ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

最近、生きる必要性について考えています。私は別に自殺がしたいわけではありませんが
楽に死んで無になれるのならば今すぐ死にたいです。「楽に死ぬ」とは痛みなく死ぬという意味
です。インターネット上では痛みなく死ぬ方法(例:高いところから落ちると途中で気を失い、痛みを感じなく死ぬなど)が色々ありますがそんなこと実際死んだ人しか分からないと思います。
幸せになることが生きることの意味だと多くの哲学者さんたちは言います。
幸せとはなにか。幸せになる方法とはあるのか。
このように悩んでる方いらっしゃれば是非ご意見を下さいませ。

A 回答 (2件)

幸せに実体などないよ。


10人いれば10人の好みがある。
自分の幸せが友人Aの幸せとイコールではないのだ。

もともと生命自体に意義も目的もないのだ。
作家先生がよく自殺するが、
このことに気づいた虚無感と徒労感が大きすぎ、
それを(文豪である彼らにしてなお)言葉にすることができず、
つまり他人と共有することもできず、
それによる孤独感も加わって破局への道を選んだのであろう。

幸せは自分で作るか見出すかするしかない。
それには代償としての艱難辛苦という段階を免れない。
世の中はすべからくギブ&テイクである。
しかし逃げず挑み続けた奴はいずれそれを掴み
「幸運な人生だった」
と幕を閉じることができる。
    • good
    • 2

じゃあ死んでください

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報