出産前後の痔にはご注意!

読みやすい歴史小説を探してますなにかいい本ありますか?

A 回答 (3件)

池波正太郎の「鬼平犯科帳」。

セリフと僅かな描写だけなのに凄く奥が深く、心に響く名作です。何より長谷川平蔵の懐の深さに惚れる。竜門冬二の「上杉鷹山」。名君とは、人の上に立つことの難しさなどを考えさせられ、感動で泣けました。これに№2さんと同様に、司馬遼太郎の「燃えよ剣」が、私の時代物ベスト3。お陰で土方歳三が好きすぎて、幕末は官軍側は読めません。
    • good
    • 0

燃えよ剣

    • good
    • 1

和田竜の「のぼうの城」はいかがでしょうか?



映画化もされているので、とりあえず映画を観てから読むなどもできますし、小説としては文体が入り口としては読みやすくオススメです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説の書き方について 一人称で主人公の知らない過去を語るにはやっぱり、聞き伝えでみたいな書き方しかで

小説の書き方について
一人称で主人公の知らない過去を語るにはやっぱり、聞き伝えでみたいな書き方しかできませんよね?
主人公の心理描写をしっかりしたいので、一人称でしか書けないような気がするのです。
どう思いますか? 何か良い解決方法はないでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

主人公が知らない、となると基本的に別章扱いで三人称やほかの人(エピソードの関係者)の一人称というのが相場かと
(記憶喪失等なら当時の主人公(現在とは限りなく別人格に近い)とかもありますが)

心理描写といっても知らないことですからどうしても他人事というか距離を取ったようになっちゃうでしょうしね

Q趣味で小説を書いているのですが、何かを成し遂げても主人公が全く認められない、というか逆に非難されるよ

趣味で小説を書いているのですが、何かを成し遂げても主人公が全く認められない、というか逆に非難されるように書いています。そう言う作品は読んでいて不快になりますか?少しは認められた方が面白くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

最後には認められるか、認められないにしてもとにかく何らかの救いは欲しいですね。
頑張る姿勢に惚れた人と結ばれるとか。
成し遂げたこと自体は認められなくても、その副産物とか、成し遂げる過程での行いや発見が認められるとか他の人の偉業に繋がるとか。

Q面白い小説教えてください

ジャンルは構いません。小説じゃなくでも人生で一番面白く読んだ本とかもいいです。
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

順番はつけられなしいっぱいありすぎるけど

「フェルマーの最終定理」
www.amazon.co.jp/dp/4102159711
フェルマーって人が遥か昔に見つけた単純だけど誰もできない証明を何百年もかけて数学者達が解き明かすお話。
数学のことがよくわからなくても全然問題なくついていけて、読後は自分もいっぱしの数学者になった気分になれる(笑

「蒼穹の昴」
www.amazon.co.jp/dp/4062748916
清朝末期の中国が舞台で、架空の人物と実在の人物が入り乱れる歴史物語。
まあ勉強になるし主人公のサクセスストーリーは面白いしで、やめ時を見つけるのが大変。

「十三階段」
www.amazon.co.jp/dp/406274838X
2年前に人を殺め服役してた青年と退職予定のベテラン刑務官がコンビを組んで、10年前に起こった冤罪の可能性がある事件の真相を解くって話。
ミステリーとしてもすごく面白いんだけど、死刑制度や罪についてすごい考えさせられる。

「虐殺器官」
www.amazon.co.jp/dp/415031165X
日本のSF作品の中でもかなり上位で好きな作品。
あらすじを短くまとめるのが難しい作品なんだけど、絶対に楽しめるって言えると思う。
80年代サイバーパンクが好きならもっと楽しめる。
著者が早世してしまったことが悔やまれます。
確か一昨年くらいにアニメ映画化してたはず。

「夏への扉」
www.amazon.co.jp/dp/415011742X
SFでこれは外せないってやつですね。
古い作品だけど、時代背景以外はあまりそれを感じさせない。
タイムトラベルもののSFの中では基本で王道かも。

「獣の奏者」
www.amazon.co.jp/dp/4062764466
ファンタジーになるのかな。
世界設定がすごい緻密だと思う。
獣と獣を操る少女の物語。
様々な苦難を乗り越えて成長していく主人公の姿に、大人なのに普通に泣いた。

この辺りは最近また読み返して、やっぱり面白いなって思ったやつ。
どれも有名だから読んだことあるかもしれませんね。

順番はつけられなしいっぱいありすぎるけど

「フェルマーの最終定理」
www.amazon.co.jp/dp/4102159711
フェルマーって人が遥か昔に見つけた単純だけど誰もできない証明を何百年もかけて数学者達が解き明かすお話。
数学のことがよくわからなくても全然問題なくついていけて、読後は自分もいっぱしの数学者になった気分になれる(笑

「蒼穹の昴」
www.amazon.co.jp/dp/4062748916
清朝末期の中国が舞台で、架空の人物と実在の人物が入り乱れる歴史物語。
まあ勉強になるし主人公のサクセスストーリーは面白いし...続きを読む

Q私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読

私は小説を読むのが好きですが、谷崎潤一郎とか川端康成とか、日本の文豪と言われる人のものは、ほとんど読んだことがありません。読む価値がありますか?又、読むとすれば、何を読めば良いでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の美しさを堪能したいなら断然、川端康成でしょうね。
京都弁が嫌いじゃなければ、「古都」がお勧め。

多少堅苦しくて良ければ、長編ですが三島由紀夫の「豊饒の海」。
短編なら「金閣寺」。

読みやすさと、知的ムードを味わいたければ、夏目漱石の三部作。
前期三部作ー「三四郎」「それから」「門」。
後期三部作ー「彼岸過迄」「行人」「こころ」。

Q読書をする意味とはなんでしょう 僕は小説が好きで2.3日に1冊のペースで読んでいます。 別にメリット

読書をする意味とはなんでしょう
僕は小説が好きで2.3日に1冊のペースで読んでいます。
別にメリットがあるから読んでいる訳ではありません。ただ自分の考えも浮かばない世界に没頭できるという感覚がたまらなく好きなのです。
本はよく読むがそういう理由でないという人もいると思います。そういう人はどんな理由で本を読んでいるのでしょうか?やはり本を読むことで知識や教養が身につくものですか?
僕は小説(特にミステリー)がすきでそれを多く読んでいるんですが、他にもこんなジャンルも読むといいとか、こんな本を読んでおくべきというのがあったら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

読書をする意味とはなんでしょう
 ↑
色々な意味があります。
視野を広めたり、教養を高めたり。
活字に慣れる、ということも大切です。
勉強が苦になりません。
何より、頭脳が鍛えられます。
顔つきも違ってきます。



本はよく読むがそういう理由でないという人もいると思います。
そういう人はどんな理由で本を読んでいるのでしょうか?
  ↑
小説は、御指摘の通りだし、他者の人生を
経験できる、という意味もあります。
しかし、所詮は作り物です。

ワタシは、自分だったらこう書くのに、
どうして、この小説は面白いんだろう、
つまらないのだろう、という
理由(視点)で読んでいます。



やはり本を読むことで知識や教養が身につくものですか?
  ↑
身につきますが、それだったら小説は
専門書にはるかに及びません。



僕は小説(特にミステリー)がすきでそれを多く読んでいるんですが、
他にもこんなジャンルも読むといいとか、
こんな本を読んでおくべきというのがあったら教えて欲しいです。
 ↑
小説は、所詮は作り物です。
有る程度読み込むと限界が見えてきます。
専門書の方が深いです。
だから、小説を読んで、興味が湧いた部門があれば
その道の専門書を読むことをお勧めします。

読書をする意味とはなんでしょう
 ↑
色々な意味があります。
視野を広めたり、教養を高めたり。
活字に慣れる、ということも大切です。
勉強が苦になりません。
何より、頭脳が鍛えられます。
顔つきも違ってきます。



本はよく読むがそういう理由でないという人もいると思います。
そういう人はどんな理由で本を読んでいるのでしょうか?
  ↑
小説は、御指摘の通りだし、他者の人生を
経験できる、という意味もあります。
しかし、所詮は作り物です。

ワタシは、自分だったらこう書くのに、
どうして、こ...続きを読む

Q昔読んだ覚えのある多分絵本なのですが なんて名前の本かわかりますか? 内容はうろ覚えなので間違ってる

昔読んだ覚えのある多分絵本なのですが
なんて名前の本かわかりますか?
内容はうろ覚えなので間違ってる可能性もありますが

ある家族にお隣さんができてそのお隣さんから「つまらないものですが…」って何かをもらって「もらったからお返ししなくちゃ」ってなってさっきのお礼としてなにかを渡しに行って
次はそのお隣さんがまた「いい人だわお礼に何か渡さなくちゃ」ってなってそれがずっと続いて
家具や家族も全部お礼で渡して行って最終的にたぶんですが自分自身もお互いに渡して
結局ただ家を交換しただけになったって内容だったと思います

Aベストアンサー

「おかえし」(村山 桂子 作 / 織茂 恭子 絵)かもしれません。
こちらでご確認を。
https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=261
https://www.ehonnavi.net/ehon00_opinion.asp?NVKB=E00&no=622

Q幻想的な小説を読みたいです。

自分の好みの小説を読みたいのですが、なかなか自分の好みのものに出会えません。教えていただけないでしょうか?

小説ならではの、不思議で懐かしいような、想像力が育まれるような小説を求めてるのですが・・・

ミヒャエル・エンデのモモは好きでした。ほのぼの穏やかな主人公たちで、現代の矛盾が強く描かれていたと思います。展開の先が見えずにハラハラしました。抽象的な時間の概念もワクワクしたものでした。

また小説でないですが、「まっくら森の歌」のような不思議な幻想的雰囲気を求めてる気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=1roJcw-mzus

ハリーポッターとかも悪くはないですが、あまり印象には残ってないです。
世界から猫が消えたなら もなんか違う。
コーヒーが冷める前に もそれなりに面白かったけど・・・

・・・もしなかったら、いつか自分で書いてみようかな。。

Aベストアンサー

その種の作品では大御所のレイ・ブラッドベリの作品などいかがでしょう
「何かが道をやってくる」などお勧めです
https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E9%81%93%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%AA/dp/4488612016

それから、回答がズレますが、「まっくら森の歌」がお好きでしたら、同じ谷山浩子さんの作品を検索してみるといいですよ。とりあえず、お勧めを一曲
https://www.youtube.com/watch?v=enGxbE938C4

Q自分は読書が好きな方です 大学生なので時間はあるのですが本を読み始めて最初の方にページ数を気にしてし

自分は読書が好きな方です
大学生なので時間はあるのですが本を読み始めて最初の方にページ数を気にしてしまい、後何ページあるのか…などと考えながら読み進めてしまいます
本の世界に入ればそんなことは忘れ、夢中で読み進められるのですが、このページ数を気にしてしまう癖を治したいです
どうすれば治るかアドバイスお願いします

Aベストアンサー

私もよく本を読みますが、やはり残り何ページくらいあるのかは気になりますよ。
紙の本なら残りの厚みを時々確認しますし、電子書籍なら、画面下に「現在のページ/総ページ数」のように表示されていますから、それをちらっと見ます。
理由は、何時間or何日くらいで読み終わるかなー、と計算するためとか、もう夜遅いけどこのまま読み進めるか?我慢して寝るか?を判断するためとか、衝撃の展開が来たけど、まだこれだけページ数が残ってるってことは、もうひと捻りくるな!と予想するため、とかですかね。
質問者さんは、治したいということは、何か支障があるのでしょうか?
夢中になったら忘れるということは、単に、出だしからグイグイくる感じの物語に今まで出会ってないから、ってことじゃないですか?
いずれ、「1ページ目から夢中になっちゃったよ!」って本に出会えたらいいですね。

Q日本の小説と海外の小説の違い

日本の小説には大抵プロローグとエピローグというのがありますが、海外にはそういうような形式があるのでしょうか??
また、日本の小説と海外の小説の違いって描写や形式など、特徴的な違いがあったりしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

日本の小説には大抵プロローグとエピローグというのがありますが、
海外にはそういうような形式があるのでしょうか??
  ↑
ありますよ。
欧米でも、中国でも、あります。




また、日本の小説と海外の小説の違いって描写や形式など、
特徴的な違いがあったりしたら教えて頂きたいです。
 ↑
欧米の小説は、人物紹介が詳細でくどいですね。
この人物の性格はドウタラコウタラ、と延々と
数ページで紹介したりしています。

そんなのは、筋の中で紹介していればよいだろうにと
思います。

Q1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか? 独特と言いますか、あの上品な言葉遣

1970年代から1990年代まででオススメの小説ってありますか?
独特と言いますか、あの上品な言葉遣いの本が読みたいです。

それ以外でもオススメの本がありましたら教えてください!

Aベストアンサー

森茉莉「貧乏贅沢」
有吉佐和子「和宮御留」
単に私の好きな作家さんですが、
「ことばのきれいさ」をポイントにしたらこのふたつかな。
ご参考までに。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング