プロが教えるわが家の防犯対策術!

1月と12月に函館から羽田へ行く予定があり、すでに予約しているのですが、実際12月や1月の雪による欠航というのは多いのでしょうか。1月は国際便への接続もあるので欠航が心配です。冬でもよく飛行機利用される方、回答御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

JAL、ANAとも欠航に関する情報を自社サイトで発表しています[1-6]。


ANAは統計のみで個々の便に関する情報は載せていませんが、JALは個々の便についての情報も過去2年分載せています。ANA便利用であっても、機材不具合による欠航を除いてはJAL便のデータを参考にすればよいわけです。
直近2シーズン、JALグループ函館関連路線で12月と1月に発生した欠航は2回のようです。いずれも函館側の悪天候に起因するもので、折返し便も欠航しています。このほか2002年12月に羽田側で雪による一部便の欠航があったようです(函館便が含まれたかは不明)。
気象に関係することですから「絶対大丈夫」ということはないのですが、上記のデータを見ますと確率的には低いと考えてよさそうです。函館は滑走路が3,000 mと長く、計器着陸装置も設置されていることがこの数字につながっているのでしょう。

[1] JAL運航情報 http://www.jal.co.jp/operate/
[2] 同 02年12月 http://www.jal.co.jp/operate/table1_0212.html#111
[3] 同 03年1月 http://www.jal.co.jp/operate/table1_0301.html#111
[4] 同 03年12月 http://www.jal.co.jp/operate/table1_0312.html#111
羽田-函館 1往復分欠航
[5] 同 04年1月http://www.jal.co.jp/operate/table1_0401.html#111
伊丹-函館 1往復分欠航
[6] ANA運航情報 http://www.ana.co.jp/flt_data/index.html

参考URL:http://www.jal.co.jp/operate, http://www.jal.co.jp/operate/table1_0312.html#111
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLも多く、詳しく説明していただきありがとうございました。予想以上に欠航が少ないというのが分かって安心しました。

お礼日時:2004/11/22 18:53

#3です


訂正します
×千年
○千歳
です。
離着陸と言う言葉を2回続けてしまいました。
ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ訂正までしていただきありがとうございます。

お礼日時:2004/11/22 19:05

こんにちは。


函館発着便は、月に1回は必ず乗る者です。

1月は突然欠航が出ます。
八割方大丈夫だとは思いますが、
欠航について、去年遅延・欠航に巻き込まれた時のことを
織り交ぜて説明いたします。

私はANA関空-函館間の(1787・1788)便が最も多く
ついで東京-函館間の(853・862)便に乗ります。

今年の2月に、私の乗る便以外は順調なのに、私の便だけ4時間送れたことがありました。
理由は、
「普段は本土と函館の往復」だけの飛行機が、
冬になると、
「女満別や稚内にチャーター便として飛び、その後に函館にやってくる」
飛行機があるのです。

1月、函館以南はさほど雪の影響を受けない航空路ですが、私の乗る便は、女満別に寄ってから函館に来るので、
「女満別空港が雪のため、函館発に使う飛行機が無い」
と言う理由で遅延しました。

そこで、欠航を最大限防ぐためにも、wwroyさんは、
大きい機材(B747やB777)に乗ることをお勧めします。

北海道の空港は、函館・千歳以外は、(大型機の離着陸は離着陸は可能でも)比較的小さい機材が多いので、A320やB737ですと、欠航の確率は、比較的高くなります。

何時の便に乗り継がれるか存じ上げませんが、
時刻表をご覧になって、千年よりも北に行かない大きい機材での羽田アクセスをお考えになると良いと思います。

以上予備知識として、ご参考まで。
素敵なご旅行を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>女満別や稚内にチャーター便として飛び、その後に函館にやってくる
そのような便も実際存在するのですね。とても参考になりました。8割方は大丈夫ということですが、欠航にも天候だけでなくさまざまな理由があるのだなと改めて知りました。丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/22 19:03

1月に羽田~函館間で


何度かトラブルにあったことがあります。

欠航は羽田での大雪。(1997年ごろ?)

遅延は函館での大雪のため羽田から
飛行機がこなかったためです。(2000年)

また自分が乗る飛行機が遅れて出発し
(函館の吹雪のため)
次の便から欠航となったこともありました。
(2001年)

どちらも1月の中旬のことです。

う~~ん、1年1、2回運悪くある時に
当たってしまうこということは
あるでしょうね。

どのトラブルの場合も
航空券をカウンターで見せて(予定便の時刻の
便にチェックインするときに)
次に出る便に乗ることを事前に言っておいたので
追加料金をとられることはありませんでした。

ただ、悪天候の場合ですから、羽田で欠航した時
のホテル代などは自腹でした。

遅延や欠航がある場合は
国際線へ乗り継ぐ場合は優先的に
乗せてくれます。
チェックインカウンターで案内がありますので
必ず受付してください。

私は当日の夕方、成田から国際線にのる予定の時に
猛吹雪で、飛行機が飛ばなかったことが
ありました。(2000年の時)

その時はすぐに手配した旅行会社に
電話して、その後の旅程を変更したことがありました。
なかなか電話がつながりませんでしたが
なんどもかけましたよ。

そのときの旅行会社は
J○Bだったのですが
なんとか成田でのホテルも手配し
翌日の便に乗ることができました。


私は偶然なのか、
札幌、北京、アメリカ、イギリスなど
あちこちで遅延に当たっています。

吹雪と雷の時は、まず飛行機は飛ばないようですので
最近は「またか~~。」ぐらいの
気になって、あきらめがつくようになってしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度かトラブルもあるようで、参考になりました。ありがとうございました。それにしても国内だけでなく世界各地で遅延にあわれるというのもすごいご経験だと思います。当日無事飛ぶことを祈るばかりです。

お礼日時:2004/11/22 18:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬の大阪から札幌旅行の飛行機の欠航と救済措置

12月22、23、24の連休中に大阪から札幌に飛行機で行こうと思うのですが、25日から仕事があるため22日の朝に大阪を出発し、24日の夕方までには必ず大阪に着くようにしたいのですが、天候によって欠航が出た場合に何か救済措置があるのでしたら教えてください。またこの時期に天候によって飛行機の欠航は頻繁にあるのでしょうか。北海道も飛行機も始めてなので、全く無知で申し訳ないのですがおしえていただけますでしょうか。あと、飛行機以外でも確実に24日中に大阪に着ける経路がありましたら教えていただけますでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 新千歳空港は、国内でも設備が整っている空港です。太平洋側に位置し、気候が安定し、天候で欠航になることは年間数回だけです。(大阪空港の就航率と大差ないのでは・・・)
道内の他空港は新千歳よりも、就航率は落ちますし、気象条件もあまり千歳以上に良いことはありません。新千歳がダメになるくらいなら他もダウンは必至。さらに、JRや高速道路など他の交通機関もまったく動かなくなっている可能性も極めて高いと思います。代替輸送機関をあてにするのは、非現実的です。

 欠航するにしても1日中欠航するのは珍しいと思います。絶対の安全策をというのであれば、ぎりぎりまで滞在しないで、午前便(できれば前日)をとるようにすれば安全です。その上で、天候や予約状況を見計らって、飛行機が確実に飛びそういうことを確認し予約便の変更をすれば、ゆとりも生まれます。
なお、欠航する場合には、航空会社で別便への振り替えの手続をしてくれます。(予約の変更が出来ない航空券でもOKです。)

 まあ、あんまり心配される必要はないと思いますが・・・


人気Q&Aランキング