ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

江戸時代譜代大名の藩士に新たに取り立てるときに、例えば44歳で藩士に取り立てる場合もありますか?
あと、6年で隠居の年齢ですし

質問者からの補足コメント

  • 宮本武蔵の話しは、知りませんでした。56歳でですか・・。50歳前後でも、藩士に取りたててもらった人は割と、いたんですかね

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/11 22:05

A 回答 (5件)

取り立て、ってどーいう意味ですか?



現代なら、取り立ては、借金をして、それを返してくえないから、強制的に金を返してもらう、という意味が大きいですが
本来は、取り立ては、◯◯の役に推薦する、採用するって意味ですから

44歳の人間に取り立てる事もあります
実力次第ですし(実力を重んじる大名なら)、名や家系、その他の推薦などでも、取り立てる事もありますし

>あと、6年で隠居の年齢ですし

隠居が許可されたのですか?
隠居は城主の許可無くは出来ませんから、現代で言う所のあと、6年ということはありませんから

城主が、6年後に隠居しろ、というのであればありますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/01/14 16:47

藩士ではないですが、宮本武蔵は、熊本藩主の細川忠利に客分として迎えられた年齢は56歳くらいです。


7人扶持18石、合力米300石を貰い、代が替わっても処遇がそのままで、1645に死去するまで熊本藩です。
その前も何人かの大名に使えているので、実力があれば不可能ではないです。
宮本武蔵は、武が注目されていますが、指導者としての力量がありその評価が藩主から高かったようですね。

後、時代が下るにつれ、不祥事で廃藩になり全員クビになったり、どの藩も財政が逼迫してリストラなどをしていったので、再就職は難しくなっていったようです。
8代将軍吉宗は、大奥をリストラする際、美人を選んでその女性たちをリストラしたそうです。
美人であれば貰い手があると考えての事だそうです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/01/14 16:47

可能性ならあるでしょう

    • good
    • 0
この回答へのお礼

可能性はゼロではないんですね

お礼日時:2019/01/11 21:58

家督を譲る狙いがあればあり得るでしょう。


どちらかと言えば「藩が取り立てる」んではなく「藩に取り立ててもらう」でしょうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/01/11 21:57

必要な人なら、


特別な取り立ても
あったのでは?

今の
「特別顧問」みたいな・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/01/11 21:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


おすすめ情報