『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今ビートルズのコピーバンドでジョージ・ハリスン役をやっています。(現使用ギターはグレッチカントリージェントルマンです。)

中期以降のビートルズをやるのに国産のエピフォンカジノまたはギブソン(orエピフォン)SGの購入を検討しているのですが、どちらが良いか皆さんの意見をお聞かせ願います。

※現行の中国製エピフォンカジノは所有していますが、音に満足出来ない為、手放す予定です。

また予算があまりない事や、他にもギターを所有している事もあり、あと1本しか購入出来ません。

A 回答 (2件)

既にグレッチをお持ちなら、SGのほうがよい様に思いますが・・・ビートルズはそれほど追求したことがありませんが、SGって使用曲が限定されませんか?なんかワタシも『インディアン・ローズのテレキャス』って印象が強いのですが・・・・



 エピフォンは、国産というともしかして寺田楽器製では?もしグレッチが比較的最近(2000年に入ってから)のモノなら、同じ寺田製ですよ。(グレッチの最も高価なシリーズの多くが寺田製です。)
 ワタシも寺田製グレッチをライブで使ってますが、音はともかく(グレッチ社が主張するほどは、オールドとは似てません)製作精度は、以前の北米製を軽く凌駕してますね。
 寺田カジノは楽器屋でちょろっと弾いただけですが、もし購入を目論んでらっしゃるのが寺田製なら、結構期待出来ると思います。

 それともう一つ。
 現行のエピフォンカジノが『イマイチ』とお考えなら、(かなり高価になりますが)いっそのことギブソンES-330を検討されてもよろしい様な気がします。(ご存知と思いますが、カジノはES-330のネックを少し細くし、ポジションマークなどを省略しただけの簡易版です。)
 ビートルズはES-330を使ってなかったと思いますが、’60年代の『まともだった』時代のカジノを考えると、最近のモノならES-330の方が近いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重な意見をありがとうございました!

お礼日時:2019/01/25 20:08

あと一本だけ、ということならばソリッドが良いんじゃないでしょうか。


その方がルックス含めたメリハリつきますよ。
という事でその選択肢のうちならSGをおすすめします。

テレキャスターも後期はよく使っていましたよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2019/01/24 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターをされている方に質問です。 【初級中級上級者・プロ問いません】 世界三大ギターリストなどと言う

ギターをされている方に質問です。
【初級中級上級者・プロ問いません】

世界三大ギターリストなどと言う個性ある異なる個々の音楽表現に、そもそもランク付けする意味などあるのかと思いますが。これらは、音楽雑誌ローリングストーンズ誌が毎年発表する投票の影響からだろうと思います。

エリック・クラプトンやジェフ・ベック、ジミーペイジ、ジミ・ヘンドリックス等々。

しかし、これらのギタリストは主にエレキによる楽曲が圧倒的に多いと思います。音楽愛好家皆さんにとって
『アコギの曲』と言うとどんなアーケードと曲が真っ先に浮かびますか?

2つ3つ教えてくださいませんか?
宜しくお願い致します。

※Jポップは今回除外してください。

Aベストアンサー

既にいろいろ出ていますが、それではワタシは盲点?の『3大スライドギター弾き・アコギ編』です。

①ボブ・ブロウズマン(Bob Brozman)
 アコギというかレゾネーターギターを用いたスライド奏法に於いて、歴史上最高のテクニックを持つとされる天才ギタリストです。
 後述する『もう一人の天才』ライ・クーダーは、古典スライド・ブルースでは定番のレゾネーターギターを絶対に演奏しませんが、それはこのボブ・ブロウズマンがナショナル製のレゾネーターギターを弾いているから、と言われています。
 彼は本質的に民族音楽の演奏者ですが、古典ブルース(デルタ・ブルース)の演奏で、特に破壊力があります。
 明らかに版権の問題があるので、直リンは貼りませんが・・・某動画サイトで『Bob Brozman Come On In My Kitchen』などと入れて検索してみるといいかな~・・・なんちて。
 今ならまだ、スライド弾きには非常に有名な『庭先での伝説的演奏』が見られたりします。

②ライ・クーダー(Ry Cooder)
 本来はデルタ・ブルースとハワイの民族音楽(ハワイアン)ぐらいでしか使わなかったスライド奏法を、ロックをはじめ一般的なポピュラー音楽の世界に持ち込んだ張本人であり、『スライド奏法をもう一度新たに生み出した』とさえ言われる天才です。
 彼のスライド奏法はチューニングから既に難解で、プロでも彼のギター奏法のフォロワーは殆んどいません。
 彼もブルースに限らず民族音楽全般の演奏者ですが、デビューから5枚目までのアルバムはデルタ・ブルース~ボーダーライン(中米との国境音楽〉色が強く、ボブ・ブロウズマンのスピード&パワープレイでない、リズムとメロディを重視した『いい感じの脱力プレイ』が聞けます。
 某動画サイトだと・・・『Ry Cooder - Vigilante Man (live)』と入れてみるといいかなぁ・・・などと。

③サン・ハウス(Son House)
 最後はその古典ブルースの怪物を一人。
 ロックを生み出したロバート・ジョンソンが少年の頃『追っかけ』をやっていたという殆んど伝説の世界のブルースマンで、今日では『ブルース音楽の父』とされています。
 1920年代に活躍したブルースマン達(その多くが、祖父や父の代までは『奴隷』階級だった黒人です)がレコーディングの機会も与えられずひっそりと亡くなっていったところ、サンハウスは’50年代のデルタ・ブルースブームの時、既に高齢で20年も演奏していなかったにもかかわらず、引っ張り出されて幾つかの動画を残したので特に有名になりました。
 ブルースがロックに変容する以前のブルースマンなので、エイトやシャッフルのリズムはまだありません。
 また、一切のアンプリファイアが無かった1920年代はとにかく大きな音を出さなければならず、当然チマチマとした単弦奏法など出て来ません。全力でギターを鳴らし、全力で歌うだけです。
 ノリノリのロックのリズムやひたすら早いフレーズや美しいメロディも無く、しかしこの演奏は・・・ワタシは初めてサン・ハウスの映像を見た時、『これが本物のブルースだというなら、エリック・クラプトンやキース・リチャーズは歌謡曲だ』っと思いました。
 某動画サイトだと・・・『Son House - Death Letter Blues (Live '67) 』辺りかな・・・強くピッキングし過ぎて、ギターが『バチバチ』いってます。いくら弱く弾くと音が出ないリゾネーターギターでもこれは強く弾き過ぎですが、当時はこのくらい強く弾かないと観客全員に聞こえなかったんでしょう。

既にいろいろ出ていますが、それではワタシは盲点?の『3大スライドギター弾き・アコギ編』です。

①ボブ・ブロウズマン(Bob Brozman)
 アコギというかレゾネーターギターを用いたスライド奏法に於いて、歴史上最高のテクニックを持つとされる天才ギタリストです。
 後述する『もう一人の天才』ライ・クーダーは、古典スライド・ブルースでは定番のレゾネーターギターを絶対に演奏しませんが、それはこのボブ・ブロウズマンがナショナル製のレゾネーターギターを弾いているから、と言われています。
 彼は本質...続きを読む

Q往年の元ギター小僧さん、昔流行ったエフェクター教えて下さい

DTMで昔の唄のカラオケ作成をしている内に行き詰ってしまいました。

昔1960年代頃のいわゆる「エレキ時代」に流行ったエフェクターの種類名を教えてください。

例①ベンチャーズが渚ゆう子さんの為に使った
「お琴の音」モドキの効果音
渚ゆう子 京都の恋
https://www.youtube.com/watch?v=g6CYfua_Vh0
渚ゆう子 京都慕情
https://www.youtube.com/watch?v=xp-EAGf8pag

例②白黒TV時代のゲゲゲの鬼太郎
イントロで「ちゅわ~ん」と怖さ出す効果音
https://youtu.be/qYZ5ps8k0tE?list=PLBTT0mMWhq-BZO0ppsqq_siJeEYlHeWpK

多分、①も②も両方同じエフェクターかなあ?と想像してるんですが名前を教えてくださいませ。

生演奏で使うのでなくDTMですので、
このエフェクターVSTが入手困難な場合は
他の手段でDTM的に模擬的代用する方法でも大歓迎です!

Aベストアンサー

ベンチャーズらしい音ですか。
エフェクターで出せるでしょうか。
ギターシンセなら可能性は有ると思いますね。
ギターその物をモズライトギターを使えばそこで近付きそうですし、後はアンプですね。
60~70年代のベンチャーズは何処のアンプを使っていたのか判りませんが。

さて、何故に前回投稿が二重投稿になって居るのか理解出来ないです。
No.1を投稿しようとした時に「修正する」で戻ってスタンプを入れて投稿したのですが。

Q昔のギタリストの人たちはどうやって弦の音程調整をしてたのですか?チューナーは無いっぽいし

昔のギタリストの人たちはどうやって弦の音程調整をしてたのですか?チューナーは無いっぽいし

Aベストアンサー

音叉が手軽で一般的で、今も使われています。音叉は音が安定しています。
弦を一本合わせれば、後はそれをもとに他の弦を合わせます。
合奏する場合は、みんながその音叉を基準に合わせます。
調律済みのピアノがあれば、それをもとにします。
管弦楽の音源は、オーボエが一般的です。
基準音源は昔からいっぱいあります。

Qエレキギターは独学でどのくらい上手くなれますか?

エレキギターは独学でどのくらい上手くなれますか?

Aベストアンサー

No.4の続きです。

誤字、脱字がありましたので、お詫びに詳しく回答します。

独学でエレキギター歴が27年ほどになりますが、始めたきっかけは、あるバンドの楽曲をどうしてもコピーしたくてが理由でした。
初めから、ギター教室に行こうとは思いませんでしたね。
お金も、時間もかかる、プロになるつもりはない、人に聴かせようとも思っていなく、自己満足である程度弾ければいいや、と思って始めたからです。
私の場合、コピーしたい曲が洋楽のハードロック系でしたので、TAB譜も利用しましたが、コードはパワーコードから習いました。そして、弾いているうちに音感が芽生えてきて、耳コピです。
音楽理論も初めはよく分かりませんでしたが、徐々に理解していきました。
でも、独学には限度があります。
とても細かい所の音楽理論は、とても理解するのに苦労します。
私は、楽曲コピーがメインですので、さほど深い所の音楽理論は学ぶ必要はなく、コードなどをネットや本で調べて、曲を流しながら一緒に弾くというだけで、エレキギターは大満足しています。

楽曲のコピーは、何千曲とやってきましたので、何か今度機会がありましたら、コピーの仕方、耳コピの仕方などの相談がありましたら、是非、分かりやすく回答しますね。

No.4の続きです。

誤字、脱字がありましたので、お詫びに詳しく回答します。

独学でエレキギター歴が27年ほどになりますが、始めたきっかけは、あるバンドの楽曲をどうしてもコピーしたくてが理由でした。
初めから、ギター教室に行こうとは思いませんでしたね。
お金も、時間もかかる、プロになるつもりはない、人に聴かせようとも思っていなく、自己満足である程度弾ければいいや、と思って始めたからです。
私の場合、コピーしたい曲が洋楽のハードロック系でしたので、TAB譜も利用しましたが、コードはパワ...続きを読む

Qギターの指板上の度数について

ギターの指板上の度数について教えてほしいです。(音楽自体の初心者です。)
とあるギターの教則本を買ったのですが、そこの表記を見ると

「6弦8フレットのC」を1度と考えると「5弦10フレットのG」は音程が5度これはわかります。
対して「5弦10フレットのG」を1度と考えると「6元8フレットのC」の音程が4度と表記されていました。これがよくわかりません。
音程というのは音と音の距離だというように理解しているのですが、別に音の距離が変わったわけでは無いとおもうのですが…

ありえるのは、ルートより低い音には度数を想定しないという考え方をして、ソから数えてドは4度という… え?そんな考え方なの? と混乱し始めました…

著作権フリーな画像もなかなか見つけられず、わかりにくい質問となってしまい申し訳ないのですが、
詳しい方、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

No.6です。

貴方は素晴らしい!

今ね、同じ‘ギター‘のカテゴリーでね常識知らずの質問者がいてね、困っている所だったのです。

このように、きちんと返信して一生懸命に学ぼうとしている、本当に素直でカッコイイですよ。

回答ですが、上の質問は他の方ですので、下の質問に回答しますね。

短3度とは、かなりピンポイントな要求ですね。

例えば、原曲だと高いのでキーを下げて欲しいという事もありますよね。

そういう場合、度数という表現にしてしまうと、ちょっと分かりにくくなりますので、例えば-3にして欲しいという場合、1が半音ですので、1音半(全音半、3半音などとも言います)キーを下げるというほうが分かりやすいかと思います。

度数を下のほうに数えるのはNGかという質問ですが、NGというか定着しているやり方、考え方としては上記に回答したものです。

もし、分かりにくいようでしたら、もう一度、質問願いますでしょうか?

ギター歴30年間、培ってきた知識をフルに生かして、的確に回答します。

Qこのギターどこのメーカーかわかる方おられましたら教えて欲しいです! よろしくお願いします( ´-`

このギターどこのメーカーかわかる方おられましたら教えて欲しいです!
よろしくお願いします( ´-` )

Aベストアンサー

こういう事を言うと、教えてgooに失礼ですが、ヤフー知恵袋のほうが詳しい人(参加人数も多い)ので、そちらのほうが確率としては高いかもしれません。
シリアルナンバーが分かれば(彫ってあったり)辿る事も出来るかもしれません。
ネックを外してみて、裏に何か型番など書かれている場合もありますが、これは可能性は低いですね。

ヤフージャパンから、入力して画像検索してみましたが、このタイプは出てきませんでした。

かなり、稀少なのかもしれません。

Qテレキャスターのギターに詳しい方教えて。

テレキャスターが欲しいのですが
楽器屋さんで7万くらいのを弾いたら
ネックが太くて抑えずらいです。

他エレキギターを弾いて見ましたが
テレキャスターのネックは丸見が
あるように見えます。

そこでUSAやJAPANモデルや年代によって
色々あると思いますが
比較的ネックが平たい?のはありますか?
それとも全部一緒ですか?

この色なら何でもいいです。

Aベストアンサー

なるほど、フェンダーのメイプルネックのことですね。
 これ、フェンダーギターの歴史を知ってれば選択に迷わないのですが。

※テレとストラトのネック断面形状には、大きく分けて古い順にUシェイプ、Vシェイプ、Cシェイプがあります。(実際には年代によってもっと細かく分かれていますが、まぁ概ねこの3つということで。)

※最初期のUは、実はカントリーでよく使われる『シェイカーハンド』(親指をネック端に引っ掛ける、ネックを上から握るスタイル。5~6弦は親指で押さえます)に適したネック形状として作られました。
 テレキャスターが登場した’40年代末、まだロックは無く(チャック・ベリーさえ、登場は5年ほど後です)、セーハ(人差し指で1~6弦を押さえる、今日では一般的な押さえ方)はカントリーではあまり使われなかったということでしょう。
 このUシェイプは、ネックをガバッと握って指が余らない様にかなり太く削られていました。特にテレキャスターのみに使われた『ディープU』は、今日的な演奏スタイルではあまりに『丸太過ぎる』為、『ベースボールバット』などとも呼ばれています。(ワタシは『薪ネック』などとも呼んでいます。)
 
※いよいよ’50年代後半には、カントリー系ギターでは伝統的なVシェイプ(ディープV)が登場します。これはUシェイプの1弦側と6弦側をフラットに削った形状で、厚みはUのまま(むしろやや厚いぐらい)なので、ネック裏の真ん中に尖った部分が残ります。(まさしく、断面がV字型になるワケです。)
 実はUシェイプは、ピックギター(ミディアムゲージやヘビィゲージという極太弦を張った、fホールの空いた巨大なアコギ。ギブソンや、ギブソン買収前のエピフォンが得意としていたジャンルですね)を弾き慣れているヒトにはそれほど違和感が無いのですが、Vシェイプはスパニッシュポジション(今日的なギターの持ち方)で弾くヒトには違和感バリバリです。
 さすがのフェンダーも考えたのか、Vの頂点を緩やかにした『ソフトV』なるネックも登場しました。

※Cシェイプはフェンダーでは一番新しい形状です。
 『弦を張っておくと勝手に折れる』と言われたほど薄く削られ抜群の演奏性を実現したギブソン・エレクトリックの’60年からのネック(実際、オールドSG弾きで有名なAC/DCのアンガス・ヤングは『立てかけておくといつのまにか折れてる』と主張しています)に対抗したものと思われますが、Cシェイプはモダンで無難な握り心地で、繊細で脆弱なこの頃のギブソンのマホガニーネックよりも信頼感があります。
 ストラトキャスターは、このCシェイプになってからが本領発揮となり使用ギタリストが徐々に増え始めます。

※ついでに、ちょっと余談ですが。
 フェンダーのオールドでは、ボディとネックの製造年が極端に違う個体が結構出回っていますが、あれはオーナーがその年代のネックが気に入らず、別の時代のネックにつけ換えたモノがある、と思われます。(フェンダーのネックはプラスドライバーさえあれば脱着出来るので、オーナーが気軽に交換出来てしまいます。)

・・・っというわけですが、古いUやハードVはネックの曲げ剛性が高く重量もあり、トーンにかなり影響しています。
 故にヒストリーモデルのリイシュー版ではネック形状も正確にコピーされていることが多く、貴殿が試奏されたのは’50年代オールドのコピーモデルだったのではないか?っと思われます。(このトーンの為に、実はワタシはハードVネックが結構スキです。そういう需要も結構あり、故に極太ネックの’50年代のストラトやテレも、オールドとして高額で取引されているわけです。)

>比較的ネックが平たい?のはありますか?

 最近のスタンダードなカタログモデル、或いは見た目はオールドのコピーの様に見えても色々改良されている近代化モデルであれば、ほぼ例外なくCシェイプネックになっています。(厳密に言うと、Cシェイプの頂点を平らに削って更に薄くした、フラットCとかDと呼ばれる形状です。)
 オールドの完全リイシュー版は見た目がカッコよく、またオールドっぽいトーンが新品のギターで出るならワクワクしますが、フェンダーの『シェイカーハンド』ネックが気に入らないなら、そういうセルフコピーモデルには手を出さない方が無難です。
 まぁ、見た目だけではよく判らないので、実際に現物を見るか、或いは通販だとそれが『オールドのリイシューモデル』なのか『最新のアップデートモデル』なのか、説明をよく読んで判断しましょう。

なるほど、フェンダーのメイプルネックのことですね。
 これ、フェンダーギターの歴史を知ってれば選択に迷わないのですが。

※テレとストラトのネック断面形状には、大きく分けて古い順にUシェイプ、Vシェイプ、Cシェイプがあります。(実際には年代によってもっと細かく分かれていますが、まぁ概ねこの3つということで。)

※最初期のUは、実はカントリーでよく使われる『シェイカーハンド』(親指をネック端に引っ掛ける、ネックを上から握るスタイル。5~6弦は親指で押さえます)に適したネック形状として作...続きを読む

Qギターの音を周りに聞こえないように完全に消す方法ってありませんか? アンプとヘッドホンを使って自分だ

ギターの音を周りに聞こえないように完全に消す方法ってありませんか?
アンプとヘッドホンを使って自分だけが聞ける状態です。

Aベストアンサー

生音も聞かれたくないってことですか?
周り、と言うのが、同じ部屋にいる人になのか、家の外に漏れないようになのか。
同じ部屋にいる人に聞こえないようにというのは、不可能です。生音は、同じ部屋にいたら聞こえます。
違う部屋か、トイレとかの個室、押し入れの中にいれば、ほとんど聞こえないかもしれません。

家の外に漏れない、ということなら、ヘッドホンとアンプで大丈夫でしょうね。

Qレスポールってどこにアンプ繋げるんですか?

レスポールってどこにアンプ繋げるんですか?

Aベストアンサー

https://store.ishibashi.co.jp/ec/sp/shtml/lespaul-guide

QSGというエレキギターの特徴をおしえてください

中学1年生の女子です。
今、家にあるギターは
Edwardsのレスポール

Fenderのストラトキャスターです。

私はピアノをやっていて
ギターをよく弾くというほどではありませんが
たまに弾く事があり、すこしは弾けます。
ステージでギターを演奏した事もあります。

私は握力が弱めなのか(24kgです)
レスポールの方が絃のテンションが低くて弾きやすいです。
でもハイポジションは弾きにくいです。
ストラトキャスターはハイポジションは弾きやすいけど
絃のテンションが高くてチョーキングとか苦手です。
音もレスポールの方が柔らかくて好きです。
それにレスポールの方が指板が真っすぐだし
絃と指板までの間が近くて私には弾きやすいです。

私のギターの先生(と言ったらおおげさだけど)
は近所に住んでいる父の親友の娘さんで24歳の女性です。
その人がエリック・なんとか
(すみません。名前を忘れました。
 とにかく「CREAM(クリーム)」というバンドに居た事だけは確かです)
というギタリストのファンで
教えてくれるギターの曲もその人の曲ばかりで
チョーキングする事が多いから
ストラトキャスターだと私はすぐに指が痛くなるし
チョーキングしても目標の音になるまでチョーキングできない事があります。

ステージで演奏した時も
12、3歳の女子3人で
「CREAM」の『クロスロード』と『ホワイトルーム』という曲を演奏しました。
先生と一緒には『レイラ』という曲を演奏しました。
どれもレスポールを使いました。
『レイラ』の時はスライドギターという奏法もしました
私はピアノをやっているから音感があるので
スライドギターが凄く上手いと言われて褒められました(嬉しい)。

「〇〇ちゃんにはレスポールの方があっているのかもね」
と言われているけど
どうしてもハイポジションの弾きにくさが気になります。

それでレスポールに似たギターで
ハイポジションも弾きやすそうなギターを捜しています。
その結果SGというギターが気になっています。

私には今年から大学生になった姉が居て
今は実家から遠く離れた県に住んでいます。
姉はEdwardsのポットベリーというギターを愛用していて
そのギターだけは一緒に持っていきました。
レスポールもストラトキャスターも姉のお古です
(姉もその先生からギターを習いました)。

姉と同じギターはなんとなく嫌だったので
私はSGにしようと思っています。

SGはレスポールとおなじくらいの絃のテンションですか?
レスポールと同じような音は出ますか?
ハイポジションは弾きやすそうですが本当に弾きやすいですか?

ポットベリーはレスポールにとても似ているという事は知っています。
私もSGよりもポットベリーにした方が無難でしょうか?

フライングVは却下です(笑)

だらだらと長文失礼しました。

中学1年生の女子です。
今、家にあるギターは
Edwardsのレスポール

Fenderのストラトキャスターです。

私はピアノをやっていて
ギターをよく弾くというほどではありませんが
たまに弾く事があり、すこしは弾けます。
ステージでギターを演奏した事もあります。

私は握力が弱めなのか(24kgです)
レスポールの方が絃のテンションが低くて弾きやすいです。
でもハイポジションは弾きにくいです。
ストラトキャスターはハイポジションは弾きやすいけど
絃のテンションが高く...続きを読む

Aベストアンサー

>SGはレスポールとおなじくらいの絃のテンションですか?

 レスポールと同じスケールなので、テンション自体は同じです。よく言われる様な、ネックジョイント角は関係ありません。(同じ弦長、同じ太さの弦では、弦の張力は変わりようがありません。これは物理学っというか振動工学的な理由によるものであり、例外はありません。)

 但し。
 ナット上とブリッジ上で『弦が曲がる角度』が大きいと、『ビブラートやチョーキングをかけた時の、左手の手応え感』が重くなります。
 ナット上の弦角度はヘッド角度が支配的で、一方ブリッジ上の弦角度は、ネックジョイント角度が影響しています。

 SGのヘッド角度は基本的にはレスポールと同じですが(例外もありますが、それは少数派です)、ネックジョイント角度はレスポールよりも小さいものが多いので(これも例外がありますが、少数派です)、概ねSGの方が『ビブラートやチョーキングをかけた時の、左手の手応え感』が軽くなります。

>レスポールと同じような音は出ますか?

 レスポールに準じたトーンですが、全体的に倍音構成が単純です。
 ちょっと抽象的な表現ですが・・・レスポールに比べSGは、歪ませないとチープで、歪ませると艶の少ない荒っぽいトーンになる傾向です。

>ハイポジションは弾きやすそうですが本当に弾きやすいですか?

 SGは、ソリッド・エレクトリック・ギターの中でも特にボディが薄く、軽量でハイフレットが弾き易いギターです。

 ハイフレットの弾き易さは、カッタウェイがシングルかダブルかともう一つ、ハイフレットでのボディの厚みの影響も大きいです。(レスポールのようなシングルカッタウェイのデザインでも、ボディが薄いとかなり弾き易くなります。)
 これ以上ボディが薄いギターというとパーカーのセットネック仕様ぐらいしか思い浮かばないSGは、ボディから完全に突出したネックと相まって、ソリッドギターで最もハイフレットが弾き易いギターとされています。その弾き易さは、レスポールとストラトしか知らないヒトにはちょっと衝撃的でしょう。(実を言うとワタシの手の大きさというか演奏スタイルでは、カッタウェイがちょっと狭過ぎ、必ずしも弾き易いとは言えませんが・・・。まぁ、フツーに弾く限りカッタウェイが狭いという事はないでしょう。この辺りは現物を確認してみてください。)
 ホントはソリッドギターイチハイフレットが弾き易いギターはフライングVですが、それは却下ですね。

>私もSGよりもポットベリーにした方が無難でしょうか?

 次期主力ギターに何を望むか?です。
 ポットベリーは御指摘通りレスポール系の設計で、トーンもレスポールに近いものですが、ハイフレットの演奏性はSGの敵ではありません。

 尚、最後に全くの余談ですが、幾つか。

※レスポールギターは、’40年代~’50年代に人気のあったギタリスト『レス・ポールさん』のシグネイチャーモデルです。
 故に正式名称はレスポールでなくレス・ポールです。

※『握力が弱い』『テンションが緩い』っということを最優先にするなら、ショートスケールのギターも検討してみてはどうでしょう?
 ショートスケールのギターは、既に生産が終了しているモデルも含めると各社色々ありますが、最も有名なのはフェンダーのジャガーとムスタングです。
 フェンダー・標準スケール(ストラトやテレ)よりも短いギブソン・標準スケール(レス・ポールやSG、フライングVなど)よりも更に短いショートスケールは、弦が『タルタル』に感じるほどテンションが弱く、またスケールが短いという事はフレット間隔も狭く、手が小さくても離れたフレットに指が届き易くなっています。
 ハイフレットの弾き易さは・・・ジャガーとムスタングのネック固定方法はストラトと同じなので、弾き易さもストラト並みです。
 ただ弦のテンションが『小さ過ぎる』という事は、色々と問題があります。
 ピッキングアタックの『張り』が弱い、チューニングも合い難い・狂い易い傾向がある、特に巻線で、ロングトーンの音程のうねりが目立つ・・・など、フツーのギターとはちょっと違った『使い方のコツ』が必要になります。またピックアップの馬力が総じて低く、高周波数帯が強調された(=低周波数帯が減衰された)独特のトーンになっています。
 ムスタングは、特にキャンディ・アップルレッド・カラーのモデルが一時期日本でとんでもない人気を集めていたことがあり、新品も中古も色々出回っています。残念ながら本家フェンダーUSAでは製造を中止していますが、フェンダーUSA製よりも加工精度の高いフェンダージャパン製が新品で販売されています。(現在ではこれが北米へも輸出されフェンダー社が販売しているほどなので、この日本製ムスタングが現時点での『ホンモノ』と言えるでしょう。)
 大きな楽器屋なら必ず置いているはずなので、試に弾いてみるのもアリでしょう。

※中一でスライドギターとは、ギターを弾いて40年、今やスライド奏法しかやらないワタシはビックリです。今までに何人かの若い衆にスライド奏法を教えましたが、最年少でも高2女子、さすがに中学生はいませんでしたね~。
 エリック・クラプトンの『レイラ』のスライドとすると後半のソロ部分で、オープンEチューニングで演奏したのではないかと思いますが・・・スタジオ録音バージョン(いわゆるレコードバージョン)の『レイラ』の後半を演奏しているのはクラプトンでなく『オールマン・ブラザーズ』のデュエイン(デュアン)・オールマンで、彼はハムバッカーが搭載されたレス・ポール・スタンダードをオープンEにチューニングして弾いています。
 デュエイン・オールマンはスライド・ブルースマンとしては異端ですが、あの伸びやかなスライドは、サスティンに優れるレス・ポールと、コリシディンというカゼ薬の瓶のスライドバー(ブルースマンはよくワインなどのボトルのネックを切ってスライドバーとしますが、コリシディンの瓶は酒瓶よりも硬いガラスで薄く軽量です)により得られる独特のものです。
 彼は残念ながら24歳で交通事故死してしまいました。エリック・クラプトンは、今日『ブルース・ロックで最も偉大なギタリスト』とされていますが、デュエイン・オールマンが生きていたらクラプトンの今の地位は無かっただろう、と言われるほどの『伝説のブルースマン』であり、その代表的な演奏の一つが『レイラ』の後半です。

※スライド奏法をやるなら・・・クラプトンのスライド演奏として有名なのは、『レイラ』でなく『Motherless Children』(邦題;マザーレス・チャイルド)です。『母を失った子は辛い思いをする』と歌う古典ブルースの名曲のリバイバル版ですが、この曲のスライドがクラプトンで、スライド奏法を学び始めた初心者が『避けて通れない・避けて通ってはいけない』曲の一つです。
 この曲はオープンG若しくはオープンAチューニングで演奏されるものですが、『レイラ』のソロよりはかなりカンタンです。

>SGはレスポールとおなじくらいの絃のテンションですか?

 レスポールと同じスケールなので、テンション自体は同じです。よく言われる様な、ネックジョイント角は関係ありません。(同じ弦長、同じ太さの弦では、弦の張力は変わりようがありません。これは物理学っというか振動工学的な理由によるものであり、例外はありません。)

 但し。
 ナット上とブリッジ上で『弦が曲がる角度』が大きいと、『ビブラートやチョーキングをかけた時の、左手の手応え感』が重くなります。
 ナット上の弦角度はヘッド角...続きを読む


人気Q&Aランキング