痔になりやすい生活習慣とは?

女性が身を引き締めるためには減量より筋トレがいいと聞きましたが、具体的にどのような手順で筋トレを行えばいいのでしょうか。

全身を引き締める目的で体重の増減は気にしないと仮定してアドバイスください。
日課にしたいと思います。

A 回答 (5件)

まずは姿勢を正すことから始めましょうか。


太っている人の多くが、姿勢が悪いんです。
姿勢を正すことは体に負荷が生まれますので、それだけでも筋トレになります。
あとはストレッチですね。
体を柔らかくすることも筋トレになりますし、ケガになりにくく有効ですね。
家の中で日々習慣化できたら、歩くことから始めましょう。
心拍数を上げ過ぎないように、いつでも話せる息遣いで歩くことが大事ですね。
年齢にもよりすぐに結果が出ないかもしれませんが、痩せやすい身体作りをしていきましょう。
身体が出来たら皆さんがおっしゃっているような、本格的な筋トレを導入するか検討してください。
    • good
    • 1

太ってるなら筋トレは痩せるための運動として非効率的ですよ。

筋肉つけると痩せやすくなるってのはもうほんと何年も何年もアスリートと同じかそれ以上のトレーニングと食事を継続してやっとほーんのすこしだけ得られるもんなんです。
ましてや筋肉が体を締め付けて脂肪が見えなくなるわけでもありません。

食事の内容を見直してバランスよく三食とる事と、日々ランニングなどの有酸素運動をする事を心がけましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

お礼日時:2019/01/18 15:42

筋トレの入門書としてこちらをお勧めしておきます。



スロトレ
https://goo.gl/a6E4yL

なぜ筋トレで脂肪が落ちるのかなど、詳しく説明されています。はじめての方であれば、こちらの本に載っているように行うことで体が引き締まっていく効果を実感できると思います。

ただしこれだけ続けていれば際限なく引き締まっていくというわけではありません。慣れるに従い、効果は無くなっていきます。最初の回答者さんが書いてらっしゃるように、バーベルやダンベルで荷重した筋トレのほうがはるかに効果は大きいです。筋トレの効果は、回数や継続以前に、重さが重要。重ければ少ない回数や少ない頻度でも数ヶ月で劇的に変わりますが、内容が軽ければ何年続けても変わりません。

ちゃんとやりたいようなら、併せて下記をお勧めします。
最初に紹介した本はどちらにしても読んでおいたほうが良いです。

ダンベル
https://goo.gl/Xe3d2C
マニュアル
https://goo.gl/ifLQCk

効果的な筋トレは、ホームページやQandAサイトですぐ学べるほど簡単ではありません。フォームもテンポも意識も重要だし、本の1冊や2冊は読まないと効果的にはできないです。それで基本を押さえてから、さらに疑問があった場合にネットで質問すると良いと思います。




ちなみに女性が引き締まる筋トレと、男性ボディビルダーがムキムキに筋肉を付ける筋トレは、基本的に同じです。女性用のトレーニング方法があるわけではありません。

女性ホルモンには、筋肉を付きにくくして皮下脂肪を付ける働きがあるため、同じトレーニングをしても男性のようにはなりません。女性らしい体にしかなりません。
また、ボディビルダーは3倍ぐらいモリモリ食べて筋トレしているのであのように筋肉が付きますが、普通の食事量では、たとえ男性でも、同じトレーニングをしても筋肉は殆どつかず、引き締まっていきます。筋トレして太くなっていくようなら、食べ過ぎなので少し減らさなければいけませんけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

お礼日時:2019/01/18 15:42

身を引き締める為に適する事は、筋トレがいいですね。


筋トレは体脂肪の分解の消費をしますので、減量にもつなげる事もできます。

全身を引き締める目的で体重の増減は気にしないと仮定して話しますね(^_-)-☆
まず筋トレとは何があるかといいますと、
大きく分けて、
・自重(自分の身体のみの重さ)の筋トレと、
・バーベルなどなどの重量を使っての筋トレがあります。

具体的な手順を3つに分けてみました。
身体を引き締める事が目的ですと、家で手軽にできる自重の筋トレをおススメしたいですね。

★具体的な手順1
 (筋トレをやる手順(順番)としては...)
【重要な箇所(面積の大きい箇所)から筋トレをやると効率よくトレーニングできるといいます】(これをプライオリティーの原則といいます)

例えば背中と胸で考えますと、背中の方が面積が広いので背中の方の筋トレをやってから、胸の筋トレをします。
そうしますと広い面積の方が筋肉を使いますので、初めにやった方が効率よくいくという訳ですね。

例えば、極端な話し手首の筋トレから一生懸命にやりまして、かなり力を消費します。
...そして最後に面積の広い背中の筋トレをします。と、

背中の面積が広いほど筋肉の面積も広いため、それだけ多大な筋力を消費します。
でも、その前に他の箇所で筋力はかなり消費されているので疲れ果てています。
そうなりますと面積の広い背中の筋力分を、筋トレで発揮できないという事なんですよね。
それもそのはず身体は一体化しているからですね(-。-)y-゜゜゜

ですので重要な箇所(面積が大きい箇所)から筋トレをやった方が効率がいい事になります。
もし重要な箇所というのが、最も引き締めたいお腹ならば腹筋から思い存分やって下さい。
これが具体的な手順ですね。

★具体的な手順2
 (回数と時間の手順としては...)
自分の限界の一歩手前でいいと思います。
それからだんだんと回数は増やしていけば面白さが増しますよ。
でも、今日は何か少しだけ疲れているの時は減らして下さい。
そこは臨機応変でいいですね。
何よりも筋トレは、回数よりも継続ですからね(^◇^)

これは慣れてきた時に、無理せずやるといいです。
それはスロートレーニング(呼称スロトレ)です。
回数は関係なしに自分の限界まで筋トレをする事が筋肉が、さらに付きやすいですよ。

例えば腕立て伏せなら、ゆっくりスローで腕立て伏せをやります。
「もぅダメだ(>_<)」となりましたら、「ラスト1回だ(-_-メ)」と心を鬼にしてラスト1回をゆっくりやります。
これが筋肉が付く要因ですね。1度試しにやってみて下さい。
でも無理は禁物です。無理しますと怪我の恐れがありますからね。

★具体的な手順3
 (筋トレメニューの手順としては...)
【筋トレ】
●スクワット…足を肩より少し開いて、腰の上げ下ろしです。
●背筋…仰向けになり、腰を上げます。余裕があれば、片足も上げて下さい(この形で数秒~数分です)
●腕立て伏せ…うつ伏せになって、手を肩より少し開いて床に置き、膝を上げ、体を上下させます。
●腹筋…仰向けになり、膝は立てて置き、胸の裏側の背中から頭を上に上げ、目線はおへそです。そして胸から頭を上下させます(ゆっくりや、早くや、時たま止まって下さい)
●首筋トレ…仰向けになり、首だけを上げます。左右上下に動かすといいですよ(この形で数秒~数分です)
●カカトの上げ下ろし…壁に手を置き足の親指に力を7割入れて、他の指に3割力を入れてカカトを上下します。(慣れて来たら片足づつやりますと効果的です)
 (このカカト上げの筋トレは、ねんざの予防にも役立ちますよ)
この日は疲れていて、やる気は少しあるが、でも...の時は、 今日はこれと!これと!にしようという自由な具合でいいですよ。
臨機応変に楽な気持ちで楽しみながらやる事が、
長続きさせるコツですね(^_-)-☆
それに毎日はやらなく、疲れた日は休養日にして下さい。
その休養日に、身体の中で筋肉がつくられるんですよねぇ。

毎日やる事を日課にしてしまいますと、毎日は疲れに疲れ果ててしまって、
筋肉にある筋グリコーゲンという筋肉を強く使う時のエネルギー源が不足になってしまいます。

そうしますと「だるいよ~(._.)」「身体が重いよ~(◞‸◟)」「何もやりたくないよ~(>_<)」になりますので、疲れたらいつでも休んで下さい。
そして野菜・フルーツのミックスフレッシュジュースとか、果汁100%オレンジジュースとか、豆乳...が、
インシュリンの分泌を盛んにして1.5倍のフル回転で速くに筋グリコーゲンを復活させてくれますよ。
※運動する前は、ウォーミングアップ(運動前の準備体操とストレッチ)とクールダウン(運動後のストレッチ体操)も、やった方が怪我のリスクも低く身体が健康的になりますよ。
(ストレッチは痛いのに無理して伸ばさないで下さい。徐々に柔らかくしていって下さい)
他の手順で、何か聞きたい事がありましたら質問ください。回答しますね(^。^)y-.。o○
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

お礼日時:2019/01/18 15:42

現在のあなたの体型にもよるでしょう。


「引き締めたい」との事ですから、おそらく標準体型をオーバーした体型と言う事なのでしょうが、相当な肥満体型なのか、標準を少しオーバーした程度なのか・・・。

前者であるなら、当然の事ながら、食事管理と筋トレの併用。
後者であるなら、食事はそのままで、筋トレ。

トレーニングの内容は、中~高負荷のトレーニングをお勧めします。
中途半端な知識のジムトレーナーはやたらと低負荷のトレーニングや有酸素を勧めるでしょうが、実際には中~高負荷のトレーニングを行う方が間違いなく仕上がりは良いはずです。

中~高負荷トレとは、8~15回程度で限界を迎える負荷のトレーニングです。
女性の場合、相当ハードにトレーニングしても簡単にはマッチョになる事はあり得ませんので、「マッチョになるのは困る」と言う心配は無用です。

鍛える部位としては
・大腿部
・広背筋
・大胸筋
身体の中で最も大きな筋肉群である、これら三つの部位に加えて腹筋のトレーニングを。
その他、腕、肩などの小さな筋肉のトレーニングは必要ないです。

【大腿部】
・バーベルスクワット
・レッグプレスマシン
・レッグエクステンションマシン
・レッグカールマシン
【広背筋】
・ラットマシン
・ロウイング系のマシン
【大胸筋】
・ベンチプレス
・ダンベルプレス
・ダンベルフライ
・チェストプレスマシン

これらの種目が基本になると思いますが、各部位2種目程度を気分によって選べばよいでしょう。

いずれにしても「ただ単にやっている」だけでは効果は薄く、しっかりとターゲットに効かせられる事が大切。
ですから、フォームの指導を最初の内に経験者に仰いだ方が遠回りにならないと思います。

「女性の引き締めには有酸素」とか「高負荷トレーニングは必要ない」とか言う人が多いですが、実際のところ「きれいな身体」を目指すのなら、上記で説明したトレーニングを行うべきです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます!

お礼日時:2019/01/18 15:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二カ月半以上 筋トレを筋肉痛になるまで頑張ったけど 余り 変わらないです、ステロイドを使ってる人はす

二カ月半以上 筋トレを筋肉痛になるまで頑張ったけど 余り 変わらないです、ステロイドを使ってる人はすぐに 筋肉つくみたいですけど
ナチュラルで筋トレして プロテイン 、プロテインバー、サプリメントを飲んだり 食べたりしましたけど、バカみいで 筋トレを
やめました、努力してもステロイドを使ってる人のように 筋肉はつかないし、ナチュラルで3から4年 筋トレしても たいして変わらないと思いますし、ナチュラルのマッチョとか 腕に力を入れない限り 筋肉が見えない 一般人と変わらないじやないですか、ステロイドを使ってる人は腕に力を入れてなくても 筋肉があるって 分かりますよね?
プロテインとかに お金 かかりすぎて 貯金もできませんでしたし 本当にナチュラルで筋トレするのは 時間の無駄ですね、

ステロイドなしで頑張ってる人は可哀想だと思います、ステロイドを使ってる人は本当の事を言いませんから、食事と筋トレで彼らみたいになれると信じさせるので 酷いですよね?
写真の人はステロイドを使ってる人です。

Aベストアンサー

2ヶ月では変わらないのでは?同じような質問ばかりされてますね、恥ずかしくありませんか?だらしない体を鍛えてカッコよくなりましょうよ。頑張りましょう。応援してます。

Qみなさんの筋トレ前の食事について教えてください。 何を食べてますか?

みなさんの筋トレ前の食事について教えてください。
何を食べてますか?

Aベストアンサー

【マラソン前には炭水化物!をイッパイ食べよう!筋トレ前にはたんぱく質!をイッパイ食べよう!】という言葉をよく耳にします。
炭水化物というのは、身体の原動力となる栄養源です。
ごはん、ぱん、もち、さつまいも...
ですからマラソンですからスタミナです。
そうしますと身体の原動力になる炭水化物が必須です。
でも炭水化物は消費しなければ、余った分だけ体脂肪化してしまいますけどね。

ちなみに健康な人は一日に摂取する炭水化物の割合は、50~65%と言われています。
ですから多く摂り過ぎると体脂肪化になって、少なすぎると病気を引き起こしますね。


そしてたんぱく質は、筋肉自体が主にたんぱく質で構成されてます。
ですので筋トレ前にはたんぱく質を摂る事といわれています。

それに例えば過激すぎるダイエットをしている人がいますと、
その人のお腹の中で、炭水化物不足になりますと、
人間の身体は生きていく為に(たんぱく質)と(体脂肪)からエネルギー吸収しようとします。

(たんぱく質)は、筋肉の構成成分ですので、筋肉量も減少してしまいます。
当然力が減少してしまう事になってしまいます。

そして体脂肪の方は、痩せていいようにみえても炭水化物が消費されてからのエネルギー消費ですので、
最悪ケント酸が多量に分泌され、そして血液中を酸性化させます。
そしてケント血症という糖尿病に匹敵する怖い病気の発病が予想されています。
ですからダイエットも限度を超えると最悪状態にも成り兼ねませんね。


そこでたんぱく質をエネルギー消費してしまうと、筋肉量が減りますので細くなってしまいます。
それだけ、たんぱく質と筋肉は密接なつながりがあるんですよね。

ですからたんぱく質を筋肉のためにイッパイ摂って下さい。
もちろん他の成分(食事)もですね。
要は好き嫌いなしに、筋トレ分をしっかり食べていれば鋭く締った筋肉がついてきますよ(^。^)y-.。o○
ちなみに、たんぱく質と言えば(牛ひれ・牛もも・サバ・サケ・マグロ・カツオ・豆乳...)などなどです。

【マラソン前には炭水化物!をイッパイ食べよう!筋トレ前にはたんぱく質!をイッパイ食べよう!】という言葉をよく耳にします。
炭水化物というのは、身体の原動力となる栄養源です。
ごはん、ぱん、もち、さつまいも...
ですからマラソンですからスタミナです。
そうしますと身体の原動力になる炭水化物が必須です。
でも炭水化物は消費しなければ、余った分だけ体脂肪化してしまいますけどね。

ちなみに健康な人は一日に摂取する炭水化物の割合は、50~65%と言われています。
ですから多く摂り過ぎると体脂...続きを読む

Q体重が変わらず、トレーニングで扱う重量は少しずつ伸びています。 普通なら身体の見た目がよくなるはずで

体重が変わらず、トレーニングで扱う重量は少しずつ伸びています。
普通なら身体の見た目がよくなるはずです。
にもかかわらず、なんか、小さくなってます。写真で確認したのですが、前の身体の方が、明らかにデカイです。カットもしっかり出てます。
今は、使用できる重量こそ伸びましたが、肝心の身体は縮んでます。これでは意味ないです。
そして周りからも細くなったと言われました。どうすれば良い変わりません。
ボディビルのトレーナーさんからは、使用重量伸びてるなら全く問題ない、気にしすぎ。とご指摘いただきました。
でも、トレーニングも、明らかに筋肉に効いてません。
重くしすぎて効かず、小さくなってしまったのか、絞れてシャープになったのか、どちらなのか(後者ならいいが)わかりません。
気にしすぎでしょうか

Aベストアンサー

筋肉の周りに脂肪があります。
筋力がつくと筋肉が大きくなるので周りの脂肪を押し広げますので、見た目はデカくなります。
運動を続けると、脂肪が減るので、外に膨らんだ分が減っていくので、見た目は細くなっていきます。
ここで筋肉を太く増大させる運動をして、筋肉が皮膚を押し広げるような運動に切り替えます
そうやって筋骨隆々な身体になりますので
今の運動を、そのまま続けてください
トレーナーの言う通り重量が伸びているのなら、問題ありませんから
更に筋肉量が増える運動を続けてください

Q筋肉は部位によって回復する時間が違うといいますが、自重トレの場合、毎日行っても構わないのでしょうか?

筋肉は部位によって回復する時間が違うといいますが、自重トレの場合、毎日行っても構わないのでしょうか?

Aベストアンサー

そこの筋肉を筋トレで使えば使うほど他の筋肉よりも回復が確かに遅くなります。
要は、筋肉が疲れているか否かの問題ですね。
あとは、面積が広い筋肉ほど、回復する時間がかかりますね。
背中と胸でしたら背中の方が面積が広いです。

でも回復は、例えば2時間の間で、自分のギリギリまでの筋トレをやり続けましたら、
48時間(2日間)の休養で回復すると言わています。

その間に、体内の内分泌器官という所から筋トレ後に、さまざまなホルモンが分泌されます。
例えば成長ホルモン分泌されます。
そして筋トレで筋肉にキズが付きます。
そのキズを、成長ホルモンが治してくれます。
でも負けず嫌いの筋肉は、その成長ホルモンを使って、
「もっと今までより強い、ひと回り大きい筋肉を作って、もぅキズが付かせねぇぞ~(-_-メ)」という負けず嫌いの所があります。
ですから筋肉の回復後に何か強くなって来ていると何となく感じます。

そしてその回復の繰り返しで、見た目で明らかに分かる太く強い筋肉が生まれます。
大体変化が分かるのは2~3ヶ月後くらいですね。

その48時間(2日間)は筋肉の休養中です。
その休養がなければ筋肉は思ったほどつきませんね。
それどころか、大きくなる筋肉が逆に、疲れで小さくなってしまう事もあります。

そして精神的にも「疲れたなぁ~(◞‸◟)」「何か身体が重いなぁ~(._.)」...の症状になってしまいますね。
もしこの類の症状が出たら疲れていると思って下さい。
すぐ疲れが取れるまで休養して下さいな。

それと何よりも怖い事が怪我が起こしやすい身体になってしまいます。
怪我をしてでも、無理してやっているとその怪我が治らなくなってしまって...悪循環サイクルの始まりです。
もし怪我をしてしまったら文句なしに治るまで休んで下さいな。

回答としては、バーベルの重りを使っている時はもちろんの事、
自重トレの場合も休養は必要です。毎日はやらないで下さい。
3日に1度か、1日置きにやるか、自分の身体の疲れ具合で判断して下さい。
ん~ん~!でも例えば一日、腕立て伏せを2回しかやらなければ、毎日やった方がいいですね。
かと言って、オーバートレーニング(けいれんを起こすぐらいの筋トレやり過ぎ)には気を付けて下さい。

充実した筋肉がつく3要素があります。
それは、筋トレを十分気持ちよく頑張った【ストレス】と、筋トレ後の休養による【回復】と、好き嫌いなしの充実した3食の【栄養】
これを気にしていれば104歳の老人でも筋肉がつくと立証されているという実験観察もある位なんですよねぇ(^。^)y-.。o○

そこの筋肉を筋トレで使えば使うほど他の筋肉よりも回復が確かに遅くなります。
要は、筋肉が疲れているか否かの問題ですね。
あとは、面積が広い筋肉ほど、回復する時間がかかりますね。
背中と胸でしたら背中の方が面積が広いです。

でも回復は、例えば2時間の間で、自分のギリギリまでの筋トレをやり続けましたら、
48時間(2日間)の休養で回復すると言わています。

その間に、体内の内分泌器官という所から筋トレ後に、さまざまなホルモンが分泌されます。
例えば成長ホルモン分泌されます。
そして筋トレ...続きを読む

Qプロテイン飲みながら筋トレしていいの?

プロテイン飲みながら筋トレしていいの?

Aベストアンサー

トレーニング最中、及びインターバルにおいてのプロテインの摂取はオススメしません。
トレーニング中は内臓への血流が悪くなりますので、効率よくタンパク質の吸収が行えなくなりますし、消化不良を起こす場合もあります。
プロテインの摂取はトレーニング中以外に行うのが望ましいです。

トレーニング中は体への吸収率が良く内臓に負担をかけないBCAAやマルトデキストリンを摂取すると良いです。

Q腹筋について…

毎晩旦那と交代で足を押さえて、
腹筋をしています。

で、旦那は体力をつかう仕事をしていて、
力があるはずなのに、
腹筋の回数は私より出来ません。

それって、
私が間違えた力をいれて起き上がる
腹筋を回数だけこなしているっていうこと
ですよね?

次の日も筋肉痛もスクワットほどならないし、
背筋もやってても生活に支障のない微妙な筋肉痛です。

スクワットも背筋も腹筋も、
私のほうが出来るって、
私のやり方に問題がある気がしてたまりません。

ただ、旦那は腕と足をよく使う仕事なので、
腕立て伏せは、私は勝てません。

旦那が腹筋・背筋・太ももを鍛えだしたのは最近で、
私はたまに家で一人で筋トレしてる
っていう回数は、私の方が多いです。
ただ、旦那のように毎日外で歩き回って、
荷物を上げたり下げたりのような動きは
私はしてないので、体力は圧倒的に私はありません。
持久力も。

私は効果が上がるように
形とかも自分で確認して、
力が入るように、回数じゃなくて、
効果が出るように丁寧に筋トレしようとしてるのですが、
旦那より回数が上回ります…

筋肉がきちんとついているっていうことですか?
それとも間違えたやり方をしてるということでしょうか?

旦那の見た目は筋肉質で、
私は普通の運動してない人のような体で、
私と旦那のBMIは一緒です。18くらいです。

私は暇なとき、頻繁に筋トレはしてるのですが、
私はそんなの気休めだと思ってるし、
効果があるとは思わないのですが。
そんな気休め筋トレでも、暇なときやってたりすると、
効果があるんですか?

あります!って回答があったら嬉しいなと思う一方で、
どうしても自分の筋トレ方法が、
怪しくてたまりません…

筋トレでもやり方おかしかったら、
いっぱいできますよね???(-_-;)

毎晩旦那と交代で足を押さえて、
腹筋をしています。

で、旦那は体力をつかう仕事をしていて、
力があるはずなのに、
腹筋の回数は私より出来ません。

それって、
私が間違えた力をいれて起き上がる
腹筋を回数だけこなしているっていうこと
ですよね?

次の日も筋肉痛もスクワットほどならないし、
背筋もやってても生活に支障のない微妙な筋肉痛です。

スクワットも背筋も腹筋も、
私のほうが出来るって、
私のやり方に問題がある気がしてたまりません。

ただ、旦那は腕と足をよく使う...続きを読む

Aベストアンサー

一通り読みました。
そうですね。
スクワットも、背筋も腹筋も、ゆーーんさんの方が筋肉が増していますね。
それは暇な時にやる筋トレが”カギ”ですね。

筋肉がつく3大要因があります。
それは筋トレによる疲れの【ストレス】・筋トレ後のゆっくりとした【休養】・筋トレ後の栄養ある【食事】です。
この【①ストレス】・【②休養】・【③食事】が筋肉がつく3大要因です。

①ゆーーんさんは、暇な時にやっている筋トレです。
 でもすごっく汗が出るし、呼吸も結構大変みたいですので、
 効果がでるように、回数ではなく丁寧にやっているみたいです。
 という事はスローみたいなトレーニングですと、なおさら筋肉がつきやすい筋トレですね。
 そして文中には自分の限界を超えると筋肉痛になるという事は、かなりの負荷があります。
 筋肉がつく3大要因の十分な【ストレス】が、毎回身体に負荷を与えているという事です。

②そして暇な時の筋トレは、毎日毎日筋肉のギリギリまでやっている訳ではないですし、
 奥さんですから、力を毎日よく使う仕事をしている訳でもないと思います。
 つまりゆっくり休む時間はあると思います。
 つまり3大要因の十分な【休養】が取れます。

③食事も、一生懸命に働いてくる旦那の為に、イッパイの栄養ある食事を、ゆーーんさんが作りますので、
 ですから3大要因の十分な【栄養】も満たす事になりますね。

つまり【①ストレス】・【②休養】・【③食事】の3大要因を全て満たしています。
女性より男性の方が遺伝的性質で筋肉質の身体です。
でも正式に筋トレをしている女性と、筋トレをやっていない男性とは当然差が生まれるんですよねぇ。
パラリンピックの身体障碍者のオリンピックでも、一般的に健全な人はかないません。
なぜならば一生懸命にトレーニングをしているからです。
それと同じですね。

でも旦那さんの方が腕立て伏せは強いようですね。
それは仕事で、直に腕を使っているからです。
荷物を運んだりするんですかねぇ。
毎日の負荷ですから、疲れで筋肉も付きにくいという所がありますが、一日中重りを持っている訳ではないですので、
また重量も全てが重すぎる重量ではないと思います。
ですからある程度の腕の筋肉はつきそうですね。
それに女性と比ての筋肉質の男性という事から腕立て伏せは旦那さんが勝ったという事です。

でも旦那さんは、スクワットと背筋と腹筋は直には使っていません。
ですからスクワットと背筋と腹筋はつかない訳ではないですけど、大きな筋肉は付きにくいですね。
総合すると旦那さんは腕の【ストレス】はありますが、【②休養】がないですね。でも【③食事】は満たしています。

ですので、その腕立て伏せの鍛え方によっては、いつか奥さんが旦那さんを超えると思いますね。
回数は数えないで、スローで腕立て伏せをやりますと筋肉がつきやすいですよ。
途中で止まったりしても下さい。スロートレーニング(呼称‐スロトレ)といいます(科学的に証明されている筋肉がつきやすい筋トレです)


それからやっている腹筋は、昔からある上体起こし腹筋ですかねぇ!?
そうだとしたらいつか腰を痛める要因の筋トレ方法ですね。

ですので安全な腹筋方法を紹介しますね。
1度試しに旦那さんとやってみて下さいな(^◇^)
A【腹筋】
①仰向けになって、膝は立てて足の裏は床に付けて下さい。
②みぞの裏の背骨ぐらいまで、首を床から上げます。
③手は、両手とも後頭部で組みます。
④目線は、自分のおへそあたりです。
⑤そして胸~頭を、ゆっくりとか早く上下させたり変化しながら、苦しい位置でストップしたり色いろ動きます。
※これを数十秒間~数分間を繰り返します。それか自分の限界までやり続けるかして下さい。それをセットでやるといいですよ。
 数は自分の体力に合わせて決めて下さい。苦しいですが、それが筋肉が付いてきている要因ですよ。
 でも初めは、無理は禁物です。

B【腹筋2】
①仰向けになって、膝は立てて足の裏は床に付けて下さい。
②左手を床に付けます。
③左足の足首を右足の膝あたりに掛けます。
④右手を後頭部に当てます。
⑤左足の膝の方向へ体をひねりながら後頭部にある右手の肘を、左足の膝目安に持ちあげます。胸の裏側位の背中位までしか上げないで下さい(膝に肘がつかなくてもいいです)
⑥そのひねりが強ければ強いほどいいですよ。
※そしてゆっくり数秒~数分間を繰り返します。それか自分の限界までやり続けるかして下さい。それをセットでやるといいですよ。
数は自分の体力に合わせて決めて下さい。これも苦しいですが、それが筋肉が付いてきている要因ですよ。
でも初めは、無理は禁物です。
 (逆も同様にしてやってみて下さい)
《腹筋をやれば、背筋も・・・》のことわざ通り、表があれば裏もあります。
表裏やる事が健康的にいいんですよ(^_^)/~

C【背筋】
①仰向けになって、膝を立てて足の裏を床に付けて下さい。
②手のひらはチョッと開いて床に付けて下さい。
③腰を上げて下さい。これが背筋です。
 (余裕がある時は、片足をあげれば、それだけ大変になりますよ)
※数秒間~数分間をあげていて下さい。それか自分の限界までやり続けるかして下さい。それをセットでやるといいですよ。
数は自分の体力に合わせて決めて下さい。
でも初めは、無理は禁物です。

今のやっている筋トレ方法で鍛えていって下さい。
そしていつか近い将来に腕立て伏せで、旦那さんを超えられる事をイッパイ願ってやみませんね(^。^)y-.。o○

一通り読みました。
そうですね。
スクワットも、背筋も腹筋も、ゆーーんさんの方が筋肉が増していますね。
それは暇な時にやる筋トレが”カギ”ですね。

筋肉がつく3大要因があります。
それは筋トレによる疲れの【ストレス】・筋トレ後のゆっくりとした【休養】・筋トレ後の栄養ある【食事】です。
この【①ストレス】・【②休養】・【③食事】が筋肉がつく3大要因です。

①ゆーーんさんは、暇な時にやっている筋トレです。
 でもすごっく汗が出るし、呼吸も結構大変みたいですので、
 効果がでるように、回数では...続きを読む

Q朝、 30分くらいウォーキングと 筋トレ どちらが痩せますか??体が引き締まりますか?!

朝、
30分くらいウォーキングと
筋トレ

どちらが痩せますか??体が引き締まりますか?!

Aベストアンサー

筋トレとウォーキングでは効果が違いますからね
ただ、どちらか一方というならば筋トレをお勧めします、筋肉が増える=大きなエンジンを車に積むのと一緒で、パワーが上がる分燃費の悪い体になります。
燃費が悪くなればそれだけ痩せやすい体質になるし、太りづらくなる、腰痛や肩こりの解消などにも繋がるし、まずはそこから初めてはどうかと思います。
まぁといっても有酸素運動&栄養の摂取も考えないといけないと思いますけどね、三種の神器じゃないけど、やはり3つしっかりコントロールするのが鉄板ですし

NO1のかたも書いているけど、体重には惑わされないことです
綺麗で健康な体がほしいのか、体重は下がっったけどなぜか脂肪体型のままの体がいいのか、そこを間違えないことでしょう
ダイエットは生活習慣の見直しです、痩せるためだけに一時的にがっつりやるような手法はリバウンドとデブのもと、ずっと継続できる形で自分にあった物を探すといいでしょうね

Q筋トレを行なっていますが、一向筋肉が成長しません。内容が足りないのかもしれませんが、ジムの方からは最

筋トレを行なっていますが、一向筋肉が成長しません。内容が足りないのかもしれませんが、ジムの方からは最低体脂肪率が15パーセントくらいはないと着いていかないよ。と言われました。現在は増やして10%ほどにはなりましたが、体脂肪率が最低どれくらいはないとつかないのでしょうか?本当に15%くらいはないとダメなのでしょうか?因みに毎日筋トレ一部位1時間ほど、有酸素運動でランニングを8キロほど走っています。どうなのでましょうか?

Aベストアンサー

体脂肪率15%ぐらいないと筋肉がつかないという事は無いです。ジムのトレーナーがそんなことを言うとは思えませんので、勘違いか聞き間違いじゃないでしょうか?

例えば、筋肉というのは太りながらしか付けられません。いくら鍛えても痩せながら筋肉を付けるのは不可能です。ただし体脂肪率が高い場合は、体重を増やさなくても筋肉を付けられる場合があります。体脂肪率が高くないと付かないってのは、その事を言っているんじゃないでしょうか。

それと、有酸素運動は筋肉の発達を阻害しますので、毎日8kmも走っているとしたらなかなか筋肉は付かないと思います。ランニングをやめて、あるいは20分程度に減らして、食事を少し増やして体重を増やしつつ筋トレしましょう。

筋トレの負荷は足りていますか?
十分にカロリーを摂っていて、筋トレの内容が適切で、余計な有酸素運動をしなければ、効率よく筋肥大すると思います。

Q毎年マラソンを走っているおっちゃんです。年のせいか?代謝が悪くお腹回りの脂肪が落ちません。代謝を上げ

毎年マラソンを走っているおっちゃんです。年のせいか?代謝が悪くお腹回りの脂肪が落ちません。代謝を上げる方法があれば誰か教えてください。

Aベストアンサー

年のせいもあると思いますが、マラソンをずっと続けているのもありますね。

マラソンを走るには、エネルギーを節約して走れる燃費の良いカラダが好都合です。がんがん脂肪が燃える体ではすぐエネルギーが枯渇してしまい、長時間の持久運動は大変です。そのためジョギングやマラソンなどを日課にしている人は、代謝が下がり、脂肪が落ちにくくてため込みやすい省エネな体へと適応していきます。

↓有酸素運動で代謝が低下していく事ついて、こちらに詳しい解説があります。

●有酸素運動で減量した人が“リバウンドしやすい”のは科学的な理由があった
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/040200001/072700033/

●有酸素運動は筋肉減らす、筋肉の常識
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO81101440Z11C14A2000000?channel=DF260120166503

↓質問者さんと同じような体験談のブログを見つけたので併せて紹介しておきます。

●走れば走るほど痩せにくくなる!! 〜「ランニングでダイエット」の罠
https://www.ttcbn.net/bodynmental/83318

マラソンでは強い筋力は不要ですし、筋肉は重くて持久運動の妨げになります。そのため、軽くてエネルギー源になる脂肪はよく溜め、重くて邪魔な筋肉は減っていき、付きにくくなるわけです。特に、毎日走っていたり、1時間以上有酸素運動を続けていたりすると、その影響は顕著です。マラソンが趣味であればしかたのないことですが、上記は頭の隅にでも入れておいてください。


一方、強度の高い無酸素運動いわゆる筋トレでは脂肪の代謝が上がります。

GH(成長ホルモン)と言って脂肪を強力に分解するホルモンがあります。これは脳下垂体前葉から分泌されるのですが、20代半ばからどんどん分泌量が低下します。そのため30歳ぐらいから、生活習慣を変えなくても脂肪の分解が進まず、どんどん脂肪は付きやすくなっていきます。しかし、筋肉に強い負荷をかけるトレーニングをすると、トレーニング直後から成長ホルモンの分泌量が亢進し、安静時の脂質代謝が飛躍的に上がります。10代以上に成長ホルモンの分泌量は上がりますし、数時間、長くて48時間後まで脂質の代謝が上がったという話もあります。

また、成長ホルモンだけでなく、強度の高い運動にはEPOCという反応もあります。
EPOCというのは、運動を終えた後もエネルギー消費が高い状態が持続する効果のことで、ウェイトトレや激しいHIITなどをおこなったあとは、運動後16時間にわたってエネルギー消費が高い状態が続いたというデータもあるそうです。

筋トレをすると、この2つの効果で脂肪が燃えていきます。
ただし、筋トレと言ってもある程度の決まりがあります。

1.10RM(約10回程度しか反復できない負荷で)3セット以上。
2.セット間のインターバルは短めにする。30秒~1分。セット間3分以上休むと代謝を上げる効果は著しく低下する。
3.下半身、胸、背中等の大筋群の種目を中心に行う。

単純にウェイトトレーニングのことです。一般的に筋トレと言われている、自重での腕立て伏せや腹筋やスクワットでは、とくに1の条件を満たせないため、あまり効果がありません。

12年間にわたって10,500人の被験者を追跡した2015年のハーバード大学の研究でも、ウエイトトレーニングを行った人々が有酸素運動のみを行った人々の2倍の腹部脂肪を落とす結果となったと紹介されています。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/oby.20949

残念なのは、この記事を日本で紹介しているサイトはどこもウェイトトレーニングを「筋トレ」と訳してしまっていること。たしかに筋トレですが、筋トレの要件は筋肉に重い負荷をかけることなのに、「簡単なスクワットを毎日やりましょう」なんて効果の無さそうな結論で終わっているサイトが多いです。
自重でも多少の効果はありますが、適切に荷重した場合とそうでない場合では、効果にだいぶ大きな差があるので注意してください。ジム行ってマシンやバーベルを活用したほうが脂肪が落ちる効果は劇的です。


筋トレ以外に、HIITでも脂肪は良く落ちます。

WORKOUT.SCIENCE
https://workout-science.com/hiit/

HIITとは、強度の高い有酸素運動です。ランニングでもHIITはできますので、マラソンをしていたのであればスムーズに挑戦できると思います。ジムで筋トレする時間が無いようなら、まずはこちらから試してみると良いと思います。特に決まったやり方が明らかになっていないため、いくつかサイトを参考にして自分に合ったペースを見つけると良いと思います。

HIITのやり方 | 全力ダッシュで持久力・ダイエットに効果あり!
https://eageful.com/hiit/

NAVER 1回20分でジョギング4時間相当!?HIITトレーニングとは?
https://matome.naver.jp/odai/2141044085380680601

ランナーズNEXT インターバルトレーニングで得られる効果
https://goo.gl/kyehb8

ただ、たくさんマラソンのみをやってきたとしたら、特に上半身の筋肉量が低下していると思われますので、ジムに行くか自宅にダンベル等を調達して筋トレも行なうことをお勧めします。

ちなみに食事制限も脂肪を落とす基本ですが、どんな方法であれ、痩せると脂肪だけでなく、筋肉も分解されて減っていきます。体重がたくさん落ちても、大部分が筋肉の減少で脂肪は僅かしか減っていないのが普通です。普通はそれほど体脂肪率は下がりません。お腹もあまり引っ込みません。唯一、ウェイトトレなどの強度の高いトレーニングをダイエットと並行して行った場合は、筋肉から分解されたアミノ酸を再度筋肉に同化させる作用が生まれるため、筋肉を落とさず脂肪だけを優位に落としていく事ができます。


筋トレ、インターバルトレーニング、いずれにしても脂肪は「短時間しかできない強度の高い激しい」運動ほどよく落ちます。30年ぐらい前までは、軽い有酸素運動を長時間行うことが脂肪燃焼に効果的だと言われていましたが、現在はそれは全く逆効果であることが科学的にも明らかになっています。散歩やウォーキングで代謝が上がったりなどしません。

年のせいもあると思いますが、マラソンをずっと続けているのもありますね。

マラソンを走るには、エネルギーを節約して走れる燃費の良いカラダが好都合です。がんがん脂肪が燃える体ではすぐエネルギーが枯渇してしまい、長時間の持久運動は大変です。そのためジョギングやマラソンなどを日課にしている人は、代謝が下がり、脂肪が落ちにくくてため込みやすい省エネな体へと適応していきます。

↓有酸素運動で代謝が低下していく事ついて、こちらに詳しい解説があります。

●有酸素運動で減量した人が“リバウンド...続きを読む

Qペットボトルを簡単に早く乾かす方法をおしえてください

ペットボトルを簡単に早く乾かす方法をおしえてください

Aベストアンサー

何度も振って水気をよく切り、
ドライヤーの冷風などで空気の流れをつくってやると早く乾きます

ホースとか使って底のほうから外に向かう空気の流れを作るといいのですが


人気Q&Aランキング