あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

外貨定期預金を始めようと考えています。

今は米ドルに対して円安の状態で、東京オリンピックに向けて円高が進んでくると予想しています。
とは言え、素人玄人問わず、為替の動向など正確に読めるはずもないので、
ある程度のリスクは許容して、まずは初めてみようと考えています。

1年ものの外貨定期預金を始めたときと比べて、1年後の為替が大きく円高に動いていた場合、
満期が来ても円に戻さず、外貨のまま更に1年預け入れるようにする運用を繰り返し、
何年後かに始めたときより円安に動いたあたりで満期を待って円に戻す、
というのは、可能なのでしょうか?
そんな都合の良いことはできず、満期が来たら自動的に円に戻されてしまい、
1年後に円安になっていたら、損失が確定してしまうものなのでしょうか?

余裕資金で行うため、円安に転向するのを10年20年待つことは可能です。
また、為替手数料等によっては為替相場が多少円安に動いたとしても元本割れする可能性があることは理解しています。
現在の110円レベルから向こう30年40年一切円安に振れない可能性は考える必要はなく、10年20年待てば必ず今より数十円~百数十円円安になるときが必ず来ると思っています。

A 回答 (8件)

おっしゃる通り、いくら情報を集めたところで個人どころかプロでも為替動向を読むのは不可能です。


なので、読みが外れても塩漬けしておけるレベルのリスクで行うべきですね。(為替に限らず他の金融商品でも)

満期時の扱いはその銀行・外貨定期預金商品次第です。
一般的には円転するか外貨のまま保持するか選択出来ると思いますが、中には通常より高金利にする代わりに
あるレートを割り込むと強制的に円換算されてしまうような商品もあるので、申込時は変な特約がついていないかよくご確認を。(※1)


>10年20年待てば必ず今より数十円~百数十円円安になるときが必ず来ると思っています。
逆に数十円~百数十円円高になる可能性もありますよ。
そのような時も塩漬け、むしろ買い向かえるように余力資金は一気に使わず、少しずつ分散して投入するようお勧めします。

また、現在米ドル1年定期の金利2%は程度ですが、金利よりもレート変動による為替差益/差損のほうがインパクト大きいですよ。
1年あれば±10円くらいは振れますから。
さらに、為替動向と同様に金利動向も年単位でみたらどうなるかわかりません。
20年後、日本円のほうが3%くらいついて、米ドルが0.5%なんて時代になってるかもしれません。

なので、途中解約が不利になる定期預金にはせず、外貨普通口座と円普通口座のあいだで少額で随時売買するのもありかもしれません。

あとは、為替手数料の安いネット銀行を使いましょう。
FXまでは行きませんが、条件次第で米ドル往復10銭未満のところもあります。 普通の銀行の往復2円とかはもう論外です。

某ネット銀行で外貨預金を始めてかれこれ15年、そうそう目論見通りにならなかったことも多々ありますが、
それでも日本円で定期にしておくよりははるかに利益出ています。
この「そうそう目論見通りにならない」点は実際に体験してみないとわからないと思うので、
まずは余裕資金(の中からさらに少額)で始めてみてはいかがですか?


※1...No.1様への返信で書かれていましたね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
エクセルでシートを作って、1,000万円スタートの20年複利運用をシミュレーションしてみました。
年利0.2%の円定期預金は、20年後の総利益(手取り)は323,612円。
一方、108.46円/ドルで1,000万円分ドルを買い、年利2.3%が20年継続したと仮定した外貨定期預金は、20年後に132,580.69ドル。
これを円転して、日本円定期と同等の総利益となるためのドル売りレートは、77.86円/ドル。
80円を切るほどの凄まじい円高になったとしても、日本円定期と同等の利益が出ることが分かりました。
20年後のドル売りレートが今と変わらなかったら、為替差益の税引き前で約437万円の利益となります。
20年は手をつける必要のない余裕資金で運用する私にとって、円高時の塩漬けが可能ならば、ほぼノーリスクで高額運用のできる夢のような手段と言っても過言ではありません。
まあ、何年後かは米ドルの年利が2.3%なんてあり得ない、となるのかもしれませんが、回答者様は実際に長期で利益を出されているとのことですので、私もまずは始めてみようと思います。

お礼日時:2019/01/16 14:53

> 為替差益がゼロだって、元本保証、2.3%/年で10年20年運用できるなんて、今どきあり得ないほどおいしい話



年 3% 程度の利率で良いならば、NISA で日本株の投資信託をする手もあるのでは?
なにせ外貨預金なら為替リスクを背負う上に課税されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在、複数の投資信託の積立てを10年ほど続けてきており、結構利益も出せています。
お金に余裕も出てきたので、他の低リスクで円定期よりましな運用はないかと探しているところですので、敢えて新たにNISAに手を出すつもりはありません。

お礼日時:2019/01/16 14:59

>外貨がインフレ傾向にあり理論上価格が下落傾向にあるとは、どういう意味ですか?


インフレということは通貨の価値が下がっているということなので対円でも下がるということでです。

>そして、現在の1米ドル=110円をピークとして向こう30年間これより円安に振れない可能性など
>ほぼゼロなのだから、
その様に予想されるならばそれを信じて投資されれば良いと思います。
個人的には同じことを10年後20年後に言えるかどうかはわからないと思います。その時点で世間の大方の予想が、今後20年は1ドル110円になることはないと見ていてもやはり110円を信じて待ちますか?
高金利通貨に投資して利息で儲けるということは十分可能ですが、やはりリスクがありますので夢のようなものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

米ドルがインフレ
→米ドルの価値が下落
→相対的に円高ドル安
→外貨預金は為替で損をする
という話ですかね?

だったら、新興国の投機的な通貨じゃあるまいし、そんな極端に悪い可能性を起こりうることとして捉えるのは無意味だと私は思います。

お礼日時:2019/01/16 15:06

日本の都市銀行に外貨預金口座を持っています。

定期口座と普通口座があります。

 普通口座は入れたら入れっぱなし。当方が引き出す手続きをしない限り外貨のままです。
 定期口座は三ヶ月定期ですが自動継続です。解約する手続きを当方がしない限り外貨のまま継続されます。
 利率は当然が異なります。この辺は日本円の口座と同じです。
 他の回答にある通り、契約によって変わりますから、事前に調べる事をお勧めします。

 ドルとユーロでやってますが、ユーロの方が難しいと感じます。ギリシャみたいな小国の経済であんなに大きく振れるなんて全く想定外でした。ドイツ・フランス等の経済状況は見ていても、ギリシャなんてノーマークでしたから。全部の加盟国の経済状況を追うなんて無理です。その点、ドルは米国だけ見ていればいいので読みやすい。英ポンドや豪ドル、スイスフランなども該当国の経済情勢だけ見ればいいのでこの点同じですが、日本では圧倒的に米国情報が多く、他の国の情報は日本語では限られます。最初は米ドルが良いだろうと思います。で、自身でその国の経済情報が得られる国の通貨に限った方が良いと思います。少なくともネットで見れる複数の英字新聞がある国の通貨が良いと思いますね。

 10年以上、口座を維持していますが、解約時を読み切るのは難しいと思います。大体、幾らの時に買ったか正確に覚えてない(^_^;。定期は通帳に書かれていますがね。それでも時期をずらして金額の異なる幾つかの定期を持っていると、トータルどうなっているのか解りにくい。普通口座だともっとわかりにくい。つまり、今現在、為替で幾ら得しているのか損しているのかを継続的に把握する仕組みを整えるべきです。でないと売り時もアバウトにしか決められません。アバウトだと経験上逃します。月に一回計算すれば充分でしょう。銀行側でこれを手助けしてくれる仕組みがあれば助かります。で、イザその時には躊躇せず売ったり買ったりする決まりを設けておくことをお勧めします。幾らになったらこの口座は売るがこれは維持とか考え始めると複雑です。私の場合は売り時を逃して今でも持ち続けています。円大暴落の保険のつもりなので、これは後悔してませんが、一ドル80円台の時にもっと買っておけば良かったと思っています。次に一ドル100円を切ったら買い増しするつもりです。90円切ったら数百万円レベルで買い増しです。現在の相場では米ドルに食指は動きません。120円越えないと売る気もありません。今は、ブレクジット絡みで英ポンドに注目しています。少し買ってみると国際情勢の社会勉強に熱が入って面白いかもと思ってます。身銭切ってますからね、気合いが違います。そう考えれば多少の損は授業料で惜しくはありません。待てるなら情勢が変わるのを待ってりゃ良いだけだし。FXみたいに証拠金絡みで強制解約なんてないし。

以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頂いた回答を読んだ限りでは、私が理解した「そんなうまい話があるのだろうか?」が『ある』と受け取れます。

私は、10年前から投資信託の積み立てをやっていて、投入額と現在評価額は自分でエクセルのシートを作って管理しています。
ですから、外貨預金を始めても、自分の損益はリアルタイムに正確に把握できる自信があります。

日本円の定期預金は、年利0.2%です。
1,000万円預けて、1年後に税金を引かれて得られる金は、たったの15,937円です。
これは、あまりに馬鹿馬鹿しい。
では、外貨預金はどうかと調べていたところ、円高で不利ならドルのまま継続し、福利で増えたドルを
10年20年後に今より多少でも円安のときに円に戻せば、日本円定期預金の数十倍のリターンが見込めるわけで、
はたしてそんなうまい話があるものだろうか?と思って、この質問を投稿した次第です。
別に、大儲けするつもりはないので、90円だ80円だ、120円だと機を見るつもりは毛頭ありません。
為替差益がゼロだって、元本保証、2.3%/年で10年20年運用できるなんて、今どきあり得ないほどおいしい話だと思います。

あまり長々と悩んでいても、普通口座に入っている余裕資金がもったいないので、
まずは数百万程度のところから外貨定期預金を始めてみようかな、と思います。

お礼日時:2019/01/14 12:06

> そんなうまい話があるのだろうか?と疑問に感じての、この質問です。



貴方が円高で損するリスクを許容できるなら、投資してみたら良いのではないかと思います。

ちなみに美味い思いをしているのは銀行の方です。
なぜかと言うと現在の金融市場は『空売り』という制度があり、これは FX の場合は、

外貨を持っている人 A から、空売りしたい人 B が一時的に権利を借り、B が通貨を売却し、ある一定期間後に、買い戻して A に返却する

という仕組みで、外貨を貸した A は、貸す事による利子が手に入ります。


あなたが外貨を買って銀行に預けるという事は、実は銀行は、あなたの知らない間に、あなたの外貨を空売りに出す事ができるのです。そうやって銀行は儲かるのです。

あなたが外貨預金すると銀行としては
① 外貨と円を両替する時の手数料
② 外貨の利子の一部を徴収する事による手数料
③ 外貨を空売りに出す事による金利収入
と3つの利益が期待できて、しかも円高で損するリスクは全て貴方に背負わせられるので、ノーリスクでウハウハなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

①は、理解しています。
みずほ銀行は、買いも売りも1米ドルにつき1円の為替手数料、買い時に1,000円、売り時に500円の手数料がかかるので、
1年後に利子がついても、3円程度円安に振れていないと元本割れすることを、自身で計算して確認しました。
一方、住信SBIネット銀行では、為替手数料は4銭、現在はキャンペーンで買いの為替手数料がゼロ、売り買いの手数料もゼロで
金利も2.3%と高いので、1年後に2円までなら円高になっても元本は割らない、と同様に試算しています。
ですから、住信SBIなら、為替両替手数料はほとんど無視して良いレベルだと考えています。

②は、いったいどういうことですか?
銀行は、預金者から預かった金を、提示金利より高いアメリカの銀行に預ける、
例えば、住信SBIに2.3%で預けたら、住信SBIは3%のアメリカの銀行に預けて、その差額を利益として得る、
ということでしょうか?
そうであれば、預金者は2.3%以外の数字はもとから分からないのだから、何の損もしていないと考えられます。
2.3%という金利しか知らされていない預金者にとって、何のデメリットもないように感じるのですが、
そういうことではないのですか?

③も②と同様です。
私が預けた金を、銀行がどう運用して儲けようが、私には何の関心もありません。
この点で、私が何かデメリットを負うのですか?

確かに、円安に振れなければ元本割れするみずほ銀行などでは、預金者ばかりがリスクを負う、つまらない商品だと思います。
しかし、住信SBIの為替両替手数料4銭、年利2.3%というのは、円安になるのが何年後になるか分からないリスクが許容できさえすれば、
確実に儲かる商品であるとしか思えないのです。

お礼日時:2019/01/14 11:50

>元本割れの可能性もなく為替差益まで得られてしまう、夢のような運用方法ということになります



高金利通貨に預けて、レートが有利な時に円転するということは十分可能ですが、一般的に高金利通貨というのは、インフレ傾向にあり理論上価格は下落傾向にあります。
そのうち浮上することは十分あり得ますが、そうでなくても長期的に低迷し、生きている間には浮上しない可能性もあるのでとても元本保証とは言えません。

もちろん、30年以内には円安に振れるはずだと予想して取引するのはありですが、そうなる保証はないので、夢のようなというものでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰る意味が分かりません。
外貨がインフレ傾向にあり理論上価格が下落傾向にあるとは、どういう意味ですか?
外貨が元本保証で増えていくのだから、インフレ云々は関係ありませんよね。
そして、現在の1米ドル=110円をピークとして向こう30年間これより円安に振れない可能性など
ほぼゼロなのだから、預入れ時のドル売り価格より円安になるのを何年でも待って円転すれば、
大きな利益を確実に得られるとしか理解できないのですが、それは間違っているのでしょうか?

お礼日時:2019/01/14 11:34

預金商品や選択で変わります。


https://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/personal/inde …

実際に預け入れを考えておられる銀行の商品説明を確認されるのが確実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

各銀行の商品説明を読みましたが、多くの場合は、満期時に外貨をそのままにしておくか、円に戻すかは
預金者の判断に委ねられると理解しました。
ということは、10年20年使う予定のない余剰資金であれば、円安に振れるのを何年も待つ間に
日本円定期預金では到底あり得ないような超高金利で外貨を複利運用し、何年後かの円安時に円に換えれば、
元本割れの可能性もなく為替差益まで得られてしまう、夢のような運用方法ということになります。
そんなうまい話があるものだろうか? 為替動向によっては10年20年手元に戻せないという時間のリスクがあるだけで、
私以外の人にとって、そのリスクは上記のメリットに比べて許容できないほど大きいものなのだろうか? と
疑問に思い、この質問を投稿しました。

お礼日時:2019/01/13 17:22

契約によります。


契約期間満了で、自動的に円に戻るタイプのものと、こちらで申請してから円に戻すタイプのものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは、理解しています。
住信SBIネット銀行の「コイントス」などは、金利が有利な代わりに満期時に外貨か円かを銀行が決める、というもののようです。
各銀行の説明を読んだ限りでは、通常の外貨定期預金は外貨のまま満期となり、外貨を継続保有するか円に戻すかは
預金者の判断次第であると理解しました。
ということは、円高に振れたらそのまま外貨継続し、円安に振れたら円に戻す運用をすれば、
好きなときに円に戻して利益を得られないリスクがあるだけで、元本割れすることもなく、
日本円ではあり得ないような高い金利が得られるということになります。
・・・そんなうまい話があるのだろうか?と疑問に感じての、この質問です。

お礼日時:2019/01/13 17:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年の9月に郵便局で投資信託で100万円 入金しました 最初のうちはよかったのですが、10月後半くら

昨年の9月に郵便局で投資信託で100万円
入金しました
最初のうちはよかったのですが、10月後半くらいから
3〜4万円くらいマイナスになりました。
そのうち良くなると思ってましたが
マイナス3〜6万円くらいを行ったり来たりで
不安になり局員の方にも相談しましたが
5年くらいは目をつぶって見守って下さいと
言われました。不安が募るので見ないようにしてた
のですが、今日久しぶりに確認したら −84000円に
なってました。どうしたらいいのでしょうか?
初心者で、いきなり100万円の投資をした私が
いけないのですが、損をしても今のうちに
解約した方がいいのか、もう少し目をつぶって見守っていた方がいいのか 分かりません
誰か投資信託のことを知ってる方教えてください
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

単に安心したいだけな気がします。

漠然とした不安ばかりで真面目に具体的なリスクを考えないで大丈夫ですか?と言われてもよほど無責任な人しか大丈夫なんて言えませんよ。

基本的にその投資がどうなったらどう落ちるのか?と言うのを根拠を持って解釈するのが、一般的に勉強するということです。でも、これはあくまで前提になる理論によりますから、絶対的に特定の基準が正しいわけではありませんけどね。ただ、一般的な投資信託やetfを議論する上での基準値や参考なるインデックス、その他投資先によっては為替の動きや景気の変化と言うのは多かれ少なかれ影響しますから重要です。ぶっちゃけ、市場全体が上がってれば何もしなくてもも見かけ上利益は出ますし、その逆も然りと言うことです。投資信託のよしあしと言うのはその上でいいか悪いかを評価すべきものと言う言い方もできますし、貴方が貯蓄と比較してるなら市場全体のうごきは投資すべきか否かの非常に重要な判断軸にもなります。ただ、常に勝つタイミングだけを選べる人などいません。

あとは、リスク評価は個人の判断によります。貴方にとってその金はどういう性質のものなのか、いつまでに必要な性質をもつものなのか、そういう話です。

初心者だからー、とか余剰資金だからーとかいって、その辺の意味を具体的に考えようとすらしなけりゃいつまでたっても不安ですし、それならさっさと損切りしてゆっくり寝て安心して生活を営む方が精神的にもいいでしょう。

単に安心したいだけな気がします。

漠然とした不安ばかりで真面目に具体的なリスクを考えないで大丈夫ですか?と言われてもよほど無責任な人しか大丈夫なんて言えませんよ。

基本的にその投資がどうなったらどう落ちるのか?と言うのを根拠を持って解釈するのが、一般的に勉強するということです。でも、これはあくまで前提になる理論によりますから、絶対的に特定の基準が正しいわけではありませんけどね。ただ、一般的な投資信託やetfを議論する上での基準値や参考なるインデックス、その他投資先によっては為...続きを読む

Q100万を預けて一年後に一万増えるってかなり金利がいいですか?株とかみたいに減るリスクがない場合にあ

100万を預けて一年後に一万増えるってかなり金利がいいですか?株とかみたいに減るリスクがない場合にあり得ない金利ですか?

Aベストアンサー

日本円を基準にしないのであればそれぐらいふつうにあるといえばある。

Q投資信託の解約金が違う

投資信託の解約時に証券会社で言われた額と実際の解約金が違いました。解約時に運用損益表を見せられ説明を受け、金額は受け取った分配金も含めた金額で返ってくると言っていたのに実際は分配金抜きの金額で一応運用損益はプラスでしたが100万円近く違い騙されました。こんな事なら解約しなかったのに。
こういった場合投信を元に戻せないならどうしたらよいでしょうか?証券会社を訴えられますか?

Aベストアンサー

追伸
そのよな説明を言い切ることはあり得ないことで騙されたのですね
文句を意てもそんなこと言うわけがないといわれ気分を悪くするだけですので不人情のようですがあきらめることです

Q株の空売りは空売りをした瞬間に現金が入ってくるのですか?

株の空売りは空売りをした瞬間に現金が入ってくるのですか?空売りは株を証券会社などから借り入れて、それを売るので、売った瞬間にはもう、売値が一旦売った本人に入ってきて、それを買い戻すタイミングで、お金を拠出するという流れなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

空売りは株を持っていなくても、持っているものとして取引する方法ですから売った代金を受け取ったものとします。しかし、空売りで売った株の代金を受け取っていないのだから、証券会社にお金を貸していることになります。なので証券会社から金利を受取れます。ただし、現在の金利は0%で利息はとうぜん0円です。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/margin/commission.html
売方金利
売方が受取れる金利です。売却した株券の代金は証券会社に預けられますが、そのお金に対して発生する金利です。
貸株料
証券会社から借りた株券にかかるレンタル料です。

決済は売った金額から買い戻した金額と手数料などのコストを差し引いた差金決済です。

Q人生はお金が全てですか??? お金より大切なものなんてあるんでしょうか??

人生はお金が全てですか???
お金より大切なものなんてあるんでしょうか??

Aベストアンサー

お金もかなり大事

お金より大事なのは、家族

Q投資は儲かる?

株式、FX、投資信託、不動産
投資の初心者なら、何がよいですか。
それとも、むやみにやるものではないですか。
郵便局に定期預金しに行った時に、投資信託を勧められましたが、その時は断りました。
よく、知識ゼロから不動産投資を始めて、今は年収〇〇〇万!なんて話も聞きますが、実際は損してる方が多いのでは。
よほど勉強して、プロ並の知識を身に付けないとダメですか。

Aベストアンサー

出口治明『お金の教養』を読むと、最も効率が良いのは、自分に投資して給料を上げる事、だそうです。

それで余ったお金を、普通預金や定期預金にしないで、幾らか投資するのは良いアイデアかもしれません。
郵便局や銀行は、ぼったくる傾向が強いので、やめておきましょう。

素人さんにオススメしているのは、ローリスク・ローリターンの鎌倉投信の結い 2101 を、積立 NISA でコツコツ20年ほど、続ける事です。

QNISA枠で入手した株は、10年後に売却しても非課税ですか?非課税の期間があるのでしょうか?

NISA枠で入手した株は、10年後に売却しても非課税ですか?非課税の期間があるのでしょうか?

Aベストアンサー

簡潔に言うと、
NISA口座で運用する期間の利益は
非課税になります。

10年後にNISAの制度がどうなるかは
まだ明確になっていません。

今年6年目を迎え、
NISAの当初期間の5年を超えました。
NISAの制度が始まった1年目に投資
したものの扱いはどうなるかと言うと。

1年目に投資し保有したままになって
いる株の銘柄や投資商品を
★今年分のNISA口座に
★ロールオーバーするか
あるいは、
★特定口座などに移管するか
の選択となっています。

どちらの場合も
★昨年末で利益が出ている部分には
★課税されないことになっています。

特定口座に移管された後で、出る利益
には、課税されることになります。

★ロールオーバーされたものは、
★それ以降出る利益も非課税
となりますが、
★ロールオーバーは1回切りです。

次の5年後には特定口座などに
移管することになります。
それまでの利益は非課税となります。

これからNISAで投資される場合、
ロールオーバーの運用が、今後
(10年後)も続くかどうかで
ご質問の内容が決まるのですが、
おそらく今後も5年サイクルで
NISAは継続されることになるで
しょう。

少なくとも今年投資したものは
5年後まで出た利益は非課税に
なります。

以上、ご理解いただけたでしょうか?

参考
https://www.toushikiso.com/nisa/nisa_rollover.html

簡潔に言うと、
NISA口座で運用する期間の利益は
非課税になります。

10年後にNISAの制度がどうなるかは
まだ明確になっていません。

今年6年目を迎え、
NISAの当初期間の5年を超えました。
NISAの制度が始まった1年目に投資
したものの扱いはどうなるかと言うと。

1年目に投資し保有したままになって
いる株の銘柄や投資商品を
★今年分のNISA口座に
★ロールオーバーするか
あるいは、
★特定口座などに移管するか
の選択となっています。

どちらの場合も
★昨年末で利益が出ている部分には
★課税されないことに...続きを読む

Q昨年10年間の結婚生活後に離婚しました。 転職ぐせが多かった相手方。 厚生年金、国民年金。 今日お友

昨年10年間の結婚生活後に離婚しました。
転職ぐせが多かった相手方。
厚生年金、国民年金。
今日お友達に聞いたのですが、年金の分割の手続き必要なのですか?
相手とは連絡取れない状態です。
また、相手がいない場合の方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

結婚生活の間、あなたがどういう
立場にあったかによります。

いずれにしても、2年以内に請求する
のが、ポイントです。

合意分割と3号分割
というのがありますが、

面倒がないのが『3号分割制度』です。
あなたの請求だけで済みます。

ご主人が社会保険に加入し、
厚生年金に加入していた場合。
かつ、
あなたがその社会保険の扶養と
なっている期間に限り、
ご主人の老齢厚生年金の
★半分を受給できます。

あなたがその期間に『ご主人の半分』
の給料をもらって厚生年金に加入して
いたのと同じだけ、老齢厚生年金が
もらえるということです。

あなたが老齢厚生年金をもらえる歳に
なったら、もらえるということなので
そういう意味では、
『受給権がもらえる』と言ったらよい
かもしれません。

老齢基礎年金は、あなたが
国民年金に加入していた期間になので
離婚とは関係ありません。
先述の社会保険の扶養になっていた
期間は、第3号被保険者として、
離婚するしない関わらず、
国民年金の受給権があります。

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/jukyu-yoken/20140421-04.html

結婚生活の間、あなたがどういう
立場にあったかによります。

いずれにしても、2年以内に請求する
のが、ポイントです。

合意分割と3号分割
というのがありますが、

面倒がないのが『3号分割制度』です。
あなたの請求だけで済みます。

ご主人が社会保険に加入し、
厚生年金に加入していた場合。
かつ、
あなたがその社会保険の扶養と
なっている期間に限り、
ご主人の老齢厚生年金の
★半分を受給できます。

あなたがその期間に『ご主人の半分』
の給料をもらって厚生年金に加入して
いたのと同じだけ、老齢...続きを読む

Q為替相場が動いたから、金利が動くのか、金利が動いたから、為替相場が動くのかどちらですか?

為替相場と金利の影響について、為替相場が動いたから、金利が動く場合と、金利が動いたから、為替相場が動く場合がありますが、どっちか先なんでしょうか?(卵が先か、鶏が先かみたいな話ですが)
https://trading-strategy.net/fundamentals/exchange.html
長いトレンドでは、購買力平価で為替が決まっていって、金利が決まっていくようか印象がありますが。
https://matsunosuke.jp/purchasing-power-parity/
※中央銀行による意図的な操作は、話が複雑になるので、除いてください

Aベストアンサー

「為替相場が動いたから、金利が動く」って、本当かなあ。リンク先の説明を読みましたけど、実際には、円安に振れたら値ごろ感から円建て債券が買われる方向に動く可能性も高いと思います。

敢えて言うなら、「為替の先高感、先安感」でしょう。為替の先安感があれば、確かに金利は上がる方向に動くと思います。

「金利が動いたから、為替相場が動く」の方はある話で、これはスワップが変わりますので、確かに為替レートにダイレクトに影響を与えます。

とはいえ、こちらも金利の先高感先安感が与える影響の方が大きいので、金利が上がった頃にはとっくに為替の調整は終わっていることも多いです。いわゆる「織り込み済み」と言うやつですね。

Q処罰は?

株の売買にて、不正操作が疑われると証券取引所で調査が行われますが、FXの場合は特に今月3日早朝の不可解な事等については、調査などが行われるのですか?

Aベストアンサー

3日の変動などは、異常のうちに入らないので、調査は行われないでしょう。

過去に調査が行われた例としては、例えば2009年10月30日に発生した「くりっく365の南アランド急落事件」があります。この時は、ランドが数分のうちに11.5円から8.5円まで下落しました。下落率は26%程度ですから、レバレッジ4倍の人でもロスカットされたという計算になります。
原因は一部外資系証券会社の作為的な売りの指値注文によるもので、くりっく365の制度の盲点を突いたものでした。外資系証券会社自体は訴えられませんでしたが、くりっく365を主催している東証は救済処置を出しました。
http://zai.diamond.jp/articles/-/37214

もう一つ有名なのは、2015年1月15日のスイスフランショック。この時は、スイスフランが対ユーロで1.20から0.92まで1日で30%上昇しました。この原因はスイス国立銀行がスイスフラン/ユーロを1.20で固定する事実上のペッグ制を廃止すると宣言したことが原因で、詐欺行為的なものはありませんでしたが、一部のFX会社にロスカットの十分な対策が取られていなかったため、スリッページによって個人投資家に多額の追証が発生しました。これは結局個別の裁判で片付いたと記憶しています。
http://zai.diamond.jp/articles/-/171302

今回のドル円はせいぜい4%くらいの変動ですので、レバレッジで言うと25倍以上かけていた人がやられたくらいでしょう。この程度なら自業自得と言うものであり、同情する人はいません。

3日の変動などは、異常のうちに入らないので、調査は行われないでしょう。

過去に調査が行われた例としては、例えば2009年10月30日に発生した「くりっく365の南アランド急落事件」があります。この時は、ランドが数分のうちに11.5円から8.5円まで下落しました。下落率は26%程度ですから、レバレッジ4倍の人でもロスカットされたという計算になります。
原因は一部外資系証券会社の作為的な売りの指値注文によるもので、くりっく365の制度の盲点を突いたものでした。外資系証券会社自体は訴えられませんでした...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング