『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

質問内容が重複している為以前閲覧した方には不快な印象を与えるかもしれません。
あと、文字数に上限がある為文章の重要でない部分は割合します。

まず私の幼少期の頃からですが
うちの家庭は6歳の頃、父が他界し母子家庭になりました
その際に母が重度の精神病を患いました。
元々依存体質な母は父を失ったショックから、依存先を私に向けてきました。
私は母の期待に応えようとして、子供らしさを無くしていました

母の理想のいい子で
頼らず迷惑をかけないように
母の顔色を伺い続けひっそりと自分を殺して生きていました

小、中学校といじめにもあっていましたが、
母には頼りませんでした。
というか今の母に頼っても無駄だと悟っていました
1人でこの状態をなんとかするしかないと思ってい生きていました

ここから歯車が狂いました

日に日に母からの束縛や、私を見下す言動、この子は私がいないとダメなど、
私は否定と束縛をされました
お前に何が分かるんだと怒りを覚えていました

学校と家庭、両方で人の顔色を伺うように生活し、だんだんと自分というもが小さく、無くなっていき

今でいうアダルトチルドンになっており
心を無くした人形のような状態でした

高校に進学した頃、他人に合わせる生き方と母の接し方に心のやり場を失った私は
何で誰も理解してくれないんだ!と爆発し非行の道に走り
高校も辞めました。

それ以来母も私に一線を引くようになり楽になりましたが
自分の行動は未来のない現実逃避とわかっていました
しかし今更戻ってやるかと感情をシャットアウトして頑張りました
この頃から自分を責めるようになりました

身体に刺青を入れたり根性焼きを入れたり、暴走族に入ったり、ヤクザの事務所に出入りしたり
とにかくそちらの方、そちらの方へ進んでいきました

自分でも自分が何をやっているのかよく分からなくなっていましたが、
自分を虐める事で自分を保っていました

24歳くらいの頃まで自分でも自分の事が全く分かってないという状態で、限界だけ感じていました
生きてる実感もなく
何かを感じる事もない
ただいつか挫折するであろう日まで耐えている
そんな感じでした
私は他人を信用しておりませんでしたし
生きてんのかしんでんのか分からない状態でフワフワしただそこに存在しているという感じでした

変わらず家では母からは責められ、
年月がたつことに他人とも比べ続けていた私は追い込まれていてました

その状態からから抜け出そうと高卒認定資格を取りました
そしたら自分に自信がつき
やればできるんだと
色々な事に挑戦し始めました
いわゆる自己啓発的な自信でしたが
しかしこれが自分なんだといい聞かせ、どんどん自分にドーピングするように頑張り続けました
溜まっていた劣等感、バカにされた屈辱感を晴らすように
会社を起業し、株に手を出し、
がむしゃらに色々な事に挑戦しました

しかしそれと同時に
だんだん周りの事が見えなく、考えられなくなっていき
1人の世界に入り込み
ワークジャンキーのようになりました。

27になった頃、人生で忘れられない出来事がおこりました。
住んでいたマンションの隣の部屋に住むストーカーのババアに約1年間
半監禁状態で身動きが取れない状態にさせられました

今でも信じられなく、まだ嵐の中にいるような感じです。
私にとってはありえない経験で
これまでヤクザにボコボコにされても追い込みをかけられても立ち向かってた私ですが
その時はプライドや、常識や価値観が全てぶっ壊れるほど
なりふり構っていられない状態になり
初めてありのままの自分になりました

この人の心を束縛してマウントを取る異常者に
世の中にこんな事があっていいのかと
何度も思いましたが
心が折れ何も考えられなくなりました
向こうも精神障害者で色々と、ぶっ飛んでる性格でした

女の連絡先を全て消され、女のショップ店員と話してるだけで鉄の棒を投げつけ、連絡に出ないだけで玄関ドアをヒールで叩かれ
四六時中ヤクザのように脅され
反論しただけでテーブルやテレビをひっくり返し
こちらがやり返そうと掴みかかると叫び声をあげだし
近所や行きつけのコンビニ定員に私の噂を流し
私の親に金を要求し

私はもう訳が分かりませんでした

その時初めて このままでは本当に私はどうにかなってしまうかもしれない!となりふり構っていられなくなった訳ですが、
ようやくそこで自分を守っていた壁がとけ、
ありのままの自分になりました
そして私に残ってい感情は
この女を殺して私も全てを終わらそうでした

私自身言いたくないのにその女に好きだと言ってしまっていたり
追い込まれすぎて身を守る為に言っていたんだと思います
当然その女はエスカレートし余計地獄が続きました

ある日いきなりきっかけはまた、その女の訳が分からない私への文句でしたが、
何かがぷつーんと切れ、気づいたらその女をぐちゃぐちゃに殴っていました。
そしたらそいつは泣きながら私に助けてくださいと謝りました。
私はパニックになり、泣くぐらいなら何で人にあんな事ができたんだ?
お前は、お前は本当に...
私はそれ以上殴る事ができませんでした。

そうこうしてるうちにかけつけた警察官に取り押さえられ、
私とそいつはお互いの実家にパトカーで強制送還されました。
そしてババアとは切れました

しかし1年たった今も、私は心を置き去りのまま過ごしています

私は包丁で太ももを刺されていたりしましたが、もはやそんな事は関係ありませんでした。
それが原因で、PTSDになりました。

縁が切れた後も
私は実家で暴れ続けました
毎日殺してやる!と叫び続けました
そうする事で自分を保っていました
この時に今までの色々な想いが一気に爆発し
母を殴っていますが
スッキリしてよく眠れた事を覚えています

以前から私にだったら殺されてもいいと言っていた母ですが、私の状態に身の危険を感じたのか実家から引っ越しをしました。

私は地元の精神科に通うようになりました。

母にはこれだけボロボロになった私を助けてほしかったんだと思います
しかし母は私の事を拒絶し
私を精神病院に2ヶ月隔離しました。

この頃には私は完全に思考が止まったような状態で状況に、感情が追いついていませんでした

心ここにあらずというか
自己否定に走る事で自分を保とうともしましたが
逃げているだけで、延々とその女との出来事をループしています。

そしてもう一つの問題が母親で、
精神病院から退院した今も、母は自分は悪くない!とでも言うように私から住む場所を奪い、私を追い込んできています
母親の兄や、親戚にも相談しましたが、母親は間違ってない!お前が悪いんだ!と責められます
仕方なくそのトラウマがある部屋に住んでいます

私が悪かったのでしょうか?

何が何だかよく分からないです
心が閉じたままで今も何も感じません
少しでも前を向いて進みたいのですが、
何かアドバイスあればよろしくお願いします

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    相談した事で自分の思考がまとまったので、また相談させて頂いた次第です。
    この繰り返しで自分の考えがまとまるかなと、思った次第です。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/12 03:45
  • うーん・・・

    男でいいなら側にいますよ

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/12 04:08

A 回答 (4件)

あなたが社会の中で、安心して生きられるには、人間関係のルールを始め、秩序・規範と言った事の内容を具体的に身につける様に学習する以外無いでしょう。

お書きになっていることは、すべてが気持ち中心の行状です。そして、限りなく被害者意識で語られています。このものの考え方を現実原則に変えると楽になります。
    • good
    • 0
    • good
    • 1

話を聞いてくれる人が欲しいんだろうね


女性って感情の生き物って言われてるし、この文を読む限りだとあなたは小さい頃から自分を認めてくれる人がいなかったみたいだし。

私が近くにいてあげられてならなぁ
この回答への補足あり
    • good
    • 0

最近、同じ質問してたよね



釣り?

何がしたいの?
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報