あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

質問者からの補足コメント

  • たくさんの回答ありがとうございます。
    テスト勉強があって皆様一人一人にお礼が出来ないことをお許しください…
    ここでお礼を伝えます皆様御丁寧にありがとうございました。

      補足日時:2019/02/20 18:00

A 回答 (10件)

学校の国文法では、


『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。
    • good
    • 1

私が回答すると、意外にいろいろな説が出てきて混乱します。

「ハ~ガ文」まで登場してきました。しかし、ハ~ガ文の代表は
「象は鼻が長い」
ですが、「は」は主題化する係助詞、「が」は「長い」という形容詞の主格に当たる格助詞であり、「私は時計台が見える」の「が」は対格(=対象格)であって、全く違う文だと思います。「あなたは、背が高い」も「象鼻文」と同様です。
 いずれにしても、「見える」という動詞は、なかなか説明の難しい語であることは確かです。もとは古語で「見ゆ」の形で登場し、「ゆ」は「ゆ・らゆ」の「ゆ」と同根と辞書の説明にはあります。「見る」は上一段動詞であり、どうして「見らゆ」にならなかったか不思議であります。しかし、とにかく「見ゆ」→「見ゆる」→「見える」と現代に生き残っています。
 「やはらかに柳あをめる 北上の岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに 」(啄木)のように、古語としては近代まで生き残っています。(岸辺が目に見える)
 それに比べると、「聞こえる」の方は、「聞く+ゆ」=聞かゆ→聞こゆ→聞こえる となったように変化は似ているけれど、「聞こゆ」が中古には「申し上げる」の意味で使われたり、数奇な運命をたどったようです。
(そのほか、「ゆ」は 思ほゆ→覚ゆ→覚える、いはゆる→いわゆる、あらゆる、に変化したものがあります。)
 いろいろ言いましたが、この種の動詞は、現代語の「覚える」を除いて他動詞と使われることはないと言うことが重要です。
 これを書いたのは、中学生に教えるためではさらさらなく、回答者の回答が別の方面に向かうのを抑える意図で申し上げています。
    • good
    • 1

『教会の時計台が見える。


には2通りの解釈があります。
大辞泉を確認すると以下のようになっている。
「見える」
1 目に映る。目で確認できる。「今夜は星も―・えない」
2 見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/210883/meaning/m …
それぞれの場合に合わせてシチュエーションを再構築してみましょう。

1.『(この窓からは、)教会の時計台が見える。』
「見える(目に映る)状態にある」という意味なので、「教会の時計台」が「見える(目に映る)状態にある」の主語。

2.『(私は目が良いので夜でも、)教会の時計台が見える。』
「見ることができる」という能力可能の意味。
この場合、質問者さんが言うように、主語は「私」です。

ただ、単に、
『教会の時計台が見える。』
というだけの文の場合は、
「教会の時計台が見える(目に映る)状態にある」
という意味に捉えるのが自然かと思います。
    • good
    • 1

まずは、動詞「見える」の語義をハッキリさせましょう。

「見る」の場合は主語は人などでしょうが、「見える」はそうでもありません。「見える」を使うと、見られる対象を主語として「~が見える」と表現できます。
http://verbhandbook.ninjal.ac.jp/headwords/mieru/
    • good
    • 1

これは、単純に「~が~」という形式の「が」の前に来るのが主語という定義に基づく判断です。



しかし、この「が」は時枝誠記が対象格と呼んだもので、「水が飲みたい」と同じ構文で主格を表わすものではありません。

御指摘の通り、『私は教会の時計台が見える』という文の「私は」を省略したもので、「~は~が」構文の特殊性を表す「は」に対し「が」は個別性の認識を表すもので、「象は鼻が長い」と同じで、「私」は総主と呼ばれますが、屈折語の主語―述語文とは異なる構文で、この私を単純に主語とするのは誤りです。

「教会の」は時計台の修飾語です。■
    • good
    • 1

>私は教会の時計台が見える


この表現は、私は、教会の時計台を見ることが可能(の状態)、言い換えれば、私は見える(目に異常はない)、に不要な言葉を混ぜただけです。
私には教会の時計台が見える、ここからは・・・・・と置き換えも可能です、私の位置等の条件で・・または幻覚等で・・。
主語、述語は、時計台・見える
教会は時計台を修飾、私に、は見えるを修飾、ということになります。
中学2年レベル・・・
「が」がつくのがあれば、それが主語、なければ「は」が主語、どうした、どうだ、が述語、この場合はありませんが目的語がある場合もあります(何に、または何を)。
その他の言葉は、修飾語。
>教会の時計台が見える
教会→主語鵜を修飾
時計台→主語
見える→述語
ほかに、修飾語をつけて表現は自由です。
ここからは、はるか遠くにある教会の、大きな時計台が、非常に小さく見える。
主語、述語、目的語の次に、○○この言葉は、どの言葉を修飾するか・・・が問題になります、日本語の理解に欠かせません。
    • good
    • 1

それは『教会の時計台が見えている』なので、教会の時計台が主語なのです。

    • good
    • 1

「中学2年生レベル」だと


助詞の「が」が付いているから
かなぁ.

本当は
そもそも「主語」ってなぁに
から入るんだけど.
    • good
    • 1

「見える」と「見られる」とは違います。


「教会の時計台」主語(主格)、「見える」が述語です。(山が見える。星が見える。)「聞こえる」の場合も、(物音が聞こえる。音楽が聞こえる。) 眼が見える、耳が聞こえる、も同じです。
 確かに分かりにくいですが。
    • good
    • 1

私達は教会の時計台が見える。

この主体は私達。能動形。

時計台の側からすると、「時計台が私達から見られる」。受動形。

時計台が主体であるから、主語です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

『教会の時計台が見える』というだけの文でも、時計台が主体なのですか?

お礼日時:2019/02/19 20:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』でしょうか。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10988196.html

この質問に私も回答したのですが、出された結論に誤りがあるかとも思われます。中学生が質問主だったのですが、私自身間違った回答をしたのかもしれません。その謝罪も兼ねて再度質問いたします。ご自由にご回答下さい。

Aベストアンサー

#9です。

>元の質問の中心である「主語」のことです。

可能用法と考えた場合は、『私は教会の時計台が見える。』だと思います。
もっとも、

『私は目が良いので、夜でも 教会の時計台が見える。』

という文を「見ることができる」という能力可能の意味に解釈できると考えた場合ですけどね。
大辞泉の語釈、
2 見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
を素直にと言いますか単純に信じるとそうなるかと。

Q旅とは文字通り命懸けだった とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。 何故「旅」が文字通り命懸けなの

旅とは文字通り命懸けだった

とアニメの冒頭ナレーションを聞きました。
何故「旅」が文字通り命懸けなのでしょうか

Aベストアンサー

この場合の「文字通り」は「命懸け」にかかっているのでは。

 旅とは"本当に"命懸けだった
 旅とは"例えではなく"命懸けのものだった
 旅とは"掛け値なしに"命懸けのものだった

…といった意味合いに思えます。

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q国文法の助動詞と日本語教育文法の接辞と語尾について

国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)とされています。
ナ形容詞(国文法の形容動詞)の場合はいずれにしても語尾(スフィックス)ですが、
イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、語尾でしょうか。

Aベストアンサー

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

  丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思うのですが、日本語文法
  では何に位置付けられているのかを知りたいのです。

というところで、「丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思う」とありますが、ここも「繋辞ではなく」なのでしょうか。

大事な用語が違っていては、何が何だかわからなくなります。

ああ、もっと後の「コメント」で、

  この形容詞(イ形容詞)に用いられる「です」は形容詞(イ形容詞)の語尾(sufix,
  суффикс)なのか、繋辞(copulă, связка)なのかという質問です。

とありますね。「語尾(sufix」ということは、「語尾=接辞(suffix)」ですね。これではっきりしました。
しかし、この「です」はどう見ても、二つの名詞を「繋いで」はいないので、「繋辞」ではありえないでしょう。

井口厚夫の説明がわかりやすくていいですね。コピュラでなく、活用語尾とも言えない。形容詞普通体の、独立できる形にくっついているだけですから。
しいて分類するなら「接辞」でしょうか。

それにしても、

  いろいろな考え方のご紹介は結構ですので、「赤いです。」の「です」を助動詞
  という用語を使わずに外国人にどう教えるのかについてだけご存知の方のご説明
  をお願いします。

という最後のコメントは強烈ですね。

「どう教えるか」という観点から言えば、この「です」の品詞論・形態論的位置づけをごちゃごちゃ考える必要はない、でいいんじゃないですか。そんなことを学生に言う必要もないし、教師も悩む必要はない。
「形容詞の後について「丁寧」の意味を加える」、と言えば終わりです。

日本語学としてこの辺の形態論を教えるなら、何か適当なことを言わなければなりませんが、「日本語文法」での定説・通説などないし、例外的な用法なので例外として扱うのがいいでしょう。

そう言えば、初めの「日本語(教育)文法」とは何を指しているのか、という問いへのお答えはないのですね。まあ、いいですけど。

saburoo

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

...続きを読む

Q繋がる の可能形

繋がる の可能形は何ですか。繋がられるですか。

Aベストアンサー

何だかいろいろ錯綜していますね。

まず、可能形(可能動詞・可能構文)というのは、すべての動詞についてあるわけではありません。

   可能構文は意志的な行為について述べるため、通常、主語は有情物であり、
   動詞は意志動詞に限られる。
                『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

例えば、自然現象である「雨が降る」「雷が鳴る」は、
   ×雨が降れる  ×雷が鳴れる
とは言えません。

人間の非意志的な動作、例えば「財布を忘れる」も、
   ×財布を忘れられる
で、可能形は使えませんが、「嫌なことを忘れる」なら、「忘れよう」と努力して、
    嫌なことを忘れられた/忘れられない
のように可能形が使えます。

「つながる」も、
    この路線は地下鉄につながっている
では非意志ですが、
    世界の人とつながろう!
のような用法なら意志動詞です。

「意志動詞」というのもよく分からないところがありますが、ある動詞が意志動詞かどうかというよりも、用法ごとに考えるべきでしょう。

さて、「つながる」の「可能形」ですが、ひらがな単位でやるよりも、形態論の分析はローマ字を使ったほうがいいでしょう。

   可能構文の述語動詞は、動詞の語幹に可能の接辞をつけて作られる。可能構文は、
   動詞の語幹に接辞「-e-ru」(I型動詞の場合)や「-rare-ru」(Ⅱ型動詞、「来る」
   の場合)が付加した派生動詞によって表される。
           『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

「つながる」は五段動詞(I型動詞)ですので、
   tunagar -u → tunagar -eru つながれる (「つながられる」は受身形)
です。
  例 世界の人々とネットでつながれると思ったのだが、なかなかうまくつながれない。

「可能動詞」という言い方は、五段動詞の場合、助動詞「れる・られる」の付加による
   よむ → よまれる
の形ではなく、普通は「よめる」が可能を表す形として使われるので、それを「よむ」とは別の独立した動詞として名付けたものでしょう。(すみません。この辺の事情はよく知りません。)

この「よめる」という形は、ひらがな単位での分析では「よむ」から作ろうとすると無理があるので、可能形とは呼びたくないのでしょう。

上の、ローマ字を使った(つまりは音素表記?)なら、語幹に「れる」ではなく「-e-ru」をつければいいわけです。

なお、大辞林などが「可能動詞」を付記していないのは、「つながる」の多くの用法が非意志的なものだからではないでしょうか。上に書いたように、ある動詞の用法全体が意志的(つまり可能動詞がありうる)あるいは非意志的であるとは言えないので、その動詞の「可能動詞」が[ある/ない]とどちらかに決めることは難しいのです。

以下は補足的なことです。

「つなぐ」「つなげる」の可能形は、
   tunag -u → tunag -e-ru (可能動詞)  (「つながれる」は受身形)
tunage -ru → tunage -rare-ru (元が一段動詞なので「可能動詞」はない)
です。
この二つの「つなげる」は、上は「つなぐ」の可能形(可能動詞)で、「~できる」の意味を持ち、
下は単なる他動詞です。
   恥ずかしくて手をつなげない。(つなぐことができない)
   コードとコードをつなげる。(結びつける・延長する)

可能の「れる・られる」について、いまだに国語辞典などが「五段動詞は未然形に「れる」がつく」としているのはちょっと驚きでした。
   読まれる 書かれる 泳がれる 死なれる 解かれる 持たれる 言われる 切られる
などを可能の意味で使われると、誤解が生じるのではないでしょうか。(もちろん、普通「読める・泳げる」が使われる、とは注記してありますが。)

saburoo

何だかいろいろ錯綜していますね。

まず、可能形(可能動詞・可能構文)というのは、すべての動詞についてあるわけではありません。

   可能構文は意志的な行為について述べるため、通常、主語は有情物であり、
   動詞は意志動詞に限られる。
                『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

例えば、自然現象である「雨が降る」「雷が鳴る」は、
   ×雨が降れる  ×雷が鳴れる
とは言えません。

人間の非意志的な動作、例えば「財布を忘れる」も、
   ×財布を忘れ...続きを読む

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q重複はジュウフクと読むけど、慎重はシンジュウと読まない。なぜ?

ほんの思い付きの疑問です。

重複は「じゅうふく」という読みがほとんどOKになり、辞書にも載っています。
しかし、慎重を「しんじゅう」と読むのはほとんど聞いたことがありません。
誤字変換が多いIMEの漢字変換でも出て来ません。

「リストに重複がないかどうか、慎重にチェックしてください」を「ジュウフクがないか、シンジュウにチェックして」と言ったら、「シンジュウ?」と聞き返されるかもしれませんが、ジュウフクはおそらく見逃されます。

同じ「重」の読みなのに、なぜ変わるものと変わらないものがあるのか?と疑問に思いました。

ジュウフクは「重はジュウと読む」という固定観念からジュウフクに変わったのだと思います。
ならば、なぜ、慎重はシンジュウと読み間違えられないのか?

時の流れによって変わる言葉と、変わらない言葉は何がちがうのでしょうか?
それとも、慎重も、20年後にはシンジュウになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>学校のテストで、重複をジュウフクと書いても×にならなくなったのはいつ頃からでしょう?

良く分かりませんが、平成13年版の辞書には「ジュウフク」でも OK になっていますね。
私が学校で習った当時は「重箱読み(ジュウバコヨミ)」と云って、NG の代表とされていました。

本来の 日本語は、
「重(ジュウ)」は、主に「おもさ」を表す言葉に使います。
「重(チョウ)」は、主に「かさなる」の意味に使います。

普段使う言葉で「重」を「チョウ」と読むのは、「慎重」の他に
「重宝」「丁重」等がありますね。
尚、「自重」は、「ジジュウ」と「ジチョウ」では 意味が違いますね。

Q雪が降っている時の擬音って何ですか?

雪が降っている時の擬音って何ですか?

Aベストアンサー

しんしん

Q「ライブ演奏」、あるいは「ライヴ演奏」?

アンケートカテゴリーがなくなったので、こちらで質問させていただきます。

【質問】書き物をするときに、皆さんはどちらの表記を使われますか?

1a ライブ演奏
1b ライヴ演奏

2a ボーカル
2b ヴォーカル

3a ビビッド
3b ヴィヴィッド
( vivid の意味です)

私は書き方にいつも迷うので質問しました。なお、これについて持論をお持ちの方は教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

ライブ演奏
ボーカル
ビビッド

を使います。
出版社の下請けのような仕事(原稿作成)をしているのですが、外来語については表記のゆれを防ぐために「記者ハンドブック 新聞用字用語集」のルールに従って書いています。
この本によれば、基本的には「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ、ヴュ」を使わず「バ、ビ、ブ、ベ、ボ、ビュ」で表す、とのこと。
個人的な文章なら好みでカタカナを選んでいいと思いますが、なにか拠りどころが必要ならこういったガイドブックをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング