ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

薬に向精神薬多剤
麻薬、毒薬とかかれてますが
やっぱり精神科の、くすりは
おかしくなく毒薬ですか?
朝昼夕寝る前のんでるのに

あと。どうして献血したいのに
精神安定剤でも三日はあけなきゃならいの??

向精神薬も同じ?
献血したいのに

「薬に向精神薬多剤 麻薬、毒薬とかかれてま」の質問画像

A 回答 (4件)

薬学上 薬の定義は「薬は毒にして毒をもって毒を制すを本則とす」です(医師&薬剤師は学んでいる事)


(この定義は他の例えにも使われますが これから来ているようです 精神安定剤は向精神薬の一種です)
つまり毒が原料で毒作用を利用したのが薬です 自然界に無駄なものは無いのです。
だから医師が扱う薬は医師の処方が必要で素人が買う事は出来ません(劇薬指定されているもの多いです)
薬店で誰でも買える薬は医師が扱うものと違って毒作用が弱い違いがありますけれど毒に変りありません。

毒ですから飲みすぎますと副作用が起こるので昔から無暗に使うものではなかったのですが現代日本では
沢山飲ませるのが当たり前になっております。 
健保制度 出来てから増えており 特に日本の経済成長期に増えました 現在は7,8種が当たり前に~。
薬は本来 止むを得ず使うものであって控え目に使うものです 毒ですから長期 使うと寿命縮めかねません。
更に大事な事があります 多くの病の原因は不明である事です だから治す薬はありません。
(医師に病の原因 聞いてはいけません 嘘を言われた近所の叔母さんがおりましたし過去ログに嫌がると~)
症状を抑え軽くする為の薬なのです 間違えてはいけません 治す薬ではなく副作用代償に抑えるだけです。
この事 知っているのは医師位で患者は知らずに治す薬と勘違いしてます。
抑えるだけの薬でも何時か治りますね? 原因不明ですから薬が医師が治したのではありませんね?
何が治したのでしょう?本来 体自身が持っている自然治癒能力が治したのではないでしょうか?

身内に重症ながら薬 無しで完治の統合失調症患者居りました 部屋に ほったらかし10年程で治ってます。
当時は薬も健保も無く 大病時 庶民の多くは こんなものでした(自然治癒) 昨年亡くなり 94歳。
こちらに回答してます(質問日時:2017/12/15) https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10139496.html

薬と寿命について こちら参考に(死亡した統失患者の調査結果 東大病院精神科発)
統失 重症患者の「早死にで失われた年数を算出した国内初の報告書」とあります。
平均寿命は22年以上短いと~(平均寿命60歳となります) 書いてませんが薬で寿命 縮めた疑いあります。
 (東大 release_20170810) http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/release_20170 …
特に精神疾患薬の殆どは劇薬で昨年までは最大8種でしたが今年から2,3種に制限されました。

薬の長期服用による影響と見られる幼馴染二人の寿命について
精神疾患ではありませんが幼馴染二人は長期服用で寿命縮めた疑いあるのです 薬は何故か二人共 8種で
明らかに副作用幾つも出てましたが医師は説明しませんでした 以下に経過を述べますと~
 幼馴染A 25歳位時バイクで転倒事故後8種服用 35年位服用で20年短かかった
 幼馴染B 30歳頃結核治療後ストマイ難聴 その後 古い血栓発見で8種服用 15年位服用で10年短かかった。
二人は平均寿命より それぞれ20年10年 短かく しかも副作用が出ていたのですが医師からは説明無し。
「薬と寿命の関係」の研究は されていないようです(避けているのではないでしょうか?)。

病人の献血は薬入り血液を他人に差し上げる事になるのではありませんか?
病人は献血 止めた方が良いでしょう 体自身が持っている自然治癒能力を下げるのではないでしょうか?。
治ってからにするべきと~ お大事に。
    • good
    • 0

№2の追記ですが、



医師の指示のもと、それを守って正しく服用し、異変があった場合にきちんと伝える患者さんにとっては「薬」になるけれども、医師の指示を守らず、勝手に服用すれば「毒」にもなるのが向精神薬です。

献血は治って、薬がいらなくなってからどうぞ。
    • good
    • 0

「麻薬及び向精神薬取締法」という法律がありますが、麻薬と向精神薬との決定的な違いは、麻薬は所持しているだけで逮捕されますが、向精神薬は逮捕されません。



ですから、ことさら危険視する必要もなく、いつもと違うと感じた場合、薬剤師さんに電話で相談すれば、有効な治療薬としての役割を発揮します。もちろん、医師の指示に従って服用した場合のみの話です。
    • good
    • 0

麻薬のように依存性がある薬もあるし、大量に飲めば毒になる薬もあります。


医師の指示通りに服用すれば問題ありません。
献血については血中に薬の成分が入ってしまうからです。
私も献血したいけどできません。
治療に専念して良くなってから献血しに行きましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心療内科・メンタルクリニック・精神科の薬は非常に危険

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイトでもよく目にします。
最終的に16種類の薬が試されたのですが、一向に改善しなかったばかりか下記のような症状が出ました。
・家族(母親・弟・祖母)に噛みつく
・裸で外に飛び出す
・犬の餌をボリボリ食べる
不登校と睡眠不足を改善しようと心療内科を訪れただけで、こうした状態になる危険性が実際にあるということでしょう。
彼女は「まったく覚えていない」そうです。
極めて重大なのは、こうした状況になることを医師が予期できなかった、こうした状況になっても医師は何の責任も問われていない、という点でしょう。

(参考動画 4:49頃)
https://www.youtube.com/watch?v=zbooXbUJxg0&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=4&t=386s

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイト...続きを読む

Aベストアンサー

完全にヤブ医者の被害ですが本人それ以上に多分保護者にも責任があります。薬が五種類を越えたらセカンドオピニオンの出番で、十種類出す医師は気違いです。
この件では医療過誤で医師を告発できます。

Q統合失調症患者の2割には妄想はありませんし、3割には幻聴はありません。幻視に至っては殆どの方にありま

統合失調症患者の2割には妄想はありませんし、3割には幻聴はありません。幻視に至っては殆どの方にありません。

と、言うような分を見つけたのですが、これが本当だとしたら、何故、統合失調症=妄想や幻覚みたいな感じの事が一般的に取り出たされているのでしょうか??

Aベストアンサー

統合失調症は症状 広いのが特徴で 妄想、幻聴、幻視 症状は これ以外にも沢山あります。
以前は幻聴が特徴とされておりましたが現在は色々あって分類も変わり病名も変わりました
(以前は精神分裂病と言い患者の人権無視した病名でした)。
wiki 統合失調症の説明 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87

現在は120人に1人と言われておりますが年々増えているように思います。
これに限りませんが原因不明なので治す薬は無く副作用代償に症状を抑え軽くする為の薬だけです、けれど
患者の多くは治す薬と勘違いしているようです(症状が消えると治ったと勘違いしてます 副作用の方が怖いです)。
原因不明なので医師自身が解からないのです 医師任せではなく患者自身が病と向き合う事 大事なのですが~。
身内に自然治癒の患者おりました こちらに回答してます 参考に
(質問日時:2017/12/15) https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10139496.html

統合失調症は症状 広いのが特徴で 妄想、幻聴、幻視 症状は これ以外にも沢山あります。
以前は幻聴が特徴とされておりましたが現在は色々あって分類も変わり病名も変わりました
(以前は精神分裂病と言い患者の人権無視した病名でした)。
wiki 統合失調症の説明 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87

現在は120人に1人と言われておりますが年々増えているように思います。
これに限りませんが原因不明なので治す薬は無く副作用代償に症状を抑え軽くする為の薬だけで...続きを読む

Q健常者でも統合失調症になりますか?

健常者(発達障害が無く、家族、身内も健常者)、両親もいて虐待を受けたことが無いという人でも、統合失調症ってなりますか?

Aベストアンサー

>統合失調症ってなりますか?

色々な要素がありますので一概には言えませんが、環境によるストレスが原因で発症することは多いです。

>統合失調症にならないようにするにはどうすれば良いですか?

1.なんらかの問題を抱えているのであれば、その問題から逃げず論理的に分析し、冷静に解決策を模索する。

2.精神科・心療内科・メンタルクリニックなどの門をくぐらない。
たとえば統合失調症治療薬として、日本で一番売れているジプレキサという薬があります。
この医薬添付文書の冒頭には次のように(赤字で)書かれている。
【警告】
1. 著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合がある~。
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/prescriptionpdf/530471_1179044F4028_1_31.pdf
また、治験時には、0.46%(一万人当たり46人)が自殺を企て、そのうち0.14%(一万人当たり14人)が、実際に自殺している。
自殺したくなった人0.15%(一万人当たり15人)も含めると、0.61%(一万人当たり61人)が自殺に駆り立てられたことになります。
こうした薬を平気で処方するのが今の精神医療業界です。
幻覚・幻聴は0.53%
譫妄・妄想が0.28%
極めつけは、
統合失調症の発症が0.05%(一万人当たり5人)いる。
向精神薬全般に言えることですが、副作用に悩まされて服用を中止しようと思っても、かなり難しい。
特にジプレキサの禁断症状は最右翼と言われており、極めて危険なものです。
向精神薬の危険性について詳しくは下記動画でご確認をいただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=nOG4ynmjRFo&list=FLsTR5Y4qteCIGGfOq4O5A2w&index=4&t=40s

>統合失調症ってなりますか?

色々な要素がありますので一概には言えませんが、環境によるストレスが原因で発症することは多いです。

>統合失調症にならないようにするにはどうすれば良いですか?

1.なんらかの問題を抱えているのであれば、その問題から逃げず論理的に分析し、冷静に解決策を模索する。

2.精神科・心療内科・メンタルクリニックなどの門をくぐらない。
たとえば統合失調症治療薬として、日本で一番売れているジプレキサという薬があります。
この医薬添付文書の冒頭には...続きを読む

Q副作用があることを隠そうとするのは、なぜでしょうか?

うつ病かもしれないと悩んで質問される方に対して、精神科や心療内科、メンタルクリニックを受診するように、そして抗うつ薬などを処方してもらうよう回答する方がおられます。
その方のお考えで勧めるのでしょうから、それは別に構わないと思います。
個人の自由ですしね。

ただ、たとえば私のように、副作用があることを明示すると、それをムキになって非難・中傷する書き込みをなさいます。
わたしは製薬会社自身が認めている副作用を示しているだけなのですが、それを非難・中傷する方の心理がよく理解できません。
お分かりの方おられましたら教えていただけませんか?
サポートさんに一生懸命通報して断られたりしているようで、ほんとに必死のようです。
可哀想な気もするんですよね。
なんとか解決策を見出してあげたいという気持ちです。

Aベストアンサー

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出来ないもの。
未経験である故に、そのさだめを簡単に理解しない。
そうなる可能性がどれほどのものか、明確にされていないものに関して、傾向だとか、そういう可能性があるとか、目安が自分の中にないものは理解できない。
反面、経験した事なら当たり前に信じ、その可能性の割合がどうとか、客観的に見てどうだとか、一旦考えることをまたもや省く。

人間の脳の生理とか機能の優先順位に沿って言動するタイプなのだろうと思います。
トランプさんのようなタイプかもしれないですよね。

まず思慮する前に感情的自己アピールが先に立つ。
自分の情報を人に見せすぎて、結果的に失敗する。

ここでは薬ですが、意見やその言葉ではなく、人物に対して誹謗中傷してしまうが、意図的なら考えているけれど、気づいていないならレベル的にどうか。
思慮に値するかどうか、気にする方がアホらしいという結論には至ることもあります。

違いを許容できない。

理性的になって考えてみるという思慮が浅く、感情優位なのでは?

良いか悪いか、好きか嫌いかという浅い感情優位で、考えてみる時間を持たずに、先に主観を言う=自己アピールしてしまう。
感情的に言動する傾向がある。

でも、この薬に関してもそうですが、自分の経験が、良い悪いを決定していることが多いですね。

薬に関しては、副作用か症状の改善のどちらを重視するか、服用して副作用が出るか、出ないか、服用しないと分かることができない事です。

なってみないと分かることが出...続きを読む

Q統合失調症かもしれない

うつ病で1年半療養中
耳鳴りがあり、医師に嘘つきと言われます
統合失調症でしょうか
リスペリドンを少量処方されるようになり、耳鳴りがなくなります
医師に言ったほうがいいでしょうか、嘘つきと言われるかもしれません
妻は言ってないといいます
薬で治まったらもういいじゃんって思いますか
再就職をもくろんだ際にうつ病の方がいいように思いますが、だまってたほうがいいでしょうか
障害雇用の際は、病名も調査されるのでしょうか
統合失調でないかもしれません
闇の組織と戦ってません
その場合でも病気でしょうか
軽い状態でしょうか
軽いのであれば黙ってたほうがよいでしょうか
ストレスがかかったら悪化しますか
実際そういうときは薬が弱い気がします

Aベストアンサー

リスペリドンが出ているなら既に医師は総合失調症を強く疑っていると思いますよ。
うつ病では出さない薬です。
しかしもし軽いなら薬を飲んで長期休養すればすっかり元通りになる事もできます。
仕事はしばらく休んだ方がいいと思いますが、その辺は医師と相談です。
将来、障害年金受給なども考えられるのでとにかく何でも医師に言って下さい。
独断で就労してはいけないですよ。話がややこしくなりますから。

Q精神科治療 世界の基準

統合失調症について日本の基準ではなく、世界の基準について知りたいです。

質問の発端は統計と実態について考えさせられることがあったので質問してみました。

統合失調症は全人口の100人に一人の割合だと、ざっくりと考えると1万人に100人・・100万人に1万人・・1億人に100万人・・50億人に5千万人と比例したとしての話です。

五千万人とまとまった数でいうとすさまじく多いと感じますです。

世界で患者が5千万人いたとして、実例で一例も治ったという報告が無いほうが逆に不自然感を覚えます。

統合失調症に一度かかると、国内では完治が認められておらず、寛解状態を保つことが最上の状態ということは理解しています。
その状態では一般と変わらない生活を送れることは間違いないとは思うのですが、たとえばイタリアはそもそも精神科入院はあまりなく、日本と大きく違うという話も聞いたことがあります。

日本の精神科治療が遅れているということを聞いたことがあるので、他の国の精神科治療は日本よりも進んでいるのか???と疑問を持ちました。

世界各国の精神科治療について興味があるのですが、英語が読めないので文献に手が出せません。

ご存知の方回答をお願いします。

統合失調症について日本の基準ではなく、世界の基準について知りたいです。

質問の発端は統計と実態について考えさせられることがあったので質問してみました。

統合失調症は全人口の100人に一人の割合だと、ざっくりと考えると1万人に100人・・100万人に1万人・・1億人に100万人・・50億人に5千万人と比例したとしての話です。

五千万人とまとまった数でいうとすさまじく多いと感じますです。

世界で患者が5千万人いたとして、実例で一例も治ったという報告が無いほうが逆に不自...続きを読む

Aベストアンサー

このことは過去に主治医に聞いたことがあるのですが、

世界的な調査は必要であると言えますが、自国の人口でさえ、把握していない国(中国、インドなど)が多く、
その統計は、全て医療先進国に頼らざるを得ない(調査規模がとてつもなく小さくなる)のだそうです。

また、入院に関しては、日本では一般の病院以外に精神科病院という病院が受け皿になっていますが、海外では、
病院以外に福祉施設が受け入れ先になっていますので、単純に精神科のベット数で考えられない面もあります。

さらに、日本の精神科治療のレベルについてですが、これまでに認可した薬で対応できているので、水準として
遅れてはいませんが、長らく薬の安全性(自殺防止)を優先させたために、他国に無いベンゾジアゼピン系の薬
の依存性について問題が生じていて、その対策に国が次々と対策をとっている段階であると言えますね。

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Q精神科医の診断は、正確性に欠ける主観的な判断である。

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす危険性を増やしている。】

という発言(要約)も目を引きます。
彼には、『正常を救え:精神科の診断の暴走、DSM-5、大手製薬会社、そして当たり前の生活の医療化に反対するある内部関係者の抵抗』という著書もある。
https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%A1%D2%C0%B5%BE%EF%A1%D3%A4%F2%B5%DF%A4%A8&l-id=top-pc-search-box&x=40&y=4
それなりに権威を持った、しかも診断基準作成者ご本人が、このように発言している。
精神科の薬は、こうした実に曖昧な診断基準に基づいて処方されるわけです。
ところが、精神科で処方される薬は、脳の神経ネットワークを変えてしまうほど強い薬で、重大な副作用が数多く報告されている。

みなさんなら、こうしたリスクを負ってまで処方する価値はあるとお考えになりますか?

これは、医学博士で、『診断と統計のマニュアル第4版』(DSM-IV)の編集委員長として知られるアメリカの精神科医アレン・J.フランセスの言葉です。(要約)
最新の DSM-5 に対する批判なのですが簡単に言うと、精神疾患(たとえば うつ病 )と診断されたとしても、それは精神科医の主観にすぎず科学的根拠は特に無い、ということ。
精神疾患の診断基準を作った委員長の発言ということに、まず驚かされますが、

【 DSM5 は、製薬会社の意向を受け、診断名を増やすことによって正常な人を精神疾患だとみなす...続きを読む

Aベストアンサー

まぁ診断に納得いかなければ
セカンドオピニオンを活用したら
良いと思う。

場合によってはサードオピニオン
も。

とにかくドクターショッピングにより
信頼出来そうな医師を探すことが大事。



曖昧な基準というけれども、統合失調症は
「神のお告げを受けた」や「盗聴器が仕掛け
られている」など明らかに異常なことを言う
からね。

仲の良い先輩が統合失調症になったから
間近で見ているよ。



薬を処方する価値もなにも
統合失調症は薬を一生飲み続ける
ことになる。

飲まないと幻覚・幻聴が出てしまうから。

睡眠障害の人は、薬を使ってでも
寝たほうがいい。

うつ病は、重度ならば薬は必要。

Qここ、教えてgooでも、僕以外の精神障害者はまともじゃないことがよくわかりました。 だから、精神病に

ここ、教えてgooでも、僕以外の精神障害者はまともじゃないことがよくわかりました。
だから、精神病になると治りにくいのですよね?
僕は治りましたが。

Aベストアンサー

精神病は、一生モンですよ。よく治りましたね。

Q心療、精神に詳しい方にお伺いしたいしたいです。 私は2年間精神科に通院しています。 診断結果は社会不

心療、精神に詳しい方にお伺いしたいしたいです。

私は2年間精神科に通院しています。
診断結果は社会不安障害でした。
でも、最近とても辛くて社会不安障害だけではないのかと思い始めてきました。
社会不安障害についてはたくさん調べました。
それとは違い、最近は日によって元気なにもあればそうでない日もあります。
元気な時は洗濯物や家事を少しだけします。
ダメな日はお布団から一歩もでません。
焦って不安で過食もしてしまいます。
親しい人に「どうして私はこうならなければならないの。消えたい。」と言ってしまうように荒れた日もありす。
でも、今は過食もせず、荒れたりもせず、穏やかになっています。(外には出られません。)
久々にあった友だちに前にあった時より悪くなっているように見えると言われてしまい、悩んでいます。

これも社会不安障害の症状なのでしょうか?
違う気がするのですが、、
病院に行くまで時間があり、気になるので質問しました。
睡眠薬を処方していただいているので夜はねむれるのですが、時間がかかります。

Aベストアンサー

社会不安障害はうつ病を併発しやすい病気の一つですから、症状の変化を詳しく記録しておき、次回の診察時に主治医に必ず伝えられるようにしておいてください。

ただ、うつ病を併発したとしても、治療方法はほとんど変わりません。

変わるとしたら、社会不安障害に使われやすいSSRIの抗うつ薬から、うつ病に使われやすいSNRIの抗うつ薬に変更することくらいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング