グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

萎縮性胃炎C2が癌になる確率はいくらぐらいですか?

A 回答 (1件)

慢性胃炎や萎縮性胃炎はいつ癌が生じても不思議はない状態ですから前癌状態と言われます。


生じる確率は1年か10年か解りませんが、年月が経過するほど高まると考えるべきではないでしょうか。
――――――――

・慢性胃炎とは、胃の粘膜に白血球が集まり、常にじわじわとした慢性的な炎症を起こしている状態を言います。(胃の粘膜細胞を白血球が破壊している状態)
それが長い間続き、胃の粘膜がうすくなり萎縮した状態が萎縮性胃炎です。
さらに破壊が進むと腸のようなシワの腸上皮化生となります。
・慢性胃炎は前癌病変(癌が発生しやすい状態)として据えられており、萎縮の進行度に応じて胃癌発生が高くなることが統計上わかっています。
・なお、胃の炎症が胃の入口の噴門にも進み、噴門の閉じる働きが弱くなれば、胃酸が食道に上昇して逆流性食道炎も起きます。食道炎が進むとやはり萎縮し、バレット食道(萎縮性胃炎と同じ腸上皮化生上皮)になり、食道腺癌も生じ安い状態となります。
   ーーーーー以上の様に説明されていますーーーーーー

●慢性胃炎や萎縮性胃炎の原因と胃癌の関係について

・白血球は体内の異物を排除する免疫担当細胞であり、なにも理由なく集まり自己の細胞を傷害はしません。
胃の粘膜細胞が異物性を表現するために、異物細胞として排除するべく白血球が破壊し、これが続いているのが慢性胃炎の状態です。
・胃癌を起こすウイルスの1つにEBウイルスがありますが、このウイルスを例に慢性胃炎と癌の関係を説明しますと、
胃の粘膜細胞にEBウイルスが感染しウイルス蛋白が表現される場合、その感染細胞は異物とみなされ排除しようと白血球が傷害し慢性胃炎が起き萎縮性胃炎と進行することになります。
なお、EBウイルスは胃癌、上咽頭癌、悪性リンパ腫を起こすウイルスとしても知られますが、ウイルスの遺伝子が細胞の核内のDNAに挿入され癌遺伝子になり癌化するということです。こうして出来た1個の癌細胞を速やかに異物細胞として白血球が発見し排除してくれれば癌という腫瘍には至りませんが、それを見過ごすと分裂増殖し腫瘍としての癌が生じます。
慢性胃炎が続く限り癌細胞は常に出来ていると考えるべきで、いつ癌が生じても不思議はなく、萎縮性胃炎や腸上皮化生に進行するほど免疫も低下することから癌と言う腫瘍の発生の危険性は高まると考えられます。

・よくピロリ菌が慢性胃炎の原因となり、また癌を発生させるとも言われますが、癌はあくまでも癌遺伝子を持つ細胞の増殖です。癌遺伝子の多くはウイルス遺伝子の挿入により生じます。
ピロリ菌という細菌は胃潰瘍の原因となることはわかりますが、細菌が細胞核内のDNAに癌遺伝子を作る理論はありません。従って、ピロリ菌を除菌しても慢性胃炎が治ることは少なく癌発生の危険は避けられないはずです。

・ハスミワクチンという副作用もない癌ワクチンがございます。この癌ワクチンは、ウイルス発癌の理論より、癌の種類ごとに癌腫より抽出したウイルスと癌細胞膜抗原を材料として開発されたもので、30数種類の一般ワクチン(既成ワクチン)があります。
胃癌用のワクチンとしてはK.MというEBウイルスを材料とした既成の一般ワクチンがあり、これを使用し、慢性胃炎が数カ月の短期間で治癒することは事実です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/12 20:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腸上皮化生と診断されました。化生の進行は防げるのでしょうか?

腸上皮化生と診断されました。化生の進行は防げるのでしょうか?
先月、胃の内視鏡検査を行った際に気になる凸があったそうで組織を取り病理検査に出されました。
ガン細胞ではなかったのですが、腸上皮化生との結果でした。
腸上皮化生は前ガン病変ということでショックを受けています。

この化生の進行を遅らせるような手段は何かあるのでしょうか?
食生活に気をつけ、規則正しい生活を送るということしかないのでしょうか?

ちなみに37歳、男でピロリ菌は半年前の除菌(2次除菌)で(-)になりました。

詳しい方いらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

慢性的なストレスが原因です。いままで仕事を頑張ってこられたと思います。ご自分では気づいておられないかもしれませんが頑張り過ぎや無理のし過ぎが続いた結果です。例えば長時間労働、休養、睡眠不足など肉体的なストレスやなにかにつけ我慢を重ねる心の抑圧など心のストレスが続いていよいよ適応できなくなると免疫力を低下を招いてトラブルがおきることになります。ピロリ菌は胃がんや潰瘍の二次的な原因に過ぎません。

今までの生活に原因がありますので、生活を振り返り仕事内容、労働時間など仕事そのものを見直すことが必要です。すぐにどうこうできないことばかりかも知れませんが、少なくとも今よりは心や体をリラックスさせる時間を増やしNK細胞などリンパ球を活性化して免疫力を上げないことにはどうにもなりません。ストレスで体温が下がってきますので入浴してしっかり体をしっかり温めてから就寝することを心掛けてください。また一分でも多く睡眠時間を確保することも大事です。
ひたすら真面目に頑張り過ぎるタイプの人ほど思わぬトラブルを招来させますので注意が必要です。

Q一番右の人は、なぜクロワッサンみたくなってるんですか? 野菜食べてるのに

一番右の人は、なぜクロワッサンみたくなってるんですか?
野菜食べてるのに

Aベストアンサー

タバコ肺酒→肝臓大食い→胃かな。

Q肝癌の治療で肝動脈塞栓術 ガンの兵糧責めと解るのですががん細胞が死滅するのに、何度もしましたががん細

肝癌の治療で肝動脈塞栓術 ガンの兵糧責めと解るのですががん細胞が死滅するのに、何度もしましたががん細胞が何度も出来るの?素人でも解るよう説明お願いします

Aベストアンサー

癌は、癌遺伝子が生じた1個の癌細胞が、その癌遺伝子により分裂し増殖して塊となり腫瘍を形成している病気です。

⓵腫瘍が形成された早い段階で、その一部の癌細胞が剥離し(はくり=はがれ)、別の腫瘍を形成したり、リンパ管や血管を流れ別の部位で着床して腫瘍を形成することから、再発や転移が起きます。

②癌遺伝子を作るものとして、肝癌の場合はB型およびC型の肝炎ウイルスが、そのウイルス遺伝子を肝細胞の遺伝子に挿入し、癌遺伝子となることが解っています。(添付図参照)
肝炎は、ウイルスが感染した肝細胞を白血球のキラーT細胞が破壊している状態ですが、その肝炎が進行して線維化する部分が多くなり、肝臓の機能がおとろえれば血液状態も悪くなることから、白血球の監視の目(免疫)が弱くなって癌細胞を見逃し増殖を許し癌が生じやすくなります。

腫瘍を切り取っても、動脈塞栓で血液を遮断し腫瘍を崩壊しても、①と②の条件が断たれませんし、塞栓すれば広範囲に正常な肝細胞も死にますから、より条件が悪くなり癌の発生が断たれないということです。
今の標準治療はモグラタタキと言うことになります。
---------------

最近特に免疫療法が叫ばれるようになっていますが、古くからは癌ワクチンとして開発されたハスミワクチンや丸山ワクチンがあり、近年、NK細胞療法や樹状細胞療法と言う免疫細胞療法が免疫を理解する医療機関で広く行われるようにはなっています。
ただ、一般の医師は承認されたものを学ぶ立場ですからそれほど深くは知りません。丸山やハスミに対しては否定的です。

結論を申しますと、ハスミワクチンにはB型よりの場合はHep.M、C型の場合はHC.Mと言う適合ワクチンがございます。患者の尿から癌抗原を抽出してワクチン化する自家ワクチンも可能です。
何らかの希望が持てるかと思いますが、ウルソやキョウミノというステロイド様作用をもつ薬剤との併用は効果がほとんどありません。むろん抗癌剤の併用もだめです。
なお、数百万をかけて良いのなら、樹状細胞を癌の中に注入するHITVという免疫細胞療法があり、これをなされてハスミを合わせれば強く効果が望めると思います。
以上です。

癌は、癌遺伝子が生じた1個の癌細胞が、その癌遺伝子により分裂し増殖して塊となり腫瘍を形成している病気です。

⓵腫瘍が形成された早い段階で、その一部の癌細胞が剥離し(はくり=はがれ)、別の腫瘍を形成したり、リンパ管や血管を流れ別の部位で着床して腫瘍を形成することから、再発や転移が起きます。

②癌遺伝子を作るものとして、肝癌の場合はB型およびC型の肝炎ウイルスが、そのウイルス遺伝子を肝細胞の遺伝子に挿入し、癌遺伝子となることが解っています。(添付図参照)
肝炎は、ウイルスが感染した肝細胞...続きを読む

Q胃ガン後の生活について

母が胃ガンで胃を半分切り1年以上立ちました。

随分と痩せてます。
太る事は難しいのでしょうか?
本人はもう太るのは無理だと言っていますが、
胃が小さい分、小ない量で食事の回数を多くしていれば太れると思うのですが、どうでしょうか?

栄養不足も心配です。
詳しい方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

うちの父も昨年末に全摘しましたよ。
まだ半年も経ってないけど、よく食べれるようになってきました。
毎日体重計測して、目につくようにホワイトボードに書かせています。
当初からは、15キロほど痩せたんだと思いますが、少しずつ増えてきているようないないような程度ですが、元がガタイのいい人だったので、スマートになった感じです(^_^;)
オペの前にたくさん食べて運動して筋肉作って太ってていいと言われていた意味が分かるようです。
最近では、ゴルフにも行くようになり、打ちっぱなしからコースにも行ってました。
何でも食べていますが、ダンピング症状が出ると辛いので、ダンピング出そうになったら
飴をなめさせています。インシュリンのコントロールは必須です。

半分残っているんだから、運動して、食べて、胃を少し大きくなるように食べれば、
ちょっとずつ戻ってくると思いますよ。好きなことしてるのが一番だそうです(^_-)-☆

Q58歳、子宮頸ガン組織検査でlb1の結果が出ました。これからどう言う治療なされるでしょうか?怖い…

58歳、子宮頸ガン組織検査でlb1の結果が出ました。これからどう言う治療なされるでしょうか?怖い…

Aベストアンサー

ステージ1b1なら早期発見になりますね、健康保険を利用しての標準的な治療はこの様になります。
https://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/treatment_option.html

Q癌は、誰の体にも生まれています。あなたは、どんな癌対策を行っていますか?

私たち人間の体の中では誰の体でも漏れなく、毎日毎日5000個もの癌細胞が生まれていると言います。しかしながら、その癌細胞を5000戦5000勝の確率で、これまた免疫力によって殺していると言います。

しかし、何らかの原因で免疫力が低下すると、死ぬはずだった癌細胞は死なずに増殖を始めて、約9年経つと、1cm・1gの癌細胞に成長すると言います。その数は、なんと10億個にも及ぶと言われています。

それをこの日本では、初期癌というそうです。

ですから、日々免疫力を私たちは高める努力を怠らないことが、癌に罹らない最良の予防法です。

では、皆さんに伺います。

日々の生活の中で、どのように免疫力を高める努力をしているでしょうか? 教えてください。

Aベストアンサー

タバコ吸わない。
代謝をよくする。
ストレス溜めない。

Q肺のCTを撮ったら1ミリ以下で複数の影があると言われて平成25年8月から毎年8月に検査してます。影の

肺のCTを撮ったら1ミリ以下で複数の影があると言われて平成25年8月から毎年8月に検査してます。影の状態は変わらない様ですが、このまま他の病院で診てもらわなくても大丈夫か心配です。

Aベストアンサー

病院は、最低でも2カ所ほど行った方がいいです。
国立病院で、おおよそ癌でしょうと言われて、もう少しで検査後に切除しなくてはならない状況で
放置し、半年移行に他の病院に行ったところ何でもありませんでした。大病院だからと言って、
全ての結果が正しいと思わない方が長生きできますよ。

Q脳に腫瘍などが出来ていた場合きずきませんか? 何か初期症状がでますか?

脳に腫瘍などが出来ていた場合きずきませんか?
何か初期症状がでますか?

Aベストアンサー

残念ながら、気付くのにかなりかかりました。私は5年前に脳腫瘍(三叉神経腫)で手術をして、約2か月間入院しました。只、今振り返ってみると、それまでに違和感のある頭痛、例えてみると、頭の中に後ろから足を突っ込まれて目と鼻の後ろから思い切り力を入れられる、という感じが風邪をひく度に有り、風邪が治れば頭痛も治まる、が数年続き、最後は風邪をひいてない状態で頭痛がして、我慢出来ない程強くなり、脳外科にかかり検査をしたら、脳腫瘍だった、という経験をこの身をもってしました。繰り返す違和感のある頭痛は脳外科で検査をおすすめします。

Q胃がんの治療方法

ステージ4の胃癌です。
肺やリンパにも転移があります。
抗がん剤治療をしていますが
胃癌の画期的な治療法をご存知の方教えて頂けませんでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■まとめ

ハスミや丸山ワクチン、また高額な免疫細胞療法にせよ、どのような免疫療法も健全な白血球が先ず前提にあります。
このことが大変重要なポイントです。
ハスミワクチンで癌抗原を接種しても、弱まり減少している白血球は働きません。免疫細胞療法をする場合も同じです。
抗癌剤という細胞毒と併用してはならないということです。
免疫療法をされている機関のホームページの多くには「抗癌剤との併用も可」と書かれていますが、3大治療を否定できないが故の表現です。唯一リンパ球バンクは「化学療法剤とANK療法の同時併用は推奨されません。」と記されています。
なお、ハスミワクチン・丸山ワクチンの両開発者は抗癌剤と併用しては効果を得られないとしていました。開発者亡き今は併用も認めている状況です。
ご子息の蓮見先生は当初のパンフレットには「免疫療法としての立場からでは、(併用すれば)ワクチンの効果は見込めません。しかし過去のデーターより、ワクチンによりガンの消失を見た患者さんの多くは、これらの治療後にワクチンを始めています」と記されていましたが、 現在は、「標準治療と併用することが望ましい」とされますので、併用される患者が多く、ワクチンの効果は出ず、命を落とすお方が多くなっているのが現状です。
このことは、蓮見先生が行う高額な樹状細胞療法のHITVにおいても同じことで、最近まで抗癌剤も併用して良いと言われていました。しかし一昨年、「統計を取れば化学療法を受けていれば助からなない・・何もせずに受診を・・」と訂正されました。

また、手術をするにしても、白血球が弱まる臓器の摘出も避けねばなりません。

貴方様の場合は不幸の中で幸いにも胃を温存されています。胃は食物を粥状にする大切な臓器です。胃を全摘すれば栄養の摂取が十分には出来なくなりやせ衰え血液状態も良くなりません。白血球は充分な働きをしません。
胃を温存していることは可能性が残されます。

私の考えを申します。
抗がん剤治療を止められて、ハスミワクチンのK.Mワクチンと自家ワクチンに賭けるべきです。余命も言い渡されているはずです。そのままでは可能性は0となります。抗癌剤では体調も心も良い時はありません。希望をお持ちになることです。
こちらのハスミの協力医が体験した助かったお方の例があります。
スキルス胃癌の男性で、大学病院で開腹したが手遅れとしてそのまま閉じられ、先生からハスミワクチンを手配され好調を続けていたので不思議に思い教授に報告。教授はそんなはずはない・・連れてこいと言われ検査する様に勧めたところ、本人は元気でいれれば大学病院には行かないとのこと。その後、何かのことで無理やり大学に行かせ、検査の結果消失されていたとのことでした。このお方は抗癌剤も何もしていないのが幸いでした。
もう一例、脳腫瘍の中学男子、大学で抗癌剤と放射線、東京でガンマーナイフ照射もされ、これ以上は出来ないとされて再度大学で抗癌剤治療、むごたらしく見ておれず母親が強行退院させたと私に連絡、私の勧めでハスミワクチンをし、好調を維持し、10数年前にひきつけを起こし再発かと思い検査をしたところ腫瘍も何もなく、ひきつけは一過性のものと言われた。この子のことも添付しました協力医の古い寄稿文に簡単に記されています。なお文面の中の「・・もしかしたら消えるのでないかと思われる胃癌の方・・」が上記の男性です。
私のガンは治ったという子宮癌の体験談があります。
https://ameblo.jp/cancer-vaccine/entry-10817075956.html

おそらくそちらの病院と板挟みになることの恐れもありましょう。しかし、治療方法の選択は患者側にあることを忘れてはなりません。
命に至る狭き門を如何に見つけるかはご自身やご家族の能力しかないと私は常々思います。
以上です。
ご質問があれば何なりとお受けいたします。

■まとめ

ハスミや丸山ワクチン、また高額な免疫細胞療法にせよ、どのような免疫療法も健全な白血球が先ず前提にあります。
このことが大変重要なポイントです。
ハスミワクチンで癌抗原を接種しても、弱まり減少している白血球は働きません。免疫細胞療法をする場合も同じです。
抗癌剤という細胞毒と併用してはならないということです。
免疫療法をされている機関のホームページの多くには「抗癌剤との併用も可」と書かれていますが、3大治療を否定できないが故の表現です。唯一リンパ球バンクは「化学療法剤とA...続きを読む

Q緑内障? 白内障?

老婆の眼 

母が77歳になりますが、眼に違和感があり、病院受診した所、3時間待ちの5分診療でキサラタン点眼とミケランLA点眼を処方されました。かなりきついお薬みたいで、母は使用をためらっていますが、どうなんでしょうか?詳しい方ご教示願います。

緑内障?

白内障?

Aベストアンサー

今回眼科より処方された2種類の点眼液は緑内障の治療に対する点眼液ですので医師(薬局)の指示通り点眼しましょう、白内障に対する点眼液ではありません、尚、白内障を治す点眼液は未だ開発されていません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング