痔になりやすい生活習慣とは?

関ヶ原の戦い前後で徳川家康に味方した武将を外様、それよりもっと前から味方していた人を譜代といいますが、もっと前の戦国時代にも外様や譜代などといったワードを聞くことがあるんですけど、そこで用いられる外様や譜代とはどのような意味なんですか?

A 回答 (4件)

鎌倉幕府において実権を掌握した執権北条氏(特に得宗家)の直臣を御内人と呼んだのに対して、将軍と主従関係を持つ一般の御家人のことを指して「外様」と称しました。

 譜第(ふだい・譜代)は、もともと父から子へ、子から孫へというように同一血統の中で正しく継承が行われてきた家系及び、その族姓・系統の正しさを証明する系譜類などを指します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。


助かりました。

お礼日時:2019/01/15 17:27

数年前の大河ドラマ「真田丸」ではっきりと「外様」と言っているシーンがあります。



真田昌幸と徳川家康が出会うシーンで、家康が「武田勢の武藤喜兵衛という人物にだいぶやられたが、ご存知か?」と問い、昌幸が「ワシは外様の出ですので、武田の内情には詳しくない」と答えています。この時はっきりと「外様」と言っています。

戦国時代は下剋上もあり、敵味方も入れ替わっていました。現実に真田家は上杉の家臣の家来だったようで、領地回復が困難になると武田家に乗り換えたようです。

つまり武田家からみれば真田家は外様、こういう人たちはたくさんいたでしょうから、以前から家来だった「身内」と後から家来になりまた裏切るかもしれない「外」の区別はあり、「外」という言葉は実際に使われたと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

助かりました。

お礼日時:2019/01/15 17:26

>>ワードを聞くことがある


誰から?

譜代・外様の言い方は、徳川幕府以降の言い方。


もっと前の戦国時代に対して、ソー言ってる人は、その言い方を過去に遡って言ってるダケなんじゃ無いの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。


大河ドラマなどで時々耳にしました。

お礼日時:2019/01/14 22:03

外様というのは要するに「客分」ということです。


譜代というのは身内、極端に言えば「召使い」です。

つまり、
譜代大名と言えば「主従関係を結んだ大名」要するに身内ですが
外様大名は「同盟関係にある大名」というほどの意味合いです。

家康が外様大名に参政権を与えなかったのは、ここに大きな理由があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます。

お礼日時:2019/01/14 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q坂本龍馬が、生きていたら、どんな形態の明治政府になっていたでしょう。

坂本龍馬が、生きていたら、どんな形態の明治政府になっていたでしょう。

Aベストアンサー

こんにちは。

彼は行動力の塊のような人物でしたが、政治的な力はありませんでした。
ですので、彼の活躍は歴史上の史実にあった以上の出来事はなかっただろうと考えます。
実際、一体どんなパトロンが背後についていて、あのような活躍ができたかもハッキリと分かっていません。

明治政府は現在の歴史通りの、薩長政治になっていたと思いますよ。
今でも官僚や政治家に高知出身者が一定数いるということが、彼の残した足跡ではないでしょうか。

ではでは(^_^)

Q朝鮮はどうして独立を維持できたのでしょうか。

朝鮮半島を見ていて、いつも不思議に思うことがあります。それは、中国はどうして朝鮮半島を取り込もうとしなかったのか。逆に言えば、朝鮮はどうして独立を維持できたのかという事です。中国が帝国主義であることは紛れもなく、広大な国土に加え、今でも「台湾の独立は認めない」、「チベットの自治は認めない」と言っています。普通に考えれば、朝鮮半島は海に突き出ていて立地条件も良く、何としても手に入れたい土地だと思うのです。独立というのは口で言うほど簡単ではなく、国力がなければできません。力関係で言ったら、朝鮮は中国(清)にとても敵わなかったはずです。朝鮮半島は、かつては百済、新羅、高句麗と三つに分裂していました。なおさら取り込まれ易かったはずです。それを思うと不思議でなりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

朝鮮は中国の冊封体制に組み込まれた属国の一つで、
独立国のように見えますが、冊封国と言われるものです。
つまり、すっかり取り込まれていたのです。



華夷思想において、中央は高貴なものとされたのに対し、
周辺の地域は東夷・西戎・南蛮・北狄といわれ、
辺境の蛮族扱いされていました。
このような辺境は直接統治より冊封による間接統治が
効率的と考えられていました。
辺境の国家は冊封されないと国として認められないので
多くは交易もできない状況でした。
冊封国は基本的に中国から内政・外交の干渉は受けませんが、
子分になって中国の強い影響下にあることを認めたものです。
詳しくは冊封(国)で調べてみてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8A%E5%B0%81

朝鮮の始祖である太祖李成桂は高麗から王位を簒奪した時に
明に報告すると「王朝が交代したなら国号を改めよ」といわれ、
「朝鮮」と「和寧」のどちらが良いかを洪武帝(明の皇帝)に
選んでもらいました。
朝鮮の国号からしてこのような状況です。
また、朝鮮は国王の交代があっても中国の事前承認を重視しました。
拒否した実例はありませんが、中国の許可なく王になれなかったのです。
これは朝鮮だけで、冊封国には越南(ベトナム)や琉球も含まれますが、
他の冊封国は自分たちで国王を決めてからの事後承諾でした。
近年では朝鮮最後の皇帝(注:独立後大韓帝国を名乗りました)である
純宗が立太子の時(皇太子への就任)認めてもらうために
清との交渉が行われました。

冊封国にも序列があり、王の服の色や描かれた竜の数などで表され、
朝鮮の序列は低くはありませんでした。
しかし、東北の金(後金)を下位にみていたため
明が衰え金の勢力が強くなっても明の庇護を頼りに
強気で臨んだため丁卯胡乱と丙子胡乱で完敗し、
三田渡の盟約で清の属国であると認めさせられ、
皇帝ではない清からの勅使に対しても
(朝鮮)王が三跪九叩頭の礼により迎えました。
ちなみに、三跪九叩頭は1度ひざまずいて3回土下座を3セット
都合9回土下座をするもので、清の皇帝が臣下にさせた儀礼です。
余談ですが台湾出兵の後始末で日本の使者が皇帝に対するとき
皇帝への儀礼として要求されましたが拒否しています。

朝鮮が清の冊封から脱したのは日清戦争の結果で、
下関条約の第1条は清からの独立を認めさせるもの。
一般の方にも読める「朝鮮紀行」(講談社学術文庫)には
この時に無理やり独立することで清の庇護下から解放させられて
ガクブルの高宗の様子が書かれています。(P319~P341 )

現在の韓国では、属国ではなく「兄弟国」という表現が多いのですが、
実際には壬午軍乱(1882年)の後始末で真に結ばされた
「中朝商民水陸貿易章程」でも属国であることが確認されました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9C%9D%E5%95%86%E6%B0%91%E6%B0%B4%E9%99%B8%E8%B2%BF%E6%98%93%E7%AB%A0%E7%A8%8B

朝鮮が冊封国を維持できたのは、清による虎の威を借りたから。
現在の韓国の国旗である太極旗の原型(諸説あります)は、
1882年に訪日使節団が使ったものです。
そこには日本になめられないように「大清国属」と書かれ、
清の支配下にあることを自称していたことがわかります。



現在の中国がチベットなどを侵略するのは
現代において価値があるから。
紛争で注目される尖閣諸島も、1970年代に国連の調査で
海底資源が指摘されるまで無関心どころか
国の機関紙に日本領と書いていたくらいです。
価値があって与しやすいと思われれば侵略されます。

朝鮮は中国の冊封体制に組み込まれた属国の一つで、
独立国のように見えますが、冊封国と言われるものです。
つまり、すっかり取り込まれていたのです。



華夷思想において、中央は高貴なものとされたのに対し、
周辺の地域は東夷・西戎・南蛮・北狄といわれ、
辺境の蛮族扱いされていました。
このような辺境は直接統治より冊封による間接統治が
効率的と考えられていました。
辺境の国家は冊封されないと国として認められないので
多くは交易もできない状況でした。
冊封国は基本的に中国から内政・外交の干渉...続きを読む

Q戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。 実際

戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。
実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
普通の声のトーンで話さなかったのですかね?

Aベストアンサー

実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
 ↑
そういう人が多かったと思います。
1,軍議は自己アピールの場でもあります。
 声が大きい方が目立つし、意見も通りやすいのは
 今も同じです。
2,戦国時代の武将の声はとてつもなく大きかった
 と言われています。
 広い戦場で自分の名前をCMするのですから
 大きいことが要求されたのです。



当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
  ↑
そりゃいたでしょうね。



普通の声のトーンで話さなかったのですかね?
  ↑
徳川家康は、部下の自由なディスカッションに任せ
それろじっと聞いていて、最後は自分で決める、
そういう軍議をしていたという話があります。
声がでかくないと、主君の耳に入りません。

Q日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

日本の国旗って韓国の国旗を真似したんでしょうか?

Aベストアンサー

太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年が最初
日の丸は、1870年制定

Q豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦いの間で、徳川家康に勝てる大名なんていませんよね?

Aベストアンサー

黒田如水が有名ですね。

Qなぜ、アフリカには、アジアのモンゴル帝国・ヨーロッパのローマ帝国のような巨大な帝国が、現れなかったの

アジアを、モンゴル帝国が制しました。
ヨーロッパをローマ帝国が。
しかし、アフリカを支配する帝国は現れていません。
なぜ、アフリカを統治する巨大な帝国が登場しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

・アジアやヨーローッパは東西に大陸が伸びていたが、アフリカ大陸は南北方向に伸びているので大陸内でも気候帯が変わり、人が移住し難く伝播もし難い。
・労働量に比してカロリーの高い作物を得られなかった。
・熱帯地方特有の病気。
・乾燥地帯或いは熱帯ジャングルが占める割合が多く、また南北の交通も分断されていた。
上記の理由による巨大な帝国に必要な人口の不足と人口の集中が不足したからです。

Q大坂夏の陣で真田・毛利隊が家康を討ち取ったところで、あの戦いは豊臣家の勝利にはならないと思うですけど

大坂夏の陣で真田・毛利隊が家康を討ち取ったところで、あの戦いは豊臣家の勝利にはならないと思うですけど、何故次期将軍秀忠を狙わなかったんですか?

Aベストアンサー

そうかなぁ・・・・

徳川軍が諸大名の信頼を集め求心力を保っていたのは、家康という人物がいたからでは?

たまたま徳川家は、次世代への継承が成功しましたが
織田家の場合も、豊臣家の場合も、カリスマ創業者の打ち立てた業績を次代に継承する過程で失敗しています

伊達政宗であれ、旧豊臣武断派大名であれ、家康には恩顧を感じ臣従を誓っていても
その子秀忠に関してはその能力も未知数で、必ずしも無条件に従うとは限らない

秀頼と家康との比較なら、家康の方に靡くだろうけど
秀頼と秀忠だったら、悩む武将も少なくないのでは?

まぁ夏の陣自体が、戦いの趨勢は開戦前から見えていたので
意地の見せ所、一矢報いるという心情もあって、一点突破を狙ったのでしょうけど

Q江戸時代にスペインやオランダが、日本に対して低姿勢だったのはなぜですか?

江戸時代前期というとスペインやオランダが強かった頃であり、スペインはフィリピンを、オランダはインドネシアを植民地とし、原住民に対して過酷な収奪をやっていました。
しかしながら、日本に対しては一切手を出さず、徳川幕府がキリスト教を迫害しても文句を言わず、オランダに至っては貿易は出島のみ、それもキリスト教を布教しないという条件でようやく認めてもらっている有様です。

このように、江戸時代の世界の覇権国とも言えるスペインとオランダが、なぜか日本に対しては強いことを言えず、低姿勢に徹したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

彼らは、まずキリスト教神父が乗り込み
現地人を宣撫して、それから本国から軍隊を
送り込み、占領してしまう、
という方法をとっています。

日本は、そうした戦法をいち早く察知し
キリスト教が広がるのを阻止しました。
そもそもですが、一定レベル以上の文化、文明が
既に発達している地域で、新たな宗教を布教する
のは困難なのです。

このように、キリスト教布教に失敗した、という
のがまず上げられます。


次は武力です。

スペインの神父が、本国に当てた書見が残って
いますが、それには
「他のアジア諸国と異なり、日本の武力は強力
 である」
旨の記載がうかがえます。

幸いというか、戦国時代の余韻が残っていた
時代です。
鉄砲の数も世界一、と言われたほどです。

植民地にするのはいじめるためではありません。
儲けるためです。

武力で植民地化するよりも、貿易で儲けた方が、
という判断が働いたのでしょう。

Q1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府が1185(イイハコ)と覚えさせるようになった理由は何ですか?

1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府が1185(イイハコ)と覚えさせるようになった理由は何ですか?

Aベストアンサー

征夷大将軍が指揮する場所を幕府というのだから、「1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府」が正解だと思うわ。
源賴朝が征夷大将軍になったのは1192年だからな。
1185を使うなら
「1185(イイハコ)作ろう鎌倉政権」というべきだな。
最近の歴史教育は不正確でええ加減だわ。
歴史学者が、単に教育現場を引っかき回そうとしているとしか思えんわ。

Q戦国時代って倒した兵士の首を証拠として褒賞を与えたりしてますけど、足軽の首もわざわざ斬って証拠として

戦国時代って倒した兵士の首を証拠として褒賞を与えたりしてますけど、足軽の首もわざわざ斬って証拠としてとるんですか?

Aベストアンサー

人間の首(頭)ってかなり重いから、一人でいくつも持てません
ですから単に雑兵を倒した数の場合は、鼻を削いで持参した
人間の鼻は、一人に一つしかありませんから人数の判定に使えます
耳を削いでいる場合もありますね
ですから、こういう供養の為の塚も存在します
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%B3%E5%A1%9A


名のある武将(兜首)の場合は、首を切り落として運びました
これは首実検という対象人物の判定作業を行う必要があったから

雑兵だと、何人?何十人レベルで集めないと勲功にはなりませんが
兜首の場合は、一つだけでも充分な功績になりますからね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング