今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

りっぱな中級者に育ったので、ラケットの買い替えを考えています。
で、調べていると上級者は飛ばないラケットをという情報を見つけたのですが理解できません。

時代とともに、製造技術が向上し飛ぶようになったとは、ロスが少なく、効率良く打てるようになったと理解しています。
でも、今回の飛ぶ、飛ばないは理由が違いますよね。

飛ぶラケットは、ボールを弾き飛ばすラケットで、ボールに回転をかける、ボールをつぶすことが難しいラケットだと理解しています。
では、飛ばないラケットとは、ラケットがしなり、ボールをコントロールしやすい、回転をかけやすいラケットだと思います。
この理解だと、飛ばない理由がわかりません。
もしかして、ラケットをしならせることにエネルギーを使用している(ロスしている)から飛ばないのでしょうか?

私は、ベースラインで、速い球をガンガン打ちたいです。
その場合、飛ぶラケットだと球速は早いが、コントロールが難しいので確率が悪く、飛ばないラケットで、コントロールをあげて、練習でスイングスピードを上げる方が良いのでしょうか?

飛ぶラケット、飛ばないラケットのどちらを選択すれば良いと思いますか?


以上、よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

まず、どちらのラケットにしろ、しっかり芯で打てば威力が出ます。


飛ぶラケットの例としてピュアドラ、アエロなどがありますが、このラケットは回転をかけて打った場合に威力が出るよう、飛ぶように設計されています。もしこれが反発しにくいものであれば、スピンのかかったやんわりしたボールになってしまいます。
また、飛ばないラケットではプロスタッフが筆頭に出ると思います。
これは、フラットに打った際の威力は全ラケットでトップレベルだと思います。その代わり、スピンをかけて攻撃するようなプレーヤーは、わざわざこのラケットにする必要はありません。しかしこれは、ただのスピンボールの場合で、ボールを潰して打つような人のスピンだと、相当強力なものが打てます。

なので、ラケットを選ぶ際、自分のプレースタイルで選ぶのが大切だと思います。
ベースラインから速い球というのも、低弾道か、高弾道かによって変わってきます。
高弾道の場合、スピンをかけなければコートに治まらないので、バボラの製品が良いと思います。また、スピンを推しているラケットが良いです。
低弾道であれば、飛ばないと言われているラケットの方が、1発の破壊力はあります。
また、自分がボールを飛ばせる人であれば、飛ぶラケットは逆に負担になってしまうので、飛ばないラケットの方が良いです。
ボールをあまり飛ばさない方でしたら、ボールを飛ばすラケットの方が良いです。

まとめると、
自分のパワーがどの程度なのか、
弾道はどんなものにしたいか
という所を考えると良いと思います
    • good
    • 1

単に飛ぶ、飛ばない ではなく、スペックで判断してください。



面サイズ=大きい方が飛ぶ  90インチより110インチの方が飛ぶ。
ストリングパターン(糸の数)=糸ピッチが荒い方が飛ぶ。つまり18/20より16/19の方が飛ぶ
フレックス(フレームの固さ)=固い方が飛ぶ  しかし統一規格で表示していないメーカーもある。

更に加えて、張るストリングの性格では、
ポリは飛びは悪いが食い付き感は高い とか、ナイロンマルチはよく飛ぶが反発が早い とか、
張るテンションでも、上げると飛びは少なくなり、下げると飛ぶ距離は伸びます。等々・・

ですので、単に飛ぶ、飛ばないではなく、やや飛ぶとかやや飛ばないとかの選択肢も、上記の組み合わせで可能になります。
今はストリングの種類が豊富ですので、ストリングとテンションだけでお好みの打感を得ることは可能かと。

フレームは、面サイズが小さくなると重くなる傾向がありますので、ご自分に合った重さで選択した方が良いと思います。
    • good
    • 0

ピュアドラのような、となると


対抗馬として作られた
・Wilson ULTRA 100 CV(錦織使用のULTRA TOURではないです)
・HEADインスティクト
はどうでしょう。
あとはー、BabolatのPURE AEROもいいですけどねー、打ってみるとわかりますが、あれは反則です。ベースラインでギュンと落ちる(笑)
    • good
    • 0

飛ぶ飛ばないは、解釈だと思います。

昔みたいなラケットじゃないので、飛びすぎるか、ある程度、コントロールがいい(抑えが効きやすい)か、いずれかだと思います。
しなりは、打球感はよくなりますが、パワーという面では劣りますし、コントロール性も落ちます。インパクトの際に、打ちたい方向に向きづらくなるわけなので、仕方ないですね。

ベースラインで速いボールをガンガン打ちたい…
となるとしなりが抑えられた硬いラケットだと思います。
となるとPURE DRIVEとかはどうでしょ?
ヨネックスのV CORE、V CORE PROなんかも悪くないかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報、ありがとうございました。
試打会に行き、バボラのピュアドライブとヘッドのスピードMPを打ってきました。
ピュアドライブは、ハードヒットしたときに適度な重さを感じ、心地よかったです。
スピードMPは、ホールド感が良く、上手くなった気がしました。
できれば、ハードヒットしたときのピュアドライブの様な打ち応えがあり、かつ、ホールド感があるラケットはないでしょうか?

お礼日時:2019/01/13 11:57

一般的に「飛ぶ」、「飛ばない」はラケットの反発力です。



反発力の高いラケットは「飛ぶ」、反発力の低いラケットは「飛ばない」と言っています。
飛ぶかどうかは、フレームの材質、フレームの厚さ、ラケット面の大きさ、メーカーの独自のシステムなどによります。

飛ぶラケットは球離れが早いです。
球離れが早いということはスピンがかかりにくいです。

飛ばないラケットは、人のスイングの力をプラスして飛ばします。
フラット系で球速を上げたり、スピン系で角度を付けたりがやりやすいです。

飛ぶラケットは、パワーで劣る人がラケットの力を借りて飛ばすのですね。
球離れが早いですからフラット系のショットになります。
パワーのある人が飛ぶラケットを使うと、飛びすぎてしまいますから手加減をします。
これではパワーは活かせません。
このパワーをスピンに使うこともできますが、打点を呼び込んでスイングスピードを高めないとスピンはかかりませんから手打ちになりやすく、スピン量のコントロールもしにくいことになります。

パワーのある人は、飛ばないラケットを使うことで自分のパワーを活かすことができます。

「ベースラインで、速い球をガンガン打ちたい」ということですが、スピン系よりナチュラルドライブ系というのであれば、ある程度反発力が高いラケットが良いでしょう。

パワーがあるのなら俗に言う「薄ラケ」の飛ばないラケットの方がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報、ありがとうございました。
私は、パワーがあるか、と言われると微妙な気がします。
ですが、40代なので、パワー勝負できる最後かと思い、ガンガン行きたいです。
試打会に行き、バボラのピュアドライブとヘッドのスピードMPを打ってきました。
ホールド感は、圧倒的にスピードMPが良く、振り抜きも軽かったです。
ハードヒットしたときの感触としては、ピュアドライブの方が重さを感じ、打った感じがしてよかったです。球速も、ピュアドライブの方が速かったです。ただ、ピュアドライブは、少し飛びすぎているような気がしました。

ハードヒットしたときに手ごたえがあり、かつ、ホールド感があるラケットはないでしょうか?

お礼日時:2019/01/13 11:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして上級者は飛ばないラケットを使うのですか?

普段は初心者用ラケットを使っていて、ガットもゆるめです。

今回、お試し用のラケットを借りて試してみました。
上級者用でガットも硬く張ってありました。

使ってみるとボールが全然飛びません。
どうして、上級者はこんなボールが飛ばないラケットを使うのですか?

パワーのある人が、自分が振りやすいスピードで振るとボールが飛びすぎるのは分かるのですが、

もしかしたら、飛ばないラケットで打つと、ボールがつぶれてガットに食い込み、スピンがかけやすいといったメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>もしかしたら、飛ばないラケットで打つと、ボールがつぶれてガットに食い込み、スピンがかけやすいといったメリットがあるのでしょうか?

 その通りですよ。だからplacementがより正確になります。狙ったところに狙ったスピードで狙った回転でボールをあやつれますよ。サービス・ボレーは心地いいですよ。
 ただし、体力がないと疲れて自滅しますよ。weekend player にはおすすめできませんね。高校生にはお勧めしたいですね。
 頑張ってください!

Q良く飛ぶラケットと飛ばないラケット

上級者は、比較的飛ばないラケットを使うと聞きます。
上級者の玉は比較的速いと思います。

上級者が飛ぶラケットを使えば、より速いボールが打てたり、回転のほうによりパワーを使って、有利になる気がするのですが、実際には、ちょっと違いますよね。

感覚的には分かるのですが、理屈で説明すると、どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

>上級者が飛ぶラケットを使えば、より速いボールが打てたり、回転のほうによりパワーを使って、有利になる気がするのですが、
一理あります。
実際のところ最近はトッププロでさえ良く飛ぶラケットを使って、余力をスピンや更なるスピードアップに回すようになりました。

しかしながら当てるだけでボールがブッ飛んでいくおばさんラケットを使う上級者は流石にいません。
その理由のひとつはスイングスピードです。
よく飛ぶラケットは反発力が強く、インパクトの瞬間のガットとボールの接触時間が短くなります。(=球離れが早い)
するとスイングスピードの速い上級者では、スイングによるパワーやスピン回転をボール伝えきる前にボールが飛び出していってしまいます。

もうひとつの理由はスイング軌道です。
スピン回転をかけるにはラケットを下から上に振り上げるわけですが、人間の骨格上うしろから前への動作は必ず付いてきます。
もし完全に下から上への動作だけを行うと「旗揚げ運動」になってしまいます。
(最近ではこの旗揚げ運動に近い動作でフォアを打つこともありますが、これこそラケットの反発力を上手く殺してスピン回転だけをかけるテクニックです。=バギーウィップ・ウィンドミル)
自然なワイパースイングのためにはラケットを後ろから前へ振り出す必要があり、スイングスピードが速くなるほど後ろから前への振り出しも速くなります。
スイングスピードの速い上級者は、それを「飛ばないラケット」によって抑えなくてはならないのです。

言葉で説明するのは難しいですね。
上手く伝わらなかったかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

>上級者が飛ぶラケットを使えば、より速いボールが打てたり、回転のほうによりパワーを使って、有利になる気がするのですが、
一理あります。
実際のところ最近はトッププロでさえ良く飛ぶラケットを使って、余力をスピンや更なるスピードアップに回すようになりました。

しかしながら当てるだけでボールがブッ飛んでいくおばさんラケットを使う上級者は流石にいません。
その理由のひとつはスイングスピードです。
よく飛ぶラケットは反発力が強く、インパクトの瞬間のガットとボールの接触時間が短くなります...続きを読む

Qテニスで打ち負ける、というのは、もちろん技量の問題もあるでしょうけど、ラケットの重量はどう関わってい

テニスで打ち負ける、というのは、もちろん技量の問題もあるでしょうけど、ラケットの重量はどう関わっているかのでしょうか?
ラケット重量が軽い方が打ち負け、重い方が打ち負けにくいのか、ラケットのスイングウェイトが軽いと打ち負け、重いと打ち負けにくいのか、どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

物理学的にいえば、軽すぎるラケットなら、運動量が不足して、打ち負けるでしょう。
ただ、市販のラケットであれば、そんなに軽すぎるものはないと思えます。
とはいえ、ラケットの重さが重いほうが有利でしょうね。

Qボールが跳ねる…………

試合をしているととても跳ねるボールが来るのですが、そういうボールが来た時皆さんはどうやって対処していますか?

Aベストアンサー

前に出て、早いタイミングで打つか、後ろに下がって落ちてきたところを打つかにします。高すぎると力が入らないので、早いタイミングで打つなら順回転でなく、スライスで低い軌道を打つのもありです!

Qボレー

ボレーをうまくコントロールするコツってありますか?

Aベストアンサー

ボールをコントロールするにはしっかりフットワークを良くするのとボールの落下地点に入ることですね。コートに数字を思い浮かべてそこにコントロールすれば必ずボールは打った所に入れられます

Qテニスで、高弾道の(ネット1つ分上)エッグボールを打つ方法を教えてください。 ただの擦ったスピンボー

テニスで、高弾道の(ネット1つ分上)エッグボールを打つ方法を教えてください。
ただの擦ったスピンボールなら全然可能なのですが、しっかり厚く当てて安定感がありながら威力のあるボールが試合中にはなかなか打てません。
エッグボール自体はできるのですが、高い弾道を通そうとすると、オーバーしてしまいます。

自分は薄いグリップでないと、(ウエスタンよりほんのすこしコンチネンタル寄り)手振りになってしまい、フォームも小さくなってしまうので、厚いグリップは別の面で難しい気がします。(以前は熱いグリップでした)

Aベストアンサー

ボールをツブせるなら、ツブしつつ上にヘッドを抜く技術を検討してみてはいかがでしょうか? 理論上、厚いグリップはヘッドを上に抜きやすいので、体の回転でヘッドを走らせ、ボールをツブしながら、上に振り抜くというのがやりやすいと思いますが、ナダルは実はイースタンくらい。当然、打点がより体に近くなるので、ツブしつつ上に抜くという振り方を練習するしかないかと思います。

Qソフトテニス テニス肘 筋トレ方法

僕は中1にソフトテニスを初めて、無理やり強い打ち方を繰り返ししていたせいか中1の後半にテニス肘になり、今は受験生なのですが今までずっとテニス肘でした。(今は勉強くらいしかしていないので、授業でやるバトミントンなどではあまりいたくありません。あまり)

そこで、今はほぼ痛くないのですが、たぶん筋力が無いのに無理にうとうとしたから痛かったのだと考えました。

受験が終わって春休みの間、強く打っても痛くならないような筋トレ方法ありますかね。

Aベストアンサー

こんなのをどうぞ。

https://blogs.yahoo.co.jp/dasadasacoach1973/33446647.html

Qテニスのサーブのグリップについて

サーブのとき、構えたときに握っていたグリップが、スイングの途中でラケットが回転し、打点では違うグリップになることがあります。グリップが変化するため、サーブはとんでもない方向に飛んでいきます。ほぼ毎週テニスをしていてい、年2、3回程度ですが、一度発生すると、その日は直りません。

私は、かなり緩めにラケットを握っているのが原因の一つだと思うのですが、発生頻度が低く、他に原因があると思います。
この症状に対する対策で、良い方法はありませんでしょうか?

みなさまは、グリップをどのような感覚で握っていますか?


以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分、メンタル的な症状では?
特に緊張しているような時に起こりませんか? プレッシャーが強い時とか。
例えば、ダブルフォルトしたくない・・、絶対決めなきゃ・・の意識が強くなった時とか、大事なポイントの時とか。

もしそうなら対策としては、自身のサービスのリズムを作ることです。イチ、ニー、サン、シと数えながらスイング(素振り)。自分のリズムが出来れば、ズレ難くはなります。 
試合中なら声に出さずに、頭の中でカウントしながらスイングすれば良いと。

グリップの力加減は、生卵を掴むとか小鳥を掴む程度とかは昔から言われています。

話を戻しますが、「緊張」は.自覚しにくいものです。
表情が固くなったり、無口になったり、何時もと同じに出来ない、何か違う・・的な感じならまず深呼吸。次に、体全体の脱力して、力みを取って下さい。
サービスの場合、トスも低くなりがちですので、よく観察してみて。

Q打ち込み

フォアハンドストロークで打ち込むのが苦手なのですが、打ち込むときのこつはありますか?

Aベストアンサー

人間の上腕は肩の高さより上くらいしか上がらない形状なので、右肩を上げ左肩を下げること。それと、打ちこむとはいえ、フラットは確率が悪すぎるので、斜め上に振り上げて少しスピンをかけるといいと思います。強く振り抜くためにも、早目にポジションに入って右足にしっかり荷重させたいですね。

Qスライスの対処法

私は、スライスが不得意なのですが、それを克服する方法はありますか?

Aベストアンサー

スライスは入射角が大きいと止まる感じ、小さいと滑る感じになります。

止まる感じ→止まるわけだから、落ち着いてバウンドしてから打つくらいでいいかと
左右に跳ねる感じは、ボールをどう捕らえているかを見るしかないです

滑る感じ→ボールを持ち上げるためにも、上体を立てたまま腰の位置を下げる必要があるので、後ろヒザを曲げて打ってみるでいいかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング