HMDS(ヘキサメチルジシラン)が及ぼす人体への悪影響についてお聞きしたいのですが、私の勤める会社では半導体を作る工程で、シリコンウェハーとレジスト液の密着性を促進させるのに使用されているHMDS(ヘキサメチルジシラン)という有機溶剤を使用しています。それをウェハー上に垂らして高回転させる際にHMDSのきつい異臭を感じます。HMDSは発ガン性のある薬品だとも聞きますが、その危険度はどのようなものなのでしょうか。どなたかHMDSについて詳しく教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

HMDS=HexaMethylDiSilane(ヘキサメチルジシラン) (CH3)3SiSi(CH3)3 ではなくて


HMDS=HexaMethylDiSilazane(ヘキサメチルジシラザン) [(CH3)3Si]2NH では?

こちらでしたらMSDS(製品安全データシート)があります。関東化学のMSDSによれば刺激性についての記述が主で、慢性毒性、ガン原性などのデータはないようです。なお、MSDSはメーカに要求すればもらえるはずです。また、製品評価技術基盤機構 化学物質管理センターのホームページ(http://www.safe.nite.go.jp/japan/index_j.html)で検索した生分解性・生体濃縮性のデータをあげておきます。

(なおマルチポストはご遠慮くださいね。)

参考URL:http://www2.kanto.co.jp/catalog/DOC/DIR_21/18583 … http://www.safe.nite.go.jp/pdf/kizon/1291.pdf
    • good
    • 0

おそらくiupac名をご存知でしょうから.以下のサイトで検索するのが簡単でしょう。



使い方は.日本国内でどこかにあったと思いますが.アドレスを忘れました。
医学関係の本屋(南山堂?)で使い方の本が出ていたかと思います。

日本の中毒医療に関する研究はきわめて少なく.日本語の内容は使い物になりません。
下記サイドで探して下さい。
あと.英語の辞書などは.以前回答していますので.すいませんが過去の回答を探して下さい。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この様なサイトがあるなんて知りませんでした。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/07/27 13:16

こんにちは。

この物質その物について知ってるわけではないのですが。m(__)m

一般にシラン類は、水と反応して分解します。その為、水分豊富な粘膜を傷害する物がほとんどです。

ですから、この場合も蒸気を吸い込むと、鼻、口、気管支粘膜~肺胞を傷害するものと思われます。

そういう物質は大量に吸い込むと肺胞が炎症を起こして水が貯まる肺水腫を引き起こすので危険です。

また、眼も水分が多いので障害を受けます。

ですから蒸気は極力除去すべきです。

実は、前にもこの書き込みを見て調べてたのですが、なかなか資料が見つからないで苦労してるところです。

ゆえに発ガン性~については判りません。

また何か判ったら書き込みます。
    • good
    • 0

こんにちわ。



この手の件はMaterial Safety Data Sheets(MSDS)を見ればいいです。
以下のHPを調べてみて下さい。

参考URL:http://www.msdssolutions.com/en/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英語でちょっとむずかしかったけど、こんなサイトがあるなんて知りませんでた。有難うございます。

お礼日時:2001/07/26 09:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機溶媒の比誘電率について質問です。

有機溶媒の比誘電率について質問です。
溶媒の比誘電率は温度上昇と共に低下しますが、
温度と比誘電率の関係を示した式はありますか?



また、標準温度でメチルエチルケトンとN,N-ジメチルホルムアミド を同比率で混合した場合の比誘電率は単純にこれらの誘電率18.6と38の平均でよろしいのでしょうか?


恥ずかしながら学がないので、初心者にもわかりやすく教えて頂けると幸いです。
また良い書籍などご存知の方いましたらご教授お願いします。

Aベストアンサー

> 温度と比誘電率の関係を示した式はありますか?

溶媒によっては実験式があります.理論式はないわけではないですが,精度は低く,実用性はありません.

> また、標準温度でメチルエチルケトンとN,N-ジメチルホルムアミド を同比率で混合した場合の比誘電率は単純にこれらの誘電率18.6と38の平均でよろしいのでしょうか?

だめです.混合溶媒に一般的に適用できる組成と誘電率の関係式もありません.

> また良い書籍などご存知の方いましたらご教授お願いします。

古典ですが,フレーリッヒ「誘電体論」を推薦しておきます.

Qエコナ、発ガン性の心配

グリシドール脂肪酸エステルとかいうものが酸化して発ガンの可能性がある物質になる、グリシドール脂肪酸エステルとかいうものがエコナに普通の100倍とか含まれていたそうです。少し前に既出の話ですが、知らずに全てエコナの油を使っていた自分には今とても問題です。エコナに苦情もいれました。しかし充分な回答が得られませんでした。
そこで、ご存知の方、お答えいただきたいです。

この物質は、体に溜まるものでしょうか?つまり、一旦摂取したら後にも悪影響があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 中国の餃子のメタミドホスや粉ミルクのメラミン

これらは悪意で混入されたので、本当に人体に影響のある量がぶち
込まれました。

グリシドールはハンバーグや山菜やサンマの炭焼きと同等の発がん
性が示唆されています。昔、コゲに発がん性があるって話題になり
ましたよね。つまり、タバコやアルコールとは比較にならないくら
い、危険性は低いです。不安定な構造なので蓄積はされないでしょ
う。体内では加水分解されて、通常の脂肪を分解したのと同じグリ
セリンになると予想されています。

安全基準ってのはたいてい、まず危険はないってレベルから一万倍
くらいの余裕を見て決められます。エコナは思いのほかグリシドー
ル脂肪酸が多かったので、余裕が数千倍しかなくなったかもしれな
いわけで、毎日何リットルもエコナを飲む人はヤバいかもしれない
と思ってください。ただし、ガンになる前に油でエラいことになり
そうな気がしますね。

Q溶媒の比誘電率

基本的な質問かもしれませんがお願いします。

溶媒の比誘電率が大きくなると、イオン対の解離が促進されると思いますが、その解離の機構が分かりません。
なぜ比誘電率が大きいと解離が促進されるのでしょうか。

もしよろしければご教授願えないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御存知のように、溶媒の誘電率とは、分子の集合体である溶媒のマクロ物性の一つであり、電解質の溶解に関する機構に関して、その一部を説明するものでしかありません。よって、誘電率と分子レベルでの挙動を一対一対応させる事は出来ませんので、水に食塩を溶解した場合を例に、分子レベルでの挙動を説明いたします。
NaClはNa+とCl-になる事で各々のイオンはとても安定になりますが、お互いを非常に強く引き合う為、これを引き離さねばなりません。Na+の周りにある水分子は、その酸素原子(ローンペアー)をNa+側に向けます。更に、一部の電子がNa+側に引き寄せられます。要するに双極子能率を有する水分子の配向が変わり、分子内の分極が増幅し、更に電子移動が起こっています。これによりNa+は安定化しましたが、水分子自体は不安定になりました。水分子自体の安定性に加え、隣接する水分子同士の反発が上がっています。Na+を取り囲む水は、外側にH原子を向けています。H上の電荷も通常の水分子より高くなっています。よってその外側にある水分子は、これを安定化するように、酸素原子を中に向けますが、その配向・分極・電子移動の度合いは、Na+に近接した水分子に比べれば小さくなります。Na+との作用も距離が遠くなるので、弱まります。更にその外側でも同様です。水同士の水素結合(sp3混成の四面体構造)をとりやすくなりますし、Na+に引き寄せられながらも、比較的自由に振動/移動できるようになります。Cl-も同様です。食塩水濃度が高い場合、Na+とCl-はかなり近くにあります。計算されてみるとすぐにわかります。この場合は、Na(Δ+)..Cl(Δ-)といった方が妥当でしょう。この極端に分極した分子(?)を水分子が包んでいるとのイメージ。
“誘電率”といった場合、少なくとも溶媒/溶質間の電子移動の効果は含みませんが、溶媒分子の配向や分極、溶媒分子間の電子移動を部分的に含む事となります(誘電率の測定時に起こりうる事)。
よって、元々のご質問に立ち返りますと、誘電率に対する電解質の溶解に関する説明としては、分子の配向が変わる事による電荷の安定化であり、水素結合や配位水などの積極的な溶媒/溶質間の作用は含まず、溶媒分子の分極等は含みはしますが、近似的には無視して良いとの理解で構わないと思います。

御存知のように、溶媒の誘電率とは、分子の集合体である溶媒のマクロ物性の一つであり、電解質の溶解に関する機構に関して、その一部を説明するものでしかありません。よって、誘電率と分子レベルでの挙動を一対一対応させる事は出来ませんので、水に食塩を溶解した場合を例に、分子レベルでの挙動を説明いたします。
NaClはNa+とCl-になる事で各々のイオンはとても安定になりますが、お互いを非常に強く引き合う為、これを引き離さねばなりません。Na+の周りにある水分子は、その酸素原子(ローンペアー)をNa+側...続きを読む

Qゼネリック薬品の活用

ゼネリック薬品を使用すると、薬剤費を節約できそうですけど、どのような方法でどのくらい安くやすなるのか参考になることを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品の事で、例えば他の製薬メーカーが新しい薬を開発し、その薬が承認されますと、その製薬メーカーは特許という形で10年間の独占販売権が貰えます。
10年を経過致しますと、独占販売権が消えるため、他のメーカーでもその成分を含む薬を販売しても良い個とになります。
特許が切れて、さらに開発元以外のメーカーが販売している薬をジェネリックと言います。

医薬品は新しく開発をする際に膨大な研究開発費用がかかります。非臨床試験、臨床試験...それぞれ段階もあるため、一つの医薬品開発には数十~数百億円もかかります。
ジェネリックは特許切れの医薬品と同じ薬効成分を有しており、その成分は承認済みのため、臨床試験を行わくても良いことになります。
これで開発費用などがカットされます。
これによってジェネリックは非常に安価な場合が多いです。
後発医薬品は現代の国家政策によって優遇されています。なぜなら、ジェネリックを使用しれば国全体の医療費用が削減されるからです。
医師もジェネリックを処方箋に書くと、医療報酬が2点上乗せされます。
ここまではジェネリック医薬品のいいところばかり書きました。
もちろんその反面もあります。これは私の私見ですので、どう評価されるかは貴方自身でお決めになって下さい。

ジェネリック医薬品には使用上難点があります。
薬というのはその成分だけで出来ている訳ではないからです。

有効成分の他に、錠剤の形で固めるための成分、カプセル剤であれば、カプセルの殻の成分は完全に薬効成分とは異なる物です。
新薬は完全なる剤形を実験動物や患者さんに投与してデータをとりますが、ジェネリックは有効成分は同じでしょうが、その他の物質は新薬とは大きく異なる可能性があります。
もし、その成分が万が一にも人体に悪影響を及ぼした場合(それが初めての服用後なのか、ある程度体内に蓄積した後なのかは分かりませんが)、それについては極論すれば何もデータを取っていないのと同じなので、正直分からない所があります。

また、新薬に比べてジェネリックはほとんどの薬局は在庫しておりません。処方される回数が極端に少ないのが原因でしょうが、それでもこれを処方する医師はその医院の周りに癒着している薬局を抱えていると思います。
つまり、患者さんをそこの薬局でしか調剤できないようにさせ、薬局は処方箋枚数に対してインセンティブを支払っているとんでもない薬局もあります。
それに、もしジェネリックが主流になってしまったら、真面目に新薬を開発しているメーカーは馬鹿らしいと考え始める可能性もあります。

結論としては一長一短です。
目先の事だけを考えての事でしたら、これも良いかと思いますが、新薬は人のためにも成り得るでしょうが、ジェネリックは何も生み出しません。

長期的に考えた場合、どちらが良いのでしょうね。
薬剤師の私は現在のジェネリックの使用に疑問を持ちます。

こんにちは。
ジェネリック医薬品とは後発医薬品の事で、例えば他の製薬メーカーが新しい薬を開発し、その薬が承認されますと、その製薬メーカーは特許という形で10年間の独占販売権が貰えます。
10年を経過致しますと、独占販売権が消えるため、他のメーカーでもその成分を含む薬を販売しても良い個とになります。
特許が切れて、さらに開発元以外のメーカーが販売している薬をジェネリックと言います。

医薬品は新しく開発をする際に膨大な研究開発費用がかかります。非臨床試験、臨床試験...それぞれ段階...続きを読む

Q屈折率と比誘電率の関係について

屈折率と比誘電率の関係について

非磁性体である物質の屈折率nがその物質の比誘電率ε_rを使って
n^2 = ε_r
と表せるのを最近知ったのですが、水(ε_r = 80)について計算してみると
n = 8.9…
となってしまい、実際の屈折率(n = 1.3…)とはかけ離れた値になってしまいます。

どうして、こんなにも値が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

誘電率は周波数によってちがうので。80というのは静電界のときの値です。
光の振動数は10^14Hz程度なので、このあたり振動数をもった
交流電界に対する比誘電率を使う必要があります。

Q魚の目 薬品が手に入らない

初めまして。女子です。左の足の中指に魚の目ができました。 むちゃくちゃ気になり、爪切りでいじったりしています。

本当のところ、あの魚の目取りテープを貼って取りたいのですが、私は海外に住んでいて、そういう薬は取れないのが現状です。。。 だからといって病院に行く、、、というと家族に「もったいない」という顔をされます。(診察費が?)

何かいい治療法はありませんか? さわると痛いです。 血の固まった点のようなものが見えます。。

Aベストアンサー

魚の目(鶏眼)は見た目よりずっと奥にくさびのように入り込んでいる円錐形(えんすいけい)の角質増殖です。爪切りなどで表面だけ切っても奥まではなかなか届かないでしょう。そればかりか、むやみな機械的刺激が繰り返し加わることによってなお病状が進んでしまうこともあります。
知人に買って送ってもらう、日本の通販で購入すると言うのも手ですが確実に治療するためにはやはり皮膚科専門医を受診して、病気の状態に合った適切な治療(感染を合併している場合は抗生剤投与が必要になる)と病気についてのアドバイスを受けるのが一番だと思います。

ご家族には下記のよう(ちょっと脅し気味に)説明するとご理解えられるかも。
放置すると痛みがあるため、歩き方や体重のかかり方にバランスを崩し、関節などにも負担もかかりますし、たかが魚の目と思っていたら末梢性あるいは中枢性の神経の病気から生じるためのひとつの症状であったり、魚の目でないかもしれません。また、潰瘍などができている場合は、皮膚がん(基底細胞がん、有棘細胞がん)のことがあり、皮膚病理組織検査が必要になります。

踵の高いハイヒールなどはやめて、自分の足の形にあった適度の堅さの靴、そして摩擦の少ない靴下を心がけてください。
一度では治療が完了しないかも知れませんが、必ず通常の鶏眼ならば治ります。 

魚の目(鶏眼)は見た目よりずっと奥にくさびのように入り込んでいる円錐形(えんすいけい)の角質増殖です。爪切りなどで表面だけ切っても奥まではなかなか届かないでしょう。そればかりか、むやみな機械的刺激が繰り返し加わることによってなお病状が進んでしまうこともあります。
知人に買って送ってもらう、日本の通販で購入すると言うのも手ですが確実に治療するためにはやはり皮膚科専門医を受診して、病気の状態に合った適切な治療(感染を合併している場合は抗生剤投与が必要になる)と病気についてのアド...続きを読む

Q比誘電率に関する質問です

クロロホルムやエタノールの比誘電率が融点より低い温度で、
急激に減少するのはなぜですか?
また、融点より高い時に温度の上昇とともに減少していくのはなぜですか?

Aベストアンサー

1) 融点 の 上下では 液体、固体 トナリ 分子の"degree of freedom" が異なり molecular movement
(分子運動) が 著しく 違うので、dipole-dipole interaction(双極子相互作用) にも当然だいさがでて
固体では急激に減少
2) 液体の温度上昇とともに分子の"degree of freedom"(自由度) が増え、molecular movement が
激増して、 液体中のdipole-dipole interaction を壊してゆき、比誘電率が温度上昇とともに減少
3) dipole-dipole interaction ダケ デナク quadrupole-dipole, quadrupole-quadrupole interaction モ
少なからず作用しているでしょう

Q薬品のことです。

点滴の"A set"って何が入っているのですか。

Aベストアンサー

以前病院に勤めていましたが、ありましたよAセット。残念ながら市販しているのではなく、院内のみに通じるものですが。よく出る処方をAセット、Bセット・・・のように処方内容が決まっているものを、たぶん先生がわざわざカルテに薬剤名や容量を書く手間を省くために決めてあるのだと思います。点滴の他には薬の処方でも同じようにセットがありました。時期的なものでインフルエンザのときだけでしたけど。(インフルエンザのときの処方内容はバリエーションがあまりないためだと思いますが。流行状況によって内容は変わっていきます)
カルテにAセットと書かなくても、点滴セットの内容のはんこを作って押すだけにしている先生方もいらっしゃいました。ですので、その病院によってセット内容は違うと思います。

QPMMA,PET,XLPE,LDPEの比誘電率

PMMA,PET,XLPE,LDPEの比誘電率を知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

 日本規格協会の非金属材料データブックという本に載っていました。
 
PMMA(ポリメチルメタクリレート) ε= 3.5~4.5
PET(ポリエチレンテレフタレート) ε= 2.9~3.4
LDPE(低密度ポリエチレン)    ε= 2.2~2.4

プラスチックの記号に詳しくないので、XLPEの名称がわかりません。名前がわかれば、εもわかるかも知れません。

Q製薬KK、薬品工業KK、 違い

製薬KKと薬品工業KKの違いがよくわかりません!

Aベストアンサー

#1 さんの回答でおおむね合っていると思います。

会社名というのは、法人登記で決まります。
国内資本で医薬品関連の事業が主であれば、どういう事業の会社であるかが分かるように、多くは「製薬」とか「薬品工業」の名称を入れることが多くあるのは事実です。
しかし製薬大手でも、「第一三共(株)」「エーザイ(株)」のような会社もあります。
外資系ですと、「日本ベーリンガーインゲルハイム(株)」とか「日本イーライリリー(株)」のように、薬品を示す名称を付けないところが多いように思います。

なお、「サントリーHD(株)」は、結構以前に医薬品事業からは撤退しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報