AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

私は今までびゃっこうと読んでいました。
お恥ずかしい限りです。
ふと、違う読み方を耳にしました。しゃっく しゃっこう。
どちらが、正しいのでしょうか。
よろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    そうらしいですね、仏滅に勝るとも劣らない。
    なかなか憎いやつですね。
    私はなんとこいつを呼ぼうか、これから考えます。
    ふとよぎった石原裕次郎の錆びたナイフ。
    砂山の砂を指で掘ってたらさびた^^^そうジャックナイフがでてきたよ♪
    赤口=じゃっくと名付ける事にしました。

    ありがとうございました。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/29 23:25
  • うれしい

    しゃっこうですね。ありがとうございます。確かに昔のかたというか年配者の方は、カレンダーみて午後にしようとか、午前はやめようなんてごそごそ秘密会議してました。今はそれほど気にしなくなったのではないでしょうか。お通夜告別式なんてお坊さんのスケジュール次第で六曜なんて、負けてしまいます。なんか、カレンダーのお飾りお遊びみたいですね。暦カレンダーもどうようでしょうか。
    こんなこと耳にした事があります。最初にカレンダーを作った職人さんが、なんか寂しいので色々飾る様になったとか。この説、私真実味がある様に思えてなりません。

    あしからず

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/29 23:47
  • うれしい

    それはないでしょう。
    自分の姓と同じでも。
    ご自分は、せきぐち あかぐち と言うでしょう。
    でも面白いお答えですね。
    そこで質問しちゃいます。
    六曜で赤口以外の姓名はありません。
    どうしてでしょう不思議ですよね。

    あしからず

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/30 00:00
  • せきぐちもありなんですね。なんか、小学生みたいで可愛いです。今日はせきぐちだから、午前中はやめようぜ。やつ意地悪だから。小学生の会話にでてきそうです。でもほんと、しゃっこうは午前中は昔ほどではありませんが嫌われるようです。私は何にも気にしません。だって出物腫物所嫌わず。のようにお坊さんはまったく気にしません。ご自分のスケジュールでお仕事します。亡くなられたかたもそんなに無様を晒したくないでしょうから。

    あしからず

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/30 00:15
  • HAPPY

    じゃっくでもでますよ。
    さびたジャックナイフがでてきたよ。♪

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/30 00:22
  • HAPPY

    一番ぶなんですね。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/01/31 20:43
  • HAPPY

    主力どうのこうより、自分のお気に入りの言い方でいいと思います。
    仏滅。仏や神は永遠なのに。仏が滅びると解釈、間違いですかね。
    たぶんお遊びでこんな六曜もあっていい、皆さん何事も控えましょう。
    こんなもんでしょう。
    最近のカレンダーは六曜はもちろん彩ってくれてますが、大寒 節分(今日)
    立春(明日)とか少し気の利いたカレンダーって少ないです。暦カレンダーならほぼ完璧ですが、
    お色気がなくなります。卓上カレンダーに物足りなければ、自分で書き込んでます。
    色々歴史があり変化して現在に至る。私の様なお遊びが基本かもしれませんね。
    初めてカレンダーを作った人が、曜日と日にちだけだとさっぷうけいなので、六曜を入れたとか。
    お笑い話ですけど。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/02/03 07:32
  • HAPPY

    どんなことでも歴史があり、そこで歪められたり色々変わります。
    なので紐解くのは、難しいと思います。
    でも私。関口という姓は目にしますが、赤口(せきぐち)さんは知りません。
    仏滅さんなんていたら、いいですね。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/02/03 07:47

A 回答 (8件)

読み方はいろいろあって、どれが「正しい」ということはありません。


どれが「主力か」というのはあります。大手業者の暦を参照してみてください。

ちなみに、六曜は中国・宋時代の時刻の吉凶占いが起源で、日本には鎌倉~室町時代に伝わったということです。
当初の六曜の順序は
 大安(たいあん)
 留連(りゅうれん)
 速喜(そっき)
 赤口(しゃっく)
 小吉(しょうきち)
 空亡(くうぼう)

貞享年間(1684年~)に、日本独自の「日の吉凶占い」に変化。大安と赤口以外の名前も変更。
17世紀末~18世紀初めに順序が変わり、19世紀初めに現在の形に落ち着いたとされています。
現在の「仏滅(ぶつめつ)」はそれまでは「物滅(ぶつめつ)」でした。仏様とは無関係。
明治5年の改暦で暦注が迷信として公式の暦から排除され、逆に六曜の人気が高まったということです。
戦後の皇室慶事の日や今年の新天皇の即位の日が「大安」というのは「たまたま」なのかどうかは知りませんが。


日本の暦(国立国会図書館)
トップ > 第三章 暦の中のことば > 吉凶を表す言葉①六曜
http://www.ndl.go.jp/koyomi/chapter3/s3.html

先勝(せんしょう、せんかち、さきかち)
友引(ともびき、ゆういん)
先負(せんぷ、せんぶ、せんまけ、さきまけ)
仏滅(ぶつめつ)
大安(たいあん、だいあん)、
赤口(しゃっく、じゃっく、しゃっこう、じゃっこう、せきぐち)


『現代こよみ読み解き辞典』(岡田芳朗・阿久根末忠 編著、柏書房)
http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b227766.html
「赤口 正確にはなんて読むのでしょう。」の回答画像8
この回答への補足あり
    • good
    • 0

しゃっこう

この回答への補足あり
    • good
    • 0

それはないでしょう。


自分の姓と同じでも。
ご自分は、せきぐち あかぐち と言うでしょう。
でも面白いお答えですね。
そこで質問しちゃいます。
六曜で赤口以外の姓名はありません。
どうしてでしょう不思議ですよね。


日本語で補足してください、意味の伝わる内容で
この回答への補足あり
    • good
    • 0

六曜の赤口のことだったら、しゃっこう


です

赤口さんという姓名だったら、あかぐち
と読む人も居ます

どの、赤口ですか?
この回答への補足あり
    • good
    • 0

「しゃっこう・じゃっこう・しゃっく・じゃっく・せきぐち」のいずれかから選んでください(どれでも正解です)。


 私は「じゃっこう」と読んでいます。

 ちなみに、縁起の悪さで言うと「仏滅<赤口」です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

「しゃっこう」です。

六曜のひとつで、すべてが消滅すると言われる日です。仏滅は仏が滅びると書きますが、なんかすべてが消滅するなんて怖いですね。でも、正午だけは大丈夫だということです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

「しゃっこう、しゃっく、せきぐち」



https://sk-imedia.com/rokuyou-9744.html
この回答への補足あり
    • good
    • 1

びゃっこうでは変換も出ません。


しゃっこうなら出ます。
しゃっくでも出ます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。 めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪い

知り合いが「言う」の事を「ゆう」と打ちます。
めっちゃ気持ち悪かったので指摘したら「誤字の方が頭悪いから」って言われました。でもその人はTwitterのプロフィールに「短気」を「短期」と表記してました。こんな人どう思いますか?

Aベストアンサー

言うを「ゆう」と打つヤツは日本語を知らないとてつもないバカだし、
短気を短期と表記するヤツも日本語を知らないバカ。

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q突然ですが蓄膿の話をしてて、その流れで「膿」という漢字を「うみ」と私は読んでたのですが、母と奥さんは

突然ですが蓄膿の話をしてて、その流れで「膿」という漢字を「うみ」と私は読んでたのですが、母と奥さんは「のう」と読むこともある、と言います。
漢字一文字単独でです。

「のう」がね、、、とか言うんですが、私には不自然でなりません。なんのこと?ってなりませんか?

そんな読み方します??

今、親戚のおじさんも私と同じで、2対2なんです。

Aベストアンサー

私は「うみ」としか言いませんが、一文字だけで「のう」ということもあるようです。

>「この鼓膜を切ってね、中の膿(ノウ)をすっかり取って了(しま)うて」
https://kotobank.jp/word/%E8%86%BF-111804

>鼻咽腔の粘膜が発赤し、粘液や膿(のう)を伴う。
https://kotobank.jp/word/%E9%BC%BB%E5%92%BD%E8%85%94%E7%82%8E-1583222

>局所麻酔で切開して膿(ノウ=ウミのことです)を出してやれば劇的に痛みから解放されます。
https://www.mmjp.or.jp/nishisonogi-med/sickness41.html

>この乳搾りの人の膿(のう)を普通の人に植え付ければ、その人は天然痘にならないとかんがえたのです。
http://www.skmc.jp/anime/child/immune/immune_2.htm

お母様と奥様は医療関係者でしょうか?
それか病院などにかかった際に医師の言葉として聞かれたのか…。

Q周りに濁点は知ってても半濁点をしらない人が多いです。 というかほぼ知らない人ばっかです。 皆さんは半

周りに濁点は知ってても半濁点をしらない人が多いです。
というかほぼ知らない人ばっかです。
皆さんは半濁点って知ってますか?

Aベストアンサー

小学校低学年(たぶん1学年)で「半濁点の付く仮名」は教わったはずですか、呼び名は「まる」だったと思います。

半濁点という「呼び名」をいつ教わったか記憶にありません。教わっても忘れただけかもしれません。
呼び名を教わったとすれば、たぶん「濁音」「半濁音」という言葉が出てきたときでしょう。「なんで半分?」と思った記憶があります。

「゛」 濁点(ダクテン、てんてん)、VOICED SOUND MARK
「゜」 半濁点(ハンダクテン、まる)、SEMI-VOICED SOUND MARK

濁音(だくおん):がぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼ
半濁音(はんだくおん):ぱぴぷぺぽ
鼻濁音(びだくおん):か゜き゜く゜け゜こ゜

Q旅とは文字通り命懸けだった とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。 何故「旅」が文字通り命懸けなの

旅とは文字通り命懸けだった

とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。
何故「旅」が文字通り命懸けなのでしょうか

Aベストアンサー

この場合の「文字通り」は「命懸け」にかかっているのでは。

 旅とは"本当に"命懸けだった
 旅とは"例えではなく"命懸けのものだった
 旅とは"掛け値なしに"命懸けのものだった

…といった意味合いに思えます。

Q日本の方が食べないようなものをたくさん教えていただけませんか

日本語を勉強中の中国人です。中国での中華料理の会食のアレンジをしているのですが、日本のお客様に嫌いなものとかはありませんかと聞いたら、「嫌いなものはないのですが、日本人が食べないようなものは避けていただけると助かります」と言われました。

私の知っている限りでは、中華でカエル料理、皮蛋(ピータン)、川魚、臭豆腐が苦手な日本の方が多いようなのですが、ほかにはまだありますでしょうか。日本の方が食べないようなものをたくさん教えていただけませんか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まだ出ていないところだと「羊」
北海道ではジンギスカンとして有名で、かなり浸透しましたし、国賓の招待時などにも出るような高級羊肉もありますが、慣れていない場合には好まれない場合もあるでしょう。

現地で、豚の丸焼きや北京ダックを出されました。男子共は食いついていましたが、無理な女子や子供も多いでしょう。
チキンでも丸焼きは敬遠されるかも。(鶏以外の鳥はNG)
海産物を除き、陸上の生き物(動物/昆虫/爬虫類/両生類/幼虫/それらの卵など)の姿形がそのままわかるものは特に敬遠される。
見たこと無い食材もNG

川魚も日本では塩焼きが主ですが(うなぎ系はタレ焼きですが)、日本を除くアジア諸国の川魚料理は味気なくて生臭いです・・・

香菜系のパクチーも一部で大ファンも居ますが、嫌いな人も多い。

逆に、好みは、
チャーハンと、パオ(包)系(餃子/焼売/中華まん)は、大人気でしょう!

Q「五月雨ですみません」という日本語について

日本語を勉強中の中国人です。「五月雨ですみません」という日本語についてお伺いいたします。この言葉はビジネスメールでよく使われるのでしょうか。ネットでも調べてみたのですが、正確は「五月雨式ですみません」となっているでしょうか。基本的には目上の方にも使える用語でしょうか。それとも同輩とそれ以下で使われるのでしょうか。

ある件について目上の方に何度もご連絡した場合、メールの冒頭に置くクッションの言葉としては、「五月雨ですみません」、「度々失礼いたします」、「何度もご連絡して申し訳ありません」などどれが好感を持つ言い方でしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(「さみだれ」が少しずつ繰り返し降ることから)継続しないで、繰り返す行動などについていう。「さみだれスト」
 さみだれ(五月雨)が降るかと思えば降らなかったり、降らないと思うと急に降ったり、気まぐれなことを、人間の行動にたとえたものです。見方によっては相手への嫌がらせです。
 結論としては印象の悪いことですから、注意して用いてください。こちらのやり方が相手にとってあまり好ましくないことを、冗談のように表現したものです。

Q「▼」という箇条書きのマークは日本でよく使われるのでしょうか。

日本語を勉強中の中国人です。添付画像はNHKニュースの画面です。お伺いしたいのですが、「▼」という箇条書きのマークはよく使われるのでしょうか。ビジネスメールでも見かけたことがあります。少し不安定感を覚えており、「▲」なら落ち着きます^ - ^;

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般的な文章で「▼」を使うことはあまりありませんが、テレビのフリップ(写真のような説明板をフリップと呼びます)やパワーポイントのような大きく見せる時には「▼」を使うことはあります。

ただ日本では「▲」で表示することはまずないですね。「▲」だとマーク自体に意味があるのではないか「たとえば山と言う意味が含まれるかどうか」などを考えてしまうので、マークとして認識される「▼」とか「◆」などが使われます。

あと特に注意や強調したいときには「※」を使うことも日本ではよくあります。

ご質問の中で不自然な日本語はないですが「お伺いしたいのですが、「▼」という箇条書きのマーク」という部分の(、)を売ってから(「)はあまり使いません。文法的に間違いとまでは言いませんが、句読点や鍵カッコなどの「記号」を2重で使うことは本当は避けるべきです。

Q7、これは昨日お父さんが( )たものですよ。 Aいただい Bさしあげ Cくださっ Dもらっ 8、母に

7、これは昨日お父さんが(  )たものですよ。
Aいただい  Bさしあげ  Cくださっ  Dもらっ
8、母にすばらしい腕時計をプレゼントとして(  )てとてもうれしかったです。
Aもらっ  Bいただい  Cくださっ  D差し上げた
この二つの質問の答えはなんでしょうか。家族の間で敬語の使うことに困惑しています。教えていただけませんか。

Aベストアンサー

一つを除いて、他はすべて正解です。


7、
〇A.これは昨日お父さんが( いただい )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)からいただいたもの。

〇B.これは昨日お父さんが( さしあげ )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)にさし上げたもの。

〇C.これは昨日お父さんが( くださっ )たものですよ。(尊敬語)
⇒お父さんがあなた(子供など)にくださったもの。
「父親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても父親は尊敬の対象となる。

〇D.これは昨日お父さんが( もらっ )たものですよ。
⇒お父さんが他人(同輩、または目下の者)からもらったもの。


8、
〇A.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( もらっ )てとてもうれしかったです。

(ア)母が他人(同輩、または目下の者)からもらった。
(イ)私が母からもらった。

〇B.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( いただい )てとてもうれしかったです。(謙譲語1)

(ア)母が他人(目上の人)からいただいた。
(イ)私が母からいただいた。
「(子供は)母親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても母親は尊敬の対象となる。

〇C.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( くださっ )てとてもうれしかったです。
⇒他人(目上の人)が母にくださった。(尊敬語)

×D.母にすばらしい腕時計をプレゼントとして( 差し上げ )てとてもうれしかったです。
⇒間違い。

一つを除いて、他はすべて正解です。


7、
〇A.これは昨日お父さんが( いただい )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)からいただいたもの。

〇B.これは昨日お父さんが( さしあげ )たものですよ。(謙譲語1)
⇒お父さんが他人(目上の人)にさし上げたもの。

〇C.これは昨日お父さんが( くださっ )たものですよ。(尊敬語)
⇒お父さんがあなた(子供など)にくださったもの。
「父親に対しては尊敬の念を持つべき」という考えの場合、家族内であっても父親は尊敬の対象となる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング