財務諸表を見たら、企業の現状を一目で分かると言われていますが、バランスシート、損益計算書、キャッシュフローといろいろあって何が言いたいのかイマイチ分かりません。それぞれの表の見方のコツ(ポイント)を教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

次のようになります。



借入時の仕訳
現金(又は預金) 60,000 長期
借入金 60,000

返済時の仕訳      
長期借入金    ****   現金(又は預金) ****  
支払利息     ***

手形借り入れでも、証書借り入れでも、借り入れは全て借入金勘定を使います。
借入期間が1年以上だと「長期借入金」を、1年未満だと「短期借入金」となります。

返済時の仕訳は、一回あたりの返済金額が判らないので、金額は入れて有りません。
    • good
    • 0

財務諸表には、バランスシート、損益計算書、キャッシュフロー、その他にも有りますが、簡単に云うと次の通りです。



バランスシート(貸借対照表・B/S)は、一定の時点(作った時点)の企業の財産(資産・負債・資本)の状況を表します。

損益計算書(P/L)は、決算期間の営業活動の結果(収支状況)を表します。

キャッシュフローは、企業の現金の流出入という視点から見るものです。

これらの諸表の数値を分析したり、幾つかの期間や、同業他社と比較することにより、企業の安全性や、成長力、収益力などが判るのです。
このことを、財務分析とか経営分析と云います。
詳細は、下記のページをご覧ください。

財 務 諸 表 の あら まし
http://www.prings.com/accounting/zai.htm

http://member.nifty.ne.jp/bxro7302/boki.html

【キャッシュフロー計算書がピンと来ない人へ・・・もう一つの見方】
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4168/anoth …
 

この回答への補足

ありがとうございました。
現在、問題集を解いているんですが、仕訳がよく分かりません。分かり易く回答してもらいませんか。お願いします。

「6月末日に60,000千円を証書借入。返済条件は12月末日を第1回目として、 その後6月末日と12月末日の年2回の分割返済。利払日は元本返済時、利率は 年6%。決算日は3月末日。」

↑上記を仕訳してもらえますか?

補足日時:2001/07/26 14:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ