出産前後の痔にはご注意!

哲学の歴史は、大雑把に言っちまえば、ヘレニズム以来の存在論と、カントによるコペルニクス的転回以降の認識論とのせめぎ合いだったと言ってもよかろ?

つまり、存在(Ding an sich)が先にあって、我ら観察者は、その存在から発せられる情報を入手して、後付けで存在を知る、と言うOntologieの考えに対し、

存在(Ding an sich)は、我々の観察に対して独立に有るわけではなくて、我々観察者が観察することによって対象(Gegenstand)のあり方が決定し(状態のContraction)、恰も存在があったかのごとき認識が可能だ、というEpistemorogieの考え方の対峙でござんす。

愚拙は、量子論のコペンハーゲン解釈など、言語的制約(数学という人工言語がわからん)から理解不能なのでござるが、数学という言語を使いこなす哲学愛好家の諸先輩方は、もはやMetaphysicalなOntologieなど眼中になく、存在は確率的にしか我々の前に姿を現さないと確信してるのでございますか?

TexasのCyototu先生がご存命と分かった歓びを記念して、哲学の根本的な問いに関して哲学愛好家の諸先輩のご意見賜りたく、久しぶりに愚拙からの質問を投稿させていただきます。

哲学愛好家と物理学愛好家の諸先輩がたの忌憚の無いご意見、ご主張賜りたく!

A 回答 (15件中1~10件)

いやー、でーく。

あんたの簡潔な応答を眺めて楽しんでいたけど、でーくのくどくどした文章を久しぶりに見た。簡潔すぎて一寸物足りなかったんで、こうじゃなくっちゃって思ったね。

まず結論から端折って言うと、量子論は哲学の問いにファイナルアンサーを与えていないってえのが、あたしの見立てだ。もちろん、でーくのいう哲学の問いを、「存在」に限って言えば、量子力学は自然言語(普通の言語)を使っての認識では表現不可能だった側面を暴き出したんで、「存在」に関してその言葉で意味する事で、それまで知られていなかった部分が見えるようにはなって来ている。でも、量子力学の枠組みの外にある全く独立した「観測の理論」を援用しなくては、未だに量子力学の結果を実験の観測事実と比べられないでいる。この宇宙で生起する全ての物事を統一的に説明する第一原理なるものがあるとの大教義を信仰している物理教の信者たちは、その信仰を揺らぎさせかねないんで、これをなんとかしなくちゃって未だに足掻いている。

存在って言うけど、この世界を認識する最も重要な概念が「存在」なのか「変化」なのかどっちなんだてな問いは、西洋でもギリシャ時代から延々と続いている。ギリシャじゃあ、プラトンが存在派でパルメニデスが変化派の雄だね。要するに、「永遠」か「諸行無常」かどっちなんだって議論だ。その後の切支丹の影響も相まって、西洋じゃ永遠派、すなわち存在派がずっと幅を利かしてきた。存在は純粋で汚れのない世界だが、変化は人間の不完全性が生み出した幻想に基づいた不純で虚構の世界のことだってな見方がまかり通ってきた。その代表が、デカルトとアインシュタインだ。

「存在」と「変化」を物理屋の数学を使った固有言語で表現すると、この世界を記述する根源的な基本方程式は初期条件とその後の事象が一対一に対応している決定論的な微分方程式か、それとも、初期条件が確定していても、その後の事象が一対一に定まらない非決定論的、すなわち確率論的微分方程式か、どっちなんだと言う表現になる。確率論的微分方程式はストカスチック方程式とも呼ばれている。

今んところ、物理学で基本方程式と呼ばれる方程式は量子論も含めて、全て決定論的な方程式だ。シュレーディンガー方程式の波動関数という状態を表す関数を実験値と比べるために「確率」なる言葉を援用しているので、皆さん混乱しているが、シュレーディンガー方程式は状態関数の初期条件を与えると、その後の状態関数は一意に決まってしまうので、これは上記でいう決定論的微分方程式であり、確率論的な微分方程式とは全く違うものだ。

また、ハイゼンベルグの「不確定性原理」と名付けられている「定理」も、その定理の名付け方が拙かったので、これも素人さんたちに大混乱を起こさせている。この定理は、決してこの世界が非決定論的にできているといっているのではない。この定理は、今まで物理量なるものは「数」で表されるものだと思われていたのが、実は「数」ではなくて、一つの関数を他の関数に対応させる「演算子」だったっていうことを表している定理なんだ。「演算子」を「数」であらわすと、一つの数では表すことができないで、数の集合が必要になる。そうすると、その数の集合の平均値が意味を持つようになる。でも一般に各数の2乗の平均値は平均値の2乗とはならない。だからその間の差はゼロにならない。この差の平方根のことを分散とかゆらぎっていう。そして、量子力学ではこのゆらぎの間に固有な関係式があるってえのが、この定理だ。要するに、物理量は「数」ではなくて「演算子」だということを前提として書き下されている決定論的なシュレーディンガー方程式から演繹される定理なんだ。「不確定性原理」は決定論的方程式からの帰結なんで、どこにも確率的要素がないのだ。

また、状態関数なるものは決して量子力学に固有な概念ではなくて、皆さんが決定論的であると同意しているニュートンの古典力学にも状態関数がある。しかしそれを見るには、物質の運動の軌跡を追うニュートン方程式じゃなくて、その系の位置や運動量全体の情報を一気に見るリウビル方程式なるものに書き換える必要がある。そこまで行くと、決定論的なリウビル方程式に付随した状態関数が、ちょうどシュレーディンガー方程式と同じように出てくるんだ。

ところで、決定論的な方程式では初期条件を与えると、その物理系の状態の全未来も全過去も完全に一意に決まってしまう。要するに全未来も全過去もお見通しの神の目から見た世界だね。だから、神の目から見ると時間なるものに意味がない。まっ、無時間の世界だ。そして、その世界では前もって決まっていることだけが起こり、想定外な事象は起こりえない。そう、無時間の世界には「在る」すなわち「存在」だけが意味がある。

一方、非決定論的な方程式では、神ですら想定できなかったことが起こる世界だ。そしてその想定外なことが起こった時、その世界に「変化」が起こり、新しい世界になる。だから「成る」世界、これが「変化」の世界だ。そして、その新しい世界になる毎に、我々は「時間」が流れ、前に進んだと認識する。だから「変化」とは「時間」のことでもある。ここで言う「時間」とは次々に何か新しいことが起こる物語的な動的時間のことだ。

それに対して、一神教の神の洗礼を受けて育ったユダヤ人のアインシュタインは、変化を否定し時空の幾何学という静的な幾何学の中に時間を押し込める努力をしてきた。この動的時間と、静的時間は決して同じものじゃない。一神教の影響を多大に受けた西洋人は、この世に永遠不変な「存在」なる概念があり、それを具体的に表しているのが永遠不変にその周期が変わらない周期運動であると考える。そしてその永遠不変な周期運動で、何回同じところに戻ってきたかの数を数えることで「時間」が計られるとしている。これがアインシュタインのいう時空の幾何学に現れる静的時間だ。そして、その裏には決定論的方程式がある。

しかし、人間て全く違った方法でも時の流れを感じている。「俺にも胸躍らせた青春があった、でも時が流れ、今では年老いて、胸の高まりも萎えてきた」なんてな捉え方で時の流れを感じている。これによって計られている「時間」は変化の大きさという、周期運動とは全く相容れない事象によって計られる時間だ。要するに、永遠の否定、すなわち存在の否定に基づいた諸行無常によって計られる時間だ。

事実、日本語の「トキ」なる語源は「トク」すなわち「トケル」の派生から来ていると言語学者の大野晋が主張している。日本人は山の雪が融けるのを見て、時が経ち春になったと時間の経過を感じていた。これが、変化を語る動的時間だ。そして、その裏には非決定論的確率論方程式がある。

この、変化に基軸を置いた動的時間の認識は物理学では比較的新しい認識だ。そのことの重要性に気がついたのはオーストリアの物理学者のボルツマンからで、19世紀末からだ。それに引き換え、静的な時間の概念は西洋でははるかに早くから語られている。ニュートンとライプニッツによるニュートン方程式の決定論的な性格に関する論争を経て、全未来を予言してみせるラプラスの魔者や、アインシュタインの時空の幾何学まで、存在に基軸を置いた静的な時間のみが時間であると思われていた時代がずっと続いてきたんだ。

この問題は、20世紀中庸になって、すなわち量子力学の発見から数十年後になってイリヤ・プリゴジンの「散逸構造の理論」の提示とその実験的な確証を得て、物理学が「変化」を語れる学問に昇華したんだ。日本では源平の合戦以降営々と認識されてきた哲学の大テーマ「諸行無常」を、そして西洋ではパルメニデスに始まったがプラトンによって裏に押しやられてしまった「変化」する世界に関する哲学の大テーマが、やっと物理学によっても語られ始めたのが現在だ。

量子力学と観測の問題も、観測とは観測器具が観測対象となる物質との相互作用で、観測器の針が不可逆的に変化したことによってなされる問題だ。ところが量子力学は決定論的な理論だから、存在は語れても変化が語れない。だから未だに観測の問題は訳がわかんないんだ。だから量子論風情で哲学の問いにファイナルアンサーを与えることなんかできるもんか。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

Cyototuさん、回答ありがとう。

イヤー、相変わらず猪突猛進というか、相手がピストル持ってると、こっちは機関銃を持って行って、相手の心臓に30発ぐらい撃ち込むような人間でないと生きて行けないアメリカで生き抜いてきた猪突さんらしく、たくさんの単語を打ち込んでくれて感謝感激雨霰。

静けさや、岩にしみ入る蝉の声

17文字の短い句に関してでも、すぐさま3万語ぐらいの論文を作って提出しないと生きて行けないアメリカのアカデミックな世界で生きてきたんだから大したもんだよね。
鉋で削るより電動ピーラーの方が良いと信じて疑わないアメリカのoverwhelming material strategyに完敗、乾杯!

愚拙は取り敢えず、前書きの次の段落で「存在」に限っての結論を言ってくれたので、これで満足、腹一杯だ。
最近、少食になって、先付けの次の刺身辺りででもう充分満足して、後は眠たくなっちゃうんだよね。

でもね、猪突さんの機関銃は、只々たくさんの弾を撃ち込めばばええだろっ、ってんじゃなくて、機関銃から放たれる弾の1つ1つにもちゃんと狙いが定まってるからすごいよね。心臓に30発撃ち込んだ後、念の為に肝臓にも20発、腎臓にも15発程撃ち込んどこうか、みたいな照準が定まってる。

いえね、愚拙も西洋哲学ってのは、どうもアブラハムの宗教ってやつの影響下で育まれてきた影響があって、ユダヤ教以前のヘレニズムとか、キリシタン禁制の元で文化を爛熟させてきた日本人とは違った考えを持ってるように感じていたんだ。パルメニデスね。万物流転と言ったギリシャ人は諸行無常と言ったインド人と共通項が有るかもね。

しかし量子論が確率過程ではなくて決定論の方程式で記述できるとはニュースだ。
不確定性原理の方はなんとなく相補性のことを言ってんじゃないかと思っていたから決定論だと言われても「へぇ、そうですかい」って感じなんだが、「状態の収縮」も決定論だと言われると、なんだか煙に巻かれてるような気もする。

ストカスチック方程式とリウビル方程式ね。
メモしておいて、なんかの時に調べてみます。

何時も何時も機関銃、忝い!

お礼日時:2019/01/18 11:11

言語とは何かって話かなと思うんですが、例えば他の動物は、人間とは違う認識作用を持って居て、人間とは異なる世界を持ち、異なる世界に住んでいる。

人間だって、古今で異なる。観測機器の発達と獲得して来た言語によって、現代人は古代人や原始人とは違う世界を見て、違う世界に生きている。
それに伴って、人間の住む世界も、実在の世界から、可能性の世界へと遷移して来た。
で、僕の認識だと、カオスの世界って言うのは、無限の可能性から選ばれた一つが現出するのではなく、想定され得ないものが無秩序に、しかも形を持って"生じる"世界だと思ってます。その具体的かつ固有の形は如何にして生まれるのか、ここに認識作用や言語作用というものが関わってくると思ってます。つまり、何故それはそれに見えるのかと言うことです。例えば、何故赤色は赤色に見えるのか、と言うことなのです。結論から言えば、この認識作用、言語作用が、それにそれとしての形を与えていると考えられるのです。で、このアプリオリに持っているとされる認識作用、言語作用の由来はどこまで遡ることが出来るのか。常識から考えれば、人間が生まれた時と言うことになり、人間が生まれる前には"この"宇宙は無かったと言うことになる。だが、この認識作用、言語作用を汎に考えるとして、人間の外に援用したなら、宇宙の生成の頃にも確かにこの作用、形成力、言語的作用があったとするならそれは何か。
それの源泉は、存在ではなく無にあるのだと私は考えて居ます。無、故に混沌が湧出し、混沌の背後に無がある故に(一なる)存在が照らし出される。時間の起こる前の世界観ですが、まぁ、形而上学という事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2019/01/27 22:45

存在が先にあると思います。



存在の内のたった一つの砂粒、が“我々”だからです。

その“砂粒”の認識力なんて、たかが知れています。
完璧とは程遠い、と云ってよいでしょう。

観察者が観察することに依って対象の在り方が決定する、と云うのはその人だけのものでしょう。
その人が消えてしまえば、その人にとっての“存在”は同時に無くなります。
でも、他の人にとっては“存在”はあり続けるのですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。

カントよりも、ライプニッツの方がお好きですか。

ありがとうございました。

お礼日時:2019/01/23 22:23

あなたの疑問に対する答えは多分「No」で、量子論も相対論も「観測者問題」でそれ以上先へ進めなくなった、この先は多分人類には永遠に理解できないというのがお答えらしい。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。

物理学は、観測者問題を予言したカントの主張をファイナルアンサーとするわけですね。

有難うございました。

お礼日時:2019/01/23 22:23

回答№5を見ました。



時間の向きの対称性の破れ。

人間は自分の体温と外気の温度が同じなら、温度と云うものを感じません。
差があって、それを感じます。

また、物質と云うものは“障碍”しあうもの、と云ったような記述のあるのを山崎弁栄(べんねい)と云う人の本にあったような気がします。反発力、と云うものでしょうか。

そんなことから、時間の流れも反対の流れがあるから、感じるのかな?なんて思ったりしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

愚拙には、ものの変化は感じられるけれども、厳密に言って時間の変化を感じることができないので、色々と参考になります。

ありがとうございました。

お礼日時:2019/01/23 14:04

あっと、言い忘れてた。

年男だよ。時間には矢があるようだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それはそれは、おめでとう御座います。

先輩は愚拙よりも先輩なのであるからして、御歳は数えで60じゃなくて、、、。
そうか、マンシンガントークならぬ、マシンガンライティングのエネルギーを見るにつけ、まだ還暦の爺さんと言っても見破れないだろうに、その歳で益々ご健勝の様子、嬉しい限りです。愚拙は、その年齢までにはまだ数年あるので、猪突先輩の元気さ加減を知ると、愚拙にもまだ一仕事できる様な気がしてくる。

今後も、色々と若輩に刺激を与え続けておくなさいまし。

お礼日時:2019/01/23 14:02

>マルコフ過程?



この話って深いんで、薀蓄を傾けてやろう。

量子力学じゃ、同じ種類に属する二つの粒子、例えば電子同士が打つかって離れた時に、どっちの粒子だか分かんないって言う、古典力学ではありえない原理があるんだ。例えば、その二つが左右から飛んできて打つかってから左右に飛び離れた状況を考えよう。その時、仮に右から飛んできたのをAと名付け、左から飛んできたのをBと名付けたとしよう。衝突後、右に飛んできたのはAかBか原理的に分からないっていう原理だ。これを同種粒子の非区別性と呼んでいる。

すぐ後で説明するが、実は、この原理があるから、この宇宙が一点に潰れてしまわないで、我々のような空間的な形を持った存在が可能になっている根拠になっている超重要な原理なんだ。

量子力学では波動関数と呼ばれる状態関数の絶対値の2乗が、その事象が起こる確率を表しているので、上の衝突では、右にAが出てくる確率もBが出てくる確率も同じだってことになる。確率が同じとは今述べたように状態関数の2乗が同じだと言うことだ。だからその平方根の状態関数自身にはプラス・マイナスの違いがあっても良いことになる。実際、粒子には二種類あって、プラスの粒子をボソン(ボーズ粒子)、マイナスの粒子をフェルミオン(フェルミ粒子)って呼んで区別している。ボソンの代表例が光子(光の粒)、フェルミオンの代表例が電子だ。

そして、このマイナスの符号から、フェルミオンは同じ粒子は同時に同じ状態に居ることができないと言うことが証明できる。これをパウリの禁制率と呼んでいる。だから、色々なエネルギーを持ったフェルミオンは同時に同じエネルギー状態にいられないんで、エネルギーの低い状態から順番に状態が埋められて、だんだんとエネルギーが高い状態に埋められた状態で存在しなくちゃならん。だから、フェルミオンで構成されている物質は、最低状態の一点に潰れてしまうことができないんだ。だから、私たちもこの大きさを持った存在でいられるんだ。

ところで、これとマルコフ過程の関係だ。もしこの世界が時間の向きに対して対称にできていた場合には、指数関数的に減衰していってしまう現象は原理的に起こり得ないことになってしまう。なぜなら、減衰に対して、その時間の向きを反転させると増大になってしまい、時間の向きの対称性が破れてしまうからだ。

実は、ここでの「指数関数的に」と言うのが味噌なんで、この現象が厳密にマルコフ過程になっている。マルコフ過程とは、次に何が起こるかが、その過去がどう在ったかに一切関係なく、その時点の瞬間だけの情報で決められる過程のことだ。その前の過去の記憶がその後の在り方に影響を与えてしまう現象は非マルコフ過程という。非マルコフ過程では、厳密な指数関数的な減衰はできず、必ずベキ減衰などの異質な減衰が混じってしまうことが証明できる。

だから、もし原子内のエネルギー的に励起された電子が光を放出してより低いエネルギーに遷移しながら減衰し行く過程がどんなに僅かでも指数関数からずれていたら、電子の振る舞いは非マルコフ過程となり、電子は過去の記憶を持っていることになろ。だから、色も匂いも味も全て同じ電子を二つ用意しても、その電子がこの宇宙のどの時点で生まれ出てきたのかの記憶、すなわち、若い電子なのか、年寄りの電子なのかで区別がつきことになってしまう。だから電子はフェルミオンではなくなってしまう。

だから、例えばその差があまりに小さくて観測が不可能だったとしても、もし電子が非マルコフ過程にしたがっていたら、パウリの禁制率が成り立たず、したがって、この宇宙はエネルギー的に一点に収縮して崩壊してしまうことになる。でも、そうはなっていないね。

じゃあ、電子が光を放出して減衰する過程はマルコフ過程なのか。ところが、シュレーディンガー方程式を厳密に解くと、その方程式に従っている限り、必ず非マルコフ過程に従っていることが証明できるんだ。No.2のところで紹介したスーダーシャンの量子ゼノン効果は、この非マルコフ過程の存在を逆手に取って説明される現象なんだ。

ほとんどの物理屋はこの矛盾を気にしていないが、No.2で紹介したスーダーシャン教授とプリゴジン教授とあたしゃ、いつもこの問題を何とかせにゃならんと議論していた。

この問題の本質は、電子が不可逆性に従って時間の対称性を破る振る舞いをしているのに、物理学の基本方程式のすべてが決定論的にできていて、不可逆性を一見否定しているようにできているのところにあるんだ。なっ、「存在」なんかより、諸行無常の「変化」で遊んだ方がよっぽど面白いと思ってんだが、でーくはどう思う?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

愚拙の考えですかい?

時間が、何等分にしても、長い時間だった時と同じ振舞いをすると言う仮定を疑って見ても良いのではござらんかな。

羊羹だって、何等分にもして小さくなったら、お茶受けとしての性質を失うわけだから、時間も何等分にもして行くとプランク時間になる手前で不可逆性を失う、とか。

それより、愚拙には、冒頭の電子同士の識別不能性が興味を引きますね。
ライプニッツだかが言った、不可識別者同一の原理ってのがあって、全ての属性が同じものが2つあったらそれは同一、すなわちそれ自身だ、という原理。
まあ、先生の事例では、2つの電子は位置情報が異なるから同一ではないということになるが、数ある属性情報の中で、位置情報だけしか異ならない二者というのも珍しいものね。

位置情報だけしか相違しない二者に関して、個性という概念は成立するのか?
カント爺さんも同一性に関してなんか難しいことを言ってた様な気がするけど、物理学と哲学が渾然一体となる世界の話でござるね。興味津々。

お礼日時:2019/01/23 13:54

ついでに言っておく。



数学って、英語でmathematicsって言うんだ。その語源はギリシャ語で「学ぶべきもの」って言う意味だ。でーくはそれでmathematicsが何をやる学問だか解るか。

あたしが「学ぶべきもの」なんで言われたら、女が今何考えてんのか、うちの女房はどうなんだってなことでも学ぶ学問だと思っちゃうね。

一方、集合論でも群論でもトポロジーでも、どんな抽象的な記号や論理を使っていても、数学は最終的にどんな主張でも「数」と言う量でその是非を問う学問なんだ。だから「数学」なんだ。江戸から明治にかけて日本の先生方がmathematicsと言う言葉を聞いて、それを直訳せずに数学と訳したのは凄いことなんだよ。ここに学者の能力ってえのがあるんだ。毛唐と違って、日本人は頭が良いんだね。

確かに、今まで見たことのない世界を提示して見せた奴は凄い。でも、その新しい概念に適切な命名をできない奴はそれまでなんだね。解ったらもっと透明な命名に変えるのはが筋ってえもんだ。それなのに、先生がそう呼んでいたから俺もそう呼ぶんだ、なんて程度の低い輩が先生に気に入られて生き残っちゃうようじゃ、その連中はそのうち相手に世間様にされなくなっちゃうんだろうね。

ところで、邪馬台国はどうなったんだ。若い頃は東大が九州説で京大が大和説だった。これっておかしいだろう。どちらの大学に居ようが、色々調べて見て自分の説を出せば良い。なんだ東大説だ京大説だって。そんな連中は、俺んとこの先生がそう言っていたってえのを鸚鵡返しに言っているだけじゃん。こんなのが学問であるもんか。「先生、それは違う」って言って発展するのが学問だろが。俺より前の先生がそんな命名をしたから、後でそれがおかしいて判ってそれを使っているんだってえ輩は学者しゃないよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ま、学者であることと自己中であることは独立変数だよね。マルコフ過程?

μαθηματικά { noun neuter, n-p }
abstract study of numbers, quantity, structure, relationships, etc.; mathematics can be seen as the search for regularities, and the output of any function is a mathematical pattern.

これ読むと、愚拙が重要と思ってるブール代数と集合論はetcの中に一緒くたにぶっ込まれてんだな。

お礼日時:2019/01/21 13:04

大事なところを抜かしてた。



あたしは別にお気に召さなかったわけじゃないよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

合点。

お礼日時:2019/01/21 13:01

あたしがケチをつけたのは、そんな面白い概念を見つけたのに、その概念に対して何でそんなに不透明な命名をしたのかってところだ。



あたしがテキサス大学でカオスの研究があるってことを知ったときに、いろんな大学から招待されてカオスについて話している先生方が、やたらに、アノソフの axiom Aって言ってたんだ。その頃の流行りのテーマだった。で、axiom Aって意味が判らない。その言葉でなんのイメージも浮かんでこないんだね。んで、だんだんと調べて行ったら、アノソフの論文に、axiom A、axiom B、axiom Cってえのがあって、そのAだったんだ。腹が立ったね。そんなに大切な概念を導入したのに、ABCのAだとは、何事だ。他の連中だって、せめてaxiom Anosov ってな名前で呼んでくれたら、その内容のイメージがつかなくても、そのaxiomは Anosov さん絡んだ問題だぐらいの情報は伝わってくる。ところが、なんだ。Aじゃなんの情報も伝わってこない。私だったら、一晩じっと考えて、単なる人の名前でも満足できずに、なんとなくでもその内容が伝わってくるような名前をつける努力をするよ。

学者にはそんな手抜きの命名法が多くて、逆に中が不透明で見えないんだけど、俺はその意味が解っているんだ、なんてなことで、俺って出来るだろうって、自慢している連中が多すぎる。「刺激の貧困」と言う名付け方もそのレベルだね。こんな名付け方じゃ、それで言いたいことが直接伝わってこない。

余談だが、トウキョウトガリネズミってどこに住んでいるか知ってるか。東京には住んでいないんだぜ。北海道だけにいるんだ。んで、なんでこんな名前がついているのか。北海道は昔、蝦夷と言った。エゾのトガリネズミと言ってた。それを江戸と聞き違えた奴がいた。そこでエドのトガリネズミだ。その後、明治になって正式な和名をつけることになったんで、江戸から東京になっちまったんだ。落語みたいな話だろう。

だが、もっと馬鹿げてるのは、学者どもがこの間違いを知った後になっても、この名前を修正しないところだ。あいつら、トウキョウトガリネズミが東京には住んでおらず、北海道にだけ住んでいるって言えるようになることが、学者になったことだと思ってるらしい。こんなんじゃ学者が世間様に馬鹿にされるちゅうことを全く理解していないんだね。そんなんこんなで、二流の学者は透明な命名法が嫌いで、わざわざ不透明な命名法をして悦に入っている連中なんだね。

ところで、不等号を嫌い、input=outputと言い出すのが、決定論を信奉している物理学者だ。十全な神様に不等号はありえない。そんなもの不純だと思い込んでいる。でも、非決定論的な諸行無常の本質は不等号にある。不等号なら、その事象の前後でその値に差ができる。この差が、例えば失われたものであり、あるいは以前なかった新しく創造されたものなんだ。だから、不等号の世界にのみ無時間的な「存在」では捉えられない「変化」があり、創造的な営みがある。そして、その変化の大きさで時間の流れが認識されると言い出したのが、複雑系の物理なんだ。これはエントロピー増大の法則の流れを汲んだ物理学の一つの自然な発展だ。

プリゴジン教授が散逸構造の理論で、その概念を定式化する以前にも、例えば、ノーバート・ウィーナーによる「サイバネティクス」の概念の導入で、正のフィードバックという認識で不等号が語られていた。サイバネティクスも散逸構造の理論も、その裏にある数学的土台は非線形数学にあるんだ。ところが、非線形数学は現在でもほとんど何もわかっていない数学的領域なんだ。これからの若もんが活躍する分野なんだ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ギリシャ哲学だか、中世哲学だかに、唯名論(Nominalism)論争ってのが有ったような記憶がある。

この世に黄紫という色はないのだが、黄紫という名前をつけた時から、その黄紫って色が実在するってんだね。

ギリシャ時代の存在論(ontology)がその支持を失って、18世紀後半にカントのコペルニクス的転回で認識論(epistemology)全盛の時代が到来するが、唯名論ってのはその先駆けだったのかもしれねえなぁ。

Cyototuと言うのはラベルに過ぎないが、猪突猛進のイノシシを連想させるしね。

先生、ひょっとして、年男ですかい?

お礼日時:2019/01/21 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「マウンティング」をする人は「自信家」ではないか。

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネットでは、主にわたし同様、心の病を持った人のブログを読む。それ以外は専ら海外のアート・サイトを渉猟するだけで、WEBニュースもまとめサイトも覗くことはありません。ですから、最近の言葉はほとんど知りません。
「マウンティング」という言葉も初めて知りました。

以下リンクの記事より

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。そのため、自分よりも格下の人間をつくりだすことで、集団内での序列を少しでも高めて、上位にいるという安心感を得ようとします。」

わたしはブログを通して、自分同様に自己肯定感の極めて低い人たちを知っています。
けれども、わたしの知っている「自信のない人たち」は決して、決して「自分より格下の人間を作り出し」たり「人より優位に立ちたい」などとは露ほども思っていません。ただひたすら自己の無価値を嘆くだけです。わたしもまた同様です。

「マウンティング」とやらいう行動をとる人は、寧ろ、自己顕示欲の強い自信家であり野心家ではないのでしょうか?

「そもそもマウンティングをする人は、自分に自信がありません。」
この記事を書いた人は、如何なる根拠を持ってこのように断言するのでしょうか?

先の質問で、最後の回答をくださった方が、記事中のいくつかのキーワードを添えて以下のリンクを教えてくれました。

その時の回答をそのまま引用します


<またまたズレているかもしれませんが、おもしろい記事を見つけたので貼っておきます。
https://president.jp/articles/-/26637#cxrecs_s

マウンティング サル 優位に立ちたい 自信が無いから 
デジタル人間 感情の欠落 生きづらい
悪いのはあいつだ わたしには関係ない>

わたしはTVを視ませんし、新聞を読まない、インターネット...続きを読む

Aベストアンサー

そうなんですよ!

私も自信のない人、好きです
自信がない、って謙虚であることでもありますもんね
また、丁寧に物事を考えていけば
自信満々にはならないですもん

質問者さまが無力無能とは思いませんが、まあそれは置いておくとして
ある精神科医が
「自分はうつ病の患者さんが好きだし
精神科医は、みんなそうだと思う
うつ病の患者さんは優しいし礼儀正しい人が多い
元気になってくると医者にお礼を言ってくれる」

この言葉を知り
何かあった時に他人のせいにはしないで
自分が悪かったと自分を責めるような人が
うつ病になるのではと思いました

おそらく
「下をつくって、でも上に怯える」ような人が
自慢話で武装するのではないでしょうか?

「上とか下とかでなく
私は私でしかない」
と思える人が「本当の自信」がある人なのかもしれないですよ

Q偶然の誕生

私は、たまたま大阪で生まれました。
何故、10万年前に生まれなかったのですか ?
何故、10万年後に生まれなかったのですか ?
何故、虫や猿ではなく人だったのですか ?
何故、日本人としてですか ?
まだまだあります。
宇宙の誕生、地球の誕生、水や空気
そのように考えると、全てが偶然です。
偶然でないものはありますか ?

Aベストアンサー

#4です。

>「神と呼んでも構わないが、それのみが必然。」と言うことで、「なるようになった」と考えていいですか ?

この文に対するわたしの解釈が間違ってなければ、そうです。
少し切り口を変えて表現してみます。
たとえば、『宇宙の誕生』自体は偶然だと私も思う。
しかし、
宇宙はなぜ偶然誕生したのか?
と考えた場合、それは宇宙が偶然誕生するようになっていたから、と言うしかないと思うわけです。
で、「宇宙が偶然誕生するように」させていたものがあるわけで、その存在自体は必然と呼ぶしかないだろう、ということ。
それが何かは、むろん不可知ですが。
仮にわかったとしても、じゃあ、そのわかったものはどのようにして生まれたのか、という無限の問いを続けざるを得なくなるため、それが何かわかるような何かであっては意味がないわけです。それゆえ神という言葉で象徴可能かと申し上げた次第。

Q泣く子と地頭には勝てぬ

泣く子と地頭には勝てぬとは、道理の通じない者や権力者にはどうやっても勝てないから、無理を言われても従うしかないということ。
http://kotowaza-allguide.com/na/nakukotojitou.html

時と場合によりけりでしょうが、どうでも良いことに関してなら妥当な諺だろうと思います。
「道理が通じない者」かどうか、みなさんは、どういった基準で判断しますか?

Aベストアンサー

1.信念というものを持たない人だと判断した時。

2.信念を持っているものの、それに対する全体観を持たず、点で理解している人だと判断した時。

3.私を軽く見ている人だと判断した時。(反撃はします)

4.私のことを憎み、ダメージを与えることしか頭にない人だと判断した時。(やはり反撃します)

5.自分の手柄が一番と考えている人だと判断した時。

6.価値観が著しく異なる人だと判断した時。


申し上げたいことがもう少しありました。

「泣く子」というものの本質は、人間として未熟であるため、無理を通すということに羞恥心
がないということだと思います。従って1.2がそれにあたると。

「地頭」というものの本質は、力を持っているため、人を軽く見て、自分のエゴを通そうとす
る、という点にあると思います。従って、3.4.5がそれにあたると考えます。

また、人間は複雑であるので、この二つがミックスされたケースが考えられます。
これを「泣く地頭」と今後呼びたいと思いますが、これは厄介です。

それから、価値観の相違ということの中に、信念・哲学を持たない(あるいは捨てた)、という
ことが紛れ込んできていると思っています。
その人(状況)では、詭弁もありますが、何か判断のつかない論理を使います。

これがミックスされると「泣く腹黒い地頭」となり、究極に厄介です。

1.信念というものを持たない人だと判断した時。

2.信念を持っているものの、それに対する全体観を持たず、点で理解している人だと判断した時。

3.私を軽く見ている人だと判断した時。(反撃はします)

4.私のことを憎み、ダメージを与えることしか頭にない人だと判断した時。(やはり反撃します)

5.自分の手柄が一番と考えている人だと判断した時。

6.価値観が著しく異なる人だと判断した時。


申し上げたいことがもう少しありました。

「泣く子」というものの本質は、人間として未熟であるため、無理を通すと...続きを読む

Q科学

超初歩的な質問です。

「サイエンスする」とはどういうことでしょうか?

哲学は科学の範疇には入らない、という考え方が多いようですが、そうだとすると
それは、何故ですか?

Aベストアンサー

基本的には、科学が形而上学でないと言う事が違いなんだと思います。(これに関しては、量子力学の「解釈」は、その実体を観察できない以上「形而上学」に過ぎないと言う批判はあるでしょう)
あらゆる形而上的な概念を排除しようとした、マッハなどは、その立場としては、科学的でしょうが、それを思想的な衝動とした時点では、哲学的と言えるでしょう。
20世紀初頭は、現代の科学的な方法論は、ほぼ確立していましたが、現象の解釈と言う点では、まだ自然哲学から抜け出ていなかったと言えるでしょう。
実際問題としては、「科学」、狭義には「自然科学」の厳密性を担保するのは、「現象」そのものです。(現象以外は、基本的に検証の対象にならないと言えるでしょう)
「哲学」は、その性質上、形而上の存在も対象としなければいけません。 したがって、その厳密性の担保は、哲学が方法そのものから、生み出す必要があります。(これが、「哲学」が一筋縄では行かない所以です)
厳密性が一定の範囲で、確実に担保できるのは、形式科学としての「数学」ですね。(むしろ、厳密性が担保できる「形式」を見つけるのが、「数学」なのかもしれません)
宗教もある意味、「数学」に似ています。 それは、宗教の信仰者からは、そのようなものでは無いと言われるかもしれませんが、何らかの信仰対象に対して、信仰者がある形式で、その信仰を行う活動と言えなくも無いわけです。(その形式の分析は、宗教では無く、「宗教学」と呼ばれるでしょう)
古代ギリシャにおいては、これらは、全て「哲学」の領域にあったと言えるでしょう。(「数学」、「自然学」、「形而上学」は、「哲学」の中で混然一体として議論されていたわけです)
ヨーロッパにおいては、ローマ帝国によるキリスト教の国教化に伴い、しばらくは、(キリスト教)「神学」は、自然哲学や「形而上学」としての、プラトニズムと混然一体として、「哲学」としても、蜜月を迎えましたが、16世紀以降は、暗黒時代を経て、「哲学」からは、それぞれ「神学」、「自然科学」として、分科していきました。
分科した理由はさまざまでしょうが、基本的に「哲学的」な厳密性では、上手くゆかなくなったのが、一番の理由でしょう。
(キリスト教)「神学」は、その宗教的理由から、教義にかかわるような議論を嫌ったわけでしょうし、「自然科学」は、原因を追究するより、現象の法則の科学的解明の方が重要だったと言う事です。
「数学」も、論理実証主義により、その厳密性を確立する事を目指しましたが、ヘーゲルなどにより、その基盤が確実で無い事が証明されてしまいました。(したがって、一定の形式における論理的整合性の検証に特化したわけです)
これらは、「Why(何故)」から、「How(どのように?)」への転換と言えます。
「哲学」が追求するのは、「Why」でしょう。
「科学」は、「How」であり、一部の解釈は、「Why」となります。(ただし、解釈は、あくまで解釈であり、実証は成されていないでしょう)
これが、「哲学」と「科学」を分ける境界なんでしょう。

基本的には、科学が形而上学でないと言う事が違いなんだと思います。(これに関しては、量子力学の「解釈」は、その実体を観察できない以上「形而上学」に過ぎないと言う批判はあるでしょう)
あらゆる形而上的な概念を排除しようとした、マッハなどは、その立場としては、科学的でしょうが、それを思想的な衝動とした時点では、哲学的と言えるでしょう。
20世紀初頭は、現代の科学的な方法論は、ほぼ確立していましたが、現象の解釈と言う点では、まだ自然哲学から抜け出ていなかったと言えるでしょう。
実際問題...続きを読む

Q何故私は「反・知性主義」なのか?

こんばんは。

例によって、「ヘン」な質問ですので、お暇で、何か感想を持たれた方の書き込みを希望します。

むかしから、「読書家」と言われる人、更には「利口者」「賢い人」「博識」「才気煥発」といった人たちに、ほとんど「憎悪」と言っていいほどの生理的嫌悪感を抱いています。

それが単に「持たざる者」の「持てる者」への羨望、嫉妬、やっかみに過ぎないというのならそれはそれで構わないのです。

わたしは精神障害者ですが、知的障害者でもある可能性も高いと感じています。

さて、わたしがこのような「反知性主義者」である理由は何に起因すると考えられますか?

上に述べたように、出来ない者が出来る者へ感じる至極単純な劣等感、情けない妬み・嫉みであるというお答えでももちろん結構です。
ただ、そのようにお答えになられた場合、何故あなたはそのような結論を出されたのか?
その理由を教えてください。

このような質問をするくらいですので、精神状態はあまりよくありません。お礼が遅れることもあると思いますがご理解ください。

Aベストアンサー

質問者さん自身が、「お礼」で「『自信ありげな態度』というのはどうしても好きになれません」などと書かれてますので。
それがそのまま「理由」じゃないですかね?

すなわち、知性が嫌いなのではなくて、「知性をひけらかす」などの行為や態度が、嫌いなのでは?
もしそうなら、質問者さんに限らず、そんなのが好きな人は、少数派ですよ。(^^;)

私も、哲学やその精神や本質(知を愛す)は好きなのですが・・。
言葉遊びとか、知(智)を弄ぶ様な、一部の「哲学ゴッコ」などには反吐が出ます。
他人を論破して喜んでいる様な哲学者気取りは、哲学を語る資格さえ無いと思います。

逆に哲学の原点は、「無知の知」であって。
「知」に対しては、常に謙虚であるべきですから、謙虚さのない知性に嫌悪する質問者さんは、真に哲学的なんでしょう。

Qアラシ投稿の阿呆さについて ご意見をどうそ。

1. ひとは あたかも《カカハリ(関係)の絶対性》なるさだめのもとに 他人
(ひと)とのマジハリ(交通)に入ることになる――と言ってもよいかも知れませ
社会性とは そういうものではないかと。

2. 馬の合う人とはもういい加減にしたらというほど長い時間を過ごすこともあ
れば あいつはイヤだと思っていて・しかも一緒になる機会が多く寛い心でツキア
ヒをつづけざるを得ないこともある。そして もう耐えられない・絶交だと言って 
マジハリを解き・互いに離れて社会的なカカハリを持つ場合もある。

3. これらの例は ふつうに自然に起こる人間どうしのヨコの関係です。そして
ここで問題としたいのは このヨコのではなく もしその互いの間に上か下かとい
うタテの関係が生じたなら どうするか? です。



4. 抽象的に規定しますと 《互いのマナザシがどちらか一方が他方よりも上か
ら差して来る》といった上下の関係です。(まだほっかほかの質問として マウン
ティングの問題が出ていましたね)。


5. まづ このタテの関係については ふたつの種類があると思います。
( a ) ふたり――といった単位体を例に採りますが――のあいだにそれこそ自生
的に生じたもの。気楽なマジハリ。
( b ) そして あとは 人為的に作為的につくられたタテ関係。

6. 大昔には 身分の世襲制によって 人びとそれぞれのマナザシは どのよう
にそそぐか(注がれるか)は 決まっていたとも言えます。

7. では 現代では このマナザシは 自由の精神をもって( b )の作為的な上
下関係を打ち破っているか? マナザシは 完全に自由になったか?

8. 家族の中での――遠慮の要らない――マナザシの錯綜関係もあるでしょうし
けっきょく果ては 国と国との関係における〔こちらは〕深謀遠慮なるアマアガリ
戦術としてのマナザシ照射も 起きるのかも知れません。

9. ここで問うのは こうです。アラシ回答は アマアガリ・シンドロームに落
ち入った阿呆なるマナザシ合戦である――という命題をめぐって 思うところを述
べてくださいと。

10. また広く人間のマナザシ関係について 見解を述べてくださっても結構で
す。制約はありません。

1. ひとは あたかも《カカハリ(関係)の絶対性》なるさだめのもとに 他人
(ひと)とのマジハリ(交通)に入ることになる――と言ってもよいかも知れませ
社会性とは そういうものではないかと。

2. 馬の合う人とはもういい加減にしたらというほど長い時間を過ごすこともあ
れば あいつはイヤだと思っていて・しかも一緒になる機会が多く寛い心でツキア
ヒをつづけざるを得ないこともある。そして もう耐えられない・絶交だと言って 
マジハリを解き・互いに離れて社会的なカカハリを持つ場合...続きを読む

Aベストアンサー

荒らし投稿するのは、真面に自分の意見を持たずきちんとした考慮も無く唯単に字面を追ってそれ
に対して本能だけ(に思える)反応をし、短絡的な回答を(恰も自分の意見は正当だと思いながら)
述べているに過ぎないとボクは考えます。
そうで無い思慮深い人がそういった回答を読むと何て浅はかなといった感想を持つでしょう。
このサイト内での回答はそういった浅はかな人だけでは無く人生相談的な質問には相手の立場に
立って考え的確な回答をする人も沢山居ますし、技術的な質問に対する回答は自分の技術やスキル、
問題解決の手段を検索出来る力を持った人達が矢張り的確な回答をしてベストアンサーを沢山獲得
しています。
自分が回答出来る様な人間では無いのにしゃしゃり出るのは短絡的且思慮の浅い(AHO--)と思うのは
ボクだけでしょうか?
貴方からの補足をお待ちしています。

Aベストアンサー

>ケ・セラ・セラと言っていてよい確率は ふつうの人間のけんかだとか社
会的対立の場合に 50%を超えるのですか? それとも もっと少ない
のですか?
あるいは ケースバイケースの多様性があり過ぎますか?

質問の意味が、もう一つしっくりと判らないんだけど、ケ・セラ・セラ(What will be, will be、なるようになる)から来る、私の反応を書いておきます。

我々が複雑な構造と言うときにその言葉で表されているものに、その出現の根拠が全く違った2種類のものがある。その一つは、精密で巨大な振り子時計や昔のゼンマイ仕掛けの腕時計(ルビーの石が入っていて、何ルビーの腕時計なんて言ってたあの懐かしい腕時計)の内部や、からくり人形の内部のような複雑な機械の構造。もう一つは、生物の体の内部の複雑な構造だ。

この二つの間の決定的な違いは、時計など前者の構造の出現には、まずそれが何故作られたかの目的が前もって与えられており、さらにその目的を追考するために、その機械の外部にある者が目的や設計図に沿って作り出された複雑な構造であるのに対して、後者には、そんな目的もそれを作る外部の者も、そして前もって与えられたシナリオもなく、外界のと成り行きに任せて、擦った揉んだしながら、すなわちケ・セラ・セラってな具合に自発的に発生した複雑な構造だ。この成り行き任せで自発的に創出された複雑な構造のことを物理学では「散逸構造」って呼んでいる。

前者と後者の際立った違いは、前者は外部からのいろいろな障害や状況の変化に大変脆いのに対して、後者はそれらに対して頑強な抵抗力があることだ。何故なら、後者は外部との予期せぬ(従って確率的に起こる制御不可能な)いろいろな状況との相互作用で、成り行きに任せながらケ・セラ・セラてな具合に収まるところに収まるようにして、自発的に出来上がってくる。ケ・セラ・セラとその状態に留まっているのが(少なくとも局所的に)一番安定していることが理由で出来上がってきた構造だから、その状態を外部の者が無理やりズラしてしまっても、再びその安定状態に自発的に戻ってしまう。すなわち、自己修復の機構を持っているんだ。さらに、元々その構造が何のためにそこにあったのかなんてな目的が始めから無いんで、なんとなくそんな目的でも有ったつもりでいたのに、状況が変わって、その目的がなんだかわからなくなってしまっても意に介せずに存在し続けられる。ところが、前者には自己修復の機構もなく、また状況が変わって目的がなくなったら存在している意味すらなくなってしまうから、外部からのいろいろな障害や状況の変化に対して大変脆いんだ。

んで、さらに制御不可能な環境から、どのような仕掛けでそんな複雑で無目的な構造が自発的に創出できるのか、その条件は何かってな問題が当然浮かび上がってくる。それには3つあって、1)開放系であること、2)非線形効果が無視できなくなってしまうぐらい熱平衡状態から十分離れている「非平衡状態」にいること、3)一旦偶然に出来上がった構造を破壊するように制御不可能な形で外部から飛び込んできた要素をいつまでも覚えているんじゃなくて、その要素を「散逸」させて忘れさせてしあう仕掛けがあること、この3つだ。

あたしゃ、この文脈で「非平衡」って言葉使っているんで、ブラブラさんのこの言葉の用法とは違っているいみたいだね。

この3つの条件の中で数学的に一番面白いのは2)の非線形性だ。でも、物理的にもっと面白いのは3)だ。情報の散逸が起こるということは時間の向きの対称性が破れているってことだ。さらにその現象を数学的な方程式で書く場合、決定論的な微分方程式ではなくて、確率変数の従う非決定論的確率論的微分方程式になってしまう。だから、この宇宙って決定論的にできているのか、それとも非決定論的にできているのかという、物理学の最も基本的な問題に絡むからだ。

要するにケ・セラ・セラってえのは、神様がいるのかいないのかってな問題に絡み出す。だから、ケ・セラ・セラで出来てくる複雑な構造という最も本質的な部分を強調して「散逸構造」って名付けられたんだ。ここでの会話の成り行きだったら、「ケ・セラ・セラ構造」って呼んでも良いね。

今回は、ブラブラさんが、あたしの得意なケ・セラ・セラってな言葉を的を射て使ってたんで、今回はあんたを揶揄うのをやめて、あたしからぬ真面目な反応をしたんだ。いつもと違って、気持ち悪かっただろう。

>ケ・セラ・セラと言っていてよい確率は ふつうの人間のけんかだとか社
会的対立の場合に 50%を超えるのですか? それとも もっと少ない
のですか?
あるいは ケースバイケースの多様性があり過ぎますか?

質問の意味が、もう一つしっくりと判らないんだけど、ケ・セラ・セラ(What will be, will be、なるようになる)から来る、私の反応を書いておきます。

我々が複雑な構造と言うときにその言葉で表されているものに、その出現の根拠が全く違った2種類のものがある。その一つは、精密で巨大な振り...続きを読む

Q公理って何?

再び初歩的質問です。

「公理」を辞典で調べますと、

・数学で、論証がなくても自明の真理として承認され、他の命題の前提となる根本命題。

・論理学で、演繹的理論の出発点として、証明なしに採用される命題。

・現代においては、自明な命題ではなく、理論の前提となる仮定。

等の記述があります。

1.学問がないので、いまいちピンとこないのですが、具体的にはどのようなものがあるの
でしょうか?そして、どう理解したらいいのでしょうか?

2.「理論の前提となる仮定」から組み立てられた理論というものが、自然科学においても
検証されるとはいえ、何故、事実・真実と言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。

「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」

この命題を証明することはできません。以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。しかし誰にも証明できなかった。ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。

ロバチェフスキーは、上記の命題の代わりに

(1)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は何本でも引ける」

としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。それがいわゆる非ユークリッド幾何学の始まりでした。この幾何学で表現されている空間は曲がった空間なのです。

その後に、リーマンが

(2)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一本も引けない」

としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。この公理(2)が成り立つものとして構築された幾何学をリーマン幾何学と呼びます。一方、上記の公理(1)が成り立つものとして構築された幾何学をロバチェフスキー幾何学と呼びます。

さらに、リーマン幾何学の一つの具体的な例が球面状の幾何学であることもわかるようになりました。その場合この非ユークリッド幾何学を球面幾何学と呼ぶこともあります。

上記の事実の発見は、人類に多大な知的進展をもたらしました。なぜなら、自分の主張の論理的矛盾性をいかに証明しても、それでこの世界が解ったわけではないことが明らかになったからです。例えば、我々が埋め込まれている宇宙が上記のどの幾何学によって記述されている世界なのかは、論述の無矛盾性や整合性をいくら明らかにしても、判定できないことが明らかになったからです。

その判定には必ず実験や観測が必要である。すなわち論理的な理念の整合性に加え、事実はどうなのかを実験や観測で判定しなくてはならない。その判定をするのが自然科学なのです。そして数学は、命題の間の無矛盾性を論じる言語学であり、すなわち人文科学の一つであり、事実を論じる自然科学ではないことが明らかになったのです。

公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。

「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」

この命題を証明することはできません。以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。しかし誰にも証明できなかった。ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。

ロバチェフスキーは、上記の命題の代わ...続きを読む

Q哲学カテ界隈で話が噛み合わない現象が起きるのは何故だと思いますか?

タイトル通りです
自分で色々考えてますがたまには
他人の意見聞いてみたくなったので質問しました

私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

「話が噛み合わない現象なんて起きてないよ!」
って思う人はこの質問スルーしてください
尚、この質問は哲学的な問答を求めていません
アンケートみたいなものです

Aベストアンサー

>私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

顕著ですね。
基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。
持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。
最初から質問が目的じゃないので噛み合うはずがない。

そういった輩と、真摯に何かを探求しようとする人との違いは、論理的な根拠を示しつつ持論を展開しているかどうか、という点。
賛同を求める乞食の輩は、論理的な根拠が提示できなくなると、強引にかぶせてきますからすぐに判別できる。
どうでも良い箇所では物分かりの良い顔して猫なで声を出すのが得意ですが、いざ本丸に攻め込まれると見境も無く髪を振り乱してあたふた大声で怒鳴り散らす。
おだてられての木登りも大得意。

それでも論理を辿ることさえお互いできれば、そんなに大きな齟齬は生じないものです。
で、そういう輩に限って、自分の質問に回答がひとつもつかなかったりすると、自分の頭が良すぎて他人には理解できないのだ、などと妄想に浸りつつ、ひとり悦にいったりする。
ダダを捏ねる赤ん坊みたいなもので、誰か面倒を見てくれる人がいると世の中は平和で助かる。
見解の相違だね、とお互いに質疑を保留できる余裕があるうちは、可能性がまだある。

>私個人の現在の考えでは
「質問という体で問いかけしてるが
実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が
欲しいだけなんとちゃうかな」
って考えが主流となってますね

顕著ですね。
基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。
持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。
最初から質問が目的じゃな...続きを読む

Q存在理由=レゾンデートルの味

人は、それぞれ(仕事や近親者への情愛など)何かしらの具体的な存在理由を実感して生きているものだと思います。しかもそれは一つではなく数えれば限り無くあるでょう。言葉にはし尽くせない程に。

ところが、自分一つのシワの少ない頭を過信して、それだけであーだこーだ考え、しょぼい人生の言い訳作りをする事が哲学だと思っている様な人は、レゾンデートルをあまり実感出来ずに狭い思考空間の中に自己を幽閉してしまっている様です。

その様な人には何が起これば、自己の存在理由を味わう事ができるのでしょうか。
たとえばそれは喪失感でしょうか、失って初めて気付く様な大切なことなど。

Aベストアンサー

存在理由など考えないで生きている人が大半なのではないでしょうか。考える暇もないというか、時間に忙殺されてる人も多いし、逆に何も考えずに時間に流されている人も多い。ただ、その前提には個人的なゆるぎない背景というものがあるはずです。家族への愛情、仕事に対する情熱など。
存在理由、立ち止まって考えることができる時って、きっと出会いや別離、深い喜びや悲しみに遭遇したときなんでしょうね。そう思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング