太陽の表面温度Tsを600Kとして、地球の表面温度tbを推定せよ。ただし、
太陽の半径をrs、地球の公転半径をreとする。

A 回答 (2件)

どうもレポート問題(?)丸投げ,という気がするんですがね~.



> 太陽の表面温度Tsを600K

6000Kの間違いですよね.

○ シュテファン-ボルツマン則,
○ 地球が放射を受けるのと自分が放射するのは同じ面積か?
○ 地球のエネルギー収支のバランス,
○ 地球の半径は関係ないのか?

がヒントです.
レポートは自分でやりましょう.

なお,pei-pei さんのご回答のようにはなりません.
    • good
    • 0

エネルギーは距離の二乗に反比例するので、単純に



tb=Ts*(rs/re)^2

になるのでは。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽の表面温度と黒体輻射について

太陽からの光の成分は黒体輻射の式と一致し
この式より太陽の表面温度6000Kが求められるそうなのですが
太陽の中心温度は 1.5 × 10^7 K 、コロナの温度は5 × 10^6 K
にもなるとwikiに書かれてあります。
では地球に届く光が太陽の表面の成分しか含まれていない理由は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

太陽中心から光が直接くることはないのでこっちは観測不可能. 実際には ppチェインで直接出るのはγ線で, これがその周囲で「吸収→再放出」を繰り返すことにより最終的に光球から出てきます.
コロナの方は単純に「太陽表面 (光球) から来る光の方が強いから見えない」だけで, 光球からの光が観測できない状態にすればコロナも見えます. 皆既日食のときにはちゃんと見えますし, 「コロナグラフ」という特殊な望遠鏡もあります.

Q次の計算をせよ。ただし、割り切れない場合は、四捨五入して、有効数字5桁で答えよ。 窒素原子 14N

次の計算をせよ。ただし、割り切れない場合は、四捨五入して、有効数字5桁で答えよ。

窒素原子 14N, 1個の質量は2.3253 × 10-23 gである。

炭素原子 12C, 1個の質量は1.9926 × 10-23で相対質量は12である。

12Cを基準に使って、14Nの相対質量を求めよ。

どのようにして求めて、どのような結果になるか知りたいです!

Aベストアンサー

何が、どこが分からないのですか?

「12Cを基準に使って、14Nの相対質量を求めよ」ですから

 12 * [ 2.3253 × 10-23 (g) ] / [ 1.9926 × 10-23 (g) ]
= 14.003613369・・・
≒ 14.004

を有効数字に気を付けて計算するだけです。

要するに、「炭素12を基準にした『原子量』を求めよ」と言っているのです。

Q地球上の重力加速度と地球、太陽、月、銀河の質量

子供のころ地球上での重力加速度は9.8[m/s^2]と習いました。
ここで地球、太陽、月、銀河系等の地球外の質量から受ける引力
(重力)は考えなくてもよいのですか?
もしこれらの重力が地球からの重力に対して無視できるなら
その理由を教えて下さい。

なお、宇宙戦艦ヤマトが地球から発進し、しばらくして
”地球の引力圏を離脱します”・・・と語られるのですが
どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

他の天体からの引力の小ささについてはNo.1さんの回答の通りです。

加えて,地球上で受ける太陽からの引力は地球の公転のために生じる
遠心力とほぼつりあっています。そこで地球上の太陽に近い側と遠い
側との引力の差のみ重力に影響しますので,その大きさは重力全体の
一千万分の一程度しかないのです。月についても同じで,月と地球の
重心のまわりに地球もまわっているので,月の引力は月-地球系の
公転の遠心力とつりあっていて,月側と反対側の引力の差が潮汐力
として影響を及ぼします。他の惑星や恒星,銀河の引力はとるに
足らないものですが,これらの天体の引力についても同じことが
いえます。たとえば,銀河系中心にはかなりの質量が集中している
と考えられていますが,地球は太陽系もろとも銀河中心のまわりを
公転しているのです。ですから,銀河中心から受ける引力は,この
公転の遠心力とつりあっています。

重力のままに落下する実験室内は無重力ですよね?これと同じことが
地球という実験室についてもいえるのです。この引力と慣性力との
つりあいこそが,地球上に他の天体の引力が影響しないことの最大の
理由といえるでしょう。重力に最も大きな影響を与えているのは,
地球自転の遠心力で,赤道上で重力全体の1/300ほどになります。

他の天体からの引力の小ささについてはNo.1さんの回答の通りです。

加えて,地球上で受ける太陽からの引力は地球の公転のために生じる
遠心力とほぼつりあっています。そこで地球上の太陽に近い側と遠い
側との引力の差のみ重力に影響しますので,その大きさは重力全体の
一千万分の一程度しかないのです。月についても同じで,月と地球の
重心のまわりに地球もまわっているので,月の引力は月-地球系の
公転の遠心力とつりあっていて,月側と反対側の引力の差が潮汐力
として影響を及ぼします。他の惑...続きを読む

Q地球の公転を証明する観測について

地球の公転を証明する観測の結果を教えていただけませんか?
どの様な方法で公転している事がわかったのでしょうか?
参考のURLでも結構です。お願いします!!

Aベストアンサー

「年周視差」はどうでしょうか。

http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/distance/distance.html

Q地球の公転速度に関して。

地球の公転速度について、万有引力を向心力とすると、
V=(MG / R)^1/2
という関係が得られますが、この式から、もし太陽の質量が増加した場合、公転速度が速くなることが導出されます。このとき、公転の半径(地球と太陽の距離)は小さくなるのでしょうか、それとも半径を変化させず、回転速度があがるのでしょうか?

回転系で考えた場合、速度とともに遠心力も増加して、重力との釣り合いを保ち続ち、半径は変わらなさそうと思ったのですが、重力が大きければ、太陽に向かって地球が動きそうなイメージもあるので、混乱しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とっても素朴な質問ですが、速度を速めるためのエネルギーはどこから出てきたのでしょう?

まぁ、太陽と地球の距離が近づく(ようは落っこちる)ことによって速度のエネルギーを得るしかないでしょうから、少し近づいて速度が上がり安定すると言うことでしょうね。

公転速度を上げるためのエネルギーの出所を失念してはいけませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報