【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

九州に「一尺八寸山」と書いて「おみやま」という山があります。普通ではとても読めない地名です。どんないわれがあるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おはようございます。



こんな所で一尺八寸山の名を見るとは思いませんでした(@_@。

大分の山ですね。因みに「おみやま」では無く「みおやま」です。昔、この山に3頭の大いのししがいて、田畑を荒らすので城主も農民も皆困っていました。そこで、盛大にいのしし狩りをして、やっとこさ捕まえたいのしし3匹のしっぽを切り取って繋げ合わせたら、「一尺八寸」(60cm強くらい?)もあったそうなので、ここの山を一尺八寸山と書いて、「みおやま(三尾山)と言ったそうです。

小学生の頃に夏の自由研究で、九州の山を調べた時に知りました。何でも調べておくと、何に生かされるか分かりませんね(笑)

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

面白い(変わった)読み方なので、ちょっと検索してみました。



ANo.#1の方の回答通りみたいですが、「何で素直に『三尾山』って書かないの?」と思いますね。

『ヴァーチャル日田市:日田の昔話 一尺八寸(みおやま)のお話』
http://iris.hita.net/~city/dowaok/muk8.htm

参考URL:http://iris.hita.net/~city/dowaok/muk8.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング