揺れ測定する機器としてよく耳にするのは地震計や震度計がありますが、
最近、強震計と言う言葉も聞きました。これまで地震計=震度計と理解
していたのですが、新たな言葉がでてくるとこれってなに?、強い揺れしか
測定しない機械なの?って感じでとまどってしまいました。
これらの機器の違いって何なのでしょうか?それとも同じものなの?
教えてください。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず,地震計とは地震動(地震による1地点の揺れ)を観測する装置全般を指す言葉です。



次に,地震計のうち,強い地震(人体に感じられるような地震と考えてください)に対しても振り切れずにきちんと観測できるものが強震計です。
昔の地震計は機械式で,倍率というものがありました。これは,紙の上に記録される波形が,実際の地面の動きの何倍になっているかを示す数字で,それぞれの地震計の機構によっておのずと決まってきます。
強震計は1倍程度(つまり実物大に記録される)です。
これに対して微小地震計では倍率が100倍や1000倍などになります。紙の幅は数cm程度ですから,これらの地震計では,人間が感じる程度の揺れが起きると針が振り切れてしまいます。
今の地震計は紙に直接記録するのではなく,いったん電気信号(それも最近のはデジタル)として出力しますので,機械式の地震計のような意味での「倍率」はないのですが,それでもどの程度の揺れに反応するかという特性はありますので,強い地震をきちんと記録できる地震計を強震計といいます。

震度計は,デジタル式の強震計で,かつ,揺れ方から震度の数値を算出するマイクロコンピュータ(と表示・記録装置)が内蔵されているものをいいます。1992年に実用化されて各地で導入が始まり,1996年10月からは気象庁の全ての観測地点で,震度の値は震度計が算出したものとなりました(それまでは人間が判断して決めていた)。

従って,地震計の一部が強震計,そのまた一部が震度計となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地震計、強震計、震度計、各々の区別を明確にしていただいて非常によくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 10:47

比較的強い地震動を記録する地震計 です。


設定値以上の地震動を感知すると自動的に作動します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/30 10:39

こんにちは。



簡単にいうと「強い揺れを図るのが専門の地震計」といえますね。

判りやすく例えると、普通のラジオなんかの中の電圧を計る電圧計で、高圧線の電圧を計ったら火を吹いちゃうでしょう?

同じように、感度の高い地震計は、大きい揺れを計りきる事ができません。
たちまち振り切れて測定不能になっちゃいます。

ですから、細かい小さな揺れはいいから、大きい揺れの時にその波形何かを分析できるような感度に設定した地震計です。

全ての測定には、測定レンジというものがあります。そのレンジに合わせた測定機材があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/30 10:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデータの名称?

くだらない質問かもしれませんが・・・
ネーミング(カタカナ化?)でお願いします。

あるデータを別のデータに変換する際、中間データ(作業用)を作ります。
この中間データを元に、データ1、データ2、データ3を作成(変換)します。

この場合、元データと変換データの中間データを
英語またはカタカナで何と呼ぶのでしょうか?

Aベストアンサー

テンポラリーデータ

ワークデータ

作業データ

中間データ

中間マスタ

作業マスタ

Q電流計についてなのですが、画像の問題を読むと 回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測

電流計についてなのですが、画像の問題を読むと

回路の電流を測定するために電流計をつけた。それによる測定回路の抵抗の変化分を補償するために直列に抵抗Rをつけた

と書いてあるのだと思うのですがなぜ抵抗Rをつけるのでしょうか。
元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけてそれによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだからわざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

電流計の耐電圧の関係かなと思いましたがそのような事も書いてありませんし、なぜわざわざ減った抵抗値を増やすような事をするのでしょうか。

Aベストアンサー

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないですが、
設問に対しては「そういう前提」と解釈して解答するだけですね。
「その理由がわからないと解答できない」ってわけじゃないですし。

で、「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」意味ですが、
例えば、実験目的で電流値をいろいろ変え、追従してRs値交換し、電流値を記録し
a,b端子間の電圧降下を算出する場合などは、一定値の方が都合がいいように思います。
計算式が1つで済むので。
そうでないと(測定時のRs値によって)計算式を変える必要がありますよね。
組合せが増えれば作業も手間だし間違える可能性も出てくるし検証も複雑になる。


「一定にする」のと「少しでも小さくする」のは両立できず、一長一短です。
どちらを取るかは状況や価値観によります。本設問では「一定にする」と読めます。

電流計はrg=0オームで回路に影響与えないのが理想なんですが、
回路のエネルギーを横取りするので、現状、どういう方法でも元の回路に影響を与えます。
(クランプ式の電流計も)
少しでも0に近い方が、それによる測定誤差はより小さくなり、望ましいのですが
素の電流計 rg 以下にはできません。誤差の要因は他にもあります。
「測定誤差はこれくらいは許容」前提な測定を行うことはママあります。

>元々は導線で抵抗0の所に電流計をつけて
>それによる回路全体の抵抗の変化を少しでも少なくしたいのだからrgとRsで並列となり、
>この部分の抵抗自体は少なくなって(元々の状態の抵抗0に近づいて)いるのだから
>わざわざ補償用抵抗をつける必要はないのではないでしょうか

これは一面では正しいと思います。
しかし、
「測定電流値を増やしてもa,b端子間の抵抗値を変えない」重視なら
正しくない、「補償用抵抗を付ける必要がある」ということでもあります。

この設問は「変えたくない」理由は書いてないで...続きを読む

QAccess 旧データを新データに入替する方法

テーブルAとBがあるとします。

テーブルAには
A固有ID、データX(旧データ)
が入っており

テーブルBには
B固有ID、A固有ID、データX(旧データ)、データY(新データ)
が入っています。
※「データX」に変更がない場合、テーブルBに同ID(タプル)は存在しません。

これを、クエリで出力するときに
ID、データ(最新のもの)を出力したいのですがどうすれば良いでしょうか?
説明下手ですいません。

【テーブルBにデータがない場合】
A固有ID→ID
データX→データ
データY→(存在しません)

【テーブルBにデータがある場合】
A固有ID→ID
データX→×
データY→データ

Aベストアンサー

AからBにA固有IDで外部結合し(結合の種類はAの全レコードを・・・)

最新データ: nz([テーブルB].[データY],[テーブルA].[データX])

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Q別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

同じ内容のデータベースが二つあります
データベース1とデータベース2を其々別の人がデータを入力しています
データベース1にデータベース2のテーブルで T_データT_データ明細の二つのレコードを追加したいのですがどの様にすればよいでしょうか

ご指導をお願いいたします。

Aベストアンサー

レコードカウントで採番する場合は、

rsInMain.AddNew
rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInMain!項目1 = rsOutMain!項目1
rsInMain!項目2 = rsOutMain!項目2
j = rsInMain!番号
rsInMain.Update

のところで、

rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1



rsInMain!番号 = rsInMain.RecordCount + 1

に置き換えればいいです。

それと、

'T_番号の更新
rsInNUM.Edit
rsInNUM!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInNUM.Update

の部分はコメントアウトするか削除します。


こちらの環境では、レコードソースを
クエリ、テーブル、SQLどれも問題はないのですが。
一応、簡単にT_テーブルでオートフォームでフォームを
つくり、あとボタンをくっつけた簡単な
フォームでやっています。

Q地震 震度ってどうして世界に広まらないの?

最近、世界で地震や津波の甚大な被害がでていますね。恐いです。

ニュースでは、世界の地震はマグニチュード(地震の規模)だけであらわされています。
そこで質問なんですが、地震が多い各国にも「震度」のようなものがあるんですか?
なければ、どうして「日本の震度」のような考えは世界に広がらないのですか教えて下さい。

Aベストアンサー

一応、海外にも震度があります。

日本で使われているのは気象庁震度階級と呼ばれるもので、1996年に阪神・淡路大震災を機に修正されたものが使われています。

アメリカや韓国などでは12階級式のメルカリ震度階級、旧ソ連圏ではMSK(メドヴェーデフ・シュポンホイアー・カルニク)震度階級が使われています。他にも中国やヨーロッパ圏で独自の階級があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%87%E5%BA%A6

QExcel2007 不要データを消したい

以下のように,不要なデータがaaaaaとbbbbbにはさまれています。
必要データと書いてある部分が残したい部分です。
(できれば,aaaaaもbbbbbも消したい)
aaaaaとbbbbbは1行ですが,
不要データも必要データも,行数は一定ではありません。
何かいい方法はないでしょうか。

aaaaa
不要なデータ
不要なデータ
bbbbb
必要データ
必要データ
必要データ
aaaaa
不要なデータ
bbbbb
必要データ
aaaaa
不要なデータ
不要なデータ
不要なデータ
bbbbb

Aベストアンサー

こんばんは!
横からお邪魔します。

VBAになってしまいますが、一例です。
データはA1セルからA列にあるとします。

画面左下の操作したいSheet見出し上で右クリック → コードの表示 → VBE画面に
↓のコードをコピー&ペーストしてマクロを実行してみてください。
(Alt+F8キー → マクロ → マクロ実行です)

Sub test() 'この行から
Dim i As Long, k As Long
For i = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row To 1 Step -1
If Cells(i, 1) = "bbbbb" Then
k = i
Do Until Cells(k, 1) = "aaaaa"
k = k - 1
Loop
Rows(k + 1 & ":" & i).Delete
End If
If Cells(i, 1) = "aaaaa" Or Cells(i, 1) = "bbbbb" Then
Rows(i).Delete
End If
Next i
End Sub 'この行まで

※ 一旦マクロを実行すると元に戻せませんので、別Sheetでマクロを試してみてください。

参考になりますかね?m(_ _)m

こんばんは!
横からお邪魔します。

VBAになってしまいますが、一例です。
データはA1セルからA列にあるとします。

画面左下の操作したいSheet見出し上で右クリック → コードの表示 → VBE画面に
↓のコードをコピー&ペーストしてマクロを実行してみてください。
(Alt+F8キー → マクロ → マクロ実行です)

Sub test() 'この行から
Dim i As Long, k As Long
For i = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row To 1 Step -1
If Cells(i, 1) = "bbbbb" Then
k = i
Do Until Cel...続きを読む

Q地震の時、地上とビルの上では、何故ビルの上の方が良く揺れるのか?

 タイトル通りです。
昨日の地震の時、地上を歩いていた人が揺れに気付かなかった事を
不思議がってた人に、説明出来ませんでした。
(我々はビルの上にいました)

Aベストアンサー

建物を寒天で出来ていると考えればわかるかと思います。

地震で地面が揺れます、それが建物に伝播して建物が揺れます。もし建物が極端に細い物や柔らかい物で出来ていたら、1階と屋上の揺れはどうなりますか。屋上の方が変位が大きくなりますよね。

逆に揺れるから、建物自体に力は掛かりません。1階は揺れに対して抵抗するので力が掛かり破損します。同じ力が加わった場合、変位が大きい所は力が逃げ力が掛からず、揺れが大きくなる。逆に変位が小さい所は力は逃げず大きく掛かり、揺れが小さくなります。

Qエクセル2003で重複するデータの数量をまとめる

エクセル2003です。縦に連続する同じ名前のデータの数量をまとめて合計したいのですがどうすればよいでしょうか?具体的には
データ |数量|
データA 2
データB 4
データA 1
データC 6
データB 3
こういった感じのデータを違うシートに貼り付けるなどして
データA 3
データB 7
データC 6
こういう状態にしたいのです。
アドバイスよろしくおねがいします☆

Aベストアンサー

方法1
シート2の空セルを選ぶ
データメニューの統合を開始する
シート1のAB列を追加する
左端列にチェックを入れてOKする

以上です。


方法2
表範囲を選び,データメニューのピボットテーブルレポートで集計させます。
難しい数式も何も使わずに,一気に集計結果が得られます。


方法3
もし,あなたが「集めるべきデータは データAとBとCの3種類だ」と確信を持って全てのデータを事前に用意できるなら
シート2にそれらの
データA
データB
データC
を羅列しておき,
=SUMIF(Sheet1!A:A,A1,Sheet2!B:B)
などの関数で,それぞれの集約値を求めることが出来ます。


方法4
べらぼうに面倒くさい数式を使えばデータABCを数式で抽出することも,やれば出来ます。
でもこういったマニアックな式は所詮遊びでしかないので,使わないことをお薦めします。
シート2のA1に
=INDEX(Sheet1!$A:$A,SMALL(IF(ISNUMBER(1/(FREQUENCY(MATCH(Sheet1!$A$1:$A$6,Sheet1!$A$1:$A$6,0),MATCH(Sheet1!$A$1:$A$6,Sheet1!$A$1:$A$6,0)))),INDEX(ROW(Sheet1!$A$1:$A$6),),9999),ROW(A1)))&""
B1に
=IF(A1="","",SUMIF(Sheet1!A:A,A1,Sheet1!B:B))

方法1
シート2の空セルを選ぶ
データメニューの統合を開始する
シート1のAB列を追加する
左端列にチェックを入れてOKする

以上です。


方法2
表範囲を選び,データメニューのピボットテーブルレポートで集計させます。
難しい数式も何も使わずに,一気に集計結果が得られます。


方法3
もし,あなたが「集めるべきデータは データAとBとCの3種類だ」と確信を持って全てのデータを事前に用意できるなら
シート2にそれらの
データA
データB
データC
を羅列しておき,
=SUMIF(Sheet1!A:A,A1,She...続きを読む

Q測定機器の機能

いろいろな測定機器があると思うのですが、ゼロトラッキングについて質問です。

ゼロトラッキング、いわゆるゼロ点補正ですが、これは表している値を0に表示させる機能だと思うのですが、単に表示している値の基準をゼロにリセットしているだけですよね。
0.1だろうが0.2だろうが、そのときの値を0として次を計測する、ということだと解釈しています。

私はクーロンメータで帯電量を測定しており、毎回ゼロ点補正するわけですが、なぜかゼロ点補正を押しても0.01になってしまいます。ゼロ点補正ではなく0.01補正といった状態です。
単位がナノクーロンなので細かい単位からそういうものなのかと思っていますが、この場合、0.01に補正して測定した場合、測定値から0.01引いてあげればよいということであっていますでしょうか?

ゼロ点補正の逆算というのもあまりよくないのだと思いますが、ゼロ点補正についてちょっと確認したくなったので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誤差の話は別にして、ゼロ点補正しても0にならないのが不思議なんですよね。
それで、一般的な話として、次のように考えます。

ゼロ点補正の原理は想像するしかないですが、たとえばある点の電位を0にしているとすると、その精度が測定精度に追いついていないのです。
電位を0にするのは、意外に難しいです。導線で繋げば同電位になると思われるでしょうが、別の金属が接触すれば、電位差が発生します。
その測定器は、かなり高感度で、ギリギリの精度を実現しているのでしょうから、その接触電位差でさえ、誤差となるのでしょう。

測定値からゼロ点を差し引くのは、お勧めできません。
測定器の本来の精度ではありませんよね?
それ以上の精度を求めようとして、そう考えたのでしょうが、精度の向上の検証も無く行えば、測定値に何の保証も無くなってしまいます。
つまり、演算は、誤差を累積する働きしか持ち合わせていないので、誤差は減りません。
#例外は平均ですが、それでも真値からの偏りは減らせません。

もっと言えば、ゼロ点に対して精度を向上させたと思える計算であっても、それ以外の測定値に対しても精度を向上させたかどうかは、検証がなければ言えないのです。
測定器の精度よりも高い精度を求めようとしても、それはかなりの困難を伴いますから、諦めてください。

誤差の話は別にして、ゼロ点補正しても0にならないのが不思議なんですよね。
それで、一般的な話として、次のように考えます。

ゼロ点補正の原理は想像するしかないですが、たとえばある点の電位を0にしているとすると、その精度が測定精度に追いついていないのです。
電位を0にするのは、意外に難しいです。導線で繋げば同電位になると思われるでしょうが、別の金属が接触すれば、電位差が発生します。
その測定器は、かなり高感度で、ギリギリの精度を実現しているのでしょうから、その接触電位差でさ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報