あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

toeicです。
何回も読んだ文をまた何回も読んだり、何回も聞いた音声データを何回も聞くのは意味がありますか?
意味はあるんでしょうけど、新しいやつに手を出した方がいいんですか?

A 回答 (2件)

それが日本語を媒介にせず、すなわち英語のまま理解できれば、何回も書かれている事をやるのは意味はないと思います。



外国語として英語が聞き取れ話せる人は、日本語は媒介しません。 日本人でも聞いた英語、自分の発した英語を、日本語で言えと言われると、翻訳と言う事をしないといけないので、頭をフル回転しないと該当する日本語文は出てこないものです。

これは説明し難いですが、どうも脳の構造として、英語で話している時は英語しか頭にないし(でも感じるのは日本語だったり英語だったりします)、日本語で話している時は、英語は頭にないです。 しかし、英語の通じない人が混じると通訳しないとならないので、通訳して、日本語方向にも英語方向にも、なんか原文の意味合いとかなり違うと感じるものです。
    • good
    • 0

同時通訳界で神様と呼ばれた故國弘正雄氏は、「只管朗読」と称してあなたのおっしゃっておられることと同じことを実践しておられたそうです。

「只管朗読」に「只管リスニング」がプラスされれば最強でしょうね。

しかしtoeicの場合は、いつまでも同じことをやっているよりはある程度で切り上げて、「新しいやつ」に手を出す方がよろしいかと思います。「只管朗読」プラス「只管リスニング」の範囲内での話ですが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGoing to ➡ ゴナ Couldn’t ➡ クゥン Can I ➡ クナイ これはマジですか!

Going to ➡ ゴナ
Couldn’t ➡ クゥン
Can I ➡ クナイ
これはマジですか!? 音声変化するみたいで… 特に「クナイ」なんてネイティブは言うんですか?

Aベストアンサー

質問者さんの質問ですが、ネイティブ発音です。
going to はカジュアルな表現で親しい間柄での表現です。フォーマルな場所では使われることはありません。

couldn't を クゥンと発音するのが以外と思われるかもしれませんが、could not でも同じです。" クゥン " でも良いのですが、実際には " クヌゥン " と聞こえます。
参考までに could not have のネイティブ発音は " クヌゥア " ( cunna) 日本語的には " クナ " で良いかな。
これは弱形発音と呼ばれる発音で、could not have の have は " ア " だけなのです。これを学校教育で習う発音(殆どが強形発音)のイメージでは
" クドゥ ナット ハブ " となりますが
ネイティブの普段使っている発音は違うので日本人が英語を聞き取れない原因の一つです。
" クドゥ ナット ハブ " の7文字が実際には " クヌゥア " 3文字、" クナ " だと2文字ですから短いので会話すると早く聞こえるから弱形発音を知っているだけで違いますよ。
勿論 should not have は " シュヌァ
(shunna) " 日本語的には " シュナ " と発音するネイティブは多いかな。

can I を " クヌゥアイ( クナイ ) " と発音するのはアメリカ人が多い。
can I のアメリカ発音は
日本語的には " クナイ " " ケナイ " が多く偶に " カナイ " と発音するネイティブがいます。
can を " クン " " ケン " " カン " と発音する訳です。
イギリス発音は " カン " ですが、肯定の I can は " アイ カーン " と間延び発音ですよ。
can を 強形発音の " キャン " と発音してくれたら日本人でも聞き取れますからラッキーだと思った方が良いと思いますよ。
あとは注意点としてアメリカ人に
I can を " アイ キャン " と発音しない事です。日本人が学校で習った様に
" アイ キャン " と発音するとアメリカ人の 90 %以上が 恐らく I can't と聞き取るので誤解されます。

私の経験から言うと弱形発音、リエゾンをバリバリにして喋るとネイティブは遠慮なく喋ってくるので聞き取れない事があり " Sorry, I can't catch you. " 或いは " You lost me. " と誤るハメになりますよ(笑)

英語の勉強は大変かもしれないけど
頑張ってくださいね。

質問者さんの質問ですが、ネイティブ発音です。
going to はカジュアルな表現で親しい間柄での表現です。フォーマルな場所では使われることはありません。

couldn't を クゥンと発音するのが以外と思われるかもしれませんが、could not でも同じです。" クゥン " でも良いのですが、実際には " クヌゥン " と聞こえます。
参考までに could not have のネイティブ発音は " クヌゥア " ( cunna) 日本語的には " クナ " で良いかな。
これは弱形発音と呼ばれる発音で、could not have の have は " ア " だけなの...続きを読む

Qイギリスの発音を練習したいのですが、以下の動画はイギリスの発音でしょうか? まだはっきりとは分からず

イギリスの発音を練習したいのですが、以下の動画はイギリスの発音でしょうか?
まだはっきりとは分からず、詳しい方にご確認いただきたいです。

https://m.youtube.com/watch?v=ovrzq0QEJQg

https://m.youtube.com/watch?v=FJrRiVjeOMc
↑こちらは男性はイギリス英語だと思うのですが、女性はアメリカの発音でしょうか?

Aベストアンサー

補足の英語ですが、イギリス英語です。

ただ、イギリス英語にもいろいろなアクセントがありますが、会話されているものは、BBCアクセント(正確にいうとRP(許容発音)英語で、BBC放送で使用されているものです。 RPは、NHKの日本語と同じく、どちらかというと、人工的に作成されたものです。 RPは、イギリスのロンドンに住むPoshという上流階級の人たちの英語から人工的に(NHKの日本語)のように作られました。 本物のPoshの英語は、イギリス王室の言葉がその歳代表でもあります。 大昔のイギリス映画に、マーク・レスターという子役がでていました(小さな恋の物語)の、その主演の少年が、poshの人で、普通の街に住んでいるにも関わらず、自らのアクセントが抜けきれず、イギリス人ならだれもが、ロンドンの上流階級とわかってしまうような英語だったようです。

イギリス英語を堪能するお勧めは、マイフェアレディです。 古い映画ですが、ロンドンの下町生まれの貧民の娘(オードリー・ヘップバーン)が、上流階級の英語講師に、見初められ、上流階級の英語を学ぶ設定となっていますが、ヘップバーンは下町英語から、上流階級の英語まで、たくみにつかいわけるも、ときどき下町英語のぼろが出るという設定です。 ミュージカルですが、楽しめます。 なお、ご紹介したこの映画は、アメリカ映画で演じているのはほとんどがアメリカ人です。 まあ、イギリス英語の猛特訓をしたわけで、ミュージカルの歌の音声は、ほとんどがプロの歌手による吹き替えです。

補足の英語ですが、イギリス英語です。

ただ、イギリス英語にもいろいろなアクセントがありますが、会話されているものは、BBCアクセント(正確にいうとRP(許容発音)英語で、BBC放送で使用されているものです。 RPは、NHKの日本語と同じく、どちらかというと、人工的に作成されたものです。 RPは、イギリスのロンドンに住むPoshという上流階級の人たちの英語から人工的に(NHKの日本語)のように作られました。 本物のPoshの英語は、イギリス王室の言葉がその歳代表でもあります。 大昔のイギリス映画に、マーク...続きを読む

Qanythingsなんてないですよね!? チコちゃん

anythingsなんてないですよね!? チコちゃん

Aベストアンサー

anythings はありません。

any + 名詞の複数形 と言う場合は
any things のように、2語につづります。

Q英語圏にいれば英語が話せるようになるのですか

学歴どうのというつもりではないのですが、学歴と英語力は関係ないのかと感じたため書かせて頂きます。

知人は中卒です。日本では生活していて通常目にする漢字が読めないぐらいです。
しかし英語圏で現地就職をして5年ぐらいになるのですが、通常生活していく上での会話のレスポンスはとても速く違和感ない会話のキャッチボールをしています。言葉の選び方も自然です。
その知人は「日本人は大卒でも英語話せない」といいます。

また高卒の知人は英語圏で飲食のアルバイトに携わり早5年ですが、こちらの知人もまた上手です。

一方私は日本で毎日2時間勉強し、オンライン英会話も毎日やっているしトイックも800前後ですが、上記の知人らには敵わないと感じています。私は会話が通じなかったりレスポンスが遅いことも多いです。もちろん私の知らないところでたくさんの努力や苦労があったのだと思いますが、、

やはりいくら日本で勉強しても現地で生活している方の英語力には及ばないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっと別の視点から

まず、言葉と文字は同じものではありません。言葉を話すのに文字を知っている必要はないのです。だから20世紀初頭のイギリスの識字率は25%程度、同じ時期のフランスは1%程度だと言われていますし、もっと前なら10%の識字率ぐらいだったはずで、それでも生活そのものには支障がなかったのです。

日本は江戸時代中期には80%(仕事をしている男性に限れば90%)に達していたと言われます。これは日本だけでなく東アジアが「勉強すると所得が上がる」文化だったからです。今でも同じで世界のIQや頭の良さのテストをすると東アジア(とシンガポール)が突出していますし、アメリカは調整しないと有名大学の学生の半分がアジア系になってしまうと言われています。

>知人は中卒です。日本では生活していて通常目にする漢字が読めないぐらいです。
その彼は、たぶんアメリカでも学力としては中卒程度でしょう。ただし、アメリカの中卒のレベルは日本より低いので高校1年生ぐらいかもしれません。いずれにしてもアメリカは「英語を話せない人々」が居る社会なので、日常的に使っている言葉の単語数は非常に少ないと言われています。

一般的にどの国でも日常会話で使われる単語は2000語から3000語ぐらいで、そこに職業別の専門用語が加わります。日本語が難しいのはこれらの単語の読みに漢字が使われていてこれは覚える必要があることです。中国語を除く他の言語は発音とスペルがほぼ一致しているので、アルファベットとその文字が表す発音が分かれば、文字の意味をすぐに理解できるわけです。

一般的な仕事をしているなら、やたらに難しい言葉使いはしないでしょうから(本人の努力はあるにしても)現地で英語を話せるようになっていても不思議はありません。ただ「書くことが出来る」とか「ビジネス文章として成立するレベルの文体で書ける」かというとたぶんできないでしょう。だから中学レベルなのです。


>一方私は日本で毎日2時間勉強し、オンライン英会話も毎日やっているしトイックも800前後ですが、上記の知人らには敵わないと感じています。私は会話が通じなかったりレスポンスが遅いことも多いです

毎日2時間英語を勉強しても残りの22時間は日本語の世界ですから、現地でドップリ英語に使っている知人から見れば毎日22時間づつさができるわけです。まあ、寝る時間もあるでしょうから毎日10時間としても年で3650時間異なるわけで、日本人が英語を習得するのに必要な3000時間を彼らは1年でクリアしてしまうのです。

それともう一つ重要なのは「どこまで進歩すればいいか」と言う点です。質問者様がどのレベルの英語を目指しているのかは分かりませんが、使う状況が明確でなければ勉強も散漫になります。たとえば大学で留学したいから、といういうなら法学部としての英単語と理系の英単語は全く異なり、必要とされる文法レベルも法律文章・学術論文と異なるわけです。

現地にいれば「なにが大丈夫で何が足りないか」を毎日知ることが出来るわけですが、普段の生活や求められる内容が日本語で済んでしまうなら、どうやったって敵うわけがありません。

他の方が書かれている「優秀な通訳者や翻訳者」が常に最初から優秀だったわけではないし、得意分野から外れれば必ずしも優秀ではありません。

(たとえば字幕作者の大御所であるT・N氏はトム・クルーズなどの通訳もしますが、聞いているとかなり適当な通訳をしています(少なくとも発言者が意図した内容を踏まえた訳ではない)
また字幕のほうも「文芸作品はいいが、科学作品は知識が圧倒的に足りない」と言われていて、実際にある映画では電気回路の説明が全く逆になっていたことは有名です)

質問者様の英語がどのレベルなのかは分かりませんが、使う目的が明確になり、英語話者との会話が増えればすぐに知人たちに追いつくと思います。

後、東南アジアなどの人たちが英語をそれなりに話すのは「英語ができれば所得が桁違いに上がる」からです。また途上国で独自言語を持っている場合、高等学問を自国語で表記することができず、英語などに頼ることが多いのが特徴で、東南アジアの大学の理系学部などは英語主体で勉強・研究が行われたりするので、高学歴の人が英語が話せるのはむしろ当たり前、なのです。

ちょっと別の視点から

まず、言葉と文字は同じものではありません。言葉を話すのに文字を知っている必要はないのです。だから20世紀初頭のイギリスの識字率は25%程度、同じ時期のフランスは1%程度だと言われていますし、もっと前なら10%の識字率ぐらいだったはずで、それでも生活そのものには支障がなかったのです。

日本は江戸時代中期には80%(仕事をしている男性に限れば90%)に達していたと言われます。これは日本だけでなく東アジアが「勉強すると所得が上がる」文化だったからです。今でも同...続きを読む

Q英語学習(音読)について

英語学習には音読が効果的であると知り、自分の
今持っている参考書や英文記事などには、ネイティブスピーカーが読む音声CDが付いておらず、自分なりに音読する必要があるのですが、どうせなら
ネイティブのような発音を真似すべきなのではと
思い勉強方法に悩んでいます。電子辞書などで英文
の単語を調べて発音するというのも考えたのですが、それでは一文を流暢に(抑揚?強調?)読むことが
容易ではないと推測します。
英会話とかは習っておらず高校英語レベルです。
出来れば今読んでいるもの(cdのついていない)で
勉強したいと思っています。
オススメの方法などのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

辞書に一単語ずつ発音させるよりはマシな方法として以下のものがあります。

・マイクロソフトワードなどに文章を丸ごと打ち込み、「読み上げ」機能で読ませる。
・以下のような発音サイトに文章を打ち込んで読ませる。
http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_example.php?sitepal

しかし、生身の人間に読んでもらうのが理想的ですから、以下の方法で録音するのがおすすめです。
・日本語を学習中のネイティヴスピーカーと交換レッスンをする。
・母校の恩師に相談して学習会などを設ける(公民館を借りて、場所代として1人1回100円とか)。
・英文科の学生などに安いバイト料を払って読ませる。

ご検討&ご健闘を。

Q英語を離せないブラジル人はバカですか?

ポルトガル語と英語は似ていると思うので、そう思ったのですが・・・

Aベストアンサー

ブラジルの学校では 英語かスペイン語のいずれか、又は両方を習うことになっていますが、スペイン語の方がポルトガル語に近いので 英語よりも習得が速いようです。
それと、ブラジルは 日本のような新米国家ではないので(むしろやや反米より)、その点でも ブラジル人は 英語学習のモチベーションが低いようです。

Q※直訳は 却って遠回り?

中学や高校での英語は文法と訳読が中心でしたが、現在ではコミュニケーション力を主体にした教え方が主流になってきているようですね。しかし、そんな英語教育の風潮に異論を唱えて、自分のサイトを立ち上げた方もおります。
そして、そのサイト(http://makki-english.moo.jp/1howtotranslate.html)を見て、ふと、疑問が起きました。
これは 主に受験対策かもしれませんが、その方の意見によると、

❝英語を日本語に訳す時、気を付けて欲しいのは、英語を「直訳」することです。これは、英単語1つ1つの意味を、しっかり日本語に直す訳し方です。日本語としては、少し妙な表現になることもありますが、気にしないでそのまま訳しましょう。
これに対し、日本語として自然になるように、もとの英文とは多少表現を変えて、きれいな日本語に訳することを「意訳」と言います。通訳や翻訳家を目指すならば、意訳は必要ですが、英語を話すためには、無理に意訳をする必要はありません。直訳をできることが大切です。
・・・・・
日本の学校の先生方の中には、この「意訳」を重視する方も多いですが、「直訳」ができなければ、英語を話せるようにはなりません。「直訳」した日本語の文から、英文を作ることは簡単ですが、「意訳」した日本語の文から、英文を作ることは困難だからです。どうしても、「意訳」したい時は、1度「直訳」をした上で「意訳」してみてください。❞

だそうです。しかし、そこで 疑問が起きました。
というのは、例えば、
put up with
とか
put off
が一単語ずつ訳せたら
「直訳」ですむので、どれほど楽だったろうと思っています。
どの外国語も「1:1」の日本語変換は夢物語です。

「熟語」とか「慣用句」いう"かたまり"レベルで
対応させるほうが、まだ現実的です。
(それでも無理なことがあります)

そして、最大の問題点は
日本語には「完了時制」や「仮定法」など
西欧の言葉の基本構造が
まったく抜け落ちていること、が
あげられます。

もともと、そういう概念がないので
たぶん「過去」と「完了」(フランス語やイタリア語ともなると
過去形だけで4種類(複合過去〈近過去〉、半過去、大過去、前過去〈遠過去〉)
の使い分けが
本当の意味では無理だろうと思います。
(真似は、できますが
"心で感じる"レベルまで行きません)

特に難しいのは 未来完了です。

一例を挙げます。このサイトの質問に、「“I'll have grilled salmon.” は未来形ととらえて、『サーモンのグリルにします。』とするのか、それとも、未来完了と とらえるべきなのでしょうか?」というのがありました。この英文は もし、フランス人なら 前未来で ≪J'aurai grillé du saumon. ≫、イタリア人なら 先立未来で ≪Io avrò grigliato salmone≫ と訳して 母国語の文法に当てはめて考えることもできますが、日本人の場合は それができないので、この文章の時制を問題にするのはナンセンスだと思います。それに、この文が孤立して話せるわけがないのです。背景には、レストランで「何になさいますか?」と聞かれるとかがきっとあるはずですよね。

このように、時制に関しては「1:1」ではまったく歯が立ちません。

そこで質問ですが、英語を直訳して理解するのは 合理的だと思いますか?

中学や高校での英語は文法と訳読が中心でしたが、現在ではコミュニケーション力を主体にした教え方が主流になってきているようですね。しかし、そんな英語教育の風潮に異論を唱えて、自分のサイトを立ち上げた方もおります。
そして、そのサイト(http://makki-english.moo.jp/1howtotranslate.html)を見て、ふと、疑問が起きました。
これは 主に受験対策かもしれませんが、その方の意見によると、

❝英語を日本語に訳す時、気を付けて欲しいのは、英語を「直訳」することです。これは、英単語1つ1つの意味...続きを読む

Aベストアンサー

再びNo.2です。
昨日は、空色の列車さんのお名前を間違えてごめんなさい。子供たちが小さいころ好きだった、The Little Blue Engine That Couldという絵本を思い出していました。読んだことありますか?

そしてmakkiさんのサイトを読み始めたのですが、6月は雨が多いの文で気づいたことがあります。
Haveという動詞を「持つ」と直訳してしまうから、使える範囲が限られてしまうのです。Haveを教える時には、日本語で「持つ」とは言わない場合でも、たくさんの使い方があることを一緒に学ぶべきです。実際、その方がずっと多いと思いますよ。「

持つ」という意味で使う場合は、
I have a bicycle. 自転車を持ってます。
I have only $5 with me. 今、5ドルしか持ってない。

これに対して、「うちには犬が2匹いる」は、We have two dogs. 誰も「私たちは2匹の犬を持っています」と日本語で言いません。
「うちの会社のビルは10階建てです」Our office building has 10 stories.
「ここは6月に雨が多いです」We have a lot of rain in June here.
「明日英語のクラスがあるの」I have an English class tomorrow.
「お時間ありますか?」Do you have time?
「息子は来週歯医者のアポがあるます」My son has a dentist appointment next week.
「楽しんできてね!」Have fun! Have a good time! Have a nice trip! Have a nice weekend!
数え挙げたらキリがないですね。
このようにフレーズで覚えると、使い回しが出来るのです。
英語と日本語は、1:1ではない!ことを初めから教えて欲しいです。

主人(日本語を勉強したアメリカ人)が、娘が小さいときに日本で住んでいて、出かけるのに彼女(その頃3−4歳)がぐずぐずしていたので、主人が「〇〇ちゃん、早く靴を着なさい!」と言ったところ、彼女に「ママ、靴は着るじゃなくて、履くだよね?」と言われて、苦笑したことがあります。なぜならその頃の主人の日本語は「Textbook Japanese」。娘の日本語は耳から覚えたNativeの日本語でした。今や彼女もアメリカで3人の子持ちですが。。。英語のPut onは、必ずしも「着る」ではなく、日本語では「服を着る」「靴を履く」「上着を羽織る」「ネックレスをつける」「メガネをかける」と全部違うのです。今では笑い話になってますが(笑)。

再びNo.2です。
昨日は、空色の列車さんのお名前を間違えてごめんなさい。子供たちが小さいころ好きだった、The Little Blue Engine That Couldという絵本を思い出していました。読んだことありますか?

そしてmakkiさんのサイトを読み始めたのですが、6月は雨が多いの文で気づいたことがあります。
Haveという動詞を「持つ」と直訳してしまうから、使える範囲が限られてしまうのです。Haveを教える時には、日本語で「持つ」とは言わない場合でも、たくさんの使い方があることを一緒に学ぶべきです。実際、その...続きを読む

Q英会話教室の先生の行動について

英会話の先生の言動についてモヤモヤしているので質問させていただきます。

英会話レッスンに通っている既婚女性です。英会話学校に通うのは初めてで、長期の留学経験等もありません。

マンツーマンレッスンですが、先生はオーストラリア出身のネイティブの男性です。その先生が、私に対して、「(年の割に)肌がきれい」とか「髪を切った?似合うね」「ベビーフェイスだね」とか「身長は何センチ?」など、容姿に関することを言ってきます。

そして、"You're charming"とも何回か言われました。charmingという単語は、内面が魅力的だという意味があると聞いたことがあるので、私の性格を褒める意味で言っているのかなとも思いますが、ネイティブの感覚がよくわかりません。
毎回、私は笑ってThank youと言って軽く流していますが、内心、セクハラ?ナンパ?と感じ、気持ち悪いと思ってしまいます。
ですが、欧米の人は文化的に良く人を褒めると言いますし、普通のことでしょうか?たとえ相手が子持ち既婚者とわかっていても、こんな風に軽く褒めたりするものでしょうか?
また、日本にいる英会話講師の中には軽い人もいると聞き、この先生はそういう類の先生なのか?とも思ったり・・
もしもこの先生が、私だけでなく他の生徒にも同じように接しているとしたら、人によってはクレーム?をつける人のもいるのではないかと思うのですが。
先生は日本が大好きだと言い、いつも元気で楽しそうなので、特にスクールにおいて言動を注意されたりもしていない感じがします。

正直、褒められていると思えず私が微妙な表情をしていると、先生が「君は、褒め言葉に対してすごく警戒するんだね!」と言われてしまい、自分が警戒し過ぎなのかなとも思い、よくわかりません。

欧米の文化に詳しい方や、英語が堪能な方、英会話学校に通われたことがある方など、なんでも結構ですのでこの先生の行動についてどう思われるかお聞きしたいです。高い授業料も払っていますし、事情があって真剣に英語を学びたい気持ちで通っている為、悩んでいます。


共感した 0

英会話の先生の言動についてモヤモヤしているので質問させていただきます。

英会話レッスンに通っている既婚女性です。英会話学校に通うのは初めてで、長期の留学経験等もありません。

マンツーマンレッスンですが、先生はオーストラリア出身のネイティブの男性です。その先生が、私に対して、「(年の割に)肌がきれい」とか「髪を切った?似合うね」「ベビーフェイスだね」とか「身長は何センチ?」など、容姿に関することを言ってきます。

そして、"You're charming"とも何回か言われました。charming...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。   「この回答へのお礼」を読みました。

海外の有名大学出身で、経歴があっても、関係ないでしょう。
その先生の品性の問題です。

授業をスムーズに行うために学生を褒めるにしても、褒め方が違うでしょう。
既婚者の大人の女性に対して、褒めるにしても、勉強の仕方とか、成績について褒めるのであれば良いですが、女性の「女」である部分を褒めるというのは、公私混同も甚だしいのではないですか。

人には、それぞれ見方・考え方がありますから、同じ事を言われても、褒められたと感じる人もいれば、侮辱されたと感じる人いるでしょう。
少なくても、ご主人が聞いたら、嫌な感じがするのではないでしょうか。

とは言え、どう感じるかは、貴女次第ですが。。。

Q英語英会話についてです。 英語の文法は少しはできるのですが、 (中堅私大英文科卒程度) 英語の日常会

英語英会話についてです。
英語の文法は少しはできるのですが、
(中堅私大英文科卒程度)
英語の日常会話がほとんどできません。
できればシティホテルでアルバイトしたいのですが、
日常会話ができる最短の方法はありますか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日常会話ができる最短の方法をお知りになりたいのでしょうか、それとも、シティホテルでアルバイトをするのに必要な英会話を身につけたいのでしょうか?

後者の方が遥かに簡単です。なぜなら、ホテルでよく使われる表現を丸暗記すればいいからです。しかも、その表現はどんな旅行会話集にも載っています。旅行会話集には、旅行者の側に立って「ホテルでこう聞かれたら、こう答えよ」という形で文例が出ていますが、そのホテル側に身を置いて暗記すればいいのです。

ホテルでアルバイトをするのなら、それ以外の会話については、通じなくても構わない、つまり単に「交流」を目的としているだけということになりますので、あとはとにかく知っている限りの単語を並べればいいのです。相手が何か言ったら、何度でも「Pardon?」と聞き返し、「Slowly, please.」を多用し、文ではなく単語で受け答えをすればいいのです。例えば、「It's such a fine day, sir. Where are you going today?」と言わずに、「Sunny! Sightseeing?」という具合に。あとは「Asakusa?」「Monja, tasty!」などと言えばいいのです。週に何度もやっていれば、どんどん上手になります。

一方で、前者の場合は、観光スポットに立って、外国人に話しかけるといいです。質問者さんの場合は観光業にご興味があるわけなので、それが最も楽しみながら英会話を身につける方法でしょう。ただし、「外国人と見れば英語」という考え方はよろしくありませんので、できるだけ相手のお国の言葉で挨拶などをしつつ、英会話を楽しむようおすすめします。

日常会話ができる最短の方法をお知りになりたいのでしょうか、それとも、シティホテルでアルバイトをするのに必要な英会話を身につけたいのでしょうか?

後者の方が遥かに簡単です。なぜなら、ホテルでよく使われる表現を丸暗記すればいいからです。しかも、その表現はどんな旅行会話集にも載っています。旅行会話集には、旅行者の側に立って「ホテルでこう聞かれたら、こう答えよ」という形で文例が出ていますが、そのホテル側に身を置いて暗記すればいいのです。

ホテルでアルバイトをするのなら、それ以外の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング