父が前立腺がんになりました。
心臓病を患っているので出血の多い手術となる全摘除術は思いとどまりました。
いろいろ本を読んでみようと思い、前立腺がんに関する最新の本を見たのですが「ステージA,Bの10年生存率が何も治療しないで77%、放射線療法で76%、全摘除手術で87%の報告がある。ステージCの何も治療しない10年生存率でも74%の報告あり」といった事が書かれてありました。
放射線療法は、直腸に穴があいてしまうこともあると、泌尿器科の先生からも聞き、これは絶対避けたいと父親は言っておりますし私もそう思います。実際どうなのでしょうか。
やはりホルモン療法が一番良いのでしょうか。
こういうケース(心臓病を患っていて前立腺がんを治療する)の場合、どういう治療法を取る事が多いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は前立腺ガンに関しては経験者ではありませんが、他のガンを患い、初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回の再発し、計3回の手術を受け、その過程でガン一般にも興味を抱き、多くの代替療法を知り使用してきたという意味で「経験者」を選びました。


また、自分の経験などから「代替療法も大いに検討に値する」という意味で「自信あり」を選びました。

■下記URLに前立腺ガン(ステージC)で重粒子線治療を受けた方の体験談が綴られています。具体的に書かれていて参考になるものと思われます。

http://fwie3809.hp.infoseek.co.jp/essays/gan_kir …

■小線源治療に関してはネット上に沢山出ていますが、下記はその一例です。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/saisin/sa391601.htm


■下記の珠光会診療所で行われている樹状細胞ワクチンの一種であります「DCAT療法」も検討に値すると思います。最先端の免疫療法で、体にやさしいです。ハスミワクチンをやっている珠光会では理事長で研究者でもあります蓮見先生は月の1週目と2週目の月曜日と木曜日に診察してます(確認下さい)ので、出来ればこの日にも行き、相談して意見を訊くのがよいと思います。他の治療法を決定する前が良いと思います。

http://www.shukokai.org/

■一般治療(手術、放射線、抗癌剤など)を選択した場合の再発予防には上記「珠光会診療所」で行われているハスミワクチンを併用することをお薦めします。

また、末期ガンから生還した医者の体験を綴った下記の本はとても訴える力があります。早めに一読されたらよいと思います。この本に記載されております「マイタケDフラクション など」と上記の「ハスミワクチン」との併用は再発予防に効果的と思います。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …


下記に記入させて頂いた Ano.7、Ano.13、Ano.14 を参考下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=961263
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早いご回答ありがとうございます。
特に、重粒子線治療を受けた方の体験談は非常にリアルです。ホルモン療法だけでは再燃の恐れが十分にあり、ということでしょうか。少し詳しいのでとばし読みしてしまいました。放射線療法の新しい治療法なのでしょうか。いずれにしても副作用で「腸に穴」はありそうなのですね。もう一度詳しくは読んでみたいと思います。
あらためて、ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/22 22:58

NO.1で書かせてもらったものです。


実は、心筋梗塞の既往があり、ワーファリン(血が固まりにくなる作用)の内服中断ができない事が理由だったようです。
手術に関しては、先月上旬に手術を行い、2週間ほどの入院していました。この祭には、短期ではありましたがワーファリンは中断していたようです。術後は、血尿がやや長く続きましたが、無事に退院できました。今現在、排尿の感覚(尿意)がまだ完全ではないと本人は言っていますが、普通の生活に戻っています。
NO.2の方がいろいろな治療法方については書かれていますのでお父様に会った良い治療法が受けられるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
心筋梗塞が、小線源治療できない理由だったんですか?
むしろ、外科的治療(手術)の方が、出血を伴うので、できないのではと思うのですが。。。
そうですか。術後も心臓の薬を中断して大丈夫だったんですか。現在も普通の生活ができているというのは結果的に良かったですね。
私も引き続き色々調べていきたいと思います。
ただ少し気になるのが、先生からは病期や分化度など知らされていないけど、今からでも聞けるのかなということです。

お礼日時:2004/11/22 23:06

私の叔父も前立腺がんでした。

その際の治療の選択肢として、ホルモン療法の他に小線源療法というのがありました。叔父の場合は、小線源を選択したのですが、事前の受診で適応でないとの事で結局のところ外科的治療(手術)を受けました。ご参考までに。

参考URL:http://ky.ws5.arena.ne.jp/NSCC_HP/shinryo_info/z …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。失礼ですが、叔父さんのお年はおいくつだったのでしょうか。なぜ適応でなかったのでしょうか。とくにその他の疾患はなかったですか。
小線源療法は実施機関が少なくお医者の先生からは300万円かかる、すぐにはできず半年待ち(その間ホルモン療法は可能)と聞いていますので、やめようかと思っています。
手術の副作用はやはりあったのでしょうか。
いろいろ聞いてすみませんが教えて戴けると助かります。

お礼日時:2004/11/22 09:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓病を患っての前立腺がん治療方法

私の父は75歳で狭心症の気があり、毎日点滴を施しながら血管を広げる飲み薬を飲み続けています。
先月、針生検で前立腺から8箇所の組織採取の結果、片側3箇所に癌細胞が認められました。
その後、骨シンチ、CT、腎臓レントゲン(?)検査の結果、今日「転移は無く、早期の癌です。」と先生から言われました。
次いで治療方法の説明と各々の副作用についての説明がありました。手術に関しては75歳未満を対象としていると説明がありましたが、心臓病を患っているため手術に耐えうるかどうか疑問であり、気丈な父本人は「根治できるのであれば手術で取る。」と言っています。が、話の中で息子の私にはボソッと「お前はどう思う?」と聞いてくるなど、本人は実は「迷っている」んだなと感じます。母はやみくもに「高齢で心臓が悪いのに手術なんて駄目。」と言っています。

結局、(1)心臓病で現在かかりつけの外科(胃腸科)の先生に父の心臓病の診断書を作成して戴き、(2)今日もお世話になった前立腺がんの先生にも診断書を作って戴いて、この2つを循環器科の先生にみて戴いて、アドバイス戴いては、という事になりました。

私自身も心臓の悪い父にとって全摘除手術が良いのかそうでないのかわかりません。
あと、放射線治療、ホルモン療法について副作用も含めてどの選択肢をとってよいものか、とも思っています。
寿命に対する捉え方によっても判断は変わってくるものと思いますが、大事な父のため、できるだけ良い助言を息子としてしてやりたいと思っています。

こういうケースの場合、どういう治療法を取る事が多いのでしょうか。どなたかご存知であれば教えて下さい。

私の父は75歳で狭心症の気があり、毎日点滴を施しながら血管を広げる飲み薬を飲み続けています。
先月、針生検で前立腺から8箇所の組織採取の結果、片側3箇所に癌細胞が認められました。
その後、骨シンチ、CT、腎臓レントゲン(?)検査の結果、今日「転移は無く、早期の癌です。」と先生から言われました。
次いで治療方法の説明と各々の副作用についての説明がありました。手術に関しては75歳未満を対象としていると説明がありましたが、心臓病を患っているため手術に耐えうるかどうか疑問であり、気...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。ご家族の病気の事、ご苦労お察しします。どちらにお住まいか存じませんが、私は岐阜県に住んでおりまして、先日、地元の新聞にて、岐阜大学医学部付属病院にて、前立腺癌の画期的な手術を取り上げてあった記事を拝見した覚えがあります。
副作用も少なく治療費も比較的安く、何よりも新しい術式だったような気がします。ただ、正確な事が手元にその記事の新聞が今は無いため、詳しい事はわかりません。合併症のある場合など良いかもしれません。
詳しい事は病院へ直接問い合わせて見てはどうかと思います。ただ、画期的な手術の為か予約がすごく殺到しているらしいです。
どうか、無事、ご健康に回復されますよう心からお祈り申し上げます。がんばって下さい。

Q前立腺全摘除手術について

ロボット支援下前立腺全摘除手術で前立腺、精嚢を取り、膀胱と尿道を吻合する場合、精巣から来る射精管の処理はどうされるんでしょうか?

Aベストアンサー

此れも何かのご縁、

ご懸念に対して再再度、

男性ホルモンの減少(決して喪失では有りませんので)は実際的には有るでしょう、

しかしながら、何も精巣が100%担ってる訳でも有りません、

ホルモンにしても一種類のみでは無いですよね、司るパーセンテージは大きいかも知れませんが、

そもそも、ホルモンの分泌といっても大量な物では有りませんね、
よく小説などでは戦闘の意欲を高めるためにアドレナリンがドッと放出されたなどと表現されますが眉唾もよいとこ、
生理学的な事は詳しく有りませんが、その量たるやナノ・ピコを通り越してアト(これで10のマイナス18乗です)、
未だ多いかな?、此れより下ならオングストロームでしょうか、

其れより、精巣に閉じ込めると仰るが閉じ込める事は不可、
細胞壁から滲出します、
従って、男性ホルモンの分泌が完全に喪失するのでは無いのです、

仰る、筋肉の増強の不具合、性的な欲望の亢進の抑圧は、あくまでも個体差の範疇です、 筋肉は繰り返しの反復刺激で増強されます、生まれながらに筋肉質の体質はありますが必ずしも男性ホルモンの分泌量が多いわけではデータ的にも無いようです、 性欲の亢進、これも個体が持つ先天的な能力です、何も男性ホルモンの分泌が横溢してるから強いのでは有りません、
見るからにマッチョな男が100%に近く性欲が強い存在である事とはイコールしません、
蛋白質の同化作用、此れは何の事を言われてるのか少し理解の埒外です、

人間の体の構造は・システムは本当に複雑怪奇・摩訶不思議です、

マニュアルや方程式は基本的には存在しませんし通用しません、

例えば、同様の施術を受けたお三方がおいでだと仮定しても、Aさんは何の変化も無く普通、Bさんは「髭が少し薄くなったカナ?」程度、Cさんは「以前に比べると少し性欲が減ったカナ?」の印象が、
左様に各人バラバラです、Dr.にも判断は事前には出来ません、
人体はそんなにシンプルな物ではありません、

此処のところが、前回に「一概には何とも」と言った所以です、

残念ながら、これ以上の噛み砕いた細かい説明は私の能力では多分出来ないと思います。

此れも何かのご縁、

ご懸念に対して再再度、

男性ホルモンの減少(決して喪失では有りませんので)は実際的には有るでしょう、

しかしながら、何も精巣が100%担ってる訳でも有りません、

ホルモンにしても一種類のみでは無いですよね、司るパーセンテージは大きいかも知れませんが、

そもそも、ホルモンの分泌といっても大量な物では有りませんね、
よく小説などでは戦闘の意欲を高めるためにアドレナリンがドッと放出されたなどと表現されますが眉唾もよいとこ、
生理学的な事は詳しく有りませんが、そ...続きを読む

Q前立腺全摘除手術後!

5月末にロボット支援下前立腺全摘除手術を受けました。術後は尿漏れが少しあるくらいでほぼ順調でしたが、7月末くらいから左ひざに違和感があり、以下の症状が出てきました。
 ①左膝の周りに疼痛があり、特に夜になると疼いて寝られません。(鎮痛剤を服用中)
 ②左膝に力が入らず、手すりに頼らないと階段の上り下りが怖くて出来ません。
 ③左太もも内側から膝にかけて、ピリピリするしびれがあります。
整形外科で膝と腰のMRIを撮って調べてもらいましたが、原因がわからず困ってます。前立腺手術の
合併症の可能性があるのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

恐らく手術の後遺症等ではないと思います。

膝の痺れについては冷えなどの循環系が滞っている場合にも発生するようです。
膝の骨が脱臼したり、水が溜まったりしているかもしれませんが、MRIでも不明なんですね・・・。

膝だけではなく腕にもしびれ等が出てきましたら脳の病気の可能性もありますので、その場合は脳神経外科を受診してくださいね。

Q抗がん剤治療でガンは治らない 抗がん剤治療をすると100%死ぬ と書かれたブログを見つけました。

抗がん剤治療でガンは治らない
抗がん剤治療をすると100%死ぬ


と書かれたブログを見つけました。


抗がん剤治療をすると本当にガンは治らず100%死ぬんでしょうか?

Aベストアンサー

そんなことは無いですよ

それは最末期の人の場合の話です

抗がん剤治療で救われている人はかなり居ます

したがって

抗がん剤治療は癌治療に無くてはならない存在です

Q乳がん ステージIaの抗がん剤治療は必要か

現在オーストラリアに在住している者(36歳)なのですが、先月右の胸に乳がん1.6cmが見つかりました。すぐに手術で周りの怪しい組織そして一番近いリンパも検査のため、一つ取り除き、その結果はネガティブでした。乳がん自体の結果はステージIa、グレード2、ER+(90%)、PR+(80%)、Her-2はネガティブ。抗がん剤、ホルモン治療、放射線治療を勧められていますが、放射線治療 5週間の後にホルモン治療を2~3年続けようかなと考えています。その後、自然に妊娠できなければ、冷凍している受精卵を使ってIVFを考えています。抗がん剤をしない為に今後、再発する危険性は高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門用語が多くてわかりにくいでしょうが……
http://www.jccnb.net/guideline/images/gl20_2010.pdf
質問者様の場合、浸潤性乳がんに該当すると思われます。
12ページをご覧下さい。
ER、PR陽性の場合の治療基準が示されています。
質問者様は、HER陰性になります。

全身性アジュバント療法-ホルモン受容体陽性
HER2陰性、BINV6となります。
アジュバントとは、補助療法の意味です。

14ページをご覧下さい。
表の左から3つめ、中ほど……
0.6~1cm、グレード2……
1cm超え……
の部分に該当します。

遺伝子検査を実施しない場合には、化学療法をすることになります。
遺伝子検査をして、再発スコアが低い場合には、
ホルモン療法だけで良いことになります。

治療の選択権は患者側にあり、
化学療法を受けないという選択肢は、あります。
そのためにも、担当医と話し合ってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報