完全協和音程等は倍音列の関係で誰もが快と感じるのは分りますが、
ではマイナー、メジャーやアボイドノート、「良いメロディー」等に対する感覚は先天的なものなのでしょうか?

「良いメロディー」とは曖昧な言い方ですが比較的単純な和音で出来たバッハなどの音楽を「不快」と思う人はまず居ないと思います。なぜでしょう?
(ドビュッシーあたりになると意見は別れ、バルトークあたりは・・・)

マイナーは『暗い感じのする和音』と習ったからそう感じるのでは無さそうですが・・・

あともう一つ、様々の地域の民俗音楽に見られるペンタトニックのなぞについて誰か教えて下さい。
なぜ「5つ」なのでしょう?

そしてなぜそこから進化し「12」で均等割りし「7つ」になったのでしょう?

質問が分散して申し訳ないですが、全て共通した謎があるように勝手に思っているのです。

ぜひ皆さんの意見を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音大出身者です。


私事なのですが、私は5歳からピアノを習い始め、恥ずかしながら音大に入学するまで、クラシック音楽の良さが分かりませんでした。
コンサートなどで、古典~ロマン派の楽曲を聴いても、どれも同じで眠いだけ…つまらない。

でも後になって、自分の感性に合う音楽にそれまで出会っていなかったからだということが分かりました。
音大に入り、印象派や近現代音楽に触れるようになって、音楽の面白さに目覚めたのです。

(その後だんだん、古典~ロマン作品のよさも分かるようになり、今は幅広く聴いています。)

学生時代、私と同じように、近現代モノだけが好きな人もいましたが、少数派でした。
500人中5人ぐらいだったと思います。
また逆に、「ドビュッシーなんて気持ち悪い。頭痛くなる」という極端な人も、少数ですが、いました。

それから、友人から聞いた話です。
その友人は英才教育で有名な某音楽教室で作曲を教えていたのですが、4歳と5歳の兄弟の生徒さんを受け持った時、お兄ちゃんはコラールが好きで、弟さんはグレゴリオ聖歌に興味を示したそうです。
育った環境は同じだから、今まで聴いてきた音楽も同じようなものでしょう。

機能和声・調性音楽が好きか、不協和音・無調が好きか…
「好み」という点だけで言うと、自分の経験と友人の話から考えて、生まれつきのものではないでしょうか?
どちらを「心地良い」と感じるかは、また少し違う話になるかと思いますが。。。
    • good
    • 0

>ちなみに完全3度音程というものは無く、3度音程は不完全協和音程とよばれ種類は色々ありま


>す、蛇足でしたすみません。

う、恥ずかしい間違いでした(^^;
正しくは長3度でしたね。

>バロック以前ですね、それは何となく分ります、今でも平均律のマイナーコードはよく聴くと気持ち
>悪いです。

これは、平均律であることが問題と思いますが。

ちなみに、五度と三度の話は,五度を純正にとるピタゴラス律と
三度を純正にとるミーントーンに関する話で出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度登場ありがとうございます。

>これは、平均律であることが問題と思いますが。
なるほど純粋な3度音程そのもののお話なのですね。

平均律以外の音階について今度調べてみることにします。
その辺にヒントがありそうですね。
ありがとうございました

お礼日時:2001/07/29 10:52

マイナーな和音(短和音)も不協和音としていた時代もありますし、


完全5度,完全3度音程も今と異なる評価された時代がありますので、
私は和音でさえも後天的と考えます。

私はバッハは好きですが,ああいうのは単調で嫌いという
人も少なくないと思います(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~~んなるほど、(広義での)教育のなせるわざなのでしょうか。。

>マイナーな和音(短和音)不協和音としていた時代もありますし、

バロック以前ですね、それは何となく分ります、今でも平均律のマイナーコードはよく聴くと気持ち悪いです。
ただあれを暗いと思うのは先天的なのでしょうか?

>完全5度も今と異なる評価された時代がありますので、
それについては良く知りませんでした、ありがとうございます。

ちなみに完全3度音程というものは無く、3度音程は不完全協和音程とよばれ種類は色々あります、蛇足でしたすみません。

>私はバッハは好きですが,ああいうのは単調で嫌いという
おっしゃる意味分ります、わたしもモーツアルトは退屈なので...しかし
現代音楽のように背筋に氷を入れられたような落ち着かない感じはしないのですが、それも後天的なものなのですね。

お礼日時:2001/07/27 01:37

メロディーに関する感覚の多くは後天的で、


20歳ぐらいまでに完成されます。
言い換えれば、成人してから新しい音楽を聞いても
あまり馴染めないということになり、
60歳以上は演歌、50歳あたりはビートルズ
40歳はフォーク、30歳はj-popと
その人たちが二十歳の時に流行っていた音楽に
固定される形になっています。

次に、音階ですが、これは高調波を含めて解析すると
わかりやすいです。
書くと長くなるので、参考URLを眺めてください。

最後にペンタトニックですが、これは
一部の和音(大抵不協和音)を作り出す音を抜いた音階と考えると
わかりやすいです。
結果的に、どんなにでたらめに演奏しても、
それなりの音楽になりますが、
何を弾いても同じに聞こえやすいという欠点もあります。

参考URL:http://www.ishibashi.co.jp/academic/super_manual …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでそんなことを聞いたかというと音楽にも美術でいえば「黄金比」のようなものがあるのかと思ったのです。

年齢でいえばジャンルによって受け手の感覚が変わるのは確かですね。

参考URLありがとうございます、相当の覚悟をしてから読みますね(覚悟しても理解できるかどうか・・・)。

ペンタトニックですが沖縄や、日本の呂音階などはかなり不協なかんじがするのですよね...。


回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/27 01:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWWEのカート・アングルに詳しい方!!お願いします☆

この度、WWEのCDを購入しました。
カート・アングルのテーマを楽しみにしていたのですが、カートのテーマの曲名って「Medal」のはずが、「I don't Sucks 」になってるんですよ!?
しかも、メロディは一緒なんですが、何だかエレキ?とか入ってるしー!!

推測ですけど、髪の毛のあった時代のカートの入場曲は「Medal」ではなく「I don't Sucks 」なのですか? WWEに詳しい方、ご回答お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

どの頃に変更されたかは定かでありませんが、おっしゃる通り、バージョンアップ?されたものに変更になりました。

Qバルトークのルーマニア民俗舞曲の弾き方

最近バルトークのピアノ曲を練習している者です。
今練習しているのはルーマニア民俗舞曲の最初の曲、ジョク・ク・バータ(Stick Game)です。
弾き方で疑問なのですが、右手がsopra、左手がsottoの部分がいくつかあると思いますが、意味はそれぞれ「上に」「下に」で、ここでは「右手が上に来るよう手を重ねて弾きなさい」という意味だと思うのです(インターネットで調べてみました)。ただ、家にあるCDや、インターネット上にあるMIDIで聞くと右手を1オクターブ上げて弾いています。なぜこの曲は指示があるわけではないのに右手を1オクターブ上げて弾かれているのでしょうか。

Aベストアンサー

私の知る限りオクターブ上で弾いているのは聴いたことがありません。

下のサイトから、いろいろな演奏の視聴ができますので、聴き比べてみてはいかがでしょうか。全部英語で恐縮ですが、探すのは、romanian (rumanian)folk dances
http://www.amazon.com/s/ref=nb_ss_gw/102-6333279-0771332?url=search-alias%3Daps&field-keywords=romanian+folk+dances+bartok

楽器、スピーカー、その他音響の関係で実際の音よりもオクターブ高く聞こえる場合はよくあります。

sopra や sotto の解釈はおっしゃるとおり正しいと思います。この部分は右手と左手が重なりますからね。特に右手にアクセントがありますから右手を左手の上に持ってくるのは妥当だと思います。

しかし、この部分を「オクターブ上で弾く」という事は、最低バルトークは楽譜上では書いてはいません。心配しないで本の通りに弾かれるのが正しいと思います。

Qひとつのメロディにいろんなコード進行が載せられる例

今月の「ゲッカヨ」に、レミオロメン『粉雪』のサビのメロにいろんなコードをつける特集が載っていて、とてもおもしろかったです。

同じ感じで、ひとつのメロディにいろんなコードをつけられるという事例をいろいろ教えてください!

一番基本的なコードだとこんな感じ。でもここをこう変えればベースのラインがスムーズにつながる、さらにこう変えれば半音上がってより印象的に、みたいな事例が掲載されていました。

もちろんどんなメロディでも当てはまるコードは一つじゃありませんが、当てはめるコードに対して解説がそれぞれついているのがよかったです。

似た例をいろいろ教えてください♪

Aベストアンサー

実際に遭遇した例ですが

文部省唱歌「ふるさと」Key: F, 8小節まで

学校で習ったもの。当然ですが3コードのみ
F | C7 | F | F
B♭| F | C7 | F

テレビで合唱団が歌っていたもの
F | C7 | F | F7
B♭| F | G7 C7 | F
F7 や G7 を入れることで次へのドミナントモーションを図る

Amazing Grace Key: D

最近CMで聞いたもの。3コードのみ
D | D | G | D
D | D | A7 | A7
D | D | G | D
D | D A7 | D | D

ポップスでアレンジされたものの例
D | D7 | G | D DonC#
Bm | D | A7 | A7
D | D7 | G | D DonC#
Bm | A7 | Dsus4 | D

3コードのみの方が本来のはずですが、アレンジされたものの方がなじみがあるためかえって驚きました。

ヨイトマケの唄

美輪明宏のオリジナル
http://gakufu.gakki.me/m/data/M00675.html

桑田佳祐バージョン
http://gakufu.gakki.me/m/data/DT07469.html

槙原敬之バージョン
http://www.kuwo.cn/yinyue/180707/

一見して分かるように桑田、槙原バージョンはコード進行が細かくなっています。しかしこれは無駄に難しくしたと言うより現代の感覚ではメロディとの兼ね合いを考えるとむしろ自然に思えるもので、三輪オリジナルはかえって歌いにくいようにさえ感じられます。

実際に遭遇した例ですが

文部省唱歌「ふるさと」Key: F, 8小節まで

学校で習ったもの。当然ですが3コードのみ
F | C7 | F | F
B♭| F | C7 | F

テレビで合唱団が歌っていたもの
F | C7 | F | F7
B♭| F | G7 C7 | F
F7 や G7 を入れることで次へのドミナントモーションを図る

Amazing Grace Key: D

最近CMで聞いたもの。3コードのみ
D | D | G | D
D | D | A7 | A7
D | D | G | D
D | D A7 | D | D

ポップスでアレンジされたものの例
D | D7 | G | D DonC#
Bm | D | A7 | A7
D | D7 | G | D DonC#
Bm | A7 |...続きを読む

Qドビュッシー 交響詩「海」に追加されたメロディー

よろしくお願いします。
ドビュッシー作曲の交響詩「海」についてです。

最後のクライマックスの直前に、4小節、
|ふぁみーーーーーーふぁー|ふぁみーーーーーーふぁー♭らー|
|ふぁみーーーーーーふぁー|ふぁみーーーーーーふぁー♭らー|
という、静かなところがありますよね。

その4小節で、
(2本のトランペットが1オクターブ違いのユニゾンで)
|・・そっ♭そっふぁみそーーー|・・♭らっそっ♭そふぁ♭らーーー|
|・・そっ♭そっふぁみそーーー|・・♭らっそっ♭そふぁ♭らーーー|
というメロディーを重ねた演奏を、たまに見かけます。


【質問1】
上記のトランペットのメロディーは、原曲にはないものだと推測していますが、それで合ってますか?

【質問2】
質問1がYesの場合、トランペットのメロディーを追加した人は、誰なのでしょう?
(逆に、質問1がNoの場合、削除した人は誰なのでしょう?)


1つでもご存知であれば、ぜひご回答ください。

Aベストアンサー

あんまりそれについての資料ないみたいです。本当に数える程だけ、それについての記述がるみたいです。
面白いなと思ってちょっと見てみたところ、

- 1905年版と、その後手直しを入れた1909年版があるらしい
- 1905年版には、そのファンファーレ的なメロディーは、あったらしい
 この1905年には、同じくピアノ2台用のスコアも出てる。これにも、
 このファンファーレは、存在してるらしい。(楽譜手元にあるかと思
 ったら、なかったです。今度機会あったら見てみます)
- しかし1909年版では、削除されていた

そうです。

理由が、あまりはっきりしていないようですが、この部分はあまりテーマとの関連性が少ない、ってことは書いてありました。ドビュッシー本人の意思で後から削られたのは間違いないようです。
面白いですねー。私はこのファンファーレ好きなんですが。。。

Qモデルガンのダミーカートについて

モデルガンのかっこよさに惚れて
先日マルシンのブローニングハイパワーを購入しました。

発火用カートが数発付いて来たのですが
もっと重みが欲しいのでカートを追加購入しようと思っています。

ダミーカートを買おうと思っているのですが

1、ダミーカートはダミーカート仕様のモデルガンじゃなくても使えますか?

2、発火用カートとダミーカートでは重さが違うのでしょうか?

3、カートの形が色々あるのですが9mmのカートならばどれでも使えますか?

初心者ですがご回答お願い致します。

Aベストアンサー

もう、ずっと昔の話ですが、
マルシンのワルサーP38と、ブローニングハイパワーを持っていました、
同じ9mm×19仕様のPFCブローバックはずですが、
カートリッジサイズは全く違う物でした。
ハイパワー>P38でした。

なので、同じ9mm×19のダミーカートでも、サイズが合うかどうかは判りません。

また、ダミーカートを入れるには、デトネーター(マルシンはファイアリングピンの表記でしたっけ?)を外さないと入りません。

Q和音を弾きながらのメロディーの目立たせ方

片手で和音を弾きながらメロディーを目立たせるにはどのような弾き方をすればよいですか?(分かりにくくてすみません)どうしても和音が目立ってしまって、メロディーが聞こえずらいというか、ただ和音を弾いているっていう感じなんです。例えば、ドミソの和音を弾いて、ソを目立たせるという意味です。
何か、いい弾き方や、練習方法を教えていただけますか??

Aベストアンサー

まず浮き立たせたいと思うメロディーをよく意識してみることです。録音してみるとどのぐらいメロディー以外の和音が余分に大きくなっているかがわかると思います。左手にメロディーがあるとき、メロディーが「愛の夢」のように左右を行き来するときも、まずメロディーをいっしょに歌うぐらいに意識してみます。それだけでも少し違ってきます。

右手のトップ(おもに小指)にメロディラインがある場合。No.2の方がいい回答を出されていると思います。私はさらに小指以外の和音を弾く親指や人差し指、中指などをフラットに伸ばし気味にして指の腹でやわらかく押える程度にしています。そうするとトップの小指で角度のついたタッチと同時に打鍵したときに小指の音が浮き立って鋭く出てきます。薬指がメロディにくるばあいも同じです。

このときに、若干手の重心を小指側にかけておくとうまくいきます。逆に親指のほうにメロディーが来る場合は親指がわに手全体の角度を倒します。

テンポが速い曲の中での和音の打鍵でなく、比較的ゆっくり和音を押せる場合は、和音をおしながら、強調したいメロディーの指を角度を浅めにつけておいて、打鍵しながら手前にクイっとひっぱるようにするとその音がきれいに浮き立ってきます。和音の上のメロディーをゆっくりと歌わせたいときなどは効果的です。ちょっとコツをつかむまでに練習は必要ですが、やってみてください。

まず浮き立たせたいと思うメロディーをよく意識してみることです。録音してみるとどのぐらいメロディー以外の和音が余分に大きくなっているかがわかると思います。左手にメロディーがあるとき、メロディーが「愛の夢」のように左右を行き来するときも、まずメロディーをいっしょに歌うぐらいに意識してみます。それだけでも少し違ってきます。

右手のトップ(おもに小指)にメロディラインがある場合。No.2の方がいい回答を出されていると思います。私はさらに小指以外の和音を弾く親指や人差し指、中指などを...続きを読む

Qこの発車メロディの題名を教えてください

以下の発車メロディの題名をまず分かれば教えてください。(東松戸駅の旧発車メロディです)
それから、いつこのメロディから春一番のメロディに変わったのか教えてください

Aベストアンサー

ユニペックス制作の「草原」という曲らしいです。
>いつこのメロディから春一番のメロディに変わったのか
不明。
「発車メロディ」で検索すれば、いろいろと出てきますよ。

Qドミソの和音とファラドの和音

音楽の専門家ではありませんし、楽器は昔1年ぐらいピアノを習ったことがある程度で、クラシックギターを学生時代に2年と言う経験レベルです。
質問ですが、ビアノでハ長調のドミソの和音はヘ長調やト長調の和音よりも音が綺麗ではないことに気付いたのですが、これはなぜでしょうか。さらにそれをキイボードのような電子楽器で確かめると、和音の綺麗さは同じなのですが。電子楽器の音程とピアノの音程が違うのでしょうか。

Aベストアンサー

正確に「平均律」で調律されている限りは、本来「同じ」ような響きのはずです。多分、電子楽器はきわめて正確に「平均律」のはずです。

 そもそも、「平均律」自体が、「調を区別しない」調律法だからです。(周波数を、「2の12乗根」という極めて数学的な方法で定めます)
 極めて「機能的」で、どのように転調もできるので、現代ではこの「平均律」が「当たり前」なのですが、耳のよい人には、「平均律の和音」は「濁った響き」に聞こえます(それほど耳がよくなくても普通に分かる)。
 当然、電気的に「振動数・周波数を測定する」技術のなかった19世紀までは、調律を「人間の耳」で行っていたわけなので、調性によって微妙に響き方が違ったはずです。(今でも、優れた調律師、演奏家お抱えの調律師は、そういう「微妙な」調律をするようです)

 バロック時代までは、響きの美しい「純正律」を取り入れた、折衷案的な方法で調律されていました。ただ、これだと「調性によって調律が異なる」のでうまく「転調」ができないのです。バッハの通称「平均律クラヴィーア曲集」も、正確には「ほどよく調律されたクラヴィーアのための曲集」です。

 音楽演奏家は、「耳」を使って、「平均律」と「純正律」をうまく使い分けて、音楽的な演奏をします。(特に、ヴァイオリンなどの「フレット」のない弦楽器、管楽器などはそれが自由にできますから)

 ちょっと奥深い議論ですが、下記の参考サイトなど、興味があれば立ち入ってみてください。

「平均律」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%BE%8B

「純正率」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94%E6%AD%A3%E5%BE%8B

「古典調律」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%85%B8%E8%AA%BF%E5%BE%8B

「古典調律」のいろいろ解説サイト
http://gthmhk.webcrow.jp/agordo.html

ピアノ調律師さんの「古典調律」サイト
http://kazuo23.real-sound.net/sub1.htm
http://pianotuning.jp/?page_id=598

「純正律と平均律」
http://homepage1.nifty.com/musica/enharmonic.htm

正確に「平均律」で調律されている限りは、本来「同じ」ような響きのはずです。多分、電子楽器はきわめて正確に「平均律」のはずです。

 そもそも、「平均律」自体が、「調を区別しない」調律法だからです。(周波数を、「2の12乗根」という極めて数学的な方法で定めます)
 極めて「機能的」で、どのように転調もできるので、現代ではこの「平均律」が「当たり前」なのですが、耳のよい人には、「平均律の和音」は「濁った響き」に聞こえます(それほど耳がよくなくても普通に分かる)。
 当然、電気的に「...続きを読む

Qゴーカート

遊園地にあるゴーカートではなく、子供が対象ではない。
ゴーカート知りませんか?
例えば、神奈川の湯河原には車の免許が無いと運転できないゴーカートがありますが・・・。
本格派のゴーカート

Aベストアンサー

神奈川ですと大井松田カートランドがありますね
本格的なカートコースでレンタルカートで走ると気持ち良いと思いますよ
住所的なものがありますが、関東だと色々なコースがありますから、是非行ってみてください

http://www.japankart.co.jp/ もどうぞ

参考URL:http://www.kartland.co.jp

Q5度和音から4度和音の進行はどこ?

シマノフスキの後期の宗教作品「スタバト・マーテル」を全曲分析しています(音大のゼミで発表するので)。

文献を読んでいたら、「スタバト・マーテル」の4曲目に5度和音の使用や5度和音から4度和音への使用が多く見られる(譜例27)と書いてあって、譜例が出ていました。4分の3拍子で調性はドビュッシーの和声の影響を受けているのでありません。声部はソプラノとアルトなのですがどちらもト音記号です。

(譜例27)
As-C-Es↑ As-C-Es↑ Ges-B-B F-As-Es↑ Es-B-Es↑ Es-B-Es

F-C-F↑ Ges-B-Es↑ As-C-Es↑ As-C Ges-B-B↑ F-As-B↑ Es-G-B↑

Des-F-F Ces-Es As Des-F-As

です。
並行5度の使用はたくさんあるのですが、5度和音から4度和音の進行が見当たりません。どこにあるのでしょうか。どこにもないような気がするのですが‥。みなさんはどうでしょう。
なお和声は赤・黄・緑 3巻全て学びました。

Aベストアンサー

回答いたします。

私は音楽の専門教育を受けていない身ですので、ご参考となるかどうかわかりませんし、スターバト・マーテルを数回しか耳にしておりませんので、読み流していただく程度で構いません。

当該曲の解説者が持ったイメージと私自信が持ったイメージとはとても似ているので、ピンときました。
調性がない曲ではありますが、解説者は調性を仮に仮定したとき、そのような響きになる和音進行が多いということが言いたかったのでしょう。

和声学で解釈するに、V→IV および V(小文字)→IV(小文字) の進行です。
つまり、Cdurでいえば、G-H-D → F-A-C 
Amollでいえば E-G-H → D-F-A ですから、
ここでいえることは、

ボトムが長2度下に進行し、かつ、その上の長3度の音も同時に2度下に進行している場合(V→IV)
または
ボトムが長2度下に進行し、かつ、その上の短3度の音も同時に2度下に進行している場合(V(小文字)→IV(小文字))
です。

ここで、調性があれば、これらの進行は固有の和音になりますが、調性がない曲ですので、相対的に上記条件を満たしていれば、解説者の表現している「5度和音から4度和音への使用」にあてはまるということになると思います。

解析してみまよう。
1.As-C-Es
2.As-C-Es 5
3.Ges-B-B 4☆
4.F-As-Es 5
5.Es-B-Es 4☆(恐らくGesを補える)
6.Es-B-Es
7.F-C-F
8.Ges-B-Es 
9.As-C-Es 
10.As-C  5
11.Ges-B-B 4☆
12.F-As-B 5
13.Es-G-B 4☆=5
14.Des-F-F 4☆=5
15.Ces-Es As 4☆
16.Des-F-As

ここで2.の音をDes durであると仮定すればVになりますが、そうすると次の3.はIVの和音(またはそのように感じられる和音)であることがわかります。

同様にして、4.ではB moll、10.ではDes dur、13.ではAs dur、14.ではGes durと仮定すればそれぞれ上記条件を満たします。解説者が言っている進行には☆をつけておきました。

12.はボトムが長2度で進行していますが、その上が短2度進行しておりますので、該当しません。

この部分が曲を印象付けできるひとつの要素になりえるということの例を示したものではないのでしょうか?

んー回答になっているかどうかわかりませんが、
ご参考になればと思います。

回答いたします。

私は音楽の専門教育を受けていない身ですので、ご参考となるかどうかわかりませんし、スターバト・マーテルを数回しか耳にしておりませんので、読み流していただく程度で構いません。

当該曲の解説者が持ったイメージと私自信が持ったイメージとはとても似ているので、ピンときました。
調性がない曲ではありますが、解説者は調性を仮に仮定したとき、そのような響きになる和音進行が多いということが言いたかったのでしょう。

和声学で解釈するに、V→IV および V(小文字)→IV(小...続きを読む


人気Q&Aランキング