ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

現行ワゴンRにモニター付きオーディオ(Pioneer 99000-79BM7)を装着してAppleCarPlayがしたいのですが。
アクセサリーカタログをよおく読んでいると
「別売りのUSBソケット、アタッチメント、USB接続ケーブルが必要になります。」
と書いてありました。
「Pioneer 99000-79BM7」だけを付けただけでは、USB端子は存在しない車になるのでしょうか?
もしくは「Lightningコネクタ端子」が出ているのでしょうか?
※純正ナビを付けた場合にでも「スマートフォン連携」できるはずなので、USB端子が出ているのか
 「Lightningコネクタ端子」が出ているのか知りたいです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

OEM向けは若干異なる場合がある。


よってディーラーさんに問い合わせるのが確実でしょう。
https://jpn.pioneer/ja/support/dop/suzuki/iphone/
99000-79BM7-000(PVH-9300DVSZS)

PVH-9300DVSZSですと、
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/car_av/av_mai …
付属品にUSB 接続ケーブルとなっています。
どこにUSB端子を取り付けてくれるかは、店に聞いて下さい。

https://jpn.pioneer/ja/support/manual/manual_pdf …
取説P67
Lightning - USBケーブル(別売)
例:「CD-IU010」
iPod用USB変換ケーブル(別売)
例:「CD-IU51」
USB-マイクロ USB の場合
「CD-U320」(別売)に同梱
USB Type-C の場合
「CD-U510」(別売)

となっております。
Lightningコネクタ端子とかの携帯電話などに取り付ける部分は別売ってことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございました。 

実際にワゴンR、スペーシアでAppleCarPlay使用されている方、いかがでしょうか?

お礼日時:2019/01/20 13:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEV車は、ガソリンやディーゼルエンジンより古く明治時代後期には世界の40%を占めていたのに、今EVは

EV車は、ガソリンやディーゼルエンジンより古く明治時代後期には世界の40%を占めていたのに、今EVは先進技術てバッテリーがリチュムイオンだからですか?

Aベストアンサー

「最新技術」と勘違いしていますね。
「先進」というのは全くなかったものに対する表現ではありません。
あるジャンルのなかで一番良いとされて研究されているものです。

決して新しくはない電動車両。
それを最新技術を用いて開発している現状です。
当時では全く不可能だった機器制御が可能な時代にその技術を使っているので先進。

つまり
電動車両が新しいのではなく電動車両を構築する技術が新しいということ。

Qドライブ レコーダーの定期的な「フォーマット」について

「初めて」ドライブ レコーダーを買う予定です

で、ケンウッドで聞いたのですが、使用するマイクロ SDカードは「2週間おきぐらいにフォーマット」しなければいけない、と聞きました

「そんなに面倒な事をしなければいけないのでしょうか?」
「そんな事は、想像だにしなかったのです」

どのメーカーと言えども、そのような面倒な事をしなければならないのでしょうか?

詳しい方、宜しくお願いします

Aベストアンサー

2週間に1度のフォーマットはメーカーの推奨です。

例えるならば、エンジンを始動する都度ファイルができていくので、その数が
ある一定数に達するとどこを消してどう書き込むのか? というのをうまく判断
できなくなり、「いざ煽り運転被害に遭ったので警察に通報すると何も映ってない」
というブラックアウトという現象があったりする。

基本は容量の大きなmicro-SDカードを使う。1枚の容量が大きな程たくさん記録でき
フォーマットをし忘れても映っているケースがある。

ドラレコとかは、「micro-SDカード付属」 となっていたりして、購入時の価格を
抑える感じ。

でも、高性能なものではないおまけ程度のものです。

一般的に高温となるフロントガラス上部とかに取り付けるのがドライブレコーダーです
ので、「ひと夏使うと翌年ドライブレコーダーそのものが故障したりする」

micro-SDカードは、SSDとかと一緒でコントローラーの性能が全体を左右しますので
熱にも弱い。

そんな感じですので、「そこそこ高性能なmicro-SDカードを1年に1度新品と入れ替えてね」
という感じです。


■参考資料:Transcend 高耐久 microSDHCカード MLCフラッシュ搭載 (ドライブレコーダー向けメモリ)32GB Class10 TS32GUSDHC10V
https://www.amazon.co.jp/Transcend-microSDHC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-MLC%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E6%90%AD%E8%BC%89-%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA-TS32GUSDHC10V/dp/B01BDKTQY6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1548667909&sr=8-1&keywords=micro-sd%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89+%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

1年に1度、前と後ろを買い直しても、たかが知れているという感じです。
やはり安全性とかに直結しますので、そこそこ高性能なものがお勧めとなります。

警察の威信をかけたプロジェクトとして煽り運転ドライバー検挙とかは全国の警察でも
取り組みされていますが、そもそもそこに認知症ドライバーとかも含まれてくるので
事故でも起きた際に、ボケたこと言われたりするとどうにもならない。

2週間に1度のフォーマットはメーカーの推奨です。

例えるならば、エンジンを始動する都度ファイルができていくので、その数が
ある一定数に達するとどこを消してどう書き込むのか? というのをうまく判断
できなくなり、「いざ煽り運転被害に遭ったので警察に通報すると何も映ってない」
というブラックアウトという現象があったりする。

基本は容量の大きなmicro-SDカードを使う。1枚の容量が大きな程たくさん記録でき
フォーマットをし忘れても映っているケースがある。

ドラレコとかは、「micro-SDカード付...続きを読む

Q1970年代のクルマ

スカイラインやフェアレディZ、サバンナRX7、セリカ1600GT、いかにも早そうなクルマが懐かしい。 ところが、スペックを見てみると今と比べて大したことない。 車体が軽かったとは言え、あんな馬力でみんなワクワクできたのか?

当時のクルマに乗ったことがある人に質問。 早かったのですか? 今との比較で楽しい点や優れた点があれば教えてください。 燃費や室内騒音、乗り心地も気になります。

Aベストアンサー

免許を取得した時、SA(初代RX-7)もKP61(FRスターレット)もバリバリの新車だった世代です。AE86(レビン/トレノ)もホンダAE(初代CR-X)も、まだウワサすらありませんでした。

>早かったのですか?

・・・今では、当時のクルマに幻想を抱いている若い衆が多いですが、ハッキリ言って遅かったです。
 勿論、現行の同排気量車とは比較にならないほどの低性能なのは当然としても、当時の同クラスの欧州車と比較しても、話にならんほどの低性能ぶりでした。

※実のところ日本製エンジンは、’70年代末、馬力やトルクでは既に欧州製に並んでいました。例えば1600㏄クラスでは、日本製エンジンは世界最速の部類だったと思います。
 がしかし、とにかくモッサリとしていて『上が回らない』『回転が落ちない』のです。どのエンジンもレッドゾーン近くでは『快音』とは程遠い悲鳴を上げ、『メ一杯引っ張る』という表現が相応しいほど、ムチャクチャ無理を強いてレッドまでの残り1000rpmを使う、っという感覚でした。当時希少なDOHCエンジン・・・2T-Gや18R-G(トヨタ)、G181W(いすゞ)でさえこんな感じです。
 速いかどうかはともかくキモチよいかどうかというと、そういう面での魅力は全く無かった、と断言出来ます。

※ハンドリングは更にひどく、この点では日本車は欧州車の域に全く達していませんでした。
 グニャグニャの車体(峠を攻めていると、車体が捩じれるのが判ったほど)、減衰の低いスカスカのダンパー、剛性が低く中立付近で曖昧な操舵系、『絶対に深く考えてない』としか思えない不可解なジオメトリのサス、3回のフルブレーキングでフェードするブレーキ、こんなクルマでよく輸出出来るな~っと逆に感心するレベルでした。(FRでもFFでも、基本的にはイノシシの様な『クソどアンダー』ばかりで、ハンドリングを評価する気にもなれないレベルです。)
 ’60年代の欧州車は、今日運転しても感銘を受けるハンドリングのクルマが多いですが、ワタシ個人は’70年代の日本車に、同様の感銘を全く受けません。ワタシにとって’82~83年頃までの日本車は、殆んどが評価の価値もない、ハンドリングに面白味のない『途上国のクルマ』に見えてしまいます。

※まぁ例外的に優れたハンドリングのクルマも、ごく少数ながらあるにはありましたが・・・・例えばPF60E(いすゞの初代ジェミニでDOHCエンジンを載せたヤツ)は、『ノーマルで競技に参戦出来る』ほどのハードなサスで登場してビックリしましたが、そもそもあれはドイツ車だし(PFのシャシはオペル設計)、当然乗心地は悪夢でした。
 当時の日本車でハンドリングに振ったグレードの殆んどがこんな異常な感じで、チューニングのレベルが低いのか基本設計に間違いがあるのか、何れにしろロードカーとしては失格ですね。

※当時の日本車を『それなりに速かった』『面白かった』と評価しているのは、クルマを改造していたヒト達です。
 当時の日本車はスカスカで改造し易く、また上述した様にノーマルではゴミ同然?なので、ちょっとした改造による性能の変化が判りやすかったという事もあります。
 がしかし、当時の車両改造に対する規制は理不尽で厳しく(感覚的には現代の3倍厳しく、30倍理不尽な感じ)、また改造車検取得も、不可能ではありませんが大変な困難が伴いました。(車体の色を塗り替えただけでも車検で揉めました。)
 現代の様に、『趣味感覚でタイヤサイズを変えたり車高を下げたり、マフラーを交換したり』というのは事実上不可能でしたし、マイルドヤンキーでない善良な一般市民が気軽にやることではありませんでした。
 この時代の日本車が、ノーマルでは全く面白味のないクルマばかりだったのは確かです。

・・・・っというワケで。
 現代、当時のクルマに乗って感心することがあっても、それはエンジンやサスが改造されていたり、タイヤが全く違うものに交換されているケースが殆んどです。
 まぁ当時の部品が手に入らない以上、仕方のないところでもありますが(タイヤすら、当時のサイズのものはなかなかありません)、何度も修理や整備、或いは最新の技術による改良が加えられ、それで現代まで生き残っているのが当時のクルマ達です。『新車の頃からこういう性能だった』ワケではありません。
 フルレストアされ、中古車屋で¥400万で売られている当時のクルマと、田舎の納屋で発掘された『当時そのまま』の中古車とはゼンゼン違うという事です。

免許を取得した時、SA(初代RX-7)もKP61(FRスターレット)もバリバリの新車だった世代です。AE86(レビン/トレノ)もホンダAE(初代CR-X)も、まだウワサすらありませんでした。

>早かったのですか?

・・・今では、当時のクルマに幻想を抱いている若い衆が多いですが、ハッキリ言って遅かったです。
 勿論、現行の同排気量車とは比較にならないほどの低性能なのは当然としても、当時の同クラスの欧州車と比較しても、話にならんほどの低性能ぶりでした。

※実のところ日本製エンジンは、’70年代末、馬力やト...続きを読む

Q車の購入について

車の購入を検討しています。

友達とたまたまトヨタのフェアに行き、以前から欲しかった車に試乗し、見積もりも作ってもらいました。
その時担当してくれた営業さんがとても感じのいい人で。
冷やかし感のあったであろう私たち二人(実際、最初は見るだけ見よ〜くらいの気持ちでした)を丁寧に接客してくれ、きちんと昨日の説明、さらに見積もりもかなり下げた見積もりをだしてくれました。

とても感じのいい人だし、予想よりかなり安い見積もりだったので、両親に相談して、購入しようと思っていました。

その話を姉にもしたところ、姉の夫の知り合いに同じディーラーの人がいるらしく、今の見積より5、6万安く出来るといわれました。

私としては、冷やかしの客にも丁寧に接してくれた営業さんのところで買いたいとおもっているのですが、姉は営業マンなんてそんなもんだ、どうせ車検を別のところでしたら付き合いなんてないし、そんな情に流されてさらに安くしてくれるところで買わないなんて馬鹿だ。ということをいわれました。

正直10万以上変わるなら、営業さんに事情を説明し、姉の知り合いのところで買おうと思いますが、5、6万のことだし、むしろ、知り合いでもなんでもない私にすごく親身に自分の限界まで安く見積もりしてくれた営業さんに好感をもってます。

みなさんだったらどちらで購入しますか?

車の購入を検討しています。

友達とたまたまトヨタのフェアに行き、以前から欲しかった車に試乗し、見積もりも作ってもらいました。
その時担当してくれた営業さんがとても感じのいい人で。
冷やかし感のあったであろう私たち二人(実際、最初は見るだけ見よ〜くらいの気持ちでした)を丁寧に接客してくれ、きちんと昨日の説明、さらに見積もりもかなり下げた見積もりをだしてくれました。

とても感じのいい人だし、予想よりかなり安い見積もりだったので、両親に相談して、購入しようと思っていました。
...続きを読む

Aベストアンサー

その知り合いのディーラーに見積書を出してもらって、それを先の営業さんに見せて
「こんな条件が出ているんだけど、そちらにしてもいいだろうか?」と相談してみれば
その営業さんの店としての再見積もりが出るでしょう。

それで条件が少しでも縮まればその時点で考え直してみればいいですし
「とてもそれには対抗できません」と返事が来れば知り合いのディーラーから買えばいいでしょう。

競い合わせるわけじゃなく、礼儀としてそれまでの流れを知らせて了解を取るのが
店や人との付き合いの基本だと思います。

Q車の暖機について。

特に冬季に限ってなのですが、車のエンジンを始動させてからメーター内の水温の青いマークが消えるまで(約10分程度)暖機をしてから運転しているのですが、今の車は暖機運転というのは必要でしょうか?いきなりエンジンを高回転までまわしたりしなければ、始動直後、すぐに走り出しても問題ないでしょうか?

また、暖機については、やる必要はないが、やらないよりは良いという感じなのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガソリンが無駄になるので10分ものアイドリングはしません。
エンジン始動、シートベルト装着、発進、その短時間で十分です。
というか、反論的回答をもらうために意図して{約10分程度}としたよね?
17もの回答がもらえらえたので満足ですか?

エンジン始動直後は有害成分が排気ガスに含まれている云々は嘘ですね。
触媒で基準値以下に抑えています。

油膜切れ状態からエンジンを回す。
冷間でオイル粘度が高いのでポンプで吸い上げきれず
油膜切れの状態からエンジンを回すのでトラブルが云々も嘘。
最近の低粘度オイルは冷間時でも低粘度なので十分に循環する。
油膜保持性も高いので油膜切れも起きにくい。

AT、ハブ、軸受など駆動系が冷えているのでエンジンの暖機が必要なんて迷解答も出たけど
君へのミスリード回答だって理解できてる?
君が妙竹林な質問を繰り返すからからかい半分の回答が出ることは覚悟しておこうね。

QブレーランプをLEDに変えたら暗いと文句を言われましたが車検はパスしています。

ブレーランプをLEDに変えたら暗いと文句を言われましたが車検はパスしています。
言わないだけで暗いと思っている人も多いんですかね?
昼間はブレーキランプが見えにくいかもしれませんが車検OKならこのままで大丈夫ですかね?
ケチって安いものを買ったら思ったより暗かったです。

ただプリウスみたいに眩しすぎるのもイライラしますが純正なら仕方ないし、わざわざ文句を言いに行くこともないですが、1世代前のプリウスのLEDブレーキランプは眩しくてイライラする。

Aベストアンサー

社外品だとLEDの指向性が強いせいか角度によってはとんでもなく見難いものがあります。
恐らくそういうのを引いたんだと思います。

ご質問者様のテールランプを当てにして運転しているのは通りすがりの不特定多数の後続車の皆さんです。
ぶっちゃけ持ち主以上に使ってる(爆)状況ですのでサービスすべきでしょう


結論としてはノーマルの白熱球仕様に戻すことをお勧めします。
テールライトは光ってナンボです。
ドレスアップ目的ならなおさら「光ったらエラクしょぼかった」というのは致命的だと思うのですが(涙)

Q衝突安全装置が働いて事故には、あいませんでしたが、急ブレーキをかけました。 後ろにいた車が、そのあと

衝突安全装置が働いて事故には、あいませんでしたが、急ブレーキをかけました。
後ろにいた車が、そのあと、猛スピードで、逃げました。
私に、ぶつかったわけでは、ありませんが、これは、どういう状態ですか??

Aベストアンサー

避けて走り去った。それだけでしょう?

Q18年式のエブリィにユピテルのスターターを自分で付けたのですが、スペアキーで開けると無いはずのイモビ

18年式のエブリィにユピテルのスターターを自分で付けたのですが、スペアキーで開けると無いはずのイモビが発動してホーンが鳴って困ってます(TT)繋ぎ方間違えたのでしょうか?

Aベストアンサー

>スペアキーで開けると~
とありますが、それは「セキュリティアラーム」が作動しているだけではないでしょうか。

スズキ車のセキュリティアラームを作動させないようにするには、
・セキュリティアラームが作動開始するよりも早く(ドアロック解除→ドア開放から30秒程度?)にイグニッションスイッチをON位置(走行可能な位置)にする。
・ドアロックを掛ける時にも(リモコンボタン操作ではなく)ドアのキーシリンダーにキーを挿して回してロックをする。
・(ロックを掛けた時と同様に)純正キーのワイヤレスリモコン操作でドアロックを解除する。
・車両側の設定を変更してセキュリティアラームの機能自体を停止させる。(設定変更のやり方は車両の取扱説明書に記載されています)
・別売りのアダプターを取り付けてリモコンエンジンスターターのリモコンでワイヤレスドアロック操作をできるようにする。(取り付けられたリモコンエンジンスターターの品番が分かりませんので違うかもしれませんが「A-17SF(2,000円)」&「A-70Ⅱ(6,000円)」?)
…などの方法があります。

ちなみに「セキュリティアラーム」は簡易的な盗難防止装置で、ワイヤレスリモコンによる操作やドアノブの近くにあるリクエストスイッチ(←車種年式グレードなどによって装備の有無があります)の操作などによってドアロックをしたときは、他の手段(※)でドアロックを解除してドアを開けるとハザードランプの点滅&ホーンの断続的な鳴動が(イグニッションスイッチをON位置にするまでor車両のバッテリーがあがるまで)止まらなくなるというものです。
※ドアのキーシリンダーにキーを挿して回してロックを解除する、(窓ガラスを割るなどして)車内側のドアロックノブを操作してロックを解除する、など。

>スペアキーで開けると~
とありますが、それは「セキュリティアラーム」が作動しているだけではないでしょうか。

スズキ車のセキュリティアラームを作動させないようにするには、
・セキュリティアラームが作動開始するよりも早く(ドアロック解除→ドア開放から30秒程度?)にイグニッションスイッチをON位置(走行可能な位置)にする。
・ドアロックを掛ける時にも(リモコンボタン操作ではなく)ドアのキーシリンダーにキーを挿して回してロックをする。
・(ロックを掛けた時と同様に)純正キーのワイヤレス...続きを読む

Q新品スタッドレスタイヤは慣らしをしないで走行するのは危険ですか?

新品スタッドレスタイヤは慣らしをしないで走行するのは危険ですか?

Aベストアンサー

市販されているタイヤの表面には、
ゴム質の保護のために、うっすらとWAXがぬってあります。
4輪のタイヤの場合、それは、30分も走行すれば、とっくに取れてなくなるような
微量なものです。

スタッドレスタイヤの場合、
パターンというか、タイヤの切れ目が多いですし、ゴム質が柔らかいので、
慣らしは特にしなくても、走行性能に影響は出ません。
いきなり、雪道に入っても、十分に性能を発揮します。
そして、雪のない舗装路でしたら、全く影響はありません。
どうしても、気になるのでしたら、
ゆっくり3分ぐらい走ってもらえれば、OK.
というか、必要ないでしょうね。
4輪ですから。

よく言われる、タイヤの慣らし運転は、
ハイグリップタイヤで、峠を攻めたり、ハイスピードな条件での走行を
する前には、十分にタイヤの表面を暖めて、少しけずれた状態の方が
グリップ力が最大に発揮する、というものです。

もう一つは、2輪のタイヤの場合です。
バイクだと、コーナリングでバイクを倒すので、
タイヤの表面のWAX分は、ない方が安心なのです。
タイヤが新しくて、路面温度が低くて、少し濡れていたりすると、
グリップが弱いですからね。
まあ、2輪なので。

ということで、4輪はそこまでシビアに考えなくても、
タイヤがグリップを失うことはありませんので、ご安心を。

市販されているタイヤの表面には、
ゴム質の保護のために、うっすらとWAXがぬってあります。
4輪のタイヤの場合、それは、30分も走行すれば、とっくに取れてなくなるような
微量なものです。

スタッドレスタイヤの場合、
パターンというか、タイヤの切れ目が多いですし、ゴム質が柔らかいので、
慣らしは特にしなくても、走行性能に影響は出ません。
いきなり、雪道に入っても、十分に性能を発揮します。
そして、雪のない舗装路でしたら、全く影響はありません。
どうしても、気になるのでしたら、
ゆっくり...続きを読む

Q中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。 説明を読んで見ると、「スーパーチ

中古で、170万円のスーパーチャージャー付き86が売っていました。
説明を読んで見ると、「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありましたが、
これはどういうことですか?

信用できますか?走行距離8kmです。

Aベストアンサー

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ、エンジンオイルで軸を少し浮かせて回転が
スムーズになるように浮かせてある。

エンジンオイルが通る管とかメチャメチャ細いので、オイルが劣化したままですと、
その影響を回転軸とかが受けたりします。軸には、ベアリングも採用してあるので、常に
高速で回転するとベアリングも劣化したりします。

この為、「ターボ付きの中古車を買ったので、まず1番最初にターボチャージャーをリビルト品
と交換した」 なんて感じで、車種によっては、「ターボ付きの中古車買ったのでオーバーホール
キットを買って、自分で組み直した」 とか言ったりします。

経年劣化でダメになりやすいのは、ベアリングだったりしてこれを新品と組み直す。あるいは
軸が高速で曲がるとか、羽の箇所がターボチャージャー本体に接触して音がしているとか、
いろいろなパターンがあります。

アクセル踏んだ時に、エンジン周りからガチャガチャ異音出ていると、羽が本体に接触している
可能性がありますので、最悪の場合、エンジンオイルとか引火して車両火災とかになる危険性
もあります。

たぶん、1番多いのは、リビルト品のターボチャージャーで、1度分解して、劣化するパーツを
新しく組み直した完成品で、これをネット通販とか業者から買い、自分で、または修理工場
で古いのを取り外して取り付けることが安くあがるかなあ~ と思います。

世界的にどこの国でも、「ターボチャージャーリビルト業者」 みたいな専門業者は存在して
います。新品買うと20万円とか高いので、筐体(きょうたいという本体のケース)を再利用して
そこに新しいパーツを組み込み済みのリビルト品というのを売って、「ガチャポンと取り換えるだけ」
として、取り外した古いのは、業者に送り返すと業者がそれにまた組み直して売るというしくみで
その為リビルト品は安い。

スーパーチャージャーというのは、「ターボチャージャーは、排ガスがある程度流れたらタービン
の回転が上昇していき、圧縮空気がエンジン内に流れてパワーがアップする」 という構造ですので、
アクセルを踏み込み、少し間があってから加速するというタイムラグの時間差があり、人によっては
レスポンスが悪いと感じます。

そのデメリットのウィークポイントを改良した感じで、スーパーチャージャーはエンジンにベルトで
連結し、アクセル踏んでエンジン回転数が上がると連動して即過給を開始する。そういう構造になって
います。

ターボチャージャーは、エンジンオイルがタービンの羽にも細い管を通り循環するしくみで、羽が
焼き付かないようにしてありますが、細い管ですので、エンジンオイルの管理が悪いとそこが詰まる
とかあります。

スーパーチャージャーは、その点が違い、本体2カ所とかに専用の“スーパーチャージャーオイル”
が入っている。エンジンオイルとは分離されたまったく別のものですので、「俺様の車はターボ搭載
しているので、エンジンオイル交換をマメにしないといけないし、アフターアイドリングもしないと
いけない」 とか、ターボタイマー搭載していたりする感じと違っている。

たぶん、町のどこにでもあるような個人がやっているような小さな修理工場でも、スーパーチャージャー
をエンジン本体から外して、手で回転させてベアリングとか羽の接触具合とか見て、問題ないとかです
とスーパーチャージャーオイルの量を抜いてチェックし、新しいのを入れておくというメンテナンスは
出来るのかと考えられます。構造自体は、ターボより少し簡略化されていますし。

>「スーパーチャージャー、当店でオーバーホール済み」と書いてありました

たぶん説明でうそを書くと、”不実の告知” という、うそで人をだまして車両売買契約を結んだ詐欺罪
成立すると考えられますので、本当にエンジンから取り外して、スーパーチャージャー本体を分解して
ベアリングとか交換し、スーパーチャージャーオイルを交換して、適量入っているとかのチェックを
して、「問題ない」 という目視確認とかやったりして、エンジンに組み直したのかなあ~ と想像
します。

①ターボチャージャー、
②スーパーチャージャー
③ブレーキ
この辺は、オーバーホールといって、劣化しやすいパーツを1つのアッセンブリーパーツとして、
1つの袋とかにシール材とかを入れてメーカーとかでも純正パーツとして売っていたりするので、
オーバーホールはそれ程珍しくはないので、よくやっています。

可変吸気バルブ系のエンジンもありますが、エンジンが4千回転とかの高回転になると、2本あるカムシャフト
が高速回転ように切り替わるという構造ですので、オーバーホールというより、切替ができない場合は
ソレノイド系パーツの故障で取り換えしたりするので、これはオーバーホールとならない交換です。

オーバーホールというのは、本体のケースとかを活かし、中身の劣化しやすいパーツのみを取り換えて
組み直すので、新品使うより安いということで、オルタネーターとかでもよくリビルト品使ったり
します。

要は「金目の問題」 で同じ結果であれば、安い方を使うというだけです。

オルタネーターという交流発電機でも悪くなると多くは、ディーラーでもリビルト品を勧めます。
完成してあるのでそれとガチャポンと取り換えるだけです。

でも、人によってはオルターネーターは古いのを取り出し、ブラシとかベアリングを自分で交換する
人はいるのはいます。それはオーバーホールした~ と言い、ベアリングにもメーカーとか呼び番号とか
のパーツコード記載されていたりするので、可能なケースがよくあります。

でも、わざわざ素人が手間ひまかけて分解して組み直しても、最初からリビルト品買えば手間暇は
掛からないので、やる人は少ない感じ。

スーパーチャージャーや、ターボチャージャー、可変吸気バルブ系エンジンとかって、最初にそれを
新車で買った人は、「俺様のスーパーチャージャーきちんと動いているかな?」 とわざわざエンジン
から取り外して動作確認しない傾向にあります。外すだけで工賃かかるから、組み戻す時にもかかり
ます。

そんな感じなので、スーパーチャージャーとか、ターボチャージャーの中古車を買う人は、試乗
してみて、その時のフィーリングとかで判断するしかない。

人によっては過給機の調子が判断できないとも考えられるので、よく「中古車はターボ車買うな~
修理代かかるぞ~」 といわれていたりします。

そんな感じですので、売る側は、「スーパーチャージャーはオーバーホールしてありますよ~」
とメンテナンスした後にそのことを説明し、商品価値をあげて売る方が、買う人も買ってすぐに
スーパーチャージャーに修理代とかかからないという予想ができるので、あんしんして買える
かなあ~ と考えられます。

ただ普段とかスーパーチャージャーの車とかに乗っていない場合は、エニカとかでそういう
似た車を1度くらい借りて乗る方が良いかなあ~ とは思います。

■参考資料:個人オーナーの車をカーシェアリングするエニカ
https://anyca.net/

スーパーチャージャーは近所でなくても、ターボ車とかはあると思います。

あるいは、中古車ですと、そのお店の保証とかもよく見ておくと良いかもしれません。

過給機付きエンジンとかのことかなあ~ と思います。

数的には多いのは、”ターボチャージャー” が搭載されたエンジンで、これは、エンジンから
出る排気ガスの力で、毎分10万回転とか回転する羽に連動した圧縮する羽がエンジン内に
空気を入れ込むので、エンジンが大量の空気を取り込むことができますので、よく
「ターボが効いて加速感ハンパない!」 なんて言われ方をします。

1つ構造上の問題があります。それは、排気ガスの力で羽が毎分10万回転とかで、高速で
回る。それはフローティングメタルとか呼ばれ...続きを読む


人気Q&Aランキング