え!?今頃PhotoShop5? と笑われそうですが、未だによくわからずにいます。というより早々に放り投げてしまってます。しかし投じた金額を考えてると余りに情けないので一念発起して一から始めようと思います。
考えてみたら解説本の選択を誤った、と思います。「一週間でマスターする・・・」や「できる」シリーズ(だったかな、もう本棚の奥で・・)です。
これ以外で「これならいくらなんでもわかるだろう」というものを教えてください。ちなみに画像編集は殆どしません。おえかきに使いたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も基本的には「できる・・」「一週間・・・」シリーズを投げ足してしまったクチです。


もちろん、1回は目を通しましたけど。

PhotoShop関連の書籍は、これでもかっというほど出版されていますが、基本的に「フォトショップの機能を
一通り紹介する本」というものと、「TIPSをゲリラ的に掲載する本」とがあると思います。
広い意味で、前者には「できる・・・」シリーズなども入ると思いますし、公式書籍の「フォトショップ教室」、
ACE受験対策の「必修フォトショップ5.0」あと、私が最近目を通してみたものだと「PhotoShop FAN」など、
多くはこれに属すると思います。この種の書籍は、「フォトショップの機能を網羅する」ことに主眼がおかれ
ており、比較的入門書でも、カラーモデルや印刷出版・あるいは写真暗室の知識を持っているか持っていないか
で読める読めないが決まってしまうかもしれません。フォトショップの機能を余すところなく身につけたい
場合はこの手の書籍、それもなるべく情報量のあるものの方がいいでしょうね。
後者は、道具としてフォトショップを使うというタイプ。「びっくりロゴデザイン」などが当てはまるかと。
一つの目的に絞った場合、かなり有用だと思います。が、応用には前者の書籍と組み合わせる必要がある
かもしれません(フォトショのオンラインヘルプは読みにくいので・・・・)
この辺が王道ではないでしょうか。基本的に、「素材画像を加工する」手法の解説です。
ご存じの通り、フォトショップは、フォトレタッチソフトであってお絵かきソフトではないので。

ただ、実際、強力なレイヤ、ヒストリー、選択ツール、マスクによって、絵描き用途でも標準になっていますね。
「画像編集は殆どしません。おえかきに使いたい」
とのことですので、フォトショップを使うからといっても、むしろ本屋さんの「フォトショップ」コーナーで
本を探すのをやめた方がいいかもしれません。
フォトショップというソフトで本を探すのではなく、パソコンでのイラスト制作の書籍にしてはいかがでしょう?
WebやDTPで素材的に使うようなコミカルタッチの画像アイコンの描き方を解説した本などはちょっと大きな
本屋さんならば「フォトショップ」コーナーの比較的近くにあると思いますし、マンガ風の絵を描くための
解説書も最近はたくさんでてきているように思います(たいてい、変形A4版位の大きさなので、本屋さんで
おいてある位置は少し異なるかもしれませんが)
で、これらの本を手にとってパラパラめくってみると、結構フォトショップを使用しているものが多いです。
この種の本のよいところは、プロ、セミプロの方が実際に絵を描く過程を解説しているところです。
各ツールの本質的な効果やどんな演算をしているか、などを気にしなくても、ほしい効果のためにはどんなテが
あるかが大まかにわかります。ですから、この種の本と、今持ってらっしゃるできるシリーズやオンラインヘルプ
を使って実際に描いてみる、というのも一つの選択だと思います。
    • good
    • 0

本題から外れますが。


私もフォトショップの勉強中ですが、“おえかき”が主ならばマンガの同人関係のHPを訪れてみることをお勧めします。
フォトショップを使ったイラストの描き方などのコーナーが良く出来ていて、随分参考になりました。
解説本と並行してみてはいかがでしょうか、面白いテクニックなど解説本に疲れた時の特効薬になりますよ。

Web上にはフォトショップ講座がたくさんありますので、気分転換に訪問してみてはどうでしょう?

参考URL:http://www.kbs.ac.jp/photo.htm
    • good
    • 0

いろいろな本があると思いますが、


PhotoShopで何をやりたいのか、が明確になると
その目的にあった本が必然的にわかると思います。
たとえば、仕事で使いたい、とかであれば、どんな仕事か?
DTP?Webデザイン?とか
趣味で、デジカメの写真をきれいにしたいとか。。。
いろいろあると思います。
「一週間でマスターする・・・」シリーズは基本操作は押さえられますので
まずはその1冊をやってみてください。
それからだと思います。
    • good
    • 0

おすすめは


「見ればわかる図解式Photoshop6」ランディング著です。
BNNというところから発売されていると思いますが、
初めてPhotoshopをやる方でも、かなりわかりやすいと思います。
ただ、Photoshopはお絵かきソフトではないので、
どの解説本も絵を描くことについてはほとんど、記載されていないと思います。

マクロメディアFLASHは、「絵を動かす」ソフトですが、
お絵かきにもとっても向いています。
直感的に描けますし、値段も手ごろなので、挑戦してみては?
    • good
    • 0

「一週間でマスターする・・・」を本棚の奥に入れたままなんて、もったいない!!


この手のトレーニング本は、最初から順番にやっていくと、一通りの機能は理解できるので、とても力が着きます。
最後までやり終えた時の充実感は、何物にも代え難いですよ。
かなり根気がいると思いますが、ぜひガンバッテ下さい。

それと、お絵かきに使われるのでしたら、とにかくテキトーに画面上で描いてみて、行き詰まったところで解説本を見る・・という方法も良いでしょう。
一番の上達法は、「とにかく使ってみる!」ということですから。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報