まず、私は科学に詳しいわけではなく専門知識もありません。

解明出来ていない現象を短絡的に霊や超能力などに結び付ける人の多くには
『世の中何でも科学で割り切れるわけではなく、霊や超能力を科学で分析できるわけない、すぐ科学だ根拠だ実証だと言うのはロマンがない』
等と言う人がときどきいます。

ちなみに私は、わざわざ神秘に結び付けなくても世の中、そして科学はロマンに溢れていると感じていますし
「現在解明出来ていないことはたくさんあるが、そのうちほとんど全てのことが科学によって明らかになる時がきて欲しい(多分死んでますが)」と思っています。

さて、
科学を信じている人(変な表現か)、またその専門家の人達にお聞きします。
(その他の人も気が向いたらどうぞ)

貴方のプライベートな部分では(貴方が専門家の場合)

1)「科学で割り切れないことなどあり得ない」と考えているのでしょうか?

2)世の中(宇宙の)の全ての何%くらいが解明できたと思いますか?

3)「あの世」「ロズウェル事件」「血液型性格判断」「霊」「超能力」「気」「風水」「ダウジング」または日常(又伝聞上)起こる様々な不可思議な事例をどのように考えているのでしょう?(ちなみに私は全てを否定はしていません)


長ったらしい質問ですみません
もちろん一部だけでも結構です、考えや科学に対する思いを聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (26件中21~26件)

こんにちは。

私の意見もほとんど先の方々とダブってるみたいですが。(^^ゞ

>『世の中何でも科学で割り切れるわけではなく、

という考え方自体、科学を間違って捉えてます。

>霊や超能力を科学で分析できるわけない、すぐ科学だ根拠だ実証だと言うのはロマンがない』

ロマンがあるかないかはともかく、現在の科学が全ての事象を分析可能だという間違った前提にたった議論です。現在の技術で測定・分析が不可能なら、その測定法・分析法、あるいは理論や原理を研究するのが科学ですよ。

1)今目の前にある事、見える事、認識できる事はいずれ割り切れるでしょう。でもそうなった時にはまた新しい割り切れない事が出ると思います。

2)答えようがありませんね。こんな回答でいかがでしょう。
「蟻の流す 涙の海の砂浜の 真砂を取りて 千々に砕かん 曾呂利新左衛門」

3)
「あの世」「霊」「超能力」「気」「風水」「ダウジング」
すでに科学の手法で研究が始まっており、一部の物はかなり解明されています。まだ研究中なのにいきなり答えがでないからと言われても困るでしょう。

「ロズウェル事件」
本当に円盤が落ちたのなら、公に公表して研究すればいいのです。
隠すってことは、まがい物だからじゃないんしょうかね?

「血液型性格判断」
科学の手法によって、よた話であることが明らかになりました。
今では酒席や宴会で場を持たせるための笑い話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1)頼もしい御意見ありがとうございました。
2)ちょっと私には難しいですが何となく分かる気もします。
3)「血液型性格判断」 酒場では私も盛り上がります。
しかししつこく延々と熱く演説する人がいるので少々引くときがあります。

ためになる回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 00:57

1) 科学は進歩し続けると思います。

つまりいつまで経っても解決できない問題が残っているということ。
 そのうえ、どうあがいても手が出ない問題もありそうです。たとえば再現性のない現象を扱うのに統計は使えません。歴史を科学できるか。また、なんで自分は他人とは違うのか(=なんの因果であなたはあなたの肉体の中に閉じこめられているのか)というような問題。いずれも手に負えないですよね。

2) ほぼ正確に0%だと思います。

3) 血液型性格判断のような、膨大な研究で否定されたものはともかくとして、質問に挙げられた他の具体例は、いずれもスカタンであろうと考えています。これらを信じて投資することは極めて分の悪い賭でしょう。むしろ積極的に新しい珍説を捏造する方が経済的には酬われると思います。
「不思議な事例」については、ヒトがどういう時に「不思議」と思うか、とう研究がまず第一に必要でしょうね。

*「自信あり」は自分がそう思っているということを確信しているという意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

1)なるほど、哲学のような分野は扱えないととらえて良いのでしょうか。

2)0ですか、それもまた夢があって(残ってて)良いです。

3)スカタン...(笑)

分かりやすい御説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 00:58

 何か質問自体、漫画に出てくる科学盲信者(あるいは某大槻教授)の見すぎって気がしないでもないですが(笑)



 下記の方と意見がダブると思いますが、面白そうなので書くことにしました。

1)
 この解釈自体間違っています。科学は割り切るものではありません。
 何か分からない現象があったとき、それを観察した結果、こういう事が分かった。このことから、この現象はこれこれこういう理由で成り立っている、と証明した結果が科学の神髄なのであって、そこには「割り切る」などといった主観的なものは入りえません。

2)
 ですので、当然これも「不明」ということになります。

3)
 この手の話は、「これこれこういう理由だから存在しない」という言い方で語られます。たとえば、「あの世」は存在するはずのないものが前提として「存在する」ということになってしまっているので、これは存在しないと考えられている、ということです。
 だから、たとえば「風水」などはその語り口が非科学的なだけで、実際には「生活の知恵」という形で科学的に考えることが可能です。

 ロマン派(笑)の方々がよく勘違いしているのは、「科学は我々と対立する物だ」と考えていることです。これは違います。科学で証明するためには、「霊が存在した方が面白い」などと考えてはいけないんです。
 たとえば相対性理論は、今も間違っていないかどうかの確認が日々繰り返されており、「現在のところ間違いはない」とされているだけで、「科学者がその存在を盲信している」わけではないんです。
 ですので、もし3)に見られる話が客観的に「証明」できれば、科学はそれを受け入れることにやぶさかではないのです。

 もっとも、3)の場合は、自分の間違いを否定されて怒る人がいること自体が問題なのであって、ロマンだとかそういうことではないのですけど(笑)

この回答への補足

何だかここまでレス書いてるうちに皆さんに誤解されてる気もしてきました。

NO.5
>漫画に出てくる科学盲信者(あるいは某大槻教授)の見すぎって気がしない>でもないですが(笑)

私はアンチ科学ではないですよ、むしろ科学万歳派です、誤解してたらすみません。

『ロマン派』の人のほうが世の中断然多いようで多勢に無勢でちょっと皆さんの意見に励まして頂きたかったというのが本音なのです。

補足日時:2001/07/27 00:53
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>某大槻教授
あそこまで極端ではないつもりですが・・まぁ彼は好きなほうです。

1.2)分りました。言い方が適切ではありませんでした。

>「霊が存在した方が面白い」などと考えてはいけないんです。
『ロマン派』の人達は面白いから信じているのかも知れませんね。
あの人達の言動はそう思うしか私は理解できません。

>「科学者がその存在を盲信している」わけではないんです。
常に冷静、客観的であれということですね。
私ももう少し冷静になります(笑)。

たいへん興味深い御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 00:46

「科学」の定義なのですが、私の解釈としては、「この世で起こることを理論体系化する事」です。



たとえば、この世に幽霊がいたとすると、幽霊が存在するためにはどんなエネルギーがどれぐらい必要で、そのエネルギーのでどころは?と言うことを研究することになると思います。これは「科学」です。
UFOにしても、「いる」と認められれば、科学的に研究されるはずです。どこから来たか、どうして飛べるのかは、科学的研究の範囲です。
すなわち、存在が認められた段階で、幽霊もUFOも科学的研究対象に入ると思います。

従って、言い方としては変かもしれませんが、
「科学はこの世の全てを説明するまでふくれ上がります。科学で説明できないことがある場合、それは本当にこの世に存在しないものか(人間の空想や思いこみ)、それを説明(検証)する理論や実験方法が見つかっていないだけです」
が、1)の回答です。

もし、UFOの中に水(H2O)があれば、それは0℃で凍り、100℃で沸騰するでしょう。
幽霊を構成する物の中に水が有れば、同じように0℃で凍り、100℃で沸騰します。
それはすなわち、UFOがいようといまいと、幽霊がいようといまいと、人間は水の性質を明らかにしているからで、これが科学の正体です。

2)ですが、「解明」と言う言葉があいまいです。
たとえば、「全宇宙の地図が出来ているか?全ての星の位置がわかっているか?」と言うことで有れば、ほぼわかっていないでしょう。遠くにある光らない星は、見つけることが出来ませんから。
しかし、「宇宙で一番早い物は光だ」という事が事実であり、宇宙中で使える理論だとすると、この一つの理論は非常に重要で、これだけで宇宙で起こる現象のほとんどを説明できるのかもしれません。
もっとも、宇宙で起こる現象の全てを説明するのに、どれだけの理論が必要かがわからない以上、人間は対して解明しきってはいないのでしょう。

3)ですが、物によります。
統計的に正しい(なんらかの理論や法則があるのだが、見つかっていない現象)事もあると思います。
もちろん、全くの空想もあるでしょう。

下でも書かれていますが、人間が存在している内に全ては解明できないかもしれませんが、全てを解明するまで、ふくらんで欲しいと思います。

ちなみに私が一番不思議だと思っているのは「命」です。
一番ありふれていて、一番説明できない現象ではないでしょうか?どうしてこんなタンパク質の固まりが、意志を持って動くことができるのでしょうね?
でも、「いつかは科学的に解明される日が来る」と信じていますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理路整然とした分かりやすい御意見ありがとうございます。
やはり存在が確認されないと科学者は研究しようとはしないのですね。

1)ハッとしました。まさにそれ以上でもそれ以下でもないですね。
2)光の説明たいへん分かりやすかったです。

「命」は誠に不思議ですね、それは哲学の分野なのでしょうか。

参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 00:36

僕は大槻教授ほどではありませんが科学を信じてます!


たとえこの世に幽霊がいたとしても、そいつは動物なんです!
というわけで素人の戯言なので勘弁してください。

>1)「科学で割り切れないことなどあり得ない」と考えているのでしょうか?
あり得ないです。しかし科学は完全に解明することができないまま
人類は滅亡するでしょう。

>2)世の中(宇宙の)の全ての何%くらいが解明できたと思いますか?
1%未満でしょう。いや0に等しいほどの割合だと思います。

>3)「あの世」「ロズウェル事件」「血液型性格判断」「霊」「超能力」「気」「風水」「ダウジング」または日常(又伝聞上)起こる様々な不可思議な事例をどのように考えているのでしょう?(ちなみに私は全てを否定はしていません)
「あの世」はないと思います。臨死体験は夢のようなものです。
でも死ぬのが恐いのであったほうがいいです。

「ロズウェル事件」
嘘っぱちです。ってあんまり知らないんですけどね。
だいたいUFOがどうやってきたかってのが分からないと
だめです。でも科学が発達すれば生命のいる場所まで一世代で
いけるかもしれないんで、どうでしょう。

「血液型正確判断」
そんなに科学はまだ発達してないと思います。

「霊」
いるわけがありません。それかそういう動物です。

「超能力」
例えば視力100くらいある人はもしかして透視できるかも。
でも多分いないのでダメですね。科学が全て解明されれば
恐らく予知もできるでしょうね。
でも多分人類の知能では解明できないのでダメです。
オカルトチックなのは信じてません。

「気」「風水」「ダウジング」
科学的に証明される部分もあるでしょうけどあくまで一部分です。

こないだ金縛りにあいました。
疲れてたんでしょうね。憑かれてた訳ではありません。
・・・
素人なのに長くてすいませんでした!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、私もほぼ全ての点で同意見です。

視力100ですか,,サンコンの20倍ですね(笑)。

「金縛り」あったことないのです・・・一度あってみたいものです。
sutyuさんみたいに、「信じていない」人が金縛りにあうとどんな感じなのでしょうね。

回答ありがとうございました。何だか同じ意見が聞けて頼もしいです。

お礼日時:2001/07/27 00:31

1番は科学で解明出来ないことはあります。


南米のほうでなにぶんめいだか忘れましたが、発掘され物の中に水晶で出来た髑髏が発見されてます、そんな大昔にそんな高度な技術はあるわけも無くどうやって作ったかは今でも不明だそうです。
2番は1%に見たいないのでは宇宙自体がどれくらいかの大きさかも分かってないみたいですから。
3番はあれはただ単にアメリカの警察がヘボイだけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

1)ちらっと何かで聞いたことはあります、「今でも不明」ということはそのうち解明される日が来るかも知れないと言うことですよね。
2)私もそう思います。
3)ロズウェルのことでしょうか・・、なんだか不思議な話であることは確かで私も真相が知りたいとは思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉱物科学と結晶化学

地球科学科の鉱物科学の研究室から化学科の結晶化学などの大学院に進学することはよくあることでしょうか?

また鉱物科学と結晶化学の決定的な違いはなんでしょうか


よろしくお願いします

Aベストアンサー

化学はあくまでも「物質の変化の学問」ですので「反応性」が主になるはずです。
地球科学の中の鉱物科学は時間のスケールが最小でも千年、長ければ億年。
その辺りに一番の違いが有るように思われます。
その間に物性物理が挟まる様な気がするのですが。

Q素粒子レベルまで視野に入れると、気や霊や超能力や霊能力などの正体が説明

素粒子レベルまで視野に入れると、気や霊や超能力や霊能力などの正体が説明可能になる日が来ると思いますか。

Aベストアンサー

まず、脳波【思考】が
からだのエネルギーをどの程度
コントロールできるかによると思いますが、
電気で体をコントロールしている
炭素型生物(地球人)は
意思で磁場を作ったりコントロールしている
可能性がありますので、
素粒子コンピュータが実現される時代には
時空を超えた情報通信も実現するでしょうし、
永久磁石のように【残留思念】も再現され、
そうなれば説明可能になる日が来ると思いますよ。
ただし、物理学の世界で
存在が証明されれば、の話ですが。
もちろん、いまは存在しているとも言いません。

Q「科学」と「化学」

自然の「カガク」は、「科学」
実験の「カガク」は、「化学」

「科学」と「化学」はどう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

科学
《 science 》一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。また、その成果としての体系的知識。研究対象または研究方法のうえで、自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。一般に、哲学・宗教・芸術などと区別して用いられ、広義には学・学問と同じ意味に、狭義では自然科学だけをさすことがある。サイエンス。

化学
《 chemistry 》物質を構成する原子・分子に着目し、その構造や性質、その構成の変化すなわち化学反応などを取り扱う自然科学の一部門。対象や研究方向により、無機化学・有機化学・物理化学・生化学・地球化学・核化学などに分けられる。

単に、ネット辞書を引いただけで、すぐに解るでしょ?
特に、化学(発音するときは「バケガク」とも)の「物質を構成する原子・分子に着目し、その構造や性質、その構成の変化すなわち化学反応などを取り扱う」を抑えておけば良いんじゃない?
「自然科学の一部門」より、化学は科学の一分野。よって、

   化学 ∈ 科学

となる。

Q最新科学と霊能力

楽天のHPを見ていたら、最新の光学技術で透視画像
が可能になるらしいことが書いてありました。

なんでも四つのレンズを水平に並べて光を通せば、中に
映った物は消え、他の物はそのまま映るという仕組み
らしいです。

これってカメラで写した心霊写真と同じもののように思い
ます。つまりこのレンズの配列を霊障が空間の歪みを
利用して起こしていたら可能です。

どう思います。

Aベストアンサー

心霊現象や超能力はその人間に付いている神霊が
起こすモノですからね…科学は追従しているだけですよ
結果的に神霊の方が能力が上なんです。

Q「物理化学(科学?)」とは?

友人が博士課程で化学を専攻してます。先日、「物理化学(科学?)をまともに勉強して来なかったので辛い」と反省し猛勉強していまた。この「物理化学(科学?)」とはどのような学問ですか?分かりやすく教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

極簡単(若干の言葉足らずはご容赦を)にですが,無機化学や有機化学は物質そのものの性質を調べたり合成したりが主で,物理化学は原子・分子の構造や,エネルギー状態など理論部分を主にしていると思います。
もちろん,化学をやる上ではそれぞれの分野も深くなればなるほどお互いが相関してくるものです。

ご参考まで。

Q【神の存在と科学は全く関係がない】とはどういうことでしょう。 科学というのは未知なるものを解明する

【神の存在と科学は全く関係がない】とはどういうことでしょう。

科学というのは未知なるものを解明する学問ではないのですか?

世の中のあらゆるものを科学と結び付けて解明してきたつもりだった?

世の中のあらゆるものを科学と結び付けて解明してきたのに、神の話になると、神と科学は関係がないと突っぱねるのはなぜですか?

神以外は科学で解明する努力をするのに神は科学と関係がないと言って解明しようとしないのはなぜですか?

神と科学は全く関係がない?

神と科学が結び付きがないとは?

Aベストアンサー

》世の中のあらゆるものを科学と結び付けて解明してきたのに、神の話になると、神と科学は関係がないと突っぱねるのはなぜですか?
》神以外は科学で解明する努力をするのに神は科学と関係がないと言って解明しようとしないのはなぜですか?

神はあまりにも超自然的過ぎて、そんなものが存在するわけがないという、よく言えば経験からの推論、悪く言えば思い込みに基づいた判断のため。
もう一つは、そもそも神というものがどういうものかもわからないので、科学的にどういうアプローチで「解明」すればいいのかも不明で、科学的に議論のしようがないから。

そういえば、ずいぶん昔に物理学者のジョージガモフが、神は地球から9.5光年離れたところに居るって「科学的」に証明してましたよ。そしてその証明の舞台がなんと日本だったりします。まあ、ジョーク大好きのガモフのことなんで...

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Q人間の死後は科学的に解明されるか?

10年後、20年後、30年後、40年後、50年後、60年後・・・には人間の死後は科学的に解明されると思いますか?

「死後の世界」はあるのか?「生まれ変わり」はあるのか?もっと違った死後の運命があるのか?全てが無になるのか?

もう解明されていると言う人もいるかもしれませんが、まだ解明されていないと思います。

Aベストアンサー

未来には解明していると思います。死後の領域どころか、さまざな次空間が存在していることも科学が発見すると思います。

Q科学と化学は何がちがうのでしょうか?

あまり深い意味ではないのですが、科学と化学は何が違うのでしょうか?というより科学の方がいまいちピンと来ないのですが、科学とはどういう意味になるのでしょうか。

Aベストアンサー

中学の理科の授業を思い出してください。
(1) 電流や磁石に関すること、熱に関すること
(2) 水溶液に関すること、物の燃焼など
(3) 植物や動物に関すること
(4) 地震・天体・天気関すること
などが挙げられます。(2)が化学で、(1)~(4)をまとめて科学と言います。

ただし「動物」という言葉がゾウリムシや人間を含む場合があったり含まない場合があったりするように
「科学」という言葉にも広い意味と狭い意味があります。
上に書いたのは「科学」の狭い意味です。「自然科学」とも言います。

「実験や観察によって理論を組み立てる」ような手法を科学的手法といいます。
科学的手法によって、人間や社会のことを理解しようというのが
人文科学(文学、語学など)や社会科学(経済学、歴史など)ですが、
自然科学・人文科学・社会科学をまとめて「科学」と言う時もあります。これが広い意味での「科学」です。

「教えて!goo」での「科学」は狭い意味での科学と言えると思います。

Q寝言は科学的に解明されているのですか?

寝言の原因は解明されているのでしょうか。
私はよく寝言を言うらしいのですが、何が原因なのでしょう?
特に困っているわけではないんですが。
興味があります。

詳しく解説しているサイトなどがあれば教えていただきたく思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 寝言の原因は解明されているのでしょうか。

『 寝言 』は、夢を見たときの一つのパターンですから、なぜ夢を見るのかに付いて考えて見るのが、
その本質に迫る近道だと思われます。

> 私はよく寝言を言うらしいのですが、何が原因なのでしょう?

『 寝言 』に限定せず、< なぜ良く夢を見るのか >と考えるのが、良いアプローチと思われます。

> 詳しく解説しているサイトなどがあれば教えていただきたく思います。

-----------------------------------------------
「 夢は何故見るのか 」
http://www.geocities.jp/nonnijp/nazemirunoka.htm
http://www.geocities.jp/nonnijp/koumokubetuyume.htm
http://www.geocities.jp/nonnijp/yumemenu.htm

  考えられる範囲で挙げるならば、夢を見る必要性ないし目的と言うものは以下のようになります。

    1.解消しないと心身に重大な影響があるストレスを開放し解消する
    2.忘れてはならない重要事項や注意事項(験夢者やその関係者などの身の危険など)を確認する
    3.本人の生命に関わる事に関する警告をする
    4.日頃心にとめている事柄や問題に関する重要な手がかりを与える

    5.種の保存に重大な影響がある事柄の告知
    6.遠隔知覚で欠く政治に意識に上り難い且つ重要事項に関わる認知を促す
    7.高次元の情報を開示してプラス方向への行動を促す
    8.その他・・・・・
-----------------------------------------------

上↑の解説は、心理学の範疇には入らないかも知れませんが、科学的に良く分析されていると感じました。

-----------------------------------------------
「 夢の科学 そのとき脳は何をしているのか? 」
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_rev.cgi/415e794b6b1aa0105b37?aid=&bibid=02393889&volno=0000&revid=0000331064
  ■コメント・書評 フロイトは間違っていた! (以下、一部抜粋の引用)

    現在の脳科学は、かなり綿密な脳の働きを理論的に説明できるところまできている。
    脳の働きがわかるということは、睡眠時の脳の働きを知ることにもつながってくる。

    「夢」は、覚醒時に脳が理論的に働くのに対して、睡眠時にそのスイッチがきれることによって、
    現実にはありえない映像があらわれるらしい。覚醒時と睡眠時とでは、脳の働きがかわってくるのである。
-----------------------------------------------

ウエブサイトではないのですが、上↑の「本」などは、お勧めできそうですね。
ここから下は、私個人の考え方になります。

私の考えている【 夢を見る目的 】とは、実社会で実際に体験する、「仮想体験、あるいは、予行演習」
の意味合いを、持っているのではないかと思っています。

人間は誰しも、気は動転しないまでも、突如起こるハプニングに、かなり右往左往してしまう場合が有ります。
それらの、実際には起こり得ないような現象が、夢の中では体験できるわけですから、そこで体験することで、
それらが現実生活で実際に起こった場合にも、< 慌てなくてすむ効果がある >と言うわけです。

また上の書評にも有る、「夢」を見ている時は、< 脳の論理的思考が制限され、自由な発想状態 >に、
なっているのだとすれば、それは「単なる予行演習的な体験」だけではなく、「発明」などの発想方法として、
利用できそうに思いました。

どちらにしても、人間に備わったそれらの脳活動は、「生きて行く上で有利に働く」から存在し続けている、
と考えれば、「夢を良く見る性格」であっても、特に気にすることは無い!、と考えるべきものなのでしょう。

> 寝言の原因は解明されているのでしょうか。

『 寝言 』は、夢を見たときの一つのパターンですから、なぜ夢を見るのかに付いて考えて見るのが、
その本質に迫る近道だと思われます。

> 私はよく寝言を言うらしいのですが、何が原因なのでしょう?

『 寝言 』に限定せず、< なぜ良く夢を見るのか >と考えるのが、良いアプローチと思われます。

> 詳しく解説しているサイトなどがあれば教えていただきたく思います。

-----------------------------------------------
「 夢は何故見る...続きを読む


人気Q&Aランキング