビュー(下)の「歌わないですけど」はなぜ成立できるのか、聞きたいんですが、ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認識があったらしい。
ただ、「です」が丁寧語であることから、「ません」よりも丁寧な表現になると思われ、特に若者の話し言葉として浸透していったとのこと。
2008年には、「ないです」の使用が「ません」の使用を約 3 倍も上回る結果が出たという研究結果もあります。↓(けっこう分かりやすい。短いのも助かる)
https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/menu7_folder/symposium/pdf/8/10.pdf
因みに、わたしは(若くはありませんが)書き言葉でも使っています。
とはいえ、子供の頃は使っていなかったように記憶している。

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認...続きを読む

Q接尾語「らし・い」は自発?

という気もするのですが、どう思われますか?

大辞泉の補説によるなら、接尾語「らし・い」が先に存在して、助動詞「らしい」はその関連で後からできたとのことなので、接尾語の「…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す」という用法と、助動詞の推量用法は、その意味において関連性があると考えて良さそうです。
であれば、「かわいらしい」と「かわいいらしい」も語釈的に密接な関係があると言えるでしょう。

「うちのポチは本当にかわいい」
これは断定。
自分(側)のことなので主観で断定しやすい。

「あなたのミケも本当にかわいらしい」
これは、あなたのミケに対して、意識的に「かわいい」という主観的判断を表明するのではなく、「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」猫ちゃんですね、と言っている。(のではないか?)
仮にそうだとした場合、こうした自発的表現に委ねる最大の理由は、客観的に見て、あなたのミケは「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」存在であろう、と言いたいから。
この点に関してはシチュエーション次第で2つの切り口があり、ひとつは、相手(側)のことなので主観で断定する無遠慮を回避するため。
たとえば、「彼は楽しい」という表現の不適切さと似ているかもしれません。「彼は楽しそうだ」が妥当でしょう。
もう一つは、あくまで客観的に見れば「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」だろうという意味であり、私自身が「かわいい」という積極的評価を主観的に下しているわけではない、という意図を表明するため。
こうした点で、助動詞の推量用法が関係していると言えそうです。

むろん、こういった違いは、あくまで語釈上の問題であり、たとえ相手(側)のことであっても主観的に断定したい場合もあるし、あるいは主観的に断定するのがふさわしいと判断した場合は、「あなたのミケも本当にかわいい」と表現することでしょう。
同様に、自分だけではなく、客観的評価としてのかわいらしさを求めたい飼い主は「うちのポチは本当にかわいらしい」と言う可能性は高い。
未検証ですが、こんなことを思いましたので、みなさんのご見解をお聞かせくだされば有難いです。


・助動詞「らしい」
1 根拠や理由のある推量を表す。「台風が接近しているらしく、風雨が強まってきた」
2 伝聞や推量に基づく婉曲 (えんきょく) な断定の意を表す。「冬山というのは非常に危険らしい」
3 (多くは体言に付いて)ぴったりした状態、よく似た状態にある意を表す。いかにも…のようである。まさに…と見うけられる。「名探偵らしい見事な推理だ」
[補説]近世になって、古語の「らし」と、活用があって形容詞を作る接尾語「らしい」との類推から生まれたといわれる。~~。また、3は接尾語との区別のつかない場合もある。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/229378/meaning/m1u/%E3%82%89%E3%81%97/

・接尾語「らし・い」
《形容詞型活用[文]ら・し(シク活)》
1 名詞に付いて、…としての資質を十分に備えている、…と呼ぶにふさわしい、などの意を表す。「男―・い男」「春―・い陽気」「人間―・い生活」
2 名詞、形容詞・形容動詞の語幹、副詞などに付いて、…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す。「ばか―・い」「愛―・い」「汚―・い」「わざと―・い」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/229385/meaning/m1u/%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84/

という気もするのですが、どう思われますか?

大辞泉の補説によるなら、接尾語「らし・い」が先に存在して、助動詞「らしい」はその関連で後からできたとのことなので、接尾語の「…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す」という用法と、助動詞の推量用法は、その意味において関連性があると考えて良さそうです。
であれば、「かわいらしい」と「かわいいらしい」も語釈的に密接な関係があると言えるでしょう。

「うちのポチは本当にかわいい」
これは断定。
自分(側)のことなので...続きを読む

Aベストアンサー

>>『ストレートに「可愛い」とは感じられなかった』という判断が、自然に発生したのか、考えた結果として発生したのか、ということに焦点を当てているつもりなのですが、どちらですか?

自然に発生したのではなく、対象の認識により生まれたもので、考えたわけではありません。

かんがえる【考える・勘える】

( 動ア下一 ) [文] ハ下二 かんが・ふ
〔古くは「かむがふ」とも表記〕
① 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。思考する。 「いくら-・えても解けない問題」
② さまざまなことを材料として結論・判断・評価などを導き出そうとする。 「転勤の件は少々-・えさせて下さい」 「子供の将来を-・えて厳しく育てる」
③ (形容詞・形容動詞の連用形に付いて)それが…である、という感情や評価をもつ。…だと感ずる。 「あまり堅苦しく-・えないで下さい」 「一度の失敗を重大に-・えなくてもよい」
④ 結論を出すための材料の一つとみなす。 「相手の都合を-・えると無理は言えない」 「道の混雑を-・えて早めに出る」
⑤ 計画する。意図する。 「人員削減を-・えている」
⑥ 工夫して新しいものを作る。 「この機械を-・えた人は天才だ」 「いいことを-・えた」
⑦ 罪を問いただす。処罰する。 「(閻魔えんまノ庁デ)-・へられつる事ども、ありつる有様/宇治拾遺 8」
⑧ 比較検討や占いの結果に基づいて判断する。 「宿曜の賢き、道の人に-・へさせ給ふにも/源氏 桐壺」 → 思う(補説欄)
【大辞林】■

>>『ストレートに「可愛い」とは感じられなかった』という判断が、自然に発生したのか、考えた結果として発生したのか、ということに焦点を当てているつもりなのですが、どちらですか?

自然に発生したのではなく、対象の認識により生まれたもので、考えたわけではありません。

かんがえる【考える・勘える】

( 動ア下一 ) [文] ハ下二 かんが・ふ
〔古くは「かむがふ」とも表記〕
① 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。思考する。 「いくら-・えても解けない問題」
② さまざまな...続きを読む

Q所有表現「~は・・があります」に場合によっては不自然さを感じるのですが。

「みんなの日本語」など外国人に対する日本語教育の教科書では、「~は・・があります」を所有表現として教えていますが、この表現に不自然さを感じる場合があります。
先日、ロシア語で書かれた日本語の参考書に①「私は約5人の親友があります。」という例文を見たのですが、違和感がありました。
私が書くなら、②「私には5人ほどの親友がいます。」とします。
①の文章に問題はないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔は「ある」は人がいることにも使っていましたが、今では違和感を覚える人が増えています。

・むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
・賛成の人もある。
・私には妹がある。

上の文は辞書や文法書には書いてありますが、実際にはもう使われないでしょう。
もっとも、古い昔の本を読む外国人もいるから、説明はしておかなければならないのが、日本語教師のつらいところ。



「~『に』は(モノ)があります」ならいい。
・彼には才能がある。
・私には時間だけはたっぷりある。
・両国間にはつながりがある。
・その意見には問題がある。

この場合、「に」はなくてもいいかもしれない。
・彼は才能がある。
・私は時間だけはたっぷりある。
・両国間はつながりがある。
・その意見は問題がある。

ただし、体の部分は難しい。というか、無理だろう。
・私には高い鼻がある。
・象には長い鼻がある。



「約5人の親友」という言い方にもびっくりですけどね。
「約100人の友達」ならともかく。

Q「何年もの間」の「もの」の説明

外国人に日本語を教えています。
「何年もの間、二人はそれを不思議に思っていました」という文ですが、
「何年もの間」の「もの」はどう説明したらいいでしょうか。
「何年間も」と同じ意味と言ってもいいですか。

Aベストアンサー

この「の」は、名詞と名詞を繋いでいます。机の上、僕の楽しみ、などと同じです。「の」の前の語が後の語の説明となっていますが、日本語文法としては連体修飾格を作る格助詞とされます。説明にあたる名詞と説明される名詞を仲立ちするわけです。

「も」は係助詞に分類することもありますが、単に「強調」を表現するときは副助詞でよいと思います。
https://www.kokugobunpou.com/%E5%8A%A9%E8%A9%9E/%E4%B8%BB%E3%81%AA%E5%89%AF%E5%8A%A9%E8%A9%9E%E3%81%AE%E7%94%A8%E6%B3%95/

「何年も」その期間をとても長いと強調した上で、「の」によって「間」に対する連体修飾語としているわけです。

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。 『私は教会の時

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

Aベストアンサー

学校の国文法では、
『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。

Q引き続きの質問です。 「ふみ」と自分のスマホで入力したら予測変換で「道」が出てきたのですが、道という

引き続きの質問です。

「ふみ」と自分のスマホで入力したら予測変換で「道」が出てきたのですが、道という漢字はふみとは読まないんですか??

でも確かに、どこ調べても「道」は「ふみ」と読まないみたいで混乱しています。

シメジというキーボードアプリで「ふみ」と入力すると予測変換でずーーっと下の方に「道」が出てきました。

僕のスマホがおかしいのでしょうか?
それとも、「道」を「ふみ」と読める可能性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「道」は確かに歩く時、「踏む」ものですから、誰かがそう読み始めたら使う人があるかもしれません。今まで目立たなかっただけかもしれません。そう読んで不思議というものでもありません。

Qちょっとお聞きしたいことがあるんですが、以下の問題に答えは何でしょうか、教えていただければありがたい

ちょっとお聞きしたいことがあるんですが、以下の問題に答えは何でしょうか、教えていただければありがたいです。
2.うちへ(   )、すぐシャワーを浴びます。
  A.帰れば B.帰って C.帰ると    D.帰ったら

Aベストアンサー

A.うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
「A ば B 」⇒A という条件の場合、(当然のこととして)B である。
という必然の構図。

B.うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
「A て B 」⇒A に引き続いて B 。
という継起の構図。

C.うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
「A と B 」⇒A ならば [ 毎回のように / 常に ] B 。
という反復・必然の構図。

D.うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。

「A たら B ①」
⇒(帰るかどうかわかりませんが、もし)うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
もし A ならば B 。
という仮定条件。(家へ帰るかどうか不明の場合)

「A たら B ②」
⇒(何時になるかわかりませんが、)うちへ帰ったら、すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
A ならば B 。
という確定条件。(必ず家へ帰る場合)

A.うちへ帰れば、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰れば、(当然のこととして)すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
「A ば B 」⇒A という条件の場合、(当然のこととして)B である。
という必然の構図。

B.うちへ帰って、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰って(という動作に引き続いて、)すぐシャワーを浴びます。
というニュアンス。
「A て B 」⇒A に引き続いて B 。
という継起の構図。

C.うちへ帰ると、すぐシャワーを浴びます。

うちへ帰ると、(毎回のように)すぐシャワーを浴び...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング