小学生から中学生の子どもたち約20名とバスででかけます。約2時間ほどの時間があります。子ども同士ほとんど初対面です。自己紹介もかねた簡単なゲーム、すぐ楽しく歌える歌など、おしえてください!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

自己紹介をかねたものですよね。

ゲーム感覚でこういったものはどうでしょう。
まず、あなたが自己紹介をして下さい。次に自己紹介をする人を適当に指名するんです。それを繰り返していって下さい。20人程度だとすぐに終わってしまうと思われるでしょうね。全員の自己紹介が終わったら、適当な一人指名して、質問を一つしていくんです。指名する人は何を聞こうかと悩みますし、指名される側は何を聞かれるかとドキドキして面白いです。ぜひ試してみては?
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみなさんの英単語の勉強法をおしえてください 参考にしたいのもありますがほとんど興味本位です

みなさんの英単語の勉強法をおしえてください 参考にしたいのもありますがほとんど興味本位です

Aベストアンサー

学校などでの覚えなければいけない単語なのであれば、ひと通りテストしてみて書けなかったところを重点的に復習して…って感じです!
特に指定されていない時だと、洋楽や洋画が好きなのでそれでちょっとずつ覚えています(。• •。)و

Q小学生~中学生、献血と骨髄バンクどちらが理解しやすい?

得意のイラストを用いて、献血と骨髄バンクについてサイトで説明していこうと思っています。
小学生高学年くらいから説明していきたいと思いつつ、イラストを使って説明していきたいのですが、献血と骨髄バンク、どちらが理解し興味を持ちやすいでしょうか?
(文章はわかりやすくする予定です)

小学生~中学生の子供を持つお子さま、または教育者様のご意見をお聞かせ下さい。
ちなみに資料は献血ルームからいただいています。
(許可ももらっています)

追伸・小学校時代の担任に聞いたら献血がいいのでは?といわれました。

Aベストアンサー

ずばり、献血でしょう!
一人の人間に絶対数必要な量が決まっているものですからね!

骨髄バンクは、より人間について知識が芽生える思春期において、
お知り合いの経験等に沿いながら、第三者的な話され方でしてみれば道でしょうか?

頑張ってくださいね!

Q貧しい子どもたちに「いじめ」という概念がないのは何故?

野ブタをプロデュースというドラマで、
登場人物がアフリカ(←多分)の貧しい子どもたちの写真を見ながら、「この子たちには”いじめ”という概念がないの」みたいなことを言っていました。
これは何故なのでしょうか?
生きることに精一杯だからでしょうか?

Aベストアンサー

野ブタをプロデュースというドラマを見ていないのですが、(あんまり興味がわかなかったので・・・)
貧しい子供達にいじめが無いわけではないでしょう。
但し、いじめという概念が無いというのは、弱肉強食の世界に生きる彼らにとって弱いものを糧にして生きるのが普通だからではないでしょうか?
ドラマでどの様な取り上げ方をしたか、原作でどの様な取り上げ方をしたかは分かりませんが、貧しい子供達にいじめが無いわけではないです。助け合って生きる中でもより原始的な社会の中では、鶏のように、弱いものから死んでいきます。それは、群れ(社会)の中の一番弱い者をいじめることでストレスをなくそうとする考えが、動物の合理的な行動の一つとなっているからです。教育をきちんと受け、いじめが人間としてやってはいけないと言うことを知るまでは、彼らはそれがいけないことだと知らないだけでしょう。

Q社会的な物事を小学生・中学生にも分かるように説明するとき・・

時事問題、環境問題などの社会的な問題に対し、それがどのような性質の問題であるかについて小学生や中学生に分かるように説明するとき、あなたならどのようなことを心掛けて説明を行いますか?

回答には、具体的な問題を挙げてお答え頂いても、あらゆる問題に共通して行える方法をお答え頂いても構いません。

質問が抽象的でお答えにくいかもしれませんが、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それらの問題が、彼らの生活に、いかに直結しているか、というところに重点をおきます。

健康が害される(環境問題)、家族が害される(戦争)、毎日食べることができなくなる、学校に行くのもこんなになる、言いたいことが言えなくなり、自由がなくなる。親の仕事がなくなる。

こんなことを、実例をふまえてお話します。

Q小学生(中学受験生)の家庭教師、するべきか、しない方が良いか?

小学生(中学受験生)の家庭教師、するべきか、しない方が良いか?

私は、中学生以上の家庭教師や個別指導塾の講師は経験あるのですが、小学生(中学受験生)の家庭教師はしたことがありません。

私はこのことについて、以下の通りふたつの対立する考え方を持っています。

1.何事も経験しないとスキル等が身に着かないから、思い切ってやってみるべき。
2.その子の人生にも関わることだから、指導未経験の私がやらない方が良い(今はこちらの方が大きい)。

そこで質問ですが、みなさまでしたら、どのように考えられますか?
一般の方のご意見も参考にしたいと思い、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自身が中学受験に詳しいか、その子よりも上位の中学への受験経験でもない限り、受けるべきではありません。
ご質問内容での心配以前の問題として、高校以上の知識で解ける問題を、小学校の範囲で解いていくだけの技量がありますか? 中学以上の教育とは一線を画していますよ。
数学の例でいうと、中学教科書レベルの方程式の問題の多くを、方程式を使わない算数の世界の問題で解けるだけの技量がないと、その子の質問に即答できない可能性が高いです。
技量があり、その中学の受験状況に詳しいなら、とても良い経験ができると思いますので、挑戦してみることです。親御さんの悩みにも回答する必要がある、とてもよい経験が詰めると思いますから。塾だと、面談くらいしか経験しないと思いますが、お客さんが悩む現場に関われるのは貴重な体験ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報