これからの季節に親子でハイキング! >>

昨年の12月15日に母の叔父(86歳)が亡くなりました。

母の叔父は親戚付き合いも少なくて、病院で亡くなるまで4か月ぐらい入院していたのですが、その間親戚でお見舞いに来たのは私と私の両親と母の弟(Aさん)夫婦だけです。

Aさんとは一番親交があって盆や正月や法事の時にはAさんの家に母の叔父が泊まる事も度々ありました。

母の叔父は高齢で一人暮らし(妻は他界、子供なし)なので何かあれば使ってほしいと数年前からAさんに100万円だけ預けていたそうです。

でも亡くなってから入院費用の支払いやお葬式や家賃の支払いや遺品整理の手続き等でその100万円は使い切ってしまったそうです。

お葬式も家族葬で行ったのですが、親戚で出席したのは私の両親とAさん夫婦だけでした。

遺品の整理をしていると母の叔父の字で「遺産(3つの銀行に1300万円ずつ合計3900万円)はすべてAさんに譲る」という主旨の遺言書が見つかりました。

印鑑も押されていたのですが、コピーだったので無効だそうです。

Aさんが銀行に確認に行ったら、本当にその金額があったそうです。

でも家の中をいくら探しても通帳と印鑑とキャッシュカードは見つからなかったそうです。
(銀行の貸金庫に確認してもなかったそうです。)

銀行には相続者全員の印鑑がないと引き出せないという事で凍結されてしまったそうです。

相続人は親、妻、兄弟は亡くなっているし子供もいなかったので甥と姪だけになるのですが、12人います。

母の叔父は5人兄弟の末っ子です。

母の叔父の一番上の兄の子が私の母とAさん、母の妹2人Bさん、Cさん、
2番目の姉の子が5人女性Dさん、Eさん、Fさん、Gさん、Hさん、
3番目の姉の子が2人性別不明Iさん、Jさん、
4番目の兄の子が1人Kさん

の合計12人です。

遺産はまず兄弟で分けてからその子供で分けるのですよね?

だから3900万円をまず兄弟分4人で割って975万円、母とAさんはそれをさらに4人兄弟で割って243万7500円という事になりますよね。

Kさんは1人っ子なので1人で975万円もらえるのですよね?

事情があってAさんはKさんの事が嫌いなそうで、「俺が苦労して12人分の印鑑を集めて銀行に行って手続きしても200万円ちょっとでKさんは何もしなくて975万円もらえるのは納得いかない、もういい、このままにしておく」とさじを投げてしまったのです。

母もなんとかしたいようなのですが、IさんとJさんの連絡先が全くわからないというのもネックで何もしてません。

母もAさん夫婦にはよくしてもらっているのでAさんに全部もらえるようになったら一番いいのにと言ってす。

その遺言書の原本さえあれば、Aさんが全部相続できるのですよね?

どこか弁護士事務所とかに預けてるんですかね?

どういやって探したらいいのでしょうか?

手続きの期限は亡くなってから半年ぐらいですよね?

A 回答 (8件)

財産の相続の手続きに期限はありませんので,遺言書も相続人もじっくり探すことはできると思います。



遺言書が公正証書遺言であれば,公証役場で謄本を出してもらうことでAさんだけで相続の手続きができますが,自筆証書遺言であれば検認手続きを経なければ銀行での手続きができないので,相続人全員の捜索は必須です。

自筆証書遺言の保管については法律に特段の定めがないので,基本的に遺言者がどこかに保管しているはずで,見つからなければないも同じです。

具体的には実務の話になるので,その遺言書のコピーを持って,弁護士に相談したほうがよいように思います。

以下,ちょっと細かい話。

遺言書が公正証書遺言である場合,それを作成した公証役場にその遺言の原本があるので,お近くの公証役場で検索の依頼をしてその公証役場を見つけ,そこに行って謄本を出してもらえば,他の相続人の協力を得ずにAさんだけで相続の手続きができます。ただし,預金の相続を聞きつけた他の相続人に遺留分を請求される可能性もありますので,数年(民法1042条に定める期間)は安心できません。

自筆証書遺言の保管については法律に特段の定めがありません。法務局で保管をするというサービスはまだ実施されていませんし,あれは本人自らが法務局に出頭しなければならない等の条件があるので,実施後もどれだけ利用されるのかはちょっとわかりません(詳細もまだ決まっていません)。なので基本的に遺言者がどこかに保管しているはずで,仏壇の引き出しに入れてあったりすることが多いようですが,遺言執行者がいる場合には,その遺言執行者が保管している場合もあったりします。
また,自筆証書遺言は検認手続きを経なければ銀行での手続きができません。家庭裁判所での検認は相続人全員に検認に参加する権利を与えるために,その申立ての際に,法定相続人全員の戸籍謄本等の提出が要求されます。なので相続人全員の捜索は必須です。その検認手続きの際に他の相続人にも遺言の内容も知られてしまうので,遺留分を請求される可能性も少し高まるかもしれません。

遺言書が見つからなければ,あとは相続人全員で遺産分割協議をするしかありません(全員の実印や印鑑証明書が必要になります)。なので遺言が公正証書遺言ではないのであれば,相続人の捜索は避けては通れません。
この相続人捜索のために相続関係者の戸籍謄本を取ることは必須であり,これは国民の権利行使のために必要なことのはずなのですが,戸籍謄本等の不正取得が起こっていること等から役所がこれを制限する事案が散見され,傍系血族についての戸籍謄本等が取れないことがあります。弁護士等の士業者による職務上請求であれば応じてもらえたりするので士業者に依頼せざるを得ないことがあるのですが,戸籍の収集だけという依頼では受けてもらえなかったりするので,コスト的には少しかかってしまうかもしれません。

相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合には,家庭裁判所での調停や審判という手続きもあったりしますが,さすがにそこまでは質問の対象ではないと気づきましたので自粛しておきます(書きかけましたが削除しました)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

やっぱり相続者全員の印鑑と戸籍謄本が必要なんですね。

期限がないのだったらもう少し考えます。

お礼日時:2019/02/16 12:45

No.5です。



>書いていますが、負の財産(入院費用、家賃等)は叔父さんの生前にAさんが100万円預かっていた為、それで全部賄えました)

 いえ、これはあくまで負の相続財産ですから、「叔父さんの生前にAさんが100万円預かっていた」ものから支出する必要はないです。
 もし他の相続人から、「その100万円は特別受益なので、相続財産に持戻すべき」と言われれば、相続財産に100万円を加えて「4,000万円-負の相続財産」で分割協議をしたのち、叔父さんの相続分から100万円を引くのが正しいやり方です。言われなければ、自ら申し出る必要はないです。

>でも亡くなってからの葬儀費用、遺品整理費用もそこから使う必要はなかったんですかね。

 葬儀費用、遺品整理費用など、相続開始後(つまり母の叔父が亡くなられた後)に発生した費用の負担は相続とは関係がありませんので、誰がされても結構です。

>どこか弁護士に頼むのが一番ですかね。

 後々、トラブルが予想されるようでしたら弁護士に頼まれるのが良いかと思います。遺産分割協議や遺産分割調停、遺産分割審判などの具体的なトラブルが起こった場合、代理人として対応してくれるのは弁護士だけです。
 トラブルの心配がなければ、司法書士や行政書士でも結構かとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

100万円は戻して計算すれば良いのですね。

弁護士費用の相場が全くわからないのですが・・・。

母やAさんも「弁護士に頼んだら最低でも20万円ぐらいで最大500万円ぐらいかかってしまうのでは?」と懸念しています。

それでもし銀行預金を引き出せなかったらそんな費用出せないと二の足を踏んでいます。

お礼日時:2019/02/09 12:46

自筆遺言のようですから、遺産分割協議書が必要になるでしょう。

質問文にある3行に問合わせても同じ回答が出ると思います。自筆遺言証書では、実印を押した場合であっても本人性は確定不能ですので、証書に押印された印鑑の有無は関係ないですね。

協議書には、お母様他11人の署名押印(実印)これに戸籍謄本を添付します。
戸籍謄本は、質問者様から見て曽祖父母の方の出生から必要になります。亡くなられた方のきょうだいが質問文にある4人だけなのかどうかそこまで調べないと確定できませんよね?

協議書の内容で、自筆遺言の主旨に従って全額をAさんに渡るようにしても構いませんし、それ以外の分割にしても構いません。関係者全員の同意さえあれば遺言の内容と異なっても問題アリマセン。

折角の銀行預金ですが、協議が調わないと銀行の睡眠口座になることになります。特に、Aさん以外の相続人は遺産分割協議に協力しても遺言の内容通りでは何の相続財産も受けられない事になります。

一番の恩恵を受けるであろうAさんが弁護士を依頼して話を纏めることも考えられますが、その費用は全額Aさんが立替えて相続協議が調った後に回収することになりますし、いつまでに解決しなければならないといった制約は無いですよね?

また、今の段階で弁護士に依頼すると、前述した法定相続人の確定の為曾祖父母に遡って戸籍を調べます。その費用も当然に請求されます。費用を節約するのであれば、ご自分で調べるなり行政書士や司法書士に「法定相続情報図」の作成を依頼するのが良いでしょう。

先ずは、質問文にあるような性別不明の相続人の事を記述しているうちはマダマダ調べが足りない、と言う事を自覚されて、今回の相続に必要な手続きは何かをもう少し調べられる事をおススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

行政書士や司法書士に依頼するのも費用かかりますよね?

弁護士費用よりは安いのですかね。

お礼日時:2019/02/09 11:38

こんにちは。



> 遺産はまず兄弟で分けてからその子供で分けるのですよね?

 そのとおりですが、負の相続財産(入院費用の支払いや家賃の支払いなどです。葬祭費など、叔父さんが死亡後に発生したものは含みません。)を引いた額が相続財産になります。
 (※)以下、とりあえず負の相続財産を仮に100万円とします。つまり、相続財産は3,800万円となります。

> だから3900万円をまず兄弟分4人で割って975万円、母とAさんはそれを さらに4人兄弟で割って243万7500円という事になりますよね。
> Kさんは1人っ子なので1人で975万円もらえるのですよね?

 負の財産を引く必要がありますので、多少金額は減ると思いますが、考え方はそのとおりです。

> 母もなんとかしたいようなのですが、IさんとJさんの連絡先が全くわからない というのもネックで何もしてません。

 連絡先が分からない方がおられると、遺産の分割協議ができません。遺言書の捜索と並行して連絡先を探すことが、今回の相続では優先順位が高い事項です。

 全く行方不明の場合は、家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立て、不在者財産管理人が行方不明者の代わりに遺産分割協議に参加し、遺産を分割することになります。

> その遺言書の原本さえあれば、Aさんが全部相続できるのですよね?

 兄弟、甥、姪には遺留分がありませんので、そのとおりです。
 ただし、公正証書遺言ではないとのことですから、遺言書が有効なものである必要があります。
 例えば、自筆証書遺言の場合、全文自筆であること、氏名、日付、押印があることなどの要件を満たさないと無効な遺言書になります。

> 手続きの期限は亡くなってから半年ぐらいですよね?

 遺産分割協議それ自体には、期限はありません。

 なお、相続税の申告、納付は相続開始後10か月以内となっていますが、今回は相続税はかかりません(※)。
  (※) 相続財産が「3,000万円+(法定相続人×600万円)」までは、相続税は非課税です。


 遺言は、亡くなった人の最後の意思表示であり、その効力は相続手続きにおいて最大限尊重されます。
 ですから、遺産分割協議を終えた後に遺言書が発見された場合、原則とし遺言書の内容が優先されます。

 遺言書が見つからない場合は、いつまでも探すわけにもいかないでしょうから、連絡先不明の方を探して遺産分割協議を進められ、遺言書が見つかった場合は、分割協議をやり直すのも一つの方法かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

書いていますが、負の財産(入院費用、家賃等)は叔父さんの生前にAさんが100万円預かっていた為、それで全部賄えました)

でも亡くなってからの葬儀費用、遺品整理費用もそこから使う必要はなかったんですかね。

遺言書の原本も家にはなかったので見つからなさそうです。
公正証書ではないので、どこかに預けている可能性も低そうですね。

連絡先がわからない人を探すのが一番だと思うのですが、Aさんも私の母もはやる気がないのでどうしようもありません、、、。

期限はないのですか、良かったです。

どこか弁護士に頼むのが一番ですかね。

お礼日時:2019/02/09 11:32

>印鑑も押されていたのですが、コピーだったので無効…



「公正証書遺言」ですか。
公証人役場の判子があるものですか。
それなら公証人役場へ行けばよいです。

一方、「自筆証書遺言」ならそんなところへ行ったって門前払いされます。
自分で探すよりほかないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

公正証書遺言ではなさそうです・・・。

自分で探すというのは相続人の印鑑を探すという事ですかね?

お礼日時:2019/02/02 18:39

公正証書の遺言が保管されているとすれば公証役場です!


遺言を読めばだいたいわかると思うので、よく確認してください。
コピーがどういうものなのかいまいちわかりませんが自分で書いた遺言のコピーだったとしたら基本的に無効で意味はありません。
そして、有効な遺言があったとしても相続人には遺留分があるので、それを主張された場合は全額Aさんのものにはなりません。
また有効な遺言がない場合は相続人全員の判子を集める作業が必要になり、付き合いのない人を探したり、把握している以外の人がいるかもしれないので相続人調査が必要です!
自分でも可能なのですが、ものすごい面倒なので、行政書士等に依頼する方が楽は楽だと思います!
まぁ、ご自身で判断されることですが(^-^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

公証役場に遺言はあるかもしれないのですか。

自分が書いた遺言では意味ないんですかね、、、。

弁護士ではなくて行政書士に依頼した方がいいんですかね。

相続人が遺留分を主張する事はないと思いますが、、、。

私の両親とAさん夫婦以外はお見舞いにもお葬式にも来なかったし、母の叔父さんが亡くなった事や遺産があった事も知らないんはずなんですけど。

お礼日時:2019/02/02 15:53

>印鑑も押されていたのですが、コピーだったので無効だそうです。


原本は最寄りの法務局で保管しているのでは?
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji03_00051.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

原本は法務局にあるかもしれないんですね。

確認してみようかと思います。

そのコピーを持っていけば見せてもらえるんですよね。

お礼日時:2019/02/02 13:51

ここで聞くより、弁護士に相談です。


もう、当事者間で揉めてますし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

弁護士に相談して引き出せそうですかね?

もし遺産が引き出せなかった場合の弁護士費用はAさんと母が出して無駄になってしまいませんかね?

お礼日時:2019/02/02 13:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七千万円の家を、子供一人が相続するとしたら、相続税はいくらかかりますか? 家以外に相続するものはない

七千万円の家を、子供一人が相続するとしたら、相続税はいくらかかりますか?

家以外に相続するものはないとします。

Aベストアンサー

>七千万円の家…

不動産の価格表示は何通りもありますが、何が 7千万ですか。
贈与税や相続税の算定材料になるのは、建物は固定資産税評価額、土地は路線価があるなら路線価、路線価のない土地なら固定資産税評価額です。
不動産屋の時価は関係ありませんのでご注意下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4602.htm

また、遺産は本当にその家だけですか。
相続税は、一つ一つの相続財産についてここに算定するのではありません。
現金預金から宝石金属書画骨董その他あらゆる遺産を合計して判断するのです。

>子供一人が相続する…

法定相続人は子供1人だけですか。
他に子供や孫はいなく、配偶者もいないのですか。
法定相続人が何人いるのかにより、相続税は基礎控除額が変わってきます。

>相続税はいくらかかり…

お書きの情報が税法的にすべて正しければ、
・基礎控除 3,000 + 600 = 3,600万
・7,000 - 3,600 = 3,400万
・3,400 × 20% - 200万 = 480万
の納税です。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4155.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/index2.htm

>七千万円の家…

不動産の価格表示は何通りもありますが、何が 7千万ですか。
贈与税や相続税の算定材料になるのは、建物は固定資産税評価額、土地は路線価があるなら路線価、路線価のない土地なら固定資産税評価額です。
不動産屋の時価は関係ありませんのでご注意下さい。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4602.htm

また、遺産は本当にその家だけですか。
相続税は、一つ一つの相続財産についてここに算定するのではありません。
現金預金から宝石金属書画骨董その他あらゆる遺産を合...続きを読む

Q死去した父親の遺産相続について

初めての質問失礼します。遺産相続について質問させていただきます。
私の両親は20年程前に離婚していて、先月、母違いの父親の子供から、実は私の父親が4年前に死去していたことを聞かされました。
どうやら話を聞くと私の父親は2回離婚していて、私のほかに2回目の結婚で1人、3回目の結婚で3人子どもを作っていたらしいです。
遺産が分配されないことに気づいた2つ目の家庭の子供が弁護士を雇って調査した結果、遺産は今現在の子どもである3人で勝手に分けてしまったようです。
また、彼らは相続放棄をしていなかったので、ある程度財産はあるみたいです。
そこで質問なのですが、遺産相続の際、離婚した他の家庭への報告義務、罰則などはないのでしょうか?
もちろん私の存在を知らなかった可能性もありますが、遺産相続ってそんな適当な感じで行われるものなのですか?

Aベストアンサー

相続の報告義務はありませんが、質問者さんは他の相続人に対してご自身の「取り分」を主張する権利が法的に認められています。
仮に遺言や贈与によりその権利が侵害されていたとしても、本来の取り分の半分を「最低限の取り分」(遺留分)として貰える事が定められています。

これを主張するのには時効があり、今回の場合亡くなられたのを知ってから【1年以内】に請求をおこなう必要があります。
1年以内に請求をした事を証拠として残すため、当事者(相続された方)へ配達証明付き内容証明郵便にて「遺留分減殺」の意思表示をおこなってはいかがでしょうか。

Qバツイチ子持ち男性の相続問題についてです 公正証書遺言で、前妻との子供には一切財産相続をさせない。と

バツイチ子持ち男性の相続問題についてです





公正証書遺言で、前妻との子供には一切財産相続をさせない。という遺言を残したとします。
その場合はもし亡くなった時に、前妻との子供に連絡をしなくても口座凍結された状態から名義変更や解約などをする事が出来るのでしょうか?
遺留分減殺請求をされたら渡すつもりです。

Aベストアンサー

>籍を入れた直後に相続対策として書いてもらおうかと思うのですが、そういった事は可能なのでしょうか?

 遺言については民法で定められているのですが、遺言の時期は「十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」(民法第961条)としか定めがありませんので、十五歳に達した後、いつでもできます。

>具体的にどこの銀行でどこの支店か、口座番号などを書かなければいけませんよね?

 複数の方に預貯金を分割して相続させようとする場合は「具体的にどこの銀行でどこの支店か、口座番号」を書いて、それを誰に相続させるかを指定しておくと、相続がスムーズに進みます。しかし、「私の預貯金のすべてを長男に相続させる」などの書き方もできます。

>また、現妻との子供が出来た場合は現妻との子供と現妻に相続させる。と書くことも可能なのでしょうか?

 これは、私には分かりかねます。
 民法第886条に「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」とありますので、「胎児」は相続人になりますが、「将来生まれてくるであろう子」については何ら定めがなかったように思います。
 これは私の推測ですが、「胎児」についてわざわざ定めているということは、「将来生まれてくるであろう子」はまだ推定相続人ではないので、書いてもその部分は無効になるような気がします。
 遺言書は撤回できますし、何度でも書けます。また、後から書いた方の内容が有効になります(民法1022条、1023条)。ですから、お子さんがお生まれになった時に書き直すこともできます。

 なお、遺言書は、必ず記載しないといけない事項や様式、書いても効力のない事項がありますし、遺言書の書き方を誤ってしまうと無効になることもありますから、作成の際は専門家(無料法律相談など)に相談された方が良いかと思います。

-------------------------

〇民法(抜粋)

(相続に関する胎児の権利能力)
第886条 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

(遺言能力)
第961条 十五歳に達した者は、遺言をすることができる。

(遺言の撤回)
第1022条 遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
第1023条 前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2 前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

>籍を入れた直後に相続対策として書いてもらおうかと思うのですが、そういった事は可能なのでしょうか?

 遺言については民法で定められているのですが、遺言の時期は「十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」(民法第961条)としか定めがありませんので、十五歳に達した後、いつでもできます。

>具体的にどこの銀行でどこの支店か、口座番号などを書かなければいけませんよね?

 複数の方に預貯金を分割して相続させようとする場合は「具体的にどこの銀行でどこの支店か、口座番号」を書いて、それを...続きを読む

Q義理の兄が亡くなった後の兄の相続人は誰?

義理の兄が亡くなった後の兄の相続人は誰?

Aベストアンサー

>私と義理の兄は父親は一緒です…

それなら義理などではありません。
実の兄弟です。

ただ、異母兄弟、腹違い兄弟、法的には半血兄弟というだけで、義理の関係ではありません。

>私には姉がいます…

異母兄、同母姉、あなた、の 3人兄弟ですね。
配偶者および直系卑属、直系尊属の誰もいない場合は、兄弟が法定相続人です。

兄弟の中に全血兄弟と半血兄弟が混じっている場合は、半血兄弟の相続権は全血兄弟の 1/2 しかありません。

しかしご質問の事例は半血兄弟ばかりなので、この 2人で等分です。
https://minami-s.jp/page009.html

相続に関しては某司法書士さんのサイトがわかりやすいです。
(関係者ではありません)
https://minami-s.jp/page008.html

Q状況 15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説

状況
15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。昨年末に母が亡くなり遺産相続手続きをすることになり、兄弟で均等割に決まりました。しかし手続きする中で、父には3億余りの遺産があったこと、それら全て長男が得たこと、一部については父が亡くなる前意識がなかった1か月のあいだに、長男が父や母の許可なく無断で名義変更して得ていたことがわかりました。
なお、相続手続き書類を受け負った税理士は、父と母ともに、同じ方と判明しています。

質問
今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。

 この時、遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成されたのでしょうか?
 「長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。」とのことですので、遺産分割協議書を作成されていないものとして、以下書かせていただきます。

>今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?

 遺産分割協議には時効がありません。遺産分割協議書が無い(つまり遺産分割協議をされていない)場合は、これから遺産分割協議をされればよいです。

 その際、「長男が父や母の許可なく無断で名義変更」したものは特別受益として、これを相続財産に持ち戻し(つまり、相続財産と見なし)、遺産分割協議をすることを主張されればよいです。特別受益は遺産分割を公平に行うための制度ですから、これについても遺産分割協議と同様に期間の制限はありません。

 考え方は以上ですので、まずは行政や弁護士会がやっている無料法律相談などで相談された後、質問者さんのケースで遺産分割協議ができるか確認され、できるのであれば専門家(弁護士)などに依頼されればよいと思います。

こんにちは。

>15年前に亡くなった父の遺産相続について、長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。

 この時、遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成されたのでしょうか?
 「長男から遺産はゼロであったので手続することはないと説明を受けていました。」とのことですので、遺産分割協議書を作成されていないものとして、以下書かせていただきます。

>今から、長男に対し、相続分割協議と分割のやり直しを請求できますか?
できる場合、どのような手順を踏みますか?
...続きを読む

Q親の遺言書問題。 親が仏壇に遺言書を入れている。 それを知っているのは家族だけ。 家族は親が死んだら

親の遺言書問題。

親が仏壇に遺言書を入れている。

それを知っているのは家族だけ。

家族は親が死んだらどこそこに埋めてくれというお墓の希望が書かれていてそのお墓の建設費用も専用の預金口座が作られて遺言書と預金通帳が同封されている遺言書だと思っていた。

いざ親が死んで家族が集まって親の遺言書を開けたら、家の小さな縁もゆかりもない寺に全財産を寄付すると書かれていた。

遺言書を見たのは家族だけ。

この遺言書を家族の同意で破棄することは出来るのでしょうか?

遺言書は絶対なのでしょうか?

見たのは家族だけです。

Aベストアンサー

遺言書での遺贈者が相続人だけであり、相続人による遺産分割協議が整えば、従わない方法もあったかと思います。
しかし、相続人ではないお寺に対するものがあるとなれば、それは問題があります。
遺言書とありますが、それは自筆遺言なのですかね?法的な要件を満たしていない可能性はありませんか?
素人が専門家の助けも受けず書くような遺言書ですと、法的な要件を満たさないことも多く、その場合には有効性がないのですから無視しても構わないのかもしれません。
ただ法的要件を満たしていれば、無視することはよろしくないと思います。

もしも、仏壇に保管しているものよりも後の日付の遺言書などが発見されるようなこととなれば、それを知らず(知らないという扱い)に遺産分割をした後であっても、遺産を本来の人へ渡す義務が生じることでしょう。使ってしまえば現金で返還しないといけなくなるでしょう。


公正証書遺言であれば、仏壇にあるのは謄本でしかなく、原本は公証人が保管していることとなります。
利害関係者が調査すれば、公証人は謄本により開示することとなるでしょう。
仏壇にあるのがこの謄本でなくても、別に公証人が保管している公正証書遺言が存在する可能性もあります。
遺言を守ってもらうために仏壇に同様のものを置いているだけなのかもしれず、お寺が遺言の存在を知っていたりすれば、もめるだけでしょう。

しかるべき調査などをした上で、ご家族の総意で考えるべきでしょうね。
ただ、遺留分もありますので、遺留分として認められる範囲でお寺から取り返すことは可能です。ただ遺産そのものとは限らず現金による場合もあり得るので、慎重になる必要はあると思います。

遺言書での遺贈者が相続人だけであり、相続人による遺産分割協議が整えば、従わない方法もあったかと思います。
しかし、相続人ではないお寺に対するものがあるとなれば、それは問題があります。
遺言書とありますが、それは自筆遺言なのですかね?法的な要件を満たしていない可能性はありませんか?
素人が専門家の助けも受けず書くような遺言書ですと、法的な要件を満たさないことも多く、その場合には有効性がないのですから無視しても構わないのかもしれません。
ただ法的要件を満たしていれば、無視すること...続きを読む

Q相続問題

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以上です。

誰れも生前贈与は受けていないが異議無しです。

葬儀は終わっていて、後日また行事が有り皆集まりました。
その時、実家に居る一人が他の二人の子供集め、
実は父には預金が有る、薄暗いところで通帳のコピーを広げ
いきなり数百万の現金を渡した。
いったい幾ら有るんだと聞いたら、その数倍です。
無理やり押し付けてその場はおさまりました。

釈然としない日が続き、金融機関で調べたら、
相続分不存在証明書は、不動産の名義変更ばかりではなく
通帳の名義変更にも使える書類と分かりました。
名義変更して自分の口座に入れ替えたと思います。

ここから質問です。
不動産の名義変更すると送ってきた書類には
不動産に関するもので、父の預金は一切知らされていません。
故意的に隠していたものと思います。

この場合、隠していた者の罪はどのようなものに
当たるんでしょうか?

尚、家裁で争い実家を崩壊させることは考えていません。
よろしくお願いします。

父親が亡くなり相続者は妻、子供三人居ます。相続者は四人になります。
子供の三人の内一人は、実家で父母と同居していました。

土地建物は同居している子供が引き継ぐことには皆異議なし賛成しました。

子供は皆ばらばらに離れて生活しています。
不動産相続の登記をする為に、相続放棄に関する書類が送られてきました。
1、被相続人との相続関係図(家系図)
2、不意動産の課税台帳
3、相続分不存在証明書(特別受益証明書)
(内容は生前贈与を受けているので相続分は存在しない)
以...続きを読む

Aベストアンサー

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出するのです。
作成者が隠蔽することもあるので、弁護士に相談した方がいいと思います。

何にしても、ちょっと軽率でしたね。財産目録を作ってもらい、話し合い、その結果を遺産分割協議書に記すのです。
金融機関に残高証明だけ出してもらって、それを元に話し合ってはいけません。
必ず取引履歴または、通帳の原本を確認してください。
死亡の3年前までの贈与は、相続財産に組み入れて計算します。なので、残高証明だけではダメなんです。
通帳が無いと言われても、相続人なら銀行から取引履歴を取り寄せ可能です。
大手は取引履歴が10年。地方都市銀行だと相当長く取引履歴が取り寄せ可能です。
私は23年分出してもらいました。
全ての事実をオープンにして、初めて納得出来る相続が出来ます。そこで、土地は要らないから、現金だけ分けようとか、ゴルフ会員券は欲しいよ、とか譲りあったらいいのです。
調停だと最後にキチンと精算方法まで決めて見届けてもらえるので、孫達にも裁判所で決めたよとキッチリ説明でき、禍根を残すことが有りません。
家裁はドロドロと言う、先入観は映画やドラマの影響でしょうか?
調停は専門家を入れて話し合う場、です。
活用されてはどうですか?

家裁で実家を崩壊。。。

家裁での調停は、中立かつ法律の専門家を入れて話し合う場です。崩壊するとは限りません。
誤解されていると思います。
審判、裁判になれば、法律通りで、実家を売ってお金を分けるとかありますが、そこまで普通はなりません。話し合いで解決出来ます。

調停では、各人の要望を聞き、物的証拠(全ての通帳の3年分のコピーや原本)の提出、土地の評価、有価証券の評価、現金(以外に沢山家に置いてあるし、貸金庫には沢山ある事も)、その他財産価値のあるものを、財産目録として作り提出する...続きを読む

Q遺言状について。

遺言状について質問です。

私の母の兄にあたるのですが、20年ほど前、遺言状を知り合いの弁護士に預けました。

その後疎遠になってしまい、連絡が取れなくなってしまい現在に至ります。引っ越しを4回、電話番号も変わってしまっています。

不謹慎ですが、現在のように疎遠になっていても、母の兄が無くなっていた場合はどうにか探し出して連絡をもらえたりするもんなのでしょうか?
それとも、連絡先が変わって、住所も変わってしまったら探したりはせず、連絡はしないのでしょうか?

うまく伝えられず申し訳ありませんが少しでもご返事あれば幸いです。

Aベストアンサー

弁護士が連絡をくれるのかということですよね? 残念ながら期待薄だと思います。

まずはその弁護士の年齢的な問題です。20年前に現役の弁護士だったということですから,現在は相当な高齢であったり,すでに廃業している可能性もあったりします。廃業どころか亡くなっている可能性すらあります。

また,弁護士と疎遠になっているということも問題のひとつです。その弁護士がどういう立場で遺言書を預かったのかということも問題の切り分けのポイントのひとつになるでしょう。
遺言書が自筆証書遺言であり,弁護士がその保管者であった場合,遺言者が死亡して相続の開始があったことを知った遺言保管者である弁護士は,遅滞なく遺言の兼任の申立てを申し立てなければならない(民法1004条)のですが,いくら弁護士でも,絶えず依頼者の生死を確認することなんてできません。結局は遺言者の親戚からの連絡を待つことになるのが普通だと思われます(遺言者と弁護士との間で,それを定期的に確認しあう契約でもあれば別ですが,それには定期的継続的な金銭のやり取りが伴うものと思われます)。何かの折に弁護士が連絡をとろうとしたけど連絡が取れなかったということになってしまえば,それは依頼者側からの一方的契約破棄としてみなされている可能性も考えられます(依頼人と疎遠になってしまったからという弁護士からの言い分だけで住民票の交付を認めるほど役所の個人情報管理は甘くはないはずなので,弁護士側に責任を押し付けるのは酷です)。
それでも弁護士なら,免責を得るために捜索公告をしていたかもしれません。ですが,やるとしたら官報でそれをすることが考えられ(債権者に対する法定公告は官報で行われるのが普通なため,それに準じたものと考えられるから),それで本人またはその遺族から期限内に申し出がなければ,やはりそれで終わりということになってしまうかもしれません。

弁護士が遺言執行者である場合も,弁護士が遺言者が死亡した事実を知りえなければ,その執行に着手できないのは当然です。相続人には,遺言執行者(候補者)に就職の催告をする権利があり(民法1008条),遺言執行者はその連絡を待つことになっているかもしれず,そうなると弁護士側からの連絡を待つだけでは無理があります。少なくとも連絡先だけでも教えておけば,そこは何とかなったのかもしれませんが,今となっては後の祭りということでしょうか。

ただ,遺言が公正証書遺言であった場合には,公証役場で検索をしてもらえば,公正証書遺言の謄本を取得することは可能です。仮にその遺言の中で,当該弁護士が遺言執行者になっていたとしても,連絡がとれない以上就職してもらうことはできませんので,改めて家庭裁判所に遺言執行者を選任してもらい,遺言の執行をしてもらえばいいのではないでしょうか。

なお,弁護士は,事務所の所在地の弁護士会に登録しているはずですので,弁護士会に問い合わせをすれば見つかるかもしれません。まずはそこからはじめてみたほうがいいのかもしれません。

弁護士が連絡をくれるのかということですよね? 残念ながら期待薄だと思います。

まずはその弁護士の年齢的な問題です。20年前に現役の弁護士だったということですから,現在は相当な高齢であったり,すでに廃業している可能性もあったりします。廃業どころか亡くなっている可能性すらあります。

また,弁護士と疎遠になっているということも問題のひとつです。その弁護士がどういう立場で遺言書を預かったのかということも問題の切り分けのポイントのひとつになるでしょう。
遺言書が自筆証書遺言であり,弁護...続きを読む

Q父が借金を残して死んだ後、遺産相続をするとしたら借用書がなくても請求されたら相続する者が払わなくては

父が借金を残して死んだ後、遺産相続をするとしたら借用書がなくても請求されたら相続する者が払わなくては駄目なのですか?

Aベストアンサー

借用書が無くても、契約は有効に成立します。
だから相続人が債務も相続しますので
本当に金を貸しているなら、支払い義務があります。

しかし、相手がウソついている可能性だって
あるし、勘違いもありえます。

だから、相手は金を貸したことを証明する必要が
あり、それが出来なければ拒絶して構いません。

従って、借用書が無くても、何らかの方法で
立証出来るのならともかく、そうでなければ
訴訟法的には、証明出来ないので払う
必要はない、ということになります。

Q親が亡くなり通帳を見たところNHKに対し二重払いしていたことが分かりました。親の住んでいた家ではケー

親が亡くなり通帳を見たところNHKに対し二重払いしていたことが分かりました。親の住んでいた家ではケーブルテレビが入っていまして、ケーブルテレビの料金にNHK受信料が含まれていましたが、その他にNHKに支払っていた様です。NHKから返金してもらう方法はありますか。出来れば同じような経験がある方よろしくお願いいたします。二重払いは約10年間になります。

Aベストアンサー

不当利得の返還請求、ということで
返金は可能です。

ただ、時効などが考えられますので
NHKに問い合わせてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング