人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

iDeCoとふるさと納税は両方出来るのでしょうか?

iDeCoで掛け金の全額が所得控除対象となり所得控除を受けてるのにふるさと納税をするとどうなりますか?

両方適用されるのですか?

それともiDeCoの所得控除金額分はふるさと納税対象外になる?

A 回答 (1件)

>iDeCoとふるさと納税は


>両方出来るのでしょうか?
はい。もちろんできます。

iDeCoとふるさと納税の共通した
条件は『税金』であり、共通した
効果は『節税』でしょうね。

iDeCoの掛金は、
『小規模企業共済等掛金控除』
という、税金の所得控除制度が
申告でき、所得税、住民税を
安くすることができます。

ふるさと納税は、
所得税では、所得控除の
『寄附金控除』が申告でき、
住民税では、
『寄附金税額控除』及び
『ふるさと納税特例控除』を申告でき、
やはり、所得税、住民税を安くする
ことができるのです。

>両方適用されるのですか?
両方適用できます。
>iDeCoの所得控除金額分は
>ふるさと納税対象外になる?
そんなことはありませんが、
★iDeCoの所得控除金額分、
★住民税の減額があるので、
★その分、ふるさと納税の
★限度額が下がるので、
★注意して下さい。

iDeCoの所得控除は、
健康保険料や厚生年金保険料といった
社会保険料控除と同じようなものです。
ふるさと納税のシミュレーションでは
掛金を社会保険料等に付け足した上で
最適額を確認して下さい。

以上、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとうございます

限度額がその分下がることを出来ないという

お礼日時:2019/01/11 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルバイトで平成30年の収入が103万円以下だったので、所得税として毎回差し引かれてた額を税務署で還

アルバイトで平成30年の収入が103万円以下だったので、所得税として毎回差し引かれてた額を税務署で還元してもらえるように申請したいのですが、何が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

源泉徴収票を確認して下さい。

①平成30年分 源泉徴収票
 が、ありますか?

②源泉徴収票には、源泉徴収税額
 が、ありますか?

①がなければ、確定申告はできません。
②がないなら、確定申告は意味が
 ありません。

①も②もあるなら、
下記から確定申告をして下さい。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl
自宅等で、画面から源泉徴収票の転記
①支払金額
②源泉徴収税額、
③社会保険料等の額
を入力して下さい。

その他に、国民年金等の
社会保険料等を払っているなら
保険料控除証明書をみて入力して
下さい。

それに、
氏名、住所、マイナンバー等の入力も
して、申告表を作成し、印刷、押印
します。

それに
⑪源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証、学生証等)
 のコピー
⑭保険料控除証明書等
を添付して、税務署に、
郵送、あるいは持参してチェック
してもらい、提出して下さい。

自分ではできないと思うなら、
お住まいの管轄の税務署へ行って
相談しながら申告書を作成して下さい。

確定申告の期間は2/18~3/15
ですが、還付申告なら、
★それ以降でも問題はないです。

持って行くものは、
上述⑪~⑭に加え、
⑳印鑑、通帳などです。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm#map

所得税の還付金があれば、後日指定の
銀行口座に振り込まれます。

以上、いかがでしょうか?

源泉徴収票を確認して下さい。

①平成30年分 源泉徴収票
 が、ありますか?

②源泉徴収票には、源泉徴収税額
 が、ありますか?

①がなければ、確定申告はできません。
②がないなら、確定申告は意味が
 ありません。

①も②もあるなら、
下記から確定申告をして下さい。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl
自宅等で、画面から源泉徴収票の転記
①支払金額
②源泉徴収税額、
③社会保険料等の額
を入力して下さい。

その他に、国民年金等の
社会保険料等を払っているなら
保険料控除証明書をみ...続きを読む

Q確定申告、医療費控除について。 現在、主たる家計の収入は公務員の妻で、私は就職活動をしながら妻の扶養

確定申告、医療費控除について。
現在、主たる家計の収入は公務員の妻で、私は就職活動をしながら妻の扶養範囲内でアルバイトをしています。妻は、年末調整で還付金申請を終えていますが、私は確定申告を行う予定です。そこで、家族全員の医療費を私の支出として還付金申請が出来るのか、妻が再度還付金申請をしなければならないのか、お教え頂けないでしょうか?
調べたところ、妻は10万以上の医療費が控除されるはずですが、私が申請すると6万以上(年収の5%)が控除対象になると解釈しました。
私の支出として申請出来るなら、その方がお得ですよね。

Aベストアンサー

こんにちは。

 まず最初に…
 「医療費控除」は、所得税の還付ですので、医療費が返ってくるわけではありません。
 ですから、既に支払われている所得税の額が、還付される金額の上限になります。

〇質問者さんが申告された場合
 扶養内というのが、所得税の扶養なのか、社会保険の扶養なのか判然としないのですが、所得税の扶養内でしたら年収が103万円以下ということですから、所得税が非課税です。つまり「医療費控除」の申告をされても還付される税金がありません(つまり、還付はありません)。
 また、社会保険の扶養内ということでしたら、概ね年収が130万円以下だと思いますので、所得税の税率が5%ですから還付される大まかな金額は「(医療費-6万円)×5%」で、既に支払っておられる所得税の額が上限になります。

〇奥様が申告された場合
 奥様は恐らく10%または20%と思われますので、その場合は還付される大まかな金額は「(医療費-10万円)×10%又は20%」です。同じく、既に支払っておられる所得税の額が上限になります。

 ざっくりとですが、以上で比較されてどちらが得かということになりますね。

【所得税の税率】
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

こんにちは。

 まず最初に…
 「医療費控除」は、所得税の還付ですので、医療費が返ってくるわけではありません。
 ですから、既に支払われている所得税の額が、還付される金額の上限になります。

〇質問者さんが申告された場合
 扶養内というのが、所得税の扶養なのか、社会保険の扶養なのか判然としないのですが、所得税の扶養内でしたら年収が103万円以下ということですから、所得税が非課税です。つまり「医療費控除」の申告をされても還付される税金がありません(つまり、還付はありません)。
 また、...続きを読む

Q住民税について。 今日、平成29年1月~12月の収入分の住民税納税通知書が届きました。 そこで大きな

住民税について。

今日、平成29年1月~12月の収入分の住民税納税通知書が届きました。
そこで大きな疑問なのですが合計所得金額が122,000円に対して年間85,000円の市民税・都民税って高すぎじゃないですか?

私は29年1月に実家を出て一人暮らしを始めました。
29年度(28年1~12月分)の年収は約170,000円で非課税でした。

収入が下がったのに課税になる意味が分かりません。


なぜですか?分かる方お願いします!

Aベストアンサー

>正 :合計所得金額 1,220,000円です。

つまり、昨年の年収は、
給与支払金額が、約200万
給与所得控除後金額が122万ですね。
今年初めにもらっている
『平成29年分 源泉徴収票』を
確認して下さい。

住民税では、そこから、
基礎控除33万
が控除されます。
122万-33万=89万
あと5万程、所得控除があります。
おそらく国民健康保険料ですかね?
社会保険料控除が6万ぐらい。
122万-33万-6万=83万
83万が課税所得となり、
税率10%の
8.3万が、住民税の所得割額
ここから調整控除2500円が引かれ、
均等割額が5000~6000円加算され、
★約8.5万が住民税となります。

で、疑問点となる、
>年収は約170,000円で非課税でした。
は、どうなんですか?
こちらも、170万ですか?

あなたは実家を出たばかりとのこと
ですから、おそらく、
★昨年20歳になったのではないですか?

住民税には、非課税条件があり、
未成年は所得125万以下なら
(収入換算で204.4万未満なら)
非課税になる条件があります。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html#gaiyo_04

17万なら当然非課税ですが、
★収入170万でも未成年なら非課税
となるのです。

どうでしょう?
納得いただけましたか?

余談ですが、年金保険料も払うことを
お薦めします。税金も安くなりますよ。

>正 :合計所得金額 1,220,000円です。

つまり、昨年の年収は、
給与支払金額が、約200万
給与所得控除後金額が122万ですね。
今年初めにもらっている
『平成29年分 源泉徴収票』を
確認して下さい。

住民税では、そこから、
基礎控除33万
が控除されます。
122万-33万=89万
あと5万程、所得控除があります。
おそらく国民健康保険料ですかね?
社会保険料控除が6万ぐらい。
122万-33万-6万=83万
83万が課税所得となり、
税率10%の
8.3万が、住民税の所得割額
ここから調整控除2500円が引かれ、
均等割額が5000...続きを読む

Q勤労学生控除について。 私は個人経営のお店でバイトしています。 この場合、勤労学生控除を受けるために

勤労学生控除について。

私は個人経営のお店でバイトしています。
この場合、勤労学生控除を受けるためには、役場などに自分で書類をもらいに行くものなのですか?
また、自分で書類を書くのですか?

Aベストアンサー

>勤労学生控除を受けた場合は、国民健康保険は自分で負担することになるんでしょうか??

国又は地方自治体の制度としては、勤労学生控除と国民健康保険との直接的な連関はありません。

国民健康保険料の支払通知書は、全世帯の人員の分を一括して世帯主の所へ送られて来ます。ですから、全世帯の国民健康保険料の支払いについて、世帯主が責任を持ちます。

しかし、世帯の内部の問題は、みんなで話し合わなくてはなりません。

あなたの分の国民健康保険料を、世帯主が負担するのかあなた自身が負担するのかは、あなたと世帯主(父上?)が話し合って決めることですね。

Q会社でやって貰っている年末調整がどうも信用出来ません!このように思っている方、私だけでしょうか?

会社でやって貰っている年末調整がどうも信用出来ません!このように思っている方、私だけでしょうか?

Aベストアンサー

No5です。補足を拝見して再度回答させていただきます。

前の回答で、普通は間違いがおこらないとしていましたが、そりゃあくまでデータを正しく入れればという前提です。(^^;
住宅ローン控除や地震保険控除の入力漏れはあきらかに給与担当者のミスですね。

Q会社の年末調整に住宅ローン控除の書類が間に合わなくて 会社からご自身で税務署に行き 控除申請の手続き

会社の年末調整に住宅ローン控除の書類が間に合わなくて
会社からご自身で税務署に行き
控除申請の手続きをするように言われたのですが
揃える物を教えてください。

後 手続きすれば 来年度の税金が減税されるだけではなく
還付金みもらえると言われたのですが本当なんすか?

Aベストアンサー

まともな回答がないので、回答します。A^^;)

>揃える物を教えてください。
結論から言えば、
⑪平成30年分 源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証等)のコピー、
⑭住宅ローンの年末残高証明書(原本)
といったものになります。

後は、確定申告の書類として、
作成することになります。

住宅ローンの組んだ初年分は、
住宅ローン減税を受ける条件を
確認するために税務署に様々な
書類を提出しましたが、
一度認定されていれば、その後は
年末の残高に応じて減税されるので、
『住宅ローンの年末残高証明書』
を提出して、その1%の税額控除を
申告すればよいのです。

初年はどうされたか分かりませんが…
確定申告はさして難しくありません。

平成30年分は既に公開されています。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

下記URLから入って、
自宅等で、画面から、
①源泉徴収票の転記
②住宅借入金等特別控除の情報入力
③氏名、住所、マイナンバー等を入力
して、申告表を作成し、印刷、押印。

②については、初回に確定申告した
時の控えを元に転記すればよいです。
★違うのはローンの年末残高だけです。

確定申告表が印刷、押印できたら、
⑪平成30年分 源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証等)のコピー、
⑭住宅ローンの年末残高証明書(原本)
を添付して、税務署に、
★郵送、あるいは持参してチェック
してもらい、提出するのが楽です。

自分ではできないと思うなら、
お住まいの管轄の税務署へ行って
相談しながら申告書を作成して下さい。
★2/16~3/15に行くのがよいです。

持って行くものは、
上述⑪~⑭に加え、
⑮印鑑、通帳などです。
http://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm#map

所得税の還付金は、後日指定の
銀行口座に振り込まれます。

>還付金みもらえると言われた
>のですが本当なんすか?
本当ですよ。
初回の確定申告の時、そうだった
でしょう?

私は毎年、他の所得控除も含め、
確定申告で申告しています。
まとめて還付金がもらえるので、
嬉しいです。
今年は申告表作成済みで、
約33万の還付となります。

とりあえず、いかがでしょう?

まともな回答がないので、回答します。A^^;)

>揃える物を教えてください。
結論から言えば、
⑪平成30年分 源泉徴収票
⑫マイナンバー通知カードのコピー、
⑬身分証明書(免許証等)のコピー、
⑭住宅ローンの年末残高証明書(原本)
といったものになります。

後は、確定申告の書類として、
作成することになります。

住宅ローンの組んだ初年分は、
住宅ローン減税を受ける条件を
確認するために税務署に様々な
書類を提出しましたが、
一度認定されていれば、その後は
年末の残高に応じて減税されるので、
『住宅ロ...続きを読む

Q限度額適用認定証と共済金を踏まえたその他の医療費控除

2018年度の医療費控除の計算をしています。
一度入院した際、限度額適用認定証を使用し、本来64186円のところ57600円で済みました。
その分の領収書と入院・手術の保険金を受け取る為に必要だった診断書5000円の領収書は医療費控除申請から省きました。
後日入院・手術共済金155000円を受け取りました。

そしてその入院とは全く関係のない医療費が113,400円あります。
総額113,400円として医療費控除申請して良いのでしょうか?

また「国税庁 確定申告書等作成コーナー」から書類を作っているのですが、
「適用を受ける所得控除について(複数選択可)」というチェック項目に関して、
「医療費控除」以外に「生命保険料控除」にもチェックを入れるのでしょうか?(共済金を受け取ったので)

初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

> そしてその入院とは全く関係のない医療費が113,400円あります。
> 総額113,400円として医療費控除申請して良いのでしょうか?

共済金を受け取ったのとは別の疾病ですから、総額113,400円として医療費控除を申請できます。

> また「国税庁 確定申告書等作成コーナー」から書類を作っているのですが、
> 「適用を受ける所得控除について(複数選択可)」というチェック項目に関して、
> 「医療費控除」以外に「生命保険料控除」にもチェックを入れるのでしょうか?(共済金を受け取ったので)

「生命保険料控除」は、支払った保険料について申告するものです。
受け取った共済金については申告する必要はありません(申告できません)。
受け取った共済金は非課税ですから、所得として申告する必要もありません。

Q賞金を全額寄付しても、所得分は課税されますよね?

<例>
「被災地に・優勝賞金1440万円を全額寄付した熊本ゆかりの女子ゴルファー」
女子ゴルフの第35回フジサンケイレディスクラシック(フジテレビ、産経新聞など主催)を10年ぶりに制した大山志保は24日、熊本地震の被災者支援のため、優勝賞金1440万円を全額寄付する意向を示した。大山は高校時代を熊本で過ごしていた。 更新日: 2016年04月24日

質問です。
翌年春の確定申告のとき、寄付の控除があるとしても、それでも、賞金分でいくらかは課税されますよね?

Aベストアンサー

こんばんは。

 まず、「寄付金控除」のおさらいから…

◇寄附金控除の金額

 次のいずれか低い金額-2千円=寄附金控除額

  イ その年に支出した特定寄附金の額の合計額
  ロ その年の総所得金額等の40%相当額

◇特定寄附金の範囲

 国や地方公共団体、特定公益増進法人など
 (一般社団法人は含まれません。)

【寄付金控除】
 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1150.htm

………

>翌年春の確定申告のとき、寄付の控除があるとしても、それでも、賞金分でいくらかは課税されますよね?

 寄付金控除はありません。
 
 大山さんは「日本女子プロゴルフ協会」に寄付しましたが、この協会は「一般社団法人」であり、「特定寄附金の範囲」には含まれませんので、寄付をしても「寄付金控除」は受けられません。

【日本女子プロゴルフ協会】
 https://www.lpga.or.jp/news/info/15899

Qふるさと納税でワンストップ特例を使用した後、翌年に過去の確定申告はできないのですか?

はじめてふるさと納税をしました。
確定申告の必要がないので、ワンストップ特例を使用しました。
しかし、医療費を計算したところ多かったため、確定申告が必要となりました。
市町村から届いた寄附金受領証明書は捨ててしまいました…

来年、過去分の確定申告で、医療費の申告をすることはできないのでしょうか?
よくわからず、どなたか教えてください!

Aベストアンサー

>市町村から届いた寄附金受領証明書は捨てて…

あらら、確定申告とは、1年間の所得税に関する事項をすべて記載して所得税を計算し直し、前払いしてある所得税との差額を新たに追納または還付してもらう制度のことです。
確定申告をするからには、確定申告不要であったことがらもすべて申告書にもう一度記載しないといけないのです。

必要書類を添付も提示もできなければ、その部分は否認されてもやむを得ません。

>医療費の申告をすることはできないの…

ふるさと納税による減税分と、医療費控除による減税分とを天秤に掛けて見て、判断しましょう。

Q年末調整アルバイトでも提出が必要なわけは

年末調整の用紙正社員は税金の関係で提出わかりますが、アルバイトやパートでも提出が必要なのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

 「正社員」「パート」「アルバイト」「派遣」などなど、いろいろな働き方がありますが、貰っている給料は所得の種類で言いますと、すべて「給与所得」になります。こういう方を、税金の世界ではひとまとめにして「給与所得者」といいます。つまり、働き方は違っても所得税の課税という点では、全く同じ立場ということになります。

 それと、「給与所得者」は特別な場合を除いて「確定申告」ではなく、「年末調整」で所得税の清算を行うことになっています。一か所で働いておられる方は、大抵の方が月額88,000円を超えると所得税が源泉徴収(天引き)されますが、これは仮の所得税の前払いですから、「年末調整」で所得税の年額を清算するわけです。

----------------------------

>年末調整の用紙正社員は税金の関係で提出わかりますが、アルバイトやパートでも提出が必要なのはなぜでしょうか。

 アルバイトやバートの方でも、「給与所得」で38万円(収入で103万円)を超えると所得税、35万円(収入で100万円)を超えると翌年に住民税が課税されます。「正社員」以外の方が、課税されない訳ではありません。
 それと、「正社員」でない方は、「年末調整の用紙」を提出することにより、人によって違いますが、生命保険料控除や扶養控除、勤労学生控除などの控除が受けられ、その結果、所得税や住民税が非課税になる方も多いです。つまり「年末調整の用紙」がないと、本来は非課税なのに課税と判定されることが起こりえます。

 それと、会社が「給与所得者」に給与を支払った場合は、「正社員」「パート」「アルバイト」「派遣」に限らず全員について、市町村に「給与支払報告書」という書類を提出する必要があるのですが、それを作成するためには「年末調整の用紙」を提出してもらう必要があるからです。

こんにちは。

 「正社員」「パート」「アルバイト」「派遣」などなど、いろいろな働き方がありますが、貰っている給料は所得の種類で言いますと、すべて「給与所得」になります。こういう方を、税金の世界ではひとまとめにして「給与所得者」といいます。つまり、働き方は違っても所得税の課税という点では、全く同じ立場ということになります。

 それと、「給与所得者」は特別な場合を除いて「確定申告」ではなく、「年末調整」で所得税の清算を行うことになっています。一か所で働いておられる方は、大抵の...続きを読む


人気Q&Aランキング