OCN光で最大124,800円おトク!

Thank you so much. が女性英語になるとこのサイトで知りました。このサイトにあることは全て本当ですか?http://english.cheerup.jp/article/346?page=1

A 回答 (4件)

結構無理のある内容ですかね… 無理やり女言葉、男言葉、にわけた印象を受けます。



確かに「男っぽいな」「品がないな」と感じる言い回しは存在しますがリンク先の記事のような内容とは違いますかね…

英語が母国語ではない同僚がいたのですが彼女の夫がアメリカ人だったんですね。なので「いや、ちょっとそれは男勝りかな~」と思うような言い回しをたまに発してました。恐らく一番身近の英語話者が男性だったのでそうなったと思うのですがまぁ興味深かったです。因みにとても女性らしい人でしたのでわざと男勝りな言い回しをしていたわけではないと思います。


ご質問内容からそれてしまいましたがリンク先の記事の「これを言ったら確実にゲイと思われる」は違うと思います。声音や口調のほうが大きいですね。女性らしいと言うよりは丁寧な喋り方をする印象を受けたりすることはあります。あとは女のお子さんがいるお父さんとかは結構口の聞き方に気をつけていたりするのでそんじょそこらの女性よりクリーンな英語を喋ったりするので面白いです。

それからカリフォルニアが~とか記事にあるのでもしかしたら筆者のまわりの人たちはそのような感じなのかもしれないですね。全米で「こう」と言うものはあまりないと思いますよ。
    • good
    • 2

同意できる部分もありますが、どちらかといえば逆ではと思います。


サイトで男性言葉とされている表現を女性が使うと「品のない」とか「がさつな」女性と思われてしまうという印象です。
日本語でも同様だと思いますが、日常の会話であれば男性の方が多少乱暴な言い回しでも許されやすく、女性の方が常日頃から丁寧な言い回しをすることが多いでしょう。
然しながら、男性でもTPOで丁寧な表現をすることが望ましいことも少なくないわけです。

その上で、非ネイティブの日本人からした場合に、丁寧な言い回しと多少雑な言い回しの両方を覚えて使い分けるのは非常に困難でしょう。
それでどちらかに統一するとすれば、当然丁寧な言い回しを覚えたほうが良いでしょう。
    • good
    • 2

そこまで気にする内容ではないと思います。


Thank you so muchは男女の別なく使うし、要は言い方の問題では?
日本語だってその手の人が言う時の仕草や言葉使いに女性らしさを込めたりする訳で、海外ドラマや映画を観ててもそれは同じことです。
必要以上に、これは男これは女性向き等を非ネイティブである日本人が考えることはないでしょう。言い方さえ普通なら、何も誤解などされません。
    • good
    • 1

ほぼ賛同します。

ただ、sweet は男性でも使ってますよ。使う場面が主に女性に対してになるかもしれませんけど。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの写真のような場面で、「じゃあ、証拠は?」ってなんて言いますかね?笑

この写真のような場面で、「じゃあ、証拠は?」ってなんて言いますかね?笑

Aベストアンサー

Prove it.

Q友人が海外に行くので、見送りにいきたいと言ったら Uncomfortableだから来なくて良いと言わ

友人が海外に行くので、見送りにいきたいと言ったら
Uncomfortableだから来なくて良いと言われたのです。
どのような気まずいからなのか、来て欲しくないからなのかニュアンスがよくわかりません…

Aベストアンサー

あなたと友人との関係がわかりませんが、おそらくセンチメンタルになったり、大げさな別れになったりして、自分がちょっと恥ずかしいのかと思います。
決して、自分がしたいことができなくなるので邪魔だからという意味ではないと思いますよ。

QYou sound like you are out of breath. You seem to

You sound like you are out of breath. You seem to be out of breath. この違いは何ですか?

Aベストアンサー

Sound like は、Sound(のように聞こえる)ですから、同じ「息が切れているみたい」でも、そんな風に聞こえるという意味で、Seem to の方は、(のように見える)という感じですね。

例えば、友達が昨日出会った女の子のことを話していたら、She sounds like a nice person! (話で聞いた限り、いい子みたいだね!)
明日の計画を話し合っていて、「じゃあ、お天気も良さそうだし、ドライブはどうかな?」Sounds like a plan! (それがいいね!)
新入生の歓迎パーティの相談で、誰かが具体的なアイデアを出してきて、それに賛同するなら、Sounds like a good idea! (それ、いい考え!)
という感じで、話し言葉ではとてもよく使います。

Q英語圏にいれば英語が話せるようになるのですか

学歴どうのというつもりではないのですが、学歴と英語力は関係ないのかと感じたため書かせて頂きます。

知人は中卒です。日本では生活していて通常目にする漢字が読めないぐらいです。
しかし英語圏で現地就職をして5年ぐらいになるのですが、通常生活していく上での会話のレスポンスはとても速く違和感ない会話のキャッチボールをしています。言葉の選び方も自然です。
その知人は「日本人は大卒でも英語話せない」といいます。

また高卒の知人は英語圏で飲食のアルバイトに携わり早5年ですが、こちらの知人もまた上手です。

一方私は日本で毎日2時間勉強し、オンライン英会話も毎日やっているしトイックも800前後ですが、上記の知人らには敵わないと感じています。私は会話が通じなかったりレスポンスが遅いことも多いです。もちろん私の知らないところでたくさんの努力や苦労があったのだと思いますが、、

やはりいくら日本で勉強しても現地で生活している方の英語力には及ばないものなのでしょうか。

Aベストアンサー

ちょっと別の視点から

まず、言葉と文字は同じものではありません。言葉を話すのに文字を知っている必要はないのです。だから20世紀初頭のイギリスの識字率は25%程度、同じ時期のフランスは1%程度だと言われていますし、もっと前なら10%の識字率ぐらいだったはずで、それでも生活そのものには支障がなかったのです。

日本は江戸時代中期には80%(仕事をしている男性に限れば90%)に達していたと言われます。これは日本だけでなく東アジアが「勉強すると所得が上がる」文化だったからです。今でも同じで世界のIQや頭の良さのテストをすると東アジア(とシンガポール)が突出していますし、アメリカは調整しないと有名大学の学生の半分がアジア系になってしまうと言われています。

>知人は中卒です。日本では生活していて通常目にする漢字が読めないぐらいです。
その彼は、たぶんアメリカでも学力としては中卒程度でしょう。ただし、アメリカの中卒のレベルは日本より低いので高校1年生ぐらいかもしれません。いずれにしてもアメリカは「英語を話せない人々」が居る社会なので、日常的に使っている言葉の単語数は非常に少ないと言われています。

一般的にどの国でも日常会話で使われる単語は2000語から3000語ぐらいで、そこに職業別の専門用語が加わります。日本語が難しいのはこれらの単語の読みに漢字が使われていてこれは覚える必要があることです。中国語を除く他の言語は発音とスペルがほぼ一致しているので、アルファベットとその文字が表す発音が分かれば、文字の意味をすぐに理解できるわけです。

一般的な仕事をしているなら、やたらに難しい言葉使いはしないでしょうから(本人の努力はあるにしても)現地で英語を話せるようになっていても不思議はありません。ただ「書くことが出来る」とか「ビジネス文章として成立するレベルの文体で書ける」かというとたぶんできないでしょう。だから中学レベルなのです。


>一方私は日本で毎日2時間勉強し、オンライン英会話も毎日やっているしトイックも800前後ですが、上記の知人らには敵わないと感じています。私は会話が通じなかったりレスポンスが遅いことも多いです

毎日2時間英語を勉強しても残りの22時間は日本語の世界ですから、現地でドップリ英語に使っている知人から見れば毎日22時間づつさができるわけです。まあ、寝る時間もあるでしょうから毎日10時間としても年で3650時間異なるわけで、日本人が英語を習得するのに必要な3000時間を彼らは1年でクリアしてしまうのです。

それともう一つ重要なのは「どこまで進歩すればいいか」と言う点です。質問者様がどのレベルの英語を目指しているのかは分かりませんが、使う状況が明確でなければ勉強も散漫になります。たとえば大学で留学したいから、といういうなら法学部としての英単語と理系の英単語は全く異なり、必要とされる文法レベルも法律文章・学術論文と異なるわけです。

現地にいれば「なにが大丈夫で何が足りないか」を毎日知ることが出来るわけですが、普段の生活や求められる内容が日本語で済んでしまうなら、どうやったって敵うわけがありません。

他の方が書かれている「優秀な通訳者や翻訳者」が常に最初から優秀だったわけではないし、得意分野から外れれば必ずしも優秀ではありません。

(たとえば字幕作者の大御所であるT・N氏はトム・クルーズなどの通訳もしますが、聞いているとかなり適当な通訳をしています(少なくとも発言者が意図した内容を踏まえた訳ではない)
また字幕のほうも「文芸作品はいいが、科学作品は知識が圧倒的に足りない」と言われていて、実際にある映画では電気回路の説明が全く逆になっていたことは有名です)

質問者様の英語がどのレベルなのかは分かりませんが、使う目的が明確になり、英語話者との会話が増えればすぐに知人たちに追いつくと思います。

後、東南アジアなどの人たちが英語をそれなりに話すのは「英語ができれば所得が桁違いに上がる」からです。また途上国で独自言語を持っている場合、高等学問を自国語で表記することができず、英語などに頼ることが多いのが特徴で、東南アジアの大学の理系学部などは英語主体で勉強・研究が行われたりするので、高学歴の人が英語が話せるのはむしろ当たり前、なのです。

ちょっと別の視点から

まず、言葉と文字は同じものではありません。言葉を話すのに文字を知っている必要はないのです。だから20世紀初頭のイギリスの識字率は25%程度、同じ時期のフランスは1%程度だと言われていますし、もっと前なら10%の識字率ぐらいだったはずで、それでも生活そのものには支障がなかったのです。

日本は江戸時代中期には80%(仕事をしている男性に限れば90%)に達していたと言われます。これは日本だけでなく東アジアが「勉強すると所得が上がる」文化だったからです。今でも同...続きを読む

Q※直訳は 却って遠回り?

中学や高校での英語は文法と訳読が中心でしたが、現在ではコミュニケーション力を主体にした教え方が主流になってきているようですね。しかし、そんな英語教育の風潮に異論を唱えて、自分のサイトを立ち上げた方もおります。
そして、そのサイト(http://makki-english.moo.jp/1howtotranslate.html)を見て、ふと、疑問が起きました。
これは 主に受験対策かもしれませんが、その方の意見によると、

❝英語を日本語に訳す時、気を付けて欲しいのは、英語を「直訳」することです。これは、英単語1つ1つの意味を、しっかり日本語に直す訳し方です。日本語としては、少し妙な表現になることもありますが、気にしないでそのまま訳しましょう。
これに対し、日本語として自然になるように、もとの英文とは多少表現を変えて、きれいな日本語に訳することを「意訳」と言います。通訳や翻訳家を目指すならば、意訳は必要ですが、英語を話すためには、無理に意訳をする必要はありません。直訳をできることが大切です。
・・・・・
日本の学校の先生方の中には、この「意訳」を重視する方も多いですが、「直訳」ができなければ、英語を話せるようにはなりません。「直訳」した日本語の文から、英文を作ることは簡単ですが、「意訳」した日本語の文から、英文を作ることは困難だからです。どうしても、「意訳」したい時は、1度「直訳」をした上で「意訳」してみてください。❞

だそうです。しかし、そこで 疑問が起きました。
というのは、例えば、
put up with
とか
put off
が一単語ずつ訳せたら
「直訳」ですむので、どれほど楽だったろうと思っています。
どの外国語も「1:1」の日本語変換は夢物語です。

「熟語」とか「慣用句」いう"かたまり"レベルで
対応させるほうが、まだ現実的です。
(それでも無理なことがあります)

そして、最大の問題点は
日本語には「完了時制」や「仮定法」など
西欧の言葉の基本構造が
まったく抜け落ちていること、が
あげられます。

もともと、そういう概念がないので
たぶん「過去」と「完了」(フランス語やイタリア語ともなると
過去形だけで4種類(複合過去〈近過去〉、半過去、大過去、前過去〈遠過去〉)
の使い分けが
本当の意味では無理だろうと思います。
(真似は、できますが
"心で感じる"レベルまで行きません)

特に難しいのは 未来完了です。

一例を挙げます。このサイトの質問に、「“I'll have grilled salmon.” は未来形ととらえて、『サーモンのグリルにします。』とするのか、それとも、未来完了と とらえるべきなのでしょうか?」というのがありました。この英文は もし、フランス人なら 前未来で ≪J'aurai grillé du saumon. ≫、イタリア人なら 先立未来で ≪Io avrò grigliato salmone≫ と訳して 母国語の文法に当てはめて考えることもできますが、日本人の場合は それができないので、この文章の時制を問題にするのはナンセンスだと思います。それに、この文が孤立して話せるわけがないのです。背景には、レストランで「何になさいますか?」と聞かれるとかがきっとあるはずですよね。

このように、時制に関しては「1:1」ではまったく歯が立ちません。

そこで質問ですが、英語を直訳して理解するのは 合理的だと思いますか?

中学や高校での英語は文法と訳読が中心でしたが、現在ではコミュニケーション力を主体にした教え方が主流になってきているようですね。しかし、そんな英語教育の風潮に異論を唱えて、自分のサイトを立ち上げた方もおります。
そして、そのサイト(http://makki-english.moo.jp/1howtotranslate.html)を見て、ふと、疑問が起きました。
これは 主に受験対策かもしれませんが、その方の意見によると、

❝英語を日本語に訳す時、気を付けて欲しいのは、英語を「直訳」することです。これは、英単語1つ1つの意味...続きを読む

Aベストアンサー

再びNo.2です。
昨日は、空色の列車さんのお名前を間違えてごめんなさい。子供たちが小さいころ好きだった、The Little Blue Engine That Couldという絵本を思い出していました。読んだことありますか?

そしてmakkiさんのサイトを読み始めたのですが、6月は雨が多いの文で気づいたことがあります。
Haveという動詞を「持つ」と直訳してしまうから、使える範囲が限られてしまうのです。Haveを教える時には、日本語で「持つ」とは言わない場合でも、たくさんの使い方があることを一緒に学ぶべきです。実際、その方がずっと多いと思いますよ。「

持つ」という意味で使う場合は、
I have a bicycle. 自転車を持ってます。
I have only $5 with me. 今、5ドルしか持ってない。

これに対して、「うちには犬が2匹いる」は、We have two dogs. 誰も「私たちは2匹の犬を持っています」と日本語で言いません。
「うちの会社のビルは10階建てです」Our office building has 10 stories.
「ここは6月に雨が多いです」We have a lot of rain in June here.
「明日英語のクラスがあるの」I have an English class tomorrow.
「お時間ありますか?」Do you have time?
「息子は来週歯医者のアポがあるます」My son has a dentist appointment next week.
「楽しんできてね!」Have fun! Have a good time! Have a nice trip! Have a nice weekend!
数え挙げたらキリがないですね。
このようにフレーズで覚えると、使い回しが出来るのです。
英語と日本語は、1:1ではない!ことを初めから教えて欲しいです。

主人(日本語を勉強したアメリカ人)が、娘が小さいときに日本で住んでいて、出かけるのに彼女(その頃3−4歳)がぐずぐずしていたので、主人が「〇〇ちゃん、早く靴を着なさい!」と言ったところ、彼女に「ママ、靴は着るじゃなくて、履くだよね?」と言われて、苦笑したことがあります。なぜならその頃の主人の日本語は「Textbook Japanese」。娘の日本語は耳から覚えたNativeの日本語でした。今や彼女もアメリカで3人の子持ちですが。。。英語のPut onは、必ずしも「着る」ではなく、日本語では「服を着る」「靴を履く」「上着を羽織る」「ネックレスをつける」「メガネをかける」と全部違うのです。今では笑い話になってますが(笑)。

再びNo.2です。
昨日は、空色の列車さんのお名前を間違えてごめんなさい。子供たちが小さいころ好きだった、The Little Blue Engine That Couldという絵本を思い出していました。読んだことありますか?

そしてmakkiさんのサイトを読み始めたのですが、6月は雨が多いの文で気づいたことがあります。
Haveという動詞を「持つ」と直訳してしまうから、使える範囲が限られてしまうのです。Haveを教える時には、日本語で「持つ」とは言わない場合でも、たくさんの使い方があることを一緒に学ぶべきです。実際、その...続きを読む

Q残念ながら I’m afraid の使い方について

「残念ながら1日はいられませんが、午前中だけなら大丈夫です。」と言いたい場合は以下のどれが正しですか?

I’m afraid I won’t be able for full day, I will stay half day in the morning.
I’m afraid I won’t be able for full day, but only half day in the morning.
I’m afraid I will be able for only half day in the morning.

Aベストアンサー

他所のネイティブが言うには、

The sentence aren't wrong, and they are understandable, they just don't have a natural phrasing.

(closest to original)
- I’m afraid I won’t be able to work for the full day, only a half day in the morning.

ですが、会話中の言葉と見受けますし、文脈から分かることは省くものですから、そういう意味で、私は I won't be able で構わないだろうと思いました。

冠詞は抜けていましたね。

Q時制の問題

私は、世界36カ国語に通暁しているのですが、どうも英語だけは苦手で困っています。^^ たとえば、次の問題ですが、
I tried calling her office just now, but the professor (appear / appeared / appearing / appears) to have already gone home.
正解は、appeared なのですが、どうして、appears はだめなのでしょうか?

Aベストアンサー

36か国語の中には 当然、フランス語も入っていますよね。
フランス語の方が分かりやすいでしょうかね。
先ず、英文の方ですが、appearと appearingは明らかに間違いですね。
それでは、問題の文を仏訳してみます。

Il a essayé son bureau tout à l'heure, mais le professeur ( semblait/ a semblé/ semble) d'être déjà rentré chez lui.

( )には 何が入ると思いますか?
どれも、間違いとは言い切れません。コンテクスト次第ですから。
これは、重文で 最初の文は複合過去ですね。ご存知のように 複合過去は 点のイメージで、半過去は線のイメージですから、ここで semblaitを使うと 付帯的状況を表します。a sembléだと、最初の文と同じ複合過去ですから、動作や出来事の連続性を表し、時間的には 最初の文の方が 早く完了してしていることになります。sembleは現在ですから 話者が話している「今」のことを話しています。
やはり、一番自然なのは a sembléですね。ポイントは maisです。 maisは bien queとは違って 等位接続詞になるので、時制は統一するのが普通です。

これをパラレルに考えると 英語も同じようなものです。

Vous parlez trente-six langues. C'est super!
Or avez-vous déjà entendu parler du slash reading(ou lecture par entailles)?
Le cinquième auteur de réponse en est un grand partisant.


https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/t3/l50

36か国語の中には 当然、フランス語も入っていますよね。
フランス語の方が分かりやすいでしょうかね。
先ず、英文の方ですが、appearと appearingは明らかに間違いですね。
それでは、問題の文を仏訳してみます。

Il a essayé son bureau tout à l'heure, mais le professeur ( semblait/ a semblé/ semble) d'être déjà rentré chez lui.

( )には 何が入ると思いますか?
どれも、間違いとは言い切れません。コンテクスト次第ですから。
これは、重文で 最初の文は複合過去ですね。ご存知のように 複合過去は...続きを読む

Q空席はありますか?を英語にする時 Do you have any vacant seats? とは言

空席はありますか?を英語にする時
Do you have any vacant seats? とは言わないのですか?
回答は
Are there any vacants seats?でした。
また、ほかの問題に
切手はありますか?もやはり
Are there any stamps?でした。
私は、誰かにありますか?と聞いてる事なので、
あなたは持っていますか?と言う感覚になり
Do you have 〜が浮かんできます。

どちらも間違えではないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんは英文が読めたり会話が出来る様になりたいと思っていらっしゃると私は理解しています。
質問者さんのお題ですが…
難しく考えない事です。
結論から先に言えば会話であれ文語であれ Are there 〜 、Do you 〜 、どちらもOKです。
質問者さんに質問しますが、存在構文の真主語は何ですか?
Do you 〜 の主語は?
もう御理解頂けたのでは?
存在構文の方は 空席、切手が主語ですよね。空席、切手を中心として質問しているだけですよ。
Do you 〜 の方は you つまり目の前の人に視点をあてて疑問文にしているだけです。
存在構文の英文は " 会話では使われない " みたいに回答している様ですが、ネイティブと会話した事が無いかそれに等しいと思いますね。
普通に考えてもわかると思いますが、
その辺りを歩いている人に " 切手はありますか?" とは聞かないのでは?
管理しているとか、ネイティブには少なくともそんな理屈は無い。
当たり前でしょ。切手を例にしますが
切手を売っている場所、切手を売っている人だと認識しているから " 切手はありますか?" とたずねる(聞く)訳です。もっと分かり易く言えば質問者さんは八百屋さんや魚屋さんに行って
" 切手はありますか?" と言いますか? これはネイティブでも日本人でも同じ事です。

英語を勉強する時、初めから視野を狭くして学習しない方が良いですよ。
こういう時はこの様なフレーズを使うとか決めつけない事です。
英語表現は何通りもあります。もちろん日本語でも同じ事が言えます。
何処を視点に置くかで表現は変わりますから " 答えは一つ " はナンセンスだと思いますよ。(一般的に答えが一つなのは数学の答え位だと思います)

参考までに簡単な会話フレーズを紹介しておきます。
相手の名前を尋ねる時、
(視点を相手だけに置いての質問)
What's your name ?
こんな " つっけんどん " な言い方は嫌われますけど間違いでは無い。
今度は相手と自分に視点を置いての質問という事になると…
May I have your name?
I'm ○○ and you are … .
等という表現があります。

よく " 自分は英語が出来ない " と嘆く人がいます。そんな人ほど英語が出来る様になるんですよね。
理由は簡単です。中途半端に英語が出来る人は固定観念が出来上がっていて
参考書に書いてある様な説明をしたり
" 丸暗記英語 " 的に " 英語の独特な表現だから覚えなさい " と言います。
理屈はいらないんですよね。本当に英語的感性があって英語を理解している人は " 自分の言葉で説明 " します。
分かりますよね?
もし日本語が本当にわかるネイティブが英語の説明をする時、参考書に書いてある様な説明にはなりませんよ。
ネイティブとしての英語がわかっている訳ですから当然自分の言葉で説明します。

英語の勉強を独学でなさっているとの事、大変だと思いますがこれからも自分を信じて頑張って下さい。
I know you can do it.

質問者さんは英文が読めたり会話が出来る様になりたいと思っていらっしゃると私は理解しています。
質問者さんのお題ですが…
難しく考えない事です。
結論から先に言えば会話であれ文語であれ Are there 〜 、Do you 〜 、どちらもOKです。
質問者さんに質問しますが、存在構文の真主語は何ですか?
Do you 〜 の主語は?
もう御理解頂けたのでは?
存在構文の方は 空席、切手が主語ですよね。空席、切手を中心として質問しているだけですよ。
Do you 〜 の方は you つまり目の前の人に視点をあてて疑問文にしてい...続きを読む

Q中学生の職場体験学習の修了証を作ってますが英文の誤りはないでしょうか。

中学生の職場体験学習の修了証を作ってますが英文の誤りはないでしょうか。

Aベストアンサー

2点気づいた点があります。

① confer(授与する)という動詞が使われていますが、例えば博士号のように具体的な資格を授与する証明書でなく講習会のような(ここでは体験学習ですが)ものの修了証明書なので、通常このような証書には attend and satisfactorily complete (参加して申しぶんなく終了した)のような言い方をします。

② 「職場体験学習」を experiment とされているようですが、すこし不自然です。 アメリカなどでよく言われる work experience は「職業体験」ですが、2日程度ではwork と言う程でもないので、日本語そのまま workplace experience でいいと思います。

以上をもとに、この修了証を書くと次のようになります。参考にしてください。

CERTIFICATE

xxxxxxxxx

This is to certified that the above named has attended and satisfactorily completed the 2-day workplace experience program by xxxxx.

Date: xxxxx

xxxxxxx

2点気づいた点があります。

① confer(授与する)という動詞が使われていますが、例えば博士号のように具体的な資格を授与する証明書でなく講習会のような(ここでは体験学習ですが)ものの修了証明書なので、通常このような証書には attend and satisfactorily complete (参加して申しぶんなく終了した)のような言い方をします。

② 「職場体験学習」を experiment とされているようですが、すこし不自然です。 アメリカなどでよく言われる work experience は「職業体験」ですが、2日程度ではwork と言...続きを読む

Q英文の和訳と解説をお願いいたします。

It is susceptible to be active in adolescents and school children.

このItは何なのでしょうか?単に「それ」という物、「形式主語」ならto be activeが「真主語」というのもいまいちですし…。
宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

再度回答しますが、この文章の(もちろんこの一文しか無いので、この一文だけで言うと)意味がはっきりしないのは susceptible です。

Oxford dictionary では1.easily influenced by feelings or emotions; sensitive. 2. Capable or admitting of. のように説明し例文も多く示しています。それらをよく読めば理解できますが、susceptible は、何かに対してsusceptibleである、というように使い、ただ susceptible だけでは何のことか意味をなしません。

もし It が仮主語なら To be active in adolescents and school children is susceptible というになりますが、これで意味が通りますか? 貴方がこれでは意味が通らないと思われるのは当然です。


人気Q&Aランキング