ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

ケーブルTVのケーブルの途中に避雷器が設置されています。
避雷器が設置されているのは、屋根の上ですが、そこから接地線がありません。
落雷があり、ケーブルの途中に電圧が印加された場合、避雷器から過電流は、どのように放電されるのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    避雷器は落雷から機器(モデム)を保護するために設置します。
    設置する場所は、機器の近傍のはずです。
    でも、現在、避雷器と機器(モデム)は、アホ程、離れています。
    避雷器を取り付けた業者さんは、避雷器と機器(モデム)間に誘導雷の電圧が印加した場合を、想定しているのでしょうか?

      補足日時:2019/02/12 12:35
  • うーん・・・

    ヒューズのような過電圧・荷電流で、切れる避雷器もあるのでしょうか?
    普通、避雷器には接地線があると思うのですが、、、

      補足日時:2019/02/12 12:40
  • うーん・・・

    ケーブルTVにSPDの仕様書を提出するようにお願いをしているのですが、出てこないです。
    その仕様書を見れば、ある程度、設置する目的、取り付け位置、耐電圧、耐電流、交換時期等が解るのですが、、
    今、何も解らず予想だけを言っています。

      補足日時:2019/02/13 15:03

A 回答 (8件)

回答No.1でも指摘されているように、それは直撃雷(ちょくげきらい)を大地に流すものではなく、誘導雷(ゆうどうらい)のサージを可能な限り吸収する保護器(アレスタ)ではないか、と思われます。


アレスタを付けても万全ではありません。それを乗り越えてくる雷サージはあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それはそうですね。
SPDのかわりに耐雷トランスを設置すれば、より信頼性は高まりますが、100%防止することは、不可ですね。

お礼日時:2019/02/13 16:40

#3です。


>モデム等の機器の中に、そのようなサージを吸収するものが取り付けられているのでは?
●そんなものはありません。機器は規程の耐電圧が要求されるだけです。それがPSEマークです。

>なぜ、機器の外部に、わざわざ取り付けるのか?そのようなサージを吸収する?避雷器?は見たことがないです。
●機器を保護するのか、それとも線路を保護するのか、それは設置する目的によるものです。
少なくともモデム等とあなたがおっしゃる需要家設備を保護するものではないと考えます。自分の設備は自分で保護するのが当然。
強電の世界でも、受電端で避雷器を設置するのは、自分のおうちの配線や機器を保護するためですから、自分の費用で設置するものです。

なお、何度もいいますが、外部から侵入する雷サージを防ぐならば、通信ケーブルの外皮をアースするべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>●そんなものはありません。機器は規程の耐電圧が要求されるだけです。それがPSEマークです。

停電時、電源復旧時、またはいきなり機器の電源の入り切りで、突入電流(過電流、サージ電流)が流れます。
その電流で機器がつぶれないように、機器自身が、保護する装置を持っていると思うのですが、、

そんなことより、SPDの仕様書を見れば、全部わかるのですが、、ここで、どうのこうの言っても、まあ、時間の無駄ですね。

お礼日時:2019/02/13 16:35

想像ですが、ケーブルの架線は電力会社の電柱に共架されることが多いのですが、


架空避雷線を設けてあればその接地線に接続されている可能性もありますね。
しかし、途中に避雷器があるのによく気が付かれましたね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ケーブルTVの作業員の方がそのように言ってました。
でも、SPDのことを理解してないと思います。
誘導雷によって、信号ケーブルに過電圧が印加した場合、SPDを経由した(地面までの距離が50m以上ある)接地線を過電流が流れるはずがないです。
元の信号ラインのケーブル中を過電流は流れていき、モデムが壊れるだけです。
SPDの設置が必要なので、取り合えず、取り付けているだけの自己満足だと考えます。

お礼日時:2019/02/13 14:58

雷サージは大地へしか逃げ道がありません。


接地線が見当たらないのなら、№5さんの回答のようにケーブルを吊っているワイヤーで接地して、
代用しているのでしょう。
強電でも似たようなことをしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
SPDの仕様書を提出するように、ケーブルTVに依頼中です。
それで構造がわかると思います。

PS
接地線は短い程、効果があります。
仮に吊架線に硬銅線が使われているとしても、その直径は小さく、地面までの距離が50m以上あります。
実質的には、接地線の抵抗は大きく、この線からサージ電流は逃げることはないので、何の意味もないと考えます。

不良工事として、「消費者センター」に連絡する以外、どうすれば良いでしょうか?

お礼日時:2019/02/13 09:31

吊架線に硬銅線が使われて接地線になっていませんか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

たぶん、そうですね。

お礼日時:2019/02/13 16:41

電柱側に接地線はありますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。

お礼日時:2019/02/13 16:41

#1ですが、誤解がないように補足しておきます。



サージというのは、雷に限らず開閉サージなど、他の要因によるものもあります。
たとえば、スイッチを切るだけでもリアクタンス(コイル)成分によって逆起電力が発生して耐圧能力不足な機器にとっては損傷を受けることがあります。

テレビの内部故障によって、サージ電圧が発生して、これがケーブルを遡っていくことも考えられますので、これがケーブルTV側の設備に支障を及ぼさないようにするために設置する可能性も考えられます。
ケーブルTV側のケーブルは通信線です。100Vの電圧がかかるものではないことをご理解ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>たとえば、スイッチを切るだけでもリアクタンス(コイル)成分によって逆起電力が発生して耐圧能力不足な機器にとっては損傷を受けることがあります。
モデム等の機器の中に、そのようなサージを吸収するものが取り付けられているのでは?
なぜ、機器の外部に、わざわざ取り付けるのか?そのようなサージを吸収する?避雷器?は見たことがないです。

お礼日時:2019/02/13 15:00

ケーブルTVに限定するなら、それは避雷器というよりサージ電圧の吸収を目的としたものか何かでしょう(機器側から送信側への逆方向のサージです)。


そもそも落雷を考えるようなものではないということです。
通信線を保護するなら、ケーブルの外装シールドを接地すれば済むことです。

電力線(電柱に架設されている高圧線)の場合は、その電線を接地できませんから、そこに取り付けられる避雷器は制限値以上の電圧(雷サージ電圧)が印可されたときに限り特性要素を通じてアース(大地)に逃がすようになっています。

なお、誘導雷であっても非常に大きな電気エネルギーですので、バリスタ程度の過電圧保護回路なんて一瞬にして吹き飛んでしまうので、テーブルタップなどに取り付けられている雷保護回路なんて過信してはならないと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAMの周波数帯でFM変調はできないのですか?

お猿質問で申し訳ありません。
今朝の新聞で、
AM放送をすべてFM補完放送にしてほしいとの請願がなされたとの記事を読みました。
振幅変調と周波数変調の(上っ面の)違いは理解できていますが、
AMの周波数帯での周波数変調による放送はできないのですかね?
周波数そのものの持つ特性はいかんともしがたいですが、
放送設備のコストが安くできるのなら、
AM帯でのFM放送もありなんじゃないかとお猿さんは思ったわけです。
識者の方のご解説がいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

…コストがかかる要素が問題で。

 中波(AM)放送と超短波(FM)放送で一番コストが違うのが「アンテナ」なんですよ。中波だと波長が200~600mくらいあるのでアンテナの高さもその1/4程になります(正直に作ると大きすぎるので小細工して少し小さくなるようにはしています)。超短波だと波長は4m程で済むのでコンパクトに収めるなら携帯電話の基地局+αくらい(20mくらいの鉄塔に高さ数mのアンテナ、物置くらいの収容施設)で済みます。中波帯で放送を続けるなら変調方式を変えてもコストがほとんど下がりません。

 変調方式を変える事自体の技術的制約としては、帯域幅がFM放送で200kHzに対しAM放送15kHzなので、収容できる局数が大幅に減ってしまいます。もちろんFMでも通信用に使われている狭帯域のものならAM放送同等に収まりますが、音質も同等以下で受信回路も別にしなければならないのであまり意味がないかもしれません。ノイズ対策については、FMの方がAMより本質的にノイズに強いので特には必要ない筈です。

 人里離れた山の中なんかに行くと超短波のFM放送が入らなくなるので、全部移行されても困るんですけどねぇ…。携帯電話のエリア並みに中継局を置いたらコスト下がらないし。

…コストがかかる要素が問題で。

 中波(AM)放送と超短波(FM)放送で一番コストが違うのが「アンテナ」なんですよ。中波だと波長が200~600mくらいあるのでアンテナの高さもその1/4程になります(正直に作ると大きすぎるので小細工して少し小さくなるようにはしています)。超短波だと波長は4m程で済むのでコンパクトに収めるなら携帯電話の基地局+αくらい(20mくらいの鉄塔に高さ数mのアンテナ、物置くらいの収容施設)で済みます。中波帯で放送を続けるなら変調方式を変えてもコストがほとんど下がりません...続きを読む

Qオーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

オーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

Aベストアンサー

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います、でも どう考えても違いあるとは思えず私と同様に誰も
同意しませんでした そんな事ある訳ないと~ 私も含め「聴き比べ」した事ありませんが。

それから2,3年後 旧帝大の音響学の教授が半導体アンプと真空管アンプには音に違いがあると言っていたと別の知り合い
から聞いて本当に違いあるのかも知れないと思いながら今に至ってます。
真空管アンプを使う人は違い解かる人と考えて良いかも知れません 真空管マニアとも呼ばれます。
最近は見掛けませんが真空管アンプを手作りし販売している人も居りました 一台一台手作りですから大変高価でした。
今でもネットオークションに時々出る事あります。

その後レコードの時代からカセットの時代になり持って歩けるようになって何処でも簡単に音楽聞けるようになりました。
私もカセットテープで聞くようになり毎日聞いておりましたが聞いている内に満足出来なくなり もっと良い音 聞きたいと
エスカレートしていきました 車のラジオで聞く音楽はFMだけになってしまい こういうものなのだと思います。

真空管マニアによると電源入れてから1時間後とか経ってから音楽を聴くとか こうでないと良い音しないそうです。
感覚というものは訓練すればするほどに研ぎ澄まされるようで違いは測定器で測れるものではないようです。
尚 歪はアンプよりもスピーカーで決まります 40年前でしょうかスピーカーの歪率仕様 調べ比較した事ありますが1%以下 
保障されたものはありませんでした 多分現在もないでしょう 、スピーカーの歪率はパワーで変わりますが10倍にすると
歪率は3倍でした 半導体アンプの歪は当時も大変小さく0,01%程度でしたので歪の違いではありません 。
何なのでしょう 私も知りたいです 最近は音楽 全く聴きません。

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います...続きを読む

QAT車でやたらギアチェンジをするのは何か意味がありますか?

仕事で、酷くナルシストな同僚と一緒に車に乗って出掛けることがありました。

ずっとギアに手をかけていて、平地を走っているにも関わらず、やたらとギアを2やLにかえます。
AT車なのだから、そこまでギアチェンジは必要ないと思うし、変なタイミングで変えるので、エンジンブレーキが強くかかって前のめりになりました。

私は、ただカッコつけてるだけにしか見えず、前から嫌いでしたがもっと嫌いになりました。

AT車はそんなにギアチェンジが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

60の自動車整備士です。
頻繁にギアチェンジするのは、故障のもと。
A/T車の、L・2は、長い下り坂や、長くて急な下り坂等、フートブレーキを多用すると、ベーパロック現象やフェード現象でブレーキがそれ以降効かなくなり、事故るのを防ぐために、エンジンブレーキが必要なので設けられている。
今度、乗る機会が有れば、教えてあげましょう。

Q核融合発電は成功するのか

「太陽を作る男たち」NHKを見ましたが、何となく成功しない気がしました。
核融合発電はうまくいくのでしょうか?


https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/253/2145695/index.html

Aベストアンサー

核融合現象自体は簡単に発生させられるが、発電となると、
(1) 投入した以上のエネルギーを取り出せなくちゃ話にならん。
(2) 燃料をどうやって安価に確保するか。
(3) 発生する放射性物質をどう始末するか。
という課題がある。
 ITERは(プロジェクトの運営が絶望的にぐちゃぐちゃになってるのを、なんとかマネジメントできたとすれば)かろうじて(1)を(建設・廃棄に要するエネルギーには目をつぶって)クリアできるとしても、(2)燃料を核反応で作らなきゃならんという所にひどい無理があって、運転するためのエネルギーと費用をどっさり必要とするに違いなく、すると(1)の収支が赤字になりかねない上に、(3)放射化によって大量の放射性物質が発生する、その処理に膨大なエネルギーとコストが掛かるだろう。(推進派の方々が「クリーン」だとか大嘘を言うけれど、バカにしてるのかそれともバカなのか。)
 なので、ITERは(実用には程遠いばかりか、)動作原理をスケールアップしても実用機が作れるという見込みがないでしょう。ITER以外の方式も(技術上の課題はそれぞれ違うけれども)(1)〜(3)が大問題であるという事情は同じ。もっとなんかスゲエ大発明が必要だな。

核融合現象自体は簡単に発生させられるが、発電となると、
(1) 投入した以上のエネルギーを取り出せなくちゃ話にならん。
(2) 燃料をどうやって安価に確保するか。
(3) 発生する放射性物質をどう始末するか。
という課題がある。
 ITERは(プロジェクトの運営が絶望的にぐちゃぐちゃになってるのを、なんとかマネジメントできたとすれば)かろうじて(1)を(建設・廃棄に要するエネルギーには目をつぶって)クリアできるとしても、(2)燃料を核反応で作らなきゃならんという所にひどい無理があって、運転するための...続きを読む

Qこの抵抗器?の種類は分かりますでしょうか?

写真の黒い部品が何か分かりません。
部品の側面にE20、基盤に抵抗器のマークがあります。
これは何[Ω]もとい例えば替えるとしたら何を買えば良いか分かりますでしょうか?
宜しくお願いします。

(抵抗 レジスタンス resistance 電子回路 電子パーツ)

Aベストアンサー

>基盤に抵抗器のマークがあります
基板ね

回路図シンボルは抵抗じゃなくてコイルですよ
部品番号も"L1"とあるし

数値はわかりません

なぜ替えたいんです?抵抗もコイルもそう壊れたりしないですけどね
むしろ右隣の紫色のコンデンサ、膨らんでるみたいだし
そっちの方がヤバイんじゃないの

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q100円ショップで売っている電池残量チェッカーは電流計なのか電圧計? 他質問1点

Q1
100円ショップで売っている電池残量チェッカーは電流計ですか?
それとも電圧計ですか?

回答選択肢
1全て電流計である
2全て電圧計である
3モノによる。電流計でも電圧計でも電池残量は測れるので。
4その他

Q2
電池残量チェッカーで電池残量を測ると、電池残量を消費しますか?
電池残量チェッカーで電池残量を測る時間はほんの数秒で、メーター指針を読み取ったらすぐに電池を放していますが。

回答選択肢
1著しく電池残量を消費するので、測定は一瞬だけにすべし
2ほとんど電池残量を消費しないので気にすることはない
3ごく一般的な乾電池駆動の電気製品と消費量は同じである。測定時間は一瞬だけ、などとあせる必要はないが、ずっと測定していればそれに比例して電池残量を消費する
4その他

乾電池に詳しい方、
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

Q1 2 電位のみ
Q2 2 消費する(ほんのわずかだが)

電池は水バケツと思ってね。
電流を流せば水は減ります。
検電器に繋いでもポタポタと水漏れしてる状態ね。

Q40キロボルトの電圧ってどのくらいなのでしょうか?

40キロボルトの電圧ってどのくらいなのでしょうか?

Aベストアンサー

40キロボルト=40000ボルト
ただし電気的なエネルギーは 電圧と電流(おおざっぱにいえば電気の量)との兼ね合いですので、40キロボルトだけでは何とも言えません。

例:
落雷の電圧 数百万~十数億ボルト 感電したらもちろん危険 エネルギー特大
家庭用コンセント 100V(交流実効値) 感電したら危険 エネルギー大(長時間になればエネルギー大大)
単3乾電池 1.5V 感電しても大したことはないのが普通(感電状況によっては結構な痛み) エネルギー小
冬場に良く経験する静電気の放電 3KV~数十KV 痛いが普通感電しても深刻なダメージは無い エネルギー小
と言ったところですが、静電気が3KV=3000V以上あるのに、たいして感電の恐ろしさはありません。
しかし、コンセントは100Vですが感電するのは・・・恐怖です。
何故低い電圧のコンセントの方が、感電を恐れるのでしょう(エネルギーが大きいのでしょう)?
→静電気の方が電気の量は少ないからです
参考になれば幸いです。

Qオーディオアンプは電流駆動がなぜ主流にならなかったんですか?

オーディオアンプは電流駆動(定電流回路)がなぜ主流にならなかったんですか?
コイルは電流制御するものなので電流駆動のほうが自然かと思うのですが

Aベストアンサー

音声を増幅させるなら確かに定電流回路のほうが良いのですが、いくつかの理由で主流にはなっていません。

・良好な定電流特性を持つ真空管は寿命が平均約5000時間と短く、ほとんどがより長寿命な半導体に置き換えられている。(真空管はオーディオアンプ向けで少量生産しているのみ)
・一番良い特性が得られると言われている3極管+定電流ダイオードでの定電流回路は、低電圧では動作しないため消費電力が大きい。
・半導体での定電流回路はトランジスタが定電流特性を持っていないため、ツェナーダイオードと組み合わせた回路構成になり複雑になるのと、温度依存性が強いため安定した定電流回路を作るのが難しい。

Q電磁波と音波

ke!sanというサイトに「周波数と波長の変換」のページがあります。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1240368538

全くの無知なので質問がおかしいかもしれませんが、
高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

こちらの「お客様の声」で、
「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

一番知りたいのは、高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>>高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

できません。

>>「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

これは可能でしょう。測定器でも電磁波が弱くなるのを計測できると思います。

>>高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

ノイズキャンセル・ヘッドフォンのような原理で、高圧線の発生する電磁波の逆サイクルで電磁波を発生させれば、理論的には、打ち消す・中和することも可能でしょうね。
たとえば、自分の座っている周囲のみなら可能かもしれませんが、広い範囲で中和させるのは、とても難しいとおもいます。

また、電磁波がたとえ中和されたとしても、人体に与える影響がゼロになるという保障はありません。
幽霊が出現するとき、電子機器がしばしば故障するっていうように、なにか電磁波と見えない世界とは関係性があるみたいですし、科学的には未開の世界ですね。

ところで、電波暗室ってのがあります。その部屋にいれば、電磁波は入ってきませんし、逆に内部で発生した電磁波が外に出ていきません。
金網による電磁波遮断のやり方の徹底的に行ったような部屋です。

>>高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

できません。

>>「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

これは可能でしょう。測定器でも電磁波が弱くなるのを計測できると思います。

>>高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

ノイズキャンセル・ヘッドフォンのような原理で、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング