下記の組み合わせでストリーム配信を行うと、サーバから映像を配信してから
クライアント側で再生されるまで約20秒かかります。(LAN環境)

サーバ:RealServer     クライアント:RealPlayer
サーバ:WindowsMediaServer クライアント:WindowsMediaPlayer

この遅延を1秒以下にすることは可能なのでしょうか?

また上記以外で、遅延を1秒以下にすることができる組み合わせは
あるのでしょうか?

なお、QuickTimeStreamingServerとQuickTimePlayerの組み合わせでは、
遅延はどれくらい発生するのでしょうか?

A 回答 (2件)

バッファサイズの問題ですね。



LANであれば、もっと短くても大丈夫なはずです。

リアルプレーヤーであれば、オプション→環境設定
で、バッファを小さくする事ができます。

メディアプレーヤーは
表示→オプション→再生→詳細設定→再生の詳細設定
で、バッファを小さく出来ます

クイックタイムプレーヤーでも、同様の設定をしないと
遅延が生じます。
    • good
    • 0

映像ファイルのエンコードのレートを下げるしかないのでは?


20秒はかかりすぎにしても、1秒以下は多分無理でしょう。ストリームデータのサイズにもよりますが。

データのバッファリングの処理に時間がかかっているわけですから、その時間を短くするとなると、あとはクライアント側でPlayerの接続回線種別を変えてみるくらいしかないでしょう。
WindowsMediaPlayerではオプションのパフォーマンスでバッファの秒数が指定できる(Realでは最低秒数は可)ようですが、バッファの時間を短くすると、再生中に次のデータの受信が間に合わなくなって、逆に見づらくなったりしますからあまりおすすめはできません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報