マンガでよめる痔のこと・薬のこと

漢文についてで、読む順番に従って□に番号を入れる問題なんですけど、この順番わかる方いませんか?教えてください

「漢文についてで、読む順番に従って□に番号」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 画像縦長になって見づらくなってしまい申し訳ないです…

      補足日時:2019/02/13 17:57

A 回答 (3件)

「一二点」より「上下点」が外側にあります。

まず内側を解決して、次に外側を読みます。
点の付いていないものを優先的に上から読みます。「一」や「上」などの始まりの字に行き当たった時、その順番に読んでしまいます。その後は何も付いていないものに戻ります。読むものがなくなったら、おわりです。(この場合は「下」でおわりです。)
 7 1 4 2 3 5 6
の順になると思いますが、本当は実際の漢字がある方がよくわかります。質問も漢字を書いて下さい。(とは言ってもこのサイトで漢文を書くのは事実上難しいから無理かな)
    • good
    • 0

返り点のない漢字を摘まみ食いしながら順に下へ読み、返り点に出会ったら規則どおりに返って読みます。



返り点のない2番目から読み始め、次に順に4番5番目、そこから3番目に返り、さらに6番7番目、そこから1番目。
    • good
    • 0

上下は一二より優先



レ点はその直上直下のみに効果がある

例示場合、レ点がなくて一二と上下のみだから
一二のあとに上下を使う

宿題のように見えるので、ここまででやめておく
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!あ、宿題ではないです笑 テスト用の復習問題です笑

お礼日時:2019/02/13 18:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q新元号 ルーツはやはり中国 ?

令和

万葉集の

[ 初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香 ]

が基であり、はじめて国書から引用したものだと政府もメディアも盛んに喧伝しています。
しかし、それ自体が、実は中国の詩文集である『文選』からの引用らしい。
張衡(78-139)が著した「帰田賦」という書物の、

[ 於是仲春令月 時和気清 ]

という一節。
https://setsuhaji.com/post-5993/
所詮、漢字自体が中国から来たものなのですから、漢字を使う以上、日本の伝統とか自慢げに強調しないほうが良さそうですね。
そこで質問です。

このように、「裏をかいたつもりで、結局は絡めとられている」的な状況を表わす諺や熟語ってありませんでしたっけ。

Aベストアンサー

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だから「文選」から拝借してお茶を濁したのです。
751年「懐風藻(かいふうそう)」
814年「凌雲(りょううん)集
818年「文華秀麗集」
827年「経国(けいこく)集」
810年「文鏡秘府論」空海/漢詩・漢文論
などの「漢詩文集」に目をやることはできなかったのか。私は不思議に思う。日本の書物を「出典」にしたい、そういう気持ちが先走ったのでしょう。「万葉集」は如何にも日本的です。しかし、そこにあるのは「万葉仮名」(あくまでも「仮名」です)で書かれた和歌です。わずかに目についた漢文に目が行ったのですが、それが「文選」由来であった。一体「有識者」は何を考えていたのか。
 回答になっていませんが、私の気持ちを述べました。

「文選」から借用したというのは、この元号が発表された時に、岩波文庫の「万葉集」の注釈に触れられていることが話題になりました。この時代に日本人が中国語をすらすら書けるはずは無く、「古事記」は日本式漢文で書かれおり、日本書記では百済あたりの文章博士によって助けられて、やっと漢文らしきものが書けるようになった(と目せられた)時代ですから、それほど時が経っていない、万葉集に立派な漢文が存在するはずも無く、大伴旅人も和歌の作者としては有名だが、漢文を自在に書けたとも考えられない。
だ...続きを読む

Q異体字の倉について

私の苗字の大倉で異体字の倉ですネットで99%苗字をホローしているサイトで検索したら0人と出ます。
私たちの家族がいるので全国で最低3人はいる事となります。

そこで詳し方教えてください。

①実際は全国で約何人でしょうか?

②知り合いにいますか?

③言われや、意味など解る事はなんでも教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めてこの字を見ました。
名前としても見たことありません。

Qじ と ぢ の発音

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10916160.html

に関連して、じ と ぢ の発音は区別されていたのでしょうか。例えば万葉仮名では異なる文字が割り当てられていたとか。

Aベストアンサー

区別されていたようです。割り当てた漢字が異なります。
じ 自士仕慈盡貳兒爾珥耳茸餌時
ぢ 遲治地膩尼泥
https://japanknowledge.com/introduction/keyword.html?i=375

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』でしょうか。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10988196.html

この質問に私も回答したのですが、出された結論に誤りがあるかとも思われます。中学生が質問主だったのですが、私自身間違った回答をしたのかもしれません。その謝罪も兼ねて再度質問いたします。ご自由にご回答下さい。

Aベストアンサー

#9です。

>元の質問の中心である「主語」のことです。

可能用法と考えた場合は、『私は教会の時計台が見える。』だと思います。
もっとも、

『私は目が良いので、夜でも 教会の時計台が見える。』

という文を「見ることができる」という能力可能の意味に解釈できると考えた場合ですけどね。
大辞泉の語釈、
2 見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
を素直にと言いますか単純に信じるとそうなるかと。

Qこの古い手書きの漢字は何でしょうか?

これは左右両方とも戸籍に記されている明治時代の同一人物の名です。
「◯蔵」と書かれているかと思いますが、この一文字目が分かりません。

左を見た感じだと「庫」のようですが、略字にしても右のようになるのか判断が付きません。
旧字体だとか略字の知識が必要だと思われますが、どうかご教示願います。

Aベストアンサー

左の「庫」は画像解析で、最初の8例には出ませんでしたが、100例の中には出てきました。「蔵」は誰が見ても「蔵」でしょう。結論、右の字を書いた人が「下手くそ」だった。

Q何と読むのでしょう

誰が描いた絵で何と書いてあるのでしょう。

Aベストアンサー

No.1です。
書いた絵師は「葛飾北斎」ですね。
ボストン美術館に所蔵されてます。

Q敬語で人を罵倒することについて

日本語を勉強中の中国人です。昨日このサイトから敬語で人を罵倒することもできるようと知りました。ちょっとよく理解できないのですが、会話の例文を見せていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたらそれも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

何をおっしゃっているかわかりかねます

というのは敬語の侮蔑

Q所詮の詮のただしい書き方教えてください。 なんか全の上変じゃないですか?

所詮の詮のただしい書き方教えてください。

なんか全の上変じゃないですか?

Aベストアンサー

入に王です。


人気Q&Aランキング