これは、カテゴリーの社会の言語にも出したんですが
もっと知りたいのでココに質問します。
言葉は何故生まれて来たんですか教えて下さい。
神話でもいいので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音声によるコミュニケーションととらえるならば、はじめは敵の襲来などの警戒音でした。

動物によっては求愛の音声がはじめっだたでしょう。次ぎに餌の発見を知らせるなどが定着したかも知れません。初期のものは種族あるいはグループの生存、生活に関わるものだったはずです。固有名詞はその中で必要順に定着したはずです。私、あなたといった人称代名詞はそれよりもずっと後でしょう。
また、音声ではないコミュニケーションととらえるならば、ミツバチのダンス、イカの体色変化なども言葉といえます。私はzenra氏の意見には賛成できません。同じサルでも場所によって警戒声が異なることを見ると、同時多発的に言語が発生したと思われます。ヤハヴェもエホバも同じ宗教圏の言葉で、南米やオセアニアでは神のことはアタオコロイノナとか、マケマケ、ケツァルコアトルなど全く関連しない発音になります。少なくとも、ラテン語圏と漢字文化圏、アステカなどのインデオ文化圏ではそれぞれが独立したものです。
    • good
    • 0

言葉?



ある人間集団がいた。
石があった。
人間集団の長が「これを『イシ』と呼ぼう」といった。
それから石は『イシ』と呼ばれるようになった。

結局は意思伝達機関なので、はじめの頃は叫び声とかだろう。
ただし、時代が進むにしたがって人類の知的能力が上がっていき、音の連なり、つまり「単語」を使うようになったのだろう。単語はある物事に名前をつけるたびに増えてゆく。単語が増えると行動などにも単語が割り当てられる。そのうち、述語が生まれる。そのうち、述語が生まれる。そうすると文章ができる。
文章、つまり、言葉のことである。

言葉の生まれた場所は世界中各所でいろいろらしいです。

以上
    • good
    • 0

サザンオールスターズの曲に「愛の言霊」というのがあります。


その昔(実は今もそうなんですが・・)・・言葉には「魂(言霊)」があったのです。いや・・今もあるのです。

「シーッ」と人差し指を口に立てて「静かに」っていう意味で言いますよね。実はこれは言語の違いには関係なく、世界共通なんです。

薬の名前を見ていると、ある共通した文字が最後にきている事がわかります。
例えば「ノーシン」「アリナミン」「パンシロン」「リポビタン」等など・・、偶然と思われるかもしれませんが、これらは実は意味があって最後の文字に「ン」がついているのです。

本当は、「コトバ」も「文字」も統一されて創られているのです。(別に・・信じる信じないは別問題ですが)

かつては人類はそのことを知っていました。でも長い長~い時間が経って・・伝言ゲームじゃないですが・・忘れ去られてしまったんです。そういうことがたくさんあります。

幼子が、いや・・幼子に対して・・、神様のことを「ノンノ様」or「ノノ様」というではないですか。
「エホバ」も「ヤハエ」も・・、本当は言霊からいえば、そう言われる「所以」があるのです。

等と知ったかぶりをしてしまいました。
    • good
    • 0

人類学的に言えば欲望を満たす為のツールとして発達・・


・・というところでしょう

4足歩行から2足歩行の段階で自由度がました事により,更なる欲望(通常食欲よか性欲とか支配欲とか・・)を満たす為高度な意思伝達法が不可欠ではなかったのでしょうか??(イルカですら会話するっていいますからね)

・・・
言語を調べる時,同時に「意味諭」を一緒に調べると面白いですよ・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?

北欧神話って北ドイツあたりの神話ですよね?
中国の四神のように4方向の神々とか守護神みたいな神様は北欧神話にいますか?

名前とかどういう神様なのか教えてほしいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

恐らく嘗てはゲルマン人全体の神話だったのでしょうね。 現在、文字で読めるのは、古アイスランド語で残っている
”エッダ”との北欧神話でしょうね。 ゲルマン神話に関するウェブサイトは数あるので”北欧神話”などのサイト名で検索すると
よいでしょう。

Q最も古い(とされている)神話はどの神話ですか?

神話ってたくさんありますよね。
この小さな島国日本ですら。

旧約聖書などを含めて現在地球上で一番古い神話は
何になるのでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。

また参考になる書物や文献を提示していただけると幸いです。

Aベストアンサー

ギルガメシュ叙事詩
シュメールのウルク第一王朝の伝説の王
BC2600年頃

Q本文で出てきたんですが、「自然言語」って何ですか?

「情報が氾濫し、人々が混乱する中、情報処理機械としてのコンピューターの発展にともなって、情報が効率化され秩序化されるが、自然言語による情報の交換過程では決して楽観論だけが支配的的ではない。」
という文脈なのですが、文中に出てくる「自然言語」ってどのような意味でしょうか?評論の用語でしょうか?

Aベストアンサー

 
自然言語というのは、元々、「人工言語」との対比で考えられた言語で、人間が普段会話や文章を書くときに使っている言語のことです。

自然言語は、基本的にすべての人が、母語として持っているもので、理解でき、それを使うことができるものですが、自然に出来あがった言語なので、論理的には、曖昧な部分があります。

また、自然言語の豊かさということで、人間の意識の発達や文化の発達と相関してできている言語なので、文化伝統や,個人の経験なども織り込まれていて、重層的な複雑な構造、豊かや意味表示機能を持つという面もあります。

コンピュータなどで使う「言語」や、プログラムに使う「言語」などは、自然言語と違い、論理的なルールで、文法や意味が決められています。

引用の文章のなかでは、「自然言語による情報の交換過程」とは、人間が、日常使っている言語で、情報交換することを、考えています。このような自然言語での情報交換では、情報の伝達の正確さや、効率や、色々な意味から、決して、現状そのままでよいと、は思えない(楽観できない)というのが、主張の趣旨です。

つまり、自然言語による情報交換では,何か問題が起こる可能性があり、また欠陥もあるだろうということです。
 

 
自然言語というのは、元々、「人工言語」との対比で考えられた言語で、人間が普段会話や文章を書くときに使っている言語のことです。

自然言語は、基本的にすべての人が、母語として持っているもので、理解でき、それを使うことができるものですが、自然に出来あがった言語なので、論理的には、曖昧な部分があります。

また、自然言語の豊かさということで、人間の意識の発達や文化の発達と相関してできている言語なので、文化伝統や,個人の経験なども織り込まれていて、重層的な複雑な構造、豊かや意...続きを読む

Q日本神話の本教えてください

イギリスの大学に通っている友達が、日本神話の勉強をしたいと言ってきて、教科書や本のことなどを聞いてきました。自分は日本神話なんて全くわからないので、おすすめの教科書や本をご存知の方がいれば教えていただければ嬉しいです。文章は日本語で大丈夫です。お願いします。

Aベストアンサー

 夜分に失礼致します、補足ありがとうございました。
日本神話のテクストであるならば、第一に挙げられるものは、岩波書店から刊行されている「日本古典文学大系」の第一巻『古事記 祝詞』および同社刊「日本思想大系」の第一巻『古事記』、古典大系を文庫化したワイド版岩波文庫『古事記』があります。
 他にも小学館の「新編日本古典文学全集」にも『古事記』はあります。口語訳が付されて1ページの構成が、頭注-原文-口語訳の形ですが、その訳文の内容が時として疑問符のつくこともありますので、あまりお勧めできません。
 あと思いつくところでは新潮社の「新潮日本古典集成」と角川書店の「角川ソフィア文庫」に『新版 古事記 現代語訳付』 があります。
 角川ソフィア文庫版は「原文・読み下し・口語訳 語句索引・歌謡索引」のフルコースが掲載されていますので、初めて原文に触れようとするならばお勧めできます。
 岩波の古典大系および思想大系は大規模な書店で問い合わせれば在庫がある可能性もありますが、現在では版元で品切れの状態です。なお同社の「ワイド版岩波文庫」は刊行中ですので入手もしやすいかと存じます(但し誤植が散見されますので注意も必要です)。
 古典大系・思想大系そして小学館版ならびに新潮社版のテクストをお求めになるならば、事前に公共図書館や大学の図書館にも架蔵されている可能性も高く、一度お確かめになってからご購入を決められた方がよろしいかと存じます。
 もしそのご友人が日本国内にご滞在であるならば、アマゾンでサーチして比較なさることもお勧めできます。それでも実物を手に取って確かめることに比べれば物足りないかとも存じますが。

 【追記】
これは日本中世史を専門領域とする者からの提案ですが、神話には古代だけで形成された性質のものとは言い難い部分も多々ありますので、ある程度は研究論文も参考にしていただく必要もあります。
手始めに、山本ひろ子氏の『中世神話』(岩波新書)赤版593や西郷信綱氏の『古代人と夢』(「平凡社選書13」もしくは「平凡社ライブラリー」)あたりを参考にされてはいかがでしょうか。
 なぜ中世に「神話の書き換え」や「新たな神話の構築」がなされたかを考える時、そこには少なからず「王権の正当性に対する補完的要素としての物語性」が要求されたことも作用していますので、そうした歴史学の側面からのアプローチも強ち無意味ではないと存じます。

 夜分に失礼致します、補足ありがとうございました。
日本神話のテクストであるならば、第一に挙げられるものは、岩波書店から刊行されている「日本古典文学大系」の第一巻『古事記 祝詞』および同社刊「日本思想大系」の第一巻『古事記』、古典大系を文庫化したワイド版岩波文庫『古事記』があります。
 他にも小学館の「新編日本古典文学全集」にも『古事記』はあります。口語訳が付されて1ページの構成が、頭注-原文-口語訳の形ですが、その訳文の内容が時として疑問符のつくこともありますので、あまりお勧...続きを読む

Q舞姫とアリアドネ神話の関連

大学のレポートです。森鴎外の「舞姫」とアリアドネ神話とを関連づけて読解するとどうなるのでしょうか? 読解関係は非常に苦手で手も足もでません。
主人公がエリスを置き去りにしたことと、テセウスがアリアドネを置き去りにした事や、その置き去りは主人公やテセウスの希望ではなくそのほかの要因から来ていることが共通点にあげられるのですが、そこから2000文字も書けません。
どうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

「大学のレポートです。」とはっきりと書かれてしまうと…(笑)。こちらのサイトで相応しくないとされる事項である[作成依頼目的]を手助けするものと見なされてしまいそうです。ので、お答えというよりはアドバイスを。
比較神話学などでいわれることですが、神話というものは「枠組み」が大事なのでありまして、時間・空間的系列や具体物にはそれほど重きを置かなくてもいいそうです(伝承の過程で細かい所は変わってしまいますからね)。
共通点として「置き去り」を挙げていらっしゃいますが、枠組みとしてもっと大きく捉えると、他の共通点も見つかるのでは? 例えば「英雄」「旅の目的」「他人の助力」「家族関係(親の死)」など。
あと、時間があればジェームズ・ジョイスの「ユリシーズ」に関する書物に目を通されると、神話と市井の人物との関係性について参考になるかもしれません。
2000文字、頑張って下さい!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報