熱電導率が0。60W/mkのガラスでつくった5mmの厚さの窓ガラス
と、同じ材料でつくった厚さ1。5mmのガラス板2枚で2。0mmの厚さ
の空気(熱伝導率2。5÷100W/mk)をはさんでつくった2重ガラス
とを比べた場合、両面に同じ温度差を与えたときに伝わる熱量の比はどうな
るか教えてください。

A 回答 (2件)

redbeenさんが回答されていますが、解決したのでしょうか?



たとえば、室内を30度、室外を35度として、計算してみました。
最近は暑いですから、最高いかナ!

ガラスだけの時は
600W/m^2
空気だけの時は(対流なしとして)
25W/m^2

質問の条件の場合では
60W/m^2
でした。
ガラスだけの10.2倍です。

注意:熱伝導率の単位の中のKは、Kelvinの頭文字ですから大文字です。
計算違いはないと思いますが、小生、よく計算違いをしいます。
そのときはご免ネ m(__)m
    • good
    • 0

単位時間、単位面積当たり伝わる熱量Qは



Q=K(T1-T2)/d

K:熱伝導率
T1,T2:板の両面の温度
d:厚さ

ですよね。

ガラスと中の空気の境目(2つ)の温度を未知数として、
上の式を使って方程式を立てれば解けるんじゃないで
しょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報