民法で法定相続と遺言による相続の関係について、
各制度の優劣について述べなさい!
という設問でどういう解答があるかわかりません。
今日図書館に入り浸りで文献を探しましたが、
意義はわかるのですが「各制度の優劣」となるとどの文献を調べてもわかりません‥。
どなたか法律の専門家の方がいらっしゃいましたら、
ご教授願います。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

質問はアカデミックですが‥‥‥以下、我見ですが‥‥‥



私は、次の事例のある人(被相続人)に遺言をすすめています。尚、被相続人とは将来の被相続人、相続人とは将来の相続人。以下全文。

(1) 後継者(相続人の有無問わない)に、事業用資産を引き継がせたい個人事業者。
(2) 夫婦(被相続人)の間や、 独身の被相続人で子のないとき。
(3) 子(相続人)が先に死亡して、その夫(又は妻)が被相続人の面倒をみているとき。
(4) 将来、相続人間に争いが想定されるとき。
(5) 被相続人に内縁関係や、後妻(夫)がいるとき。
(6) 被相続人と愛人との間に子のあるとき。
(7) 相続人の中に、身体障害者又は特に生活困窮者のあるとき。
(8) 相続人以外の人に遺贈したいとき。(理由は問わない)
等々ですが、手続きの面から(公正遺言ですが‥‥)
(9) 相続人の中に行方不明者のあるときや、戸籍(除含む、被相続人又は、相続人)の一部が取り寄せできないとき。但し、手続きでのデメリットなので本件からは除外可‥‥‥?

さて、制度の意義について‥‥
相続とは、「死者の生前にもっていた財産上の権利義務を他の者が包括的に承継すること‥‥(以下省略‥法律学小辞典)」とあります。このことより‥‥‥
1.被相続人は、財産上の権利義務を他の者に移転するため死亡するのでなく、死亡した結果、(生前の死者が有していた内の)財産上の権利義務が移転するのであること。
2.民法(国)としては、故人の意思を尊重しながら、相続人を主とする近親者のその後の生活援助をも考慮した規定(制度)を定めておく必要(民法の原則である当事者の公平=争いの予防と解決)があること。

※ 遺言書を作成する多くの事例
3.被相続人は、死が近くなると財産上の権利義務を誰かに譲りたいと希望することが想定されること、又、被相続人には、配偶者・子等の相続人や生活上の近親者のあると、これら相続人・近親者の、自分の死後を心配することが想定されること。

※ 遺言書を作成しない多くの事例(法定相続又は遺産分割)
4.被相続人は、突然死亡することもあれば、3であっても何もせずに死亡することがあること。

文字オーバとなりました。後は、<優劣を含め>貴姉の理解で論じたものを作成して下さい。但し、私のは我見なので自信なしです(^_^ )‥‥頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はこの「gooの教えて」で質問したのは、
初めてだったのですが‥
こんなに沢山の情報&ご意見をいただけるとは
正直思っていませんでした‥。
専門知識を持った勉強家の方が多いことに驚いております。

kashitomoさん
「遺言」を勧めているんですね。
私が文献を見たところでは我が国ではまだ、
法定相続によるものが圧倒的に多いんですよね。
(しったかぶりの知識です‥汗)

 制度の意義等、詳しく書いていただいて、とても勉強になりました☆
皆さんのご意見を参考に今日の休みを活かし猛勉強するつもりです!
ありがとうございました☆

お礼日時:2004/11/23 11:28

yu-ko-yume さん、こんばんわ。

法学部に在籍していたはずなのに、ビシッと回答できませんが、制度としての優劣となると以下のサイトに記述されている内容がヒントになるのではないかと思います。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/igon/igi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mo-mo-ungaさん「参考URL」ありがとうございます☆
さっそく拝見させていただきます!

お礼日時:2004/11/23 11:02

問題の趣旨としては、遺言が残されていた場合に法定相続割合の規定に優先される(=これが優劣?)が、どのように優先されるのか、優先されない場合もあるのか否か説明しなさいという趣旨の設問ではないでしょうか?


例えば一般的には遺言内容が法定相続割合に優先されるが、全財産を第三者に遺贈するとの内容の遺言があった場合に子どもや配偶者には遺留分があるので、この場合には遺言が全て優先するわけではなく、遺留分については(法定相続割合の1/2?)、子どもや配偶者等の法定相続人は確保できるとかということではないですか?
制度としての法定相続と遺言相続の優劣を説明せよという趣旨とすると、私もわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
具体的に全て設問を書きますと‥

『法定相続と遺言相続』
民法における法定相続と遺言による相続の関係について、それぞれの制度の意義および優劣について述べなさい。

なんですよぉ‥

出題者の意図は「優劣」を自分の独断と偏見で
書けということなんでしょうかね‥

mo-mo-ungaさんのご意見を伺えただけでも
幸せものです。
ありがとうございました☆

お礼日時:2004/11/21 23:00

ど素人の憶測です。



1.遺言相続は、個人としての故人の意思が最大限に尊重され、自己の財産の処分権は自己にあることを貫徹する点で優れているが、相続人間に不公平感が残る。

2.法定相続は相続人にとって相続分の予測が可能であり、公平感はあるが、故人の意思が反映されず、故人の自己財産の処分権を害する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ど素人なんてとんでもないです。
kuroneko0007さんがど素人なら
私はどうなってしまうのでしょう‥泣

勉強になります。
ぜひ参考にさせていただきます!
kuroneko0007さんどうもありがとうございました☆

お礼日時:2004/11/21 23:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一順位の者が相続放棄完了前に第二順位の者が死亡

相続のことで、ちとややこしい事になっていますので、ご教示を願います。

先日、義父(質問者の嫁の父)が死亡しました。
義父の死亡時、相続人となる可能性のある者は、

第一順位(子):嫁とその兄(質問者の義兄)
第二順位(親):義父(被相続人)の母親
第三順位(兄弟姉妹):義父(被相続人)の実姉(故人)の息子2人(代襲相続)

の5名です
※配偶者(質問者の義母)は既に離婚しており、相続人から外れています。

義父は事業をしておりましたが、明らかに負債が多いため、嫁とその兄(質問者の義兄)、義父(被相続人)の母親の3名は、相続放棄をする事とし、行政書士に手続きを依頼しました。
※第三順位の者は、義父(被相続人)の実姉(故人)が亡くなって以降、全く交流が無く、連絡が取れていません。

ところが、嫁とその兄の書類が整い、いざ家庭裁判所に提出する段階になって、義父(被相続人)の母親が死亡しました。


以下、質問です。
1.第一順位である嫁とその兄(質問者の義兄)は、引き続きこのまま相続放棄の手続きを進めます。
  晴れて相続放棄手続きが完了した際、次の相続人は誰でどうなりますか?
   A:義父死亡時には存命だった、第二順位の義父(被相続人)の母親になり、そのまま単純承認。
   B:義父死亡時には存命だった、第二順位の義父(被相続人)の母親になるが、生前に相続放棄の意向は示しており、相続放棄可能。
   C:第一順位の者の相続放棄手続きが完了時点で、第二順位の者は全員死亡しているため、第三順位の者2名に移る。


2.1の答えがBかCである場合、義父の相続財産と義父の母親の相続財産は別物であり、仮に嫁が、義父のは相続放棄し、義父の母親のは単純承認しても、義父の負債は負わなくてすむか。
 ちなみに義父の母親の相続人は、第1順位となる子はすべて死亡しており、代襲相続で孫の4名(嫁、嫁の兄、義父のときは第三順位にいたもの2名)だけとなります。

 以上、よろしくお願いいたします。

相続のことで、ちとややこしい事になっていますので、ご教示を願います。

先日、義父(質問者の嫁の父)が死亡しました。
義父の死亡時、相続人となる可能性のある者は、

第一順位(子):嫁とその兄(質問者の義兄)
第二順位(親):義父(被相続人)の母親
第三順位(兄弟姉妹):義父(被相続人)の実姉(故人)の息子2人(代襲相続)

の5名です
※配偶者(質問者の義母)は既に離婚しており、相続人から外れています。

義父は事業をしておりましたが、明らかに負債が多いため、嫁とその兄(質問者の義兄...続きを読む

Aベストアンサー

1.第一順位の子が最初から相続人でなかったことなり、被相続人の死去
時生存していた、被相続人の母となります。ただABCいずれでもありません。

2.(BCに該当しないので回答せず。)


1の続きとして、被相続人の母が、単純承認、相続放棄することなく3月以内に死去したこととなるのでしょうから、民法916条により、被相続人の亡母になりかわって、その相続人(代襲相続人)が、被相続人の遺産を放棄するかしない(=単純承認)かを、今している手続きとは別個にすることになります。この相続放棄をすれば、被相続人を相続することなく、被相続人の亡母遺産を相続できます。(代襲相続人間で放棄するしないが混然とした場合は、どう扱うのかは知りません。)

なりかわってする相続放棄をしない場合、被相続人の母遺産に、被相続人負債が含まれますので、負債込の「被相続人の母」遺産を代襲相続人として、単純承認するのか、限定承認するのか、相続放棄するのか、ということになります。いずれの放棄も3か月の起算は、被相続人母死亡により、代襲相続すると知った日から開始します。

Q相続放棄した後の相続税控除の法定相続人の人数。

相続放棄した後の相続税控除の法定相続人の人数。

相続税の基礎控除額は
5000万円+(1000万円×法定相続人の人数)
となるのは理解しています。

たとえば、夫が亡くなって妻、子供が相続人となり、
子供だけ相続放棄したと仮定します。
そうすると、父親の両親に相続権が発生して、
今度は妻、父親の両親の3人が相続人になります。

このとき、相続税控除額を割り出すときの
法定相続人の人数は何人で計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

相続放棄は無関係です。
控除額の計算は変わりません。

Q第3順位の相続放棄につきまして

いつも御回答者の皆様には参考になる御回答をいただきまして大変感謝しております
第3順位の相続放棄につきまして再度ご教授願えればと思いまして質問させて頂きました
素朴な疑問なのですが第3順位の相続人が相続放棄をするに当たり戸籍謄本が必要に
なりますが戸籍謄本の取得の日付が相続人である事を知った日より早い日付ですと
裁判所から疑問を持たれたりするものなのでしょうか?第1順の相続人が放棄手続き中に
第3順位の方々にお願いし(受理されたらお願いしますと言う旨の内容)気の早い人は先に戸籍謄本を取ってしまった人がいる事を知りまして。
このような質問内容でございますが何卒、宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

 疑問を持たれること自体はあるかも知れませんが,それでも第一順位の人が相続放棄の手続きをしていることを知ったので早めに戸籍謄本を取っておいたと説明すれば,特に問題は起こらないと思いますよ。
 裁判所として関心があるのは,主に自己のために相続があったことを知った日から3ヶ月以内という要件を満たすか否かであり,先順位の人が相続放棄の手続きを終えてから3箇月以内の申立てであれば何の問題もありませんし,何らかの事情があって申立てが多少後にずれ込んだ場合でも,申立人の主張する「自己のために相続があったことを知った日」に合理的根拠があれば,裁判所はそれで受理しますから。

Q相続調停を申し立て中で相続の分配は遺言書がないので、平等なのですが相続不動産の金額を出す鑑定をするた

相続調停を申し立て中で相続の分配は遺言書がないので、平等なのですが相続不動産の金額を出す鑑定をするための不動産鑑定料を申し立て人が負担する様に言われたのですが相続人全員に支払わせることが出来ますか
できた場合、どのようにしたら払わせることが出来ますか?

Aベストアンサー

遺産分割調停における不動産の評価については,当事者間で合意ができれば,費用も時間もあまりかけずに済む(1)公示価格(地価公示価格),(2)固定資産税評価額,(3)相続税評価額(いわゆる路線価格)を評価の基準として使えますが,その不動産の評価について争いがあり,当事者間に合意が成立しない場合には,家庭裁判所が選任する鑑定人(不動産鑑定士)に鑑定を依頼することになります。

その鑑定費用は,法定相続分に基づいて各当事者が負担するのが原則です。しかしながら相手方が不出頭の場合には,申立人が立替払いをすることになるとのことです。
鑑定費用については基準がありますので,見積もりが出ると思います。確認してみてください。

申立人が立替払いをした場合,遺産分割調停成立後に作成される調停調書に相続人それぞれが鑑定費用の負担をする旨の条項がないと,その鑑定費用は申立人負担になってしまうそうです。もしも立替払いをする場合には,その点について裁判官や調停委員に確認したほうがいいでしょう。

Q相続の順位と相続額について

相続の順位について教えてください。
長文ですがご容赦ください。

<概略>
両親が他界し負債が20万ありましたが、相続者の私と兄は相続を放棄しました。
この負債が母方、父方の親族ににどう相続されるのか、相続額はどうなるのか、
について、教えていただきたいです。

<家族構成 私から見て>
父、母、兄、私(弟) ・・・兄、私には子供はいません。

<親族構成>
〇父方
 祖母、姉
 ※祖父は他界済。

〇母方
 兄、姉1、姉2、姉3、姉4(他界済)娘1(20)、娘2(15)
 ※母は末っ子でした、姉4の娘さんには子供はいません。
 ※母方の両親は他界済。

<状況・時系列>
○去年9月
 父が亡くなり、財産がないものとして(プラスもマイナスも)単純承認しました。
○去年12月(父死亡から3ヶ月経過後)
 父に負債があることがわかりました。(判明したので約20万)
 母10万、兄、私に5万づつ相続される。
○今年1月
 司法書士事務所に連絡して、相続放棄の手続きを開始しました。(兄、私)
○今年2月
 母がなくなりました。
 母が相続していた父の負債2分の1も、兄、私が相続することになる???
 結果、兄、私それぞれに10万の相続になる???
 司法書士事務所に連絡して、母親分の相続放棄の手続きを開始しました。
 結果、父と母の相続放棄を同時にすることになりました。
○今年4月末
 両親分の相続放棄が受理されました。(裁判所から通知書が来ました)
○今年5月
 親族へ相続の権利が移ると聞いたので、連絡をしています。(今現在)

<知りたいこと>
(1)相続順位
(2)相続額

<相続第2順位>
認識している相続者以下の通りです、合っていますでしょうか。
○父方は祖母の1名
○母方は兄、姉1、姉2、姉3、姉4の娘1、娘2の計6名

<相続第3順位>
○父方の祖母が相続放棄をすると、父の姉が相続対象になる。
○母方は相続者がいないため、国に帰属する。

相続順位は合っていますでしょうか。
相続額はそれぞれどうなりますでしょうか。

よろしくお願いします。

相続の順位について教えてください。
長文ですがご容赦ください。

<概略>
両親が他界し負債が20万ありましたが、相続者の私と兄は相続を放棄しました。
この負債が母方、父方の親族ににどう相続されるのか、相続額はどうなるのか、
について、教えていただきたいです。

<家族構成 私から見て>
父、母、兄、私(弟) ・・・兄、私には子供はいません。

<親族構成>
〇父方
 祖母、姉
 ※祖父は他界済。

〇母方
 兄、姉1、姉2、姉3、姉4(他界済)娘1(20)、娘2(15)
 ※母は末っ子でし...続きを読む

Aベストアンサー

相続順位は合っています。

相続分について
父について祖母と母が相続した場合・・・祖母3分の1、母3分の2(この3分の2を母の兄弟が15分の2ずつ、母の姪が15分の1ずつで相続)

父について父の姉と母が相続した場合・・・父の姉4分の1、母4分の3(この4分の3を母の兄弟が20分の3ずつ、母の姪が40分の3ずつで相続)

父について、父の姉も放棄し、母のみが相続人となった場合・・・母が100%相続(これを母の兄弟が5分の1ずつ、母の姪が10分の1ずつで相続)

放棄をすることによって相続分も変わってきますのでややこしいですね。
なお、放棄によってはじめから相続人でなかったものとされる(民法939条)ので誤解なきよう。つまりあなたや兄が5万円を相続した上でその支払い義務を免れたわけではなく、債権者は20万円全額を他の者に請求できるになったに過ぎません。現状では債権者は、祖母3分の1、母の兄弟15分の2ずつ、母の姪15分の1ずつの割合で請求できます。

(以上、敬称略)

Q各国の裁判員制度の概要と問題点がわかる文献

こんにちは。

今卒業論文で裁判員制度について調べています。
その中で、日本以外の国の裁判員制度、陪審員制度などについて書こうと思っているのですが、何か良い文献はないでしょうか?
イギリス、アメリカ、フランス、ドイツで制度の問題点などもたくさん載っているものを探しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

卒論なら本当は自分で調べて欲しいところですが・・・


司法制度改革審議会が、裁判員制度の検討過程で、各国の視察をしていますので、その報告書などを見てはどうでしょうか。すでにチェック済みでしょうか。

http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/etc-dex.html

Q遺産相続第一位相続順位兄弟のうち1名が死亡

第一位相続順位の4兄弟のうち1名が死亡したとき、死亡した1名の子に相続順位が及ぶのか?また及ぶとしたらその分割割合は?教えてください。

Aベストアンサー

代襲相続で検索されたい。

Q相続税の法定相続人

父親の財産の相続について質問です。
母親は既に他界しています。
父親の子どもは長男、次男のふたりでしたが、
長男が亡くなり、長男の妻は、長男の父親と「養子縁組」を
しました。子ども(父親から見て孫)は3人います。

特に何の手続きや対策などもせず、父親が亡くなった場合、
法定相続人は養子縁組した長男の妻と次男の2名でしょうか?

また、このケースで3人の子ども(孫)を加え、法定相続人を
5名とすることはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

63maです。
子供(孫)の人数を間違えてました。
二人ではなく三人でしたので、子供(孫)の代襲相続分は、1/9づつです。
前提は、子供が三人とも長男の子供としてです。
次男の子供には相続権がありません。(次男が生きていますから)

5人の相続割合は、養子縁組妻と次男が3/9づつで、子供たち三人はは1/9づつです。

Q第3順位の相続放棄について

いつもこちらでは助けて頂き感謝してます。今回も宜しくご教授いただきたく投稿させて頂きました
11月に母が他界しまして子供3人は相続放棄をし12月に家裁から受理の通知を受けました。
父は既に他界しております。ここで第3順位の方へ相続が移行された事になりますが         (第2順位の母の両親は他界してます)
ここでご教授願いたいのですが 例えば第3順位の方々へ債権会社から督促状が半年後に届いた時点で相続放棄の手続きを行っても大丈夫なのでしょうか
また第3順位の相続人が13人と多いので13人分の申述書とそれに添付する書類をまとめて
家裁に郵送して手続きをすることは可能なのでしょうか
本来であれば1件1件出向いてお願いするのが筋道とは思うのですが中には過去にトラブルがあり会って頂けない方や連絡の不通の方もいますのでその旨を伝える術が無く困ってます
皆様の知識で何卒ご回答をお願いいたします

Aベストアンサー

相続放棄は、相続発生をした日から3ヶ月以内に行なわなければなりません

第三順位の者の相続発生は前順位の者全員の相続放棄が認められた日です
それを知った日とは、何らかの方法で、相続人全員が相続放棄したことを知った日です
(それは請求書が送られてきた日かも知れませんし、誰かから相続放棄したことを聞いた日かもしれません、
が 早く連絡して手続きしてもらわないと面倒なことが増えます)

相続放棄の申述は本人が行なうか代理人が行なわなければなりません が 代理人は 司法書士等でなければなりません

必要書類を全て用意し、申述書を本人に記載してもらい、質問者が家裁へ届けるなら有効ですが(単なる使者として届けただけ)
全員の分をまとめて一通の封書で届けると、代理人が介在したと判断されます
一人分ずつ郵送すれば・・・・・

少なくとも、母上が亡くなったこと、相続人全員が相続放棄したので、第三順位のxxさんが相続人になったこと は文書で伝えるべきです

Q法定相続割合による相続登記

お世話になります。
WEBで調べたら法定相続割合によるこの登記の場合、遺産分割協議書などは不要で、相続人の1人から申請することができますと書いてありました。
ということは他の相続人が知らない間に共有名義などで登記されてしまう恐れがあるということでしょうか?
これをさせない方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

相続人の1人から全員の分の相続登記申請はできます。
 保存行為とされています
止める方法はありません。
一分の人のみ相続登記できません。

また、登記せず、相続分の譲渡もできます。
しらない人が遺産分割協議に出席することもあります。

なお、持分には登記官に裁量などはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報