AI天使がイケメン天使に変身!>>

3年落ちのハイブリット自動車の購入を考えてます。(15年登録、トヨタシャンテ、4万4千キロ走行)価格はガソリン車の新車と同じくらい。わたしの走行キロは月千キロ少々です。
購入後は6,7年乗るつもりです。お得感はいかがなものでしょうか教えてください。

A 回答 (8件)

>価格はガソリン車の新車と同じくらい。


>お得感はいかがなものでしょうか教えてください。
 早々に保証が切れる中古車と、6年間メーカー保証が続く新車では、
 比較するまでもなく、中古車にお得感なんて「皆無」だと思います。

お金は掛かっても構わない、二酸化炭素削減に協力したい!! と思うなら
ハイブリット。
経済的なことを想定しているのなら圧倒的に新車です。
    • good
    • 0

ただ・・・シャンテはマツダの車です・・・

    • good
    • 0

あんまり、、、、


当たり前ですが、新車の方がお買い得です。
    • good
    • 0

ハイブリッドカーは、お得感はある感じです。


私の場合は、2年前に福岡トヨタでTバリュー認定中古車で30プリウスを買いました。

買う時には、「ハイブリッドカーは良く壊れ、修理の際部品代が高い」 とよく耳にしました
ので、ディーラー認定車で1年もれなく保証+有償延長保証2年に加入し、合計3年保証にしました。

もうすぐ2年を迎えようとしていますが、基本どこも壊れない感じでした。昨年7月には、電子
ブレーキ系統の故障があり、ブースターとポンプ修理になりましたが最近福岡トヨタから届いた
郵送書類には、メーカー保証にて無償修理するので、こんな感じがあれば持ちこんでくださいと
書いてありました。

ハイブリッドカーは、冬場2割ほど燃費が悪くなるといわれています。購入1年目にチェックした
ところ、12月から2月までのもっとも外気温が下がる冬の時期に、片道5km程の買い物とかの
ちょい乗りですと、実燃費は19km/L 弱くらいでした。(福岡市内は平均移動距離18km/h くらい)

チョイ乗りで、普通車のガソリン車のざっと3倍程度の燃費でした。

チョイ乗りが多いので参考になりにくいかと思いますが、片道70km程度の福岡市から伊万里市まで
下の道の海岸線沿いの道路を走り往復5時間のドライブに12月・1月・2月と3回同じコースを走った
ら、だいたい燃費計は、30km/L くらいでチョイ乗りに比べ、燃費は伸びる感じで毎回安定して
いる感じです。

30プリウスの場合、リアシート下にEV駆動用のバッテリーを搭載しています。冬場のドライブで
外気温7℃とか12℃とかで走っていますと、スマホアプリでチェックするとヒーター設定温度25℃
で車内の温度も同じくらいで、EVバッテリー温度は40℃くらいでファンは6段階ある中の3番目で
作動中~ みたいに冷却に関しても安定しているようです。

2015年登録のシエンタ・ハイブリッドのことかなあ~ と思いますが、昨年ブレーキの無償修理で
代車で乗ったのですが、比較的に乗りやすい車だったと思います。

ハイブリッドカーは、エアコンとか電動インバーター方式ですので、初夏とか夜にエアコンが寒い
という感じになりにくい。家庭用のエアコンと一緒で最初にフルパワーで稼働すると、次第にパワー
が絞られる感じです。

トヨタのハイブリッドカーは、スタートすると継ぎ目の加速感という感じで静かに加速していく
感じで、車に乗って遠出するのが苦手な小さなお子さま・細身の冷え性とかの女性・高齢者とか
は、「この車だと疲れない感じ」 みたいな感想だったりします。

信号機が赤で停止しますと、基本は自動でEVモードに切り替わるので、信号待ちの車内は静か。
信号機が青になると、EVという電気モーターで静かに加速していき、時速15km/h とか23km/h とか
その辺で自動でガソリンエンジンがかかりエンジンで静かに加速し、巡行速度付近でまた電気
モーターで走行する感じです。

ガソリンエンジンが停止している時間が長いので、単純にそれだけ燃費も上がるというしくみの
車だと考えるとイメージしやすいと思います。


■参考資料:30プリウスで大寒の寒い日に県外までドライブに行くと燃費はどんな感じなの?
https://matome.naver.jp/odai/2154846249954099501


■参考資料:福岡トヨタでロングラン保証で中古車買うとメンテナンスとかどうなの?
https://matome.naver.jp/odai/2148950515767663901


■参考資料:真夏に代車でシエンタハイブリッドでエアコン入れて走ると燃費とかどんな感じなの?
https://matome.naver.jp/odai/2153259603634591001


よく高級外車のベンツとかにトランク下に足をかざすとトランクが開くフットオープナーとかが搭載
されていたりしますが、日本ではショッピングセンターでも、スーパー駐車場でも、月極駐車場でも
セキュリティ上バック駐車するのが原則ですので、バック駐車するとトランクに買い物したものを
入れにくい。

シエンタ・ハイブリッドとかは電動スライドドアです。バック駐車してある車に歩いて向かう途中に
リモコンキーで電動スライドドアをオープンにする。

荷物を積み込み、運転席に廻り、乗り込みダッシュボードのスイッチで電動ドアをボタン押すと閉まる
感じ。

夏場、屋根のない屋外の駐車場に駐車しておくと車内温度が上昇します。一般的に左後部ドアパネルを開け
運転席のドアパネルとバタンバタンと5回開け閉めすると車内の空気が斜めに抜けるので、車内温度が
外気温と同程度に下がります。

電動スライドドアはその空気の入れ替えでも簡単になるので便利です。

よくEVバッテリーの寿命とかが気になる感じですが、30プリウスとかはタクシーでも使われているので
新車から20万kmとか走っても無交換だった人が何人か知り合いで確認できました。

一般的なガソリン車は、バッテリー電圧が12,2v程度下回ってくるとセルモーター回すだけの大電流が
ないのでバッテリーあがりとなる傾向にあります。

ハイブリッドカーは、ハイブリッドシステム起動するだけの電気があれば良いので、10v程度あれば
システムが起動でき、そこからはEVバッテリーから電源が供給される感じです。

走行後、ハイブリッドシステムをパワーボタンおしてダウンにすると、200V電源のEVバッテリーは遮断
されるので、ヘッドライト点灯させていてもライトに電源流れないので消えます。

例えば若い男性が、知り合って仲良くなりかけている彼女とかと遠出するドライブとかに出かけたりして
出先でバッテリーあがりあると雰囲気的に気まずくなることがあったりします。

その点ハイブリッドカーは、普段チョイ乗りでもバッテリーあがりとなることがない感じですので、
精神的な面で、「バッテリーあがりしない車」 みたいなものもあるので、結構売れていたりします。

ただ、ハイブリッドカーは、実際に買って毎日のように乗ってみて、「ここが良いなあ~」 と実感する
ような車ですので、買う前に人からあれこれ聞いてもピンとこないとは思います。
    • good
    • 0

シャンテ?シエンタの事?


ハイブリッドは、ガソリン車より高い。燃費の差額で、元は取れない。でも、中古車の場合は、別。ただ、元を取ろうという、発想が的外れ。トヨタ方式の場合、モーターだけで走れる、電気自動車感覚、家庭用と同じ方式の、エアコン、熟成され切ったメカ等が、メリット。
    • good
    • 0

ハイブリッド車を買うのは節約志向の人が多いですね。



節約志向の人がなぜ三年でこの車を手放すのか。

クルマがハズレで調子が悪かったのか、あるいは燃費が悪くてカタログの6割しか走らなかったなど、色々な問題がなければ節約志向の人は10年乗るでしょうねー。
    • good
    • 0

ハイブリッド車は、環境にエコだよ。


お財布にも優しいとかいったら、不明な部分も多い。
年2万キロ以上走るなら、ガソリン車との差額分の元がとれる可能性がある(新車での場合ね)

新車で、10年乗るよりも、中古車で7年程度乗っている方が、新車の初年度の急激な価値の低下に比べると、緩やかな価値低下と言えますからね。
    • good
    • 0

元整備士です。


ハイブリッドは作りが特殊な車なので故障した場合はとても修理費が高額です。
場所によっては修理費が60万円とかかかるばあいもあり
平均修理費は、20万円くらいになります。
普通のガソリン車だったら10万円で済む修理がハイブリッドだと30万円かかったりします。
お得だから、燃費いいからと飛びついたら後で痛めみます。
そのお金がポンと出せる人ならまったく問題はありませんけどね。
そういう理由から私はハイブリッドの車なんて絶対に買いませんけどね。
車は、便利な物がついていればついているほど、壊れた時には修理費がそれだけ高くなりますよという事は頭にいれておいてください。
ハイブリッドに搭載されているリチウム電池の値段も交換時には10万円くらいかかったりします。
ハイブリッドのリチウムバッテリーはとても高いです。
最近ではスズキの車にも搭載されてますけど、これがあるので買いたくないというのもあります。
車買うときは知識ないと損しますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報