イスラム教についてどんなことでもご存知のことを教えていただけませんでしょうか?
 付き合っている彼がイスラム教徒で、もし結婚となるとわたしは必ずイスラム教徒にならなければならない、(・・・のかもよくわからない、キリスト教徒やゾロアスター教徒でもよいと聞くのですが・・・)
このような状況にいるので、できるだけきちんと、納得した形で結論を出したいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

1.私の周りにはイスラムの夫婦(インドネシアと日本人.トルコ人と日本人)、を知っています.


2. NHKでイスラムの世界というのをテレビで2年前にしていました.なぜアメリカでムスリムが増えているのか。なるほどいう事も知りました.このビデオを見られたら参考になるのですが。それ以前になぜ豚を食べてはいけないか,なぜ女性をたくさん持てるのか,なぜチャドルをするのか などの疑問の答えを聞いていたのです.コ-ランには豚を食べてはいけないとは書かれていないのです.どしようもなく,食べざるを得ないときは許されるのです.絶対豚を食べてはいけないとは示していないのです。いままでは私もそう思っていました.
3.ジハ-ドの名においては戦争人を殺していますが,これについてトルコ人と話し合ったことがあるのですが,コ-ランは人を殺すなといっているのです.コ-ランの教えを他の宗教の教義上の争いがあれば,コ-ランの教えを守ることをいっているのであって,そのために人を殺せとはいっていないはずてす.この点はトルコの人も同意してくれました. 
4.日本人としてはイスラムに改宗すると他の宗教を信じることはできません.このことはなかになか理解できないのと思います.
5.イスラムは決して女性を軽視していないですよ.離婚も国によってはできます.イスラムのモスクを見られましたか,なかには像も写真もなんなもないですよ.神の声を聞くためなのです.写真もだめです.偶像崇拝になるからです.とにかく人を描くこともだめです.
7.他の宗教に寛容なのもコ-ランを非難されなければ,という条件です. 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。

 2.について。 NHKの「イスラムの世界」ですか?紹介してくださってありがとうございます、何とかして観てみます!
 4.について。 そうですね。この部分が、特に決まった信仰をもたない日本人にとっては、何だかそら恐ろしい世界に入っていくような気持ちになるのかもしれません。・・・
 わたしは、ムスリムの子供はみんなムスリムだというのを聞いたときに、子供の信仰の自由はどうなるの!と叫んでしまったくらい、個人の信仰に対して、わたし自身の信仰と同じくらいとても大切なものと思っています。この部分が、容易に受け入れることが出来ないところかも知れないですよね・・・。

 質問に2度もお答えくださって本当に嬉しかったです。どうもありがとうございした。

お礼日時:2001/07/28 21:50

補足、ということもないですが岩波文庫からでている「コーラン」全3巻と、文庫になっていませんが「ハディース」も読んでみては如何でしょうか。

井筒先生の本と比べれば読みづらいかもしれませんが。
私は学生時代にイスラム文化も少し学んだので、これらの本を読みました。確かに日本人にはなじみの薄い宗教ではありますが、私はキリスト教よりよほど心情的に理解できます。私は無宗教でもなく、かといって特に信じている宗教があるわけではありません。イスラム教徒になることもないと思いますが、イスラムはキリスト教に代わって世界宗教になり得る宗教だと思います。
また、イスラム圏では研究対象としてトルコに行きましたが、友人の持っていたテーマがモスクの建築プランでした。そのためとても沢山のモスクを見学しました。
外国人の私たちはスカーフさえしていればモスク内を自由に見ることが出来ましたが、通常女性用には特別な席が設けられていました。基本的には女性はモスクでの礼拝をしないのですが、礼拝にきたときはそこを使うのです。女性蔑視がないといっても、国や宗派によって、細かい解釈が色々あります。frederiqueさんも、彼に色々聞いてみましょう。

この回答への補足

 いろいろな観点からのお話をどうもありがとうございました。
気持ちの上では、皆さんにポイントを差し上げたいのですが、そうできないのが辛いです・・・。

 わたしの質問に、関心を持ってくださって、2度づつ答えてくださった方がたに、させていただきますが、他の方からいただいたアドバイスや、メッセージもとても励みになり、勉強になりました。

 本当にどうもありがとうございました。

補足日時:2001/08/06 12:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

>確かに日本人にはなじみの薄い宗教ではありますが、私はキリスト教より
>よほど心情的に理解できます。私は無宗教でもなく、かといって特に
>信じている宗教があるわけではありません。イスラム教徒になることも
>ないと思いますが、イスラムはキリスト教に代わって世界宗教になり得る
>宗教だと思います。

 わたしが、「もしイスラムがどうしても受け入れられなかったら、クリスチャンになるという手もあるね!」なんて冗談めかして言ったら、(冗談でも言うことではありませんが)彼が言った言葉はSNAILさんの上述されたのとほとんど同じでした・・・。

 そう、コーランですよね。これを読まねば何にもはじまらないと思い、買ってあります。でも、はい、読みにくいです、確かに。・・・
それから、「ハディース」ですか?それは何なんでしょう?すみません、知らなかったです。すぐ聞いてみます。
いろいろお時間を割いていただいて、教えていただきまして本当にありがとうございました。




 

お礼日時:2001/07/28 22:00

私の大学時代の友人(日本人)は、マレーシアでマレーシア人の恋人と街中を手をつないで歩いていて、逮捕、裁判にかけられました。

罰金刑ですから重い刑罰ということもありませんが、マレーシアは戒律にかなり厳しい国であるという認識でいたほうがよいと思います。
また、イスラム教徒はルーツを同じくするユダヤ教やキリスト教徒には寛容な面もありますが、仏教は完全に異教扱いとなります。改宗は必要なのではないでしょうか。
若い世代では緩やかになっているとはいえ、個人だけの問題ではなくなりますから、相手のご家族、親戚一同のことも含めて考えなくてはならず、日本で生活するにしてもある程度の覚悟が必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 貴重な情報をどうもありがとうございました。

 拝見した時はビックリしました。楽観的なのも、限度を決めていたほうがよさそうですね!

 わたし自身は、今の時点では、5分5分、のところにいると思います。
でも、アドバイスをいただいた方のほとんどは、やはり日本人にはなかなか理解しがたい宗教であるとの認識をお持ちなのですね。(実際にそうだからこそわたしも質問させていただいているのですが・・・)

 彼には、井筒俊彦さんの著書をある程度読んでから質問して欲しいといわれているので、具体的には今から、です。でも本からは見えない貴重なご意見をどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 22:20

1.マ-レシアでは,宗教を聞いてから恋愛せよといわれています.宗教が違うと親同士が争うことになるのです.イスラム教徒になると他の宗教に改宗できないのです.この点は日本人は気楽に改宗するのですが、コ-ランに決められているのでできません.だからあなたがイスラムにならなくてはいけないのです.


2. イスラム教国は政教分離しているイスラムの国(トルコ,エジプト)もありますが,政教一致の国(イラン)もあります.
3.宗派もたくさんあります.今争っているアフガンも同じ宗教(宗派が違う)で争っています.
4.日本人で結婚している方はイスラムに改宗されていますが,日本にいる限り,戒律は緩いと思いますが,それでも最低限は守っているようです.ただし,日本人は
日本人として見られるので,戒律を守るのは難しいと思います.
5.イスラムの男性は普段女性の足を見てもセクシ-に感じるのです.日本の女性は胸の肌まだ見せるのですから,男性にはたまらないそうです.イスラムの女性はチャドルで肌も足まで隠しているのです.
6.他にもイスラムの方と結婚して,男性だけがイスラムという事を聞いていますが,本来は戒律違反です.日本だから許されるのかもしれませんが,イスラム教徒としては威張っていえないのです.
7.イスラムについてはビデオ(国際交流センタ-などに)などありますし,図書館の本もお読みください.
8.ボンベイというインドの映画を見られましたか.それもイスラムとヒンズ-の争いです.宗教同士の争いです.
9.コ-ランはアラビア語を学ばなければなりません.日本語では祈ってはいけないのです.
**日本のように好きだけ結婚とはいかないし、後にいる家族も含めて考えなくてはいけないのです.
Sila belajar bahasa Malaysia  dan selamt!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 結婚ってスタートなんだ!と感じさせられました、ありがとうございました。
1については、そうですね、彼は自分がイスラムを捨てるということなどゆめにも思ってないですね・・・。

 好きだけで結婚まで至れるとはわたしも思っていないのですが、好きだから結構、ってところもあったりします。(本来楽観的なのでしょうか?)
 
 ただ、前述しましたように、宗教を自分のものとして受け入れることがなかなか出来なくて、相手の宗教は無条件に受け入れられても、神の存在を意識することのなかったわたしがそれを自分のものとして受け入れなくてはならないというところが一番のハードルかもしれません。

searchingboyさんは、何か宗教を信じていらっしゃるのでしょうか?それともイスラムについて勉強されたことがおありなのでしょうか?イスラムを自分のものとして取り込もうとなさったことがおありだったのでしょうか?
他の宗教との確執なんて思いもよらなかったことまで教えていただいたので、ちょっと考えてしまいました・・・。

 イスラムを受け入れることができたら、是非、この方面のことも併せて読んでみたいと思います。

 ほんとうにありがとうございました。




 

お礼日時:2001/07/26 20:43

相手のイスラム教の宗派、国などにより、宗教上の厳しさは差がありますが、飲酒と豚肉の禁忌については共通性があります。

日本では普通に食べられているインスタントやレトルト食品は豚の油などが含まれているので、まず無理です。ですから、結婚しても、宗教は別々では、将来子供や夫と食事が別々になるということになります。また、婚姻については、日本にいる間は日本の法律が適用されますが、多くのイスラム国では、夫側からの離婚は容易にできますが、妻側からは困難であることも承知しておいてください。

参考URL:http://www.geocities.com/Tokyo/Island/4926/ISLAM …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

 教えていただいたものはどれも初耳でした!インスタント食品もレトルト食品もダメなのですね!(わたしのお料理のレパートリーが大幅に減りそう!)

 それにそうですね、離婚のことですよね。あまり考えたくはないのですが・・・。
Shoyosiさんのお話しによると、妻側からの申し出は聞き入れてもらえないということなのでしょうか?うーん、こういうこともやっぱりきっちり聞いておくべきですよね。こんなこと考えても見なかったので、あらら、という感じです。早速今日、聞いてみます!

 また、いただいたサイトもじっくり見せていただきたいと思います。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 19:14

イスラム教の聖典『コーラン(クルアーン)』には、「イスラムの信仰を強制してはならない」という一節がありますので、結婚することによってfrederiqueさんが改宗しなければならないということはないと思います。


ただ現実問題として、結婚すると家庭を運営するわけですよね。そのときに、たとえば食事の問題が出てくると思います。
イスラム教徒は豚を不浄の動物と考えていますので、豚肉を食べることはできません。奥様が他教徒であれば、旦那様用と奥様用の2種類の食事を用意するか、もしくは奥様が旦那様にあわせることになりますね。しかし、通常生活では食事を分けることができても、旦那様の実家などに行った際に何らかのトラブルや、嫌な思いをされるかもしれません。
豚肉だけでなく、その他の食肉(牛・鶏など)も『コーラン』にのっとった処理を施したものでなくてはならないとか、あと有名なラマダーン(断食)とか、食事以外でも1日5回の礼拝とか、生活全般に関わる教えが多いのがイスラム教の特徴ですので、frederiqueさんが特定の宗教をお持ちで、宗教がどれほど人の心に影響を与えるものかを理解していないとかなりしんどいんじゃないでしょうか。
(ただ、最近は戒律の厳しいイスラム教でも、お祈りをしたりモスクに行ったりしない若い人が多いらしいので、パートナーの方がどのくらいの信仰をお持ちかにもよると思いますが。)

ちょっと方向は違いますが、下に記したのは、日本人がイスラム教徒であるトルコ人と結婚・生活・出産する様子をエッセイ風に書きつづった漫画です。
実際の結婚生活の、もしかしたら参考になるかもしれませんので、機会があれば一度読んでみて下さいね。
   「トルコでわたしも考えた」全2巻  高橋由佳利・著  集英社・ヤングユーコミックスワイド版

でもやっぱり、一番大事なのはパートナーの方との信頼関係じゃないかとわたしは思います。納得行くまでお話し合いをなさることを祈っております。やっぱり、せっかく結婚するなら2人とも幸せにならないと、ね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
そうですよね、いろんなことを考えても、結局は信頼関係なんですよね。

>frederiqueさんが特定の宗教をお持ちで、宗教がどれほど人の心に影響を与える
>ものかを理解していないとかなりしんどいんじゃないでしょうか。
 
 ありがとうございます。うーん、このお言葉が、つまりわたしが危惧していることなんだとおもいます・・・。
 頭では理解できると思うのですが、実際それを目の当たりにすると、きっと頭を抱えてしまうかもしれませんよね・・・。
 食事を分けることについては、ムスリムの子供はムスリムだそうなので、家族の中でわたしだけが異教徒になってしまうという状況だときっとわたしの方が譲歩した方がたぶんよさそうな気がします。・・・
(それにしても豚肉がダメっていうことは、・・・・・合挽きミンチを使ったコロッケすらダメなんですねぇ・・・。)

 わたしは社会人なんですが、同時に比較文化を学んでいる学生でもあるので、宗教というものについて考える時間が出来たということはある意味いい機会かも、と思っています。教えていただいた漫画も、早速読んでみます。

 ありがとうございました。

 

お礼日時:2001/07/26 10:38

 こんにちは。


まずは、私の知っている範囲でですが神話から。
イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の神様は共通です。
先ず神は人間の指導者(神の意志を人に伝える者)として、ユダヤ教の教祖(ゴメンなさい、名前は失念しました)を送り込みました。が、その教祖は神の教えを守らず、独自の考えを人々に伝えだしました。そこで神は、新しい指導者として、「イエス・キリスト」を送り込みました。が、今度は人々がイエス自身を崇める様になってしまい、神の教えを守りません。神は最後の指導者として「マホメット」を送り込み、ようやく人々を導く事が出来る様になりました。以上の事があったので、三つの宗教は対立していると云われています。
実際には、一日に五回の礼拝(五体倒地といって、祈りながら床に立った状態からうつ伏せになる様にする)や、食肉の制限(確か牛は良くて豚はダメ、だったかな?)等がありますね。ていうか、思い切って彼氏に聞いてみた方が良いのでは?これもコミニュケーションと思って。結婚を考えるくらいなのですから、真剣なのでしょう?一口にイスラム教といっても、宗派もあるでしょうし、彼氏がどこの国の出身かにもよって、戒律に厳しいかそうでないかも違うと思いますよ。長くなった割に役に立てず、ゴメンなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

 彼にいろいろ聞いてはいるのですが、「そうなって欲しい」とは言うものの、「強要はしたくない、納得できるまで待つ」と言ってくれているので、悠久とまではいかないまでも、時間は少しはあると思います。(あんまり待たせちゃうと逃げられちゃうかな?)
 ただ、なんとなく、「強制はしない」までも「同じグループの宗教の者」でないと結婚できない、というのは、結局は強制されているのと同じなのかしら、と思ったり、唯一の神であるがゆえに他の存在を認めない、つまりわたしはわたしを生んでくれた祖父母や親の前(仏様でしょうか)に跪くことすら出来なくなるのかしらとか、神様にも仏様にも手を合わせてしまうあいまいな日本人だからこそその「絶対性」を畏れているのかもしれません。・・・

 それにしても、イスラム教にはそんなにたくさんの宗派があるのですか?
わたしは「スンナ(スンニ)派」と、「シーア派」・・・いづれも高校生の時、世界史で習っただけの知識です・・・しか知らなかった・・・!

 彼はマレーシア人なのですが、そうですね、マレーシアはわたしにとってはすごくふしぎな国でした・・・。

お礼日時:2001/07/26 00:39

 frederiqueさん、こんばんは。



 イスラームのことでしたら「宗教法人イスラミックセンター・ジャパン」に相談されればいろいろと聞けると思います。電子メールでの質問なども受け付けているようですので、そちらに相談されてみてはいかがでしょうか。また、イスラミックセンター・ジャパンではイスラームの文化や歴史などを学べるイスラーム講座やアラビア講座、イスラームの聖典であるコーラン(クルアーン)について学べる講座などもあります。

 イスラームではその結婚相手の宗教を限定しています。女性のムスリム(イスラーム教徒)の場合では相手はムスリムでなければならず、男性のムスリムの場合では相手はムスリムか、同じような啓典の民であるユダヤ教徒、キリスト教徒でなければならないので、frederiqueさんがムスリムの方と結婚されるのならムスリムかキリスト教徒にならなければなりません。ユダヤ教徒はユダヤ人(ユダヤ教徒)の母から生まれた人でなければなれません。

 納得した形でお幸せになられることを願っております。

 では、失礼いたします。

 

参考URL:http://islamcenter.or.jp/Home_Page/Japanese/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お返事どうもありがとうございました。

 わたしは今まで宗教については、多少の興味はあったものの、自分自身が何かを「信じること」になるなんて思っても見なくて、それも多少、「強制的」であるのに少し抵抗を感じたりしています。

 親や、兄弟、親戚のお葬式に出られなくなることを意味するのかしら、とか、ちょっと先走りすぎかもしれないのですが、もしも「離婚」になったりしたら、『ムスリム』になった自分はどう日本で生きていけばいいのかしら、とか、まずその教えを理解することよりも、イスラムを受け入れようとする気持ちになることに今は精一杯という感じです。

 幸いもう少し(と彼は言ってますが)時間はあるので、きちんと自分自身を柔軟にしてみて、それからいただいたサイトでいろいろ質問させていただこうかな、と考えました。後悔することのないよう、きちんと結論を出したいと思っています。

 本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/26 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアラブ人って全員イスラム教徒なんですか?

アラブ人って全員イスラム教徒なんですか?
アラブ人でも無神論者とかいないんでしょうか?
イスラム教徒じゃなかったら社会的に孤立する、とかあるんでしょうか。

Aベストアンサー

たとえばエジプトにはコプト教会というキリスト教の一派があります。歴史的に古いキリスト教だそうです。
新型インフルエンザの初期に、豚の処分をめぐってもめたニュースがありました。
ムスリムは豚を飼わないし食べませんが、キリスト教徒であるコプト教徒は豚を飼って生計を立てている人々がいる。
http://www.christiantoday.co.jp/main/international-news-2232.html

社会的に「孤立」まではしなくても、
宗教や宗派によって社会的にマジョリティになったりマイノリティになったり、有利・不利ということはあると思います。

たとえ無神論者がいても、口に出してわざわざ言わないと思います。

どの程度熱心に信仰しているか、お祈りなどの義務やムスリムとしての習慣を重視するかは、個人差があるそうです。お祈りを5回するか、それとも回数をちょっと省略するかとか。国や地域によっても厳格さが異なりますが・・・。

イスラム教は生活習慣や社会に根付いている部分が大きいので、実家がイスラム教であれば、それに全然関係なく生きている人はいないんじゃないでしょうか? 外国に出た時はお酒をのんだり豚肉を食べる人もいると聞きますが、そういう人でも国にいるときはそこの習慣に合わせているみたいですよ。
それに、断食月とかありますし。やらないわけにはいかんでしょう。
(本やテレビで見聞したところでは、ラマダンは地元民にとっては結構楽しい時期らしいです)

たとえばエジプトにはコプト教会というキリスト教の一派があります。歴史的に古いキリスト教だそうです。
新型インフルエンザの初期に、豚の処分をめぐってもめたニュースがありました。
ムスリムは豚を飼わないし食べませんが、キリスト教徒であるコプト教徒は豚を飼って生計を立てている人々がいる。
http://www.christiantoday.co.jp/main/international-news-2232.html

社会的に「孤立」まではしなくても、
宗教や宗派によって社会的にマジョリティになったりマイノリティになったり、有利・不利ということは...続きを読む

Qイスラム教徒がクリスマスを祝い キリスト教徒がラマダンを行なう

年末にクリスマスを祝い、余韻も覚めやらぬ正月にはお寺(神社にも行くでしょうが)に初詣に行く。
一見奇妙なというか節操のない、日本人のこの習慣は、十七条憲法において聖徳太子が神道も仏教も同様に認めたことに端を発しているのだそうです。
先ほどプライムニュースで、堺谷太一だったか渡部昇一だったかが言ってたのですが、同じ理屈で、イスラム教徒がクリスマスを祝い キリスト教徒がラマダンを行なうようにすると世界平和に多少は近づきますか?
仮にそうだとした場合、宗教感は置いといて、取りあえずイベントとしてのムードを積極的に盛り上げることで実現できそうな気もするのですが、どう思われますか。

Aベストアンサー

一見奇妙なというか節操のない、日本人のこの習慣は、
十七条憲法において聖徳太子が神道も仏教も同様に認めた
ことに端を発しているのだそうです。
    ↑
聖徳太子一人が認めたから、といってそれで
日本人全体の行動が決まってしまうわけでは
ありません。
また、そんなことはあり得ないということは
おわかりになるでしょう。
日本人一般にそういう下地があった故の話です。
聖徳太子はそれを公認した、というだけです。


同じ理屈で、イスラム教徒がクリスマスを祝い キリスト教徒が
ラマダンを行なうようにすると世界平和に多少は近づきますか?
    ↑
宗教の違いで戦争が起こることは、現在では
ほとんどありません。
領土や資源が戦争の原因になっています。

これはカトリックとプロテスタントの争いに端を発した
30年戦争を契機に、顕著になりました。

EUは石炭と鉄鋼を巡る戦争を防止するための
組織が基になっています。

パレスチナ問題も、宗教紛争ではなく、領土の
争いです。

イラク戦争は石油戦争でしたし、アフガン戦争も
根底には資源問題があります。

シリアの内戦をはじめとする中東のごたごたも
一見すると宗教間の争いに思えますが、
実際は領土や資源です。

このように、宗教は直接戦争の原因にはなりませんが
間接的に戦争をやりやすくしている、ということは
あると思います。

パレスチナ問題にしても、同じ宗教なら、そう簡単に
武力に訴えたりしないだろうと思われます。

ということで、平和に近づくと思います。



宗教感は置いといて、取りあえずイベントとしてのムードを
積極的に盛り上げることで実現できそうな気もするのですが、
どう思われますか。
   ↑
時間はかかりますが、実現可能だと思います。
しかし難しいですよ。
ムスリムがクリスマスを祝う、なんてのは
想像もできません。
キリスト教原理主義者などは、進化論さえ否定
しています。
多神教である日本だから、そんなことが出来るのです。

可能だとは思いますが、そういう運動を展開してから
数百年掛かるんじゃないですか。

一見奇妙なというか節操のない、日本人のこの習慣は、
十七条憲法において聖徳太子が神道も仏教も同様に認めた
ことに端を発しているのだそうです。
    ↑
聖徳太子一人が認めたから、といってそれで
日本人全体の行動が決まってしまうわけでは
ありません。
また、そんなことはあり得ないということは
おわかりになるでしょう。
日本人一般にそういう下地があった故の話です。
聖徳太子はそれを公認した、というだけです。


同じ理屈で、イスラム教徒がクリスマスを祝い キリスト教徒が
ラマダンを行なうよ...続きを読む

Qアメリカ同時多発テロとイスラム教の関係って?

イスラム教の歴史(内容)と、アメリカ同時多発テロを分かりやすく教えてください!!
あと、イスラム原理主義とイスラム教は違うんですか?(ビィンラビィン氏はイスラム原理主義なんですよね?)

Aベストアンサー

とてもじゃないけどここだけでは語れない、非常に込み入った問題です。
だからものすごく簡単に説明します。

かつて欧米化(=近代化)を目指した中東『諸国』ですが、産油国では実際は一部の王族・特権階級が支配している『オイル・マネー』の恩恵を一般庶民が受けることなく、貧富の差を激しくしただけのもの。
産油国以外ではその政策・構想の甘さからことごとく失敗しました。
オイル・マネーはその国の政治支配力=権力を高め、物質的には豊かになっても不自由なものとなる。
『欧米諸国の真似をすると貧富の差が激しくなる。だったらイスラム教の教えを忠実に守った社会のほうがいい』と考える人たちが多くなりました。
もともとこの考え方は1880年あたりからあるものですけど。

したがって近代化とは中東諸国の庶民層には嫌悪と侮蔑そのものなのです。
この王族・特権階級と仲がいいのは当然、その恩恵を受ける欧米諸国、中でもアメリカはその中心にいるわけです。

湾岸戦争当時、周りの中東諸国が米国の参入に反対したのは米国が守っているのはクウェートやサウジアラビアの国民ではなく、その特権階級層を守る為だと考えたからです。
現在、米軍はサウジに駐留し、なおかつイラクの制空権を制圧したままとなっています。
ビンラディンが、嫌悪と侮蔑の象徴・米国が『この地にいる限り戦う』との声明を出しているのはこの為です。

さらに、米国は『イスラムの聖地に入植してきた中東諸国の宿敵・イスラエルを支援する国』なのです。これはこれで庶民層には受け入れがたい事実なのです。

イスラム原理主義の根源とされているのは、かつてエジプトのナセル大統領時代に、誕生させるに一役買った『ムスリム同胞団』が、ナセル大統領が政教分離をうたった事から反発、大統領がこれを弾圧したことから始まったとされています。
厳格なイスラム教の戒律に基づく理想国家の設立を目指すのがイスラム原理主義です。

現在の中東諸国ではイスラムの教えから、『無抵抗な者への攻撃』は許されないこととして、WTCに旅客機を突っ込み、多数の人を犠牲にしたテロを非難してはいますが、庶民感情からは『また、金持ち階級にゴマをすりに来たアメリカ』とか、『明確な証拠も呈示せず、戦力的に見れば無抵抗に近いものへの攻撃をするアメリカ』と見られているため、反対運動も激しくなっているのです。

以上、簡単に説明しました。

とてもじゃないけどここだけでは語れない、非常に込み入った問題です。
だからものすごく簡単に説明します。

かつて欧米化(=近代化)を目指した中東『諸国』ですが、産油国では実際は一部の王族・特権階級が支配している『オイル・マネー』の恩恵を一般庶民が受けることなく、貧富の差を激しくしただけのもの。
産油国以外ではその政策・構想の甘さからことごとく失敗しました。
オイル・マネーはその国の政治支配力=権力を高め、物質的には豊かになっても不自由なものとなる。
『欧米諸国の真似をすると貧...続きを読む

Q【非イスラム教徒だけ殺す】と言われて、イスラム教であることを彼らに伝えるにはコーランの一文を暗唱しな

【非イスラム教徒だけ殺す】と言われて、イスラム教であることを彼らに伝えるにはコーランの一文を暗唱しなければならなかった。

非イスラム教徒だけ殺すと言われた際に使えるコーランの一文を教えてください。

日本語のカタカナ表記で意味もお願いします。

Aベストアンサー

そんな小手先の事で大丈夫?

  コーランの一節を暗記して備えるのも一つの手かもしれない。
しかし、この手法が一般的になれば通用しなくなるし、
見せかけだと分かると逆にイスラムを冒涜していると取られる危険もある。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/16/041900003/070600011/

 例えば
今回は、イスラム教系 テロリストでしたが、
キリスト系、仏教系のテロリストの場合

 聖書、お経も覚えるつもりなの?

Q【私がイスラム教が現代の宗教で1番優れていると思う理由】 アルコールは毒って分かっていてなぜ飲むんで

【私がイスラム教が現代の宗教で1番優れていると思う理由】


アルコールは毒って分かっていてなぜ飲むんですか?


アルコールの発祥の地はアル=アラビアからイスラム教の地で産まれた。

途中で、イスラム人はアルコールは毒だと気付いてアルコールの摂取を禁止した。

今でもイスラム教は飲酒を禁止して民を毒から救っている。

キリスト教はアルコール飲料が毒だと分かりながら金儲けに走って民に飲ませた。

イスラム教は豚も生煮えだと食中毒を起こす事に気付いたので豚の摂取も禁止して民を救った。

イスラム教のコーランを読んだら、現代の法律を定めたものだと分かる。

キリスト教の教典の聖書は現代でいう聖書でハリーポッターみたいな絵本の物語をなぜか熱く信仰していて日本人で言えば日本昔話の1話に登場する虹を龍に見立てて絵本を書いたのがなぜか神だと信仰しているようなもの。そして主人公は現代でいうマジシャンか詐欺師。

イスラム教は離婚時の財産の分与まで記載されていて現代の法律の基礎もイスラム教である。

イスラム人がアルコールを禁止にしているのは毒があるからと気付いて民を守るためだったと分かる。

仏教の教えはなぜか子供を作らず無心でいろというものだが、その教祖自体に妻も子供もいて、現代でいうところの妻と子供を捨てて勝手に山にひきこもったひきこもりニート王子の話。彼には財産があったので人が着いてきただけで、一般庶民が妻と子を捨てて山にひきこもってニート生活をして親の王様からの仕送りで生活していた無職ニートか中年ニートに分類される現代でいうクズが信仰されている。

イスラム教が現代の宗教で1番優れていると思う。

【私がイスラム教が現代の宗教で1番優れていると思う理由】


アルコールは毒って分かっていてなぜ飲むんですか?


アルコールの発祥の地はアル=アラビアからイスラム教の地で産まれた。

途中で、イスラム人はアルコールは毒だと気付いてアルコールの摂取を禁止した。

今でもイスラム教は飲酒を禁止して民を毒から救っている。

キリスト教はアルコール飲料が毒だと分かりながら金儲けに走って民に飲ませた。

イスラム教は豚も生煮えだと食中毒を起こす事に気付いたので豚の摂取も禁止して民を救った。

イス...続きを読む

Aベストアンサー

アルコールが毒なのではなくて、アルコールの過剰摂取が毒。
普通の食べ物も毒ではないが、過剰摂取すれば毒。

Qムハンマド(イスラム教の開祖)のユダヤ教観とキリスト教観は?

1 ムハンマドは自意識として、その人生をユダヤ教徒として出発したのですか、キリスト教徒として出発したのですか、いずれでもないのですか。
2 一般論として後発の理論は先行する理論や実態の欠陥を克服する形で登場するのだと思います。ムハンマドにとってユダヤ教の欠陥は何でしたか。また、キリスト教の欠陥は何でしたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

偉大な宗教家として歴史に名を残した人は、えてして、単なる宗教家ではなく、政治的な能力でもすぐれていることが多いような気がします。そう、まさに今、チベットのために戦っているダライ・ラマ14世のように。彼は、インド、中国、米国、日本などの大国間の政治力学を利用してチベットのために戦っており、極めて社交的な性格であるうえに、ウィットに富み説得力のある話術を英語で使いこなし、世界中の世論を味方につける能力を持っています。

キリストの場合は、ユダヤ人国家がローマの属国であったという状況の中、ローマへの反逆も辞さない一部過激はとは一線をかくした人物です。聖書の中には、キリストを憎悪するユダヤ人たちが、なんとかしてキリストに反ローマ過激派のレッテルを貼ろうと試みるものの、キリストが政治的センスにすぐれ温厚な性格であることによって、彼をわなにはめようという試みは、ほとんど失敗してしまうシーンが出てきます。あの、「神のものは神へ、カエサル(皇帝)のものは皇帝に返せば良い」という有名なセリフは、別に宗教的に深いことを語っているのではなく、「ローマによる穏健かつ寛容な支配が不満なのか。税金くらい払え」という意味であるように思われます。

仏陀の場合はさらに過激で、2つの大国にはさまれたシャカ族の王子として生まれ、おそらくは将来を悲観し、政治から逃れるため出家してしまったとすら解釈できる人間です。仏陀が出家のため宮殿から出ていこうとすると、妻は子供が出来たと言って出家を止めようとします。しかし、仏陀は、「それでも自分は出ていく。子供には『邪魔者』とでも名づければよい」と言い放った人物です。

ムハンマドはイスラムの公式見解から言うと、おそらく、ユダヤ教から出発したのでも、キリスト教から出発したのでもありません。初期イスラムは商人のための宗教という性格が強く、もともとが政治・経済的な背景を濃厚とした宗教なのですが、この商人のための宗教という側面は、忘れられがちです。イスラムの教えでは、ムハンマドが天啓を受けイスラム教を作ったということになっているかと記憶していますが、天啓というのは、たいていは過去の経験に基づいた経験則をバックグラウンドにして、それが突如として本人の自覚もないままに、いきなり無意識から意識に上がってきたものにすぎません。他宗教からの影響関係を言えば、明らかにムハンマドはキリスト教ではなくユダヤ教から影響を受けています。イスラムに見られる食のタブーや割礼(ペニスの包皮を切り取ること)の儀式などは、ユダヤ教的な要素です。キリスト教がローマで成功した理由のひとつに、キリスト死後の早い段階で、「割礼は不要である」と宣言し、ギリシャ・ローマ文化になれた人々に安心感を与えたことが指摘できます。なにしろ、ユダヤ教徒の割礼の儀式はローマ人から見ると不気味な悪習であり、ユダヤ人が機を捕らえては奴隷、使用人、孤児などに割礼を施そうとするたびに、ローマから「割礼はユダヤ人の中で行うこととし、他者に強要することはあってはならない」という命令を食らっていたのです。

さて質問2についてですが、ムハンマドは勢力を拡大していく中で、既に精密に確立された教義を持つユダヤ教との論戦で、大苦戦をすることになります。ユダヤ教徒からは、ムハンマドは天使の概念を理解していないなどとの批判を浴びるわけです。ムハンマドは論戦ではなかなか勝てませんでしたが、商業・貿易などの社会的要素においては、ユダヤ教を圧倒することになっていきます。ムハンマド本人がどの程度自覚していたかは分かりませんが、彼からみたユダヤ教は、一神教としての純粋性が低いものであり、ムハンマドはそれを乗り越えることで、ユダヤ教・キリスト教・イスラムの中で、もっとも純粋な一神教を作り出すことになります。ユダヤ教は一神論だと思っている人も多いのですが、実はユダヤ教における神の概念は、神は1人しかいないというよりも、民族ごとに守り神がついているが、ユダヤ人についているヤーヴェこそが最強の神だという発想なのです。聖書の楽園追放の物語を読んでいると、りんごを食べた2人を見て、神々(複数形!)が、あ~だこ~だと議論しているシーンが出てきたりして、なかなか愉快です。
ムハンマドはこの不純物の混ざった一神教というユダヤ教の特性を一掃することにより、1民族のための宗教ではなく、あらゆる民族のための世界宗教へとイスラムを育て上げていくことになります。

ムハンマドから見た場合のキリスト教の欠陥は、偶像崇拝の禁止が徹底していないことだと思います。また、神にざんげをする場合、キリスト教ではプロテスタント系を除けば、ほとんどのケースで聖職者を通じて神にざんげをするのに対し、イスラムでは個人が直接神にざんげをするという原理によって、神と人間の対話(および契約)という性格が強いものになっています。あるフランス人キリスト教徒が書いた説に、イスラムの本質はユダヤ教の再興であるというものがあり、これはキリスト教徒の立場からすると、ある程度の正当性がある議論だと思います。

なお、ユダヤ教・キリスト教が共通して持っている問題点があるのですが、イスラムはこの影響を、ほとんど受けておりません。一神教の弱点のひとつに、「唯一絶対の創造主がいるのなら、なぜ世の中に悪などという不要で有害なものまで作ったのですか?」という質問に、正面突破では反論することが出来ないことがあげられます。ユダヤ教・キリスト教は、いずれも神と悪の最終戦争という思想をもち、前者においてはダニエル書、後者においては黙示録にその思想が表明されています。なぜ、一神教であるはずのユダヤ教やキリスト教に善と悪の最終戦争などという二元論的思考が紛れ込んでいるのかというと、おそらく、ペルシャのゾロアスター教の影響だと思います。ゾロアスター教は典型的な二元論的宗教で、神と悪の対立という概念を持っています。イスラムはこの、神と悪による最終戦争という思想を持っているようには見えません。それだけ、一神教の純粋性だけを見れば、イスラム教が最もすぐれた宗教だということになります。

ただ、現代社会においてはイスラムには悪習といわれても仕方がない要素が混ざっています。最大の問題点は、「目には目を、歯には歯を」という古い復讐原理に基づく刑法を、今に至るまで持っていることではないでしょうか。ムハンマドより以前のキリスト教や仏教でも、このような復讐原理は見られません。キリストは右のほほを殴られたら左のほほを殴らせろと教えました。仏陀は不幸の連鎖を止めない限り、涅槃への到達は不可能だと説いています。つまり、ムハンマド以前の段階ですでに、イスラム刑法の問題点が指摘されてしまっており、イスラム刑法はこの意味で、極めて非近代的で問題の多い法思想なのです。ヨーロッパ近代法の基本思想が、復讐の連鎖を止めるため、法権力の執行権を国家に一元化するという傾向を示し始めるころになると、ますますイスラム刑法の問題点が浮き彫りになってきます。非イスラムの現代人から見たら、イスラム刑法にたまに見られる、鞭打ちとか手の切断とかの処罰は、極めて残酷で非近代的なものに見えてしまうわけです。

偉大な宗教家として歴史に名を残した人は、えてして、単なる宗教家ではなく、政治的な能力でもすぐれていることが多いような気がします。そう、まさに今、チベットのために戦っているダライ・ラマ14世のように。彼は、インド、中国、米国、日本などの大国間の政治力学を利用してチベットのために戦っており、極めて社交的な性格であるうえに、ウィットに富み説得力のある話術を英語で使いこなし、世界中の世論を味方につける能力を持っています。

キリストの場合は、ユダヤ人国家がローマの属国であったという...続きを読む

Qイスラム教の人の食べ物って?

イスラム教の人のお弁当メニューを考えることになったのですが、イスラム教の人って食べてはいけないものってありましたよネ!?入れてはいけない物、喜ばれる物、おすすめレシピ等、教えて下さい!資料がなくて困ってます。

Aベストアンサー

イスラム教徒の食べてはいけないものは、まず第一にアルコール類、豚肉でしょう。他にもいろいろありますね。

http://www1.ttcn.ne.jp/~trade-food.cars/halalfod.htm

厳格な信者は、鶏肉、牛肉、羊肉であっても、作法にのっとって屠殺されたもの以外は、口にしません。


以前インドネシアで味○素が原料の事で訴えられたくらいですから、神経質に気を配る必要があります。
絶対豚肉製品は使わない事。
調味料等も配合がわかっているもの(禁止されているものが使われていないとはっきりわかるもの)以外は使わない方がいいです。

参考URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~trade-food.cars/halalfod.htm

Qキリスト教、仏教、ヒンドゥー教、イスラム教・・・などなど、さまざまな宗教の考え方や特徴を知りたいです。

最近、宗教について興味を持つようになりました。たとえばイスラム教では女性の地位が低かったりヒンドゥ教にはカーストがあったりと、宗教によってさまざまな考え方の違い、特徴があると思います。そんな宗教の違いなどについて分かりやすく解説していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うようです。
 もうひとつには 輪廻転生かつ因果応報の説があります。梵我一如を身に現わしたとされる司祭(ブラフマナ)は 過去世で善い因を積んだ結果そう成ったというわけです。
 そしてこの場合 低い身分の人びとは 過去世で悪い因を積んだ結果だというのですが それだけではなく いま現在善い因を積めば そして生まれ変わり続けていつの世にかは よき身分に生まれると説きます。

 ブディズムは このブラフマニズムを批判し否定して起こりました。
 ただ その内容は必ずしも明確ではありません。
 低い身分のまま生まれ続けるという六道輪廻は 目覚めた状態(ブッダ)に成れば断ち切ることができると言いますが 輪廻転生が全体として否定されたわけではありません。
 ひとは仮りにモノが集まってその存在となって生まれて来たものだから 《わたし》が確固とした存在だとは見るものではないようです。(諸法無我)。何ものにも依存しないブラフマンと一体でありうるというアートマンであるとは見ない。ただし 誰もがブッダの状態に成ることができるというその《仏性》を身に宿すとも もう一方では説くようになります。
 ですから一般には 《梵我一如》をブディズムのおしえだと捉えているのではないでしょうか。

 イスラームは 単純です。《神(アッラーフ)》が直接にムハンマドの口を借りて ひとの思いやおこないをすべて〔と言っていいほど〕おしえの中に示しているということです。きわめて具体的な内容を示すかたちで表現されていますから。 

 ▲ (クルアーン=コーラン)~~~~~~~~~~~~~~~~
 まことにわれら(* アッラーフ=神 の自称・複数形での語り)が 汝(ムハンマド)に啓示したのは ノアとそれ以後の預言者たちに啓示したのと同様である。われらは アブラハム イシマエル イサク ヤコブの各支族に また イエス ヨブ ヨナ アロン そしてソロモンに啓示した。また ダヴィデに詩篇を与えた。(4:163)


 おまえたち(* ムハンマドを含めた信徒たちのこと。むろんアッラーがムハンマドの口を借りて語っている)は言うがよい。
   《われわれは神を信じ そしてわれわれに啓示されたものを アブラ
   ハムとイシマエルとヤコブともろもろの支族に啓示されたものを モ
   ーセとイエスに与えられたものを 信じる。
   また もろもろの預言者が主から与えられたものを信ずる。われわれ
   は これらのあいだでだれかれの差別はしない。
   われわれは神に帰依する。》
    (2:136)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ちなみに セム語は三個の語根子音から成るのが 一般です。
 《S-L-M》は ヘブル語でも シャローム( SaLooM )と言って挨拶に用いる語です。アラビア語では 定冠詞(アル→アッ)を付けて 《アッサラーム(al-SaLaaM = 平安を!)》です。
 同じ S-L-Mから派生する語として イスラーム iSLaaM は 《降伏・服従》の意をも伴なう《身をゆだねる》つまり《帰依》のことです。
 その帰依した信徒を表わすムスリムは 《〔わたしはそこで自らが健全・安寧(S-L-M)であると知覚し認識し これを受け容れて わたしは〕 すこやかならしめられた》と言っています。〔  S-L-M > muSLiM。(初めの m- は いわゆる過去分詞の接頭辞)というわけのようです〕。
 つまりは ブラフマニズムやブディズムで目指された《安寧としてのさとり》の状態は ムスリムとしては その名前じたいの中に堂々と名乗っているというわけです。《われ やわらがしめられたり》と言っています。
 ひとこと悪口を言えば つねにいつもいつも《われはアッラーを信じる。アッラーに帰依する》と言っていなければならないのかと思ったりします。そんなことぢゃ 信じていないのではないか。弱いのではないかと思ったりします。
 
 さて ムハンマドに乗り移って語ったアッラーフの言葉の中に アブラハムやモーセのほかに イエスも出て来ています。そこで クリスチアニズムについてです。
 これは ひとことで言えば 人がついていけないほど すっ飛んでいます。なにしろ ヨセフとマリアという夫婦から生まれた人間であるイエスは この世のものではないなぞの霊としての存在である神の独り子であり みづからも神である。こういう出で立ちです。

 いくらかは分かるようなところを示してみますと。
 ひとは誰でも《仏性》を宿すと言ったりしますが クリスチアニズムもひとには神の霊が宿ると言います。
 ブラフマンとわたし(アートマン)とが 一体となるという説に対しては 神〔の霊〕がわたしをおおい包む。そこでわたしは 無条件に只で(無料で=恩恵として)癒されやわらがしめられたと告白する。
 ただし これはすべて ひとりの人の主観の内において起こる出来事であり その主観内面におさまるものであると知っています。ですから 神が人間の言葉でそのまま語るということは まぼろしとして――文学表現において――触れたりすることもあるにはあるようですが 基本的にはないと思っています。
 神をひとは見ることが出来ない。それは 非思考であると捉えます。言いかえると その信仰の内容を 言葉にして伝えることはあるにはあっても その人の主観の問題であると捉えています。言いかえると 二人以上でこの信仰内容をおしえとして具体的な表現において共有するということは すでにもはや非思考の信仰ではなくなると見ています。すなわち 教義と組織を伴なった宗教は 信仰の自殺行為であると見ます。そういう信仰です。
 (教会組織は わたしに言わせれば 犯罪行為です)。

 さらに言いかえると もし人と人のかかわりやつながり あるいはきづな これらのことを《愛》と言うとすれば そのような愛は 非思考つまりなぞにおいて神のほうがなんとかしてくれると思っているという意味です。人もその一端をになうと言ってもいいでしょうが――そして人間の為し得る努力という努力はすべておこないますが―― 基本は 絶対他力です。隣りびとを愛せとは 自分と同じくらいは――もしくは自分を思う前に一秒くらいは相手を先に思うかたちで――愛しなさいということです。

 こんにちは。

 宗教事情と言いますか 実際の生活日常にどう現われているかについてよりは 考え方をめぐって理論的に捉えようとしてみます。

 ヒンドゥイズムは古代では ブラフマニズム(バラモン教)ですが この宗教はすでにいわゆるカーストが定まったところで起こっています。侵略と支配が出来あがったところで そのおしえが持たれます。
 ひとつには 宇宙の原理ないしその力としてのブラフマン(梵)とひとの《わたし》としてのアートマン(我)とが一体であると説きます。梵我一如と言うよ...続きを読む

Qイスラム教とキリスト教の違いって何ですかね。

はじめまして。

 以前から疑問に思っていたのですが、はっきりと形になりましたので、聞きたいと思います。

 古今東西を問わず、価値観の違うもの同士は仲が悪いと思うのですが、今話題になっているイスラム教とキリスト教ってそれほど違うものなのでしょうか。

 何かの授業で聞いた話しですが、イスラム教の創始者ムハンマドは自らをアブラハムの子孫だって言っていたんですよね。そのアブラハムをずーとたどっていくとイエスにたどり着くんですよね。
 ということは大元は同じってことになるんですよね。

 それなのにどうしてあそこまで憎しみあうのか完全に僕の理解を超えています。もっとも、イスラム教とヒンドゥー教だって戦争をしているわけですけれども。

 つまりパレスチナのハマスの幹部組織の人とか、イラクの上層部の人たちは何を根拠にして、自爆テロをするように人々を説得しているんでしょうか。
 彼らにはそれなりの政治的な理由があるんでしょうが、そういう理由じゃなくて、もっと宗教的な理由を掲げていると思うのです。もっともキリスト教には多数の流派がありますので、一言ではいえないと思いますけど。
 
 イスラム教徒がキリスト教徒の存在を許せない理由(もしくはその逆)って何なんですか。可能な限り平易な言葉でお願いしたいのです。
 知っている方は教えてください。お願いします。
 

はじめまして。

 以前から疑問に思っていたのですが、はっきりと形になりましたので、聞きたいと思います。

 古今東西を問わず、価値観の違うもの同士は仲が悪いと思うのですが、今話題になっているイスラム教とキリスト教ってそれほど違うものなのでしょうか。

 何かの授業で聞いた話しですが、イスラム教の創始者ムハンマドは自らをアブラハムの子孫だって言っていたんですよね。そのアブラハムをずーとたどっていくとイエスにたどり着くんですよね。
 ということは大元は同じってことになるんで...続きを読む

Aベストアンサー

>イスラム教とキリスト教の違いって何ですかね。

>>古今東西を問わず、価値観の違うもの同士は仲が悪いと思うのですが、今話題になっているイスラム教とキリスト教ってそれほど違うものなのでしょうか。

二つの宗教の基本的な違いは、直接的な信仰対象です。それも「信じている神様が違う」というような、よくある普通の次元の話じゃなくて。(という意味では、キリスト教はユニークな宗教だということもできます。)

確かにどちらも根っこは一神教です。
イスラム教の神様はアッラーの神。預言者ムハマンドを通じて教理を布教させました。そしてその教理の集大成がコーランです。つまり、イスラム教徒の直接的な信仰対象は「神アッラーの教え」即ち教典コーランです。だからイスラム教徒はコーランを忠実に守ろうとし、守らないと神アッラーの罰を受けると信じて疑いません。つまり、イスラム教徒にとっては神=律法だと考えるとわかり易いです。

ここらへんは、イスラエルのユダヤ教とまるで同じです。ユダヤ教の神様は創造主「天なる父」。その教えは(十戒などのエピソードでも広く知られているように)「旧約聖書」として集大成され、預言者モーゼを通じて布教されました。ですから、やはりユダヤ教徒の直接的信仰対象も創造主の教えであり、その教理を厳正忠実に守ることこそを神は求めておられる、守らなければ手ひどい罰を受けて当然だ、と信じています。ノアの箱舟やポンペイなど、神の下された恐ろしい罰に関わるエピソードはヤマのようにあります。結局ユダヤ教徒の場合も、神=律法なのです。

話が脇道に逸れますが、イスラム教徒とユダヤ教徒の長年にわたる争いの底流には、「天なる父」をめぐる骨肉の争い的本質が隠されているんじゃないか、と個人的な興味があります。

それはさておき、キリスト教徒の直接的信仰対象はイエスです。と言うより、「天なる父」が自らの息子を罪深き人類の贖罪のために“イエスという人間”の姿でこの世に遣わされ、全人類の原罪を含めたすべての罪を贖わせるために最終的にイエスを十字架に掛けて命を奪い、その見返りとして全人類に神自らが永遠の許しを与えた。すなわち、イエスは神がこの世に遣わした“救世主”(キリスト)である。その証として、イエスが人間として命を失った3日後、イエスは天に呼び戻される。つまり「復活」することでイエスが「神の御子」であることが誰の目にも明らかになるだろう...。端的に、キリスト教徒の直接的信仰対象は、「救世主であるイエスそのもの。及びイエスの生から死、そして復活から昇天までの出来事のすべて。及び天なる父が、旧い約束(旧約、つまり律法)に対する人間の違反をイエスの命と引き換えにチャラにしようという新しい約束(新約つまり愛)をされたこと。」なのです。
信仰するのは、天なる父の律法でもないし、イエスの説教でもなく、結果として、キリスト教徒にとっての新約聖書はコーランや旧約聖書とはまるで異次元の意味をもつようになります。逆に言えば、イスラム教徒もユダヤ教徒も、救世主はまだこの世に現れていない、イエスはただの預言者だ、と考えています。

再び脇道へ逸れますが、神の御子イエスは復活して天へ帰りました。だから、地球上にイエスの墓は存在しないとされています。仮にあったら、ムハマンドと同じただの預言者になってしまい、救世主ではなくなってしまいます。キリスト教そのものが崩壊してしまいます。
2週間ほど前、ツタヤで「抹殺者」(アントニオ・バンデラス主演のB級活劇)という準新作ビデオを借りました。たまたまこのイエスの墓と遺骨がテーマでした。背景事情を知らないとわけがわからず退屈したでしょうが、幸い多少の知識があったので結構楽しむことができました。

>つまりパレスチナのハマスの幹部組織の人とか、イラクの上層部の人たちは何を根拠にして、自爆テロをするように人々を説得しているんでしょうか。

>>イスラム教徒がキリスト教徒の存在を許せない理由(もしくはその逆)って何なんですか。

長々と申し訳ありません。ここは手短かに済ませます。イラク上層部やハマス幹部は、米英は異教徒だから抹殺しろ、コーランにもそう書いてある。と説得してるような気がします。コーランを持ち出せばきっと話は早いです。あるいは、異教徒じゃなくて悪魔だから成敗しろ、と言ってるのかも。

>イスラム教とキリスト教の違いって何ですかね。

>>古今東西を問わず、価値観の違うもの同士は仲が悪いと思うのですが、今話題になっているイスラム教とキリスト教ってそれほど違うものなのでしょうか。

二つの宗教の基本的な違いは、直接的な信仰対象です。それも「信じている神様が違う」というような、よくある普通の次元の話じゃなくて。(という意味では、キリスト教はユニークな宗教だということもできます。)

確かにどちらも根っこは一神教です。
イスラム教の神様はアッラーの神。預言者ム...続きを読む

Qキリスト教はイスラム教から生まれた?

キリスト教はサウロ(パウロ)が創始した宗教だと思っていました。サウロは熱心なユダヤ教徒だったらしいので、キリスト教はユダヤ教から生まれた宗教だと思っていました。しかし、「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説もあるようです。このことについて解説してあるサイトをご存じでしたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説は、歴史的に立証することはできませんね。
イスラム教の始祖である、ムハンマドが啓示を受けてイスラム教に目覚めたのが西暦610年頃とされています。
イエスが処刑されたのは、諸説ありますが西暦33年前後とされています。パウロが処刑されたのは西暦60年前後。
このことから、かなり無理のある説であると言わざるを得ませんね。

キリスト教の創始者を誰にするかという説ですが、これも緒論あってどれが真実かは言えないとおもいます。
キリスト教はイエスの教えに基づいていますが、イエス自身がユダヤ教と決別して、新しい宗教を作ろうという意思があったかは分かりません。
一つの学説では、ユダヤ教を改革しようとしていたというのがあります。その意味において、イエスがキリスト教を作ったとは言えないかもしれませんね。

イエスの死後、残された弟子達の間でも争いがあったようです。
つまり、ユダヤ人のみにイエスの教えを説くか、ギリシア人をはじめとした他の民族にも広めるか。
後者を代表したのがパウロでした。
「キリスト教はユダヤ教から転じた新しい宗教であり、それはユダヤ人以外の民族にも、神の福音をもたらさなくてはならない(新約)」という宗教を明確にしたのもパウロでしょう。
そういった意味で、パウロが直接の創始者であるという考えも成り立ちますね。
だた、キリスト教の教理ではイエスを始祖とするのが主流なんではないかと思います。

教団が組織として明確になったのはいつ頃の事かは、はっきりしません。どこで、キリスト教の成立とするかで、創始者は変わってくるでしょうね。

「キリスト教はイスラム教から生まれた。イスラム教異端派の最大勢力だった。」という説は、歴史的に立証することはできませんね。
イスラム教の始祖である、ムハンマドが啓示を受けてイスラム教に目覚めたのが西暦610年頃とされています。
イエスが処刑されたのは、諸説ありますが西暦33年前後とされています。パウロが処刑されたのは西暦60年前後。
このことから、かなり無理のある説であると言わざるを得ませんね。

キリスト教の創始者を誰にするかという説ですが、これも緒論あってどれが真実か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報