素朴な疑問があります。
コウイカ科に属するカミナリイカ(関東ではモンゴウイカ)ですが
同じコウイカ科に属するコウイカとの相違点とはどこなのでしょうか?
見た目で違うところはどこでしょうか??
シリヤケイカとコウイカの違いは分かるのですが,カミナリイカとコウイカの違い(見分け方)が分かりません。
どなたか回答お願いします!

A 回答 (1件)

カミナリイカは体表に無数の紋があり、別名モンゴイカと呼ばれているようです。


コウイカより大きくなるようです。
参考URLのページの一番下に出ていました。

参考URL:http://www.taikobo.net/ika.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマガエルを口の中に・・・

友だちに聞かれたのですが、
もうすぐ1歳になる友だちの子が、
唇の横にゴミがついているかと思い、
そのゴミを引っ張ってみたらアマガエルでした。
どうして、アマガエルが口に入ってしまったのかは知りませんが、
アマガエルが口の中に入っても大丈夫でしょうか?
いちお、口をゆすいだ見たいなのですが、
病院に連れて行った方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

昔は、アマガエルは胃炎の薬だといって生きたまま飲む人がいました。
胃炎は治りましたが他の病気になったということは聞きませんでした。
アマガエルの小便が付くと疣ができるといって子供たちは逃げ回りましたがかかっても疣はできませんでした。

Q生物学的にヒトモドキとは? ヒトモドキ科に属する生物に 南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでし

生物学的にヒトモドキとは?
ヒトモドキ科に属する生物に
南ヒトモドキと北ヒトモドキはどこが違うのでしょうか?ヒトモドキと人の明らかな違いはなんでしょうか? 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ユーザーの皆様へ。
回答前に履歴を見る事を推奨します。


社会カテゴリーに湧いている、幼稚な短文の反日質問をしまくっている連中と同じ匂いを感じる。

こういうキチ〇イがいるから、保守=ネトウヨ というレッテルを左翼に貼られる。


私はあの国々に良い印象を持ってはいませんが、彼らやその仲間を罵る事で愛国者を気取る気はありません。
それで、第三者の理解を得られるとも思っていません。

そのような者は、自分の巻き添えに味方の評判を下げる迷惑なバ〇野郎だと思います。
もしかしたら、それが目的なのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=Ezn0e_YOW2c


バカな味方は敵より始末が悪い。

Qアマガエルとヌマガエル

庭に直径40cmの睡蓮鉢で小さな池を作ったところ、水場の好きな生き物が遊びに来るようになりました。
その中で私の一番のお気に入りはニホンアマガエルで、二番目はヌマガエルでした。
晴れた日の朝、夫婦でカエルウォッチングをするのが至福の時でした。(雨の日はアマガエルが来ない)

2週間ほど前、池でアマガエルが1匹死んでいました。次の日も1匹死んでいました。どちらのアマガエルにも目立った外傷はありませんでした。その次の日から雨が続き、雨が止んでからもアマガエルの姿を見かけなくなりました。

雨上がりの翌日、家族が池のまわりの植物を根こそぎ抜いて更地にしてしまったので、『居心地が悪くなったのかも?』と考えていたのですが……今朝、ヌマガエルが生きたアマガエルの左前足をくわえているのを発見しました。じゃれ合っているようには見えず、ショックを受けています。

アマガエルを見かけなくなったのは、ヌマガエルのせいなのでしょうか? ヌマガエルに、とりあえずアマガエルを仕留めておいて後日ゆっくり食べるような習性があるのでしょうか? 以前はカエル同士で仲良く暮らしているように見えたのですが…。
天候の変化や周辺の植物がなくなったこと、ヌマガエルが成長して体格差がついたことなどは影響しているのでしょうか?
夫は『ヌマガエルを追い出せばアマガエルが平和に暮らせるはずだ』と言いましたが、これは正解ですか?
できれば、以前のようにアマガエルとヌマガエルに揃って可愛い姿を見せてほしいのですが、方法はないのでしょうか…?

何かご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。よろしくお願いします。

庭に直径40cmの睡蓮鉢で小さな池を作ったところ、水場の好きな生き物が遊びに来るようになりました。
その中で私の一番のお気に入りはニホンアマガエルで、二番目はヌマガエルでした。
晴れた日の朝、夫婦でカエルウォッチングをするのが至福の時でした。(雨の日はアマガエルが来ない)

2週間ほど前、池でアマガエルが1匹死んでいました。次の日も1匹死んでいました。どちらのアマガエルにも目立った外傷はありませんでした。その次の日から雨が続き、雨が止んでからもアマガエルの姿を見かけなくなりました。...続きを読む

Aベストアンサー

カエルについてはあまり詳しくないのですが、一意見として捉えていただければと書き込ま
せていただきます。

可能性としては、
1.カエルの共食い未遂
2.池が小さすぎて、日中、水温が上がり過ぎた。
  ※飛び込んだらお湯だった。
だと思うのですが。

”2”だった場合、池を大きく深くしたり回りに植物を植えて池を日陰にすれば改善される
と思いますが、”1”の場合だったらyukieiyukieiさんにとって深刻ですね。

>ヌマガエルが成長して体格差がついた

これは、結構な差になるのでしょうか?
カエルの世界では、大きなカエルが小さなカエルを食べてしまう事は良くあるみたいです。

邪推かも知れませんが、大きなカエルが小さなカエルを食べようとしたけれど、やっぱり
大きすぎて飲み込むのを断念したとも考えられます。

この辺りは、もっと詳しい方がいらっしゃると思うのですが、私としては全てを受け入れて
見守るしかないのではないかと思います。

>庭に直径40cmの睡蓮鉢で小さな池を作った

このことでカエルが集まるようになりました。
つまり、自然の一部を庭に呼び込んだのですから、その池に集まる生き物にも自然の食物
連鎖が適用されます。

>以前のようにアマガエルとヌマガエルに揃って可愛い姿を見せてほしい

僕は、yukieiyukiei さんの優しい気持ちには賛同します。
出来ればそうしたいと思います。

でも自然の中では、優しいだけの目には痛い事もたくさんあります。

それを踏まえて、池を維持したいのであれば先の様に池の周りを改善して様子を見られて
はいかがでしょうか?

ヌマガエルがアマガエルに噛み付いていたのは事実の様ですので、お互いが接近し過ぎな
い程度の大きさは必要だと思います。

カエルについてはあまり詳しくないのですが、一意見として捉えていただければと書き込ま
せていただきます。

可能性としては、
1.カエルの共食い未遂
2.池が小さすぎて、日中、水温が上がり過ぎた。
  ※飛び込んだらお湯だった。
だと思うのですが。

”2”だった場合、池を大きく深くしたり回りに植物を植えて池を日陰にすれば改善される
と思いますが、”1”の場合だったらyukieiyukieiさんにとって深刻ですね。

>ヌマガエルが成長して体格差がついた

これは、結構な差になるのでしょうか...続きを読む

Qネコ目イヌ科イヌ属

なぜイヌ目ヤマネコ科ではなくネコ目イヌ科なのでしょう?そういうネーミングにするということは、ネコのほうが進化の途上でお姉さんだからですか?

Aベストアンサー

食肉目(Carnivora)をネコ目と言い換えるようになったのは、1988年文部省の「学術用語集動物学編」において、目以下の名称をすべてそれぞれの動物群を代表する動物名に変える、という改定がなされたためです。

これは非常に誤解を生みやすい改定で、別にネコ科の動物が食肉目全体を代表する特性を持っている、というわけではなく、単に「親しみやすい名前に変えたかったから」という理由なのです。

例えばネコ科は4属16種、イヌ科は6属15種ですから、ネコ科が多数派というわけではありませんし、進化に至っては、イヌとネコは共通の祖先から分岐していますから、どちらが先という議論自体が無意味です。

本来特定の動物名で表せるのは上科までで、目のような大分類を動物名で表すのは無理なのですが、当時の文部省の担当者がそれを知らなかった、ということなのでしょうね。

Qアマガエルは飼えるのですか?

息子がアマガエルが買いたいと言い出しました。
アマガエルって飼えるのでしょうか?
餌はなにを与えればよいのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

アマガエルは飼えます。
餌はコオロギ等の小さい虫ですね。
カゴの蓋の隙間からすぐ逃げちゃうので、しっかり蓋は閉めて下さいね。
詳しくはリンク張っておきます。

参考URL:http://allabout.co.jp/pet/reptiles/closeup/CU20060610A/

Q哺乳類霊長目ヒト科ヒト属ヒト?

 この分類はあっているでしょうか。私の知る限り、(UMAは別として)ヒト科にはヒト属しかなく、ヒト属にはヒトしかないと思うのですが、他にこのような生物はいるのでしょうか。また、ヒトだけがそうだとすれば、なぜなんでしょうか。
 そう思いたくはありませんが、人間は自分の兄弟や親戚を皆殺しにしながら進化したのでしょうか。

Aベストアンサー

申し上げ難いのですが少し違うと思います、まず生物を分類する際には、種を基本単位にするのですが、界・門・網・目・科・属・種となり<人>の場合は
動物界・脊椎動物門(有羊膜亜門)・哺乳綱・(真獣亜綱)・霊長目(真猿亜目)
類人猿科(ヒト亜科)・Homo(ヒト属)Sapiensとなります。
それとQuarkさんが仰るヒト科とはヒト上科の中にあるヒト科だと思うのですが、ヒト科にはHomo ergaster Homo erectus Homo neanderthalensis
Homo heidelbergensis Homo habilisが私の知る限りあります。
きつい事を言うかもしれませんが、自分の兄弟や親戚を皆殺しにするのは人間だけでなく生物界に於いては日常的に起こっている事です。
ですが、高度な社会を作ることができ尚且つ共存できる者達が自らのエゴで殺し合うのは悲しいことですね。

Qアマガエルは、おたまじゃくしから育てた場合に ベルツノガエル用に作られた人工餌や、カメの餌を食べます

アマガエルは、おたまじゃくしから育てた場合に ベルツノガエル用に作られた人工餌や、カメの餌を食べますか?

Aベストアンサー

うちでは上陸したてのアマガエルやシュレーゲルなどが人工の餌を食べてくれたことはありません。
大人のアマガエルやシュレーゲルなどでも、個体差があって、食べてくれるのとそうじゃないのがいますが、
圧倒的に食べないほうが多いです。
食べる確率が高いのは、ベルツノや、あとはヒキガエル類などです。陸生のタイプというか。
ツリーフロッグでいきなり人工餌というのは普通はハードルが高いという話になってるかと思います。

大人のカエルの場合は、最悪の場合(まったく虫なども食べないなど)は
強制給餌というのもできますが、上陸したての場合それも難しいかと思われます。
だめもとで、ピンセットでつまんであげる一般的なベルツノの餌のあげ方を
試すことはできなくはないでしょうが、
カエルは動くものに反応して食べますので、
人間の場合どうしてもピンセットだの、手だのが後ろにひかえることになるため、
いくら虫のように動かしても怯えて逃げまわるということは多いんですよ。
冷凍のコオロギなど、虫のフォルムをしているものを使ってもそういうことになります。
(もちろん、上陸したての場合ちびなので、冷凍コオロギもそのサイズはないかと...)
なので、これは「試してみる」だけの話で、やはり生き餌がベースでしょう。

もしもアマガエルが、人工の餌などを好む、あるいはよく食べるのであれば、
「アマガエルの餌」とか「シュレーゲルアオガエルの餌」とか、
色々と売られているのでは、とも思いますし...

生き餌を用意しつつ、だめもとでピンセットでの給餌を試す、ということになるかと思います。

ほかのサイトでもそういうことはよく云われていますが、
「人工餌を食べる両生類は特殊で、普通は食べないと思ったほうが良い。生き餌が基本」です。
あと、もし人工餌を食べてくれたとしても、微量成分などの栄養素の点からしても、
できるだけよい生き餌をあげる、というのがカエルの元気のもとになるかと思います。
なので、餌も育てている人が多いのです。(餌の餌からこだわるということ)
両生類と暮らしたい場合は、生き餌が無理なら正直、難しいということを実感しています。

うちでは上陸したてのアマガエルやシュレーゲルなどが人工の餌を食べてくれたことはありません。
大人のアマガエルやシュレーゲルなどでも、個体差があって、食べてくれるのとそうじゃないのがいますが、
圧倒的に食べないほうが多いです。
食べる確率が高いのは、ベルツノや、あとはヒキガエル類などです。陸生のタイプというか。
ツリーフロッグでいきなり人工餌というのは普通はハードルが高いという話になってるかと思います。

大人のカエルの場合は、最悪の場合(まったく虫なども食べないなど)は
強制給餌...続きを読む

Q樹木と草の違いは属から、科から?

樹木などは普通 属 genus を思い浮かべますか?すなわち、以下の分類がありますが、例えば木と草を分けるのはどこからでしょうか?
- kingdom(界)
- [動]phylum、[植]division(門)
- class(綱)
- order(目)[suborder亜目]
- family(科)
- genus(属)
- species(種)[subspecies亜種]
- variety(変種).

Aベストアンサー

草本とか木本というのは分類指標外です。

上段がサクラ、中段がバラ、下段がワレモコウ(草本)

植物界、被子植物門、双子葉植物綱、バラ亜綱、バラ目、バラ科、サクラ属
植物界、被子植物門、双子葉植物綱、バラ亜綱、バラ目、バラ科、バラ属
植物界、被子植物門、双子葉植物綱、バラ亜綱、バラ目、バラ科、ワレモコウ属
あと、イチゴなんかもバラ科イチゴ属です。

草本と木本で、どこから分かれるということはありませんね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%B9%B4%E7%94%9F%E6%A4%8D%E7%89%A9
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%9C%AC

Qアマガエルの床材について

アマガエルの床材に、苔を使いたいと思ってるのですが、苔といっても、ホソバオキナゴケ、シノブゴケ、ヒノキゴケ…などなどたくさん種類があるのを知りまして…アマガエルの飼育にはどんな苔がいいでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

比較的強い種類であれば後は、お好みでいいかと思います。

うちは、メンテナンスや管理面から使った事ないですがレイアウトは、綺麗そうですね。
苔の管理が下手ですぐ枯らしてしまうので…。

Q目・科・属ってどうやって分類していますか?

生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?
例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、
まさかDNA配列とかは昔は分かっていなかったはずので、
目・科・属ごとに、食べるものが違う、とか尻尾に色があるとか
細かい条件があり、それにマッチするかどうかで分類しているのでしょうか?

とすると新種らしき生物が見つかったときにそれが新種なのかすでに知られているものなのか判別するのは極めて難しいと思うのですが、単に専門家の知識と経験で判断しているのでしょうか?

Aベストアンサー

MOUIIKAOさん こんにちは

☆生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?

佐藤正孝(編)(1984)『種の生物学』によりますと、動物の種の場合、種を基本単位として、相互に類縁の深い種どうしを「属」、近縁の属を「科」、近縁の科を「目」に包括されるというように、基本単位のまとまりから順次分類階級が定められてきたそうです。

☆例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、まさかDNA配列とかは昔は分かっていなかったはずので、目・科・属ごとに、食べるものが違う、とか尻尾に色があるとか細かい条件があり、それにマッチするかどうかで分類しているのでしょうか?

同じく『種の生物学』によりますと、18世紀に生物界を構成する実在の基本的な単位として「種」という概念が誕生したそうです。当初、種の違いの見分け方は、Aという種を何匹か(多い程良い)、Aに近縁なBという種を何匹か準備して、AどうしやBどうしの形態的変異(ツノの大小や色の薄い濃いなど)は連続しているのは当然なのですが、AグループとBグループをずらっと並べてみて、AからBへの並びの境目で、明らかに形態的な不連続性を示す場合、種と認定したようです。このような種の概念は、形態種(リンネ種)と呼ばれており、研究者の少ない生物群については、今でも、形態を基にした種の決定が行われているのが現状です。

20世紀になると、遺伝学、生態学、生理学、および生化学などの発達により、分類学、系統学もこれらの新しい成果を取り入れる形で、種の概念が再検討されることとなり、形態的に近似したAグループとBグループが交配が可能な場合、同種であると見なされるようになりました(マイヤーによる種の定義)。

さて、前置きが長くなりましたが、各生物群の専門家が種の同定への検索表を作成している場合、調べたい生物は形態を基にして、綱→目→科→属と絞り込んで行きます。こうして絞り込まれた属内の種間は形態的にとても似ている種が多く、先代の分類学者が記載した種の形態的な種の違いをチェックし、まさしく、尻尾に色があるとか、こまかい条件にマッチするかどうかで見極めざるを得ません。

☆とすると新種らしき生物が見つかったときにそれが新種なのかすでに知られているものなのか判別するのは極めて難しいと思うのですが、単に専門家の知識と経験で判断しているのでしょうか?

手順を踏まないと、極めて難しいです。これまで報告された属や科の論文(英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、、、)を全て入手して、自分が見つけた生物が、ほんとうに新種なのか細かくチェックする手順が必要です。専門家の知識と経験で判断する場合は、既存種の場合で、各地域で作専門家が作成した図鑑は種名が確定する場合、見誤らないように図鑑に専門家の知識と経験が盛り込まれております。

MOUIIKAOさん こんにちは

☆生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?

佐藤正孝(編)(1984)『種の生物学』によりますと、動物の種の場合、種を基本単位として、相互に類縁の深い種どうしを「属」、近縁の属を「科」、近縁の科を「目」に包括されるというように、基本単位のまとまりから順次分類階級が定められてきたそうです。

☆例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、まさかDNA配列...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報