今年度初めに二人で合資会社を起業し、営業しています。
おかげさまで、かなりの利益がでています。ただ私たちは、経理に関しては全くの素人で、会計ソフトと書店にある参考書を見て、帳簿をつけています。
最初は自分たちで、帳簿をつけて申告しようと思っていましたが、初めてみるとかなりの売上および利益になりそうですので、恐ろしくなりました。
税務に関して、商工会議所に相談したら、法人に関しては税理士に相談してくださいとのこと。税理士にどこまで頼むかで、料金が変わってくるとのアドバイスを頂きました。残念ながら、私たちには税理士の知り合いが無く、面識のない税理士に頼まざるおえません。そこで最初にどのように相談すればいいか、どれくらいの相談料(顧問料)なのかを教えてください。又必ず税理士に相談しないといけないのか、相談した方が得なのか(売上や利益によっても違うでしょうが)、教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>最初にどのように相談すればいいか、


税理士にも、いろいろ有ります。
試験を受けて税務知識のある人と、税務署員が退職して資格を取った人あり、税務署に顔が利く人と、知識が有り節税が上手な人と、それぞれ得手不得手があります。
一番よいのは、知人などで税理に依頼している人から、評判を聞くのがよいでしょう。

青色申告をされていると思いますが、「法人会」に加入されていないのでしたら、加入をお勧めします。
加入すると、法人会から税理士を紹介してもらえます。
また、色々な税務の講習会もおこなっています。
法人会の加入方法は税務署で聞くと判ります。

>どれくらいの相談料(顧問料)なのかを教えてください。
税理士の報酬は、その依頼する内容と、依頼する会社の規模により変わります。
顧問契約・決算業務・申告書作成・調査立ち会いなど、それぞれ税理士会の標準報酬が決められています。
1例として、資本金が500万円か売り上げが5000万円で顧問料が25000円です。
詳細は、参考URLをご覧ください。
もちろん、これは規定で、幾つかの項目を重複して依頼すれば、安くなります。

>又必ず税理士に相談しないといけないのか、
そんなことはありません。全くの任意です。
ただ、税務申告は複雑で、始めての人が書籍を読んでも、正確にできるかというと難しいでしょう。
最初は、帳簿まではご自分で記帳して、決算と申告は税理士に依頼された法が、よろしいかと思います。

幸いにも利益が出ているとのことですから、税務は費用がかかっても専門家に任せて、事業に力を注いで、更なる飛躍を目指された方が得策かと思います。
そして、次の目標として、増員されるときに、経理が出来る人を採用されるのもよろしいかと思います。

>相談した方が得なのか
無駄な税金を払わないように、専門家の指導を仰ぐことは得でしょう。
税務調査でも、税理士に立ち会ってもらうと、税務署員も専門家がいると無茶はしませんし、申告書に税理士の署名が有ると、印象は良いでしょう。

そんなことから、最低でも、顧問契約をされて、状況を見ながら、決算・申告は依頼された方がよろしいと思います。

参考URL:http://www.itakura.com/zeimu910/housyu/keiei001. …
    • good
    • 0

税金の申告は法人であろうと絶対に自分でやるべきです。


税理士に頼んで税金が自分でわかりますか?いまの会計ソフトは優秀です。あなたの考えは間違っていません。ただ、間違っているとしたら売上が多くてかなりの利益がでるということです。これを怖がっていたのでは実業家にはなれません。税金は利益が出たらはらうべきですしそうしなければいけないと思いますが、税理士によって税金が節税できるかどうかは、疑問ですね。自主申告の時代にそしてパソコンまで使えるあなたが
記帳や簿記ぐらいできなくてはおかしいですよ。昔は何百万もしたコンピューターで記帳や決算書を税理士事務所で印刷したからもっともらしくみえた申告書も今では家庭で手軽に法人会計ソフトがこなしてくれる時代そして税金でわからないことがあったら国税局の電話相談室や近くの税務署に匿名で相談したらなんだって
答えてくれる便利な世の中になっています。是非にもご自分でやることをお勧めいたします、また、付け加えますと税務調査には税理士に頼んでいようがいまいが、
関係ありませんから正しい申告を心がけていれ高い顧問料や決算料が全部節税になるのではないでしょうか?安心を買う意味で税理士に頼んでもあくまでの税理士は
税理士法 総則 弟1条にあるように納税者がわに、かたよるでなし、税務署がわにかたよるでなし、税法を正しくまっとうしなさいとあります。ということは?
ただ、へたな税理士にあたるとお金だけ取られるということになるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
年度末くらいまでは、自分でやってみようと思います。
それで判断してみます。

お礼日時:2001/08/20 19:44

 まず、税理士を使わなくてはいけないかということに関しては、絶対ということはありませんが記帳から申告までできる経理担当者がいないのでれば、実質的には利用しないと申告できません。

また、税法は毎年微妙に変わりますから、今知識があっても来年同じ知識でいけるとは限らないのが税務の世界です。
 こんなことにエネルギーを使うなら税務は税理士に任せて本業にその分エネルギーを使った方がいいとおもいますよ。
 法人税の申告書用紙を見たことありますか?素人がアレを見たら絶対に税理士に任せようと思います。

 友達知り合い親戚等で税理士を利用している人はいないでしょうか?いたらその人から紹介してもらうのがいいと思います。それ以外だと開業当初は無料の記帳指導があると思いますのでそこに来てくれた税理士に依頼するというのも手かもしれません。税理士側にしても一見さんはリスクがあって、「お願いします」「はいどうぞ」とすんなりとは行かないこともありますので、街の税理士事務所に飛び込みで行くのはおすすめできません。

 顧問料については、貴社の規模とどの程度の仕事をお願いするかにも依ると思います。小規模企業だと月額2~3万で決算料が3~4ヶ月分ってところでしょうか。一応標準報酬というのはありますが実質的にはお互いの交渉で決まります。また地域によっても違って来ると思います。東京のように税理士が余っている地域でしたら、合い見積もりをとってみるというのも手かもしれません。このほか開業当初はあまり関係ないと思いますが税務調査に立ち会ってもらった場合は1日6~7万ぐらい支払います。

 ところで開業の届とか青色申告の届などを税務署に出してありますか?
    • good
    • 0

>最初にどのように相談すればいいか


下記URLで該当の税理士会で税理士を紹介してもらいましょう。
毎月の税務相談・月次決算資料作成、決算書作成、税務調査立会いなど
ありますのでどこまで見てくれるか、又はどこまで見てもらいたいかを
確認した方が良いでしょう

>どれくらいの相談料(顧問料)なのか
月3~5万円が相場でしょうか。(所得税・法人税の金額によって異なります。)
税務署の調査立会い報酬は1日6万円が規定報酬です。
決算書作成は10~20万円程度でしょう。
源泉税の申告や消費税の申告でも個別に報酬を支払います。

>必ず税理士に相談しないといけないのか
そんなことはありません。

>相談した方が得なのか
税制面でも時間的経費からしても得だと思います。
また、税務署に対しても税理士が関与していた方が
印象は良いと思います。(申告書に作成税理士名を記入できます。)

知り合いの会社の税理士さんを紹介してもらうなどすれば
報酬額を多少は安くしてくれることもあると思います。

参考URL:http://www.nichizeiren.or.jp/03map/map.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
知り合いによい税理士がいないかたずねてみます。

お礼日時:2001/07/28 09:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上から純利益を求めたい

現在の会社員から独立、法人成り(一人会社)を検討しています。
今後1年間で見込める売上・経費は次のとおりです。

 ・売上・・・800万
 ・移動費用・・・30万

仕入れや原材料費・固定費用といったものは発生しません。
この条件で社会保険(健康保険・厚生年金)をつけた場合、
どの程度の純利益が見込めますでしょうか。
その際、最適な役員報酬の設定額といったものはございますでしょうか?

色々なサイトを見てまわったのですが
いま一つ理解に及ばなかった為、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。大変失礼しました。税引き後利益でしたよね。
日本の実効税率は約41%と言われていますが、中小企業の場合には約33%のはずです。したがって、税引き前利益×67%が純利益となります。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/japan/si/jikko_zei.html

Q企業後に税理士さんを頼むべきか

行政書士に頼み、役員一人なのですが、株式会社を設立しました。
その後行政書士さんに税理士さんを紹介されたのですが、
月1万5千円、決算の時に9万円ということ。
最初に会社用の銀行口座を作って、それを役所に登録したりとか、
月々のやっていくこととか考えると頼んだほうがいいのでしょうか?

もし頼まずに自分でもやれるということであれば、
どういった手順でどういった書類を役所に届ければいいのか、
月々どのような経理をしていけばいいのかなど、
細かく説明していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

業種や売上見込みなどがわからないので、アドバイスもしにくいのですが、ご質問の文章からして個人事業から法人成りではなく、新規で法人設立ということでしょうか?

法人でないと取引ができないなどの場合はともかく売上や利益の見込みなどによっては個人事業から始めたほうがいいケースのほうが多いです。(消費税の免税などを考慮しても)
そういったことこそ行政書士(司法書士?)でなく税理士に相談して決めるべきだったかと思います。設立前しか申請できない助成金などもありますし、青色申告の届は設立後2か月以内にしなければいけません。

個人事業であればある程度勉強すれば申告はできないこともありませんが、法人であれば税務調査に怯えなくて済むような申告をするのははっきりいって相当の知識がないと無理かと思われますし、ここで文章ですべてを説明するのは不可能です。

その金額であれば税理士の顧問料としてはかなり安い部類ですので、色々なことに肉体的にも精神的にも煩わされることが少なくなりますし、それだけ支払ってもその分本業に集中して稼ぐことができると思えば高くはないかと思います。

ただし、契約前に毎月の顧問料と決算料以外にどんな費用がかかるか(年末調整費用や相談料など)どれくらいのサイトで訪問してくれるか(毎月なのか、決算時だけか)相談は常に無料でしてくれるのかなどは確認しておいたほうがよいかと思われます。
見た目だけ安くて年額はあまり変わらないとか全く税理士も担当者も来てくれないというところもありますので

業種や売上見込みなどがわからないので、アドバイスもしにくいのですが、ご質問の文章からして個人事業から法人成りではなく、新規で法人設立ということでしょうか?

法人でないと取引ができないなどの場合はともかく売上や利益の見込みなどによっては個人事業から始めたほうがいいケースのほうが多いです。(消費税の免税などを考慮しても)
そういったことこそ行政書士(司法書士?)でなく税理士に相談して決めるべきだったかと思います。設立前しか申請できない助成金などもありますし、青色申告の届は設...続きを読む

Q株式会社にしたら会社の帳簿と個人所得の帳簿と二本立てになるのでしょうか?

これまで個人事業として青色申告でやってきました。収入は結構あり、元手があまりかからないので利益率は高いです。取引先が大企業が多く何かと都合が良いので社長一人の株式会社にしたいと考えています。
株式会社にしたら会社の帳簿と個人所得の青色申告と二本立てになるのでしょうが、面倒な気がしています。それなら株式会社など止めとけと言われそうですが。
何か参考になるご意見はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社は、「法人(法的人格)」と言って、法律上の取扱いとしてはhimanashi6さんとは別のもう1人の人格と見なされます。
ですから、himanashi6さんがHIMANA株式会社を設立すると、himanashi6
さんの他にもう1人HIMANA氏がいて商売をしている、とみなされます。

この場合himanashi6さんは、HIMANA氏に雇われた「社長」という役職の従業員という立場になります。
従って会計の扱いは、会社から役員給与をもらう給与所得者になります。給与所得者として、所得税はHIMANA氏から源泉徴収をされます。himanashi6さんの申告の必要はありません。

Q合資会社について

会社を合資会社にするメリットが良くわかりません。辞書を調べると有限責任社員と無限責任社員からなる会社とありますが、それだけではピンときません。例えば、合名会社、有限会社と比べて、どのような形態に適しているのか、メリットは何なのか、教えてください。

Aベストアンサー

合資会社には株式会社のように取締役会もなければ取締役の選任もないし、監査役をつけなくてもかまいません。
こんなに規制がゆるいのは、株式会社・有限会社はともに社員(ご存知とは思いますが、法律では「社員」とは従業員じゃないですよ。株式会社で言えば株主です)について有限責任を基本原則とする、いわゆる「物的会社」であり、合資会社・合名会社は代表者は無限責任を負うという「人的会社」だからだと思います。

合資会社では代表者のことを「無限責任社員と呼び、なんらかの問題が起こった場合には、「無限責任社員」が無限に責任を負うことになります。つまり、株式会社・有限会社は出資金の範囲においての有限責任ですが、合資会社・合名会社の代表者は「無限責任を負う」ので、借金をしたら死ぬまで返すということになりますね。

会社の業務執行は無限責任社員が行いますので、他形態の会社のように取締役会を開く必要も無く、運営が非常に楽です。
また、商業登記上も取締役の選任も必要ないため、他形態会社のように定期的に変更の登記をすることも必要ないというメリットもありますので小規模の企業に向いた形態といえます。

合資会社には株式会社のように取締役会もなければ取締役の選任もないし、監査役をつけなくてもかまいません。
こんなに規制がゆるいのは、株式会社・有限会社はともに社員(ご存知とは思いますが、法律では「社員」とは従業員じゃないですよ。株式会社で言えば株主です)について有限責任を基本原則とする、いわゆる「物的会社」であり、合資会社・合名会社は代表者は無限責任を負うという「人的会社」だからだと思います。

合資会社では代表者のことを「無限責任社員と呼び、なんらかの問題が起こった場合に...続きを読む

Q税理士の選び方(税理士紹介会社の実態は?)

会社を設立する事になりました。
税理士を頼もうと思うのですが、税理士紹介会社に紹介してもらうのが合理的であるように思います。しかしながら、下記のような懸念があります。

(懸念事項)
1、紹介会社にもいろんなパターンがあるようですが、例えば、税理士が紹介会社に200万円支払うと、紹介会社は税理士に10件紹介するという契約の場合・・・・。
 私が、5人の税理士と面談すると、紹介会社は100万円の役務を提供した事になります。
 この高額の紹介料は、当然最終的に顧問料にはね返ってるくると言う事ですかね?

2、紹介会社にこのような高額な紹介料を支払うと言うことは、仕事が無くて困っている税理士が多く登録していると言う事ですかね?

3、「あなたにピッツタリの税理士を紹介」とうたっていても、紹介会社はお客様である税理士にバランス良く振り分けなきゃ、商売になりませんよね?
  
4、試験勉強は出来るが、人付き合いやが苦手で、経営感覚のにぶい税理士が登録しているイメージがあるのですが?


税理士の方、紹介会社の方、実際に利用された方などの体験談を聞かせて下さい。

会社を設立する事になりました。
税理士を頼もうと思うのですが、税理士紹介会社に紹介してもらうのが合理的であるように思います。しかしながら、下記のような懸念があります。

(懸念事項)
1、紹介会社にもいろんなパターンがあるようですが、例えば、税理士が紹介会社に200万円支払うと、紹介会社は税理士に10件紹介するという契約の場合・・・・。
 私が、5人の税理士と面談すると、紹介会社は100万円の役務を提供した事になります。
 この高額の紹介料は、当然最終的に顧問料にはね返ってるく...続きを読む

Aベストアンサー

会計事務所の側の者です。

1.このような料金体系があっても驚かないくらい、紹介フィーは高額です。一般的には年間の顧問報酬の50~60%です。おっしゃる通り、基本的にこれらは顧問料に上乗せされます。

2.一概にはそうとは言えません。税理士のほぼ大半が、もっと顧問先を(とくに優良な顧問先を)増やしたいと考えています。

3.鋭いですね!id2029さんのご指摘の通りです。「企業にとってピッタリ」な税理士ではなく「成約率が高くて(これがないと紹介会社がもうからない)、広告費をたくさん出してくれる」税理士を紹介しています。

4.紹介会社を利用するにせよしないにせよ、複数の税理士と会って見極めてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報