AI天使がイケメン天使に変身!>>

癌経験者の方、医師の方、また医療や癌に詳しい方にお聞きしたいです。
母です。69歳 女性 肺腺癌 ステージ4 背骨ほぼ全部他骨広範囲 脳に転移 8月まで全く自覚症状なしで9月から一気に20㎏減。

リンパ腺にも転移あります。
本人含め回りももう絶望的だと思っていました。
そして本日母の今後の治療の為の薬の種類と母の癌の遺伝子の種類の結果が解り 担当医いわく 最近癌の画期的な新薬が出来てでもそれが効く人は癌患者の3割だけど

幸い母の癌の遺伝子はその3割に該当したらしく 新薬での治療が可能と言われました。でも末期ステージ4には変わりません。しかし不幸中の中の朗報ではあります。

5年生存率はほぼ絶望的と見ていましたが 5年 もし奇跡が起これば 癌と共存しながら 寿命を全うする事が出来るでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 皆様回答ありがとうございます。一つ一つ大切に読まさせて頂いてます。
    新薬はタグリッソです。

      補足日時:2019/02/05 18:29

A 回答 (7件)

安くないです。

    • good
    • 0

タグリッソ=オシメルチニブです。

オプジーボの後承認された薬ですね。上手くマッチすれば良いですね。
    • good
    • 0

オシメルチニブはどうかな?

https://www.carenet.com/news/general/carenet/43194
    • good
    • 0

私も肺がんの患者です、現在71歳ですが、2年前に肺がん(腺癌)の為右上葉の切除と気管支の廓清を行いました。

ステージ1bでした幸いにして早期発見の為手術が出来ました。TNM分類T2aN0M0でした。原因は長年(50年間)の喫煙だと思います。現在も手術の後遺症で右の肋骨周辺に痛みが有ります、手術の時に神経に傷が入ったのが原因らしいです。お母様はステージⅣで骨と脳への転移が有るのですね、当然リンパ節転移も有るのが普通です、肺がんの転移はリンパ節転移→骨転移、→副腎転移→脳転移となります、そうしますと治療は抗がん剤治療になります、手術とか放射能治療は対象外です、上手く抗がん剤の効果が出て癌が小さくなれば放射線とか手術とかの可能性も有りますがね。上手く遺伝子検査にて今話題のオプジーボの適用が可能なのですね、骨に転移すると痛みが出ます又逆に痛みは脳で感じますが、脳に転移が有ると痛みとして感じない場合もあるらしいです、私の弟がそうでした、何しろ医者嫌いで、いよいよ変だと思って医者に行ったらもう治療不可能との事でしたが脳への転移も有り最後は優しい顔をして逝きましたよ。お母様の抗がん剤(オプジーボ)の治療が上手く行けば良いですね。私も頑張りますよ。
    • good
    • 1

ノウベルショウを、癌治療薬で、もらったお医者さんが、居ますよね。

私の伯父さんも、肺腺癌で、あちこち!転移が、見られましたが、その新薬で、癌を、抑制して、通院や、定期検診で、命拾い!してますね。年齢は80歳です。75歳で、膀胱癌に掛かり、新薬が、出るまでは、かなり、苦しい、思いを、してました!今では、たまに、畑で、作物などを、作ってます。暖かい時季限定だけどね!
    • good
    • 1

父を癌で亡くしました。

同じく発見時ステージ4で闘病は3年半でした。
心中お察しいたします。
新薬とはオプジーボのことでしょうか。もし、金銭面でも体力面でも投与が可能なら頼ってみて良いと思います。オプジーボで救われた人がいるのは事実です。もしも本人が生きることを諦めていないのであれば、少しでも長く、少しでも希望がある選択肢を選びましょう。
私の父も癌発見から、三年半、よく生きていてくれたと思います。その間に孫の顔を見ることができ、子供たちもみな成人して安心していました。
簡単ではないことはわかっていますが、1番大事なことは諦めないことです。
抗がん剤はつらいです。たくさん吐きます。髪も抜けます。夜も眠れなかったりします。それでも父も三年間生きていました。その間に癌が消えたりもしました。父は結局は再発してしまいましたが、諦めずにいてくれて感謝しています。

「生存率が5%なら、その5%に入れば良いんだな」、当時、闘病者のブログを読んでいて1番心に残った言葉です。
本人だけでなく、サポートするご家族も大変だと思いますが、希望を捨てずに頑張って欲しいです。
    • good
    • 1

治験レベルではこんな薬もありますので、新薬というのが何であるかわかりませんが、、、


https://oncolo.jp/ct/durvalumab-2

もともとかなり進行した状態での発見ですので、かなり厳しい状況だと思います。
過度な期待はできないと思います。


また、オプジーボの使用により、多くのがんで、3年生存率の有意な改善が報告されているが、生存期間中央値の改善は数カ月である。例えば腎がんでは、治療歴を有する進行腎細胞がんに対して、オプジーボとエベロリムス(腎細胞がんに対して使われる分子標的治療薬)との比較が海外で行われたが(Checkmate-025試験)、3年生存率はオプジーボ39%、エベロリムス30%であり、全生存期間中央値はオプジーボ25.8カ月、エベロリムス19.7カ月だった。
https://www.businessinsider.jp/post-176915
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報