【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

創業者は偉大だという誇張が見られるようです。

では逆に創業者のクソみたいな逸話を知ってたら教えてください。

例えば、チキンラーメンの生みの親である日清食品の創業者は台湾人で台湾人が考えた特許を買い取って日本に来て成功して奥さんを台湾に残したままにした。

徳川家康は農民から資産は作らせない死なない状態にして年貢を徴収することで江戸幕府を拡大させた財力を作り出し全国制覇した。農民は人間ではないと信じていた。

A 回答 (6件)

ビル・ゲイツはクソw


私の時代はそうだったなぁ。

ヤマト運輸は分かりやすいクソが多いと思いますw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとうございました

理由を書いてください

お礼日時:2019/02/04 18:57

松下幸之助。

流通センターとして使う倉庫の建設。
担当した義弟が、木造と鉄筋の両方の見積もりを見せ、木造なら補強のために、中に何本か柱が必要です。使い勝手を考えると、高くついても、やはり鉄骨と何度も勧めたのに、安いほうがええからと、トップの威圧と共に、強引に木造に決定。
完成後、その柱が邪魔で使い勝手が悪いと、いちゃもん。
だから、建てる前に、何度も言ったでしょう。という反論に、それでわしを説得できなかったお前が悪い。と、身内相手ならではの理不尽なわがままぶりを発揮。
    • good
    • 0

チキンラーメンの生みの親は家族も従業員もハッピーにしてるでしょう。


徳川家康は秀吉の刀狩りを受け継ぎ、農民の兵役を免除することで農民を豊かにしたのです。
日本の古来からの伝統と思われている村祭り、節分、お盆、檀家制度、おせちなどが庶民に普及したのは
すべて江戸時代からです。江戸時代になってやっと庶民がそういう文化に接することができるよう豊かになったのです。
庶民文化の花を咲かせたのは徳川家康あってのものです。

逆に会社をつぶした創業者は誰とは言いませんがどんなに有名でもクソです。
    • good
    • 1

大抵の場合、創業者はワンマンと相場が決まっている。

    • good
    • 0

> 徳川家康は農民から資産は作らせない死なない状態にして年貢を徴収することで江戸幕府を拡大させた財力を作り出し全国制覇した



これは嘘ですね。
もっと歴史を勉強しましょう。

秀吉の時代くらいから、戦争の強い弱いは、その領域における経済力で決まるようになっていました。
農民をこきつかって経済力が上がるわけありません。
    • good
    • 0

完璧の人間が世の中に存在するのかね



クソ撒き散らすと臭いよ
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。 実際

戦国時代のドラマを見てると軍議の席で武将達がやたら声を張り上げて意見交換してる場面があります。
実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
普通の声のトーンで話さなかったのですかね?

Aベストアンサー

実際の軍議もあんな大きめの声を出してたと思いますか?
 ↑
そういう人が多かったと思います。
1,軍議は自己アピールの場でもあります。
 声が大きい方が目立つし、意見も通りやすいのは
 今も同じです。
2,戦国時代の武将の声はとてつもなく大きかった
 と言われています。
 広い戦場で自分の名前をCMするのですから
 大きいことが要求されたのです。



当時の武将達も声が小さめの人や、言葉を噛む人とかいたと思うのですが…
  ↑
そりゃいたでしょうね。



普通の声のトーンで話さなかったのですかね?
  ↑
徳川家康は、部下の自由なディスカッションに任せ
それろじっと聞いていて、最後は自分で決める、
そういう軍議をしていたという話があります。
声がでかくないと、主君の耳に入りません。

Q1950年代の日本ってもうかなり普通の暮らししてましたか?

1950年代の日本ってもうかなり普通の暮らししてましたか?

Aベストアンサー

東日本大震災から8年、いまだにこの様です。
戦争が終わったのが1945年、日本中が震災に合ったようなものでしょう。「もはや戦後ではない」と言われたのが1956年、10年かかって戦争の後処理がようやく終わった感じだったのではないでしょうか。

Q元号は昔天皇が決めていた、一代で五回元号を変えたり、天皇自身の名前を4回変えたりしていた。 それで、

元号は昔天皇が決めていた、一代で五回元号を変えたり、天皇自身の名前を4回変えたりしていた。
それで、今上天皇皇后陛下が、相談して、新天皇に引き継げば良いのでは?

Aベストアンサー

その草案を出すのは、側近たち。天皇はあくまでも最後の決定権のみ。

今の天皇陛下にも、せめて、気に入らない案だったら拒否権発動できる権限与えたいです。

Q徳川家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのですか?

魏忠賢などの悪臣の専横によって乱れきった明朝の末期は徳川家康・秀忠が将軍だった頃であり、鎖国も行っていませんでした。
結果的に明は女真族という辺境の弱小民族によって征服されてしまうわけですが、徳川幕府がその気になれば明を征服するのは容易だったはずなのに、家康や秀忠は明を征服しようと思わなかったのでしょうか?

秀吉の朝鮮出兵の頃は、明もまだ弱体化が進んでいない頃でしたが、その頃とは比較にならないほど弱体化が進んでいたので。

Aベストアンサー

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います。
そういえば、そんなバカが過去にもいました。それは、日出る国の聖徳太子です。この時に現地で中国側と交渉した人物は秀吉の時と全く同じことをしています。現地で先進的な大国の実状を知って、日本側のトップの顔をつぶさないようにして、二枚舌で収拾するという方法です。

徳川家康は、豊臣秀吉の朝鮮侵略の失敗を教訓として300年続く日本の平和な時代の仕組みを作ります。限られた領土で平和を維持するために、大名の取り潰しや、参勤交代などの仕組みをつくりますが、政治的なシステム以外に庶民が作り上げたシステムもあります。それは、徳川300年の間に人口が全く増加していない事実から導かれます。

家康と秀忠は秀吉と同時代に生きていたので、二度とアホなことはしませんでしたが、その教訓を忘れてしまった平和ボケの人々は、明治に入って中国侵略を開始しますが、秀吉の朝鮮侵略から得られた軍事的な反省をなにひとつしていなかったため、最後は悲惨な結果になっています。
日清日露戦争は短期間の戦争であり、当時の日本は、欧米の先進的な兵器に関する各種技術を導入していたため、時代遅れの兵器相手に勝てるのは当然ですが、先進的な欧米諸国ではすでに確立していた兵站システムが全く構築されていなかったことが、日本の決定的な弱点と言うか特性なのだろうと思います。

そんなこと、これっぽっちも考えていないと思います。
理由は簡単です。秀吉の朝鮮侵略の悲惨な結果を知っているからです。

日本の戦国時代を代表する武将の中で秀吉だけは異質ですが、それは彼が商人、現代風に言えば経済人の感覚を持っていたからです。当時の日本の経済発展のためには領土の拡大が欠かせなかったと思います。
まあ、しかし、他国への侵略という点においては、身の程を知らないというか、世界を知らないというかバカですね。先進的な欧州の植民地化の手法と比較すると幼稚極まりないと思います...続きを読む

Q日本が一番のんびりしてた時代って60年代か70年代ですか?

日本が一番のんびりしてた時代って60年代か70年代ですか?

Aベストアンサー

No.5 回答者: Mocojima_Z さんが、回答日時:2019/03/05 16:42 に
「むしろ、一番のんびりしてるのは今では?」と回答しています。
私もそう思います。
理由は、❶ のんびり = 身心がゆったりと落ち着き、内外の制約を気にせずに自分の満足するように行動しているさま ❷ 社会保障厚生施策が厚くなり、収入や職の有無を強く気にせずに済む社会になっている、性差、個体差、人種差、能力差、年齢差、長幼上下先輩後輩血族同族勤務先などの人間関係のしがらみや制約を気にしない発言行動スタイルがとがめられない、❸ テレビの番組内容でも何でもありでとがめらることが少なくなっている、❹ 犯罪事例でも今までは想像しにくい行動が公然となることが多くなっている = 昔ならばもっと別の理由や背景をセットで報じないとおかしいと思われてしまう = 現在はどんなこともあり得る、制約を内的にも持たない人物が出現することさえも納得する時代になっている と思うからです。

まあ、今は子供たちが塾やお習い事で大変で、スマホも離せない時代になっていて、子どもは子どもで勝手に遊び回るというような時代とは違いますが、その子どもは、異年齢子供たちだけで勝手に集団遊びをするのをきついと感じるようですから、現代の子どもにとっては昔の子どもはのんびりとはしてられないというように感じると思うでしょう。
おそらく、人類の歴史では、20歳過ぎまで就労せず家事労働せずというような人が多くなったのは、世界でみても、1970年代以降ではないでしょうか。
http://www.garbagenews.com/img17/gn-20170613-01.gif
「"食うため、生きるために!"を、自分自身の指針として頑張る」のは《のんびりとも言える》と考えるのであれば別ですが、《温泉に浸かってのんびりと》《一日景色を楽しみ海岸でのんびりと》《ビールを飲みながらテレビでものんびりと》のようなのんびりの時間帯を人生の多くの時間で過ごせるのは、多分、現代が一番でしょう。
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26honpen/img/z1_4_13.gif
職場になじめない、学校になじめない、就活が希望のように進まないという理由で無職で親元にいられるのであれば、それをのんびりした時代の証とも考えられらるでしょう。
未婚者の増加も、江戸の未婚者とは状況が違って、現代のはのんびりした時代だからでしょう。

No.5 回答者: Mocojima_Z さんが、回答日時:2019/03/05 16:42 に
「むしろ、一番のんびりしてるのは今では?」と回答しています。
私もそう思います。
理由は、❶ のんびり = 身心がゆったりと落ち着き、内外の制約を気にせずに自分の満足するように行動しているさま ❷ 社会保障厚生施策が厚くなり、収入や職の有無を強く気にせずに済む社会になっている、性差、個体差、人種差、能力差、年齢差、長幼上下先輩後輩血族同族勤務先などの人間関係のしがらみや制約を気にしない発言行動スタイルがとがめられない、...続きを読む

Q日清食品のチキンラーメンは台湾の雞絲麵のパクリだった? 本家の台湾の雞絲麵は戦後食料不足で飢えにあえ

日清食品のチキンラーメンは台湾の雞絲麵のパクリだった?

本家の台湾の雞絲麵は戦後食料不足で飢えにあえぐ日本人を見かねて台湾人が送ってくれた。

それを日清食品の創業者はパクってチキンラーメンとして発売。

油で麺を揚げる製法は台湾には昔からあったパクって特許を日本で取って売っただけって酷くないですか?

まるでパンケーキのgramグラムと同じじゃないですか。

チキンラーメンが出るまで当時の日本人は乾麺を食べてなかった。お湯を入れるだけで食べられる麺を知らなかったというのは違ったんですか?

台湾の雞絲麵を当時の日本人は食べてる人は食べていた?

百福は知らなかったと生前行ってたらしいがラーメンの研究をしている人が当時日本国内で出回っていた台湾の雞絲麵を知らな買ったわけがないってどう思いますか?

Aベストアンサー

その可能性は否定できません。
ただ台湾・中国でも「安藤氏がパクった」までは言ってないです。
お湯で戻すと直ぐに食べられる油揚げ麺の元祖は伊府麵であると思っています。
中国でも油揚げ麺の元祖は中国にあるとしており、安藤氏云々は言ってないです。
安藤氏も味付け油揚げ麺の製法に関しては他社から特許を買い取っており、けっしてすべてがウリジナルとは言ってないです。
世界史では紙の発明者は蔡倫としていますが、実際のところその前段となるようなものは存在したとされており
蔡倫はその製法をより実用的な物に改良したというのが真相です。安藤氏も即席めんをより実用的なものに改良し
世界に広めたことは事実です。それに人柄がよかったですね。

台湾のwiki

https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%BA%B5

中国百度

https://baike.baidu.com/item/%E9%B8%A1%E4%B8%9D%E9%9D%A2/2427420?fromtitle=%E7%99%BD%E9%B8%A1%E4%B8%9D&fromid=2372600

NHK朝ドラの主人公が日本人のような名前を使い、台湾出身であることはなぜか隠蔽されていますね。
生前の安藤氏の言葉を聞くと台湾なまりがあるので、生粋の日本人でないことはわかるのですが。

>お湯を入れるだけで食べられる麺を知らなかったというのは違ったんですか?

一般には知られてなかったですね。

>台湾の雞絲麵を当時の日本人は食べてる人は食べていた?

ほんのごく一部の人はいるかもしれませんが、一般的とは言えませんでした。
台湾出身者の中には知っている人もいたようです。
安藤氏が特許を買ったのも台湾人からです。

その可能性は否定できません。
ただ台湾・中国でも「安藤氏がパクった」までは言ってないです。
お湯で戻すと直ぐに食べられる油揚げ麺の元祖は伊府麵であると思っています。
中国でも油揚げ麺の元祖は中国にあるとしており、安藤氏云々は言ってないです。
安藤氏も味付け油揚げ麺の製法に関しては他社から特許を買い取っており、けっしてすべてがウリジナルとは言ってないです。
世界史では紙の発明者は蔡倫としていますが、実際のところその前段となるようなものは存在したとされており
蔡倫はその製法をより実...続きを読む

Q明治時代と一世一元の制について

明治時代は厳密には一世一元の制には入らないのですか。
理由も含めて答えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

慶応の時に即位してますが、改元はその時でなく、少しずれて、新政府の発足をきっかけにしてますから。

Q明治生まれの人って喋る言葉って今の人と変わらなかったですか?小学校までしか出てない人多いらしいですけ

明治生まれの人って喋る言葉って今の人と変わらなかったですか?小学校までしか出てない人多いらしいですけど、戦後高卒が当たり前になった世代の人に比べて漢字の読み書きとか常識的な部分ってどうだったんですか?大人になっても今の小学生くらいの知識ってことはないですか?小学校までしか出てなくても普通にしっかりした人多かったのでしょうか?明治生まれの祖父母や知り合いがいた方教えてください。

Aベストアンサー

漢字の読み書きは、今の人より優れていました。
敬語の使い方も相手、状況の応じた使い分けができていました。

明治の小学校は今の小学校とは全然内容が違っています。
社会にでて、ちゃんと生活できる「大人」を作るための教育をしていたのです。
だから、小学校をでれば、一応ちゃんとした大人になる基礎ができ、あとは社会生活の中で大人になっていったのです。

今は、なんか「受験のための勉強」が学校教育の中心になって、「大人になる基礎」ができてない人が社会に出ていきますよね。
だから、バイト先で不適切行為をネットにあげたりする愚かしい人が出てきました。

明治の小学校の学習の中心は国語、算数、礼儀、体操、音楽、などだと思います。
理科とか社会などの時間があまりない分だけ、文章の読み書き、手紙の書き方、話し方、書道などに時間を使ったと思います。

だから、漢字の読み書き、礼儀などは、今の大学生より高いレベルだったと思います。
何しろ、話し言葉とは別に書き言葉があります。
それだけでも今より複雑です。

話すときは「今日はいい天気ですね」と言うけど、文章では「本日はよき天気にござさふらふ」と書き、さらに読むときは「さふらふ」を「そうろう」と読む。

書きと読みが違うんですよ。
蝶々、はチョウチョウと読むけど、書く時は「てふてふ」です。
音楽の本に「てふてふ、てふてふ、菜の花に止まる」と書いてあったら「ちょうちょ、ちょうちょ・・・」と歌うのです。
複雑な日本語をマスターしないといけなかったのです。

本も子供向けの本などほとんどありませんから、文字が読めるようになったら大人と同じ本を読みます。

礼儀や常識も、「子供だから」と大目に見てもらえるのは6歳くらいまで。
小学生なら大人と同じように振る舞わないと、叱られます。

今の小学生を明治の小学生と比べたら、はるかに幼稚に見えるでしょう。

小学校を出たら働く人も多かったので、今の子供よりしっかりした常識も社会性もある人が多かったでしょう。
それに比べたら、今の子供(小中高生)は幼稚です。

知識量は別です。
子供向けの本があったり、テレビやインターネットで広い世界のいろんな知識が得られるので、今の人の方が物知りです。
でも、物知りであることと、「常識がある、知性がある」ということは別です。

ともかく、読んだり書いたり、礼儀などは、今よりずっと多くのことを学んだのが明治の人です。

漢字の読み書きは、今の人より優れていました。
敬語の使い方も相手、状況の応じた使い分けができていました。

明治の小学校は今の小学校とは全然内容が違っています。
社会にでて、ちゃんと生活できる「大人」を作るための教育をしていたのです。
だから、小学校をでれば、一応ちゃんとした大人になる基礎ができ、あとは社会生活の中で大人になっていったのです。

今は、なんか「受験のための勉強」が学校教育の中心になって、「大人になる基礎」ができてない人が社会に出ていきますよね。
だから、バイト先で...続きを読む

Q織田信長の城ってどこですか? もう焼け落ちて現存していないんですか? 徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉

織田信長の城ってどこですか?

もう焼け落ちて現存していないんですか?

徳川家康が名古屋城で、豊臣秀吉が大阪城ですよね?

織田信長の城はどこ?

Aベストアンサー

そもそも「信長は安土城」みたいに武将と城が1:1で対応しているわけではありません。
もちろん1つの城にずっととどまっている武将も多数存在しますが、信長・秀吉・家康は複数の城を転々としています。

ちなみに徳川家康は名古屋城を居城としたことはありません。

Q上杉征伐の途中に石田三成の挙兵を知り、軍を西に向けた徳川家康の背後を上杉景勝は何故攻めなかったのです

上杉征伐の途中に石田三成の挙兵を知り、軍を西に向けた徳川家康の背後を上杉景勝は何故攻めなかったのですか?
最上を攻めている場合じゃないと思います。

Aベストアンサー

関ヶ原の戦いで西軍が挙兵してから敗北まで、上杉家が目指すのは関東侵攻これ一本だったのです
※直江書状参照

最上攻めでさえその前段にすぎません
が、この最上攻めの最中に既に西軍は関ヶ原の戦いで敗北しており、上杉勝家が兵を率いて関東に攻めいることは出来なくなりました

ちなみに会津征伐軍が反転する際に追撃するべきだったというのも否です
上杉軍が反転の情報を掴んだのは家康が江戸に入ってからなので!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング