先日、テレビで見たのですが、井戸を掘る時に水脈を見つけるのに「ダウジング」が使われているらしいです。
「ダウジング」とはどんなものなのでしょうか。
本当に、振り子などで水脈のある場所が分かるのでしょうか。
「ダウジング」は科学的に説明がつく物なのでしょうか。

出来るだけ科学的な説明をお待ちしています。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 科学というより科学の方法論の問題です。

経済も絡んでます。

 もとより、ダウジング(を含む「超能力」全般に言えることですが)の効果が存在しないことを決定的に実証する方法はありません。決定的に否定できない以上、存在すると主張する輩をあながち詐欺師と決めつける訳にはいかない。効果があるものと仮定して、具体的にどんなメカニズムがありそうなのか、色々な作業仮説を立ててみて、その仮説が正しいかどうか検証することは可能です。そして、これまでに検証に耐えた仮説はありません。しかしなお、新しい仮説を立て、新しい検証方法を考え出すことは可能である。ですからどこまで行っても完全否定(うんにゃのっと)には至らない。これが科学の方法の限界です。

 「完全には否定できない」を「肯定」と読み替えてしまう詭弁がまかり通るのは、

(1) 誰しも、超能力があったらいいなあ、という気持ちはあるから
(2) マスコミの作り手と受け手がアホだから
(3) 本気で信じ込んでいる人たちがいるから
(4) 嘘でも何でも構わない。オカルトでご飯を食べてる不誠実な人たちが居るから

であって、こういうオカルトに科学が積極的に切り込んでいこうとしないのは

(1) もっと重要なテーマがいっぱいある
(2) 詐欺師と勝負しなくてはならず、普通の実験より遙かに厳しい実験条件が必要である
(3) 再現性がないため何度も実験しなくてはならず、手間とコストが莫大
(4) 一所懸命研究しても、作業仮説の否定を繰り返すに過ぎず、何の発見もないこと請け合い。

などの理由によると思います。

 ところがですよ。
 ダウジングを医療に使う、というトンデモないことをやっている医者が、国内の複数の大学病院に実際に存在します。こういうものは放置しておけないと思うのですが、では誰が敢えて火中の栗を拾うか。
 効きめのない薬を無効だと証明する、という程度の事ですら容易でないのに、まして人の技能が介在するダウジングなんて、大変なことになります。莫大な手間とコストを掛けて、比較的マイナーな被害しか出していない(もちろん当事者にとっては生きるか死ぬかですが、経済指標や人口統計に現れるわけじゃない)ものを排除し、その結果ダウジング医療をやってきた医者(必ずしも意図的詐欺をやっている訳じゃありません)に恨まれ、その医者を信じている患者から罵られる。そういう役を誰がやるのか。誰が研究費を出すのか。

 そういう役を引き受けてくれる人が現れるまでは、「完全には否定できない」を「9割9分スカタン」すなわち「否定」と読み替える方が、遙かに安上がりで安全ですね。
    • good
    • 18

既にみなさんが回答されているように、ダウジングは人が無意識におこなっている行動や判断を、目に見える形にして利用する方法であり、「誰でもできる」と言われる一方、「個人差が大きくサイコロ振るのと変わらない」とも言われています。

(「人のカンを科学する」なんて相当難しそうですが)

では、ダウジングの失敗が放送された例を1つ。
ダウジング協会(だったけ?)の堤氏が、大竹まこと氏の司会の番組(「PCランド」たぶん東京ローカル)に出演したとき、さまざなな問題をすぐ解いてしまう堤氏に対し、大竹氏は堤氏のサイフを勝手に持ち出してスタジオのセットに隠してしまい、「さあ探してください」と言いましたが、堤氏は探し出すことができませんでした。
「こうなんじゃないか」と考えたり、「欲」があったりするとうまくいかないって。(それって無の境地?私にはとてもできません)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

皆さん 様々なご意見、ご回答をありがとうございます。

まとめてみると
・実際にダウジングで物を見つけたりすることはある
・でもはっきりとした立証はできていない。
・有力な説としては「人間が感覚的につかんだことを無意識のうちに物を通じて表している」
・中には嘘もある

といったところでしょうか。科学の今後の発展に期待したいと思います。

お礼日時:2001/07/27 23:30

ダウジングの特徴としては以下が挙げられます。


1.ダウザーは意識的に力を加えていない。
2.いかなる素材のロッドでも反応する。(木の棒でも可)
3.ロッドは人間が持たないと反応しない。

もし、ロッド自体が勝手に動くのであれば、人間が手で直接持っていなくとも反応するはずです。しかも素材には関係ないのでロッド自身の力ではないようです。ロッドを動かしているのは決して未知なる力ではなく、いろいろな情報に無意識に反応するダウザー自身の不覚筋動によるものと言われています。

実際、ロッドが人間の筋肉で動かされているという実験結果があり、ダウジング実験を筋電図で調べることにより、地中に埋まっている物体にロッドが反応した瞬間、被験者の筋肉に電気が発生することが分かっっています。つまり、ロッドは人間の筋肉により、無意識に動かされていたということになります。

無意識に動く理由としては磁場の影響が考えられているようです。実際水脈、鉱脈はそういう場所が多いそうです。
日本で言えば、中央構造線やフォッサマグナ等の断層上に鉱脈、水脈が多いことからこういった断層特有の情報を無意識の内に受けているのかもしれません。

またカクテルパーティー効果で自分の求める情報だけに敏感な状態になっていることも考えられます。赤ちゃんが一番の庇護者である親の不機嫌な状態に敏感に反応するように、地雷、水管、水脈等に反応しているのかもしれません。
    • good
    • 9

残念ながら、存在が実証されているとは言えないですね。



まともな物理学者が実験条件を統制したような場面でダウ
ジングが成功した、という話はまだ聞いたことがありませ
ん。

TVでは都合の悪い部分は放送しませんから、考慮には
値しません。例えば、3回実験をやって1回だけうまく
いった場合、成功した1回だけを放送するのがTVの
やり方ですから。

それでも自分の体験から効果があると信じている人もいる
ようなので、あえて説明をつけると、「自己暗示」が関係
しているように思えます。

催眠術で「ほーら、だんだん手が上がってくる」というと
被験者の腕が上がってくるように、暗示は筋肉の動きに
影響を及ぼすことができます(TVの催眠術はショーなの
かもしれませんが、催眠現象自体は実在します)。

水脈や水道管探しは、その道のプロがやっていることがミソ
です。井戸掘りのプロは地形、地質、植物の生え具合などを
見れば、水脈の有無をある程度経験的に予測できるはずです。
水道局員は土地の区画をみれば、どこに水道管が設置され
るのが普通か分かるでしょう。

結局、「水脈や水道管がある可能性が高い場所」を彼らは
知っているのですから、そこで自己暗示が働いて振り子や
針金を無意識的に動かしてしまっても何の不思議もないよ
うに思います。

もうひとつの説明は人間の記憶の特性です。人は驚くような
ことが起こるとしっかりと記憶しますが、たいしたことのない
ものはあまり覚えていません。ですから、ダウジングを使っ
て外れたことは忘れがちで、当たったことばかり記憶に残り
ますから、まるで確率が高いように感じてしまいます。

2番目の説明は「マーフィーの法則」の説明原理でもあります。
個人的には2番目のだけで充分だと思いますが...
    • good
    • 5

私の知る限りの話ですが、現代の科学では説明できない事柄に属するかと


思います。

ダウジングの効果については、水脈や水道管を探す時などによく使われて
おり、経験的に効果があることは歴史的に知られているようですが、その
原理についての科学的な説明というのはまだ解明されていないようです。

しかしながら、方位磁石などは電磁力の原理が解明される何百年も前から
実用化されていましたし、琥珀を擦ると細かい物が引き寄せられる現象は、
静電気の働きが科学的に解明される以前から知られていました。

ダウジングの原理の解明については、今後の科学の発展に期待します。
    • good
    • 4

前にTVで実験してました。

俗に言う宝捜しゲームをダウジングで捜すのです。かなりの確率で見つけていました。そのときはL字金属棒だったんですが、金属との関係を調べるために、木製L字棒でやっても、結果は同じでした。
その他にも、色々と検査した結果人の力により棒を動かしているとの結果にたどり着いたようです。
しかしながら何故というのは未解明のままでした。
そこで、知ったのですが、ベトナム戦争でも地雷発見器が不足していたために、ダウジングで地雷探知を行っていたらしいのですが、それもきちんと発見していったそうです。

ここから先はあくまでも私感ですが、物質があると重力異常を起こすので何らかの形で人がそれを感知し、自然に筋肉運動が起こると考えるのが自然のような気がしますが・・・どうなんでしょうね?
    • good
    • 7

>「ダウジング」とはどんなものなのでしょうか。



振り子のようなものもありますし、L字型の棒状のようなものもあります。
振り子の場合は振りの違いで、L字型のものは、左右に開くことで
特定の場所だということが分かるようです。

>本当に、振り子などで水脈のある場所が分かるのでしょうか。

経験談では、かなりの確率で当てるそうです。
水道管の亀裂を探すのに使ったと聞いた事があります。

>出来るだけ科学的な説明をお待ちしています。お願いします。

説明がつかないこともあるんじゃないでしょうか?
地中に埋まった水道管の亀裂なんて非破壊検査でも行わない限り
わからないですし。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ダウジング」は科学的に説明ができるのか?

先日、テレビで見たのですが、井戸を掘る時に水脈を見つけるのに「ダウジング」が使われているらしいです。
「ダウジング」とはどんなものなのでしょうか。
本当に、振り子などで水脈のある場所が分かるのでしょうか。
「ダウジング」は科学的に説明がつく物なのでしょうか。

出来るだけ科学的な説明をお待ちしています。お願いします。

Aベストアンサー

 科学というより科学の方法論の問題です。経済も絡んでます。

 もとより、ダウジング(を含む「超能力」全般に言えることですが)の効果が存在しないことを決定的に実証する方法はありません。決定的に否定できない以上、存在すると主張する輩をあながち詐欺師と決めつける訳にはいかない。効果があるものと仮定して、具体的にどんなメカニズムがありそうなのか、色々な作業仮説を立ててみて、その仮説が正しいかどうか検証することは可能です。そして、これまでに検証に耐えた仮説はありません。しかしなお、新しい仮説を立て、新しい検証方法を考え出すことは可能である。ですからどこまで行っても完全否定(うんにゃのっと)には至らない。これが科学の方法の限界です。

 「完全には否定できない」を「肯定」と読み替えてしまう詭弁がまかり通るのは、

(1) 誰しも、超能力があったらいいなあ、という気持ちはあるから
(2) マスコミの作り手と受け手がアホだから
(3) 本気で信じ込んでいる人たちがいるから
(4) 嘘でも何でも構わない。オカルトでご飯を食べてる不誠実な人たちが居るから

であって、こういうオカルトに科学が積極的に切り込んでいこうとしないのは

(1) もっと重要なテーマがいっぱいある
(2) 詐欺師と勝負しなくてはならず、普通の実験より遙かに厳しい実験条件が必要である
(3) 再現性がないため何度も実験しなくてはならず、手間とコストが莫大
(4) 一所懸命研究しても、作業仮説の否定を繰り返すに過ぎず、何の発見もないこと請け合い。

などの理由によると思います。

 ところがですよ。
 ダウジングを医療に使う、というトンデモないことをやっている医者が、国内の複数の大学病院に実際に存在します。こういうものは放置しておけないと思うのですが、では誰が敢えて火中の栗を拾うか。
 効きめのない薬を無効だと証明する、という程度の事ですら容易でないのに、まして人の技能が介在するダウジングなんて、大変なことになります。莫大な手間とコストを掛けて、比較的マイナーな被害しか出していない(もちろん当事者にとっては生きるか死ぬかですが、経済指標や人口統計に現れるわけじゃない)ものを排除し、その結果ダウジング医療をやってきた医者(必ずしも意図的詐欺をやっている訳じゃありません)に恨まれ、その医者を信じている患者から罵られる。そういう役を誰がやるのか。誰が研究費を出すのか。

 そういう役を引き受けてくれる人が現れるまでは、「完全には否定できない」を「9割9分スカタン」すなわち「否定」と読み替える方が、遙かに安上がりで安全ですね。

 科学というより科学の方法論の問題です。経済も絡んでます。

 もとより、ダウジング(を含む「超能力」全般に言えることですが)の効果が存在しないことを決定的に実証する方法はありません。決定的に否定できない以上、存在すると主張する輩をあながち詐欺師と決めつける訳にはいかない。効果があるものと仮定して、具体的にどんなメカニズムがありそうなのか、色々な作業仮説を立ててみて、その仮説が正しいかどうか検証することは可能です。そして、これまでに検証に耐えた仮説はありません。しかしなお...続きを読む

Q実体振り子、単振り子の違い

実体振り子と、単振り子では同じ微小振動でも、慣性モーメントが入ってるか入っていないかで、微小振動の値はかわってきますか?実体振り子で慣性モーメントを考えにいれる場合の計算方法は、回転半径Kをもとめ、lを相当単振り子のながさとして、周期TをT=2π√l/gで求めるやり方でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

よいです。

Qダウジングについて教えて下さい

ダウジングはロッドや振り子を使って失くした物や水脈を捜すということですが、道具はロッドと振り子のどちらが良いのでしょうか?
実際に使って効果はありましたか?ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

地中の水道配管を探るのにダウジングを利用したことがあります。
これは神秘的なものではなく、地球の磁力を利用した科学的なものだと思います。

振り子は知りません。
太い針金を、1:3の割合でL字に折り曲げ、1の部分を両手に持って配管のありそうなところを探します。
ちょうど配管の真上に来ると、前方に2本そろっていた針金が、配管の向きに合わせて開きます。
戻ればまた閉じます。

いままで確立はほぼ100%、外れたことは一度もありません。役立ちますよ。

Q実体振り子(物理振り子)って何?

実体振り子とは何ですか?
単振り子とは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

単振り子は、周期的振動を示す別の力学系である。上端を固定した長さLの軽い紐の他端の吊るした質点mからなるもののこと。
実体振り子、うち等では物理振り子と言っています。物理振り子とは、任意の剛体をその質量中心を通らない固定軸線から吊るしたもののことを言う。
 この二つの違いと言うと、求める公式と振り子の物体が球かそれ以外といううことです。

Qダウジングについて質問!

最近、ダウジングに凝っています。
的中率は90%くらいなのですが、たまに大きくハズレたりもします。
それも、大事な問題に関してハズレたりするので、困ってしまいます。
ちなもに現在、使用している道具は裁縫用の糸と五円玉です。
そこで、ダウジングをやっていらっしゃる方にお聞きします。
みなさんの的中率って、何割くらいなんでしょうか?
また、使用している道具は、どのような物なんでしょうか?
その他、ダウジングについてアドバイスがあれば、
何でも良いので教えてください!

Aベストアンサー

私の的中率は70%くらいですが、確かに
道具によっても違うような気がします。

過去の経験では、『ガムランボール』を使っていた時が
一番当たっていたと思います。

銀で出来た神聖なアクセサリーなので、
やはり効果が高いのかもしれません。

『ガムランボール』は沢山の種類がありますが、
シンプルなものをおすすめします。

ご参考まで
  ↓
http://www.e-mother.jp/SHOP/JL0005.html
(ペンダントとしても可愛いし、お守りにもなる
タイプです。)

参考URL:http://www.e-mother.jp/SHOP/JL0005.html

Q単振り子、ばね振り子のそれぞれの周期を教えてくだい

「地表で、ばねの長さを半分にし、単振り子は糸の長さを半分にして鉛直面内で振らせるとき。

ただし、ばねの長さを半分にするとばね定数は2倍になる。」

この問題の単振り子、ばね振り子のそれぞれの周期を教えてください。

Aベストアンサー

「地表で、……振らせるとき。」で切れてしまっていて、問題がはっきりしませんが。


最後にある「それぞれの周期」がいくらになるかは、具体的な条件(ばね定数とか糸の長さとか)がわからないと答えられないので、

……振らせるとき、元の周期の何倍になるか

というようなこととして、回答します。

ばね振り子の周期は T=2π√(m/k) なので、k が 2倍 になると T は1/√2倍になります。
単振り子の周期は T=2π√(L/g) なので、L が 1/2 になると T は 1/√2倍になります。

Qダウジング 選択問題を的中

東村アキコ著;『かくかくしかじか』で見たのですが・・・

実際にテストなどでダウジングにより答えを見出すことができるのですか?
例えば、「選択問題1~3のどれかをダウジングにより答えを的中させる」
 
ちなみにどうやって的中させるのですか?

本当にできるのかどうかが気になったので質問しました。
まとまっていない文章で失礼しました。

回答よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

ダウジングを行う立場からの意見ですが、
まず、ダウジングで得られる答えは100%正しいわけではありません。

ダウジングの原理は、一般的には潜在意識の活用とされていますが、
そのために必要なのが、環境、何も考えない精神力、情報、であり、
間違う時の原因は、集中力の欠如、先入観、無知、が3大原因です。

つまり、周囲に人がいない、誰にも監視されておらずストレスのない、
事務所や教室みたいな場所ではなく、雰囲気的にリラックスできる環境、
それでいて、その事柄に対してある程度の知識があって、
なおかつ、自分なりの答えを持っていないフラットな思考状態、
全て揃っている必要があるわけです。
しかも、精神統一するまでに時間がかかります。
アメリカで有名なダウザーがテレビに出演して、
子供達の、埋めたけど場所がわからなくなったタイムカプセルを、
ダウジングで探してあげる企画がありましたが、
一個に半日かかってました。(確かに見つけたから凄いっちゃ凄いけど)

要するに、テストの問題をダウジングで解くためには、
予め一時間は精神統一できる環境が整っていて、
一問に数時間の回答時間を与えられ、
テストを受ける場所は自分で選べるのが必須条件で、
テストを受ける空間には自分以外誰もおらず、
カメラ等で監視もされていない、
精神状態も健康状態もすこぶる良い日を当日に自分で選べて、
近くにおやつもジコーヒーもあっていつでも食べられる状態、
そのための勉強もしていながら、自分なりの見解を持たない、
それだけやっても答えは100%の保証はない。

正直、ペーパーテストでは実用的ではないでしょう。

ダウジングを行う立場からの意見ですが、
まず、ダウジングで得られる答えは100%正しいわけではありません。

ダウジングの原理は、一般的には潜在意識の活用とされていますが、
そのために必要なのが、環境、何も考えない精神力、情報、であり、
間違う時の原因は、集中力の欠如、先入観、無知、が3大原因です。

つまり、周囲に人がいない、誰にも監視されておらずストレスのない、
事務所や教室みたいな場所ではなく、雰囲気的にリラックスできる環境、
それでいて、その事柄に対してある程度の知識があって、...続きを読む

Q一次元井戸型ポテンシャル、井戸の外でのシュレディンガー方程式は?

井戸の深さが無限の一次元井戸型ポテンシャルで、井戸の外において電子が満たすべきシュレディンガー方程式を求める問題があるのですが、井戸の外では波動関数φ(x)=0なのでシュレディンガー方程式は0になると考えたのですが、合っているでしょうか?

Aベストアンサー

合っています。

Qダウジングのやり方について

ダウジングに興味があって、真鍮のペンジュラムを購入しました。

さっそく、試してみたのですが、上下にかすかに動くだけで、説明にあるような右回転や左回転などのはっきり分かる動きがわかりません。

まだ、ぺーぺーの初心者ですが、ダウジングについて詳しい知識のある方の意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

ダウジングは潜在意識との交流です
心で念じて試してください。

何度もやっていれば、わかるようになります。

Qばね振り子の力学的エネルギーの証明

ばね振り子の振動中の任意の一点と自然長でのばね振り子の力学的エネルギーが等しいことを証明しようと思うのですが、うまくいきません。
外力が働かないため、力学的エネルギー保存則が成り立っているといえばそれまでなのですが、そうではなく、実際に計算によって確かめたいのです。

ばね定数kのばねに重さmの重りをぶら下げた時の釣り合いの位置をd(つまり、mg=kd)とする。
自然長(×つり合いの位置)Oでの速さをv0、任意の点Yでの速さをv、長さをyとすると、力学的エネルギー=運動エネルギー+重力の位置エネルギー+弾性エネルギーより、
E(Y)=mv^2/2+mg(y-d)+k(y-d)^2/2
E(O)=mv0^2/2+0+0

よって、
E(O)-E(Y)=m(v0^2-v^2)-(mg(y-d)+k(y-d)^2/2)
=……
などと計算を続けたのですが、自分ではうまく0にできません。

どなたか模範回答をご教示ください。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべてをきちんと説明しようとすると、運動方程式を解いてやらなければなりませんが、ここでは、おもりは、釣り合いの高さを振動の中心とする単振動すること、単振動の公式から、位置(高さ)y座標と速度vはわかっているものとして進めることにしましょう。
質問者さんが高校生なら、これで十分でしょう。
 
原点位置を振動の中心とする単振動は
y=d・sinωt  (ア)
v=dω・cosωt (イ)
と書けます。
ここで、角振動数ω=√(k/m)です。 (ウ)
また、釣り合いの位置の情報から
mg=kd  (エ)
 
以上が準備。
添付図(必ず図を描くようにしましょう!)を見ながら、エネルギーを数式化します。
重力による位置エネルギーU
U=-mg(d+y)
弾性力による位置エネルギーUk
Uk=(1/2)k・(d+y)^2
運動エネルギーK
K=(1/2)mv^2
ですから
力学的エネルギーEは
E=-mg(d+y)+(1/2)k・(d+y)^2+(1/2)mv^2
これに、(ア)~(エ)を適切に代入します。
 
途中で出てくるω,kを(ウ)および(エ)を利用して、d,gで表すようにするとまとめ易くなります。変数tが残ってしまうことが心配でしょうが大丈夫、最終的には消えてしまいます。
三角関数の公式
(sinθ)^2+(cosθ)^2=1 
も使うようになるでしょう。
 
変形していくと、E=0 になりますよ。

すべてをきちんと説明しようとすると、運動方程式を解いてやらなければなりませんが、ここでは、おもりは、釣り合いの高さを振動の中心とする単振動すること、単振動の公式から、位置(高さ)y座標と速度vはわかっているものとして進めることにしましょう。
質問者さんが高校生なら、これで十分でしょう。
 
原点位置を振動の中心とする単振動は
y=d・sinωt  (ア)
v=dω・cosωt (イ)
と書けます。
ここで、角振動数ω=√(k/m)です。 (ウ)
また、釣り合いの位置の情報から
mg=kd  (エ)
 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報