『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

沖縄戦であったことを教えてください。

A 回答 (5件)

「日本人なら戦え」と民間人の男が無理やり最前線で戦わされ最後は「突撃して立派に死ね」と言われました。

洞窟に避難した老人・女・子供は「降伏は一番みっともないこと。最後は自決するのが日本人だ」と自決を強要されたことです。降伏するために洞窟を出ようとした者はうしろから日本兵に撃たれました。沖縄だけでなく在留日本人がいたフィリピンなどでも同様の事が起きていました。武器と言っても五人に一人にピストルでもあれば上出来で大抵は竹やりか何か刃物を見つけて突撃しました。彼らが弾除けとなり後ろにいた日本兵も一緒に突撃していったのです。勝つためではなく死ぬための突撃でした。
    • good
    • 0

No3です。



とりあえず、No3を読んでいる事とwiki程度の事はググっているという前提でお話しします。


回答:いわゆる「渡嘉敷島の集団自決」と沖縄ノート裁判

事実と裁判になった理由は↓です。

戦後の慶良間諸島は働き手がいなくなっていました。
その為に貧しかった彼らは、国から補償をもらうために自決の軍命令が出た としました。
守備隊長は島民の為に、偽造された軍命令にサインしました。

その後で大江健三郎氏は「沖縄ノート」を出版しましたが、その中に「渡嘉敷島の守備隊長が島民に集団自決をするよう迫った」という記述がありました。

これに対して、赤松守備隊長とその遺族たちが、「そのような命令はなかった」と主張して大江健三郎と岩波書店を訴えました。

しかし、この件は裁判の30年前に曽根綾子氏が「ある神話の背景」という本を出版し、集団自決の命令はなかったことを明らかにしています。
村の人たちも「赤松隊長に頼んで軍命令にしてもらった」事を証言しています。

これらの詳細は↓にあります

【沖縄集団自決の真実、心優しき隊長達】
https://blog.goo.ne.jp/xenaj/e/346d07582da02ae4e …


しかし、大江氏や岩波書店はそれを認めようとせず、裁判で以下のような主張しています。

1:両隊長の名前を挙げていないから人物を特定していない
2:集団自決に軍が関与していることは間違いない

↑ですが、裁判の主旨である「隊長が自決命令を出したか否か」とは無関係です。

当時の沖縄の新聞社は進駐軍の援助を受けてこれを「鉄の暴風」として宣伝し、朝日新聞社は2万部も出版し英訳の本まで出しています。
連合国も(WGIP)の材料として使いました。

「沖縄戦であったことを教えてください。」の回答画像4
    • good
    • 0

次からは自分で場を選ぶ努力をして下さい。


(フリートークは該当するカテゴリーが無い場合のものであり何でも抛り込めるゴミ箱ではありません)

また、私は歴史の専門家でもない者が、自分の価値観を表現する為に作った「映画」から「史実」を知ろうとは思いませんし、それを有り難がる人を評価しません。



>沖縄戦であったことを教えてください。

回答:ひめゆり部隊の自決。

これについては「先人訓」の影響を語る方たちがいるようです。
しかし、民間人には戦陣訓は配布されていません。

私は、彼女たちの自決は、当時の日本人の低層観念によるものと、より楽に死ぬ為だったと思っています。


(4:55 火から逃れ出ようとする老人や子供を、周囲の敵兵は、ゲラゲラ笑いながら、また火の中に突き返す。かと思えば、死に物狂いで飛び出してくる子供を、再び足で蹴り飛ばしたり、銃で突き飛ばしては火の中に投げ込んでいる。
5:05 二人の兵隊が滑走路のすぐ横の草むらに置き去られて泣いている赤ん坊を見つけ出し、両足を持って、真っ二つに引き裂いて火の中に投げ込んだ。)


【米軍は親切だったのか ~ 沖縄戦】
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20110616/13082 …
《 投降した人は戦闘員と非戦闘員にわけられ、それぞれの捕虜収容所に送られました。収容所は一定地域に有刺鉄線を張っただけで、テントやバラックを建て、砂の地面に寝る生活でした。そこでは伝染病が蔓延し、昭和21年(1946年)にはマラリア患者が17万人にものぼり、死者は毎年1,000人を超え、本島北部の住民は戦死者よりもマラリアによる死者のほうが多いくらいでした。食事も軍用携帯食糧で、収容所によっては食糧飢饉になって草の根やネズミまで食べつくし、栄養失調で次々死んでいった収容所もあります。》


【「アンブロークン」どころではない、言語に絶する連合軍による日本人戦犯への虐待】(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=WWYTvmrcCNI
(3:00 またある海軍中佐は生爪をペンチで剥がされ、別の海軍中尉は草刈りの際に首に縄をかけられて引きづり回された。
7:30 何人かの日本人将校は、こんな待遇に怒り、また苦しみぬいた結果、抗議の自決をした。)



先人訓について

戦陣訓については、色々な思想や祖国の方が様々な解釈を語っているようですが、
「捕虜=恥」や「自決しろ」という内容はありません。

戦陣訓は、1941年に、当時の陸軍大臣・東条英機が陸軍の行動規範を示したもので、内容は道徳実践綱領や、敵兵や住民に対する配慮、軍人の道徳実践、思想戦への注意です。
(これには、キリスト教徒である、島崎藤村も参画しています。)

A:【正本・戦陣訓】(全文)
http://www.geocities.jp/kyoketu/8193.html
《本訓 其の二
第八 名を惜しむ
恥(はじ)を知る者は強し。常に郷党(きょうとう)家門(かもん)の面目(めんぼく)を思ひ、愈々(いよいよ)奮励(ふんれい)して其の期待に答ふべし。生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず、死して罪禍(ざいか)の汚名(おめい)を残すこと勿(なか)れ。》

「意訳」
1:違法行為(軍規違反、戦争犯罪)で、逮捕されるような事をしてはいけない。
2:1で囚人や死刑になると、その汚名が記録されてしまい、家族にも迷惑をかける。
3:そのような事にならないように、行いには気をつけよ。


↑の解釈について。

まず、「虜囚」ですが、犯罪者として捕えられた者=囚人 という意味です。

広辞苑では、「虜囚」とは、「とらわれた人。とりこ。捕虜。」となっています。
しかし、当時は敵国に捕らえられた者には「捕虜。俘囚。俘虜。とりこ。」という言葉が使われています。

また、「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」の構文ですが、
「生きても、死しても・・・なかれ」となり、この場合は「・・・」=「罪禍の汚名」となります。

広辞苑では、「罪禍」とは、「法律や道徳に背いた行為」です。

以上から、「罪過」の内容を、「敵国の捕虜」とすると、「法律や道徳に背いた行為」では意味が合わなくなります。
しかし、犯罪による囚人の汚名=罪禍(法律や道徳に背いた行為)なら、意味が通ります。
前述の構文でも、「生きている時も死んだ後も、犯罪者としての汚名を負うな」という意味になり、理解できます。

以上から、全体の意味は↓となります。

「恥を知る者は強いものだ。ふるさとの親類や家族の対面を考えて、(軍規に反して略奪や暴行などを行い)(憲兵に)捉えられてて収監されたり、死んでまでも罪人として扱われるような行動をしてはならない。」


それに「虜囚」=捕虜 とした場合、
「生きて虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ。」の解釈は、↓になってしまいます。

生き残って捕虜となる=恥
それをせずに戦死=罪人の汚名

なら、いったいどうしろというのでしょうか。


以上の戦陣訓の内容以前に、軍人ですら戦陣訓を知らなかった可能性すらあります。

安岡章太郎の発言(『私の中の日本軍』下巻P.340 山本七平著 文芸春秋)
「『戦陣訓』に戻って言えば私自身も一年半の軍隊生活で、『戦陣訓』を強制的に読まされたり、講義されたりしたことは一度もない。それは軍隊内で、いわば体よく無視されていたと言えるだろう。」


戦陣訓は島崎藤村の参画した事により、格調高い文章になっています。
その為に難解になってしまい、末端の兵士が誤解して暴走した事はあったかもしれません。
しかし、私にはそれによる自決が問題になるほど起きていたとは思えません。



更に、日本の国際法の遵守や捕虜の扱いは非常に厳格で人道的なものでした。
私には、日本人が 捕虜=恥 と考えていたとしたら、外国人の捕虜をそのように扱うとは思えません。

【「アンブロークン」のイメージとかけ離れた捕虜の食糧事情】(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=pDUzoFz8-Ik
(8:50 僕達は最近悪い食料は貰っていないし、なかなか良い。今の所はムール貝で忙しい。)

【「アンブロークン」の内容を一蹴した日本海軍の歴戦の搭乗員たち】(動画)
https://www.youtube.com/watch?v=9fcom989BpQ
(6:30 マレー沖海戦の時、海上に浮いていいた英兵に対し、日本機は全く攻撃を加えなかったとして、英国側から絶賛されているんです)



尚、wikiの「先陣訓」は捏造されているので、注意が必要らしいです。

【虜囚の辱の意味戦陣訓本意囚人を捕虜と捏造ウィキペディア捏造事典思想戦展開ついに馬脚を露す】
http://sinzitusikan.blog.fc2.com/blog-entry-5.html
「沖縄戦であったことを教えてください。」の回答画像3
    • good
    • 0

大東亜戦争の最終局は、大本営も政府も国民も皆、本土決戦を想定していました。

民間人を巻き込むゲリラ戦です。それが実際に沖縄で行われたという事です。

悲しいエピソードとして覚えているのは、洞窟に日本兵たちと民間人が隠れているときに、赤ちゃんが泣き出してしまい、米軍に見つかるのを恐れて赤ちゃんを殺せと命令され、従わなければならなかった事や、戦陣訓の「生きて虜囚の辱を受けず」が根深く浸透していたため、米軍に投降せずに崖から身を投じる民間人が多数いたこと(ひめゆり学徒隊など有名ですね。)

それと沖縄は島ですから、米軍上陸前には艦砲射撃でくまなく砲弾が降り注ぎました。

本土決戦は寸前で行われず終戦に至ったわけですが、沖縄では戦後アメリカ統治が続いたうえ米軍基地も集中しているわけで、沖縄の人たちにとっては「なぜ我々だけが」という思いがあるわけです。
    • good
    • 0

様々な映画を観ることをお勧めします。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学校の日本史を受けていると太平洋戦争をした日本は悪い というイメージを持ったのですが、よくよく考える

学校の日本史を受けていると太平洋戦争をした日本は悪い
というイメージを持ったのですが、よくよく考えると日清戦争や日露戦争に関してはあまり悪いイメージはありません。

もちろん特攻はいきすぎで反省すべきところですが、戦争自体は他の国もやっている。でもいつも戦犯は敗戦国にされている。

もしかして太平洋戦争において日本が悪いというイメージは左翼の洗脳なのですか?

Aベストアンサー

その考えは間違いです。日本が悪いといわれるのは戦勝国の言い分です。最も左翼系国家も戦勝国に入っていますけどね!太平洋戦争の前の日本はある意味において今の北朝鮮やイランのような状況だったんです。アメリカ中心の経済封鎖を受けてました。それを打破しようと一部の軍人がアメリカに戦争を仕掛けたんです。戦勝国のアメリカは東京大空襲や広島、長崎の大量虐殺を棚に上げるために日本を悪く言っているのです。昔から世界のどこかで
やっている戦争は、必ずイギリスかアメリカが絡んでます。

Qなぜ戦後の日本人はGHQを疑わなかったのか?

日本は第二次大戦の敗戦後、価値観が180度変わり、旧軍を悪とみなす風潮になったとされています。マスコミも負けた途端言うことがガラッ変わりました。でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは国民も知っていたはずです。だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は素晴らしい!」みたいなことを言っても、「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」と疑ってかかるのが普通だと思います。なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。

Aベストアンサー

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」
と疑ってかかるのが普通だと思います。
なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。
 ↑
それを受け入れたのが、日本の支配層であり、
指導層だったからです。
多くの国民は、日本は負けたから悪者にされた、なんて
ことは百も承知でした。
そういう意見は総て封殺されたのです。

では、どうして指導層、支配層は受け入れた
のか。

表面だけ従うように見せておき、米国の
影響が無くなったら元に戻そう、と考えて
いたのです。

ところが、GHQが、洗脳工作に、当時盛ん
だった社会主義者を使ったので、彼らが
マスコミなどの要職に就き、
見せかけが本当になってしまいました。


■1945年7月に作成された対日心理作戦報告によれば、占領軍に友好的な
「自由主義者」として、野坂参三、鹿地亘らの共産主義者を挙げて活用した。

マッカーサーの政治顧問付補佐官であったエマーソンの米上院での証言によれば、
野坂らの提唱で設立された日本人民解放連盟の中国での
日本兵捕虜洗脳教育を対日心理戦に利用できると確信し、
WGIPのモデルとなった。

エマーソンは「日本国内の戦争反対分子を励まし、内部崩壊を早める」
よう提言し実行されたが、同証言で「共産主義の目的についての理解がなかった」
と弁明している。

日米合作の太平洋戦争史観とコミンテルン史観との奇妙な癒着が戦後の
「反日」歴史教育の土壌となり、戦後の「反日日本人」のルーツ、温床となった。

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で...続きを読む

Qもし、日本にキリスト教がもっと普及していたら?

アメリカでは、人口の70%がキリスト教徒だそうです。
日本では、キリスト教徒は人口の1%です。その割には、クリスマス、バレンタイン、ハロウィンなどキリスト教の行事が盛んですが。
それはさておき、
もし、日本に、キリスト教が、もっと普及していたら、日本は変わっていたと思いますか?日本の社会や国民性は変わっていたと思いますか?もしそうなら、どのように変わっていたと思いますか?

Aベストアンサー

日本は「宣教師の墓場」といわれていたくらいで、西洋では知識階層の宣教師の論法が日本の農民に論破されるくらいですから、普及することはあり得ないと思いますよ。ザビエルが日本を撤退するとき、「ほとほと疲れた」と書いています。

インドが200年イギリスに支配されてもキリスト教が布教できなかったり、中国にも景教以外のキリスト教はほとんど入っていません。アブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など)に対抗できる精神的風土を持つ国にはキリスト教は進入できませんでした。持っていなかった韓国のキリスト教はカトリックやプロテスタントではなく、カルト教会が大部分で、代表が統一神霊協会です。

Q日本は戦争でアメリカに負けて敗戦国になったんですか? アメリカ含む連合国に負けたんですか? アメリカ

日本は戦争でアメリカに負けて敗戦国になったんですか?

アメリカ含む連合国に負けたんですか?

アメリカ人は、前者の考えで誇らしげに日本を見下す人がいますが。

Aベストアンサー

日本は連合国に負けました。
「無条件降伏」したんです。

>アメリカ人は、前者の考えで誇らしげに日本を見下す人がいますが。
そうではありません。
アメリカ人の中でも「白人は、」です。
白人は未だに有色人種を見下している事があります。

Q韓国政府は現在最悪の日韓関係の落とし所はどの辺に設定していますか?

歯止め無く韓国政府は最悪のカードを切って来ますが、大体の落とし所は想定しているのでしょうか?それとももう国交が断絶しても良いとの腹をくくっているのでしょうか?

Aベストアンサー

韓国の「反日」を考える時に、北朝鮮の事を忘れてはいけません。

元々韓国の「国是」は「北朝鮮を認めない。北朝鮮こそ主敵」だったからです。
これは韓国が「アメリカをはじめとする西側諸国の後ろ盾を持つ」ということと「北朝鮮がソ連などの共産国の後ろ盾を持つ」と言うことに由来します。

韓国とアメリカは38度線で一度停戦合意したはずなのに、それを破って侵攻し朝鮮戦争を引き起こした北朝鮮を常に警戒してきたのです。

しかし、冷戦が終わり、ソ連も崩壊した今でも北朝鮮は残っていて、北朝鮮側としては「何としても韓国と併合せずに金王国を継続させたい」と思っているわけです。そのために核開発をしてでも「北朝鮮を認めないアメリカと直接対話したい(そして北朝鮮を韓国とは別の国として認めさせたい)」と思っていたわけです。

そして実際に北朝鮮は核開発を完了し、ICBMもほぼ完成し、大統領がトランプ氏になってから「アメリカは北朝鮮を国と認め、首脳会談を行った」わけです。(今日も2回目の会談をしますね)

次の北朝鮮の目標は「北朝鮮が韓国を併合して、統一朝鮮を作ること」です。
そのために重要なのはまず「韓国国民が北朝鮮に親近感を持つこと」ですが、徴兵制の軍隊を含めて「北朝鮮に対する防衛」を準備してきた韓国が方向転換するには難しい部分もあるわけです。

しかし同時に生まれが北朝鮮の地域だったり、親類が北朝鮮に居るなど「北朝鮮に親近感をもつ人々」もいるし「そもそも民族が分離しているのは日本とアメリカのせい」と考える人たちもいます。

だから「日本を悪者にする」こと、特に「朝鮮併合はすごく悪いことで、そのために今も韓国と北朝鮮に分離して民族が苦しんでいる」と説明することは、それだけ「北朝鮮に親近感を持たせる」ことになるわけです。

今の文政権は元々「北朝鮮に親近感を持つ左派政権」なので「韓国と北朝鮮が合併してもよい」ぐらいのことは考えていると思います。

韓国が反日をやめるには「日本と(そしてアメリカと)仲良くしないと北朝鮮の脅威を排除できない」と考える必要がありますが、今の状況ではそれはなかなか難しいので、もしかしたら行きつくところまで行くかもしれません。

行きつく先は「北朝鮮に韓国が飲み込まれること」です。

韓国の「反日」を考える時に、北朝鮮の事を忘れてはいけません。

元々韓国の「国是」は「北朝鮮を認めない。北朝鮮こそ主敵」だったからです。
これは韓国が「アメリカをはじめとする西側諸国の後ろ盾を持つ」ということと「北朝鮮がソ連などの共産国の後ろ盾を持つ」と言うことに由来します。

韓国とアメリカは38度線で一度停戦合意したはずなのに、それを破って侵攻し朝鮮戦争を引き起こした北朝鮮を常に警戒してきたのです。

しかし、冷戦が終わり、ソ連も崩壊した今でも北朝鮮は残っていて、北朝鮮側とし...続きを読む

Q象徴天皇なのに 神様気取りの高御座 が必要なのか

来年、平成天皇が退位して新しい天皇の即位が行われるそうです。
それに伴い 高御座 を新しく塗り直すとの事。

 戦後、新しく象徴天皇になったのに、神様気取りの高御座 がなぜ必要なのですか。
こんなもので飾り立てなくてはいけない理由がわかりません。

 昔の慣習を引き継ぐのならば、お歯黒もやってほしいのですがこれはしません。

Aベストアンサー

まず、天皇が日本国のオーナーというのは戦前の話であって、戦後は日本国民がオーナーと言えましょう。ご質問者のおっしゃる通りです。国民全員が共同オーナーで、オーナーの権限を行使して、いわば会社役員を選びます(国民同士で互選する)。それが国会議員です(さらに議員の中で首相を互選する)。民主主義の本質は、治者と被治者の同一性なのです。治める者と治められる者が本質的に同一ということです。戦後の天皇はオーナーではなく、いわばお飾りに過ぎません。
なぜ、民主主義国家でそんな王だの天皇だのを今なお置いているかというと、「国民主権 + お飾りの王」の組み合わせがけっこう上手くいくことが、経験的に知られているからです。現代ヨーロッパなどの先進国の王政はそれです。先進国の筆頭だったイギリスなどその最たるもので、隣国のフランスがフランス革命で王政を廃したのち恐怖政治の大混乱に陥ったのを、怜悧に批判しました(バーク『フランス革命の省察』など。バークは保守主義の父と言われる)。
詳しく言うとイギリスの主権者は King in Parliament(または Queen in Parliament)すなわち「議会とともにある王」とされ、王は政治権力を完全に失っていないものの、行使しないことが憲法慣例として確立しています。逆にいうと、議会とともにいない王(国民の代表たる議会に背(そむ)くような王)は、実際に処刑されたり追放されたりした歴史を、イギリスは積み重ねているわけです(ピューリタン革命、名誉革命)。
それよりさらに政治的権能がないのが、戦後の天皇です。「国政に関する権能を有しない」と、憲法に明記されています。国会や内閣の決めたことにそのまま判子を押す儀礼的存在となりました(戦前の宮内省は内閣から独立していたが、戦後の宮内庁は内閣に属する)。判子を押さない権限はありません。

戦後も天皇(裕仁)が退位せずその地位にあり続けたため、天皇制が一貫して保たれてきたように世間では思われがちですが、憲法学では「断絶説」が主流です。すなわち、戦前の天皇と戦後の天皇は別物ということです。いわば裕仁はオーナーから雇われの身になりました。国民が雇う側です(天皇の地位は国民の総意に基く。逆にいうと国民の総意次第で天皇は地位を失う。この国民の総意とは国民全員の意思という意味ではなく、国民の主権意思という意味であることが、憲法の制定過程の研究から明らかである。The Emperor ... , deriving his position from the sovereign will of the People, and from no other source.)。
また、「戦前も天皇は政治に直接関与していなかったから、戦前戦後で本質的な違いはない」という人もいるようですが、それは俗説に過ぎないでしょう。統治権の総覧者だったのに親政を行わなかったのは、憲法慣例でした(明治憲法により天皇独裁は無理だったが君民同治は可能だった)。詳しく言うと、明治憲法の解釈上、副署を拒む大臣は辞職しなければならないと考えられていたのです。副署とは、天皇の署名に添えて輔弼(ほひつ)する者が署名することです。例えば、昭和天皇に憲法学を進講した清水澄(しみずとおる。憲法学者。枢密院議長も務めた)は、『逐条帝国憲法講義』で「我が国において国務大臣は絶対に副署を拒むことを得ざるものと謂(い)わざるべからず」と述べています。一言でいうと、輔弼は天皇を拘束しないということです(制約はしたが拘束まではしなかった)。
それに比べ、戦後の天皇が国政に関与しないのは慣例ではなく明文の規定によるものです。明治憲法の「輔弼」と現行憲法の「助言と承認」とは、別物ということに注目しなければなりません。この件はGHQ案で「advice and consent」と示されたのを、日本側がしれっと「輔弼」と訳したのですが、慧眼なGHQが見逃さずに訳し直させ、「輔弼賛同」、「補佐と同意」を経て「助言と承認」に確定しました。GHQは、「天皇と内閣との関係は、内閣が上位であり天皇がその下位に立つものであるから、『同意』という語は不適切である」と指摘しました(以上の経緯は衆議院憲法審査会の資料による)。天皇の意思に内閣が賛同するのではなく、内閣の承認がないと天皇は(儀礼的に過ぎない)国事行為を行えないということです。儀礼を超えた実際の権力行使など、もってのほかということです。

ということで、これほど厳格に政治的無能力者と定められているわけですから、逆に考えると、お飾りとして高御座など引っ張り出してきても昔のような神格の復活はないでしょう。高御座が必要とまではいえませんが、逆に有害でもないという安定した時代に、民主国家日本はなっているわけです。

まず、天皇が日本国のオーナーというのは戦前の話であって、戦後は日本国民がオーナーと言えましょう。ご質問者のおっしゃる通りです。国民全員が共同オーナーで、オーナーの権限を行使して、いわば会社役員を選びます(国民同士で互選する)。それが国会議員です(さらに議員の中で首相を互選する)。民主主義の本質は、治者と被治者の同一性なのです。治める者と治められる者が本質的に同一ということです。戦後の天皇はオーナーではなく、いわばお飾りに過ぎません。
なぜ、民主主義国家でそんな王だの天皇だの...続きを読む

Qここ教えてgooは、仲間内の掲示板サイトじゃないんだよ。その意味を考えて、質問を投稿し、質問に回答し

ここ教えてgooは、仲間内の掲示板サイトじゃないんだよ。その意味を考えて、質問を投稿し、質問に回答してくださいね。

残念ながら、ランキング上位の質問にそういった場違いな人々が散見されます。

サーバーのリソースはあんたらの下らないおしゃべりの為にあるんじゃ無いんだよ。

仲間内だけじゃ無く、広く公共に有益な質問をしてくださいね。

質問
お仲間連絡掲示板は無くすべきでしょうか?

Aベストアンサー

質問者の98%はヒマを持て余す中高生や浪人や病人を装ったり失恋の傷心を装うネカマです。
なくしたら彼らの生きがいを奪うことになります(苦笑)

Qgooの2大勢力とは?

gooの2大勢力とは何だと思いますか?
ユーザー層、集団、グループなどで大別して下さい。

Aベストアンサー

正体がばれないように入会退会を繰り返す人
     対
ひとつのユーザー名を守る人

Q朝鮮進駐軍に対する損害賠償をするべき時が来たのではありませんか? 日本人もあまり知らない朝鮮進駐軍で

朝鮮進駐軍に対する損害賠償をするべき時が来たのではありませんか?
日本人もあまり知らない朝鮮進駐軍です!

戦後男のいない街に押しかけ犯し殺し追放し、
財産不動産を略奪した朝鮮人は今もなお、
駅前の一等地にパチンコ屋を出しています。
戦った事もない朝鮮人が敗戦国のクセに生意気だと
攻めてきて女子供しか居ない日本の駅前を選挙した!

今こそ。此奴らに鉄槌を下すとき、
背乗り返しは裏やりましょう!
では、? ありませんか?

Aベストアンサー

先ず「朝鮮進駐軍」とは何だろうと言う人のために、分かり易い説明(学校が教えない歴史)があったので、URLを示しておきます。
★朝鮮進駐軍とは?
https://ncode.syosetu.com/n4357cw/88/

GHQの資料によると、戦後朝鮮進駐軍により殺害された日本人は約4000人に及ぶと言われております。
今でも、生活保護費を不正受給をしながら、殺人、強盗、強姦をやり放題して日本に寄生虫の様に住みついている在日韓国朝鮮人は在日外国人のナンバーワンを占めております。

また彼らの祖国韓国は、日本と韓国が合意した日韓基本条約、日韓請求権協定、日韓外相合意で、完全かつ最終的(不可逆的)に解決済みの問題(徴用工問題、慰安婦問題等)を蒸し返し「日本が謝罪と賠償をシルニダ」と言って強請タカリを繰り返しており、お人好しの日本はその都度謝罪をしてお金を出してきました。

しかし、今回の戦時売春婦へ日本が10億円支払って不可逆的に解決したのを韓国財団は半分ぐらい支払ったのみで残りをネコババして解散しております。更に韓国駆逐艦の自衛隊の哨戒機への射撃管制レーダーの照射をしたり、日本国の象徴天皇陛下を戦犯者主犯の息子と罵ったり、自分が盗人猛々しいミンジョクであるのに、日本を盗人猛々しいと侮辱してきました。

多くの日本国民は怒っております。
しかし日本は韓国と異なり近代法治国家であるので、過去にやられた犯罪被害を事後法(遡及法:a retroaction law)を作って処罰したり損害賠償を請求することはしません。
韓国のように過去の解決済みのことを蒸し返し強請タカリをするような汚いことをせず、過去のことは水に流し未来志向を考えているのです。

★戦後の日本における朝鮮進駐軍の蛮行の一部(削除される可能性ありますが、高倉健主演映画の一部が見れます)
https://www.dailymotion.com/video/xji51z

★現在でも反日マスゴミが報道することはありませんが、不法残留、不法滞在、不法就労、(国籍別、平30年1月1日現在)
http://www.police.pref.hyogo.lg.jp/seikatu/taizai/index.htm
第1位 韓国 12,876人 (不法就労:売春婦、風俗嬢、振込詐欺などが多い・・・)
第2位 中国  9,390人 
・・・・・・・・・・
合計     66,498人

先ず「朝鮮進駐軍」とは何だろうと言う人のために、分かり易い説明(学校が教えない歴史)があったので、URLを示しておきます。
★朝鮮進駐軍とは?
https://ncode.syosetu.com/n4357cw/88/

GHQの資料によると、戦後朝鮮進駐軍により殺害された日本人は約4000人に及ぶと言われております。
今でも、生活保護費を不正受給をしながら、殺人、強盗、強姦をやり放題して日本に寄生虫の様に住みついている在日韓国朝鮮人は在日外国人のナンバーワンを占めております。

また彼らの祖国韓国は、日本と韓国が合意した日韓...続きを読む

Q昭和と言えばブラウン管テレビだそうです。 では、平成と言えば何ですか? 何を見たら、一瞬で平成だと認

昭和と言えばブラウン管テレビだそうです。

では、平成と言えば何ですか?

何を見たら、一瞬で平成だと認識しますか?

ブラウン管テレビを見たら、見た瞬間に昭和だ!と思うそうです。

液晶テレビを見ても平成だ!とは思いませんよね。

The平成の代表は何でしょう?

Aベストアンサー

ノートパソコン、スマホなどその辺の類ではないでしょうか


このカテゴリの人気Q&Aランキング