マンガでよめる痔のこと・薬のこと

次の二つの文章は、受動態ですか?
1.”彼は、時々女性に見られる。”
2.”この本は、最近よく売れている。”

A 回答 (32件中21~30件)

#11ですが、もう一度おじゃまします。


書き落としがありました。

「直木賞をもらったせいだと思うけど、この本は、最近よく売れている。」
という文における「売れている(売れる)」に可能の意味はありませんよね?

直木賞をもらったせいだと思うけど、この本は、最近(自然に / いつのまにか / 知らないうちに )よく売れている。

という自発(と呼んで良い)意味。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三のご解答ありがとうございます。
”売れている”には可能性はないですね。(自然に / いつのまにか / 知らないうちに )という「自発」の意味ですね。

お礼日時:2019/02/06 19:30

#6です。



><おそらく自発の部類に入るような>こともあるのですね。

根拠がうまく説明できなかったので自信無かったのですが、niwa 先生のご回答を拝見して意を強くしているところ。
やはり、自発の意味を持つと考えて良さそうです。
寺村秀夫氏の言を示してくださっていますが、

「~ている」がとれなければ可能態、とれれば自発態と判定する。

という箇所をご覧になると意味がお分かりになると思います。

「直木賞をもらったせいだと思うけど、この本は、最近よく売れている。」
という文における「売れている(売れる)」に可能の意味はありませんよね?
そもそも可能動詞は「行為をすることができること」を表わす動詞のことなので、主格は意志主体である必要があります。
「この本」は意志主体ではない。
「直木賞をもらえば、この本も売れるようになるかな?」なども可能動詞ではありません。
「ヤフオクでは誰もが自分の売りたいものを売れる」などが可能動詞の例。
寺村氏の指摘のように、
「ヤフオクでは誰もが自分の売りたいものを売れている」という表現はできない。


アクセントの違いがあることを思い出していただければ、可能・自発、両方の「売れる」があることを思い出していただけるでしょう。
うまく表記できませんが、
・可能⇒アクセントは「れ」?。
・自発⇒アクセントは平坦。ひょっとすると「る」?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご解答ありがとうございました。
<「~ている」がとれなければ可能態、とれれば自発態と判定する>のですね。
可能動詞は、<主格は意志主体である必要があ>のですね。
ここで<アクセント>の違いに新たに波及されました。可能なら「れ」にアクセントが、自発なら平坦ですね。

お礼日時:2019/02/06 19:25

こんにちは。



「受動・可能・自発」という「ボイス/ヴォイス(態)」の難しい話ですね。

1.”彼は、時々女性に見られる。”

こちらは、OKATさんの言われるように、「能動」の文を考えると、

  (人々が)彼を 女性に(女性だと)見る

となります。この「~に 見る」というのが、成り立ちにくい形なので、困ります。

このような、能動文が考えにくい受動文、というのはほかにもあると思われます。
私の気付いたものでは、「仕事/生活に 追われる」というのがあります。
「仕事が(私を)追う」というのは変ですが、「仕事が私を追い立てる」ぐらいだと少しいいでしょうか。
とにかく、なぜか受動の形でよく使われます。「慣用句」と言っていいのかもしれません。

「見る」は「~に」をとりにくいのですが、「見える」だと「女性に見える」は何にも問題ありません。「見える」も「見る」と比べると「自発」の意味合い(「自然にそうなる」という)を持っていると言えそうで、受動/自発などのボイスの構文が新たな「~に」を必要とするという傾向の一つなのでしょうか。

能動では使いにくい「~に」が、受動/自発にすると使えるという現象は、「間違う」「思う」などにも見られます。

  (人が)彼を係員に間違った
  (人が)彼女をふしだらな女に思った

どちらも、言えないことはないと思いますが、私は「~と」に直したいところです。
受動/自発にすると、

  彼は係員に間違われた。(受動)
  彼女はふしだらな女に思われた。(自発)  

となって、かなり安定します。(この辺の語感、皆さんはいかがでしょうか)

なお、この「~に 見る」の「に」は、格助詞と言うよりは「~だ」の「連用形」と考えられます。(しかし、私には「連用形」というのはいったい何なのか、よくわからないのですが)

2.”この本は、最近よく売れている。”

「売れる」は、形は「売る」の可能形ですが、ここでの用法は可能ではありません。
1311tobiさんの言うように、単なる自動詞です。

寺村秀夫は、「売れる」のある用法を「自発」としましたが、これは学界では受け入れられていないようです。  

   この瓦は売れるか?(売ることができるか?商品か?) (可能)
   この瓦は(よく)売れるか?(売れ行きはよいか?)  (自発)
  この場合は、「何々することができる」という意味のときを可能態、「自然に
  そうなる」という意味のときを自発態と判定する。
  「~ている」がとれなければ可能態、とれれば自発態と判定する。
                寺村秀夫『日本語のシンタクスと意味Ⅰ』p.275

通説では、心理的な「思われる/考えられる」などの動詞のみが「自発」とされます。
上の「瓦」の例も、可能動詞と、単なる自動詞(ただし、「自発的意味合い」を持つ)でいいのではと思います。       

saburoo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
1.”に見られる”と”と見られる”とでは、大きく違うのですね。私は、何の気なしに”に”を使いましたが、語感を磨かねばならない、ことが身にしみました。”に”を使ったせいで<能動文が考えにくい受動文>というぬえになったのですね。
2.<単なる自動詞>なのですね。<心理的な「思われる/考えられる」などの動詞のみが「自発」>になるのですね。

お礼日時:2019/02/06 19:13

1311tobiさんまでが、はっきりしない言い方ですね。

「大辞林」も「大辞泉」も「売る」の項に可能動詞「売れる」の存在をはっきり書いています。「ている」が付くと「可能動詞」でなくなるのですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三のご解答ありがとうございます。
<可能動詞「売れる」の存在をはっきり書いています。>
ただし<「ている」が付くと「可能動詞」でなくなる>のですか。
これも微妙なものなのですね。

お礼日時:2019/02/06 13:47

1.”彼は、時々女性に見られる。


 これは受身ということでよろしいですか。

2.”この本は、最近よく売れている。”
 辞書をひきます。
https://kotobank.jp/word/%E5%A3%B2%E3%82%8C%E3%8 …

『大辞泉』はホニャララなのでパス。
===========引用開始
大辞林 第三版の解説

うれる【売れる】

( 動ラ下一 ) [文] ラ下二 う・る
〔「売る」の可能動詞形から〕
① (品物がよく)買われる。買い手がつく。 「よく-・れる店」
② ひろく知られる。有名になる。 「顔が-・れる」 「その分野では名の-・れた人」
③ 世にもてはやされる。人気がある。 「今、一番-・れているタレント」
===========引用終了

〈「売る」の可能動詞形〉から派生した言葉で、〈① (品物がよく)買われる。買い手がつく。 「よく-・れる店」〉でしょう。フツー動詞としか思えません。受身でも自発でもなくましてや尊敬ではないので、あえて言うなら可能でしょうね。


https://kotobank.jp/word/%E5%A3%B2-598363#E7.B2. …
===========引用開始
精選版 日本国語大辞典の解説

う・れる【売】

〘自ラ下一〙 う・る 〘自ラ下二〙
① (「うる(売)」の可能動詞) 売ることができる。
※雑俳・柳多留‐一二(1777)「女さかしくてもみぢもうれぬなり」
② 代金とひきかえに品物を買い手が持っていく。また、商品がどんどん買われる。品物が引き取られる。
※虎明本狂言・河原太郎(室町末‐近世初)「うり初をせぬ内に人に飲ませたと云ふても、うるるならばうれうず」
(略) 
===========引用終了

 こちらも、(「うる(売)」の可能動詞) とは別に考えているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
(権威ある)2冊の大辞典によれば、売れるは、
<(「うる(売)」の可能動詞) とは別>と考えているようなのですね。
私はうっかり落ち込みそうになりましたが、可能動詞から発生した、あくまで(普通)動詞なのですね。(微妙な由来ですね)

お礼日時:2019/02/06 10:59

厳密には受動態ですが、慣用句なので受動態と呼ぶ人は居ないでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございました。
<厳密には受動態ですが、慣用句なので受動態と呼ぶ人は居ないでしょう。>ですね。
ここら辺から、私の理解力をもう超えています。

お礼日時:2019/02/05 07:51

#4です。



ちょっと補足を。
OKATさん、「売れる」という可能動詞があるのはわかりますが、.”この本は、最近よく売れている。”という文における「売れる」は違うでしょう。
受身とは言っていませんよ。
おそらく自発の部類に入るような気はしますが、よくはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三のご解答ありがとういございます。
<おそらく自発の部類に入るような>こともあるのですね。
ここら辺から、私の理解力をもう超えています。

お礼日時:2019/02/05 07:54

思わぬところから否定されましたね。


「受身形」だったら、「売る」(五段活用)の未然形「売ら」+「れる」で「売られる」になります。(因みに「日葡辞書」の引用で「(ウルル)〈訳〉ウルの受身は、この辞書の筆者、ポルトガルの宣教師の誤訳と思われます。)
 また「売れる」は「買う」の受身形「買われる」と同意になります。

日本国語大辞典
う・れる 【売】
〔自ラ下一〕〓う・る〔自ラ下二〕

(1)(「うる(売)」の可能動詞)売ることができる。
*和英語林集成(初版)〔1867〕「ソノ ネデワ uremasen (ウレマセン)」

(2)代金とひきかえに品物を買い手が持っていく。また、商品がどんどん買われる。品物が引き取られる。
*日葡辞書〔1603〜04〕「Vre, uru, eta (ウルル)〈訳〉ウルの受身」
*俳諧・五元集〔1747〕拾遺・春「鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春」
(3)(商売がはんじょうするの意から)芸妓、俳優、小説家などがもてはやされる。
*青年〔1910〜11〕〈森鴎外〉一二「流行作者、売(ウ)れる作者になるにはさういふ偶然の結果もあらうが」
(4)広く人に知られる。
*足袋の底〔1913〕〈徳田秋声〉二「可也近所で名前の売れて居る呉服物の手狭な店の」
(5)嫁にもらわれていく。また、卒業生の就職口がきまる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご解答ありがとうございます。
<「受身形」だったら、「売る」(五段活用)の未然形「売ら」+「れる」で「売られる」になります。>なのですね。
ここら辺は難しいことなのですね。

お礼日時:2019/02/05 07:49

#3です。


因みに可能動詞ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご解答ありがとうございました。
え、<可能動詞ではありません。>ですか。
難しいことなのですね。

お礼日時:2019/02/05 07:33

1.”彼は、時々女性に見られる。


受身(受動態)です。

2.”この本は、最近よく売れている。”
構文上は能動態ですが、意味的には受動です。
「売れる=売られる」で「売れている=売られている」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
1.<受身(受動態)ですね。
2.<構文上は能動態ですが、意味的には受動>ですね。誰誰によって<売られている>になるのですね。

お礼日時:2019/02/04 20:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接尾語「らし・い」は自発?

という気もするのですが、どう思われますか?

大辞泉の補説によるなら、接尾語「らし・い」が先に存在して、助動詞「らしい」はその関連で後からできたとのことなので、接尾語の「…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す」という用法と、助動詞の推量用法は、その意味において関連性があると考えて良さそうです。
であれば、「かわいらしい」と「かわいいらしい」も語釈的に密接な関係があると言えるでしょう。

「うちのポチは本当にかわいい」
これは断定。
自分(側)のことなので主観で断定しやすい。

「あなたのミケも本当にかわいらしい」
これは、あなたのミケに対して、意識的に「かわいい」という主観的判断を表明するのではなく、「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」猫ちゃんですね、と言っている。(のではないか?)
仮にそうだとした場合、こうした自発的表現に委ねる最大の理由は、客観的に見て、あなたのミケは「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」存在であろう、と言いたいから。
この点に関してはシチュエーション次第で2つの切り口があり、ひとつは、相手(側)のことなので主観で断定する無遠慮を回避するため。
たとえば、「彼は楽しい」という表現の不適切さと似ているかもしれません。「彼は楽しそうだ」が妥当でしょう。
もう一つは、あくまで客観的に見れば「かわいい、という気持ちを(自然に)起こさせる」だろうという意味であり、私自身が「かわいい」という積極的評価を主観的に下しているわけではない、という意図を表明するため。
こうした点で、助動詞の推量用法が関係していると言えそうです。

むろん、こういった違いは、あくまで語釈上の問題であり、たとえ相手(側)のことであっても主観的に断定したい場合もあるし、あるいは主観的に断定するのがふさわしいと判断した場合は、「あなたのミケも本当にかわいい」と表現することでしょう。
同様に、自分だけではなく、客観的評価としてのかわいらしさを求めたい飼い主は「うちのポチは本当にかわいらしい」と言う可能性は高い。
未検証ですが、こんなことを思いましたので、みなさんのご見解をお聞かせくだされば有難いです。


・助動詞「らしい」
1 根拠や理由のある推量を表す。「台風が接近しているらしく、風雨が強まってきた」
2 伝聞や推量に基づく婉曲 (えんきょく) な断定の意を表す。「冬山というのは非常に危険らしい」
3 (多くは体言に付いて)ぴったりした状態、よく似た状態にある意を表す。いかにも…のようである。まさに…と見うけられる。「名探偵らしい見事な推理だ」
[補説]近世になって、古語の「らし」と、活用があって形容詞を作る接尾語「らしい」との類推から生まれたといわれる。~~。また、3は接尾語との区別のつかない場合もある。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/229378/meaning/m1u/%E3%82%89%E3%81%97/

・接尾語「らし・い」
《形容詞型活用[文]ら・し(シク活)》
1 名詞に付いて、…としての資質を十分に備えている、…と呼ぶにふさわしい、などの意を表す。「男―・い男」「春―・い陽気」「人間―・い生活」
2 名詞、形容詞・形容動詞の語幹、副詞などに付いて、…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す。「ばか―・い」「愛―・い」「汚―・い」「わざと―・い」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/229385/meaning/m1u/%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84/

という気もするのですが、どう思われますか?

大辞泉の補説によるなら、接尾語「らし・い」が先に存在して、助動詞「らしい」はその関連で後からできたとのことなので、接尾語の「…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す」という用法と、助動詞の推量用法は、その意味において関連性があると考えて良さそうです。
であれば、「かわいらしい」と「かわいいらしい」も語釈的に密接な関係があると言えるでしょう。

「うちのポチは本当にかわいい」
これは断定。
自分(側)のことなので...続きを読む

Aベストアンサー

>>『ストレートに「可愛い」とは感じられなかった』という判断が、自然に発生したのか、考えた結果として発生したのか、ということに焦点を当てているつもりなのですが、どちらですか?

自然に発生したのではなく、対象の認識により生まれたもので、考えたわけではありません。

かんがえる【考える・勘える】

( 動ア下一 ) [文] ハ下二 かんが・ふ
〔古くは「かむがふ」とも表記〕
① 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。思考する。 「いくら-・えても解けない問題」
② さまざまなことを材料として結論・判断・評価などを導き出そうとする。 「転勤の件は少々-・えさせて下さい」 「子供の将来を-・えて厳しく育てる」
③ (形容詞・形容動詞の連用形に付いて)それが…である、という感情や評価をもつ。…だと感ずる。 「あまり堅苦しく-・えないで下さい」 「一度の失敗を重大に-・えなくてもよい」
④ 結論を出すための材料の一つとみなす。 「相手の都合を-・えると無理は言えない」 「道の混雑を-・えて早めに出る」
⑤ 計画する。意図する。 「人員削減を-・えている」
⑥ 工夫して新しいものを作る。 「この機械を-・えた人は天才だ」 「いいことを-・えた」
⑦ 罪を問いただす。処罰する。 「(閻魔えんまノ庁デ)-・へられつる事ども、ありつる有様/宇治拾遺 8」
⑧ 比較検討や占いの結果に基づいて判断する。 「宿曜の賢き、道の人に-・へさせ給ふにも/源氏 桐壺」 → 思う(補説欄)
【大辞林】■

>>『ストレートに「可愛い」とは感じられなかった』という判断が、自然に発生したのか、考えた結果として発生したのか、ということに焦点を当てているつもりなのですが、どちらですか?

自然に発生したのではなく、対象の認識により生まれたもので、考えたわけではありません。

かんがえる【考える・勘える】

( 動ア下一 ) [文] ハ下二 かんが・ふ
〔古くは「かむがふ」とも表記〕
① 物事について、論理的に筋道を追って答えを出そうとする。思考する。 「いくら-・えても解けない問題」
② さまざまな...続きを読む

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。 『私は教会の時

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

Aベストアンサー

学校の国文法では、
『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。

Q普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、

普通、「歌わないです」は間違った文です、この文「ミュージカル出演、もちろん歌わないですけど(笑)」、玉城裕規インタビュー(下)の「歌わないですけど」はなぜ成立できるのか、聞きたいんですが、ぜひ教えていただきたいです。

Aベストアンサー

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認識があったらしい。
ただ、「です」が丁寧語であることから、「ません」よりも丁寧な表現になると思われ、特に若者の話し言葉として浸透していったとのこと。
2008年には、「ないです」の使用が「ません」の使用を約 3 倍も上回る結果が出たという研究結果もあります。↓(けっこう分かりやすい。短いのも助かる)
https://www.lang.nagoya-u.ac.jp/nichigen/menu7_folder/symposium/pdf/8/10.pdf
因みに、わたしは(若くはありませんが)書き言葉でも使っています。
とはいえ、子供の頃は使っていなかったように記憶している。

#6です。

誠に申し訳ありません。
辞書記述をすっかり読んでいなかったため、誤った回答をしてしまいました。(大辞林でも、「歌わない です」の形を認めています)
お詫び申し上げると共に、全面的に訂正させていただきます。


「です」は、昭和初期ぐらいまでは、名詞・体言に接続するのが基本だという考え方から、「歌わないです」ではなく「歌わないものです」のような表現が一般的だったようです。
「歌わないでした」と過去形にすることができないことなどから、「用言+です」の形は不安定だという認...続きを読む

Q日本語文法についての質問です。 「当時理系の学生だった私 が/は 思い切って自分の専攻を社会学に変え

日本語文法についての質問です。
「当時理系の学生だった私 が/は 思い切って自分の専攻を社会学に変えることを決めた。」

この文はどうして「が」が使えないのですか?

Aベストアンサー

すみません。しつこいようですが、もう一度。

質問者の元の文で「が」が不自然に感じられるのは「私が」だからだ、とNo.7で書きましたが、
どうも私の早とちりだったようです。

No.7で言いたかったのは、「現象文」(「存現文」とも言われます)では「私が」とは言いにくい、
ということでしたが、元の質問者の文は過去のことなので、また話が少し違います。そのことを私は
考慮していませんでした。

もう一度仕切直しです。最初の文とその「私」を他の名詞に変えた文を比較します。

  a「当時理系の学生だった私が、思い切って自分の専攻を社会学に変えることを決めた。」

  b「当時理系の学生だった私は、思い切って自分の専攻を社会学に変えることを決めた。」

  c「当時理系の学生だった田中が、思い切って自分の専攻を社会学に変えることを決めた。」

  d「当時理系の学生だった田中は、思い切って自分の専攻を社会学に変えることを決めた。」

aはあまり良くないと思います。その後に、「その理由は~」などとつけると、少し良くなりますと
いう意見もありますが、私はそれでもだめです。
bは問題ありません。

「私」を「田中」にしたcは、そのままでもいいようです。(私の内省は、この辺で揺れ出します)
その後に「そのニュースは皆をびっくりさせた」などとつければさらに自然になります。
dは問題ありません。

aとcを比べると、やはり「私」はこのような文では使いにくいと言えるでしょう。

次に、より社会的な報道にありそうな文に変えてみます。

  e「当時新憲法に否定的だったキシ首相が思い切って憲法を改正することを決めた。」

社会的な報道らしい内容にすると、「が」でもより自然に感じられる、と私は思うのですが、どうでしょうか。  
「思い切って~決めた」という、心理描写の文を、もっと単純な事実の報告の文にしてみます。

  f「三か月後、調査委員会委員長の山田氏が記者会見で結果を発表した。」

  g「三か月後、調査委員会委員長の私が記者会見で結果を発表した。」

  h「三か月後、調査委員会委員長の私は記者会見で結果を発表した。」

単純な事実の報告であれば、「私が」でも不自然ではなくなります。
逆に、hの「私は」のほうが、何か文脈を考える必要があるような気もします。

まだ、いろいろと考えるべきところがあるように思いますが、皆さんはどうお考えでしょうか。

saburoo

(No.8で小さな間違いがありました。「私は1867年に生まれた」は「1967年」でした。)

すみません。しつこいようですが、もう一度。

質問者の元の文で「が」が不自然に感じられるのは「私が」だからだ、とNo.7で書きましたが、
どうも私の早とちりだったようです。

No.7で言いたかったのは、「現象文」(「存現文」とも言われます)では「私が」とは言いにくい、
ということでしたが、元の質問者の文は過去のことなので、また話が少し違います。そのことを私は
考慮していませんでした。

もう一度仕切直しです。最初の文とその「私」を他の名詞に変えた文を比較します。

  a「当時理系の学生...続きを読む

Q「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか

下記の質問から派生した質問です。
【かわいいです を丁寧に言うと】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10863559.html

「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか。
 ネット検索すると多数ヒットしますが、何がなんだかわかりません。
【かわいらしい かわいい】の検索結果。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84&aq=-1&oq=&ai=QV1lajNkRXWy5ZWzaKTZ.A&ts=1680&ei=UTF-8&fr=appsfch2&x=wrt


 あと、下記の点に関してもご意見をうかがえれば幸いです。
「かわいい」と「かわいらしい」と同じような関係の言葉はほかに何がありますか。
 思いついたのは下記の2組です。
「憎い」と「憎らしい」
「汚(きたな)い」と「汚(きたな)らしい」

下記の質問から派生した質問です。
【かわいいです を丁寧に言うと】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10863559.html

「かわいい」と「かわいらしい」はどう違うのでしょうか。
 ネット検索すると多数ヒットしますが、何がなんだかわかりません。
【かわいらしい かわいい】の検索結果。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%80%80%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%81%84%E3%81%84&aq=-1&oq=&ai=QV1lajNkRXWy5ZWzaKTZ.A&ts=1680&ei=UTF-8&fr=appsfch2&x=...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

「かわいい:かわいらしい」については、前に国語辞書を引き比べてみたことがあります。その時は結局よくわかりませんでした。
次のところです。

http://niwasaburoo.hatenablog.com/entry/2016/05/22/065447

今回、「憎い:にくらしい」と「きたない:汚らしい」というペアも合わせて考えてみて、次のようなことが言えるのではないかと考えました。

1 このような感情を表す形容詞には、「話し手側の感情」を表すとともに、「対象となるものの属性」を表す面もある。
 「かわいい」は、話し手が持つ感情であり、また対象が持つ属性でもある。
   この不細工な犬が可愛くてしかたがない。  誰が見てもあの子は可愛いね。

2 「かわいらしい」は、「そのような様子である」ということで、より「属性」の表現の面が強い。(という仮説)
 
(新明解国語辞典は、「かわいい」の用法を3つに分け、「かわいらしい」はその「かわいい23」に対応すると言っています。つまり、「かわいい1」の用法はない、と。)

3 「憎い」の場合は、対象の属性は表さない。よって、対象の属性をも表す「憎らしい」とその点で対立する。(感情の表現として、「憎らしい」のほうが程度が軽い、という面もあるか。)

4 「きたない」と「汚らしい」では、逆に、「きたない」のほうが対象の属性を表し、「汚らしい」が対象の属性を表すとともに、それに対する話し手の感情を含みとして表す。(「汚らしい」のほうが、忌避感がはっきり出るように思います。)

以上をまとめると、

   話し手の感情        両方        対象の属性

                かわいい  かわいらしい
     憎い         憎らしい
                  汚らしい     きたない

こんな風に位置づけられるかなあ、と。

saburoo

以下は蛇足です。

下のほうで何かめちゃくちゃなことを書いている人がいます。


   かわい→形容詞、かわいい、の連用形  [??]
   かわいかった 未然          [?]
   かわいい   終始          [これはご愛敬]
   かわいらしい→かわいいの未然形、「かわい」、なぜ未然形?。
           [「かわい」は連用形だったのでは??]
   きたな→形容詞の未然形        [??]


もうまったくめちゃくちゃです。
私の知識は怪しいので、形容詞の活用表を岩波国語辞典から写します。

   例  語幹  未然  連用1 連用2 終止 連体 仮定 命令

  寒い  さむ
  赤い  あか  かろ  く   かっ  い  い  けれ  ×
  大きい おおき
  正しい ただし
  
私は学校文法の活用はよくわかっていないのですが、上に引用したようなめちゃくちゃは、さすがにおかしいとすぐ思いました。(「かわい」「きたな」は「語幹」ですね。)

どうして何も知らない人が、「回答」するのでしょうか。

今回は、質問者のほうがよく分かっているような人だから、トンデモを書いても無視されるだけでしょうから、まだいいのですが、日本語学習者の質問にいい加減な「回答」を書かれては、学習者が混乱するだけですので、私は日本語教師としてやめてほしいと思います。

それから、回答の書き方として、思いついたことをただダラダラと並べるのではなく、よく考えてから、論理を整理して書いたほうがいいだろうと思います。質問に回答するとは、人に説明することで、相手にわかるように書かなければいけません。自分のメモではありません。
高校や大学で教えられる「レポートの書き方」の基本です。

以上、蛇足でした。

こんにちは。

「かわいい:かわいらしい」については、前に国語辞書を引き比べてみたことがあります。その時は結局よくわかりませんでした。
次のところです。

http://niwasaburoo.hatenablog.com/entry/2016/05/22/065447

今回、「憎い:にくらしい」と「きたない:汚らしい」というペアも合わせて考えてみて、次のようなことが言えるのではないかと考えました。

1 このような感情を表す形容詞には、「話し手側の感情」を表すとともに、「対象となるものの属性」を表す面もある。
 「かわいい」は、話し手...続きを読む

Q同じ特徴を持つコトバを探しています。

色紙 国立 上手 額 黒子 十分 最中 仮名

これらの言葉と同じ特徴を持つ言葉を教えて下さい。

Aベストアンサー

追加です。

   相対 有様 一言 一期 一番 一目 一角 一寸 一筆 一方 出立 
  入会 後手 大勢 大手 上方 芥子 生地 日照 半身 物心 分別
  末期 明朝 目下 利益

送り仮名の問題があるものもありますが。

今回の分は、

 「読みの違いで意味のちがう言葉」『最新日本語活用辞典』
 (『現代用語の基礎知識1999』別冊付録)

という本の一節から、これまでにあげられた以外の語を拾ったものです。(見落としで
ダブったものがあるかもしれません。)

もう一つ、そのころ見た本で、三省堂だったか、「ことばの小百科」とか「日本語
小百科」とかいうような題名の小さめの辞典があったのですが、そこにもこのような
語が並べられていたと記憶しています。
立ち読みで見ただけなので、どんな語があったかは記憶していません。
そのころ、私もこういう語(同字異義語?)に興味があったので。
ご参考になれば。

saburoo

蛇足
「上下」には、「うえした・じょうげ・しょうか・じょうか・かみしも・かるめる(!)」
という読み方があるそうです。

Q所有表現「~は・・があります」に場合によっては不自然さを感じるのですが。

「みんなの日本語」など外国人に対する日本語教育の教科書では、「~は・・があります」を所有表現として教えていますが、この表現に不自然さを感じる場合があります。
先日、ロシア語で書かれた日本語の参考書に①「私は約5人の親友があります。」という例文を見たのですが、違和感がありました。
私が書くなら、②「私には5人ほどの親友がいます。」とします。
①の文章に問題はないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔は「ある」は人がいることにも使っていましたが、今では違和感を覚える人が増えています。

・むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがありました。
・賛成の人もある。
・私には妹がある。

上の文は辞書や文法書には書いてありますが、実際にはもう使われないでしょう。
もっとも、古い昔の本を読む外国人もいるから、説明はしておかなければならないのが、日本語教師のつらいところ。



「~『に』は(モノ)があります」ならいい。
・彼には才能がある。
・私には時間だけはたっぷりある。
・両国間にはつながりがある。
・その意見には問題がある。

この場合、「に」はなくてもいいかもしれない。
・彼は才能がある。
・私は時間だけはたっぷりある。
・両国間はつながりがある。
・その意見は問題がある。

ただし、体の部分は難しい。というか、無理だろう。
・私には高い鼻がある。
・象には長い鼻がある。



「約5人の親友」という言い方にもびっくりですけどね。
「約100人の友達」ならともかく。

Qこの人はいい人かもしれないと思ったら 「この人はいい人そうだ」といいます。 この人は賢いかもしれない

この人はいい人かもしれないと思ったら
「この人はいい人そうだ」といいます。
この人は賢いかもしれないと思ったら
「この人は賢そうだ」といいます。
しかし、
この人は可愛いかもしれないと思ったら
「可愛そうな人だ」というと失礼になります。
この時なんと言えばいいのですか?
何かちょうどいい言葉はありませんか?

Aベストアンサー

いい人らしい。
賢そうだ。
きっと可愛い(だろう)。(1311tobiさん提案)

Q「何年もの間」の「もの」の説明

外国人に日本語を教えています。
「何年もの間、二人はそれを不思議に思っていました」という文ですが、
「何年もの間」の「もの」はどう説明したらいいでしょうか。
「何年間も」と同じ意味と言ってもいいですか。

Aベストアンサー

この「の」は、名詞と名詞を繋いでいます。机の上、僕の楽しみ、などと同じです。「の」の前の語が後の語の説明となっていますが、日本語文法としては連体修飾格を作る格助詞とされます。説明にあたる名詞と説明される名詞を仲立ちするわけです。

「も」は係助詞に分類することもありますが、単に「強調」を表現するときは副助詞でよいと思います。
https://www.kokugobunpou.com/%E5%8A%A9%E8%A9%9E/%E4%B8%BB%E3%81%AA%E5%89%AF%E5%8A%A9%E8%A9%9E%E3%81%AE%E7%94%A8%E6%B3%95/

「何年も」その期間をとても長いと強調した上で、「の」によって「間」に対する連体修飾語としているわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報