ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

9x2乗+9x+1=0

2x2乗+4x-5=0

8x2乗+14x+3=0

を解の式にあてはめて解いてください!

A 回答 (3件)

解の公式は 教科書に書いてありますね。


それに数字を当てはめて計算するだけです。
ご自分で 計算して下さい。
ax²+bx+c=0 → x={-b±√(b²-4ac)}/2a 。

下の二つは、ax²+2b'x+c=0 の式で
計算が少し簡単になる 次の式で 習っていますか。
ax²+2b'x+c=0 → x={-b'±√(b'²-ac)}/a 。
    • good
    • 0

これはさすがにじぶんでさぎょうしたら?

    • good
    • 0

二次方程式に解の公式の練習問題ですね。


素直に公式に当てはめましょう。

9x^2 + 9x +1=0
x=(-9±√((-9)^2 - 4×9×1))/(2×9)
=(-9±√(81-36))/18
=(-9±√45)/18
=(-9±√45)/18
=(-9±3√5)/18
=-(1/2)±(√5/6)

2x^2 + 4x - 5=0
x=(-4±√((-4)^2 - 4×2×(-5)))/(2×2)
=(-4±√(16+40))/4
=(-4±√56)/4
=(-4±√(4×14))/4
=-1±√14/2

8x^2 + 14x +3=0
x=(-14±√((-14)^2 - 4×8×3))/(2×8)
=(-14±√(196-96))/16
=(-14±10)/16
=(-7±5)/8
x=-3/2, -1/4
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの問題教えてください!!!、 途中式あると助かります、、 何度やっても解けなくて

この問題教えてください!!!、
途中式あると助かります、、
何度やっても解けなくて

Aベストアンサー

(1)
 x=t のとき y=-t+1
 よって点Aの座標は(t,-t+1)

(2)
 y=-x+1 より
 x+y=1 (xを移項)
 x=-y+1 (yを移項)

 y=s のとき x=-s+1
 よって点Aの座標は(-s+1,s)

Q中1 理科 力の世界 について質問です。 ⑶ の求め方がわかりません。 『容器の底が物体を上向きにお

中1 理科 力の世界 について質問です。

⑶ の求め方がわかりません。
『容器の底が物体を上向きにおす力』とは浮力とかの話ではなくて、垂直抗力の話ですか?
だとしたら1.8Nになりますよね...?
でも、解答を見たら答えは0.8Nなんです。
解説も載っているんですが、それもわからなくて...。

⚫︎解説⚫︎
ばねののびが3cmのときは0.6Nの力がばねにかかる。浮力が0.4Nなので、容器の底が物体を上向きにおす力の大きさは、1.8-(0.6+0.4)=0.8N

『ばねののびが3cmのときは0.6Nの力がばねにかかる』まではわかるんですけど、そのあとの『浮力が0.4N』というところがよくわかりません。
おもりは底についてしまっているから浮力は0Nなのではないのですか?
あと、計算もどうして『(0.6+0.4)』をするのかわかりません。

なるべくわかりやすく教えていただけると有難いです。
お願いします。

Aベストアンサー

(2)このバネは100gで5cm伸びるので、20gで1cm伸びる。
180gの重りなら9cmのはずが浮力で2cm縮んだから、
浮力=40gから、0.4Nです。
(3)では、ばねは3cm=60g分だから180-60-40=80(g)
水の中に有れば、何処にあっても浮力が、かかります。
答えは0.8Nです。

Qこの問題の92~94教えてください

この問題の92~94教えてください

Aベストアンサー

単位に注目してください。
まず、モル数を求めます。

92
(1)
モル数=16[g]/32[g/mol]=1/2[mol]
1/2[mol]×22.4[L/mol]=11.2[L]

(2)
モル数=5.6[L]/22.4[L/mol]=1/4[mol]
44[g/mol]×1/4[mol]=11[g]

93
(1)
モル数=4.0[g]/16[g/mol]=1/4[mol]
1/4[mol]×6.02×10^23[個/mol]=1.505≒1.5×10^23[個]
(10^23は10の23乗のことです。)

(2)
モル数=34[g]/17[g/mol]=2.0[mol]
2.0[mol]×6.02×10^23[個/mol]=12.04≒12×10^23[個]

(3)
モル数=(3.0×10^23)[個]/(6.02×10^23[個/mol]=1/2[mol]
1/2[mol]×24[g/mol]=12[g]

94
https://www.thecalcium.com/ja/atomic-mass/

H₂の分子量は2

2.0[mol]×6.02×10^23[個/mol]=12×10^23[個]


2.0[mol]×2[g/mol]=4.0[g]


2.0[mol]×22.4[L/mol]=44.8[L]

O₂の分子量は32

33.6[L]/22.4[L/mol]=1.5[mol]
オ、カはH₂と同じやり方なので自分でやってみてください。

H₂0の分子量は18

36[g]/18[g/mol]=2.0[mol]
同上

Feの原子量は56

(1.5×10^23)/(6.02×10^23)=0.25[mol]
同上

単位に注目してください。
まず、モル数を求めます。

92
(1)
モル数=16[g]/32[g/mol]=1/2[mol]
1/2[mol]×22.4[L/mol]=11.2[L]

(2)
モル数=5.6[L]/22.4[L/mol]=1/4[mol]
44[g/mol]×1/4[mol]=11[g]

93
(1)
モル数=4.0[g]/16[g/mol]=1/4[mol]
1/4[mol]×6.02×10^23[個/mol]=1.505≒1.5×10^23[個]
(10^23は10の23乗のことです。)

(2)
モル数=34[g]/17[g/mol]=2.0[mol]
2.0[mol]×6.02×10^23[個/mol]=12.04≒12×10^23[個]

(3)
モル数=(3.0×10^23)[個]/(6.02×10^23[個/mol]=1/2[mol]
1/2[mol]×24[g/mol]=12[g]

94
ht...続きを読む

Q因数分解について教えてください!

ふと疑問に思ったのですが、因数分解の公式?で
(a+b)2=(a2+2ab+b2)
(a-b)2=(a-b)(a+b) 
って習いましたが
(a-b)2=(a2-2ab+b2)でも成り立ちますか?
a2というのはaの二乗という意味です。分かりづらくてすみません…

Aベストアンサー

(a-b)^2 = a^2 - 2ab + b^2(^2: 2乗)が正しいです。

(a-b)(a+b)は、 (a-b)(a+b)=a^2 - b^2 になります。

Q中2数学の問題で分からない所か有るので教えて下さい。 中2数学のワークを解いていた所、次のような問題

中2数学の問題で分からない所か有るので教えて下さい。


中2数学のワークを解いていた所、次のような問題が出題されました。


【問題】

数字1,2,3,4を1つずつ書いた箱がそれぞれ1箱と、
数字1,2,3,4を1つずつ書いたカードがそれぞれ1枚ある。この4枚のカードをよくきって、4つの箱にカードを1枚ずつ入れる。このとき、箱の数字とカードの数字が全て異なる確率を求めなさい。


という問題です。

中学2年生の基礎として出題されましたが、
この問題、本当に基礎でしょうか。

3
僕が解いた所、答えは ー
4

となりましたが、間違いでした。


この問題が解ける方が居ましたら、
答えと解き方を書いて頂けると嬉しいです。 


模範解答は、後で補足に画像添付します。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、手間はかかりますがレベルとしては基礎です。
樹形図でも、画像のような形式でも良いので箱に入れるカードの組み合わせを全て書き出すのが基本です
箱① 箱2 箱3 箱④
1  2  3  4
1  2  4  3
1  3  2  4
1  3  4  2
1  4  2  3
1  4  3  2
2  1  3  4
と言うように書き出すのです。
書き方は1段目のように箱とカードの数をそろえてからスタート
2段目では箱3のカードの数を1つ上げる、残ったカード3が箱4に入る
3段目でも箱3のカードの数を1つ上げるのですが、これ以上あげられないので代わりに箱2のカードの数を1つ上げます。
残りのカード2枚のうち低い数のカードを箱3に入れる、残ったカードを箱4に入れる
4段目では、再び箱3のカードの数を1つあげるのだがカード3は既に使われているので、3はパスして4に上げます
すると箱④は残りのカード2が来ます。
以下この要領で、箱3の数を1つ上げる、
箱3の数を上げることが無理なら箱2のカードを1つ大きい数にする
それも無理なら箱1のカードを1つ大きい数にする。
カードの数を上げたら、カードがまだ入っていない箱には、左から順に残りのカードを数字が低い順に入れる
次の段では箱3のカードを1つ大きい数に上げる
無理なら前に述べたことの繰り返し・・・
と言う手順で上のような表や、樹形図を完成させましょう
すると全部で24通りになります。
このうち箱とカードの数が異なる物を数えれば9通りなので
確率は9/24=3/8 がもとまります

ちなみにイメージを働かせ計算を活用すれば表を全て完成させるまでもなく、表作成の途中から規則性を見抜き24通りを計算で求めることもできます。
その計算の例としては、上の表が完成した段階で、箱1にカード1が入るなら
箱2から4に入るカードは3つで、表を数えればその方法は6通り
箱1に、カード2が入るときも3が入るときも4がはいるときも、箱2~4に入るカードが3つと言う状況は変わらないので、それぞれの場合も6通りずつ とイメージできるはず!
従って全部で6x4=24と言う計算ができます。

あとはカードと箱の番号が異なる(・・・①)という条件を調べるだけ!
上の表のように箱1にカード1と言うのは、条件に合いませんから数える必要なし
ということで箱1にカード2が入る場合で条件①をクリアしている物を調べ上げます!
上の表を書いた時と同じ要領で 箱1=カード2 のときの表を完成させ、その中から条件①にあうものを探します!
または箱1=カード2のとき
箱2=1か3か4
箱3=4か1
箱4=3か1ですから
この中からもれなく条件①にあう組み合わせを考えるという事でも良いです!
するとそれは模範解答のよう3通りになります
箱1=3、箱1=カード4 のときも状況は同じはずですから条件に合うものは3通りずつです
従って条件①に合うのは全部で3Ⅹ3=9と言う計算ができます
こうして24通りと9通りを求めることもできます!

これは、手間はかかりますがレベルとしては基礎です。
樹形図でも、画像のような形式でも良いので箱に入れるカードの組み合わせを全て書き出すのが基本です
箱① 箱2 箱3 箱④
1  2  3  4
1  2  4  3
1  3  2  4
1  3  4  2
1  4  2  3
1  4  3  2
2  1  3  4
と言うように書き出すのです。
書き方は1段目のように箱とカードの数をそろえてからスタート
2段目では箱3のカードの数を1つ上げる、残ったカード3が箱4に入る
3段目でも箱...続きを読む

Q数学です。 sin65=0.4226 cos115=0.9063 tan25=0.4663 が分かっ

数学です。
sin65=0.4226
cos115=0.9063
tan25=0.4663
が分かってるとき、(1)sin65 (2)cos115 (3)tan205 の値はどうやって求めたらいいですか?

Aベストアンサー

>問題がcos15°=0.9063となっているんですがこれは間違いですか?

はい、間違いです。
cos15°=0.9656・・・ で、
cos25°=0.9063・・・ です。

Qこの問題教えてください!!!、 途中式あると助かります、、 何度やっても解けなくて

この問題教えてください!!!、
途中式あると助かります、、
何度やっても解けなくて

Aベストアンサー

(1)
点A は、直線 y = -x+1 上の点で x = t ですから、y = -t+1 です。
それって、Aの座標が (x, y) = (t, -t+1) だってことです。

(2)
こんどは、A は y = -x+1 上の点で y = s です。
s = -x+1 だから、x = -s+1 ですね。
これは、Aの座標が (x, y) = (-s+1, s) だってことですよね。

Q(4)の求め方を教えて欲しいです! 1〜3の問題は解けたので、赤で書いておきます。

(4)の求め方を教えて欲しいです!
1〜3の問題は解けたので、赤で書いておきます。

Aベストアンサー

見にくくなりましたが参考に。。

Q数学の積分を中学生にも分かるように説明してください。

数学の積分を中学生にも分かるように説明してください。

Aベストアンサー

中学生どころか、算数の範囲でも、方眼紙上の
曲線で囲まれた図形の面積を、マス目を数えて
概算するということを教わります。たしか、「面積」
という言葉を初めて習うあたりだったと思います。

そのときは、1cm方眼とか1mm方眼とかを使った
と思いますが、この目盛をどんどん細かくしてゆくと
面積の誤差はだんだん少なくなってゆきます。
曲線が囲む図形と方眼でできる図形との食い違い
がだんだん小さくなってゆくことで確認できますね。

そして、方眼の目を究極的に小さくすると、方眼で
近似した面積は、図形の真の面積になる(ような
気がします)。この方眼の目を究極的に小さくした
近似が「積分」です。

「究極的に小さくする」とか「ような気がする」とかの
話の怪しい部分を、極限という考えを導入することで
正確に扱うようにしたのが、大学で勉強する積分です。
高校では、極限の考えを不正確に導入することで、
小学生よりはやや正確に、積分を扱うことを学びます。

Q至急!!!!数学の等積変形です!! この画像の台形で4つ同じ図形の組み合わせができるのですが、誰か説

至急!!!!数学の等積変形です!!
この画像の台形で4つ同じ図形の組み合わせができるのですが、誰か説明してください!お願いします!!!

Aベストアンサー

対角線の中点の長さが等しいと平行四辺形になります。
この条件では図のようになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング